COPDでよく使われる言葉で。 気流閉塞と気道閉塞はどのように違うんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

気道閉塞は解剖学的な状態をあらわす言葉(原因は浮腫でも腫瘍でも圧迫でもなんでもよく、不可逆的もしくはそれに近い状態)。


気流閉塞は生理学的な状態をあらわす言葉。この場合、気管支喘息では可逆的だし、肺気腫の場合は不可逆的な変化です。

COPDでも炎症が長引くことで、不可逆的な気流閉塞をきたすことがあり、この場合は解剖学的な変化ですから、気道閉塞を伴ったということになるでしょう。

肺気腫の場合も肺実質の破壊に伴い、気管支を周囲から支える力が無くなり、呼気時に気道が閉塞しやすくなるわけですから、広く考えれば解剖学的変化による気流閉塞ということから気道閉塞という言葉で表現できないことはないかもしれませんが、気道そのものの変化ではないため、一般的には気道閉塞という言葉はあまり使わないと思います。
    • good
    • 0

呼吸器内科の専門医が見えれば明快な回答をされるでしょうから一般人の簡単な区別として



気道閉塞
簡単に気道の物理的な閉鎖です。

気流閉塞
一秒量が低下し十分な換気量が得られない状況をさします。明らかな気道閉塞が無くとも起こります。(肺気腫など)COPDではもちろん気流閉塞が問題となります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気腫性変化ってどんな病気?

先日人間ドッグを受け、その結果報告書が届きました。
その診断結果の中に「気腫性変化」とあり、
「右肺の下あたりに異常が見られるが軽度なので経過を見ましょう」
と診断されていました。
インターネットで色々調べた結果、喫煙者に多く見られるとの事でしたが
私は今年30歳ですが今まで一度も喫煙したことはありません。
ただ会社の会議でものすごい煙の中打ち合わせをすることが多々あります。
この病気はひどくなると、肺気腫という病気になり
酸素ボンベが無いと生きていけなくなると書いてあるサイトもあり
チョット怖くなってしまいました。
具体的にはどんな病気なのでしょうか?対処法などあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず気腫性変化とは、肺の実質部分が何らかの原因で、破壊もしくは欠損してその部分に通常以上に多くの空気が含まれている状態をいいます。
人間ドックで行われた検査が、胸部のX線なのかCTなのかによって気腫化の評価はかなり異なります。CTのほうが濃度分解能が高いためごくわずかな気腫性変化でも見つけることができます。

まず「気腫性変化」という言葉ですが、これはかなりラフな表現であり、様々な病態を含みます。胸部X線検査で見つけられる気腫性変化の大半は、ブラもしくはブレブとよばれる嚢胞性変化であり、一般的に線状陰影とそれに随伴する透過性亢進領域の存在によって診断されます。程度も数mmから一側の大半を占めるような巨大な肺嚢胞まで様々です。

これらは気腫性変化をきたしている部分とそうでない部分の境界が明瞭であるためX線検査でも診断がつけやすいですが、肺の実質内で部分的な低吸収領域(CTでみると黒っぽくぬけて見える部分)が散在性に存在しても、程度の軽いうちはX線検査では指摘するのが困難です。その点CTは優れています。これに対し肺気腫という病気は一般的に肺の実質が不均一に気腫化してくることが多く、嚢胞主体の肺気腫については特に嚢胞性肺気腫というよび方をします。

検診の胸部のX線検査で肺気腫という診断が下されるとすれば、それはかなり進行して特長的なX線所見を呈している肺気腫ということになります。
喫煙歴がなく、「軽度の気腫性変化」という指摘であれば、普通は部分的に嚢胞が存在していたか、右の下肺のX線の透過性が若干亢進していたということが想像できます(透過性の亢進というのも相対的な評価なので本当に「気腫化」が存在するかどうか判断がむずかしいこともあります)。ただ「軽度」という表現であれば、それほど心配されることはないでしょう。もしそれらをきちんと評価するとすれば、CTを撮影し肺機能検査を行えば、疾患の程度をかなり明らかにすることができます。

喫煙によって気腫性変化が増悪するのは良く知られた事実で、肺気腫という病気の原因はごく一部を除いて喫煙ですし、肺嚢胞も喫煙を継続することで悪化します。

肺嚢胞と肺気腫の最も大きな相違点は、肺気腫が肺のガス交換を行う血管床の破壊も同時に伴うのに対して、肺嚢胞は血管の障害がなく圧迫による影響が主体ということです。したがって肺気腫の場合、進行するとガス交換異常が進行して低酸素血症が明らかとなり、酸素吸入が必要になってくることがあるのに対し、肺嚢胞の場合、巨大で両側性に肺実質の圧迫が著明でない限り、低酸素血症をきたすことは稀です。

