現在41才、会社(塾産業)が思わしくないため1年半前、2年間の約束で健康保険を任意
継続にしました。当然厚生年金はこの1年半はかけていません。国民年金のみです。
この9月に任意継続も切れますが会社は復帰させることはまず不可能だと思われま
す。その時点で、会社が解散になるか、保険をかけないままこの状態を続けるかの選
択になると思います。(私は、6ヶ月給料が送れています。)、会社が解散になった
場合ある程度のお金をはらってあと(自分が担当している教室)を引き継ごうと考え
ています。9月に切れた時点で国民保険に加入し、かつ国民年金基金などに入るのが
良いのか否か。どういう選択が良いのか迷っています。ご助言をお願いします。ちな
みに、42歳の妻、9歳、7歳、5歳を養っています。妻は働いておりません。私は3年間
共済、2年間の国民年金、11年間の厚生年金に加入しております。妻は10年間共済、2
年間厚生年金、3年間国民年金に入っております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あなたが、合計16年、奥さんが15年ですね!


まず、民間の生命保険などに加入してますか?(大事です)
民間の障害・事故などの保険未加入なら、即「国民年金」にまず、加入して下さい。(ついでに時間的に先でも)
もう一度、過去の年金履歴を再確認も。(社会保険事務所で年金手帳と印鑑で)要求すれば、これまでの過去の履歴紹介をプリント・アウトしてもらえます。(無料)

なぜなら、今、厚生年金未納状態で万が一(悪い例ですが万が一です)「障害など」になった場合に「障害基礎年金の受給」用件不該当になりかねないからです。

国民年金基金は、「国民年金」加入者が「将来の受給額を増やしたい」方の為の制度です。国民年金の満額でも、昭和36年スタート時から満60才まで完納の方が1月換算7万円~8万円と「余りにも厚生年金受給者」より少額、少なすぎるので、「国民年金基金」に加入し1口1万円など本人選択出来るコースが2種類くらいあります。

ただ、上記のように「60代の受給請求時」の受給額の為に『国民年金基金』に加入を考慮する前に、まずは『国民年金』(or厚生)に即加入し納付開始しないと、(縁起でも無いですが)万が一事故等の場合に『障害・遺族基礎年金』が出ません。お子さんが3人いらっしゃるならなおの事、保険的意味合いでの『国民年金加入』を、最優先すべきでしょう。

さいわいお2人とも、厚生&共済年金期間が15年前後ありますから、これだけでも支給額はかなり違いますので、病気・事故のケースの備えとして『国民年金』に加入して下さい。ちなみに『障害・遺族基礎年金』支給要件は、かなり複雑です。<全加入対象期間の3分の○納付済み(個々のケースで断言出来ない。ましてや厚生・共済がらみでは)>や、<障害認定時の前月までに一定期間未納月が無い事(この用件は多分該当しないはずも、厚生・共済のからみがありやはり断定出来ない)>
ただ、要するに、キチンと『国民年金加入』手続をしていれば(長期未納は×)全てOK!です。

ながながと書きました。別に社会保険庁の回し者ではありませんし、むしろ(その運用面には)懐疑的立場ですが、お2人とも微妙な年齢なので(先の加入対象期間が結構あり、過去の納付済みの期間も十数年と)何はともあれ「国民年金」に加入して納付はして下さい。(しつこいですが『障害・遺族基礎年金』の為に)そして、一息ついた頃に、「国民年金基金」への加入を考慮する事がベストです。

国民年金基金以外の加入可能なコースについては、(当然ですが)民間生命保険会社か郵便局の簡保です。個人的に民間生保は恨んでます。病気の認定で、「胃薬処方中はダメ」と給付金無しで、掛け金を短期なのに全額返還されました。(その生保のおばさんは自己破産者でした)散々モメましたが、諦めました。(この記述に異論がある第3者がいれば、いつでもお話します。全部書類も残してありますし、毀誉褒貶などネチケットにはけっして反する文では無い。会社名を出さないだけ感謝して欲しい。)

