どーも、今回は一般の方々のキリスト教に対するイメージ・意見など幅広く聞きたいです。一般の方々の考えを聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

信者ではありませんけれど、キリスト教には好感を持っているものです。



一口にキリスト教と言っても、長い歴史の中でさまざまな変遷がありますし、現代でも教派や国によってかなりの違いがありますから、一括りに論じるのは難しいですよね。
そのために、人によってイメージはさまざまでしょうし、これまで回答されている方の中にも、多少誤解をされている方もいらっしゃるようです。(あくまで私の理解の範囲のことですし、私自身にもきっと誤解があると思いますが。)

過去の歴史における過ちにしても、その当時の権力に利用された(或いは、キリスト教自体が権力になってしまった)ことが問題だっだのだと思います。
回答の中で、キリスト教の排他性(異教徒への攻撃性)が指摘されていましたけれど、本質はちょっと違うと思います。本来のキリスト教は、ユダヤ教の排他性を否定し、異教徒へ門戸を開いていったのが始まりだったはずです。(ただし、キリスト当時でも、ローマ帝国からの独立運動の手段として、民族主義的思想に利用されたことも否定はできませんが。)

他の宗教でも、例えば日本の戦前~戦中における国家神道なんかは、天皇を現人神として奉ることで多くの過ちを犯してきましたし、現代でも一部のイスラム教ではいまだに? 宗教ではありませんが、建前では共産主義(これも一種の宗教?)という理想を掲げながら、実際には多くの問題を抱える社会主義国家も存在しています。
結局、キリスト教自身が悪かったと言うのではなく、人間のやることにはつねに過ちがあるということではないでしょうか。少なくとも現代のキリスト教は、過去の過ちは過ちとして認めており、その点については評価すべきだと思います。

そして、現代のキリスト教の実態について思うに、もちろん全てではありませんが、本家の西欧では社会習慣化してしまい、宗教としての本質がかなり損なわれてしまっている感がありますし、逆にアメリカの一部では、新興宗教的なのりになってしまっているところも見受けられます。

ただし、私はキリスト教自体の理念(私の理解では、謙虚に人間の限界を認め、キリストに帰依することで精神の救いを得る(現世のご利益宗教とは一線画す)ということだと思うのですが、いかがでしょうか?)は、ほとんど全ての教派に共通(ただし、モルモン、物見の塔、統一教会などの一部の自称キリスト教を除く)で、非常に健全なものだと感じております。

余談になりますが、キリスト教って仏教の浄土真宗(門徒宗)とよく似ていますね。パウロ(初代キリスト教において、教義体系のほとんどを確立した人物)と親鸞の思想なんて、キリストと阿弥陀仏を入れ替えたらどこが違うのって感じです。
私みたいな軟弱な人間にとっては、これだけ徹底した他力本願は、かえってすごく魅力的に思えてしまいます。

さて、大衆宗教という言葉が否定的に使われていましたけれど、(回答された方は、権力との結びつきの意味で使われていたようですが)宗教って本来大衆のものではないでしょうか。私の理解では、一部のインテリが個人レベルで持つ思想は所詮哲学であり、自己満足の世界で完結してしまい、普遍的な救いを追求する宗教にはなり得ないと感じています。問題なのは、大衆(というより人間の本質)は体制に流されやすいということで、人間の弱さを例えばキリストとか阿弥陀仏とかに頼ることで克服するからこそ、そして集団の中で自分を見つめなおして行く(思想の独走を修正する)からこそ宗教足りえるように思います。

えらそうなことを書いてしまいましたが、私自身、キリスト教でもファンダメンタルな教派の方と話をすると、ちょっと引いてしまうところがあります。一方でリベラルな教派には魅力を感じることがありますが、これって一歩間違う?と哲学ですよね。

最後になりますが、私は基本的に唯物論的な考え方が染み付いてしまって、なかなか宗教には入り込めませんが、wa-chanさんのように、素直にかつ謙虚に信仰を持っていらっしゃる方を見ると、とても好感を覚えますし、ちょっとうらやましく思ってしまうこともあります。
長々ととりとめのない話になってしまい、申し訳ありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。まだまだ私も経験不足、勉強不足という事を感じさせられました。失礼とは思いますが、ここで皆様にお礼を言いたいと思います。本当にいろいろな意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/05 22:33

>宗教組織の大きさは関係ないと思いますよ。


そうですね。信じるか信じないかは個人の問題ですが、それだけの問題ではすまされないのが大衆宗教だと思うのです。組織が巨大化し、一国に浸透するほどになると、社会の問題になってきます。地獄を呼ぶには十分です。個人と社会、切り離せません。しかし、社会と宗教を、個人をとばして癒着させてしまうのが、腐敗した大衆宗教だと思うのです。
 
>大事なのは一個人がその組織の中でどれだけ神を信じるかということ。
 
神を信じるのは個人なのに、何故組織の中にいなければならないのですか?
そういう人は、宗教の押し売りをよくするような人です。
組織が無くなれば、その人の信仰は終わってしまう。その人は、独りでは信仰を維持できません。
 
 信仰には度合いがあると思います。文化としてなるのは大衆宗教です。それはそれでいいと思います。社会に身に付くアビリティの一つでしょう。
 ですが、組織に頼るのか、神に頼るのか、組織を信じるのか、神を信じるのか、
信仰を得るカギである個人を組織に取り込まれてしまっては、信仰は得られないと思います。
 
個人が、その理由を他に転移した時に、地獄は生まれると思います。 
それをしやすいのが、大衆宗教であり、無宗教気取りだと思います。
ほんとの無宗教者は、宗教を意識しないと思います。
 