対処方法は喫煙を避けること、経過観察をきちんと行うこと、につきます。

まず気腫性変化とは、肺の実質部分が何らかの原因で、破壊もしくは欠損してその部分に通常以上に多くの空気が含まれている状態をいいます。
人間ドックで行われた検査が、胸部のX線なのかCTなのかによって気腫化の評価はかなり異なります。CTのほうが濃度分解能が高いためごくわずかな気腫性変化でも見つけることができます。

まず「気腫性変化」という言葉ですが、これはかなりラフな表現であり、様々な病態を含みます。胸部X線検査で見つけられる気腫性変化の大半は、ブラもしくはブレブとよばれる嚢胞性変...続きを読む

Q看護学生です。本当に辛い。

看護学生2年です。19歳です。
私は看護師になりたくて、看護学校に来たわけではありません。
なりたいものになれる世の中ではないので、わかってもらえると嬉しいです。

ですが、本当に毎日が辛いです。
課題の量は、1年時とは比べ物にならないし、なのにそんなのお構いなしに、同じタイミングで他の課題バンバン出されますし、、、。

実習に行っているわけでもないのに、毎日が本当に辛いです。

毎日帰ったら課題のため、パソコンに向かい、休みの日は気分転換する間も無く、一日中ご飯のとき以外はパソコン。

肋間神経痛の様な症状がますます悪化して来て呼吸はしんどいし、頭痛も酷くなる一方ですし、でも課題はどんなに毎日やっても終わりが見えない。

実習でもない普通の日常でこれなのに、わたしこれから、看護学生続けていけるんでしょうか。

そんな中、3年時の実習のため、やむを得なく一人暮らしが始まります。

学生の間一人暮らしする気なんてなかったんです。
覚悟もしてなかった一人暮らしが、もうすぐ始まってしまう…。
怖いんです。

わたしストレスで頭を壁や床にガンガン叩きつけてしまう癖があったり、頭痛もあり、わけもわからず涙がボロボロでるようになりました。

わたし壊れてしまわないでしょうか。
甘えですか、これは…。
これを聞いたら、ゆとり野郎って思いますか…?。。

耐えられないんです。
もともと人に頼れるタイプじゃなくて、ネットとかの知らない人とかにしか弱音とかはけないんです。

わたし、やめるべきでしょうか。
こんなんじゃ実習はじまったらもたないですか?

もし看護や医療系に関係ある方とかいらっしゃいましたら、アドバイスよろしくお願いいたします。

看護学生2年です。19歳です。
私は看護師になりたくて、看護学校に来たわけではありません。
なりたいものになれる世の中ではないので、わかってもらえると嬉しいです。

ですが、本当に毎日が辛いです。
課題の量は、1年時とは比べ物にならないし、なのにそんなのお構いなしに、同じタイミングで他の課題バンバン出されますし、、、。

実習に行っているわけでもないのに、毎日が本当に辛いです。

毎日帰ったら課題のため、パソコンに向かい、休みの日は気分転換する間も無く、一日中ご飯のとき以外はパソコン...続きを読む

Aベストアンサー

今は育児でお休み中ですが、看護師免許を持ってます。
看護学校は本当に課題が膨大でキツイですよね。
私も要領が悪くメンタルがだいぶやられました。

何か息抜きはできませんか?
私は最初から一人暮らしだったので、課題のない時や週末はしょっちゅう同期と宅飲みしたり出歩いたりしてました。
私は結構遊びたい欲求が強いので、遊びにいってる間は学校のことは考えずにいられました。

もし実家なら親の目もあるので出来ないと思います。
そういう点では一人暮らしはなんでも出来て良かったですよ。

それでも課題の辛さは変わりませんが、みんな崖っぷちでなんとかやってるはずです。
歯も磨く余裕もなくなるくらい人間的に終わってるという日もありました。
もちろん、なかには精神が病みリタイアした人も見てきました。
リタイアした人も、そのあとはその人なりにしっかりと仕事や家庭を持ち問題なく暮らしています。それを見ると辞める選択肢もありと思います。

