自分が社会保険に加入しているのか、よくわかりません(^^;
おそらく加入していないと思うのですが・・。
現在新しい会社から、ちょと確認してほしいと要請がきています。
社会保険の加入状況を把握したいのですが、
どちらにお聞きすればよいのでしょうか?
役所のどこにかければ・・・わかるんでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#1の追加です。



新しい会社から、堪忍の要請が来たとのことですが、社会保険とは健康保険と厚生年金で、雇用保険とは失業保険と労災保険です。

どれについて確認するのでしょうか。

健康保険には「健康保険証」があり、厚生年金には「年金手帳」があります。
いずれも、加入していれば、お手元に健康保険証と年金手帳があります。

健康保険については、前の会社を辞めた時点で資格を喪失して、保険証は返還しているはずです。

年金の場合、社会保険事務所か、市の国民年金課に問い合わせれば、保険料の納付状況が確認できます。

雇用保険の失業保険については、加入していれば「雇用保険被保険者証」がお手元にあります。
ただ、現在働いていない場合は、加入期間には入りません。
前の会社での加入資格が消えているかは、職安に電話をして、「雇用保険被保険者証」の番号か、無い場合は、住所・氏名・生年月日を云えば、調べてもらえます。

労災保険については、前の会社を辞めた時点で資格がなくなっています。

確認して欲しいと云われたのは、失業保険のことと思います。

新しい会社には、「年金手帳」と「雇用保険被保険者証」(手元にあれば)を提出することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました、感謝。

お礼日時:2002/04/06 01:36

社会保険とは「健康(医療)保険」ですよ。

お医者様にかかれば、初診時に必ず提示しているあの「健康保険証」ですよ。
現在の所、健康保険は「国民健康保険」(自営業など)、「社会保険」(中小企業)、各種健保組合(大企業や各種団体など)の3つに分かれています。
現在、mamelightさんのお手元に「保険証」が無く、保険料を納付した記憶も無く(笑)、また誰かの扶養(一般的にはお父さんや、旦那さんの扶養)になっていなければ、まあ現在は何も健康保険には入っていないことにはなりますね。

まっそれはそれとし(笑)、過去の加入状況など社会保険・厚生年金のお問い合わせはお近くの「社会保険事務所」(参考URLでも所在地が判ります)、国民健康保険・国民年金のお問い合わせはお住まいの市町村の健康保険課・国民年金課(殆どの場合、同じだと思いますが)になります。
http://www.sia.go.jp/

参考URL:http://www.sia.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、今まで大変無知な状態でした(笑)
どうもご回答ありがとうございます

そう僕のいっているのは、企業の社会保険になるわけですが、
おそらく前の会社にいたときの、社会保険が完全に抜けきっているのか
確認してほしいと、いうことだと思うのです。
説明不足ですいません。
保険関係はよくわかりませんが、会社をやめたときに、
給付金(?)を受けられる対象になったのです。
それを新しい会社の人に話したら、確認してほしいとのことで・・・。

なんだかなにいっているんだかよくわからないかもしれませんが^^;
どなたか詳しい方よろしくお願いします。

お礼日時:2002/04/03 01:02

年金手帳は、当然(失礼!)無いですよね?健康保険証が非常に疑問も「期限内」でも切れてる保険証はあるし、家族と扶養も不明ゆえ年金で調査開始GO!



「年金手帳再発行手続を含め『自分の履歴を知りたい。あと、どれだけ保険をかければよいのか?』を含め知りたいのですが…?」

上記の質問を、(電話で訊きたいようですが)住民登録自治体にまず電話してみて下さい。(多分「社会保険事務所」を紹介される可能性が大)

どうしても、電話では「限界」があります。
例え、社会保険庁の職員だって、自分の過去の全履歴を知るには実際に「社会保険事務所」に行か無いと無理です。

あと、例年なんでもう「ウンザリ」も今年も「厚生年金の一部」が法改正されました。(65才以上で、厚生年金加入中:つまり再雇用などで給与ありの人:からも年金徴収開始&受給中の年金額減額調整など)

上記のように、「高齢で働く人」からも金をむしりとる法改正など『毎年年金関連は法改正があります』

つまり:あなたが、ききたい事も法改正で恐らく「社会保険事務所」の担当にまわされる可能性が大きいという事です。(年金手帳再発行も数年前まで、市町村窓口経由で出来たんです)

結論→健康保険が非常に気になりますが、住民登録地の年金担当セクションに(代表No.案内の人に「年金へ」という)聞いてみて下さい。その際最低限の個人情報回答は必須です(当然ですが、本人確認の為)「氏名・住所・生年月日&他のQあり」を回答しても、「訊ける情報には限度」があり不満が残るでしょう。(ついでに、職員にも色々いますので電話対応の態度に激怒しないでね!名前を聞いて、上司を出せというのは最終手段で「筋」の方並みの覚悟必要ゆえペケ)
※窓口に出向く際には、「持参必要なもの」をしつこい位に確認する事。出直しは非常に「ムカツキ」ます。また「数日後」と期間を要する手続は「筋」の方が粘っても無理なものは無理です。ついでのついでに、窓口で特に「社会保険事務所」は『絶対に早めの時間、午前中』を勧めます。(しっかり昼休みは窓も休憩)午後や今の時期(各種社会保険の手続変更のラッシュ時なので、新聞でも持参し開庁時刻を目標にするつもりがベター。待ち人数少なくても、御高齢の人は、1人に要する時間が長いし、職員もそれに合わせた(横柄にも取れる)態度です。)