 信仰は、個人に根づくというよりも、「おこる」ものだと思います。
社会においては「根づく」でしょう。違いがあります。大衆宗教、宗教組織は天国への門にはなりません。信仰は個人のもので、組織のものでも社会のものでもないのでしょう。それは、おっしゃるように、あくまでお手伝い、でとどまるべきです。小さい門はその人の心にあるでしょう。キリスト教が悪いのではなく、いつでも悪いのは人間の内の悪だと思います。戦争の理由を宗教に転換するからいけないんだと思います。自分達のせいなのに。
 
「神がそばにいる」といって 奴らはインディアンを打ちのめした。
 
神がそばにいると、言い訳しておいて、打ちのめすんです。
言い訳せずに爆弾落とせば、悪さばればれですからね。悪はよく偽る。
堂々と打ちのめせばいいのに、正義だとか言い訳するんです。いつも。
 
私は、祈る時はキリストにも釈迦にも、神にも、何かしらわからないものにも、祈ります。感謝も同じです。弊害は起こりません。
それが個人の信仰だからです。
ばらばらなアドバイスですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、貴重な意見ありがとうございます。
確かに、個人を飛ばして社会と宗教が結びつくと大変大きな力になりますね。その通りです。そして死者が出てくることも・・・なんだかんだ言って人間のいいように宗教を利用していますね。私としてはどの宗教を信じてもいいと思います。ただ願うのは世界の平和ですね。喧嘩は嫌いです。

お礼日時:2002/04/05 14:13

今の世界でとても影響力のある宗教と思っています


イエスの思想は「この世界をより良く活きるには」、という発想で貫かれているところに力を感じます
でも多くの回答者が述べているように、キリスト教となるとその解釈が教義どころか人の数だけあり一概には言えなくなります

実例を簡単に挙げます
マルコスが大統領の時代フィリピンはとても荒んだ印象をもつ国でした
でもどこか明るさに満ちていました
南の眩い太陽のせいばかりではないし、それがとても不思議で歩きまわり、ある時は人にも聞きながら考えてみました
一つの答えは南洋風のカトリック信仰にありました
好い加減な男どもをよそに、多くの女性の生活を支える真摯な態度が国を支えていたのです
ところが一方で暗い中世の歴史がある
戦争を考えるときには、未だに尾をひく独善的な一神教の弊害を度外視できません

そんなところが僕の感想です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

maqgogoさんありがとうございます。さっきは私が回答しましたが、今度は回答していただきありがとうございます。そうですね、宗教が与える良い影響と悪い影響・・・これからもそれは続くでしょうね。ただ良い影響がますます多くなることを期待します。

お礼日時:2002/04/03 22:15

キリスト教だけでなく、大衆宗教になった宗教信者の大半は不信仰だと感じます。


大衆とはそういう集団だからです。実際に信者になって、キリスト的に言う天の国に入ったものはどれだけいるでしょうか。
キリストは言っています。
「天の国への門は、目にとまらぬほど小さい。行き易い近くの大きい門に行ってはならない。」
つまり、大衆宗教として巨大な門になってしまったキリスト教組織は、もはや天国への扉にはならないということです。
大きい門を通るのは安易です。キリストの導きがなくても通れます。
しかし、目にもとまらぬほどの小さい門は、キリストの導きなくして通れません。
天国へ行きえるのは小さい門だとキリストは言っているので、キリストを信じるなら、大衆宗教としての、与えられるキリスト教から脱却すべきでしょう。組織の価値は教えを残すという事で、あやまった信仰をさせるものではないからです。生きたキリストに導かれるなら、その人は天国に行くでしょう。
宗教と、大衆のあやまった結びつきが、不幸を生んでいると思います。
宗教心は個人から湧き出る心で、他に与えてもらうものではないと思います。
僕の考えるキリスト者的な観点から、一般人として解答させて頂きました。
大衆的な腐敗宗教につかまってしまう事は、地獄を生むと思っています。
今の季節、のんびり神社で花見してた方が、天国に近いと感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん、そうですか。大衆宗教になれば天には行けないのでしょうか。確かにただ教会に行き、ただ横の人のまねをし祈るだけなら、天国には行けないでしょう。しかし、自分はキリスト教徒だと確信し本当に神を信じ、祈るならその人は天国に行けるでしょう。宗教組織の大きさは関係ないと思いますよ。大事なのは一個人がその組織の中でどれだけ神を信じるかということ。周りから言われてテキトーに『神はいる』なんて思っていても全く無意味です。自分でハッキリ神がいる!と感じれた時に罪を意識し悔い改め、そして神の国へ行けるでしょう。宗教というものは個人が自覚するための手伝いをするものです。最終的に神の道を歩むか決めるのは個人です。

お礼日時:2002/04/03 17:20

クリスチャンではなく,一般人ですが,過去に聖書は旧約も新約も,日本語版,英語版,中国語版を読破しています。


過去の世界規模の大きな戦争を引き起こしたのは,キリスト教が中心であるといえますネ。
古くは十字軍による虐殺遠征から最近ではアフガンまで。
「汝の隣人を愛せ」
「右の頬を‥」
これらの有名な「愛」に満ちた言葉は,あくまでも同じキリスト教徒のみを対象としたものであり,異教徒は悪魔であって,制裁を加えることに何も問題がない(魔女裁判なども露骨ですよネ)ということですネ。
これが本質としてあることは明白であると歴史は教えてくれますネ。

もう一つの面として,科学と対立し,科学の進歩を妨げたという事実もありますネ。
ガリレオに対する裁判などは有名ですネ。

欧米の利己主義の原点はキリスト教にあると思っています。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。キリスト教の堅い考え方のせいで多くの命が奪われたのはとても悲しいことです。ただ愛に満ちた言葉があくまで同じキリスト教徒を対象にしているというのは間違いです。愛は未信者、他宗教の方々にも向けられています。しかし人間というものは都合のいいもので、自分に不利となると聖書の言葉など忘れてしまうのです。これは人間の一番いやな部分だと思います。常に誰にでも愛を向けていれば一番いいのですが、なかなか難しいことですね。

