空気清浄機にマイナスイオンが発生する物を購入しました、よく中を見ましたら3cmぐらいの金属にどうもかなり高めの電気を流して静電気が起きているような音が聞こえています、人から微量であれば害は無しと聞きますがこのぐらいの発生機であれば24時間枕元に置いていても害は無いのでしょうか?、イオンの噴出し口に鼻を近づけるとこれがイオンなのかわかりませんが匂いがします、森林の多いところでは多量のオゾンがあり体をリフレッシュするようなことが書いてあります、本当にこんな簡単な機械からオゾンが発生し体に良いのかまた悪いのかどちらなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

これは「コロナ放電方式」といわれるイオン発生器です。

針先に高電圧を印加することで、イオンを生成します。と、同時にオゾンを副生します。オゾンの量は印加電圧と電極形状に依存します。オゾンの有害性は先の方も述べていますが。規制値があり、60PPBを上回らないようにしなければなりません。あなたが感じたニオイはコピー機からのニオイと似ていませんか? これがオゾンのニオイです。「マイナスイオンは体にいい」と言われていますが、今日まではっきりしたデータが得られていないのが現実です。一方、オゾンの有害性は明白です。従って、ずーっと運転させるのは好ましくないと思います。「マイナスイオン」の効果は精神的なものとお考えの上、気分で使用するのがよいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

発生器についてはよくわかりませんがオゾンは生物には有害なはずですよ。


ちなみに酸素も有害です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q対流圏オゾンと成層圏オゾンの違い

成層圏に分布するO3は紫外線を吸収する一方、
対流圏のO3は赤外線吸収をするため、温室効果を持つそうですが、

成層圏と対流圏のオゾンはなぜ吸収波長が違うのですか?

また、対流圏オゾンのうち、「炭化水素、NOx、可視光線」で生成される過程(光化学反応?)について詳しく教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

大気化学を少しはかじったのですが、様々な素反応が組み合わさった反応サイクルが数多くあり、どこまでを「過程」としてくくったらいいのか私にはよくわかりませんが、一応回答してみます(^^;

NOx、可視光線が関与するサイクルに、NO2の光解離が引き金となる
「NO2-NO-O3サイクル」(1~3)というのがあります。
1)NO2+hν→NO+O
2)O+O2+M→O3+M  (Mはエネルギーを受け取る適当な物質)
3)NO+O3→NO2+O2

見てのとおり、オゾンは反応2で生成します。

この反応サイクルに「炭化水素が関与してNOをNO2に変える反応」が
加わると、オゾンが消費されなくてもNO2が生成する「別経路」となり、
オゾンが蓄積します。

「別経路の一例(・OHは触媒)」
4)R-CH2-H + ・OH → R-CH2・ + H2O
5)R-CH2・ + O2 → R-CH2-O-O・(過酸化炭化水素ラジカル)
6)R-CH2-O-O・ + NO → R-CH2-O・ + NO2
7)R-CH2-O・ + O2 → R-CHO + HO2・(過酸化水素ラジカル)
8)HO2・ + NO → ・OH + NO2

これらが、対流圏オゾンが「炭化水素、NOx、可視光線」で生成される過程と言えると思います。しかし、炭化水素が関与してNOをNO2に変える反応は、炭化水素の種類によっていくつかのパターンありこの例が全てではないのでご注意を。

大気化学を少しはかじったのですが、様々な素反応が組み合わさった反応サイクルが数多くあり、どこまでを「過程」としてくくったらいいのか私にはよくわかりませんが、一応回答してみます(^^;

NOx、可視光線が関与するサイクルに、NO2の光解離が引き金となる
「NO2-NO-O3サイクル」(1~3)というのがあります。
1)NO2+hν→NO+O
2)O+O2+M→O3+M  (Mはエネルギーを受け取る適当な物質)
3)NO+O3→NO2+O2

見てのとおり、オゾンは反応2で生成します。

この反応サイクルに「炭化水素が関与し...続きを読む

Qオゾン発生器について

厨房の排水処理のグリストラップにオゾン発生器を使用し、処理しています。最近、オゾンのニオイが気になりだしました。
オゾンが臭うというのは、人体に影響ありますか?
オゾンは、空気中にもれるとどのような反応になっていくのでしょうか?

Aベストアンサー

オゾンの臭いが気になるという程度では、そんなに大したことはありません。過敏な人は0.01ppm程度でも気になる事があるからです。刺激を感じるとか、息苦しいとかであれば、一度販売店に相談して濃度を測ってもらうのも良いかも知れません。

ちなみに、臭いが気になるのは店に来た時くらいですか? それとも、常にですか? 一度、臭うと聞いて見てみたら(どこが付けたか不明の機械で、知り合いの店からの相談)、オゾン発生器から伸びているパイプが外れており、ダイレクトにオゾンが店内に流れ出している状態でした。外れているから臭うようになったと言う事もあるのです。

ただ、どちらにしても「まともに機械が働いているのなら」、少なくとも営業中に臭いが気になって仕方がないとか言う事は、特殊な使い方でもしていない限り普通は無い事です。

また、グリストラップのオゾンによる改善は、グリストラップに寄りけりな部分があり、十分にサイズが大きく深さも十分であればそんなに問題はありませんが、ビルの中野厨房に見られがちな、浅い(しかも小さなものは特に)グリストラップでは、パイプの穴を小さめにたくさん開けてエアの流量を増やす事をしないと十分に反応する事が出来ませんので、通常のもののように設置をすると臭いが気になって仕方がないかも知れません。

まとめると、臭い以前にまず、

 1.パイプが外れてないか、十分にぶくぶくしている状態か?
 2.営業中まで臭いが気になるか?
 3.刺激を感じるほど酷いのか?
 4.グリストラップは浅型ではないか?

