人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

現在ニュージーランドに引っ越しをしたため、車を購入する事になりました。日本だと信じられないくらいの年式と走行距離だとは思いますが、現在出費できる車となるとこの程度になってしまいます。

今週末には決めないといけないのですが、下記の2台だったら、どっちを買いますか?
車のことはあまり分からないので、個人的意見でもかまいませんので、参考意見をお聞かせ頂けたら嬉しいです。
ちなみに、私は断然99年車の方が見た目も装備も気に入っていますが、走行距離が気になっています。
ちなみに、毎日20分から1時間程度の使用を考えています。

99年式三菱RVR Exceed GDI(走行距離167000km)49万円くらい
http://www.trademe.co.nz/Browse/Listing.aspx?id= …

97年式三菱RVR Sports Gear(走行距離70000km) 48万円くらい
http://www.trademe.co.nz/Browse/Listing.aspx?id= …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.4 です。



>私は永住する予定で、~、多少のローンを組んででも、新車を購入しようと思います。

そうですね。永住までされて、お子さんまでお生まれの予定で、ローンでなら新車も手が届くというご家庭でしたら、

そして、NZに今後しばらくは定住予定で、海外に引越す予定は今のところないのでしたら、

やはり「新車」は良い選択肢の一つですね。

車の知識があまりなくても、新品の冷蔵庫や洗濯機を選ぶ感覚で選べますし、

車選びが、簡単で、リスク(失敗)のないお買い物が可能ですね。


ただし、1点、注意して頂きたいのですが、もし事故でも起こしますと、全部パアになってしまいますので、その点だけはお考え頂いた上で、新車にするか、中古車にするかを決めて下さい。

ボコッとやってから、「こんなことなら中古車にしておけばよかった」と、私をうらまないで下さいね。という話です。

運転歴は充分なのですか? 「これから練習も兼ねて」 なんてことでしたら、「最初のお車は中古でも」 とお勧めしますが、そこそこ上手になられておいででしたら、当方余計なことを申しました、すみません。


任意保険は、NZでは日本のように、ほぼ100%入っているという状況ではないですよね。しかし、やはり入っておいたほうが良いでしょうね。

新車の場合は、車両保険に入っておくことも重要かもしれません。「車が盗まれて、ローンだけが残った。」なんてことになったら大変です。

免許証は国際免許証でしょうか?国際免許証のままですと、保険料はかなり高くなります。NZ免許証を取り直しますと、保険料はかなり安くなります。

国際免許証について。
http://www.ltsa.govt.nz/factsheets/56.html

NZ運転免許証について。
http://www.ltsa.govt.nz/licensing/getting-licenc …

最終的には、総合的に考えて、新車か中古車か、どちらにするかを決めて下さい。NZCarですと10年以上前辺りからの新車であれば、ほとんどどんな車にも Engine Immobiliser が付いていますが、
Jap Import でしたら、まず付いていないですね。
10年以上前から Engine Immobiliser が ほとんどのどのような小型の車にさえも付いている国ということは、それだけ車は盗まれやすい国ということです。
新しい車は、老若男女、カーアラームを付けている人もいますよね。
カーアラームは、ONにしていると、その間バッテリーを消耗しますので、例えば毎日夜中ONにしておくような使い方はできません。パーティーに呼ばれて 変なところに駐車しておかなくてはならない場合などは有効ですが、ライフスタイル上、そのようなところに駐車することはないのでしたら、カーアラームは付けておく必要もありません。



さて、なぜまた回答させて頂きましたかといいますと、

No.4では、「または、永住されたのなら、新車のランサーの2.4 LS か ES にしたほうが良いでしょうね。何年NZに住むかによるでしょうね。10年住むなら、必ず新車のほうがお得だと思います。」と、記載しましたが、

『永住されたのなら、10年住むなら、新車ほうがお得だと思います。』という意味でして、特にランサーに限定している訳ではありません。

または、『(2台ともRVRをお選びですので)三菱がお好きなら、新車でお得はランサーの2.4 LS か ES ではないでしょうか?』という意味です。

私もどちらかというと、三菱が最も好きですので、三菱が気に入っているお方に、三菱以外をお勧めする訳がありません。RVRと同じような新車ですと、OUTLANDER ですが、これはいきなり高いですよね。コルトは、NZで使うにはちょっと小さ過ぎますよね。セカンドカーなら良いのでしょうが。
その点ランサーですと、エンジンは2.4リッターですし、セダンもワゴンも有りますし、NZで使うには、これがベストでしかもお買い得です。

という意味です。


コルト Puls は、場合によっては同じ位良いかもしれませんね。ただ、エンジンが1.5リッターと非常に小さく、1台だけの所有ですと、かなり厳しいかもしれません。これで Far North や Rotorua に、みんなで旅行に行かれようなんて時にはきついでしょうね。
オークランドやノースショアの中を走り回るだけでしたら、コルトやコルトPlus でも、必要にして充分です。

「コルト Puls は旅行に行けない(使えない)」と言っているわけではありません。レンタカーならこれで大人4人でも Far North や Rotorua に行けるでしょうね。つまり、車がうなりをあげて、かわいそうなのです。
耐久テストじゃあるまいし、自分の車でしたら、その時に、「やっぱり2.4リッターにしておけば良かった。」と後悔するかもしれません。

実際に新車を選ばれるときは、コルトやコルト Puls も見て下さい。

ご質問者様に見て頂きたい車は:

COLT 19990 NZD~ 22990 NZD
COLT Plus 23990 NZD
COLT Plus Turbo 28990 NZD
Lancer Sedan 27990 NZD~ 31490 NZD
Lancer Wagon 28990 NZD~ 32490 NZD
380 35990 NZD~ 47990 NZD
OUTLANDER 34990 NZD~ 43990 NZD
GRANDIS 37990 NZD~ 43990 NZD

お車は、ぜったいにオートマチック車ですか?上記はオートマチック車の値段ですが、マニュアル車にも乗れるのでしたら、マニュアルのほうがお勧めですね。(しかも値段も安い)

http://www.mitsubishi-motors.co.nz/vehicles/pric …
せっかく新車なのですから、何だって選べるわけですから、これからのご家族の人数分にふさわしい車種のほうをお選び下さい。


三菱以外も、新車は有りますね。あとから後悔しないように、お時間許す限り、いろいろ見て検討されると良いでしょうね。




Ford: NZでの信頼度は、ほとんどTOYOTAと同等のものですね。車種は小から大まで全てお勧めです。

Holden: フォードの完全な競合ブランドです。アメリカGM系の会社です。ただし、小型車(BARINA / VIVA)を選ぶ場合、ホールデンにする理由はありません。これ以上大きい車種は、全てお勧めです。

HONDA: NZでは、信頼というもの以上に、“信仰”にも似た何かを勝ち取っているブランドです。若干金額が高いような気もしますが、周りの人からの評価も高いですし、中古車の価値もあまり下がらない気がします。購入時の若干の金額差以上に、得すると思います。{売る時の話をしているのではありません。hierarchy(階層)的な面で、有利になるという意味です。}
ホンダが買えるのでしたら、ホンダを買っておいたほうが良いですね。

MAZDA: 日本国内でのマツダのイメージよりは、NZでのマツダのイメージは、かなり良いですね。一昔前は、「新車時のパフォーマンスはいまいちだけど、(エンジンなどの)寿命は他のどれよりも長い。」という定評が有りましたが、現在の新車マツダはどうなのでしょうか?といった感じです。「新車時のパフォーマンスは他社と同等だが、寿命も同等。」になってきているのではないでしょうか。

MITSUBISHI: NZに似合っていますよね。NZでは、日本と全く違って、老若男女、ラリーが好きなのです。長年NZでラリーをやってきた三菱は、NZ人に愛されています。「小さい子供とピクニックに」なんてシチュエーションに似合っています。

NISSAN: 可でも不可でもない。といったところでしょうか。ただ、なぜか、NZ人の年配の白人のかた(特に、とっつき難そうなかた)からの支持は厚いですね。なぜでしょうかね。

TOYOTA: なんといってもNZでは No.1 の信頼はあります。なぜかは分かりませんが、NZ No.1 です。単に売り上げ台数がNo.1なだけですが、それだけ多くの人が選んでいるということになります。なぜかは分かりませんが。

SUBARU: 間違いなくラリーのおかげで、NZのスーパーヒーロー、ポッサム・ボーン(Possum Bourne)が人気になっていくのと同時に、スバルもNZでポピュラーになりましたね。

SUZUKI: スズキもラリーやってますから人気ですね。それプラス、ヒルクライムもNZでやっています。日本のモンスター田嶋さんも、NZではヒーローですね。
http://www.experiencequeenstown.co.nz/events/fea …
http://www.monster-sport.com/competition/06/rtts …
http://www.suzukisport.com/motorsport/hillclimb/ …
なぜかNZでは GRAND VITARA が人気ですが、これ(ラリーなど)がとても影響しているのでしょうね。(クイーンズタウンのヒルクライムが始まる前から VITARA はとても人気です。)

(※会社の順番は、全てアルファベット順です)


ヨーロッパ勢: 外車に乗っている人って、日本国内での割合より、NZでは外車(欧米車)に乗っている人多いですよね。価格差的に、日本車と欧米車の価格差は、日本国内での価格差よりも、NZでの価格差のほうが小さいです。手が届くのであれば、すこし背伸びして買ってしまっても良いと思いますよ。
NZって、車で人を見るのですよね。というより、車で人生が決まってしまうのです。何に乗っているかで人を見ますよね。家を借りる時もそうですし、仕事を決める時もそうですね。仕事で昇進意欲のある人は、必ず背伸びをしてでもより良い車を買いますね。

韓国勢: 新車を数年(保障期間内)で次々に乗り換えるのでしたら、韓国車で全く問題はありません。hierarchy(階層)的にもトヨタと変わりませんので、「あの人はいつも latest model (最新型)に乗っている。」と思われたほうが良い場合、韓国車もとてもお勧めです。ただし、大切に長く乗ろうという場合は、間違いなく日本車がお勧めです。

ヨーロッパ車やアメリカ車もそうですが、長く同じ車に乗るのでしたら、あまりお勧めはできません。ある時期から修理代は多くかかります。また、初期の頃はトラブルフリーかといいますと、必ずしも、欧米車は そうではありません。背伸びをするにしても、やはりお金をそれなりに持っている人にのみ所有が許される車ですので、その点も計算して選ばないといけません。唯一その両方(hierarchy的ブランド力と、故障の少なさ)を持っているのは、LEXUS です。

NZは、持っている車で 社会的地位が決まってしまいますよね。周りの人は、そういった目で人を決め付けて見ますので、車のおかげで、変なところで 得をしたり 損をしたり することは事実です。単なる道具だということで安っぽい車を買ってしまっては、損な場合もあります。しかし逆に、背伸びをし過ぎて結局手放して ボロに乗る羽目になっては本末転倒です。
また、人々の感覚としても、車は資産だという意識も強いですね。この辺が、日本の常識とはかなり違っています。
(どちらかというと、日本の常識のほうが世界の常識と違ってしまっているのですけどね。)

よって、その辺りも理解した上で、新車選びをされますと、後々後悔はないと思います。

※決して、高い車を進めている訳ではありません。これからのお仕事の計画とか、ご家族のこととか、NZの社会システムとか、あとは道路事情などを、総合的に考えてお選び下さい。ということです。


例えばですが、 Far North や Rotorua に車で行かれたことは有りますか?