すいません。話がそれましたが、私のように、神経疾病でも『国民年金』はキチンと対応して『障害基礎年金』対象になります。その意味合いでも、『国民年金』の加入を勧めます。そして、余裕が出れば国民年金基金」に加入するでしょう。お子さんと家族を守るために。

『国民年金』に41才で初納付のケースでも、年金加入を行政は勧めます。(66才まで納付必要。特に60歳過ぎは免除制度無し)その時の説得として「納付困難なら免除制度がありますし、万が一の『国民障害・遺族基礎年金』がありますよ!」とやります。)

P.S. 奥さんの方も当然加入を勧めます。また、失業・倒産のケースは『国民年金の免除認定』を申請すれば該当認定理由です。しかし両者が免除申請or障害年金支給要件(奥さんの扶養関係)or免除の種類(半額免除なんて最近またまた《木に竹を接ぐ》的法改正があり)など、詳細をじっくり考慮した方が良いでしょう。

取敢えず、お2人は年金加入期間面では「いい処」行ってます。ご主人奥さんとも、あと約9年の加入期間を満たせば最低受給資格の”25年”ですから。あと9年ですよ!ちなみに加入期間を埋めるには、納付以外に《免除・カラ期間》があり。(いい処行って無い例:(1)36歳で1月も納付無しは、65才の前月までの納付続行が決定してる、15年後にも支払う過酷な運命が。(2) また25年の最低用件を満たす為に65才以降の特例高齢任意加入して毎月納付を継続。残り数ヶ月で受給可能なのに、その前に不運にも亡くなる方もいらっしゃる。)

最後にQ 厚生年金加入中の奥さんは「第3号被保険者」認定が3年だけですか?(奥さんの国年が3年とあるので)扶養に入ってませんでしたか?会社の扱いは?(違法な条件:奥さんの扶養をハズしてくれればあなたの厚生年金を継続する:など)もし、可能なら第3号保険者扱いに(1号→3号に)遡及可能もあるでしょう。(納付済みなら還付され返金されます)

この回答への補足

ありがとうございます。個人的なことに懇切丁寧にお答えいただき本当に感謝いたします。さて、妻は結婚する前に1年間国民年金に入っており、結婚後は会社の都合で半年、今回の1年半の計2年間国民保険に入りました。総計3年です。結婚後は私の扶養下にあり、一度も働いていません。会社は消費税社会保険等この2年間ほとんど払いきれておりません。

補足日時:2002/04/03 00:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

公的な機関にたずねても愛想ない対応が多いのにこなにも詳しく書いていただいて恐縮です。ところで妻の年金に誤りがあったので訂正します。共済に8年、厚生に2年、国民年金に11年半です。私の扶養に入っている期間を省いていました。

お礼日時:2002/04/03 15:37

健康保険については、任意継続が切れたら国民健康保険に加入することになります。


これは、国民皆保険の趣旨から、加入する必要があります。
奥様とお子様も、当然ですが一緒に加入することになります。

年金については、現在の国民年金を継続すると共に、月額400円の付加年金に加入するか、国民年金基金に加入されると、将来の受給額が殖えます。
付加給付も国民年金基金も、国の補助がありますから、加入されれば、それだけ有利になります。
これは、ご本人と奥様が加入することになります。

年金は、各種の年金制度を通算して、最低25年間加入しないと受給資格が得られませんが、今のまま継続すればこの点は問題ありません。

付加給付も国民年金基金についての詳細は、下記のへージをご覧ください。

付加年金
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/nenkin/fukan …

国民年金基金
http://www.npfa.or.jp/

参考URL:http://www.city.shijonawate.osaka.jp/shijonawate …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/04/03 00:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民年金基金の中途脱退時の受取額

事情がありまして、3~5年間、厚生年金なしの職場で働くことになりそうです。
その間だけ、国民年金基金に入ろうかとも思うのですが、基本的には中途脱退はなしというものらしいので(でも1号以外になったら脱退せざるを得ないと思うのですが…)、3~5年間払った場合の試算ができず、困っております。

