あらかじめマイナーキーと解っている曲を階名唱法するとき、皆さんは1度の音を
「ラ」と読みますか。それとも「ド」と読みますか?
「ラ」と読むとき、スケールの音は「ラシドレミファソラ」と読みますね。
「ド」と読むときは「ドレ(ミ♭)ファソ(ラ♭)(シ♭)ド」となりますね。
これでは、♭(フラット)の付いた音は、1音節で発音できないので、
コダーイ・メソッドの「ドディレリ唱法」を用いて「ドレマファソアチド」と、
人それぞれだと思いますが、みなさんは「ラ」と「ド」、どっちを基準として読みますか。
私は、これからどちらで読んでいこうか、悩んでいます。
「ラ」を基準とすれば、慣れ親しんだドレミしか出てこないから楽なんですけど、
「ド」を基準とした方が、度数(1度、3度、5度。。。)と一致させやすいんです。
みなさんは、どっちで読んでいますか?
理論的に、こっちがいいとか。習っている音楽の先生によって有無を言わさず、
こっちであったとか。いろんなご意見をおきかせください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

頭の中で、感じた音の名前を、素直に出せば、それでよいのだと思います。



私の場合、純粋培養で小学校の音楽から「ドレミ」を習ったし、小学校の教科書の曲は8割方メジャーでしたので、ごく自然に、長調の基準音を「ド」と読んで、あとは全て相対的に音を感じておりました。

ですから、マイナーの基準音は、「ラ」であると感じ、何の疑問ももたずにおりました。

ところが、私が習った大学のある教授は、「僕は、短調だろうが長調だろうが、基準音がド、と聴こえてしまうんだよ。こればっかりは、直せといわれても直せないね。」と言っておられました。そんな人にははじめてであったのでカルチャーショックでしたが、よくよく聞いてみると、音楽を専門で学んでいく人には、先天的かどうかは別として、そのような意識で聞いている人も多いそうですね。

しかし、当時20歳だった私にとって、そんなことを言われても遅すぎる。また、全く不便は感じない、ということで、今でも私は、マイナーの基準音を「ラ」と読んでいます。

度数と一致しやすいとはいっても、こんなもの、あっという間に慣れますし。

ただ、今後、より、理論的な耳で音楽を聞いて、専門職にしたいと思うのならば、「ラ」は不利でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、小学校の教科書の曲は8割方メジャーですね。J-popはマイナーの方が多いですね。

へぇー、やはり居られるんですね、「ド」と読む方。JAZZの方の中には、コード内の機能音と知るために、コード毎にルートの音を「ド」と捉えるそうですね。恐るべしです。たぶん、理論的に解釈されるためだけだと思いますが。

私も「ラ」で十分に思えてきました。ただのギター小僧ですので。いや、もうオヤジにさしかかってますが(笑)。

お礼日時:2002/04/07 21:38

No.3に書かせていただいたものです。


漢字を間違えてしまって、わかりにくくてすみませんでした。
移動度、固定度ではなくて移動ド、固定ドでした。
失礼いたしました。
書いていてなんか変だなあ(なじんでない字だなあ)と感じていたのですが。
    • good
    • 0

移動ド固定ドの読み方の違いはいろいろあるようですね。



私は音楽大学の作曲学科を卒業しましたが、私は学生の頃から長調短調関係なく固定ドで読んでいます。簡単に言うと移動ドで感じて固定ドで読むといったところでしょうか。それは曲を分析するために(移調、転調など)そうなりました。
私の先生はずっと移動ドで読めなんて事言ってましたがはっきりいって無理でした(笑)

話しはそれますが、
ピアノを小さい頃からやってる人は固定ドの人が多く声楽の人は移動ドが多いみたいですね。
ピアノを小さい頃からしてる人は絶対音感の持ち主が多く、調として感じるのではなく音程として感じる人が多いようです。
逆に声楽の人は旋律を旋律らしく歌うために移動ドで歌う人が多いみたいです。
一概に全てそうだとは言えないのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>移動ドで感じて固定ドで読む
うーん、なんとなく解る気がしますね。音程の差などは移動ドで感じるけど、やはり絶対的な音高は固定ドじゃないと。って感じですかね。

そうですね。ピアノやってた人は、固定ドになるんでしょうね。私はギターを弾いていますから、同じ運指(スケールの形)のままで横にスライドするだけで、キーが変えられるものですから、移動ドを活用しないと勿体無く思えてくるのですね。
ピアノは同じ音の高さの鍵盤は1つしかないですし、キーが変われば押さえる鍵盤の形も変わりますからね。固定ドの考え方になってしまうのでしょうね。