パワーとトルクのない車(1.8リッター以下の車)ですと、本当に疲れるのですよね。よく2車線になって追い越す車線(日本の登坂車線の様な)があるのですが、ここで右側を走ることができるのは、とにかく速い車のみですね。日本の様に、トラック以外はみんな右側を走って良いわけではありません。右車線を走るのなら、必ず100km/hで走らなくてはいけません。しかも必ず登り道です。日本の様に、トンネルなんて有りませんので、全て上り坂です。下り坂は2車線にはなりません。
もし、100km/h以下で、右側車線を走ろうものなら、ファルコンあたりが、ビッタリ後ろに張り付きますよ。ほとんど1mの距離ですね。時速100km/h近い速度の世界でです。殺気立っていますよ(そう見えます)。
これが嫌なら、いつもいつも左車線をトラックと一緒に40km/hでとろとろと行かなくてはなりません。平地でもトラックと一緒。下りもトラックと一緒。目的地に着くのもトラックと一緒です。
そういう道の構造になっているのです。

例えば、95km/h 位で右レーンを走っていますと、必ず後ろに 1m のところに車が張り付きます。相手はあなたの目をバックミラーで見るためです。本当に殺気立って見えますよ。
しかしこの時に、ちょっとだけ 105km/h にしてやるのです。そうすると、後ろの人は、必ず下がってくれます。(決してブレーキを踏んではいけません。)
後は、きちんと 100km/h をキープしてやれば、後ろの人は下がったまま ある程度の距離を保って付いて来てくれます。
意外とNZ人は、礼儀正しいのです。100km/h に達した時点で、後ろに張り付いてくる人はいませんね(左車線が空いているのに右に居続ける場合は別ですよ)。

「100km/h は怖いから、安全運転でトラックを抜かしているのだ。」 なんて理屈は、NZでは全く通用しません。「100km/h出せないなら、右レーンに入ってくるな。」 のほうが、ずっと強いのです。

小さい排気量の車ですと、PASSING LANE のたびに、嫌な思いをすることになるでしょうね。アクセルを床までベタ踏みすれば、速度は出ますが、もの凄い音ですよ。
その点、2.2リッターですと、余裕が有り、音も静かで、“車が壊れそう”なんてことにはなりません。
実際、ロトルアやウエリントンによく行く人は、必ず Ford Falcon や Holden commodore ですよね。
(マニュアル車でしたら、1.8リッターでも大丈夫でしたね。オートマチック車でしたら、2.0リッターは欲しいところです。)

旅行に行く時はレンタカーでということでしたら、
街中だけでしたらどんな車種でも大丈夫です。


下記は、一応、ご質問者様が見ておいたほうが良い manufacturer のURLを記載しておきます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
経済的に買おうとする、一般的な会社(manufacturer)
----------------------------------------------------------------------------------------------------

Ford
http://www.ford.co.nz/servlet/ContentServer?page …) …(1)

Holden
http://www.holden.co.nz/) …(2)

HONDA
http://www.honda.co.nz/site/index.html

HYUNDAI
http://www.hyundai.co.nz/) …(3)

KIA
http://www.kia.co.nz/) …(3)

MAZDA
http://www.mazda.co.nz/

MITSUBISHI
http://www.mitsubishi-motors.co.nz/

NISSAN
http://www.nissan.co.nz/

smart
http://www.smartnewzealand.com/) …(4)

SUBARU
http://www.subaru.co.nz/

SUZUKI
http://www.suzuki.co.nz/

TOYOTA (&DAIHATSU)
http://www.toyota.co.nz/

----------------------------------------------------------------------------------------------------
(1)もともとはアメリカの会社ですが、ヨーロッパにもフォードが有り、独自に設計をしています。Fiesta Focus Mondeo などはヨーロッパ車。Falcon クラスの全部と、Territory がフォードオーストラリア。Explorer はアメリカで、Escape はマツダのトリビュートがベースといったところです。

(2)アメリカGM系の、オーストラリアの会社。VIVA と BARINA は、韓国DAEWOO製ですので、韓国勢とお考え下さい。(http://www.chevrolet.co.uk//index.html)←こちらで出てくる車は、基本的にDAEWOO製です。CHEVROLET はGMのブランド。韓国DAEWOO自動車部門はGM系です。BARINA は DAEWOO Kalos、VIVA は DAEWOO Lacetti というわけです。
ASTRA と VECTRA は、ヨーロッパ車 OPEL ですね。COMBO も OPEL 。RODEO は ISUZU です。
これ以外の全ては、オーストラリア製です。commodore クラスの大型車全てオーストラリア製。

ISUZU
http://www.isuzu.co.nz/LightsCommercials.htm
現在、いすゞの自家用車の面倒はホールデンが見るということです。中古車などですね。{(現在はないようですが、アメリカ製ISUZUの新車SUVが期間限定で販売されることがあります。)アメリカ ISUZU(http://www.isuzu.com/index.jsp)と同じ車が今後発売されましたら、ISUZUかなと思って下さい。(ISUZU / Holden どちらのブランドが付くかは分かりませんが。)(http://www.isuzu.co.jp/press/2006/3_30gm.html)ISUZUはGM系の会社ですが、今後のことは不透明です。期間限定車が出る場合は、単発的にnzheraldに広告が出ると思います。}
(SUV とは、Commercial UTE ではない、家族向けの車両です。現在 Holden に、このての車がないですよね。)

(3)韓国勢

(4) smart forfour は、三菱コルト ベース。それ以外は、Swatch と DaimlerChrysler の共同制作。


----------------------------------------------------------------------------------------------------
ちょっと背伸びをして買う、欧米車など高級車。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

ALFA ROMEO
http://www.alfa.co.nz/)FIAT系(イタリア)

Audi
http://www.audi.co.nz/)Volkswagenの高級車(ドイツ)

BMW
http://www.bmw.co.nz/home/home_index.aspx)(ドイツ)

CHRYSLER
http://www.chrysler.co.nz/chrysler/)DaimlerChrysler(アメリカ)

CITROEN
http://www.citroen.co.nz/)PSA PEUGEOT CITROEN(フランス)

FIAT
http://www.fiat.co.nz/)(イタリア)

Jeep
http://www.jeep.co.nz/jeep/)DaimlerChrysler(アメリカ)

LEXUS
http://www.lexus.co.nz/)トヨタの高級車

Mercedes
http://www.mercedes-benz.co.nz/mercedes%2Dbenz/)DaimlerChrysler(ドイツ)

Mini
http://www.mini.co.nz/home/home_index.aspx)BMW系(イギリス)

PEUGEOT
http://www.peugeot.co.nz/)PSA PEUGEOT CITROEN(フランス)

RENAULT
http://www.renault.co.nz/)RENAULT / NISSAN(フランス)

Volkswagen
http://www.vwasia.com/publish/vwasia/new_zealand …)(ドイツ)

SAAB
http://www.saabs.co.nz/)GM系(スウェーデン)

VOLVO
http://www.volvocars.co.nz/)Ford系(スウェーデン)

----------------------------------------------------------------------------------------------------
全て、ちょっと背伸びをすれば買える程度の車です。フラッグシップは超高級車ですが、エントリーモデルなら手の届く車種がある会社しか ここに記載してませんので、気になるブランドが有りましたら、後悔のないように調べてみて下さい。
NZでは、ここに記載以外にも、超高級車なら他にもいくつもあります。

最後に、ROAD CODE がパソコンで見れるページが有りましたので、載せておきます。
http://www.landtransport.govt.nz/roadcode/index. …


NZって、町を外れるといきなり速いですよね。全て100km/hですよね。

砂利道も全て100km/hですよ。ただし、砂利道は、NZ人は100km/hで走りますが、日本人は無理して100km/h出さなくていいですよ。そのかわり、後ろから車が来たら、必ず瞬時に道を譲って下さいね。
前からも後ろからも、砂利道の場合100km/hで現地の人は走ってきますので、特に後ろを気を付けて下さい。のろのろ走っていますと、後ろからドッカ~ンです。よって、ある程度の速度は出しておいたほうが安全です。前から来た対向車なら、まださっと避けれるのでむしろ大丈夫。
砂利道で路肩に止めておくなんてことは厳禁中の厳禁ですね。地図を見たりするわずかな時間でも、よほど前後の見晴らしが良い安全な場所意外、決して車速を落としてはいけません。


>ターボ車は、前オーナーの乗り方次第で傷みが全く違ってくるのですね。私はターボ車は早いとか馬力があるのかな?と何となく思っていただけなので、大変参考になりました。

たしかにその通りですね。

ただし、しっかりオイル交換を決められた時期に行なっていれば、NZの場合は、ターボもNA(普通のエンジン)も、持ちは同じですね。

改造してブーストアップ(さらにパワーが出るように改造すること)させたりすると、重大な故障の原因になりますが、改造を一切していなければ、そしてオイル交換をしっかりやれば、問題はありません。

なぜなら、NZって「走り出してすぐにアクセルベタ踏みの100km/h」な~んて走り方、普通じゃないですか。
このようなことをしてしまえば、NAだろうがターボだろうが、エンジンに悪いのは同じです。
暖機運転が必ず必要なのです。日本の常識の「暖機運転など不要」説は、一切聞いてはいけません。

“暖機運転”といっても、エンジンをかけたままじっと待っている必要はありません。水温計が動き出すまでは、そろりそろりとアクセルを気を付ければよいのです。
ただし、幹線道路が近くて、そろりそろり運転ができない場所では、エンジンをかけてわずかに待つくらいの工夫は必要ですね。

エンジンを止める時も同じです。NAでもターボでも、アクセルベタ踏みの100km/hからすぐにエンジンを止めては、どんなエンジンでもそのうちぶっ壊れます。アクセルベタ踏みの100km/h後の場合は、気持ち待つことが必要です。

このように気を付けてやりさえすれば、ターボでも恐れることはありません。

ただし、ターボ本体は、ある意味消耗品ですよ。壊れれば交換です。NZの場合、工賃は安いですので、消耗品と考えて交換して下さい。きっと、リコンディション(再生品)との交換になります。


>ヘッドライトの件、ご指摘頂くまで全く気がつきませんでした。

たしかにそうですね。

ただし、必ず事故車とも限りません。NZって、ヘッドライトはよく割れるのですよね。石が飛んでくるのです。

例えば、フロントガラスなんて、本当によく割れます。大手新車のレンタカーで、フロントガラスが割れていない車のほうが珍しいくらいです。必ず割れていますので、レンタカーを借りる時は、自分が割ったせいに濡れ衣を着せられないように、乗り出す前に必ず全てのチップ(石による割れ)をレンタカーのお店の人と確認する必要があるほどです。

もし、マイカーの自動車保険の車両保険をかける場合も、ガラス(windscreen)交換についてはNZの場合オプショナルな場合が多いですので、windscreen の小石の割れについてのオプションは付けておいたほうが良いですね。私の場合、オプション保険料は年間で15NZDくらいでした。

事故車かどうかですが、NZの場合、全くどこも直していない中古車を見付けるほうが大変です。走っていれば、必ずドッカ~ンです。


よって、もしレンタカーを借りる場合は、必ずオプショナルのフルカバー保険を付けることがとても重要です。これを付けておきませんと、万が一の事故の時でも、相手がフルカバーを付けていれば、99%こっちが悪くなります。
また、こっちが悪くなるということは、100%こっちが悪くなるということです。NZには、過失割合はなんてありません。(唯一、両車が駐車場から同時にバックでぶつかった場合のみ、50:50です。)

片方がフルカバー保険をかけていて、もう片方がかけていない場合は、ほぼ間違いなく、付けてない側が悪くなります。これは、こうすれば、どちらの保険会社も保険金を払わなくて済み、全額、(保険に入っていない、悪かった)ドライバーが支払うからです。

こうならないためにも、レンタカーはたとえ1日でも、オプショナルフルカバー保険に入ることが重要です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

話はかわりますが、
NZでお子さんまで産まれて、永住だなんて、とてもうらやましいですね。私たち夫婦がもっともやりたかったことですよ。
言葉では表現できない位、うらやましいです。
ご無事に元気な赤ちゃんが産まれますように、祈っていますね。
.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

prop_and_jet 様
はじめに、お礼の言葉が大変遅くなってしまって、申し訳ありません。引っ越しをしていたために、インターネットを日本語で使えない環境におりました。

再びこのような大変参考になるご意見を頂き、どうもありがとうございました。大変貴重な資料なので、さっそくPDFに保存させて頂きました。
実は、こんなにご親切にいろいろ教えて頂いたにも関わらず、義理の弟が一年間イギリスに行くことになったため、彼の車を借りられることになりました。彼が帰国後車を購入する際に、今回頂いた情報を元に選ばせて頂こうと思います。どうもありがとうございました。
----------------------------------

こちらも話はかわりますが、
私にとっては、日本に住むことが出来るprop_and_jet さんが羨ましいです。最近、親が年を取ってきて、特に痛感しています。
来年子供が生まれたら、出来る限り孫の顔を見せてあげようと思っています。
元気な赤ちゃんが産まれるように、頑張ります。本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 11:32

まずはじめに、これはかなり難しい選択ですよね。




この2台は、もともとは Jap Import ですよね? つまり、NewZealandCar ではないですよね?