国民年金基金の中途脱退時の受取額はどのようになっているのでしょうか。

Aベストアンサー

>今35歳の私があと25年(略)それとも中途脱退は、もっと減らされてしまうのでしょうか。
国民年金基金は民間の個人年金保険とほぼ同じ仕組みです。
掛け金に運用期間による(利息相当分)加算があり、10年加入後に脱退し30年経過した場合と、50才を過ぎて基金に加入し10年間掛け金を納付した場合では、受け取る年金額が異なります。

したがって、半分の12年半加入して脱退した場合は半額以下になる事はありません。
逆に、47才6ヶ月で加入し60才まで納付した場合は年金額が少なくなります。

Q厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金

厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金
過去(5年・7年ほど前)に2度失業した時期があり、本来ならば、国民年金に切り換えの手続きをしなければならなかったのですが、
手続きを怠ってしまい、2年ほど、年金の空白期間ががあります。

その当時、年金免除制度を知らなかったため、手続きをしていれば、よかったのですが、過去2年以上前のものは支払いができないとの事と聞きました。今からその分を埋める事はできないのでしょうか。

将来的に年金を受け取る時は、満額納めていた場合から、2年分を減額?、それはどのくらい減額されるもなのでしょうか
(無知なため、質問内容も雑ですが、必要な情報がないと答えられない等がありましたらすみません)

Aベストアンサー

・60歳以降から、国民年金の任意加入を行なう事により、2年分の未納分を支払、満額受給にすることは可能です
・法改正で、過去2年間→10年間に延長、する予定だそうです・・法案が通れば変更になります・・現在時点では時期は不明です(今年か来年?)

・2年分の減額は・・満額に対し5%です(480ヶ月の内、24ヶ月未納で456ヶ月の支払がある場合)
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi02.htm

Q国民年金基金脱退

個人事業主です。
事業が厳しいので国民年金基金を脱退したいと考えています。口数をはっきり把握していないのですが、毎月2万5千円収めています。

年金基金を脱退したら一時金を支給されず、老後支給される旨は調べました。※年金基金脱退後、付加保険料を納めていきます。

脱退をできないという意見もありますが、実際どうなのでしょうか?
引っ越しをします(都道府県ごと移動)。引っ越ししたら地域の年金基金から抜けるので脱退が可能だとも聞きました。

Aベストアンサー

保険料の納入停止をいう手があります。
任意脱退ができないので「今は払えないが、払えるようになったらまた払う」という考え方でいけると思いますよ。
一度基金のほうに相談されたらどうでしょうか?

Qどの年金が得? 共済年金、国民年金とか厚生年金の違い

共済年金 国民年金 厚生年金の違いがわかりません。
国民年金は、大赤字で将来の年金額があやういと聞いています。

昨日の朝日新聞記事では、

国家公務員OBに年金給付を行う国家公務員共済組合連合会は3日、旧共済年金の基礎年金相当部分の給付財源となる「基礎年金交付金」が1986~2008年度に計約164億円多く受け入れていたと発表した。

 交付金の請求額を算定するプログラムにミスがあり、社会保険庁が交付金を多く支払い過ぎていた。今年3月の検査で発覚し、個人の支給額に影響はないという。同連合会は受け入れが過大だった分に運用収入を加えて全額を返還する。


となってたんですが。なんか納得いきません。なんで、こんな長年多く支払過ぎてたのか?気付かない?個人の支給額に影響ないってどういうこと?多く支払過ぎた分はどこに消えた?全額返還って?いつまでに返還するの?
全然ニュースとかで詳しく報道しないからわからないで、すーっとその時限りになってしまわないのか・・・・・。


あ=、すごい損してるような気がする。

まったくもって意味わからず、国民年金とか厚生年金の人が・・・・で
共済年金の人は得するってことないのですか?

掛け金とか制度がちがうのですか?