まず担任の先生に打ち明けてみてはどうですか?
先生は厳しいけど、もともとは看護師ですから必ず相談に乗り助けてくれると思います。
私は学生のときは先生が敵に見えてたけど、辛かったとききちんと相談出来てたらと今では思います。

精神が壊れてからでは遅いです。早めに相談をオススメします。

今は育児でお休み中ですが、看護師免許を持ってます。
看護学校は本当に課題が膨大でキツイですよね。
私も要領が悪くメンタルがだいぶやられました。

何か息抜きはできませんか?
私は最初から一人暮らしだったので、課題のない時や週末はしょっちゅう同期と宅飲みしたり出歩いたりしてました。
私は結構遊びたい欲求が強いので、遊びにいってる間は学校のことは考えずにいられました。

もし実家なら親の目もあるので出来ないと思います。
そういう点では一人暮らしはなんでも出来て良かったですよ。

それでも...続きを読む

Q「常染色体性優勢遺伝」「常染色体劣勢遺伝」とはどのようなもの?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

「常染色体劣勢または優勢の遺伝です。」とよくいわれます。

「常染色体性優勢遺伝」「常染色体劣勢遺伝」とはどのようなものなのでしょうか。

医学的にはどのような病気がありますでしょうか。


要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

kouraさんがある程度知識を持たれていると失礼に当たるかも知れませんが、もう少し簡単に説明してみます。

まず、人間には22対(44本)の常染色体と2本の性染色体(男:XY、女:XX)があります。
常染色体優性遺伝および劣性遺伝の場合はこの常染色体のどこかに起因となる遺伝子が存在することになりますが、この二つの違いはその遺伝子の発現する「力」によると単純に考えて良いでしょう。

遺伝子は父母からそれぞれ22本の常染色体と1本の性染色体を受け継ぐのですが、この際に例えば父方の遺伝子に強力な発現力を持つ疾患遺伝子が存在すると、母方のペアとなる遺伝子の発現は正常に働かず、父方の疾患遺伝子が優位に発現し、発病します。これが常染色体性優性遺伝です。
この際もし父方の疾患遺伝子が単独で優位に発現することができない場合は、正常の母方の遺伝子が優位に立ち、正常な発現をするために発病には至りません。しかしこの疾患遺伝子が父母双方から受け継がれた場合、優劣の競合は存在しませんので、発病することができます。このようなパターンが常染色体劣性遺伝です。

また、性染色体のX染色体にこのような弱い疾患の遺伝子が存在したとします。もしこの疾患遺伝子を持つ父親と正常な母親の間に子供が生まれた場合、女の子であれば100%の確率で発病することはなく、この女の子はこの疾患遺伝子の保因者となります。そして男の子が生まれた場合は、これも父親からは疾患に関係のないY染色体が受け継がれますので、これもまた100%発病しません。
ところが、この保因者となった娘が正常の男子と子供をなした場合、生まれてくる男の子の50%は疾患遺伝子がある方のX染色体を母親から受け継ぎ、さらにそのペアとなる性染色体がY染色体であるため、このX染色体の疾患遺伝子より優位に立つ正常遺伝子が存在しないため、疾患発現を抑制する因子がないことにより発病します。これはいわゆる「伴性劣性遺伝」です。この形式で有名なものには色盲がありますね。

遺伝子のこのような発現形式はそのほとんどが遺伝子の間の優劣関係で決まります。しかし、同じ疾患でも多種多様な遺伝形式を持つ場合があり、どの疾患も一概に同じ型にはまるものではありません。

kouraさんがある程度知識を持たれていると失礼に当たるかも知れませんが、もう少し簡単に説明してみます。

まず、人間には22対(44本)の常染色体と2本の性染色体(男:XY、女:XX)があります。
常染色体優性遺伝および劣性遺伝の場合はこの常染色体のどこかに起因となる遺伝子が存在することになりますが、この二つの違いはその遺伝子の発現する「力」によると単純に考えて良いでしょう。

遺伝子は父母からそれぞれ22本の常染色体と1本の性染色体を受け継ぐのですが、この際に例えば父方の遺伝子に強力な...続きを読む

Q絶食していても点滴をしていれば便が出るのは何故?

一週間以上絶食して、何度も浣腸をしていても
点滴をしていれば便は出るそうですが(3日に1回くらい、浣腸で無理に出しますが)、
どうして何も食べていないのに便が出るのですか?