黒(97)のほうは、“Imported”と記載が有りますので、Jap Import で間違いないでしょうが、

白(99)のほうも、GF-N74WG(http://www.goo-net.com/catalog/MITSUBISHI/RVR/40 …)の Jap Import と考えてよいのですよね?


ご予算のほうは、実はこれが限界ではないのですよね? お引越しされたとのことですが、かなり長期間のご予定でしょうか?

とりあえずは定住(単身赴任や留学ではなく)ということでしたら、ご予算も、場合によっては当然もっと出せるでしょうし、

私としては、少なくとも 10000NZD(1万NZドル)をお考え頂き、Jap Import のフレッシュ(NZに届いてからすぐの、現地NZでは一切使われていないもの。)を強くお勧め致します。

長期でお使い頂こうなんて場合には、結局同じ位かかっちゃいますよね。


まずは、白と黒の、デメリットから。


黒のほう。

“odometer guaranteed”なんて記載が有りますが、これはどういう意味か、詳しく調べたほうがよいですね。NZに届いた時点でのマイレッジの保証だったりしたら、全く意味がありません。

そもそもこの“走行距離70000km”は、正しいのでしょうか? というお話です。

個人売買ですよね。マヌカウですよね。あまりこういうことはいってはいけないのかもしれませんが、、たしかにマヌカウは Manukau Car Fair もありますし、カーディーラーも多数ある、オークランドの一大自動車店街であることは間違いないですが、私もここから車を購入したこともありますが、、
どうなのでしょうか、個人売買となりますと、ちょっと心配ではないですか?
私の言っている意味は分かりましたでしょうか?サウスオークランドですし。

写真の場所は、出品者さんの自宅なのでしょうかね?
何だか、写真の感じでは、分かりませんが、マヌカウではないような感じもするのですよね。(分かりませんよ、はっきりとは、私も。)
車自体の見栄えは決して悪くないですよ。むしろ良く見えますね。
町の感じも、金持ち街といった感じで、お家も、お金持ちで信頼のあるかたのようですよね、もしここが自宅なら。
写真に写っているフォードとホンダも、かなり良い車ですし。
ここは お友達か知り合いのお家かもしれませんよ。

ところで、実物は見に行かれましたか?

まあ、マヌカウにも好青年はいますけど。

私も実は、Manukau Car Fair で個人売買でも、車を買ったこともあるのですが、その時の売主は、マヌカウに住んでいる人でしたが、好青年でしたね。
ただ、「友達の車を代理で何台も売りまくっている。」と言っていましたね。ちょっと怪しかったですねその点は。
まあそれを商売みたいにしている人も多いのですけどね。←「正しいことをしている」という意味です。


こういう話は聞いたことがあります。
車の個人売買についてのNZの法律の話です。
売り手は、“車の悪い点”は、知っていても、全て黙っていて良いのです。何も言う義務は有りません。
買い手は、自分の力で、全てを見極めなければなりません。全てが買い手の責任で“選ぶ”ということです。
“選ぶ”とは、「どの車を買うのか?」 これを「買うのか?」/「買わないのか?」 全ては買い手の責任で決めるのです。
よって、個人売買で購入後、何か不具合を見付けたからといって、売り手に文句を言うことは決して許されません。
何かを申し出て、売り手が嫌な思いをしたら、当局(警察など)に訴え出ることができるのは、“売り手”のほうです。
このようにしてNZは公平性が保たれているのです。
(「品物に文句があるなら、購入しなければ良い。購入を決める自由は、全て買い手側にあるのだから。」というわけです。)
よって、車の個人売買にまつわるトラブル(日本で考えられるような)は、NZには起きません。


法律の話はとりあえずおいておいて、
けっこう、NZの人って、オドメーターが動かないように工夫してありますよ。W.O.F.の時だけ動くようにするのです。適当な距離で工夫して止めておいて、また次のW.O.F.の時に動くようにしておくのです。
私の場合は、自分の車の価値を下げない工夫など全く興味がありませんでしたし(なぜなら売るつもりがないから。事実、車は売らずに日本に持って帰ってきましたし。)、
また、私の場合、タコメーター(とスピードメーター)が動いていないと、とにかく嫌なのです。よって、私はそのようなことを一切考えもしませんでしたが、
私の周りでも、ごく普通のとても良い人が、資産の価値を下げない“工夫”として、工夫していましたね。
一旦NZの道を走り始めた車でしたら、高級外車や一部コンピューターで管理された車以外は(特に元は日本からの Jap Import なら、)走行距離は全く当てにならないと考えておいて良いでしょうね。



次に、白のほう。

こちらはごく普通の中古車店のようですね。立地も(http://www.yellowpages.co.nz/Pages/Map/0,2876,a6 …)この辺りは良い地域ですよね。
しかし、これも、Jap Import で、何年もNZで使われたということで、全く安心はできませんが、
それでも、距離が 167000km とは、逆に信憑性は少し有りますね。
NewZealandCar でも、リースあがりなどは2年でこの位の距離行ってしまっていますよね。(しかもそういう車は、値段がまだ高いのですよね。)
いずれにせよ、この金額ですと、買ってからは、修理しながら乗るといったような。
決して「トラブルフリーで使える」とは考えないほうが良いでしょうね。

直しながら乗る場合、GDIは邪魔な技術でしょうかね。購入後にどこでエンジンを修理してもらえるかは、調べて確かめておいたほうが良いでしょうね。
NZですので、直せないものはないでしょうけど。(無い部品だって、造って直しますから。)
オートマチックも、いつ壊れるか分からないですよね。
壊れると思っておいたほうがよいですよ。(決しておどしているのではありません。) 「壊れるのが普通、直して乗る国。」とお考え下さい。

どうせ大金かけて直しながら乗る車ですので、だったら新しく見える白で良いのではないでしょうか。


私なら、黒のほうも良いと思いますけど、Jap Import で来てすぐの車なら良いですが、そうではない個人売買となりますと、よほど車のことに詳しくて、良し悪しが判断できる方でないと、買い物に失敗すると思います。

白なら、中古車店ですし、“個人売買ではない”という点だけでも、同じ金額を出す価値があります。

お店から、「どのレベルの保証が付くのか」を聞いて下さい。金額が金額ですので、現状渡し状態かもしれませんが、それでも、
「私は車の全くの初心者です。良くないものならお金を出して買うことはしたくないですので、“道具としての車”という価値観で、これはそれなりにしっかりした物でしょうか?」
と聞いて下さい。
意外とNZの人って、日本人とは違って、何でも偽り無く話してくれるものです。
(「日本人より信頼できる人」 という意味ではありません。「これが欲しい人に売る。これを売って後々トラブルになりそうな人には売らない。」という計算を瞬時にするタイプです。そういう意味で、正直に聞けば、正直に教えてくれます。)
(お客さんにとって、気に入らない商品の時は、「これはいらない。気に入らない。」とはっきり言ってくれたほうが、ショップの人にとっても、時間が節約できて嬉しい という、あの感覚ですね。)



日本国内で考えても、50万円の車なんて、そこそこ似たような物ですよね。NZは、高速道路が多いので、コンディションの割には走行距離が伸びるのですよね。
多少走行距離の数字には驚いても、実際はもう少しマシなコンディションかもしれません。



そこで、やはり当方のお勧めは、何としてもフレッシュな、来たばっかりの Jap Import のセダンを探すほうが良いと思いますね。予算は、1万ドル前後。

または、永住されたのなら、新車のランサーの2.4 LS か ES にしたほうが良いでしょうね。何年NZに住むかによるでしょうね。10年住むなら、必ず新車のほうがお得だと思います。

もっと短い、数年でしたら、中古を買って、新車以上に出費がかかることはないでしょうが、それでも、時間的にお忙しいとか、遅刻はできないとか、車は1台しか所有するつもりはない のでしたら、
ローンなりで出せる余裕がお有りでしたら、新車が最も良いでしょう。


新車は全く考えない場合でも、1万ドル前後のフレッシュJap Import をお勧めします。


(場合によっては)

白でも良いでしょうね。

「いったい日本車は、どこまで元気に走るか?」といった楽しみ感覚で乗るのでしたら、白でも、非常に良いと思います。(決して皮肉で言っているわけではありません。)
そういうある種の覚悟で使う分には、きっと満足できると思います。


黒でも同じですが、黒の場合は、どなたか車にとても詳しいNZ人に、一度一緒に見てもらってからにしたほうが良いでしょうね。



ところで、町の中古車店には見に行かれていますか?パソコンだけではなく、実際のショップに行って見ると良いでしょうね。

フレッシュJap Import を特に多く扱う中古車店も、オークランドにはいくつかあるはずです。そのようなお店を、どなたかに聞いて、行ってみて下さい。
.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

prop_and_jet 様
大変貴重なご意見をありがとうございました。
私は永住する予定で、来年子供が生まれるので今回車にはあまり予算をかけたくたいというのが本音だったのですが、prop_and_jetさんの意見を拝見させて頂き、多少のローンを組んででも、新車を購入しようと思います。
大変、詳しく非常に参考になるご意見を、本当にどうもありがとうございました。prop_and_jetさんのおかげで、不安を取り除いて購入することができそうです。

お礼日時:2006/10/06 07:03

かなり難しい選択ですね~;



私も走行距離で97年式!とは思いましたが、
装備や内装・質感では圧倒的にエクシード優位ですね。乗る満足感が違い過ぎます。

それでも寿命という観点から見ると、
やはり97年式かなとは思うのですが、97年式にも疑問点が。

それはスポーツギアなのでターボ車では?ということ。ターボ車は、前オーナーの乗り方次第で傷みが全く違ってきます。おまけによく見ると、右ヘッドライト(向かって左)がやたらきれいなのに対し、左は若干くすんでいる気が(それでもなぜかかなりきれい)・・・事故車の可能性は無いですか??フロントグリルガードが新しかったらやめておきましょう。

エクシードは豪華だが寿命が・・・
スポーツギアはターボと事故の不安・・・

ここまでくると、この2車を選択するのに重要なのは、好みと「運」だけだと思います・・・

1年くらいの使用でよいなら、エクシードを購入し、トラブルが出たら捨てる、というのが良いかと思います。

長く乗ろうと思うなら、スポーツギアを購入し、運を天に任せるのが良いかと・・・

やはり、試乗して比べてみるしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ma-bou875様
大変参考になるご意見を頂き、ありがとうございました。
ターボ車は、前オーナーの乗り方次第で傷みが全く違ってくるのですね。私はターボ車は早いとか馬力があるのかな?と何となく思っていただけなので、大変参考になりました。
ヘッドライトの件、ご指摘頂くまで全く気がつきませんでした。
私はこちらに永住する予定ですので、少しローンをしてでも新車の購入を検討しようと思います。
大変参考になるご意見をどうもありがとうございました。

お礼日時:2006/10/06 07:13

走行距離が少ないほうがいいですよ!!!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ogaogaoga様
ご意見頂き、ありがとうございました。
結局どっちを買ってもお金がかかるのを覚悟し、当たりはずれは運次第のようですので、少しローンを組んででも新車を購入しようと思います。
どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/06 07:16

走行距離が少ない車がいいと思います!!!

