あるデータ(気温・湿度・気圧等)を複数の計測器で同期間,ほぼ同じ条件で測定しました.
すると,計測器によっても値はさまざまで,同じ計測器でもセンサーによって値はさまざま,という結果になりました.
時系列で図にプロットしてみると同じような傾向は出ているものの,偏差が大きくて困っています.
そこで偏差を小さくする方法として,隣接平均を行いました.隣接の幅を大きくすれば当然データの偏差は小さくなるのですが,他にも良い方法はないのでしょうか?
どなたか時間のある方教えて下さい.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 なぜ複数の測定器をお使いなのか、がまだ疑問ですが、多分複数の場所で計測を行うための準備をなさっているんでしょう。


 時間平均をしてしまうと、「時間分解能」が損なわれます。測定の目的に照らしてそれで構わないのであれば、初めから「時間平均したものを、その測定器の測定値とみなす」と決めてしまえば良いんです。しかし時間分解能が必要なら、「測定結果の相関図に近似曲線を引く」のに時間平均を使うのは適当とは言えません。
 どちらにせよ、近似曲線を引くのには、近似曲線を数式でモデル化してfittingを行うのが良いと思います。すなわち横軸xに「較正しようとする測定器による測定値」、縦軸yに「基準となる測定器による真値」をプロットして、y = f(x)+ランダムノイズ (fはたとえば低次の多項式です)というモデルを考え、fのパラメータ(多項式なら、各係数)を最小二乗法で算出します。さらに、このときの残差 (y-f(x))をプロットして、変な癖がないかどうかを検証します。もし癖があればモデルが不適当なのであり、たとえば多項式の次数を上げてみたり、log(x)とlog(y)でやってみるなどが考えられます。癖がないランダムノイズになれば成功です。これでxが分かればyが推定できるようになり、さらに推定したyの値に含まれる誤差が推定できます。(注意:yからxを出す場合にfの逆関数を使うのは間違いです。従って、fのパラメータを決める時に、横軸xと縦軸yとを取り違えないようにすることが重要です。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!
詳細な解説,本当にありがとうございます.
最小二乗法による近似曲線の算出は経験ありましたが残差によって癖を見るという事は知りませんでした.
なんとかモデル関数を作ってみます.
時間分解能については,恐らく相関係数を優先するあまり無視してしまっていた事だったので,これも再検討してみます.
どうもありがとうございました.

お礼日時:2001/01/06 20:13

どうも質問者の状況を把握しかねています。

補足をお願いします。
(1) 同じ物を同時に測っても複数の測定器ごとに値が違う、という問題
(2) 同じ物を同じ測定器で繰り返し測ると、繰り返すごとに値がばらつく、という問題
(3) 同じ物を同じ測定器で間をおいて測ると、測定時刻によって値が滑らかに変化せず変動が大きい、という問題
これらはそれぞれ別の問題ですが、質問の中で仰っている「偏差」とはどの意味でしょうか?
「隣接平均」と仰っているのは、(3)に関して、同じ測定器で測った一連のデータを時間軸方向に平均して均す、という操作のことかと思います。またzouyuriさんの回答に対するお礼で仰っている「校正」は(1)の話ですよね?校正は、校正用データさえ取っておけば、あとは測定結果のデータに対して後処理で行えますから機器が古くても実行できます。校正方法について興味がおありでしょうか?

この回答への補足

言葉足らずで申し訳ありません.
stomachmanさんの言うように,(1)の問題が発生しています.
また,隣接平均とは同じ測定器での時間平均を意味しています.stomachmanさんの推測された通りです.
今,二つの測定器(一つは偏差の大きいもの,もう一つは真値と仮定しているもの)で測定結果の相関図に近似曲線をひいて,この近似関数を用いて補正しようと試みています.
この近似曲線をひく時に,偏差が大きいとどうしても相関係数が小さくなってしまいます.そこで,偏差を小さくする方法として隣接平均を用いたわけですが,もっと別の方法があるのではないかと疑問を持ったわけです.
何か助言があればお願いします.