お礼日時:2002/04/03 16:21

回答者どうしの議論は好ましくないのですが、wa-chanさんが詰まっているよう


ですので、少々助け舟を出します。

この世には因果の法則はあるかと思います。
原因→結果の関係ですね。そしてキリスト教の多くの宗派では、神が創造主、
つまり第一原因であるという教理を持っているかと思います。

そこで私たち人間は、第一原因のその前の原因はないだろうか、という考え
を持ったときに、答えに詰まってしまうこともあるかもしれません。

それについて、私はこう考えます。神は法則をも創造したのだと。
つまり因果関係という法則そのものも、神の創造であるということです。


一般に仏教では「法前仏後」、つまり法則そのものは最初から存在していて、
悟りを開いた人(仏)がその法(ダルマ)を知るという考えです。
キリスト教では神が絶対であるように、仏教では法が絶対であるということです。

それに対してキリスト教は「神前法後(※)」という考えのようです。
神がまずあって、神が様々な法則を創造したということです。
また、聖書を注意深く読むと、神の業(わざ)は単純な因果法則を凌駕している
ことも読み取れるかと思います。
善因善果/悪因悪果の法から逃れられない仏教の教えと比べて、これは福音では
ないかと思います。


なお個人的な意見がずいぶん混じっていますので、正式な宗派の見解は、
教会の神父/牧師さんに確認してください。


(※)「神前法後」という言葉は、小室直樹先生の「日本人のためのイスラム原論」から拝借しました。なかなか便利な造語です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強不足ですみません。そしてお助けありがとうございます。

お礼日時:2002/04/03 16:09

こんばんわ、疑問は尽きませんね。



さてご質問の件ですが、私自身宗教のことはまじめに学ぼうとしたことが無く、お答えすること自体が冒涜になるのではないかという気持ちがあります。

ただ、私自身マックス・ヴェーバーの『プロテス
タンティズムの倫理と資本主義の精神』という書物を学生時代に読み、非常に感動した経験があります。

ずいぶん前のことなので、内容はあまりおぼえていませんが、ストイックに生きてきたプロテスタントの生き方が、資本主義の勃興に貢献したと行った無いようだったと思います。

宗教の教義がどうであれ、そのように1つの時代の民衆の心の支えになっていたことはすごいことだと思います。一方価値観が多様化した現在、キリスト教などの宗教がどの様な役目があるのかに興味もあります。

まとまらない意見ですみません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、質問が質問ですから、まとまってなくたって結構ですよ(私はこの意見まとまっていると思いますが)
キリスト教であれ仏教であれ、人の支えになっていると言うことは非常に嬉しい事です。

お礼日時:2002/04/03 16:06

予想はしていたのですが、キリスト教に対して肯定的な意見が少ないですね。


日本は歴史的に一神教を受け入れにくい国なので、まぁ仕方がないのですが。
(それでもキリスト教は、戒律の厳しいイスラム教よりは受け入れられています)

けれどもね、信じる・信じないは別としてキリスト教とは何なのか、ということ
はよく理解していた方がよいかと思います。


日本は一応、政治的には民主主義・経済的には資本主義の国家ですが、民主主義も
資本主義もキリスト教なくしては成立はありえなかったのです。

超簡単に説明すると、キリスト教では神と人との「契約」という概念があります。
この契約の概念が人と人の間にも適用されるようになって、資本主義社会が発展
していきます。商売で契約がきちんと守られないと、健全な企業が育つことがで
きませんから。

一方、キリスト教では「神の前での平等」を説きます。
王様だろうが庶民だろうが、神の前ではみんな同じだというわけです。
この教えが、やがて「法の前の平等」という思想に発展します。
「法の前の平等」なくして、民主主義の成立はありえません。


今の日本で政治家を信頼している人がどれだけいますか。あまりいないでしょう。

では、なぜ政治家が国民の信頼を無くしているかというと、政治家が「公約」
を守らないからです。選挙の時には「公約を守ります」と言いますが、選挙に
当選すると、いつのまにかなし崩しになっていることが多い。

日本の政治家がなぜ公約を守らないかというと、結局は「契約」という概念が
無いからです。頭の片隅くらいにはあるかもしれませんが、その「契約」を
死んでも守りぬくまでの覚悟は、まずありません。

その点、欧米の政治家は少しはマシです。「公約」とは選挙民との契約です。
契約を守らないような人間はまともなキリスト教徒ではない、つまり欧米の
クリスチャンの観点ではまっとうな人間とはみなされませんから、公約を破れば
間違いなく次の選挙で落選します。


キリスト教の本質を理解すれば、政治・経済に対する見方が大きく変わります。
政治や経済に興味が無い人はかまいませんが、将来に社会で活躍したいという人
は、信仰は別にしても、キリスト教に対して理解を深めていても損なことはありませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なご意見ありがとうございます。
私も皆が信者になればいいとは思っていません。ただ世の中にこのような宗教や考え方があるんだ、と認識していただけたら幸いです。

お礼日時:2002/04/03 15:59

何をもって一般でしょうか。

いろんな人がいますから、いろんな人の一人として解答します。
 私は霊能者ですから、キリストの霊柱の中で生きていることを知っています。個々の人格というのは、そういった人格系列とも言えるところから由来します。
様々な人格の入れ物になるのが自我です。
キリストというのは人格の事で、それが人間イエスに降りたという事です。
私にとってのキリスト教のイメージは、銀河における地球教といったところですか。この銀河には、この地球教があります。
仏教はたくさんの宇宙を含む、世界教でしょうか。
地球を統治するのはキリストの霊柱の霊ですから、そういう見方でキリスト教をとらえるとよいと思います。銀河(一つの宇宙)において地球は重要な霊的進化の場です。それを導くのが、イエス=キリストの霊です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なかなか難しい意見ありがとうございます。一般とはキリスト教を信じていない方々(他宗教の方を含めて)の事です。説明不足でスミマセン。私は若いのでまだよくわかりません、ゴメンなさい。ただキリストの内に生きることはすばらしい事だと思います。

