先日エニシダを購入しましたが、調べてみると大きさ、芳香からして姫エニシダのようです。 少し大きめの鉢に植え替えたのですが、内側の葉と花、つぼみがどんどん落ちて今にも枯れそうです。 水は切れない程度にあげて、夜は室内に取り込んでいます。 「エニシダ」はアルカリ土壌を好むと聞いて苦土石灰も撒いてはみているのですが・・・姫エニシダはどうなんでしょう?
実は以前にも同じ経過で枯らしてしまったことがあります。 その時は「エニシダ」だと思い込んで戸外に置いていたせいだと思っていたのです。 
どなたか詳しい方、原因を教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

苦土石灰」に関するQ&A: 苦土石灰の使い方

A 回答 (1件)

開花中に日陰に置くと花が落ち易いみたいです。


必ず日あたりの良いところへ置いてあげてください。

>苦土石灰・・・
直接、土に撒くのはよくないかも・・(^^

もし、プラスチック(または黒ポット)に植わっていたら
植え替えてみてください。
エニシダは根づまりの可能性もあるので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

daisy87さん 

花は結局全部おちてしまいましたが、落ち着いたのか
葉は落ちなくなりました。
日当たりに気を付けて手入れしてみます。

 どうもありがとうございました

お礼日時:2002/04/13 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエニシダの花のつぼみがしおれてしまう

つぼみを山のようにつけているエニシダを買いました。家のベランダは午前中の3時間ぐらいしか日が当たりませんが、風通しもよいです。(良すぎるのか)たくさんあった花芽がすべてみどりでなく白っぽくなって、水分が足りない時のようにしなだれてしまいます。でも土は湿っている状態なのでこれ以上水はやれません。同じ高さのエニシダは1/4程度ですが咲いています。
育てかたを教えて下さい。

Aベストアンサー

原因は想像するところ風通しが良すぎたことによると思います。
植物は適度な風の流れは必要ですが、強い風を受けると、生理的に気孔を閉じてしまいます。つぼみをたくさん着けている時は植物も活発に活動しています。
人間で言うなら運動していない時に呼吸を止めても結構止められますが、運動している時に呼吸を止めたらとても持ちませんね。例がチョットおかしいですが。
日光ですがたくさん咲かすときは最低午前中の日がほしいところですが、そう気にすることはないでしょう。
これからの処理ですがつぼみや萎れた葉があれば全て剪定して切り取ってください。エニシダの剪定は花後ですから花を見たと思って剪定してください。
花芽分化(来年の花芽づくり)は10月頃ですから十分来年の花芽は付きます。
ベランダに風除けをつけることをお勧めします。
この時期ですからヨシズかスダレなどを利用してもいいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報