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニュージーランドのレンタカーについて

この年末年始にニュージランドの北島をレンタカーで周ろうと考えています。(12月27日~1月4日)
しかし、もう日本語の使えるレンタカー屋さんでは既に予約がいっぱいのようです。

オークランドで、日本語が通じなくてもいいので今からでも予約の出来そうなレンタカー屋さんを教えていただけないでしょうか。

また、ニュージ-ランドを旅するにおススメのポイントがありましたら、是非あわせて教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(http://www.auckland-airport.co.nz/Guide/rental.php)
(http://www.aatravel.co.nz/main/searchresults.php?typeId=7%2C8&town=&locationId=20002&subTypeName=land&title=)
(http://www.newzealand.com/travel/ja/getting-to-around-nz/transport/transport-options/transport-listings.cfm?activityitemid=105&regionid=1&nodeid=11&searchfor=&find=%E6%A4%9C%E7%B4%A2)

会社の規模で言ったら、

ハーツHertz(https://www.hertz.co.nz/rentacar/reservation/gaq/index.jsp?targetPage=reservationOnHomepage.jsp)
エイビスAvis(http://www.avis.co.nz/)
バジェットBudget(http://www.budget.co.nz/default.aspx)

の順でしょうか。


なんといってもお勧めはハーツですね。

エイビスは、用意されている車種の幅が結構あって、おもしろい車が選べたりするのですが、ハーツと比べて、不親切と感じるようなことはたまにありましたね。店側の予約ミスや配車ミス等マイナートラブル時でも、会社の保身が前面に出てくるような感じ? まあ、トラぶらなければ良い会社ですし、信頼の大きな会社であることは間違いないです。

バジェットは、JAF会員(AA Member)だと、いくらかお得だったりするのでしょうか。


レンタカー会社は他にも多数あり、長期の場合はいろいろな中からベストなところを選んだりするのですが、

9日なら、短期ですので上記のような「大手」といわれるところから借りることになるのでしょうね。

最悪、日本で予約できなかった場合も、現地空港かセントラルオークランドの「Visitor Information Centre」(http://www.aucklandnz.com/VisitorInformation/ContactUs/ISite/)にでも行って探してもらっても良いでしょう。
(ただし、時期が時期だけに、現地でもホリデー真っ只中ですので、探してもらっても 「1台もない」ということも考えられます。日本で予約できておいたほうが良いでしょう。)

(i)セントラルオークランドオフィス(http://maps.google.com/maps/ms?ie=UTF8&hl=en&msa=0&msid=116780282802842814728.000435592a0c707284452&ll=-36.846247,174.762483&spn=0.011453,0.020084&z=16&om=1)
(i)NZAA(AKL)空港オフィス(http://maps.google.com/maps/ms?ie=UTF8&hl=en&msa=0&msid=116780282802842814728.000435592a0c707284452&ll=-36.994327,174.78982&spn=0.045725,0.080338&z=14&om=1)




1つだけ、

非常に重要なこと。

レンタカーは、必ず、「Full Cover Insurance」(ACCIDENT EXCESS REDUCTION)は、必ず付けて下さい。

オプショナル フルカバー インシュアランス です。

これは、例えば、現地日本人添乗員がお客さんのためにレンタカーを予約する場合、必ずこれを付けることが常識です。これを付けずに日本からのお客さんを車に乗せて見送ってしまうと、とんでもないことになります。

万が一の事故の時の対応に、天と地の差ほどの扱いが違いますので、これは付ける事が常識。決して贅沢や無駄ではありません。

私のように、7年間 現地に住んでいて、全てに慣れきっている人間でも、レンタカーを借りる時は、必ずこのフルカバー保険のオプションは付けていました。

NZは、事故は起きるのです。自分の運転が上手いかどうかにかかわらず、事故は起きます。

(https://www.hertz.co.nz/rentacar/reservation/reviewmodifycancel/enUS/rentalTerms.jsp?KEYWORD=AER&EOAG=AKLT50)
(http://www.avis.co.nz/Renter`s_Guide/Policies_and_Procedures/Coverage_Policies/MenuId/237.aspx)

これは、
「万が一の事故時には、EXCESS(免責)を払えばいいのでしょう?(その差でしょう?)」 ということではありません。

万が一の事故時は、
『 [Full Cover Insurance を掛けていなかった。] = [無責任なドライバー] 』 というふうに、全ての面で扱われます。

具体的には、
NZはそもそも、過失割合など無いのです。事故時は、どちらかが100%悪くなります。(両車が駐車場からバックで出てきて後ろ同士をガッシャ~ンの場合のみ50:50)

Full Cover Insurance を掛けていない場合、もし相手がフルカバー掛けていたら、ほぼ、「相手は過失ゼロ」になるでしょう。事故の原因が自分には無くても、保険会社には勝てません。

そればっかりではないのです。

もし、Full Cover Insurance を掛けないでレンタカーで事故したら、
車はすぐに没収され、次のように
客(事故起こしたドライバー):「別の車は用意できますか?」
レンタカー会社:「いいえ、あなたのような、保険も掛けないような人に貸す車などありません。別の会社に行って下さい。別の会社でもあなたには貸さないと思いますけど。」

実際、大手ではほとんど借りれなくなります。


もし、Full Cover Insurance を掛けていたら、

事故が起きても、
レンタカー会社:「すぐに別の車を用意致します。」

といった感じの対応になります。

天と地の差です。


たった9日間の旅行で、事故に合う確立もほとんど無いとは思いますが、
NZは、例えば「自分は日本で10年間無事故だった」などということは関係なく、事故は起きる時は起きます。
とくに、慣れない環境での運転になるでしょうから、「Full Cover Insurance (ACCIDENT EXCESS REDUCTION)」は必ず付けて下さい。




あとは、楽しい運転の旅を楽しんで下さい。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2452406.html)の ANo.4 と ANo.5 【重要】
 (↑「どっちの中古車?」以外の全ての部分が重要です。)
(http://209.85.175.104/search?q=cache:0wDMn1xgF54J:oshiete1.goo.ne.jp/qa3292983.html+%22%E3%81%82%E3%82%8B%E7%90%86%E7%94%B1%E3%81%8B%E3%82%89%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%81%A7%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%81%E6%9C%80%E5%88%9D%E3%81%AE%E4%BC%91%E6%9A%87%E3%81%A7%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%83%87%E3%83%BC%E3%81%AB%E5%87%BA%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%AD%E3%80%82%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%A7%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%80%9F%E3%82%8A%E3%81%A6%E3%80%81%22+site:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3292983.html&hl=ja&gl=jp&strip=1)の(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3292983.html)の ANo.6

ニュージーランドって、こういう国です。

まぁ、みんなジェントルで非常に安全運転の国ですが、それでも日本とはかなり違っていますね。

人々は非常に良い人達です。パケハ(パキハ)も、もちろんマオリも。


NZの車の運転は、速度にメリハリがありますよね。街中ではしっかりきっちり50km/hを守る。田舎道の100km/h制限に入ったとたんに100km/hを出す。

ただし、田舎道でも、ホリデー期間中は渋滞もできている個所があるでしょうから、前を良く見て気を付けて下さい。





>ニュージ-ランドを旅するにおススメのポイントがありましたら、是非あわせて教えていただけないでしょうか。


私は、南島は主にクライストチャーチ周辺のみですが、北島はそれこそ全部、車で回りましたね。ウエリントンも良い町です。ちょっとオークランドとは違った雰囲気ですが、好きですね。あの狭さが。

ファーノースは、それこそ何度も行きました。ああいった田舎の、NZ!って感じが好きなのですよね。

どこも全てお勧めですが、初めてのNZでしたら、日本人に定番のロトルア&ワイトモになっちゃうのでしょうかね。

すでにロトルアとワイトモには行ったことがお有りなら、二度も同じ所行く必要もないでしょう。他にいっぱい良いところがありますので、ファーノースでも、南側(北島内)にどこにでも、行ってみて下さい。どこもおもしろいです。(ウエリントンは、都市になっちゃいますが。)

オークランド内も、実は結構楽しいですよ。(もしまだオークランド観光したことないなら。)



うらやましいですよ。私もまたNZに行きたいな。

(http://www.auckland-airport.co.nz/Guide/rental.php)
(http://www.aatravel.co.nz/main/searchresults.php?typeId=7%2C8&town=&locationId=20002&subTypeName=land&title=)
(http://www.newzealand.com/travel/ja/getting-to-around-nz/transport/transport-options/transport-listings.cfm?activityitemid=105&regionid=1&nodeid=11&searchfor=&find=%E6%A4%9C%E7%B4%A2)

会社の規模で言ったら、

ハーツHertz(https://www.hertz.co.nz/rentacar/reservation/gaq/index.jsp?targetPage=reservat...続きを読む

Qニュージーランドでレンタカーをかりる場合、保険は必要?

こんにちは
3月に2週間ほど南島をレンタカーで旅行する予定です。
予約の際に、任意保険をかけようとしたのですが、ニュージーランドで起こった自動車事故による必要な医療費については、ニュージーランド政府より支払われると聞きました。物損についての補償額は、1事故につき上限でNZ$500万となるそうです。
ということは、任意保険は必要ないということでしょうか?
携行品が盗難にあったとか、そう言う保険は考えていません。
いわゆる対人・対物・搭乗者・車両免責などが必要な保険と考えています。
アメリカではよくレンタカーを使いますが、NZは初めてでよく分かりません。ご存じの方、アドバイスなどもよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニュージーランドの旅行で、レンタカーを借りる場合、必ず、オプショナル フルカバー インシュアランス{Full Cover Insurance(EXCESS REDUCTION)}は付けて下さい。必ずです。これは、NZの旅行関係者の間では常識です。

詳しくは、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3604943.html)の ANo.3 を必ず、ご覧下さい。







>NZの友達も、普通かりるとき保険は料金に入っていると言ってました。なので混乱してしまいました。

もともと含まれている保険は、EXCESS(免責)有りの保険です。これを、「Standard」 「Optional」 という言葉があるとすると、初めから付いているものは「Standard」でしかありません。

必ず、忘れずに 付けなければいけないのは、「Optional」のほうです。


上記URL内でも書きましたが、EXCESS(免責)の差ではないのです。万が一の事故の場合、それがたとえどんなに些細な物損事故でも、地獄と天国の差を見ます。

ANo.1様ご回答文中の「レンタカーを借りる際に、免責額を減らすオプションを付けるかどうかを聞かれました」が、私が上記で言っているオプショナル保険です。必ず付けて下さい。


これは、もし予約時にできなくても、実際にレンタカーを借りる時にカウンターで忘れずに申し込めば良いわけです。

キーを受け取る前に、書類にサインしたりしますよね、その時に、忘れずに、オプショナル フルカバー インシュアランスを付けて下さい。

忘れないようにして下さい。




なお、ANo.1様ご回答文中に、「制限速度が110キロ」とありますが、ニュージーランド国内に、そのような道はあるのでしょうか?

(私も、7年間NZに住んでいましたが、数年前に日本に戻ってきてしまいましたので、その後法改正されたなら申し訳ございません。新しい法律をお教え頂けますと非常にありがたいです。)

ちょっと調べてみましたが、

どれを見ても 100km/hなのですよね。

(http://www.landtransport.govt.nz/roadcode/about-limits/speed-limits.html)
(http://www.landtransport.govt.nz/overseasdrivers/docs/driving-in-nz-japanese.pdf)
(http://www.j-rentalcars.co.nz/overview.pdf)
(http://www.gekkannz.net/thats/modules/smartsection/item.php?itemid=58)
(http://www.google.co.jp/custom?domains=www.gekkannz.net&q=%C0%A9%B8%C2%C2%AE%C5%D9&sitesearch=www.gekkannz.net&client=pub-2044544855303886&forid=1&ie=EUC-JP&oe=EUC-JP&cof=GALT%3A%23008000%3BGL%3A1%3BDIV%3A%23336699%3BVLC%3A663399%3BAH%3Acenter%3BBGC%3AFFFFFF%3BLBGC%3A336699%3BALC%3A0000FF%3BLC%3A0000FF%3BT%3A000000%3BGFNT%3A0000FF%3BGIMP%3A0000FF%3BFORID%3A1&hl=ja)
(http://nzdaisuki.com/news/news.php?id=2073)
(http://www.newzealand.com/travel/ja/about-nz/key-facts/key-facts-driving-in-new-zealand.cfm/travel/zh/about-nz/key-facts/key-facts-driving-in-new-zealand.cfm)
(http://www.landtransport.govt.nz/roads/speed-limits/community-consultation.html)
(http://www2.ceri.go.jp/jpn/pdf2/k-gp-200602-speed.pdf)P52(5/6)
(http://www.landtransport.govt.nz/roads/tcd/sign-r01-01-category-regulatory-speed-limit-standard.html)



なお、当方の回答は、ANo.1様のステキなご回答にケチを付けようとするものではありません (「免責額を減らすオプション」 = 「常識!」 等)。

むしろ、ANo.1様がご無事に楽しいNZ旅行を送られたことを、心から喜び、幸せな気持ちになっているところです。

なにか失礼がありましたら、申し訳ありませんでした。






ご質問者様へ、
上記URLは、NZの様々なおもしろい内容が書かれている物もありますので、いろいろ参考にしてみて下さい。
例(http://www.gekkannz.net/thats/)(http://www.gekkannz.net/thats/modules/nzjoho/)
(http://www.newzealand.com/travel/Japan/)(http://www.newzealand.com/travel/ja/destinations/new-zealand-map/interactive_map_home.cfm)

車の法規の勉強も しておくと良いでしょうね。
(http://www.landtransport.govt.nz/roadcode/index.html)