お礼日時:2002/04/03 00:15

 


 「純真」「純朴」「真面目」「ナルシスト」・・・

 でも一番感じてしまうのは、「偽善者が多い」という事でしょうか。しかも、ほとんどの人が「偽善の行」に気づこうとしない。

 私が二十歳くらいの頃、知人に熱心に信仰されているクリスチャンがいましたので、ある時、片方の頬を一発平手打ちした事がありました。・・私はその後の反応に期待していたのですが、反対側の頬を向けるどころか、逆上して怒っていました。

 そもそも、聖書とはいったい何なのでしょう。大筋においては、確かに人が生きていく上において有益な指針を与えてくれているのかもしれません。しかし、私にとっては、訳のわからない事が多い書物です。

 伝言ゲームを体験された事があると思いますが、先頭の人から最後尾の人へ言葉が伝達されると、必ずと言っていいほど、最初とは違う言葉になってしまいます。(何故、そうなってしまうのかは、ご存知だと思いますので割愛します。)

 私は神の存在を実証する術を知らないので、神の存在は肯定も否定もしませんが、布教が開始された頃、神の教えを伝えて行く手段のほとんどが口伝だったとすると、長い年月が過ぎ去るにしたがい、正確に伝わって来たとは到底考えられません。

 聖書の解釈というのは、一般人にとってはとても難しいものです。しかし反面、とても簡単だとも言えます。・・なぜなら、キリスト教の中にも各宗派が存在している通り、自分の都合のいいように解釈して良いのなら、苦労は必要ないからです。

 自分の生きるべき方向性を見出せない人にとっては、指針を与えてくれますから、信仰して行くにしたがい、明かりが見えてくる事でしょうね。しかし、その頃には、「洗脳」という「呪縛」からは、のがれられなくなってしまいます。
 
 ・・・また、そういう状況に陥りやすくさせる要素が多い宗教です。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
まずあなたにとって偽善者とはどのような人ですか?平手打ちして怒ったら偽善者ですか?聖書に背き罪を犯したら偽善者ですか?そうすれば偽善者は『多い』ではなく全員です。我々は日々罪を犯しながら生きています。その罪を認識し悔い改めるのがキリスト教で、わかっていながら悔い改めないのが偽善者ではないでしょうか。私だっていきなり殴られたら、怒り、殴り返すでしょう。ただそこで終わりではありません。次に聖書を開いた時に、ハッとし罪に気づき悔い改めるでしょう。

聖書の正確さですが、昔は口伝ではなく巻物を一つ一つ写していたそうです。もちろん口伝もあったでしょうけど。だから割と正確だと思います。
イエスの生涯については4つの福音書が書かれていますので多少のズレはあっても正確だと思います。

聖書を都合のいいように解釈する。これは簡単な事ではありせんよ。むしろその意味をそのまま受け取った方が簡単なくらい。なかなか都合のいいようには解釈できませんね。

最後にキリスト教は自由な宗教です。出入り自由、無理矢理な勧誘、引き止めはしません。そして楽しい宗教。だから洗脳、呪縛などはありません。

お礼日時:2002/04/03 00:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化合物の同義語について

こんにちは。製薬企業の特許関係の仕事をしています。
仕事上、多量の文献を調査するのですが、その際同義語も含めて調査する必要があります。この、同義語を調べるのに苦労しています。
同義語を調べるのに便利な本、又はWEBページはありますでしょうか?
どなたか知っていたら教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらで引いてみたら,うまくいくかもしれません.
http://homepage1.nifty.com/k_funa/aiueo2.html

他にも,便利な情報がこちらに出ています.
http://www.chem-station.com/
http://chemnews.cambridgesoft.com/index.cfm?language=j

Qキリスト教を信仰している人は、キリスト教の何を信じ

キリスト教を信仰している人は、キリスト教の何を信じているんですか?

私から見たら、聖書は昔の文学小説にしか見えないんですけど・・・

昔の文学小説を信じているキリスト教徒は、他のイスラム教の教えは信じないのはなぜですか?どちらも同じ昔の小説な気がするんですが。。。

Aベストアンサー

基督教を薦める人物

信じる人物が薦める神なら、鰯の頭でもモバイドオキ神でも同じ

Qロッケン・ベーレン・アウスレーゼと貴腐ワイントは同義語ですか?

ドイツ・ワインの分類/等級の説明で、しばしば「トロッケン・ベーレン・アウスレーゼ(貴腐ワイン)」の如く、両者が同義語であると受け取れる解説を見かけますが、両者は厳密な定義上も100%同義語なのでしょうか?
若しも何らかの差異があるならば、違いを解説戴ければ幸いです。

Aベストアンサー

「称号付き上級ワイン」と訳される最上級クラスは、次の6つです。
肩書きはブドウの糖度で決まります。

「トロッケンベーレンアウスレーゼ」は、「貴腐菌がついて干しブドウ状になったブドウ粒から造る最高級の極甘口ワイン」と一般的に解されますが、意味は、「乾いた果粒を選り摘んだ」ということで、必ずしも貴腐ワインということではありません。
たいていのブドウ品種は、貴腐化なくして高糖度にはできないと言われていますが、ごく限られた品種では、貴腐によらずして比較的容易に高糖度に達することができます。
トロッケンというのは、干からびている、という意味です。
但し、単に“トロッケン”と表示されているものは、「辛口」という意味なので注意が必要です。