みなさん、貴重なご意見ありがとうございます。他にも、ご意見のお持ちの方がいらっしゃいましたら、書き込みの方よろしくお願いします。では。

お礼日時:2002/04/08 00:18

ラを基準音にして、スケールは〔ラシドレミファソ♯(歌うときは半音上げる)ラ〕と歌うのが移動度唱法では一般的だと思います。

…和声的短音階の場合
短調の曲のときはラで終わる(必ずしもそうではないけれど、ラドミの和音aマイナーが合う音で終わる)というイメージをもっていらっしゃる方が多いと思います。
ただ、私自身はピアノを小さいときからしてきたので、絶対音感があって移動度で歌うのがめちゃくちゃ苦手です。
どうしても本来の音を言いたくなるので、二短調のレをラと言いかえて歌ったり、ト長調のソをドと言いかえるのは、難しいです。ふりがなをうたないとなかなか歌えません。
それで、私の場合は固定度唱法で歌っています。
たぶん、ピアノからはじめた人はこれが一番楽でしょう。
WAVERさんは、長調の曲のスケールはどんな高さでもドレミファソラシドと聴こえる方ですか?
もし、そう聴こえるのなら、そしてこれから歌い方を決めるのなら、短調の曲はラシドレミファソラにしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あぁーなるほど、移動ド唱法では#♭が出てきたら#♭は発音しないで、声に出す時に音程を半音ずらして歌うんですね。私も最初に出くわしたときに、仕方がないので自然とそうしていたのを思い出しました。

絶対音感がある方が、移動ドで歌うのは相当苦労なされるようですね。何人もの方が、HP上で愚痴をこぼしているのを見られます。どなたか、音楽のテストの時に移動ドの階名フレーズを歌詞として覚えないと歌えなかったと書いていました。そう考えると、もし将来自分の子供に音楽を幼児期からさせるに対して、少し抵抗がでますね。

そうですね。私の場合は長調の曲のスケールはどんな高さでもドレミファソラシドと聴こえる方ですね。特に転調したときは、”あっ、キーが上がったな”って思うくらいですね。はい、ラシドレミファソラで行こうと思います。

お礼日時:2002/04/07 21:50

読むとすれば「ラ」です。


でも、楽器が主なので階名はめtったに使いません。
今、「ド」でスケールをイメージしようとしたら、できませんでした(^^;;;
「ラ」なら自然でも,和声でも、旋律でもイメージできるのに。


>「ド」を基準とした方が、度数(1度、3度、5度。。。)と一致させやすいんです。
これは慣れの問題と思いますが。

理論的には読み方はどうでもいい気がしますけど(^^;;

また、クラシック系の楽器をしているので、1音節という意味ではドイツ語読みが馴染みがあります。
って、これで階名読みはしませんけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まず、はじめにお返事くださった方々ありがとうございます。すぐにお礼に返事ができなくて大変申し訳ございません。
そうですか。「ラ」読みですか。私も、これでいいのではと思っていました。
クラシック系の楽器を演奏されている方々はドイツ語読みされる方が多いようですね。しかし#とか♭が付くと「ツェシス」とか読まれるんでしょ。歌いにくくないのですかね。いや、たぶん歌ったりとかしないんでしょうね。

お礼日時:2002/04/07 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q階名唱法で半音の呼び名

階名唱法で半音の呼び名を教えてください。第六音と第七音の間の半音は「リ」だというのだけ覚えています。それと個人的には、呼び方を区別した方が音感を養うのには良い気がしますが、この方法でソルフェージュをしている人は少ないと聞きました(自分自身も今までCもC#もドと呼んでました)。何故あまり広まってないのでしょうか?

Aベストアンサー

もしかして,コダーイ・メソッドの「ドディレリ唱法」でしょうか?

ハンガリーにゾルタン・コダーイ(Soltan Kodaly, 1882-1967)という作曲家,兼,音楽教育家がいました。
彼の創設したコダーイ・メソッド(コダーイ・システム)では,ドレミ…の階名に一工夫しています。
まず,幹音を do re mi fa so la ti とします。
「シ」の代わりに「ティ」としたのは,頭文字だけ書いても,drmfsltと重複がないなるからです。(シだとソと重なる)

ちなみに,この「シ」→「ティ」は,Tonic Sol-fa(イギリス生まれの,いわゆる普通の移動ド唱法)でもしばしば行なわれています。
映画「サウンド・オブ・ミュージック」の『ドレミの歌』(もちろん原曲のほう)で,シのところが「teaはジャムパンに合う飲み物」となっているのはそのためです。

話を戻して,コダーイ式では派生音は次のように表します。
嬰音:do#=di, re#=ri, fa#=fi, so#=si, la#=li
変音:re♭=ra, mi♭=ma, so♭=sa, la♭=a, ti♭=ta
つまり,シャープはすべて母音がイ,フラットはすべて母音がアとなります。