「新しい会社から確認が」という事は、新社会人にありがちなパターンに酷似してます。(「採用決定後、○月×日までに年金手帳持参の事」といわれ母親が窓口にねじ込んでくるパターン)ですから、最低限あなたも「窓口に出向く」必要があるのでは?(もし、住所変更があれば一気に全部出来るので却って便利で楽なんですが。)

P.S. 最近は、週一のペースで午後7時頃まで窓口延長の自治体が増えてますので、ついでにその事も確認してみてはいかが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます、ご丁寧にありがとうございます。
年金手帳はあります・・・^^;役所はいろいろと面倒ですね^^;
大変勉強になりました。

お礼日時:2002/04/03 00:50

社会保険に加入していれば、健康保険証が手元にあります。


もし、判らない場合は、お近くの社会保険事務所に電話をして、年金手帳の番号を伝えて調べてもらいましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます、社会保険事務所ですね。わかりました

お礼日時:2002/04/03 00:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民健康保険と社会保険の加入の違いについて。

ファイナンシャルプランナーの勉強をしているのですが、国民健康保険は家族単位で加入となっていましたが、社会保険は個人で加入となっていました。どう違うのですか?

Aベストアンサー

法人企業や5人以上雇用する個人事業主は従業員を社会保険に加入させる義務があり、また保険料の半分を負担しなければなりません。
年金については、厚生年金(社会保険庁管轄)又は厚生年金基金(独自に企業で設立)になり、健康保険については政府管掌健康保険(社会保険庁管轄)又は独自に健康保険組合を設立することになります。
公務員については共済年金と共済健康保険があります。

社会保険の健康保険は、上記のように勤めている人が加入できるものです。
この保険に加入している人を被保険者といい、この保険でその人が扶養している家族を被扶養者として、保険を掛けることができます。このときに支払う保険料は本人の保険料だけですむため、結局本人に家族がおまけで付いてくるだけなので、基本は被保険者が個人で加入していることになります。

一方上記社会保険に入れない人が加入する国民健康保険では、そもそも扶養と言う概念はありません。国民健康保険は1世帯にひとつだけ保険証が発行され、そのなかに加入者の名前が並ぶことになります。保険料の支払い義務は世帯主になります。
また、問題の保険料ですが、

a)世帯全体にかかる定額の保険料(世帯割)
b)加入した人数に比例する保険料(人頭割)
c)加入している人全員の所得の合計金額に応じて決まる保険料(所得割)
d)加入している人の持っている資産により決まる保険料(資産割)

の合計金額がその世帯の国民健康保険の保険料となります。(自治体により多少差異があります)加入者が増えれば保険料もあがり、年収も考慮されますので社会保険のように扶養という考え方もありません。

この点から国民健康保険は家族単位といえ、社会保険の健康保険は個人単位といわれているのです。

法人企業や5人以上雇用する個人事業主は従業員を社会保険に加入させる義務があり、また保険料の半分を負担しなければなりません。
年金については、厚生年金(社会保険庁管轄)又は厚生年金基金(独自に企業で設立)になり、健康保険については政府管掌健康保険(社会保険庁管轄)又は独自に健康保険組合を設立することになります。
公務員については共済年金と共済健康保険があります。

社会保険の健康保険は、上記のように勤めている人が加入できるものです。
この保険に加入している人を被保険者といい...続きを読む

Q国保の扶養者、社会保険加入、どちらが良いですか?

私(夫)は脱サラで国保に加入予定です。
妻は120万程度の年収があり現在は私の健康保険の扶養家族です。
妻は国保の扶養家族になるのと、勤め先で社会保険に入るのとどちらが良いでしょうか。
健康保険と年金がからんでくると思いますが、厚生年金+第三号被保険者で年金加入25年はクリアしました。
コメントよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>妻は国保の扶養家族になるのと、勤め先で社会保険に入るのとどちらが良いでしょうか。
ご存じないようですが、国保には扶養という概念はありません。
つまりご自身の国保に妻を入れることは出来ますが、妻の分の保険料はしっかり取られます。
妻に所得があればその分国保料も高くなります。

年金はご質問者は当然国民年金1号被保険者ですが、妻も社会保険に入らないのであれば国民年金1号被保険者として加入し保険料の支払が必要です。

なので、妻が社会保険に入るのはもちろん任意で決められるものではありませんが(まあ勤務時間と日数を調整すればそういうことは出来ますけど)、妻は社会保険に加入しなかったとしても国保料と国民年金保険料は支払わねばなりません。

どちらの保険料が安いのかというのは微妙ですが、大抵健康保険は社会保険が安く、年金は国民年金だけしかないので上乗せがあり保障の大きい厚生年金の方が高くなります。
(ただ収入が低いと厚生年金保険料も国民年金保険料と大差ない場合もあります)

Q社会保険のことについてですが今自分は親の社会保険に入れてもらってるんで

社会保険のことについてですが今自分は親の社会保険に入れてもらってるんですが親がもう少しで定年退職になります。ちなみに自分は今20歳でバイトしてます。正社員の仕事が見つかれば辞めるつもりです。

そこで親が定年退職したら親が払っていた社会保険料とか全部自分にくるんですかね?その際に社会保険は自分が加入している状態になるって感じで。

それとも社会保険がなくなって自分は社会保険に加入してないことになるんですか??