上記一番上のURLの(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3604943.html)の ANo.3 は重要ですので、必ず読んで下さい。
あと、
その文中のURL先の
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2452406.html)の ANo.4 と ANo.5
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3292983.html)の ANo.6
も、ぜひ読んでみて下さい。


どんなに広いモーターウェイでも、日本のように160km/hとか出すアホは一人もいません。120km/hも出せば、それはもう「気違いなスピーディングドライバー」です。よって、必ず100km/hを越えないように紳士的に走って下さい。
ただし、ほとんどの人は、どこでも(制限のない場所)100km/hで走ります。カーブも、山道も、砂利道も です(※a)。
旅行者の日本人は、無理せずに、キープレフトで、後ろの車は抜かさせたほうが良いでしょうね。


山道の登り坂で、もしそこから2車線になるようなところは、「Passing Lane」です。(http://www.landtransport.govt.nz/roadcode/about-driving/using-lanes-correctly.html)(下の)
追い越す場合を除き、必ず左レーンを使って下さい。
追い越す車がいない場合は、下り対向車が追い越しのために入ってきます。{(http://www.landtransport.govt.nz/roadcode/about-driving/passing.html)の「Passing on a three-laned road」(http://www.landtransport.govt.nz/roadcode/gfx/passing-on-three-lane.jpg)}
「Passing Lane」は、山道の登り坂によく出てきますが、日本の「登坂車線」とは全く違います。左車線を即選んで下さい(もたもたしますと、後ろの車が待ちきれずに左から抜こうとビュンビュン先に左レーンに入ってきてしまうかもしれません。事故など起こさぬように、後ろも充分に気を付けて運転して下さい。)
Passing Lane は、手前からサインが出る場合が多いです。(http://www.landtransport.govt.nz/roads/tcd/sign-ga04-01-01-02.html)

とにかく、馴れない旅行者は、無理せず、街になったらカフェででも休憩を取りながら旅行をすることをお勧めします。


また、

横断歩道は、人がいたら必ず止まって下さい。
もし止まらないと、人間のほうが無理やり出てきます。
止まれないと、場合によっては人を轢きかねません。


なお、NZは、横断歩道以外での道路横断(歩き)は、基本的に轢かれる(車は全く速度を落とさない)と思って下さい。NZで歩行中は充分に気を付けて、横断歩道の無い道路を横断する時は、とにかく車が来ている時は車道に出ないで下さい。
(私は、日本人が道で車に轢かれそうになるのを何度も見ています。)



安全で、楽しい旅行になると良いですね。


--------------------------------------------------------------

※a:砂利道には、入らないようにすることをお勧めします。
日本語バージョンでは、「時速40~50キロ以下に」(http://www.landtransport.govt.nz/overseasdrivers/docs/driving-in-nz-japanese.pdf)P16(5/6)とかわけのわからんことが書いてありますが、
英語の元のバージョンにはそのようなことは書かれておりません(http://www.landtransport.govt.nz/roadcode/about-driving/road-surface.html)(下の [Gravel])。
制限のない道は100km/h制限です。ここに住んでいる人はみんなその程度で走っています。
もし本当に日本人がノロノロ時速40~50キロで走っていたら、後ろからドッカ~ンです。
遅いと砂煙もたちにくいので、後続車が全走車の存在を発見できないおそれがあるのです。
とくに、晴れのドライコンディションでは、後続の現地人は、「全走車がいれば砂煙がたつはずだ」と安心しきって運転しているでしょうから、危険です。
詳しくは、(http://209.85.175.104/search?q=cache:3zMYpVenHYkJ:oshiete1.goo.ne.jp/qa2452406.html%3Fans_count_asc%3D2+%22%E7%A0%82%E5%88%A9%E9%81%93%E3%82%82%22+site:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2452406.html&hl=ja&gl=jp&strip=1)の(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2452406.html)の ANo.5
短期の旅行者は、決して砂利道には入らないことをお勧めします。
{観光名所に行く道が砂利道しかない場合は、走る車も皆理解して平均速度が低い可能性もありますので、行ける場合もあるかもしれません。(例、北島のCape Reingaに行く道等。)
その場合、充分に気を付けて走行して下さい。}

ニュージーランドの旅行で、レンタカーを借りる場合、必ず、オプショナル フルカバー インシュアランス{Full Cover Insurance(EXCESS REDUCTION)}は付けて下さい。必ずです。これは、NZの旅行関係者の間では常識です。

詳しくは、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3604943.html)の ANo.3 を必ず、ご覧下さい。







>NZの友達も、普通かりるとき保険は料金に入っていると言ってました。なので混乱してしまいました。

もともと含まれている保険は、EXCESS(免責)有りの保険です。これを、「...続きを読む

Q楽しい車はないでしょうか?

はじめまして。
今年終わりごろに免許を取ろうと思っています。
昔からスポーツカーが好きで、はじめに乗る車もできれば楽しい車に乗りたいと思っています。欲を言えばFR車に・・・
候補としては、アルテッツァRS200、シルビアS15スペックS、スペックR、ユーノスロードスター、R34スカイラインクーペ、インテグラ、などなど・・・ガソリン代がどんどん高くなってきているのでスポーツを楽しめるのも今のうちかなと・・・
この中でor他で、楽しい車やその良さなどを教えていただけないでしょうか?

保険料とか全く考えてないのですが、年間維持費ってどのくらいなんでしょう?
ちなみに、就職後の足とちょっとしたサーキット走行もやってみたいと思っています。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「欲を言えばFR車に・・・」といいつつ「インテグラ」も候補に入っていますので、私も回答させて頂きますね。
(インテは、フィーリング的にはFRだ。という感想で好意を持つかたもいますので、ちょっと、“回答”としてご質問者様に気に入られるか不安ですが。)

免許取りたての入門者様に最も楽しい車は、FFの1.3リッターマニュアル車ですよ。

(例えがちょっと変ですが)、
いきなりF1に乗らされるようなものです。最初から嫌になってしまいます。初めは kart が良い。
いきなりジャンボジェットの機長席に座らされるようなものです。はじめはセスナなどでないと。

“FR” というのも、古いです。ラリーの世界では、とっくの以前から、FRなんてものは姿を消しています。(WRC またはこれに似た車両の話)
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3080822.html)の ANo.6
これは 好き/嫌い の問題ですので、FF/FRはどっちでも同じ、ご当人の好み次第ですが。
まあ、
私も、「FRも経験しなければ。」と、海外で何台かFRの2リッタークーペ(や、セダン直6ターボマニュアル車)所有したことがありますが、(いろんなこともできるようになりましたが、)。
いかんせん、入門にふさわしいサイズのFR車って、今 日本に無いですよね。よって、FRにこだわってしまうと、非常に選びにくくなるというか、
はじめの1台目は、FFで良い(FFが良い)のではないでしょうかね。FF車なら、マニュアル車の安い中古車でも、結構良いものが残っていますので、お得に良いものが見付かると思いますよ。

なんでも良いと思います。マニュアル車であれば、楽しいですよ。ファミリアとか。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2811395.html)の ANo.3
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2360275.html)の ANo.6 と ANo.8

安い車で、一通り「車」というものを理解してからのほうが、次に何を選ぶにしてもよいと思います。


(http://72.14.235.104/search?q=cache:ILkk6ZTRSj4J:questionbox.msn.co.jp/jump.php3%3Fq%3D3255294%26t%3Da+%22%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%82%82%E9%80%9F%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%A7%E3%81%99%E3%82%88%E3%80%82%22&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp)の(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3255294.html)の ANo.20 と ANo.26 と ANo.30

(http://72.14.235.104/search?q=cache:arwxN4GyVbIJ:oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html%26+%22%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%82%92%E5%85%AC%E9%81%93%E3%81%A7%E8%B5%B0%E3%82%89%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%80%81%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%AD%E3%80%82%22&hl=ja&gl=jp&strip=1)の(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.11 と ANo.20 と ANo.19 と ANo.22

まあ、
難しい話はどっちでもいいとして、

これから免許ということは、これまで全く車も動かしたこと無いということですよね?
マニュアル車の運転方法と、楽しい中古車の買い方について、当方 回答したものがいくつかありますので、
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.19 や、(http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?status=select&MT=http%3A%2F%2Foshiete1.goo.ne.jp%2Fqa2849121.html&ct_select=0&ct0=&ct1=&ct2=&ac=&tf=all&st=all&c=&mt_opt=a&qatype=qa&sr=date&st%5B%5D=before&st%5B%5D=after)も、もしよかったらご覧下さい。

(http://72.14.235.104/search?q=cache:SbCF5PFNozcJ:oshiete1.goo.ne.jp/qa2457020.html+%E5%AE%9F%E3%81%AF%E5%BD%93%E6%96%B9%E3%80%81%E6%95%99%E7%BF%92%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%94%E8%B3%AA%E5%95%8F%E3%81%AB%E3%81%AF+%E6%9C%AC%E6%9D%A5%E5%9B%9E%E7%AD%94%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%80%E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%94%E8%B3%AA%E5%95%8F%E8%80%85%E6%A7%98%E3%81%8C%E6%B7%B7%E4%B9%B1%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%86%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82&hl=ja&gl=jp&strip=1)「実は当方、教習中のかたのご質問には 本来回答していないのですね。なぜなら、きっとご質問者様が混乱してしまうからです。」ということですので、
教習中は、ぜひ、教官の言うこと のみ をしっかりと聞いて、それに従って練習して下さい。



(最後に。)

「自分は、最初っから良い車に乗りたいんだ! 自分なら、どんな車でも たいていは乗れるはずだ。」

とかお思いかと思います。免許取る前の頃は、みんなたいていそうでしょう。(考えてみれば、私も その頃はそうでしたし。)

私も、免許取ったあと、(ATでしたが)ワンダーシビックの25i という、(パワーバルジ付きのSiではないですが)、一応スポーツモデルですし(Siがあとから追加されるまでは最上級グレード)、これを数年間、日本で乗り回し(両親の車ですが)ていましたので、まあ、若者が数年間車に乗っていれば、「一通り乗れるようになったな」と、有頂天になっているわけですよ。FFドリフトくらいもできるようになっていましたし。

ある理由から海外で暮らしはじめるようになり、最初の休暇でホリデーに出かけたのですね。そこでレンタカー借りて、「車の運転はまあまあ上手だ」と思っているわけですから(実際、日本では運転慣れていましたし。)、日本と同じ右ハンドル&左側通行の国ですし、
観光客が普通は行かないような、いくつも湖を巡るようなドライブルートを選択してホテルを出発したのですね。
そうしたら、
道は「センターラインはあるが、それだけ」 の、クネクネのアップダウンの細いルートなのに、みんな全員 100km/h出しているのですよ。私なんか、必死で運転しても、“もう限界”、しかし、後ろには「ご老人夫婦の運転する車」にピッタリくっつかれてせっつかれるのですよ。
「あおられている」というよりは、「こっちが遅過ぎで、皆さんに迷惑をかけている。」といった感じ。見通しのよいところでは、必ず道を全員に譲るようにしても、またすぐに後ろから車が来てしまって、はり付かれるのですよね。
もうへとへとですよその日は。やっとの思いで、湖からホテルに帰ってきた感じですよね。

{その時から、目覚めてしまったのですよね。}
「あぁ、自分て、運転下手なんだ! この国の全員は、異様に速いんだ。こういう世界もあるのか。」と。

たまたま、当方がやっていた、海外に来る目的でもあったものが、車のことにも近いものでしたので、
その後は7年間、必死で車の運転は練習しまくりましたけどね。
わざとあえてド田舎のほうに住んで、通い先も、あえて都心部の反対側のド田舎の場所でしたし、(住むにもカントリーサイドは、気持ちいいですし。)
ラリーとか、エアロバティックスとか、まあそれ以外にも仕事関係も‥
人生、進む先も全部そっちの方向のことになってしまって、
まあ、車のことでは、「ラリーでは、日本から来る日本人には、誰にも負けないぞ。」くらいにまではなりましたけどね。(ちょっと大げさ)
1998年でしたか、新井選手が初めてグループNでWRCに出た時に、当方その場にいたのですが、あの時だけは、驚きましたね。「うゎっ、こんなすごいドライバーが日本人で居たんだ。」と。
あの時だけは、「自分は彼を超えることはできないな」と、感じましたね。直感で。
{どうやらその時の私の考えは、正しかったようですね。(“新井選手はすごい。”という意味。)}

