小学生の頃からずっと疑問に思っていたことがあります。ヘリコプターで同じ場所に静止した状態(といっても浮いてますが)でいると、地球は自転しているので一時間、二時間すると地上は違う場所になっているのでしょうか? 一日経ったら世界一周!?…そんなばかな…そう思っても理由が分かりません。ご存知の方、こんな僕に平たく教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

あなたが走っている電車に乗っているとして、となりのレールに同じ速さの電車が来たとします。

するとまるで、隣の電車と自分の電車は止まっているかのようにみえるでしょ?

いわゆる、「相対速度が0」っていう状態です。

めっちゃ速いトラックから地面に飛び降りると、めっちゃ痛いけど、
別の車の上に、アクションスター風に飛び乗ると、そんな怪我しません。

この場合、トラック=地球。別の車=ヘリコプター。みたいなもんです。

地面に飛び降りるとなぜ怪我をするのか?それは、飛び降りた人間は真上に飛びあがったつもりでも、実際には「横」にめっちゃ速く動いているので、怪我するわけです。

地球は、ジェット機くらいすっごい速さで回っているのですが、同時に、
私たちも、本人は止まっているつもりでも、ジェット機くらいすっごい速さで回っているのです。でも、みんながみんな同じ速さで回っているので、「自分たちってめっちゃ速いなー」って感じないのです。

 つまりつまり、ヘリコプターはもともとすごい速さで回されているので、ちょっと浮かんだところで、やっぱり横に動き続け、地球と同じ位置にいつづけるのです!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なんとなく分かるのですが、ずーっと浮いていれば、その影響もなくなるかな、と思ったのですが…。

お礼日時:2002/04/13 04:37

走っている電車の中でジャンプしたことありますよね?


そうです、電車に乗っていること自体で、すでに電車と同じようにあなたも動いているのです。

これと同じく、地球にいてジャンプしても、たとえヘリコプターで飛び上っても、その時既に
地球の自転の方向に<皆一緒に>動いているのです。
地球も、鳥も、あなたも、ヘリコプターもみんな同じように動いているから、そうだと気づかない
だけで、一緒に動いている地球上の(地面にいる)あなたに対して同じ位置に浮いてる、とか動い
ているというだけのことです。

もし、この様子を地球の外で見ていたとしたら、地上では単に同じ所に浮いてるヘリコプターも
地球と一緒に回っているのが見えるわけです。
これは、電車の中に乗ってると自分と電車の位置は変らないけど、この電車を踏切で待ってる人
なんかが見てると、飛び上ってるあなたも、目の前を猛スピードで走り去っていくのが見えるで
しょう、それと同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>走っている電車の中でジャンプしたことありますよね?

これがこの問題のきっかけになっています。
小学生のとき、自分の兄と電車に乗っているときにふと「通路でジャンプしたら後部のドアにバーンとぶつかるんじゃないか?」と兄に質問したところ、「そう思うならやってみろ」と言われ、飛んでみましたが当然そのままでした。兄が言うには慣性の法則じゃないか、ということでした。車は急に止まれない、という奴だ、一緒に移動しているのだからジャンプしても同じ力が働いているんだ、と。「じゃー、車両で覆われてなかったら?」「力は同じように働くだろうけど、今度は空気の抵抗があるからジャンプすれば後部のドアにぶつかるだろうな」その後にこの問題を思いつきました。ヘリは何にも覆われてないし…。でもよく考えたら地球全体が重力によって大気圏で覆われていますね。これがなかったら公転している間に宇宙に置いてけぼりされちゃいますね。
なんとなく分かってきました。

お礼日時:2002/04/13 04:01

というか、同じ場所で静止しているヘリコプターも地球の中じゃないですか。

例えばkickerさんが風船をたくさんつけて地面から10センチくらいのとこに浮いてるとします。でも、何時間経っても、地上は違う場所にはならないですよね?そのヘリコプターも大気圏を出て宇宙に出た状態で静止していれば地上は違う場所になってるかな。と私は思ったんですが、理科系は苦手なんで自信なしで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
僕も風船で試そうかと本気で思いました。でも、この実験では風の影響の方が強い気がします。それよりもどこに飛ばされるかが心配です(^^ゞ。なるほど、同じ場所で静止しているヘリコプターも地球の中、ですね。

お礼日時:2002/04/13 03:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転と飛行機の速度について

地球はものすごい速さで回っていますが、慣性の法則の及ばない飛行機などには、影響するのでしょうか。
例えば、自転の回転方向に飛び立つのと、自転の逆回転方向に飛び立つ場合では、同じ距離の国に行くのでもかなり時間に差ができるのでしょうか??
日本上空で待機していればハワイは勝手にやってくるのですか?ということは飛行機で24時間以上かかる場所はないんですよね??
違っていたら素人にも分かりやすく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

地球の自転により大気の流れに影響が出るため飛行機の速度にも違いが出るというのが正しいのですが、ご質問のとおりにはなりません。

飛行機は空気の中を飛びますので、一旦飛び上がってしまったら地面がどう動こうが関係ありません。ということは地球に対して大気がどのように動いているかが肝心です。

もし大気が静止していて地球だけ自転していれば、ご質問のとおりハワイは勝手にやってくるでしょう。ただし、その場合地上は大変なことになります。

というのも、地球はものすごい速さで自転していて大気が静止しているなら、赤道上では時速1600kmの風が吹くことになります。人は生活できないでしょう。幸いなことに、実際はそうではありませんよね。

つまり空気も地球と一緒に動いていて、その中を飛行機は飛ぶので、ご質問のとおりにはならないということになります。

ところで実際のところは、地球の自転と大気の相互作用のためにさまざまな風が吹いています。中でも私たちに一番関係するのが日本上空付近を吹くジェット気流(偏西風)でして、冬になると地表に対して西から東に向けて時速300km程度にもなります。それに乗れば飛行機は早く目的地まで到着し、逆らうと到着まで時間がかかります。例えば、東京-福岡間のフライトでも福岡から東京に向かうほうが速く、東京から福岡に向かう場合よりも数十分早く到着します。これはまさしく地球の自転の影響と言えますが、ご質問の内容が正しいとして出てくる答えとは反対になりますよね。

地球の自転により大気の流れに影響が出るため飛行機の速度にも違いが出るというのが正しいのですが、ご質問のとおりにはなりません。

飛行機は空気の中を飛びますので、一旦飛び上がってしまったら地面がどう動こうが関係ありません。ということは地球に対して大気がどのように動いているかが肝心です。

もし大気が静止していて地球だけ自転していれば、ご質問のとおりハワイは勝手にやってくるでしょう。ただし、その場合地上は大変なことになります。

というのも、地球はものすごい速さで自転していて...続きを読む


人気Q&Aランキング