今やってるバイトでは社会保険に加入してません。

Aベストアンサー

>そこで親が定年退職したら親が払っていた社会保険料とか全部自分にくるんですかね?
いいえ。
会社を退職しても、社会保険には「任意継続」といって、希望すれば2年間に限り今の社会保険に加入していることが可能です。
それなら、親が保険料を払い貴方はその扶養でいられます。
ただ、親が払う保険料は退職前より高くなります。
会社にいるときは、会社が半分保険料払ってくれていますが、退職すれば払ってくれません。

また、そうでなければ親も貴方も国民健康保険に加入します。
国民健康保険には扶養という概念がないため、貴方の分の保険料も発生します。
保険料は世帯ごとに計算され、世帯主である貴方の親に通知が行き保険料の納付義務も親が負います。

保険料を会社と役所に計算してもらい安いほうに加入すればいいでしょうね。

Q複数のクレジットカードを持っていれば、複数の保険に加入しているのと同じ?

例えば、海外で事故にあい、死んでしまった場合、
カード5枚所得時には5枚からそれぞれ保険金が下りる形になるのか、
それともその中の1枚からのみ保険金が下りるのでしょうか?

■保険とはこういうヤツです:
傷害による死亡・後遺傷害 最高  2,000万円
傷害による治療費用 100万円限度
疾病による治療費用 100万円限度

詳しい方、教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

「傷害による死亡・後遺傷害」以外は合算して、治療費等を全加入保険会社で按分して実費が支払われると思います。

例えば、A社の保険(疾病治療最高200万円)、B社の保険(疾病治療最高100万円)に加入しており、現地の病院での治療費30万円かかった場合、A社から20万円、B社から10万円支払われます。
治療費が300万円の場合、A社から200万円、B社から100万円支払われます。
治療費が500万円の場合、A社から200万円、B社から100万円支払われます。

Q会社健康保険の任意継続と国民健康保険の加入の判断

 私は、29歳の男性で、平成14年3月31日付をもって会社を退職したものです。最終の基本給が35万円。月の支給総額は43万円でした。平成13年1月1日から現在まで、支給金額について変更はありませんが、健康保険には、月18,700円支払っていました。
 友人から退職時に、会社の健康の任意継続をしたほうが安くなると聞いていましたので、そのようにしようと考え、住所を置く区役所で、念のため、国民健康保険税の税額を聞いてみたところ、年7万9,000円、一月あたりでは、約7,400円ということでした。社会保険よりも国民健康保険のほうが安くなっていることに驚きどちらにすればいいか迷っています。会社在職時に、上記支給金額で保険料が18,700円というのは会社負担分がなかったということでしょうか。ちなみに、上記の国民健康保険税の金額は、住民税から計算したものです。私は、昨年5月に他の自治体管内に住所移転しため、詳しい計算ができないそうです。どなたかアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

 月額7,400円は間違いだと思われますので、昨年分の源泉徴収票から昨年1月から12月までの合計給与収入額を伝えて、役所の国保担当課で再計算をしてもらって下さい。年間400万円以上の給与収入があって、国保税が年間79,000円と言うことは間違いです。

 その計算をしてもらって、国保の保険税の額と、任意継続をした場合には退職時の保険料の会社負担が無くなりますので、約2倍の保険料となりますから約37,400円程度の月額とを比較して下さい。国保は3割負担ですが、任意継続は2割負担になります。

 一般的には、任意継続は2年間継続することができますが、国保は前年所得に基づいて税額を算定しますので、1年目は任意継続をして2年目は国保に加入した方が得になります。しかし、来年4月からは全ての健康保険が3割負担を予定していますので、そうなった場合には、保険料負担の損得で比較をすればよいでしょう。

 任意継続は退職後20日内の届け出が必要ですので、役所の国保担当課で平成14年度分の国保税を算出してもらい、任意継続との比較、窓口負担の2割と3割の比較をして、最終的に判断をすると良いでしょう。 

 月額7,400円は間違いだと思われますので、昨年分の源泉徴収票から昨年1月から12月までの合計給与収入額を伝えて、役所の国保担当課で再計算をしてもらって下さい。年間400万円以上の給与収入があって、国保税が年間79,000円と言うことは間違いです。

 その計算をしてもらって、国保の保険税の額と、任意継続をした場合には退職時の保険料の会社負担が無くなりますので、約2倍の保険料となりますから約37,400円程度の月額とを比較して下さい。国保は3割負担ですが、任意継続は2割...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報