「アイスヴァイン」は、樹の上で完熟し、凍りついたブドウから造る甘口ワイン。

「ベーレンアウスレーゼ」は、過熟したブドウ粒から造る極甘口ワインですが、貴腐ブドウもブレンドされます。

「アウスレーゼ」は、よく熟したブドウ房から造るワイン。

「シュペトレーゼ」は、通常よりも7日以上遅摘みのブドウから造るワイン。

「カビネット」は、普通のブドウから造るワインで、最も辛口&低アルコール。

「称号付き上級ワイン」と訳される最上級クラスは、次の6つです。
肩書きはブドウの糖度で決まります。

「トロッケンベーレンアウスレーゼ」は、「貴腐菌がついて干しブドウ状になったブドウ粒から造る最高級の極甘口ワイン」と一般的に解されますが、意味は、「乾いた果粒を選り摘んだ」ということで、必ずしも貴腐ワインということではありません。
たいていのブドウ品種は、貴腐化なくして高糖度にはできないと言われていますが、ごく限られた品種では、貴腐によらずして比較的容易に高糖度に達すること...続きを読む

Qムハンマド(イスラム教の開祖)のユダヤ教観とキリスト教観は?

1 ムハンマドは自意識として、その人生をユダヤ教徒として出発したのですか、キリスト教徒として出発したのですか、いずれでもないのですか。
2 一般論として後発の理論は先行する理論や実態の欠陥を克服する形で登場するのだと思います。ムハンマドにとってユダヤ教の欠陥は何でしたか。また、キリスト教の欠陥は何でしたか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

偉大な宗教家として歴史に名を残した人は、えてして、単なる宗教家ではなく、政治的な能力でもすぐれていることが多いような気がします。そう、まさに今、チベットのために戦っているダライ・ラマ14世のように。彼は、インド、中国、米国、日本などの大国間の政治力学を利用してチベットのために戦っており、極めて社交的な性格であるうえに、ウィットに富み説得力のある話術を英語で使いこなし、世界中の世論を味方につける能力を持っています。

キリストの場合は、ユダヤ人国家がローマの属国であったという状況の中、ローマへの反逆も辞さない一部過激はとは一線をかくした人物です。聖書の中には、キリストを憎悪するユダヤ人たちが、なんとかしてキリストに反ローマ過激派のレッテルを貼ろうと試みるものの、キリストが政治的センスにすぐれ温厚な性格であることによって、彼をわなにはめようという試みは、ほとんど失敗してしまうシーンが出てきます。あの、「神のものは神へ、カエサル(皇帝)のものは皇帝に返せば良い」という有名なセリフは、別に宗教的に深いことを語っているのではなく、「ローマによる穏健かつ寛容な支配が不満なのか。税金くらい払え」という意味であるように思われます。

仏陀の場合はさらに過激で、2つの大国にはさまれたシャカ族の王子として生まれ、おそらくは将来を悲観し、政治から逃れるため出家してしまったとすら解釈できる人間です。仏陀が出家のため宮殿から出ていこうとすると、妻は子供が出来たと言って出家を止めようとします。しかし、仏陀は、「それでも自分は出ていく。子供には『邪魔者』とでも名づければよい」と言い放った人物です。

ムハンマドはイスラムの公式見解から言うと、おそらく、ユダヤ教から出発したのでも、キリスト教から出発したのでもありません。初期イスラムは商人のための宗教という性格が強く、もともとが政治・経済的な背景を濃厚とした宗教なのですが、この商人のための宗教という側面は、忘れられがちです。イスラムの教えでは、ムハンマドが天啓を受けイスラム教を作ったということになっているかと記憶していますが、天啓というのは、たいていは過去の経験に基づいた経験則をバックグラウンドにして、それが突如として本人の自覚もないままに、いきなり無意識から意識に上がってきたものにすぎません。他宗教からの影響関係を言えば、明らかにムハンマドはキリスト教ではなくユダヤ教から影響を受けています。イスラムに見られる食のタブーや割礼(ペニスの包皮を切り取ること)の儀式などは、ユダヤ教的な要素です。キリスト教がローマで成功した理由のひとつに、キリスト死後の早い段階で、「割礼は不要である」と宣言し、ギリシャ・ローマ文化になれた人々に安心感を与えたことが指摘できます。なにしろ、ユダヤ教徒の割礼の儀式はローマ人から見ると不気味な悪習であり、ユダヤ人が機を捕らえては奴隷、使用人、孤児などに割礼を施そうとするたびに、ローマから「割礼はユダヤ人の中で行うこととし、他者に強要することはあってはならない」という命令を食らっていたのです。

さて質問2についてですが、ムハンマドは勢力を拡大していく中で、既に精密に確立された教義を持つユダヤ教との論戦で、大苦戦をすることになります。ユダヤ教徒からは、ムハンマドは天使の概念を理解していないなどとの批判を浴びるわけです。ムハンマドは論戦ではなかなか勝てませんでしたが、商業・貿易などの社会的要素においては、ユダヤ教を圧倒することになっていきます。ムハンマド本人がどの程度自覚していたかは分かりませんが、彼からみたユダヤ教は、一神教としての純粋性が低いものであり、ムハンマドはそれを乗り越えることで、ユダヤ教・キリスト教・イスラムの中で、もっとも純粋な一神教を作り出すことになります。ユダヤ教は一神論だと思っている人も多いのですが、実はユダヤ教における神の概念は、神は1人しかいないというよりも、民族ごとに守り神がついているが、ユダヤ人についているヤーヴェこそが最強の神だという発想なのです。聖書の楽園追放の物語を読んでいると、りんごを食べた2人を見て、神々(複数形!)が、あ~だこ~だと議論しているシーンが出てきたりして、なかなか愉快です。
ムハンマドはこの不純物の混ざった一神教というユダヤ教の特性を一掃することにより、1民族のための宗教ではなく、あらゆる民族のための世界宗教へとイスラムを育て上げていくことになります。