Aベストアンサー

>『絶食していても点滴をしていれば便が出るのは何故?』
>一週間以上絶食して、何度も浣腸をしていても
>点滴をしていれば便は出るそうですが
>(3日に1回くらい、浣腸で無理に出しますが)、
>どうして何も食べていないのに便が出るのですか?

こんにちは.

回答としては,
点滴をしていなくても,
医学的に『飢餓便』と言われる便が排出されます.
特徴は,黒く臭いが強いといわれていますが,
私は実見の経験はありません.

絶食をしても体は,生活上の動作をする他,
生物としての恒常性を保つためのカロリーが必要です.
絶食をするとカロリ-の基となる糖質や脂肪が血液中に不足します.
そこで緊急避難的に,
体を構成している筋肉などのタンパク質などから,
緊急的に転用してカロリー源として使用します.

タンパク質は,ほんらい体を形作ったり,
生活の営みにたずさわる酵素やホルモンなどに使われるのですが,
体の構造物である筋肉などから転用すると,
体内で完全に消化・吸収されずに,
残りカスが老廃物として腸内に排出されます.
その際に腸壁から剥離された上層粘膜などと一緒になった物が
いわゆる『飢餓便』と言われる物です.

大腸の中に排出された老廃物は,
臭いの強い『スカトール』や『インドール』に分解されます.
これらはタンパク質が大腸内の常在細菌による,
副次的作用によって分解され生産された『臭い物質』です.

断食をすると確かに,
当初は消化器官が休まり,便の臭いも薄くなりますが,
その後数日で先述した作用で強い便臭が出るようになります.

ところで浣腸をしているとの事ですが,
浣腸は本来,便秘の場合に対処する療法ですので,
本来の目的以外での浣腸は個人的にはお勧めできません.

定期的な排便が正常に行われなくなる,
『習慣性便秘』が予想されますからお止めになることを考慮してください.

さらに大腸内のいわゆる,『大腸菌』には多数の種類が存在していますが,
その菌のバランスがとれた状態が崩れる可能性が考えられます.
正常な大腸内はさまざまな大腸菌がバランスをとっているために,
寄宿先の体に悪さをしないのです.

腸内には居候を決め込んだ無数の細菌群が存在しますが,
普段健康な人に棲み込んでいるのは大腸菌といわれる一群です.

他の回答にもありましたが,
腸内細菌は便の固形成分の1/4量ほどを占めて排出されています.
つまり,便の半分近くは細菌であり,
腸内細菌が正常に働いてくれるお陰で,
人は健康に生きていけるのです.

不必要な浣腸は有用な腸内細菌まで,
強制的に排出しますから先述のバランスを壊す事になります.
乱用は慎まれた方がよろしいかと思われます.

40年前に学んだ古い知識ですが,
この回答が,ご質問者さまの疑問解消の一助になれば幸いです.

>『絶食していても点滴をしていれば便が出るのは何故?』
>一週間以上絶食して、何度も浣腸をしていても
>点滴をしていれば便は出るそうですが
>(3日に1回くらい、浣腸で無理に出しますが)、
>どうして何も食べていないのに便が出るのですか?

こんにちは.

回答としては,
点滴をしていなくても,
医学的に『飢餓便』と言われる便が排出されます.
特徴は,黒く臭いが強いといわれていますが,
私は実見の経験はありません.

絶食をしても体は,生活上の動作をする他,
生物としての恒常...続きを読む

Qワードで文字入力できない 助けてください

 突然ワードで文字入力できなくなりました
メモ帳などはかけますが、ワードだけ書けません
助けてください

Aベストアンサー

ワードのバージョンは何でしょうか?
ライセンス認証をしてないため、機能制限モードになった・・・ということではありませんか。
下記で、ライセンス認証されているか確認してください。

Word2003の場合、ヘルプ→ライセンス認証
Word2007の場合、Officeボタン→[Wordのオプション]→リソース→ライセンス認証

その他 
Word画面以外のどこかに、入力文字が表示されているようなことはありませんか。
 

Q痰が切れない場合、放置した場合、どうなりますか?

痰が切れない場合、放置した場合、どうなりますか?