共済年金 国民年金 厚生年金の違いがわかりません。
国民年金は、大赤字で将来の年金額があやういと聞いています。

昨日の朝日新聞記事では、

国家公務員OBに年金給付を行う国家公務員共済組合連合会は3日、旧共済年金の基礎年金相当部分の給付財源となる「基礎年金交付金」が1986~2008年度に計約164億円多く受け入れていたと発表した。

 交付金の請求額を算定するプログラムにミスがあり、社会保険庁が交付金を多く支払い過ぎていた。今年3月の検査で発覚し、個人の支給額に影響は...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。お礼文に回答します。
>なんでそんなにでたらめなんでしょうか・・・・
国民が無関心、役人任せであったからです。

以下は私の無責任な推測ですから、そのおつもりで…。
そもそも、年金制度は戦前軍事費用を捻出するために、役人が考えだしたのです。ドイツでは、あの有名な鉄血宰相といわれたビスマルクが福祉政策の一環として始めました。しかし、福祉とは名ばかりで、老齢年金の受給開始年齢を、当時の平均年齢をはるかに超える年齢に定めました。従って、国民は保険料だけ取られるが、年金の受給はできない者が大多数でした。要するに、掛け捨て状態ですから、国は儲かります。儲けたお金を軍事費に回し、世界大戦を始めたのです。
我が国もそれをまねて、初めは勤労者の一部だけが対象でしたのを、太平洋戦争たけなわの頃、膨れる軍事費の原資として、女性等被保険者を広げ、保険料収入の増大を図ったのです。そのお金を戦艦「武蔵」の建造に役立てたのでしょう。

年金制度は、当時では保険料を徴収しても、年金を支払うのはまだまだ先の事です。即ち、集めたお金の使い道に困る状況でした。まして、戦争が終わると、年金を扱う役人は、そのお金は自分のものであると錯覚したのでしょうね。使うのは自分らの役得か既得権あるいは権利それとも義務?であると。
一方国民は、特に若年層は給料から勝手に引かれていても、他人事の感覚ですから、役人は自由奔放にやれたのです。しかも、問題が起こるのはズート先のこと、自分らはその頃は退職しているのですから、無責任もいいところですね。

現在になって、高齢化社会を迎えました。年金を受ける者が増えてきたのです。ここでやっと、我々国民は年金制度の、その運用の実態の問題点に気付き、大きな社会・政治問題になったのです。
結局、過去の役人のデタラメ仕事の尻拭いをさせられているのが、今の社会保険庁といえるでしょうね。

戦線後一貫して知らぬ存ぜぬで、役人任せにしていた我々国民の責任は大きいと思いますよ。もっとも戦前はお上の批判なんかすると、直ちに特高にしょ引かれ牢屋に放り込まれた時代ですから無理もないかな。

No.1です。お礼文に回答します。
>なんでそんなにでたらめなんでしょうか・・・・
国民が無関心、役人任せであったからです。

以下は私の無責任な推測ですから、そのおつもりで…。
そもそも、年金制度は戦前軍事費用を捻出するために、役人が考えだしたのです。ドイツでは、あの有名な鉄血宰相といわれたビスマルクが福祉政策の一環として始めました。しかし、福祉とは名ばかりで、老齢年金の受給開始年齢を、当時の平均年齢をはるかに超える年齢に定めました。従って、国民は保険料だけ取られるが、年金の...続きを読む

Q国民年金基金を脱退した場合

30代の自営業者です。
いずれ会社に就職しようかと思っています。
その場合、基金から脱退することになると思うのですが、基金に支払った保険料は無駄になるのでしょか?あるいは、脱退しても支払われる年金に上積みされるのでしょうか?

Aベストアンサー

国民年金基金は、国民年金の保険料が免除された場合などを除き、自分の都合で脱退することはできませんが、厚生年金に加入すると脱退となります。
今まで払った掛け金は、払った金額と期間によって、将来、年金として支払われますから、無駄にはなりません。

Q国民年金と厚生年金と共済年金

共済年金10年加入、厚生年金12年加入、国民年金(1号及び3号)20年加入
この場合受給はどの年金になるのでしょうか?
国民年金になり安価な受給額になってしまうのですか?
年金は年々条件が悪化し今後どのようになるのかは置いておき
現状の規則ではどのように扱われるのでしょう?