補足日時:2001/01/06 17:41
    • good
    • 0

 仕事柄、「管理図」というものを作っています。


データが複数できる計量値については、x-bar管理図というものを使用しています。
 これは、計量値の平均値をプロットするものです。

また、平均値を計算せず、メジアン値をプロットする方法もあります。

 どの程度の誤差が生じているのか、分からないので、参考程度としてください。

 また、計測器の校正を考えてみるといいかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
メジアン値というのが聞きなれない言葉だったのですが
自分で勉強してみます.

お礼日時:2001/01/05 21:17

複数の計測器・センサーで同期間・ほぼ同じ条件で測定されたのでしたら、得られる結果は『測定器の誤差』ぐらいだと思うので、偏差を小さくするには測定器の校正をしたりノイズ対策をするべきだと思いますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい.(^^ゞご指摘ありがとうございます.
ただ,ちょっと型式の古い計測器だったもので校正という方法がとれずにいるのです.
そこで比較的,値の確からしい新鋭器(これもちょっと古いですが)と相関を上手くとれれば使えるかなぁと思っています.
追加で助言がありましたら物理学の方にでもお願いします.

お礼日時:2001/01/05 21:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q計測器の精度について質問です。 精度の中には、経時誤差の精度(Acc)

計測器の精度について質問です。 精度の中には、経時誤差の精度(Acc)と値の安定性(Sta)がありますが、その違いをもう少しわかりやすく教えていただけませんか? また一般的に測定時に出た値に対して使うのはどちらでしょうか?

また、例えば精度がプラスマイナス10μmの計測器の分解能が1μmという計測器の場合、分解能が1μm単位でも、精度が10μmでプラスマイナス動くのであれば意味がないように感じますが。。。

業界の方にとってはくだらない質問かもしれませんが、ご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

KEN_2 です。
>測定レンジは230μm~2.54mmです。また精度はF.S±0.5%と聞いています。
測定レンジは230μm~2.54mmの間にレンジ切替えがある筈です。???
仮に、2.54mmFS±0.5%のみであれば、約±12.5μmの測定誤差で零点調整が出来ないタイプですので全測定範囲で±12.5μmの測定誤差を測定器メーカはうたいます。

>この場合は、2.54mmを測定した時は、2.54mmの±0.5%=約12.5μmの測定誤差が出ますが、
>仮に500μmを測定した時は、約3μm程度の測定誤差になるということでよろしいですか?
「測定レンジは230μm~」がありますので、測定器メーカは±12.5μmの測定誤差を全測定範囲でとうたい、測定実力は中心測定値付近の1275μm付近が精度が良く、上下限付近で急激に誤差が発生するタイプです。
実力と誤差保証は違いますので、『仮に500μmを測定した時は、約3μm程度の測定誤差・・・』は参考値として捉えてください。
測定器メーカの保証するのは、精度はF.S±0.5%であれば全範囲±12.5μmの測定誤差となります。
あと、隙間ゲージですので、周囲温度の影響が顕著に加わります。
周囲温度管理も重要な要素になります。

>実際に500μmのギャップを測定した時は、498μm~500μmの値を示します。
>よって、Accの範囲内にStaが含まれるような形でしょうか。。。?
再現性の数値から推定して、Staは無視出来る範囲であるので規定していないと判断されます。
 

KEN_2 です。
>測定レンジは230μm~2.54mmです。また精度はF.S±0.5%と聞いています。
測定レンジは230μm~2.54mmの間にレンジ切替えがある筈です。???
仮に、2.54mmFS±0.5%のみであれば、約±12.5μmの測定誤差で零点調整が出来ないタイプですので全測定範囲で±12.5μmの測定誤差を測定器メーカはうたいます。

>この場合は、2.54mmを測定した時は、2.54mmの±0.5%=約12.5μmの測定誤差が出ますが、
>仮に500μmを測定した時は、約3μm程度の測定誤差になるということでよろしいですか?
「測定レンジは230μm~」...続きを読む

Q計測器に付いて

赤外温度計と半導体温度計の原理などがわかりません。
調べても見つからず・・・。
どのようなものなのか教えてください。
または、どのようなものを調べればわかりますか?

