私は語学の勉強もかねて英語のサイトよく見てます。日本の雑誌のサイトなどではほとんど目次だけで中身までは無料では読めないようになってます。当然です。
ところが英語の雑誌のサイトは何らかの形でかなりの部分が無料で読むことが出来ます。ウレシイナ。雑誌の売れ行きに影響がないのか心配です。サイト維持するだけでもかなりの金がかかると聞いてます、ボランティアの精神だけでは生きていけません。何らかのメリットがあるからこそ無料で利用できると思うんですがどうしてでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本語のサイトでも、例えば新聞各社のサイトは本紙記事のかなりの部分が読めますよね。


サイト維持にはもちろん費用がかかる訳ですが、その捻出には、

1)サイトを雑誌/新聞の販売促進のためのメディアと位置付け、本体の販促費から割り当て
2)サイト内へ広告出稿を募集し、広告主から料金を取る
3)サイト内に有料コンテンツを設置し、ユーザーから利用料を取る(有料会員だけがバックナンバーを読める、など)

といった方法が取られています。

1)の場合、見出ししか掲載されていないと購入への興味が湧かない場合もありますよね。逆に、中身が充実し過ぎて(?)いると、売れ行きに影響を与える可能性ももちろんあるでしょう。サイトをどういう風に使うかは、出版社(新聞社)によって様々なのが現状です。

この回答への補足

結局お金になっていると考えていいんでしょうか?

補足日時:2002/04/03 13:31
    • good
    • 0

同じ疑問を持っているのですが、どうやら、この世界、信用度や公開度がモノを言うみたいです。

集めた情報を公開することによってさらに情報が集まる。もちろん、それまでとは違った情報が集まるようになるようです。
    • good
    • 0

英国ですか米国ですか?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報