Aベストアンサー

>共済年金10年加入、厚生年金12年加入、国民年金(1号及び3号)20年加入

・国民年金が40年分(上記どれかの年金に20~60の間加入していた場合)
・共済年金10年分
・厚生年金12年分

が受け取れるものです。国民年金は共済年金や厚生年金加入期間中も2号被保険者として加入しています(20~60才の期間のみ)。

3号加入期間があるということは婚姻していて配偶者が厚生年金や共済年金の加入者でしょうか?
だとすると、共済や厚生年金の加入期間が20年に満たないのはgoodです。
(20年以上の加入期間があると配偶者がもらえる加給年金が出なかったりするので)

Q国民年金基金について

現在国民年金と国民年金基金の2つを払っているのですが、今度厚生年金に加入することになり国民年金はまだしも国民年金基金は脱退して厚生年金に加入することができるのでしょうか?前の会社で国民年金基金は良く分からないようだったので今回もよく分からないのではないかと思うのですが・・・・

Aベストアンサー

厚生年金になった場合には国民年金基金の加入資格は喪失することになるので同時加入はできなくなるでしょう。

参考URL:http://www.npfa.or.jp/b/b_top.html

Q夫90歳、妻87歳の二人家族です。生活は夫の厚生年金と妻の国民年金でま

夫90歳、妻87歳の二人家族です。生活は夫の厚生年金と妻の国民年金でまかなわれています。

妻は別世帯の長男の所得税法上で、扶養家族となっています。 

夫の厚生年金受給額は年間200万円弱です。妻の国民年金受給額は年間30万円ほどです。 

この場合、夫が亡くなった場合、妻に遺族年金の受給資格が有りますでしょうか?

長男の扶養家族となっていることが何か受給に関して、障害となりますでしょうか?

どなたかお教え下されば幸いです。

Aベストアンサー

後期高齢者医療の保険料について(補足)
現在、世帯主の年金から医療保険料を源泉徴収で引かれている筈ですが、これはご主人亡き後は世帯主が貴女になる場合貴女の年金から差し引く事に(年間年金額が18万未満なら別)
お子さんの扶養なら、お子さんの所得から控除可能と見ます(所得税法改正で、扶養控除は廃止になりました)

Q国民年金基金

国民年金基金

国民年金基金
上乗せ年金として任意加入で基金に入りました当時の説明ではいつでも解約できる
から安心して入りましたが・・・収入が減ったので
脱退して何年も掛け続けたお金を解約したいといったら出来ませんと
いわれました。それならば前借は出来るのでしょかご教示ください。

投稿日時 - 2010-07-13 12:47:59

Aベストアンサー

国民年金基金には、私も加入しています。高い買い物ですので、加入に際しては、何度も電話で確認し、また、家にもよんで説明してもらいました。何時でも解約できると言うのは間違いです。何時でも解約できる方法があるのは確です。
退会しなければならない事項は何点かあります。その中に、国民年金の減免をうけたり、未納になったら退会になります。国民年金を払わず、国民年金基金を退会してから、さかのぼって国民年金を払えばよいことになります。また、そんな面倒なことをしなくても、払えなくなったら、口数を減らし、それでも払えなければ、単に払わなければいいだけです。
国民年金に加入し、さらに国民年金基金に加入してから、厚生年金等の別の公的年金に加入すると退会です地域型だと、他の地域に移動すると退会となり、そこで加入しない方もいます。ところが、掛け金は返さずに、それを運用して、年金としてしか支給されません。国民年金基金の加入者数は、ひところよりは減少していますが、支給者が少ない現時点では、年金支給の対象者の数は増え続けています。
前借の制度はありません。年金として支給を待つだけです。ただし、国民年金基金の資産運用は良くありません。運用悪化で立ち行かなくなると解散となります。その場合は、掛け金総額の何分の一かは帰ってくるかもしれません。