Aベストアンサー

>赤外温度計
赤外線温度計のことですか。これならば
原理はこくたい輻射のピーク波長を分光して測っているだけ

半導体温度計
これは.センサーに半導体を使っているということ。
サーミスタとかバリスタとかトランジスタとかの温度特性を使っています。

温度計の離しならば.計量ハンドブックとか.JISの温度計のところとか.窯業・冶金の温度計の部分とか.空気ちょうわかん系とか
ご自身の専門分野に近いところをみれば.大体見当つくかと思います。

Q(x,y)平面内の質点に力F(xy,xy^2/2)でかけられているとき質点が(0,r)から(r,0)

(x,y)平面内の質点に力F(xy,xy^2/2)でかけられているとき質点が(0,r)から(r,0)まで半径rの演習を動く時に力のなした仕事を求めよ。
これが分かりません…

Aベストアンサー

たぶん
(x,y)=(r・cosθ,r・sinθ)
と置いてF・dlをθについて π/4から0まで積分すればいいんじゃないのかな。
ちなみに
dl = (r・sinθ,-r・cosθ)dθ
ベクトルの内積はわかるよね?
だったら計算はできるかと。

Qテスタでn型半導体を計るとき、プローブ端子の正負が抵抗値に関係しますか?

n型のSi基板(厚さ0.7mm)の表面は鏡面研磨してあり、裏面はサンドペーパーで粗く研磨してあります。鏡面研磨にプラス端子、裏面にコモン端子を接触させて抵抗を計ったところ7kΩでした。

次に端子の正負を逆にして計ったら20kΩでした。接触抵抗のせいかと思い、何度か繰り返し計りましたが同じ結果でした。

どちらの端子で計っても同じ抵抗値になるものではないのでしょうか。

表面の粗さが関係するということはありますか?
なぜ、端子を逆にすると異なる抵抗になるのか理由を教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

アドバイスになるかどうか解りませんが
n型だろうがp型だろうが どちらでも同じ抵抗を示すと思っておりましたが違いがあるのですね?

考えられる事は粗さの違いで一種の点接触ダイオードになっているのかも知れませんね?
その抵抗値は安定しておりますか? 私の方が知りたい位です よろしく

昔の鉱石ラジオに使われた検波器持ってますが不安定で接触の加減でころころ変わります
詳しい事は忘れましたが 検波器の代わりにいろいろ試した方がおりまして 例えば鉄さびに針を立てたら検波器になったとか と言う話もあり 他にもいろいろありました

私自身で確かめておりませんが 順逆の抵抗比の大小を別にすれば大抵違いがあるみたいです
でも抵抗比が小さい場合は接触の加減のせいかも知れない訳ではありますが
確かめるには整流又は検波して見たら良いでしょうね?

QX線回折について 格子定数a,b,cとh,k,lから2θを求める方法

格子定数a,b,cとh,k,lから2θを求めるための式を教えてください。

Aベストアンサー

a,b,cとh,k,lから面間隔dが決まり、このdと使用X線の波長をBraggの式に入れれば、θが決まります。

面間隔dと、a,b,c,h,k,lを結ぶ関係式は、幾何学の問題として決まり、結晶系によって変わります。一般的に扱うためには逆格子ベクトルを用いることになりますが、立方晶や正方晶の場合は、直接簡単な式を書き下すことが出来ます。

各結晶系の場合の面間隔の式は、X線回折の本には必ず出ていると思いますので、それを参照して頂く方がいいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報