現在、風邪を引いています。
2日前に医者に罹った時には、喉がいがらっぽい程度だったので、「痰を出しやすくする薬」は処方されていませんでした。
現在は治りかけで、特に咳も無く鼻水も治まったのですが、“痰”が喉に溜まっている違和感があります。

しかし、私は痰を出すのがとても下手で、咳をしてもなかなか切れないし、もう少し!というところで、これ以上押し上げる事が出来なくて、断念してしまいます。

何回チャレンジしても成功しないので、咳をすること自体に疲れてしまい、「いつか自然に取れるだろう」と放置してしまっています。

痰を上手く切るにはどうしたらよいのでしょうか?
「カーペッ!」とやればいいんだと父に言われても、ピンときません。

吐き出したいけど、吐き出せない(吐き出し方が分からない)ので、困っています。
※因みに、手元には、2年前に処方された「ムコダイン」があります。
当時の処方箋では、今の薬にムコダインが処方されているだけでした。
使用期限内か、薬局に聞こうと思いましたが、閉まってました・・・。

痰の切り方の上手い方(笑)、良い方法をを教えてください。

痰が切れない場合、放置した場合、どうなりますか?

現在、風邪を引いています。
2日前に医者に罹った時には、喉がいがらっぽい程度だったので、「痰を出しやすくする薬」は処方されていませんでした。
現在は治りかけで、特に咳も無く鼻水も治まったのですが、“痰”が喉に溜まっている違和感があります。

しかし、私は痰を出すのがとても下手で、咳をしてもなかなか切れないし、もう少し!というところで、これ以上押し上げる事が出来なくて、断念してしまいます。

何回チャレンジしても成功しないので、咳をす...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

痰がたまっている感じは非常にいやなものですよね。
でも無理に出さなくとも構いません。たまりすぎると深い咳とともにデロンと出てきたりします。

ムコダイン・・・去痰剤ですね。2年前のものを使うくらいなら、もう一度医師のもとにいき事情を話して改めて処方してもらってください。そのほうが安全ですし、効果もあるでしょう。それでも1度飲んだ位じゃ効果はありません。数回続けて効果が現れるものです。

あとは水分をたくさん取ってください。痰を出しやすくするだけでなく、風邪のウィルスは水分に極端に弱いことは知られている事実です。

うがい薬(イソジンガーグル等)は処方されていますか。出ていないようでしたら市販のうがい薬を購入して使われることをお勧めいたします。のどの殺菌になるからです。外出先から帰宅したときにこれを使い始めてから風邪を引く回数がぐっと減りました。ただ、うがいが苦手というのであれば無理はしないでください。

そのまま様子を見られることですね。回復していけばのどの違和感もとれていきます。

おだいじになさってください。

Qアンプルとバイアルの違い

お医者さんの使う薬はアンプルとかバイアルという容器に入っていますが、これらの違いはどこにあるのでしょうか?
容量でしょうか、それとも形が異なるのですか?
それと元々何語由来かも教えていただけたら幸いです。
また他の名称の容器についても教えてください。

Aベストアンサー

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりすることがほとんど無く(わずかにアルカリ分が溶出しますが)、内容液との反応性がとても低いと言えますし、もちろん酸素などのガス透過性もありません。
また、バイアルに比べると低コストで作れます(バイアルに必須なゴム栓や、これを止めるアルミキャップも不要です。)ので、単価の安い医薬品にも使いやすいと言えます。
欠点としては、薄手のガラスを使っているため比較的壊れやすく、大容量にするには適さない(ふつうは20ml程度まで)点と、以下厳密な話になりますが(実用上はほとんど問題ありませんが)使用時に首の部分を折る時に、微量のガラス片が内容物に混入する可能性がある(加熱して溶閉しますので、内部が陰圧になっており、破片を吸い込んでしまいます。)ことがあげられます。

語源はフランス語で(歴史的に始めに使われたのはフランスです。)、ampouleというのは、ふくらんだといった意味で、ガラス管をふくらませた物(当初は管状ではなく、丸っこいものでした。)に薬液を入れて封入したので、このような名前になったのだろうと思います。

バイアルは、ガラス瓶(最近では、プラスチック製のものもあります。)にゴムでできた栓をするものです。
製法から大別すると2種類あり、一つは管瓶といわれるもので、これは硬質ガラスの管をガスバーナーで成型して作られたもので、アンプルに比べると厚手のガラス管を使うことから、加工温度を高くしなければならず、このためアルカリ溶出が多少多くなる傾向があります。また、この製法ではあまり大容量のものはつくれません。(200ml程度まで。)