国民年金基金には、私も加入しています。高い買い物ですので、加入に際しては、何度も電話で確認し、また、家にもよんで説明してもらいました。何時でも解約できると言うのは間違いです。何時でも解約できる方法があるのは確です。
退会しなければならない事項は何点かあります。その中に、国民年金の減免をうけたり、未納になったら退会になります。国民年金を払わず、国民年金基金を退会してから、さかのぼって国民年金を払えばよいことになります。また、そんな面倒なことをしなくても、払えなくなったら、口数...続きを読む

Q年金手帳を紛失。現在共済組合、以前厚生年金と国民年金の期間ありです

現在は共済年金に加入しています。
学生時代には国民年金、転職前に厚生年金に加入しており、
オレンジ色の手帳を持っていました。
(共済年金では、手帳は発行されていません。)

さて、年金手帳を盗難により紛失してしまいました。
第2号被保険者の年金手帳再交付の場合は勤務先経由で申請と聞いていますが、
私のような、過去に国民年金と厚生年金の加入期間があり、
現在は共済年金に加入している場合はどこに申請したらよいか分かりません。

申請先や申請書の記入方法についても、年金ダイヤル、社会保険事務所、
勤務先人事担当で回答が異なっています。

正しい申請先・記入方法をご存知の方や同じようなケースで再発行された方、
どうぞご教示くださいませ。

○再交付申請書の項目で、どう記入してよいか分からない部分

・エ 最初に被保険者として使用されていた事業所の名称
・オ 現に被保険者として使用されている(又は最後に被保険者として使用された)事業所の名称、所在地
・カ 現に加入している(又は最後に加入していた)制度の名称及び取得・喪失年月日
・キ 事業主の証明欄

各問合せ先の回答は下記のとおりです。

○年金ダイヤルの回答
<提出先>直接社会保険事務所に送付。
<申請書記入項目>
エ・・・厚生年金時代の勤務先
オ・・・現在の共済年金
カ・・・現在の共済年金
キ・・・空欄でOK

○社会保険事務所の回答
<提出先>勤務先
<申請書記入項目>
エ・・・厚生年金時代の勤務先
オ・・・現在の共済年金
カ・・・現在の共済年金
キ・・・現在の共済年金の証明が必要

○勤務先の回答
<提出先>社会保険事務所に直接。
(共済年金のみに加入していたのであれば基礎年金番号通知書再交付申請書で勤務先に提出でよいが、
過去に厚生年金に加入していたので社会保険事務所に直接送付すること。)
<申請書記入項目>
過去に事例がないため、年金ダイヤル、社会保険事務所もしくは市町村に問い合わせること。

○居住地の市役所年金担当の回答
<提出先>直接社会保険事務所
<申請書記入項目>
エ・・・厚生年金時代の勤務先
オ・・・厚生年金時代の勤務先
カ・・・厚生年金を選択
キ・・・空欄
(市役所担当者の説明補足)
基礎年金番号通知書再交付申請書は、厚生年金や国民年金に加入したことがなく、
共済年金にのみ加入した人用のため今回は使用できない。


なお、年金番号は分かっており、国民年金、厚生年金、共済年金は一つの番号で統一済みです。

どうぞ宜しくお願いいたします。

現在は共済年金に加入しています。
学生時代には国民年金、転職前に厚生年金に加入しており、
オレンジ色の手帳を持っていました。
(共済年金では、手帳は発行されていません。)

さて、年金手帳を盗難により紛失してしまいました。
第2号被保険者の年金手帳再交付の場合は勤務先経由で申請と聞いていますが、
私のような、過去に国民年金と厚生年金の加入期間があり、
現在は共済年金に加入している場合はどこに申請したらよいか分かりません。

申請先や申請書の記入方法についても、年金ダイヤル...続きを読む

Aベストアンサー

様式は http://www4.sia.go.jp/sinsei/iryo/format/24.pdf の
とおりです。
よく見るとわかりますが、現に共済組合に加入している人は、
エ・オ・キ・クの記入は不要、と記されています。

したがって、カ(現に加入する制度=共済組合)を示せば足り、
そのために、共済組合の組合員証を添付する、ということになります。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報