>何故あまり広まってないのでしょうか?
コダーイ式のソルフェージュを実践している音楽教室なども時々ありますが,音の呼び方については普通の移動ドだったり音名だったりする場合もあるようですね。
はっきりした理由は分かりませんが,おそらく日本語ではlとrの区別がないのも一因ではないかなと思っています。
つまり,「ラ」とカタカナで書いてしまうと,re♭とlaのどちらだか分からなくなってしまう。
同様に「リ」もre#とla#の2つがある。
つまり,コダーイ式階名のメリットである,「子音を見れば幹音が分かり,母音を見れば#か♭かが(だいたい)分かる」という利便性があまり出てきません。
それだったら,通常のドレミファでもいいかな,ということになったのではないでしょうか。

コダーイメソッドは全くの門外漢ですので,関係者の方,また詳しい方,違っていたら訂正をお願いします。

もしかして,コダーイ・メソッドの「ドディレリ唱法」でしょうか?

ハンガリーにゾルタン・コダーイ(Soltan Kodaly, 1882-1967)という作曲家,兼,音楽教育家がいました。
彼の創設したコダーイ・メソッド(コダーイ・システム)では,ドレミ…の階名に一工夫しています。
まず,幹音を do re mi fa so la ti とします。
「シ」の代わりに「ティ」としたのは,頭文字だけ書いても,drmfsltと重複がないなるからです。(シだとソと重なる)

ちなみに,この「シ」→「ティ」は,Tonic Sol-fa(イギリス生まれ...続きを読む

Qチャーチモードの使い方がわかりません。

例えばCMスケールの2度をルートにするとD?ドリアンスケールと呼ばれます。でも、ルートを変えたところでスケールを鳴らす音はDEFGABCDと
通常、1度にして考えてるCMと同じでどのような効果があるのでしょうか。
また、6度をルートにするエオリアンスケールは平行調のAmと同じとして考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

例えば、KeyCメジャーで、コードがDmのときに「Dドリアン」を弾いても何の効果もありません。
同様に、KeyCメジャーで、コードがFのときに「Fリディアン」を弾いても面白くありません。スケールの呼び名は違いますが、使う音はCメジャースケールそのままなので、まったく普通のサウンドです。
アドリブの本には、KeyCメジャーで、転調もしていないのに、「ここはDドリアンスケールを使っている…」などと説明していますが、実際に出ている音は、「Cメジャースケール」と同じなので、わざわざ「Dドリアン」と解釈する必要はなく、「Cメジャースケール」でよいのです。(「Dドリアン」と解釈することが間違いといっているのではありません。)「Fリディアン」も同じです。KeyCメジャーなのに、「ここはFリディアンを使っている」、という分析はあまり意味がありません。
「Dドリアン」が効果を出すのは、KeyがCメジャー以外のときです。
例えば、KeyDメジャーのときに「Dドリアン」を使えばインパクトがあることは想像できると思います。
あるいは、KeyCメジャーでFコードのときに、「Fリディアン」ではなく、「Fイオニアン」を使うのです。

「Aエオリアン」は、Amのナチュラルマイナースケールと構成音は同じです。同じなので、KeyAマイナーやKeyCメジャーのときのAmコードで「Aエオリアン」を使っても面白くもなんともありません。しっくり溶け込んで普通です。面白くするには、ここでこそ「Aドリアン」を使うのです。
「Aエオリアン」を使って効果があるのは、KeyEマイナーでのAmコードのときなど、双方の構成音、あるいは音階が一致せずにケンカをするときです。
理論書などでは、KeyCメジャーのダイアトニックスケールを示して各チャーチモードを説明していますが、それは、モードスケールの配列を説明しやすいからという理由であり、「KeyCメジャーのときには、それらを使え!」といっている訳ではありません。KeyCメジャーのときにそれら(の呼称)を使っても何の効果も意味もありません。(それらは結局Cメジャースケールそのものなので、当然です。)
他の人の回答も合わせて読んでいただければ、お判りいただけると思います。

以上、コードの概念によらない「チャーチモードによるアドリブの方法」という意味のご質問ではないと解釈して回答しました。

例えば、KeyCメジャーで、コードがDmのときに「Dドリアン」を弾いても何の効果もありません。
同様に、KeyCメジャーで、コードがFのときに「Fリディアン」を弾いても面白くありません。スケールの呼び名は違いますが、使う音はCメジャースケールそのままなので、まったく普通のサウンドです。
アドリブの本には、KeyCメジャーで、転調もしていないのに、「ここはDドリアンスケールを使っている…」などと説明していますが、実際に出ている音は、「Cメジャースケール」と同じなので、わざわざ「Dドリアン」と解釈...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報