車の、、運転なんてものはね、、。あとになってみてからでないと、「当時の自分は、下手だったよな~。」と、分からないのです。
(http://72.14.235.104/search?q=cache:wsAl-JsU6ysJ:question.excite.co.jp/qa3151568.html%3Fans_count_asc%3D2+%22%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E8%BB%8A%E3%81%AF%E3%80%81%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%84%E3%81%86%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82%22&hl=ja&gl=jp&strip=1)の(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3151568.html)の ANo.6

私も、日本で免許取った時、1時間追加だけで合格した(卒業した)のですね。
しかも、その1時間というのも、教官とけんかになんて。
けんかというか、一方的に教官がいかったというか。
当方、厳しい県での合宿で取ったのです。その時まだ当方忙しい学生時でしたので、「なんとか合宿で」と探しましたが、残っていて予約が取れたのが、なんと、日本でもかなりの厳しい県(事故が多いと有名な県で、よって卒検が非常に厳しく難しくなっている。)でした。
予約時はそのようなことは知りませんでしたので、そこに予約して、行ったのですね。
そうすると、入学当日に、担当の教官(ジャンボ尾崎似の、おっかない教官。しかも、あだ名は“ジャンボ”。)が、見た目で生徒を判別し、グループ分けするようなのです。つまり、早く上達しそうな人間のみ手塩にかけて教え、その他は「卒業いつになってもいいから、適当に金を落として行ってちょうだい。」的な、「まぁ、教えるけど、どうせ早くは上達しないでしょ?」みたいな扱いを受けるのですね。
私は、その時、見かけはヘタクソに見えたのか、“その他グループ”に判別されたようなのです。
しかし、当方、あれよあれよと上達して、合宿ですので、それこそ毎日どんどん進んで、一緒に入った「合宿“手塩”グループ」の誰よりも先に卒検間近になったのです。ジャンボが私に気付いたのもちょうどその頃で(なぜか、担当なのにそれまで一緒に乗車はなく、いつも別の教官でした。)、乗った時から、私の成績表みたいな、紙の、毎回 実地試験終了時に印鑑押してもらう紙を見ながら、ジャンボはブツブツ言っていました。路上で、横断歩道で待っていた親子が居たので、止まったのですね。しかし、対向車は決して止まろうとせずにしばらく経ちそうでしたので、ジャンボが一言、「行けや!」。
教習所に帰ってきてから、車の中でジャンボが、「ああいうときは、行けや。」というので、「はい。しかし、卒検時だけは、ああいう場合でもとにかく止まっていたほうがよいですよね?」と、一応確認したのです。(卒業検定間近でしたので)。
そうしたら、「なにをあほなこと聞いとんのや!」とか言って、バァンと行ってしまったのです。印鑑もくれずに。
よって、その1時間だけ余分にもう一度乗って、無事に卒検は合格し、とんとん拍子に車に乗れるようになっていました。坂道発進でエンストしたことも1度もなかったですし、自分的にはその1時間も 「1時間オーバー」とは思っていませんし、免許とって早々、「自分は、車の運転は非常に得意なんだな。」と、思ってしまったのですね。その後もずっと。

最初に打ちのめされたのは、上記、湖での一件。
次には、
(申し送れましたが、当方、パイロットになる勉強なんかしてたんですが、)
パイロットの世界では、
「これまでの常識は捨てろ」とか、「思い込みは厳禁だ。必ず確認。」とか、「人間は、欠陥だらけだ。気を付けないと、すぐにヒューマンエラー。」とか、徹底的に教え込まれるのですね。しかも、「トップパイロットになっても、常に勉強。毎日が勉強。勉強を止めることは許されない。(進化を止めることは許されない)」というわけです。
特に、ヒューマンファクターというのがありまして、「人間はいかに欠陥だらけであるのか」を学ぶのです。例:(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2482131.html)の ANo.10 等

こういったことは、もし日本だけで生活していたのでは、きっと気付かなかった、新しい全く違った常識でしたね。

車の運転も、
もし日本でだけ、“颯爽と上手に運転” ができるようになっていて終わっていたら、「これで完璧。もう学ぶことはなくなった。」と、勘違いしてしまったと思います。





何が言いたかったかといいますと、、

はじめから、良い車に乗ってしまうと、「自分が上手だから、速い。」と勘違いしてしまうのです。

また、そこまで勘違いはしないかたでも、

練習しようにも、車が速いですと、練習にはならないのです。練習になる前に、速過ぎてスピーディングで警察のお世話になることになってしまいます。

反社会的な運転にはならないように運転しますと、練習にはなっていませんので、そのまま上達もしません。



非力なマニュアル車が、一番良い練習車になりますし、速度が遅い分、社会にも自分にも安全ですし、
しかも、その車で速く走れるようになったら、非常に楽しいです。
法定速度内(社会的速度)で、楽しいです。



上記ご質問者様の、候補の中からだけですと、
インテグラが良いのではないでしょうかね。
べつに、TYPE R ではなく、普通の、マニュアル車。
インテグラSJ でも、全く問題ないですよ、マニュアル車なら。
(http://www.honda.co.jp/factbook/auto/INTEGRA/19960229/index.html)
 (なんてね。本当にSJ探そうとしたら、珍し過ぎて見付からないと思いますよね。普通のインテにして下さい。これなら良いのが沢山見付かるでしょう。)


普通に乗るだけなら、免許取りたてで2リッターセダンくらいでも大丈夫ですが、
“楽しく” とか “練習” となりますと、本当、 1.0~1.3リッターのマニュアル車が、お勧めです。


なんか、うらやましいですよ。
これから、免許とって、車選んで。
ちょっと回答が、長くなってしまいましたが、免許~初心者~上達~ の全てで役に立ちそうな回答が、例の当方の過去の回答のURL先にありますので、何か参考になれば嬉しいですね。
くれぐれも、峠族や走り屋にはならないで下さいね。

「欲を言えばFR車に・・・」といいつつ「インテグラ」も候補に入っていますので、私も回答させて頂きますね。
(インテは、フィーリング的にはFRだ。という感想で好意を持つかたもいますので、ちょっと、“回答”としてご質問者様に気に入られるか不安ですが。)

免許取りたての入門者様に最も楽しい車は、FFの1.3リッターマニュアル車ですよ。

(例えがちょっと変ですが)、
いきなりF1に乗らされるようなものです。最初から嫌になってしまいます。初めは kart が良い。
いきなりジャンボジェットの機長席...続きを読む

Qニュージーランドに持っていく現金は何がいいでしょうか?

明後日からニュージーランドを1ヶ月間旅行します。
ホテルなどの支払いはクレジットカードをメインに予定していますが、持っていく現金は何がいいでしょうか。
1 日本円をそのまま持っていく
2 円建てトラベラーズチェックにして持っていく
3 米ドルに交換して持っていく
4 米ドルトラベラーズチェックにして持っていく
5 ニュージーランドドルにして持っていく
6 ニュージーランドドルトラベラーズチェックにして持っていく
出かける寸前なので焦っています。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

先日NZに行ってきました。

私は日本円とクレジットカードを持参し、現地(町の銀行)で日本円をNZドルに変換しました。
NZドルはユーロや米ドルと違い、NZ国内しか通用しないので、必要量だけを変換した方がよいです。

以前はANZでNZドルのTCを売っていましたが、現在は販売していないと思います。

米ドルは手数料が二重にかかるのでやめた方がいいです。

楽しい旅行を!

Q登り坂で車を無理やり発信させたときの車への負担について

昨日非常に怖い体験をしました。

ある山荘に向かっていたときのことです。
直角以上のカーブの出口でエンストを起しました。
(当方かなり昔のMTのレガシィです)

かなりの登り坂で、勢いをつけて上りたかったのですが、
初めての道ということもあって、カーブの先に、
対向車や人がいては危ないと思い減速したところエンストを起こしました。
(両脇に草が生い茂り車1台が通るのがやっとの道でしたので…。)

カーブを曲がりきった先で止まったので、
そこでサイドブレーキを引きローにいれ、
いつも以上にアクセルをふかし(3,000回転くらい)クラッチをつないだのですが、即エンストで後退。

後ろを見ると、崖の手前のガードレールに当たるギリギリのところでした。
(カーブの後、ハンドルを元に戻してしまっていました)

このとき、ジェットコースターのような坂のに加えて、
崖に落ちそうでかなり頭の中がパニック状態でした。

これ以上後退できないと思い、
次は5,000回転くらいふかすものの失敗。

ますます焦りながら7,000回転(赤いところギリギリ)くらいまで、
ふかしてやっとほんの少し前に進み、アクセルをベタ踏みの中、
何回かエンストを繰り返しながらカーブの手前に戻れるくらいまで上り、
その後、勢いをつけて一気に坂を上りきりました。

ただこのとき、車からゴムの焼けるような臭いが車内にまで立ち込め、
車外には白い煙が出てきて、停車時のエンジン音もいつもより高くなっていました。

いったいうちの車にどんな負担をかけてしまったのでしょう?
また、どのような対策をすれば良いのでしょうか。


2年ほど前に免許をとり、山道や悪路を通学の都合上よく運転していて、
5速から2速でダブルクラッチのエンブレや、
少々の坂でもサイドブレーキを使わず後退せずに発進ができていて、
クラッチ操作には自信があったのですが、
今回のような体験は初めてで車への影響がとても不安になりました。
(というか、この場合どのように対処するのがベストだったのかも伺いたいです)

今後の運転技術向上のためにも、
なにかアドバイスをいただければ嬉しいです。

昨日非常に怖い体験をしました。

ある山荘に向かっていたときのことです。
直角以上のカーブの出口でエンストを起しました。
(当方かなり昔のMTのレガシィです)

かなりの登り坂で、勢いをつけて上りたかったのですが、
初めての道ということもあって、カーブの先に、
対向車や人がいては危ないと思い減速したところエンストを起こしました。
(両脇に草が生い茂り車1台が通るのがやっとの道でしたので…。)

カーブを曲がりきった先で止まったので、
そこでサイドブレーキを引きローにいれ、
い...続きを読む

Aベストアンサー

レガシィでしたら、昔のレガシィなんてないですよね。一番古くても1989年ですので、マニュアル車としての操作方法は今のものと変わらないでしょう。



>かなりの登り坂で、勢いをつけて上りたかったのですが、

“勢いをつけて”の意味が分かりませんが、
「手前からある程度の速度で」という意味でしたら、その必要もないでしょう。
私なら、坂の真っ最中の場所から速度ゼロスタートでスムースに上れることでしょう。
(自慢↑ではないです。「できますのでそれをめざして下さい」という意味です。)




>対向車や人がいては危ないと思い減速したところエンストを起こしました。

その時は何速に入っていましたか?

1速に入っていれば正解ですね。

人が歩く程度の速度での、上り坂道でしたら、半クラッチで、エンジン回転数はそれなり(2000rpm以上~)にしてやります。

当然、このような運転ではクラッチは摩擦熱を出しますので、なるべく短時間で終了させることを心掛けて下さい。ただし、神経質になる必要も無いでしょう。3~4秒間以内にクラッチを完全に繋げることができれば、問題はないです。
それ以上半クラッチが必要な場合は、一度クラッチを完全に切ってしまって、フットブレーキで確実に停止し、3~4秒あけて冷ましてから再び登坂するとよいでしょう。(後続車がいなければ、余裕を持って、さらに時間をあけてご自身が落ち着いてからでも良いでしょう。)

このようなシチュエーションのみ、マニュアル車が不得意とする分野ですね。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3144316.html)の ANo.8 の
(http://72.14.253.104/search?q=cache:VxzszeTwIoMJ:oshiete.nikkeibp.co.jp/qa3144316.html+%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8C%E3%80%81%E3%80%8C%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%AB%E3%83%B3%E8%BB%8A%E3%81%AF%EF%BC%A1%EF%BC%B4%E3%81%AB%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%97%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%89%80%E4%BB%A5%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp)




>対向車や人がいては危ないと思い減速したところエンストを起こしました。

マニュアル車は、エンストしたぐらいで くよくよしないで下さい。




>いつも以上にアクセルをふかし(3,000回転くらい)クラッチをつないだのですが、即エンストで後退。

いや、
後退はしないでしょう。後退する前に、フットブレーキを確実に踏めるようになって下さい。

エンジンストールする直前の前兆は分かりますよね?
そうしたら、前兆が起きたらすぐにクラッチを切ると同時にフットブレーキを確実に踏んで下さい。
そうすれば、車は下がりません。
そして、エンストは、運がよければしませんし、エンストするかもしれません。その程度の話です。




>後ろを見ると、崖の手前のガードレールに当たるギリギリのところでした。

危機一髪、良かったですね(無事で良かったという意味)。




>これ以上後退できないと思い、
>次は5,000回転くらいふかすものの失敗。

>ますます焦りながら7,000回転(赤いところギリギリ)くらいまで、
>ふかしてやっとほんの少し前に進み、アクセルをベタ踏みの中、
>何回かエンストを繰り返しながらカーブの手前に戻れるくらいまで上り、
>その後、勢いをつけて一気に坂を上りきりました。

どうやったのですか?
いまいち、おやりになさった運転方法の状況が分からないですが、

きちんと半クラッチにしていましたか?