ムハンマドから見た場合のキリスト教の欠陥は、偶像崇拝の禁止が徹底していないことだと思います。また、神にざんげをする場合、キリスト教ではプロテスタント系を除けば、ほとんどのケースで聖職者を通じて神にざんげをするのに対し、イスラムでは個人が直接神にざんげをするという原理によって、神と人間の対話(および契約)という性格が強いものになっています。あるフランス人キリスト教徒が書いた説に、イスラムの本質はユダヤ教の再興であるというものがあり、これはキリスト教徒の立場からすると、ある程度の正当性がある議論だと思います。

なお、ユダヤ教・キリスト教が共通して持っている問題点があるのですが、イスラムはこの影響を、ほとんど受けておりません。一神教の弱点のひとつに、「唯一絶対の創造主がいるのなら、なぜ世の中に悪などという不要で有害なものまで作ったのですか?」という質問に、正面突破では反論することが出来ないことがあげられます。ユダヤ教・キリスト教は、いずれも神と悪の最終戦争という思想をもち、前者においてはダニエル書、後者においては黙示録にその思想が表明されています。なぜ、一神教であるはずのユダヤ教やキリスト教に善と悪の最終戦争などという二元論的思考が紛れ込んでいるのかというと、おそらく、ペルシャのゾロアスター教の影響だと思います。ゾロアスター教は典型的な二元論的宗教で、神と悪の対立という概念を持っています。イスラムはこの、神と悪による最終戦争という思想を持っているようには見えません。それだけ、一神教の純粋性だけを見れば、イスラム教が最もすぐれた宗教だということになります。

ただ、現代社会においてはイスラムには悪習といわれても仕方がない要素が混ざっています。最大の問題点は、「目には目を、歯には歯を」という古い復讐原理に基づく刑法を、今に至るまで持っていることではないでしょうか。ムハンマドより以前のキリスト教や仏教でも、このような復讐原理は見られません。キリストは右のほほを殴られたら左のほほを殴らせろと教えました。仏陀は不幸の連鎖を止めない限り、涅槃への到達は不可能だと説いています。つまり、ムハンマド以前の段階ですでに、イスラム刑法の問題点が指摘されてしまっており、イスラム刑法はこの意味で、極めて非近代的で問題の多い法思想なのです。ヨーロッパ近代法の基本思想が、復讐の連鎖を止めるため、法権力の執行権を国家に一元化するという傾向を示し始めるころになると、ますますイスラム刑法の問題点が浮き彫りになってきます。非イスラムの現代人から見たら、イスラム刑法にたまに見られる、鞭打ちとか手の切断とかの処罰は、極めて残酷で非近代的なものに見えてしまうわけです。

偉大な宗教家として歴史に名を残した人は、えてして、単なる宗教家ではなく、政治的な能力でもすぐれていることが多いような気がします。そう、まさに今、チベットのために戦っているダライ・ラマ14世のように。彼は、インド、中国、米国、日本などの大国間の政治力学を利用してチベットのために戦っており、極めて社交的な性格であるうえに、ウィットに富み説得力のある話術を英語で使いこなし、世界中の世論を味方につける能力を持っています。

キリストの場合は、ユダヤ人国家がローマの属国であったという...続きを読む

Qhappen to meetの同義語

happen to meetの同義語

こんにちは。

run to, run into, take to, come forが選択肢としてあります。

happen to meetは偶然会う、出くわすみたいな意味なのですが、上記の中で同義語はどれでしょうか?

力を貸して頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

run to
http://eow.alc.co.jp/run+to/UTF-8/?ref=sa

run into
http://eow.alc.co.jp/run+into/UTF-8/

take to
http://eow.alc.co.jp/take+to/UTF-8/

come for
http://eow.alc.co.jp/come+for/UTF-8/

さあ、一体どれでしょうか?

Q一神教のイスラム教、ユダヤ教、キリスト教の神は互いに悪魔をつくりだし、争いあっているのでは?

 言葉の存在を考えると、言葉全てに対象がなくては、存在できないこともわかります。存在するもの全てに対象が必要なのです。
 神が存在するのならば、その対象も必ず存在していなければなりません。神が絶対的善ならば、絶対的悪も存在することになります。
 絶対的悪とは悪魔のことです。悪魔の存在を無にするには、絶対的善の神の存在を否定して、無にするしか方法はないのではありませんか?

Aベストアンサー

こんばんは。
#8です^^ご質問ありがとうございます**
>>自分達の信じる神だけが善であるのですから、他の神は悪とし、それを滅ぼそうとして争いが生じているのではありませんか?

私は神様は一人しかいないと信じています。
それは、天地を創造し、イエスキリストをこの地に授けてくださった、父なる神お一人です^^
ですから、“ほかの神”はいないと思います。
ただ、事実、父なる神以外の存在を神だと考えていらっしゃるかたも大勢います。それはサタン故に、または人間自身の私欲によって生み出されたものだと思います。神様が戦われるのは、サタンであり、また人間自身の罪です。ですから、神様のご計画は決して人間を傷つけることではなく、その罪を滅ぼすことにのみおかれていると思います**
ただ、争いのほとんどが、人間自身の意思によって行われているものであり、またサタンの計画によって起きているのだと思います。全てが神様ご自身の御心によるものではないと思います***
神様がいるから争いが起こるのではなく、サタンの存在ゆえに、私たち自身の罪ゆえに起こるのです。
私たち人間の血が流れることを喜ぶのはサタンです。神様は私たちと共に心を痛めてくださっていると思います***

ご質問の意図とズレてしまっているかもしれません・・。お許しを!

こんばんは。
#8です^^ご質問ありがとうございます**
>>自分達の信じる神だけが善であるのですから、他の神は悪とし、それを滅ぼそうとして争いが生じているのではありませんか?

