最新閲覧日:

先日、弟が無保険加入者同士の衝突で車の修理に50万かかったそうです。
過失が半々だし、自分にも落ち度があったのだから仕方ないのですが、ところが
今度は親が不注意で塀で自分の車をこすってしまったのです。母が昔からかけていた保険で車の修理ができたそうです。年間3万円くらい払っているらしいのですが、そんな「自分の車を傷つけて出る保険」なんで虫のいい保険、あったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (6件)

sagisiさん、こんにちは



ただし、車両保険のみは加入できません
対人、対物、自損などの他に任意保険とセットにして入るのが普通です

これを機に、しっかりと他の保険も考えてみてはいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本当に保険に疎いんです。情けない。勉強します。

お礼日時:2002/04/03 17:39

 車両保険には、大別して、車との衝突だけを担保する「車体車」、単独事故や悪戯盗難なども担保する「一般」という区分があり、保険料は相応に高くなります。


 最近ではなんちゃって盗難が多いようで、保険会社やとくに共済によっては300万円以上はお断り、などという世の中になっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。いたずらされた時にも使える保険もあるんですね。
勉強になりました。

お礼日時:2002/04/03 17:34

新車の時には加入する方が多いですが、時間がたつにつれて、入らない方が増えるのが車両保険です。

無事故の期間が長いと、「無駄」に思えてしまうのでしょう。しかし、いざ事故が起こると、ひじょうにありがたい保険です。
保険料を安くした「エコノミー」タイプもありますが、こちらは相手も自動車で、その相手が特定できる場合にのみ払われます。当て逃げの場合はダメです。自分でガードレールにぶつけたのに「当て逃げされた」と言う人が多いからでしょう。
一般の車両保険は、どんな場合にも支払われます。ただし、車種によりクラス分けされており、統計的に事故を起こしやすい車種は保険料も高めに設定されています。
駐車中にイタズラされたとか、対向車の飛び石でガラスが割れたなどの場合にも利用できます。
ただ、バンパーをちょこっとこすった程度で使っても、翌年の割引率に影響しますので、その都度、修理工場と相談されるとよろしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。しかし、やはり保険料は高そうですね。
保険金は欲しいし、保険料は払いたくないし・・・
もっと勉強しますね。

お礼日時:2002/04/03 17:37

任意自動車保険の「車両保険」に加入すると、ご質問の場合のような、いわゆる「自損事故」にも保険が適用されます。


この場合、免責金額(決めて金額以下の損害の場合は保険が使えない)を高くするとも保険料が安くなり、免責金額を低くすると保険料が高くなります。

どこの損保会社でも扱っています。
又、既に加入している任意自動車保険があれば、追加で加入できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強不足でした。なるほど・・・・
たかがこすって傷がいった場合など1万円からでも保険を適用しようと思ったら
保険料が高くなるんですね。勉強してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/03 17:33

 自動車保険の任意保険の車両保険に加入すると、自分の車を自分で傷つけた場合にも保険の対象となります。

車両の査定価格程度の保険金として加入しますので、査定価格が高ければ当然保険料も高くなります。詳細は、最寄の保険会社や自賠責を扱っている会社、自動車販売店などに問い合わせてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強不足でした。やはり保険料も高いんでしょうね。調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/03 17:29

車両保険に入るというのは、どうでしょう?「事故後、自己負担金を0円」にして入ると かなり高いですが、50万とか支払うよりは全然安いと思いますが・・・。

天災などでも支払われる保険などありますので「車両保険」で検索して、ご自分の車両に合ったお好みのものをお探しになってみては?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強不足でした。車両保険というのがあるんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/03 17:28

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