クラッチが焼けることを恐れて、半クラッチが弱かったり、または、すぐに繋いでしまおうとしたりはしませんでしたか?

また、通常、そのような状況下では、アクセルはベタ踏みになどしません。




>ただこのとき、車からゴムの焼けるような臭いが車内にまで立ち込め、
>車外には白い煙が出てきて、

もしかしますと、ホイールスピンしたのではないでしょうか?

FFレガシィでしたら、考えられます。外から見ていると、前輪がキュルキュル~ってなるイメージですね。これではないですか?


もちろん、クラッチがすでに摩耗したお車であるということも考えられます。そのようなお車でしたら、急坂を登ることは大変ですね。
この点は、ディーラーのメカニックにでも運転してもらって、クラッチは滑っていないかチェックしてもらって下さい。
(たまに本に書いてあるような、妙なチェック方法を試さないで下さい。)




>停車時のエンジン音もいつもより高くなっていました。

これは私にも、なぜだかは分からないですね。
気のせいなのか、車の仕様なのか。
ありますよね、ギャーギャー運転したあとに、しばらくエンジンが変になる車。
最近の車の「運転者に合わせる車」の話をしているのではなく、
古い車ですね。
何かの制御機構が、一時的に上手く働かなくなるのではないでしょうか。
たいていの場合、しばらくすると直りますね。
その後も変調をきたす場合は、修理(チェック)に出したほうが良いでしょうが、今は正常なら、気にすることもないでしょう。




>いったいうちの車にどんな負担をかけてしまったのでしょう?
>また、どのような対策をすれば良いのでしょうか。

今回の件で、特に何かどこかに負担をかけたということはないかと思いますが、
もし、もともとクラッチが磨り減って交換時期なのでしたら、交換をお勧めします。
これは、ディーラーにチェックしてもらうほうが良いでしょう。変な修理店に聞いて、必要のない修理をさせられないように気を付けて下さい。




>5速から2速でダブルクラッチのエンブレや、

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2324121.html)の ANo.7
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2458110.html)の ANo.4
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2457020.html)の ANo.5 と ANo.7
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1819833.html)の ANo.19
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2828883.html)の ANo.7
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3013903.html)の ANo.6 と ANo.11
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3036511.html)の ANo.3
他にも(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.11 の下のほうのURL
続きは(http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?from=&PT=&status=select&nsMT=&MT=http%3A%2F%2Foshiete1.goo.ne.jp%2Fqa2849121.html)から探してみて下さい。




>少々の坂でもサイドブレーキを使わず後退せずに発進ができていて、

何の自慢にもなりません。(すみません)
お車のためにも。ハンドブレーキを使ってあげて下さい。
もったいないです。車も、ガソリンも。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2051819.html)の ANo.4 と ANo.12




>クラッチ操作には自信があったのですが、

マニュアル車は、そういうものです。

どういうものかといいますと、

「上手くなった」と感じても、

「あぁ、あの頃は下手だったよな~。」と、あと(1~2年後)になってから思うものです。

天狗になっていた頃のことを、あとになってから気が付いて反省するものです。(「どんどん上達している」という意味)

上達が途中で止まってしまって、「自分は満点ドライバーだ」と勘違いしてしまっているかたが多いのも事実ですが。


ハッキリ言って、飛行機よりも車のほうが、運転(操縦)難しいですよ。




>今回のような体験は初めてで車への影響がとても不安になりました。
>(というか、この場合どのように対処するのがベストだったのかも伺いたいです)

>今後の運転技術向上のためにも、
>なにかアドバイスをいただければ嬉しいです。

たぶん、車の構造のことをもう少し勉強しますと、理解度も加速すると思います。
構造について(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2798305.html)の ANo.7 と ANo.8
(「ヒール&トゥ」についての↑の記述は、とりあえず無視して下さい。ヒール&トゥ の練習などしないで下さいね。)




>クラッチの摩擦ですか。
>なにかどこかの部品を交換するなどの必要が出てくるのでしょうか。

どの位の時間、半クラッチを続けたのか?
にもよりますが、たいていは、それほどすぐにはおかしくなるようなものでもありません。クラッチ部分は、丁度、ブレーキとローター(フットブレーキ)の構造(関係)に似ていまして、急ブレーキで、フットブレーキを強く数秒間踏み続けても、何事も起こらずにピンピンしているのと同じで、その程度の耐久力はあります。(同じように、熱くなったり匂ったりはします。)
・坂の停車で常に半クラッチで止まったり(悪い例)
・走行時に左足をクラッチペダルに載せ続けておいたり(悪い例)
といったことをしなければ、そうそうクラッチは早くなくなったりはしないものです。
また、消耗品ですので、あるときにはなくなります。
また、「走行距離○○キロ」とか「何年目」とかで考えることも、ある意味ナンセンスです。クラッチの寿命は、走行距離ではなく、「何度発進を繰り返したか」で決まってきます。


クラッチがすでに(その“坂の件”の以前から)摩耗してしまっているのでしたら、交換したほうが良いですし、
まだ症状が出ていないのなら、気にすることは全くなしです。




>ところで、アクセルをローでベタ踏みでクラッチを完全に踏んでいない状態でもエンストしてしまうような状況だったのですが、あまりふかす(というか回転数を上げる)必要はなかったのでしょうか。

ちょっとご質問文自体が難しいですが、、

“クラッチを完全に踏んでいない状態”とは、「クラッチを半クラッチで弱めに繋いでいる」という意味でしょうか?それとも「クラッチを半クラッチで強めに繋いでいる」という意味でしょうか?

車速がほぼゼロの状態で、もしクラッチを突然強く繋いでしまっては、アクセルをどんなに踏んでもエンストしてしまいますよね。


エンストさせないように、クラッチを緩めて(クラッチペダルを踏み込む方向)やる必要があります。(この時、アクセルは踏む方向。)

車が下がらない程度に、クラッチを繋いで(クラッチペダルを手前に戻す方向)やる必要があります。

この絶妙なバランスですね。


エンジン回転数は、坂の程度によって、キツイ坂の場合はエンジン回転数は初めから上げてやる必要があります。

かなりキツイ坂なら、かなりエンジン回転数も事前に上げてからクラッチを繋ぎ始めて下さい。


すぐに上手になれます。



練習(コツ)の方法ですか?
(注:練習は安全な場所で)

ロケットスタートって、知っていますよね?

例えば、“誰にも負けないバカっ速さ”で発進させること、できますよね?

ホイールスピンさせてもいいですよ。

初めは、ホイールスピンさせることを目標にしてもよいでしょう。

6000回転位に上げてから、クラッチを繋いで、瞬時にアクセルを床まで踏むのです。このとき、レッドゾーンを飛び越えないようにクラッチペダルを引いて(繋ぐ方向 手前に戻す方向)調節します。

前輪が、白煙を上げながらホイールスピンすれば成功ですね。(ホイールスピンした瞬間にアクセルを5mm位戻して下さい)

これで第一段階は終了。

次は、

ホイールスピンはしない程度にアクセルを戻してやるのです。

先ほどは、ホイールスピンしてからアクセルを戻しましたが、今度は、ホイールスピンする前にアクセルを戻して下さい。

これが、その車の最高の発進加速方法になります。

簡単ですね?

どんなに下手でも、20回も繰り返せばできるようになります。

くれぐれも、練習は公道ではやらないで下さい。どこか、近所迷惑にならないような、民家も人も回りにいないような場所で、(もし行ないたければ)、行なって下さい。
通常は、このような練習などしなくても、皆さんいつのまにかできるようになっています。

なお、道に多少でも傾斜があれば、ホイールスピンした瞬間に車は前方が横にスライドして45度位 進行方向を変えて突進しますので、決して公道では練習をしないで下さい。

どこかに突っ込んでも、私のせいではないですよ。安全ではない場所で練習した、運転者の責任です。


車のマキシマムのロケット発進ができるようになれば、あとは、加減してやって、アクセルの踏み込み量やら、エンジン回転数やらを抑えてやれば、その道にふさわしい発進ができるようになります。

ポイントは、

ホイールスピンしてしまう場合は → クラッチペダルを若干(2~3ミリ程度)踏み込む(クラッチを切る方向)。

エンジン回転数がレッドゾーンに達してしまいそうな時は → アクセルを必要量戻す。

エンストしてしまいそうな時は → クラッチペダルを若干(2~3ミリ程度)踏み込みながら、アクセルもググッと踏み込む。

それでもエンストしてしまいそうな時は → クラッチペダルを完全に切ると同時に、フットブレーキを踏む。

無事に発進してくれたら、いつまでも半クラッチにさせたままにはせずに、クラッチが完全に繋げるようなら繋いでやって下さい。

もし、クラッチを完全に繋ごうとすると、車が急発進しそうになったり、エンストしそうになったり(回転数が急激にドロップ)、といった場合は、その坂は急過ぎますので、そのような場合は、坂を登りきるまで1速の半クラッチで登る方法しかありません。5~6秒も半クラッチ状態を続けないようにしながら、冷ましながら登っていけば、車両側にはたいした問題にもなりません。




>また1速よりもバックギヤのほうがギヤ比が低いので、
>どうしてもの場合はバックのほうが坂道は発進はしやすいです。


すみません。それはないです。
たしかに、1速よりはリバースギアーのほうが、ギアー比が低い車両もあるかもしれませんが、その場合でも、その差はほとんど同じ程度です。
よって、厳密に測れる実験などでしたら、良い結果が出るでしょうが、(リバースギアー比のほうが低い仕様の車両)
公道で、良い結果が出るとは思えません。(リバースギアー比のほうが低い仕様の車両でも)
(「何かの選手権で、プロがやればバックのほうがクリアできたとか、あるかもしれませんが、素人一般人が真似て上手く行くことはないでしょう。」という意味です。)
有ったとしても、その程度のギアー比の差でしかありません。
(ご回答としては、おっしゃることは正しいのですが、内容自体がプロ過ぎます。という意味です。)(ANo.2様、すみません、お許し下さい。)

レガシィのものが見付かりませんでしたので、同年式の(ご質問者様のレガシィの年式は知りませんが、)、一番古いレガシィと同年式の、アコード
(http://www.honda.co.jp/factbook/auto/ACCORD/19890913/image3/057-003.jpg)
(http://www.honda.co.jp/factbook/auto/ACCORD/19890913/image3/057-010.jpg)
このように、リバースのほうがむしろ高いギアー比の場合もあります。
 
 

レガシィでしたら、昔のレガシィなんてないですよね。一番古くても1989年ですので、マニュアル車としての操作方法は今のものと変わらないでしょう。



>かなりの登り坂で、勢いをつけて上りたかったのですが、

“勢いをつけて”の意味が分かりませんが、
「手前からある程度の速度で」という意味でしたら、その必要もないでしょう。
私なら、坂の真っ最中の場所から速度ゼロスタートでスムースに上れることでしょう。
(自慢↑ではないです。「できますのでそれをめざして下さい」という意味です。)

...続きを読む

QMTは難しい?楽しい?うまくなる?

最近,MT車がほしいなと思ってます。しかし一年前に免許をとったのですが,教習のころは本当にへたくそで特にクラッチ操作(発進時)はダメでした。奇跡的にも一発合格でしたが,本当に奇跡でもうMTはいやだっと思ったくらいです。こんな私ですが車を操縦したいと思ったのです!

MT車の練習はうまくなるのでしょうか? 買ったら実家のド田舎で猛練習します。

楽しくなりますか?

あと発進時にいろいろなクラッチ操作の方法が書かれていますが,実際どの方法がよいのでしょう?