私は神様は一人しかいないと信じています。
それは、天地を創造し、イエスキリストをこの地に授けてくださった、父なる神お一人です^^
ですから、“ほかの神”はいないと思います。
ただ、事実、父なる神以外の存在を神だと考えていらっしゃるかたも大勢います。それはサタン故に、または人間自身の私欲によって生み...続きを読む

Q思惑 動作 行動 感情 形式 の同義語か対義語

この5つの言葉のうち
同義語、もしくは対義語になる言葉は
行動と形式(対義語)になるのでしょうか。
分かる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

#1の者です。
私は
反対の意味を持つ語=対義語
同じ意味を持つ語=同義語
のつもりでお答えしたのですが、


>「形式に囚われず、行動しろ」

この文の場合、形式=きまりごと、型。という意味になりますよね。で、「形式に囚われず」とは、行動する際の条件として使われていますね。
とすると「行動」は形式の反対の意味にはなり得ません。例えば「遊ばず、勉強しろ」という文ならば、「遊ぶ」と「勉強する」が反対の意味でしょうけど、前の文ではそのような関係ではないでしょう?

よって、もし私に『「思惑 動作 行動 感情 形式」このうち同義語か反対語の関係にある二語を指摘せよ』と出題されたとしたら、「正解なし」と解答します。

試験に出題されたということですが、どのような試験かは存じませんが、あまりお気になさらなくてもいいのではないでしょうか?どのような結果になるにせよ、過ぎたことよりもその先でどう対処するか、が大切だと思いますよ(偉そうですが)。

Qキリスト教、仏教、ヒンドゥー教、イスラム教・・・などなど、さまざまな宗教の考え方や特徴を知りたいです。

最近、宗教について興味を持つようになりました。たとえばイスラム教では女性の地位が低かったりヒンドゥ教にはカーストがあったりと、宗教によってさまざまな考え方の違い、特徴があると思います。そんな宗教の違いなどについて分かりやすく解説していただけたら幸いです。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 宗教事情と言いますか 実際の生活日常にどう現われているかについてよりは 考え方をめぐって理論的に捉えようとしてみます。

 ヒンドゥイズムは古代では ブラフマニズム(バラモン教)ですが この宗教はすでにいわゆるカーストが定まったところで起こっています。侵略と支配が出来あがったところで そのおしえが持たれます。
 ひとつには 宇宙の原理ないしその力としてのブラフマン(梵)とひとの《わたし》としてのアートマン(我)とが一体であると説きます。梵我一如と言うようです。
 もうひとつには 輪廻転生かつ因果応報の説があります。梵我一如を身に現わしたとされる司祭(ブラフマナ)は 過去世で善い因を積んだ結果そう成ったというわけです。
 そしてこの場合 低い身分の人びとは 過去世で悪い因を積んだ結果だというのですが それだけではなく いま現在善い因を積めば そして生まれ変わり続けていつの世にかは よき身分に生まれると説きます。

 ブディズムは このブラフマニズムを批判し否定して起こりました。
 ただ その内容は必ずしも明確ではありません。
 低い身分のまま生まれ続けるという六道輪廻は 目覚めた状態(ブッダ)に成れば断ち切ることができると言いますが 輪廻転生が全体として否定されたわけではありません。
 ひとは仮りにモノが集まってその存在となって生まれて来たものだから 《わたし》が確固とした存在だとは見るものではないようです。(諸法無我)。何ものにも依存しないブラフマンと一体でありうるというアートマンであるとは見ない。ただし 誰もがブッダの状態に成ることができるというその《仏性》を身に宿すとも もう一方では説くようになります。
 ですから一般には 《梵我一如》をブディズムのおしえだと捉えているのではないでしょうか。

 イスラームは 単純です。《神(アッラーフ)》が直接にムハンマドの口を借りて ひとの思いやおこないをすべて〔と言っていいほど〕おしえの中に示しているということです。きわめて具体的な内容を示すかたちで表現されていますから。 

 ▲ (クルアーン=コーラン)~~~~~~~~~~~~~~~~
 まことにわれら(* アッラーフ=神 の自称・複数形での語り)が 汝(ムハンマド)に啓示したのは ノアとそれ以後の預言者たちに啓示したのと同様である。われらは アブラハム イシマエル イサク ヤコブの各支族に また イエス ヨブ ヨナ アロン そしてソロモンに啓示した。また ダヴィデに詩篇を与えた。(4:163)


 おまえたち(* ムハンマドを含めた信徒たちのこと。むろんアッラーがムハンマドの口を借りて語っている)は言うがよい。
   《われわれは神を信じ そしてわれわれに啓示されたものを アブラ
   ハムとイシマエルとヤコブともろもろの支族に啓示されたものを モ
   ーセとイエスに与えられたものを 信じる。
   また もろもろの預言者が主から与えられたものを信ずる。われわれ
   は これらのあいだでだれかれの差別はしない。
   われわれは神に帰依する。》
    (2:136)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ ちなみに セム語は三個の語根子音から成るのが 一般です。
 《S-L-M》は ヘブル語でも シャローム( SaLooM )と言って挨拶に用いる語です。アラビア語では 定冠詞(アル→アッ)を付けて 《アッサラーム(al-SaLaaM = 平安を!)》です。
 同じ S-L-Mから派生する語として イスラーム iSLaaM は 《降伏・服従》の意をも伴なう《身をゆだねる》つまり《帰依》のことです。
 その帰依した信徒を表わすムスリムは 《〔わたしはそこで自らが健全・安寧(S-L-M)であると知覚し認識し これを受け容れて わたしは〕 すこやかならしめられた》と言っています。〔  S-L-M > muSLiM。(初めの m- は いわゆる過去分詞の接頭辞)というわけのようです〕。
 つまりは ブラフマニズムやブディズムで目指された《安寧としてのさとり》の状態は ムスリムとしては その名前じたいの中に堂々と名乗っているというわけです。《われ やわらがしめられたり》と言っています。
 ひとこと悪口を言えば つねにいつもいつも《われはアッラーを信じる。アッラーに帰依する》と言っていなければならないのかと思ったりします。そんなことぢゃ 信じていないのではないか。弱いのではないかと思ったりします。
 
