最新閲覧日:

COPDでよく使われる言葉で。 気流閉塞と気道閉塞はどのように違うんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

気道閉塞は解剖学的な状態をあらわす言葉(原因は浮腫でも腫瘍でも圧迫でもなんでもよく、不可逆的もしくはそれに近い状態)。


気流閉塞は生理学的な状態をあらわす言葉。この場合、気管支喘息では可逆的だし、肺気腫の場合は不可逆的な変化です。

COPDでも炎症が長引くことで、不可逆的な気流閉塞をきたすことがあり、この場合は解剖学的な変化ですから、気道閉塞を伴ったということになるでしょう。

肺気腫の場合も肺実質の破壊に伴い、気管支を周囲から支える力が無くなり、呼気時に気道が閉塞しやすくなるわけですから、広く考えれば解剖学的変化による気流閉塞ということから気道閉塞という言葉で表現できないことはないかもしれませんが、気道そのものの変化ではないため、一般的には気道閉塞という言葉はあまり使わないと思います。
    • good
    • 0

呼吸器内科の専門医が見えれば明快な回答をされるでしょうから一般人の簡単な区別として



気道閉塞
簡単に気道の物理的な閉鎖です。

気流閉塞
一秒量が低下し十分な換気量が得られない状況をさします。明らかな気道閉塞が無くとも起こります。(肺気腫など)COPDではもちろん気流閉塞が問題となります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報