などが判ると、具体的にどうしたらよいのかが検討できると思います。

人体への影響は、他の方が書いている通りですが、少なくともパイプが外れたりしていない限り、0.1ppmを超えるような状態になっている事などは普通はありませんよ。

オゾンの臭いが気になるという程度では、そんなに大したことはありません。過敏な人は0.01ppm程度でも気になる事があるからです。刺激を感じるとか、息苦しいとかであれば、一度販売店に相談して濃度を測ってもらうのも良いかも知れません。

ちなみに、臭いが気になるのは店に来た時くらいですか? それとも、常にですか? 一度、臭うと聞いて見てみたら(どこが付けたか不明の機械で、知り合いの店からの相談)、オゾン発生器から伸びているパイプが外れており、ダイレクトにオゾンが店内に流れ出している状態で...続きを読む

Qアンモニウムイオンから亜硝酸イオン、そして硝酸イオンへの反応をストップするためには?

河川水などをサンプリングした後に、アンモニウムイオンから亜硝酸イオン、そして硝酸イオンへの反応をストップするためにはどうすればいいのですか?ニトロソモナスやニトロバクターを殺して?しまえば反応は化学的には起こらないのでしょうか?その場合、どんな化学薬品を入れれば微生物の活動を止めれるのでしょうか?アジ化ナトリウムでしょうか?基本的な質問で申し訳ありません。教えてください。

Aベストアンサー

> どんな化学薬品を入れれば微生物の活動を止めれるのでしょうか?

日本工業規格の工業排水試験方法(JISK0102)によれば、試験液を
保存する場合、
 ◎アンモニウムイオン・有機態窒素・全窒素の測定用:
  塩酸又は硫酸を加えてpH2~3に調整
 ◎亜硝酸イオン・硝酸イオンの測定用:
  試料1Lにつきクロロホルム約5mlを添加
した上で、0~10℃の暗所に保存、とされています。
(短日数の場合は上記処理なしでの0~10℃での暗所保存も可)
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=3674
(「規格の閲覧」のところのpdfファイルへのリンクで、内容を確認できます。
 4頁目の「3.3 試料の保存処理」のところ(窒素関連は4~5頁目))

採水地点から実験室までの移動の間にも確かに窒素の存在形態は
変化すると思いますが、微生物による消費は、溶存酸素測定における
「大気中への放出の影響」(→その場で酸素固定を行う必要がある)ほど
クリティカルではない、ということではないでしょうか。
(室温程度でのアンモニウムイオン等の半減期の大まかな値がわかれば
 よかったのですが、ちょっと見つからず・・・(汗):
 試料内の微生物種などによって大幅に変化するかもしれませんが)

どうしても気になるようでしたら、実験室に持ち込んでからの各窒素の
経時変化を一度追ってみるのもいいかもしれません。
(1時間、2時間、4時間、8時間、24時間、で測定して、大まかに
 半減期を出してみる、と:
 上記の通り、比較的変化が小さいと思われることから、ある程度
 加温した条件のサンプルも必要かもしれません(汗))

> どんな化学薬品を入れれば微生物の活動を止めれるのでしょうか?

日本工業規格の工業排水試験方法(JISK0102)によれば、試験液を
保存する場合、
 ◎アンモニウムイオン・有機態窒素・全窒素の測定用:
  塩酸又は硫酸を加えてpH2~3に調整
 ◎亜硝酸イオン・硝酸イオンの測定用:
  試料1Lにつきクロロホルム約5mlを添加
した上で、0~10℃の暗所に保存、とされています。
(短日数の場合は上記処理なしでの0~10℃での暗所保存も可)
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=3674
(「規格の閲覧」の...続きを読む

Q同じ面積の海と、森林とでは、どちらがCO2吸収の量が多いでしょうか?

同じ面積の海と、森林とでは、どちらがCO2吸収の量が多いでしょうか?

Aベストアンサー

CO2吸収量は気候に大きく影響を受けますが、一般的には以下の通りです。

陸地の森林や草原:
   熱帯雨林は 1年間に 1haで100トンの二酸化炭素を吸収する。
   温帯林は  1年間に 1haで 58トンの二酸化炭素を吸収する。
   寒帯林は  1年間に 1haで 22トンの二酸化炭素を吸収する。

海の海草や(プランクトン):
   熱温寒平均 1年間に 1haで 17トンの二酸化炭素を吸収する。
   河口近く  1年間に 1haで 24トンの二酸化炭素を吸収する。
   沿岸部は  1年間に 1haで 12トンの二酸化炭素を吸収する。

よって陸地の森林の方がCO2吸収量が多いことになります。

Q地球の森林全体から放出される酸素量

地球の森林全体から1日に放出される酸素量はどれくらいなのでしょうか?・・・億t?
概算が載っているURLなどはありませんか?

Aベストアンサー

地球環境 Vol.9 No.2 「衛星データを利用した全球一次生産の推定:陸域生態系の純一次生産量の分布」

PDFファイルの下のほう(6/8ページ)に表があります。NPP総量がそれぞれの群系で固定された炭素であり,光合成による二酸化炭素の吸収と酸素の放出がモル比で等しいとすると,NPP×32/12が放出された酸素の質量だと思います。

常緑広葉樹林でNPPが11.94Pg(ペタグラム)なので酸素放出量は31.84Pgでしょうか。1Pg=10^15g=10億トンで換算すると318億トン。
他の森林も足せば答えが出ますが,何せ見たばかりのデータなので勘違いや計算違いとかがあるかもしれません。

参考URL:http://www.airies.or.jp/publication/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報