 さて ムハンマドに乗り移って語ったアッラーフの言葉の中に アブラハムやモーセのほかに イエスも出て来ています。そこで クリスチアニズムについてです。
 これは ひとことで言えば 人がついていけないほど すっ飛んでいます。なにしろ ヨセフとマリアという夫婦から生まれた人間であるイエスは この世のものではないなぞの霊としての存在である神の独り子であり みづからも神である。こういう出で立ちです。

 いくらかは分かるようなところを示してみますと。
 ひとは誰でも《仏性》を宿すと言ったりしますが クリスチアニズムもひとには神の霊が宿ると言います。
 ブラフマンとわたし(アートマン)とが 一体となるという説に対しては 神〔の霊〕がわたしをおおい包む。そこでわたしは 無条件に只で(無料で=恩恵として)癒されやわらがしめられたと告白する。
 ただし これはすべて ひとりの人の主観の内において起こる出来事であり その主観内面におさまるものであると知っています。ですから 神が人間の言葉でそのまま語るということは まぼろしとして――文学表現において――触れたりすることもあるにはあるようですが 基本的にはないと思っています。
 神をひとは見ることが出来ない。それは 非思考であると捉えます。言いかえると その信仰の内容を 言葉にして伝えることはあるにはあっても その人の主観の問題であると捉えています。言いかえると 二人以上でこの信仰内容をおしえとして具体的な表現において共有するということは すでにもはや非思考の信仰ではなくなると見ています。すなわち 教義と組織を伴なった宗教は 信仰の自殺行為であると見ます。そういう信仰です。
 (教会組織は わたしに言わせれば 犯罪行為です)。

 さらに言いかえると もし人と人のかかわりやつながり あるいはきづな これらのことを《愛》と言うとすれば そのような愛は 非思考つまりなぞにおいて神のほうがなんとかしてくれると思っているという意味です。人もその一端をになうと言ってもいいでしょうが――そして人間の為し得る努力という努力はすべておこないますが―― 基本は 絶対他力です。隣りびとを愛せとは 自分と同じくらいは――もしくは自分を思う前に一秒くらいは相手を先に思うかたちで――愛しなさいということです。

 こんにちは。

 宗教事情と言いますか 実際の生活日常にどう現われているかについてよりは 考え方をめぐって理論的に捉えようとしてみます。

 ヒンドゥイズムは古代では ブラフマニズム(バラモン教)ですが この宗教はすでにいわゆるカーストが定まったところで起こっています。侵略と支配が出来あがったところで そのおしえが持たれます。
 ひとつには 宇宙の原理ないしその力としてのブラフマン(梵)とひとの《わたし》としてのアートマン(我)とが一体であると説きます。梵我一如と言うよ...続きを読む

Q英語で日本語の「同義語」はなんといいますか?

英語で日本語の「同義語」はなんといいますか?

Aベストアンサー

synonymです。
http://www.synonym.com/synonyms/

Qキリスト教はイスラム教から生まれた?

キリスト教はサウロ(パウロ)が創始した宗教だと思っていました。サウロは熱心なユダヤ教徒だったらしいので、キリスト教はユダヤ教から生まれた宗教だと思っていました。しかし、「キリスト教はイスラム教から生まれた。イスラム教異端派の最大勢力だった。」という説もあるようです。このことについて解説してあるサイトをご存じでしたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

「キリスト教はイスラム教から生まれた。イスラム教異端派の最大勢力だった。」という説は、歴史的に立証することはできませんね。
イスラム教の始祖である、ムハンマドが啓示を受けてイスラム教に目覚めたのが西暦610年頃とされています。
イエスが処刑されたのは、諸説ありますが西暦33年前後とされています。パウロが処刑されたのは西暦60年前後。
このことから、かなり無理のある説であると言わざるを得ませんね。

キリスト教の創始者を誰にするかという説ですが、これも緒論あってどれが真実かは言えないとおもいます。
キリスト教はイエスの教えに基づいていますが、イエス自身がユダヤ教と決別して、新しい宗教を作ろうという意思があったかは分かりません。
一つの学説では、ユダヤ教を改革しようとしていたというのがあります。その意味において、イエスがキリスト教を作ったとは言えないかもしれませんね。

イエスの死後、残された弟子達の間でも争いがあったようです。
つまり、ユダヤ人のみにイエスの教えを説くか、ギリシア人をはじめとした他の民族にも広めるか。
後者を代表したのがパウロでした。
「キリスト教はユダヤ教から転じた新しい宗教であり、それはユダヤ人以外の民族にも、神の福音をもたらさなくてはならない(新約)」という宗教を明確にしたのもパウロでしょう。
そういった意味で、パウロが直接の創始者であるという考えも成り立ちますね。
だた、キリスト教の教理ではイエスを始祖とするのが主流なんではないかと思います。

教団が組織として明確になったのはいつ頃の事かは、はっきりしません。どこで、キリスト教の成立とするかで、創始者は変わってくるでしょうね。

「キリスト教はイスラム教から生まれた。イスラム教異端派の最大勢力だった。」という説は、歴史的に立証することはできませんね。
イスラム教の始祖である、ムハンマドが啓示を受けてイスラム教に目覚めたのが西暦610年頃とされています。
イエスが処刑されたのは、諸説ありますが西暦33年前後とされています。パウロが処刑されたのは西暦60年前後。
このことから、かなり無理のある説であると言わざるを得ませんね。

キリスト教の創始者を誰にするかという説ですが、これも緒論あってどれが真実か...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報