最後に教習中に左足はかかとを下につけてやったほうが微調整がきくといわれたのですが,これってどうなんですか?私はうまくならず・・・

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>MT車の練習はうまくなるのでしょうか? 

まぁよっぽどの人でなければうまくなるでしょうね。
十数年前まではMT免許しなかなく明らかに運転が下手そうなおばちゃんでも普通にMT車に乗ってたのですから、誰だって運転自体は問題ないでしょう。
やはり慣れの問題です。

>楽しくなりますか?
それは人それぞれですよね。
MT車を運転できるようになってもそれを楽しいと感じるかどうかは性格の問題ですから・・・
ただそれだけの意欲があるなら楽しくなると思いますよ。

>教習中に左足はかかとを下につけてやったほうが微調整がきくといわれたのですが,これってどうなんですか?私はうまくならず・・・

これも人それぞれです。
クラッチは踏み込む量が多いので私は左足のかかとを地面につけません。
地面にかかとをつけると微調整はできますが踏み込み量が少なくなるからです。
逆に踏み込み量が少なく微調整が必要なアクセル操作はかかとをつけてます。

まずは発信時にアクセルを微妙に踏み込む練習が必要です。
初心者はアクセルを踏み込みすぎ、その状態でクラッチをつなげると前方に突っ込みます。ミリ単位で踏み込む感覚を覚えてください。
あと半クラッチの位置を覚えてその位置をキープする練習も必要です。
半クラッチの位置は車種によって違うので慣れるしかありません。

>MT車の練習はうまくなるのでしょうか? 

まぁよっぽどの人でなければうまくなるでしょうね。
十数年前まではMT免許しなかなく明らかに運転が下手そうなおばちゃんでも普通にMT車に乗ってたのですから、誰だって運転自体は問題ないでしょう。
やはり慣れの問題です。

>楽しくなりますか?
それは人それぞれですよね。
MT車を運転できるようになってもそれを楽しいと感じるかどうかは性格の問題ですから・・・
ただそれだけの意欲があるなら楽しくなると思いますよ。

>教習中に左足はかかとを下...続きを読む

Q初海外。ニュージーランドへ行きますが…。

11月初旬から、11日間ニュージーランドへ新婚旅行へ行きます。
最初は南島。最後の2日くらい北島の観光をする予定です。
基本フリー(レンタカーを借りて移動)で、観光ツアーも3つほど組み込むつもりです。

NZに詳しい方にお伺いしたいのですが

◆日本人が夜に出歩いても危険ではないですか?

◆生水は飲んでも大丈夫ですか?

◆NZでそこそこ値段もするホテルにはドライヤーが付いているのが常識でしょうか?
(日本ではたいていのホテルには付いている気がするので…)

◆NZには、コンビニのようなものはあるのでしょうか?

◆オークランドあたりは降水量がとても多いと聞きます。いつも雨のイメージですか?
(雨が染みるようなスニーカーだと心配でしょうか…)

◆日本からペットボトルやお菓子の持ち込みは問題ないですか?

◆逆に、NZから日本への土産物の持ち込みに規制はありますか?
(できれば、ワインでもお土産に…と思うのですが)


色々と初めてのことばかりで、質問ばかりですみません。
もし分かることがあれば、教えていただけるとありがたいです。

11月初旬から、11日間ニュージーランドへ新婚旅行へ行きます。
最初は南島。最後の2日くらい北島の観光をする予定です。
基本フリー(レンタカーを借りて移動)で、観光ツアーも3つほど組み込むつもりです。

NZに詳しい方にお伺いしたいのですが

◆日本人が夜に出歩いても危険ではないですか?

◆生水は飲んでも大丈夫ですか?

◆NZでそこそこ値段もするホテルにはドライヤーが付いているのが常識でしょうか?
(日本ではたいていのホテルには付いている気がするので…)

◆NZには、コン...続きを読む

Aベストアンサー

レンタカーですか。 それはこわいですね! そして、楽しみですね!


参考になると思いますので、ぜひ、ご覧下さい。【最も重要!!】
☆(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3604943.html)の ANo.3
☆(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3695378.html)の ANo.3 と ANo.4
☆(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2452406.html)の ANo.4 と ANo.5



>◆日本人が夜に出歩いても危険ではないですか?

危険ですね。
といっても、よく聞く海外の危険度と比べれば、日本に近い安全さはあるかとは思いますが。
私は7年間NZ(主にオークランド)に住んでおり、夜間にダウンタウンやその他の町もよく歩き回っていましたが、身の危険を感じることは 幸い一度もありませんでした。
しかし、
聞くところによると、他の日本人で、夜間、町で危険な目にあっている日本人は意外と多いようで、本人から直接いろいろな話を聞くことはありました。
私に言わせれば、
「危険な空気も読めないような人が、やはり狙われているのだな。」という感想しか持ちませんが、
それでも、「明日は我が身」という用心をしながらでないと、やはり夜間の出歩きは危険になることでしょうね。

例えば、日本では、テレビ番組にもあるような、小さな子供を一人で街にお使いに行かせるようなこともありえますが、
NZでは、小さな子供(14歳以下)を街に一人歩きさせるようなことはできません。

自分の子を誘拐等の危険な目に合わせさせたということで、両親が警察に罰せられます。

学校の送り迎えも、両親が付き添います。(スクールバスがある場合は、バス停まで。)

やはり、
「用心せずに無防備な人のところへは、犯罪が降りかかってくる。」と考えて、常に気を付けおく必要がある国でしょうね。


  (一応、外務省のページを載せておきます。)
  (http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4_S.asp?id=074)



>◆生水は飲んでも大丈夫ですか?

オークランドでは、問題ないです。飲めます。
他の地域については知りませんが、
私が行ったことのある他の地域(NZ内)では全て、水道水は飲めないと注意を受けたことは無いので、飲んでいましたし、きっと大丈夫なのだと思います。
ただし、南島の大自然の中の地域でしたら、分らないですよね。
現地で聞いてみて下さい。
水道水は、英語ではタップウォーター(tap water)です。



>◆NZでそこそこ値段もするホテルにはドライヤーが付いているのが常識でしょうか?
>(日本ではたいていのホテルには付いている気がするので…)

宿泊するホテルが決まっているのなら、ホームページで調べたり、または、Eメールで聞いてみることもできるかとは思いますが、
小さくて安いのを日本で買って持って行くと良いでしょう。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4240598.html)の ANo.2
NZは230V50Hzなので、海外でも使用可な240Vまでのものを買えば良いでしょう。(それと、変換プラグも必要。)(詳しくは上記URLを)

今、妻に聞いてみたところ、
ホテルにヘアードライヤーは、有るところと無いところがある、無くても、聞けば出してくれるところもあると思うが、100%では無い。とのことです。



>◆NZには、コンビニのようなものはあるのでしょうか?

無いですが、
ガソリンスタンドが、一応その役割で品物を売っています。(深夜遅くは閉店すると思います)

深夜ガソリンが入れれる営業をしているところでは、店内の人に頼めば、普通に品物を売ってくれます。

(日本の夜間のセルフのガソリンスタンドのようになっていて、店の中の人のところに行って、「○○が欲しいのだけど」と言えば、持ってきて売ってくれるでしょう。)

昼間なら、デイリー(dairy)というショップが街のあちこちにあると思います。

尚、当方が7年間住んでいたのは、今から数年前ですので、その後に何か新しい形態のショップ(コンビニ似?)ができている可能性はあります。



>◆オークランドあたりは降水量がとても多いと聞きます。いつも雨のイメージですか?
>(雨が染みるようなスニーカーだと心配でしょうか…)

オークランドでは、寒い季節は雨が多いような感じですが、夏なら、それほどでもないかな?
といっても、一日の中での天候の変化は激しいので、いつ雨が降っても良いような感じでいたほうが良いでしょうね。
まあ、オークランドの人は傘なんて持たない人も結構いますが。
Cb(キュームラニンボスcumulonimbus)なんて、小さいのがいつでもあちこちで発生して、シャワーはよく降るところですよね。
シャワー以外でしたら、あとはドリズル(drizzle)でしょう。
もちろん、天気予報が雨の日には、雨(rain)がしっかり降ります。

あと、一日の中での温度差も結構ありますので、朝晩は寒かったり、昼は暑かったりします。

 Cbとは、日本では、いわゆる、ゲリラ豪雨を降らせる雲のことです。
 シャワーとは、短時間で終わるようなタイプの雨です。降り方は、決して弱くはありません。
 ドリズルとは、傘が無くても我慢できる程度の雨です。

回答としては、
いつも雨のイメージではないです。雨の日は雨、晴れの日は晴れです。
が、晴れの日でも、よくシャワーはありますし、ドリズル程度では気にもしません。
天気予報(ウェザーフォーキャストweather forecast)が晴れの日でも、雨(というかシャワーかドリズル)はいつでも降る可能性があると考えて下さい。
海に近いところでは、ランドブリーズやシーブリーズの影響で天気はコロコロ変わりますし、陸のほうでは、やはり、起伏の激しい山やバリーに吹く風の影響で天気はコロコロと変わります。

ただ、天気はコロコロと変わりますが、晴れ間も多い、晴れれば気持ちのいい街ですよ、オークランドは。
雨が降っても、それほど不快にはなりません。

ただし、道路の水はけはあまりよくないところもありますので、靴は、できればあまり染みないもののほうが良いのかもしれません。
(オークランドは坂が多いので、どうしても、雨水が溜まる場所があったりするのです。)

一応、メットサービスのURLを載せておきます。
(http://www.metservice.com/default/index.php?alias=home)



>◆日本からペットボトルやお菓子の持ち込みは問題ないですか?

そのようなものは、日本から持って行かずに、現地でおいしいものを買えば良いでしょう。
せっかく現地に行ったのだから、現地のものを楽しんだほうが良いですよね。

ただし、(私がいた頃の話ですが)、缶コーヒーのようなものはありません。清涼飲料水と言えば、コークやL&Pのような炭酸飲料だけです。
ビン入りの紅茶は辛うじて有ったかな、ネスレのものが。今もあるかは知りませんが。
もちろん、ペットボトルの日本茶はありません。
ミネラルウォーターは豊富です。
ホテルの部屋では、紅茶やコーヒー位は自由に作れるように用意されていると思います。

お菓子はとても豊富です。スーパーに行けば何でもあります。慣れれば結構おいしいです。


 (一応、外務省のページを載せておきます。)
 (http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4_S.asp?id=074#1)

MAF(http://www.biosecurity.govt.nz/personal-travel-belongings-and-mail/arriving-by-air/what-you-cannot-bring#food)
(http://www.biosecurity.govt.nz/files/enter/personal/travellers-brochure.pdf)



>◆逆に、NZから日本への土産物の持ち込みに規制はありますか?
>(できれば、ワインでもお土産に…と思うのですが)

これは、現地でお買い物をする時に、そこの免税店で聞いて下さい。
DFS(http://www.dfsgalleria.com/galleria/shoppingcart/)
REGENCY(http://www.regency.co.nz/aryana/index.cfm)

免税店では、お土産を買うのに困るようなことは無いと思います。
ワイン程度なら、関税(簡易税率)を支払って、必要分何本でも購入するようになるのではないでしょうか。

(http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/menzei.htm)海外旅行者の免税範囲
(http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/zeigaku.htm)税額の計算方法
(http://www.customs.go.jp/mizugiwa/kinshi.htm)輸出入禁止・規制品目






初めての海外旅行ですか。
だいたい普通は、初めての場合は、とりあえず、『地球の歩き方 ニュージーランド』(http://www.arukikata.co.jp/guidebook/book/C10.html)というものを買うようです。
これだけでは偏っていますので、
少なくともあともう一冊、書店でご自身が気に入ったガイドブックを探して購入することはお勧めしますね。
ネット上だけの情報では、情報自体が少な過ぎます。


事故無く楽しい思い出を沢山作ってきて下さい。
 

レンタカーですか。 それはこわいですね! そして、楽しみですね!


参考になると思いますので、ぜひ、ご覧下さい。【最も重要!!】
☆(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3604943.html)の ANo.3
☆(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3695378.html)の ANo.3 と ANo.4
☆(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2452406.html)の ANo.4 と ANo.5



>◆日本人が夜に出歩いても危険ではないですか?

危険ですね。
といっても、よく聞く海外の危険度と比べれば、日本に近い安全さはあるかとは思いますが。
私は7...続きを読む


人気Q&Aランキング