もう一つの製法は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気を吹き込んで成型する方法で、大量生産の場合かなり低コストですし、大容量のものも作れますが、こちらは軟質(ソーダライム)ガラスを用いますので、管瓶に比べアルカリ分が多めになり、内部の薬液がアルカリ性の場合、長期間の保存では、ガラス内壁の腐食も配慮する必要があります。それから、管瓶に比べて、どうしてもガラス厚が大きくなりますので、その分重くなります。(たいした問題ではありませんが、流通性では、多少の欠点といえます。)

また、バイアルはゴム栓を用いますので、内容物によってはゴム栓への吸着による力価の低下(代表的なものとして、インシュリンやニトログリセリンなどがあります。)の恐れがあり、このような場合には、表面をテフロンでコートしたゴム栓が用いられたりします。
アンプルが一度開けたらその場で使い切らなければならないのに対し、バイアルは注射器でゴム栓のところから薬液を取れますので(ふたを開けなくてもよい)、残りを保存して繰り返し使用ができます。(ただし、無菌性の面から、一度使ったものはあまり長く保存すべきではありません。)
細かい話になりますが、ゴム栓に繰り返し注射針を刺すと、ゴムの一部が剥離して(コアリングと言います)、薬液に混入する危険性もあります。

なお、凍結乾燥製剤の場合、使用性だけでなく製造工程の面からも、(全てではありませんが)アンプルよりもバイアルが好んで使われる傾向があります。

大容量のバイアルをボトルと呼ぶことがありますが、これは慣用的な呼び名で、厳密にどの大きさからと決まっているわけではありません。
どちらも名前の由来は、多分英語だと思います。

ガラス以外では、プラスチック(ビニール)製の容器もあり、これらのほとんどは、点滴用の輸液などに用いる、大容量の物です。(ポリエチ製の小容量アンプルもありますが。)

こちらは、ポリエチレンなどの比較的硬質な材料でできたボトルと、厚手のビニール袋のようなバッグに大別されます。
これらは、ガラスボトルに比べ軽くて壊れにくい点と、使用後の廃棄が楽な点で優れています(流通や使用時の利点と言えます。)が、材質によっては、内容物の吸着や酸素などのガス透過性を配慮する必要があります。(内容物に合わせて、適した材質が使われますので、実用上は問題ありませんが。)

余談ですが、点滴をしている際、ボトルでは薬液が減った分の空気を入れるために、通気針と呼ばれる注射針を刺しておかなければなりません。(空気が入らないと、内部がだんだん陰圧になって、薬液が出てこなくなります。)
一方、バッグでは薬液が減るとペシャンコにつぶれてきますので、通気針が不要で、その分使いやすいといえます。(外気が内部に入りませんので、無菌性の面でも有利です。)

その他の注射剤容器として、ガラスやプラスチックの注射筒にはじめから医薬品が封入してあり、注射針をつけてそのまま使用できる、プレフィルドシリンジといったものもあります。

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりす...続きを読む

Q離床について

 どなたか離床する事で得られる効果や、離床する事の意味など詳しく説明して頂ける方や、関係しているURLをご存知の方、お返事下さい。

Aベストアンサー

ご質問内容からは、どのような状況での離床なのか、わかりかねるのですが、一般的な手術後の離床ということで回答します。

離床のメリットというより、寝ていることのデメリットから考えたほうがわかりやすいと思います。

まず、ずっと寝ていると肺炎などの呼吸器合併症を起こしやすくなります。これは、背中側の重力のかかる部分の肺に空気が入りにくく、加えて血液が滞りやすいためだといわれています。また、寝ていると咳をするときに力がはいりにくく痰が肺の奥のほうにつまりやすくなります。手術後、体力の弱っているときに肺炎を起こすと致命的になることもあります。

心臓に対しては、立っていたり座っていたりするときに比べて下半身からの血流が増えるのに、全身的に活動していないので心臓の活動性も低下しており、心臓に負担になって、心不全になることもあります。

また、最近話題になることの多い、肺動脈血栓塞栓症も長期臥床で発生します。機序は、足を動かさないので下肢の静脈の血流が滞り、血液が固まって、それが何かの拍子にはがれて血液の流れにのって移動し、肺の動脈に詰って起きます。これも致命的にあることがあります。

あと、大腿骨などは、重力がかかることによってカルシウムが遊離するのを防いでいますが、寝ていて重力がかからないとカルシウムが失われ、骨粗鬆症になったり、血液中に増えたカルシウムが尿管結石となることもあります。

そのほか、床ずれができたり、関節の拘縮や筋肉の萎縮もおきます。

最後に、心理的な影響も大変大きく、寝たままの狭い視野で刺激の少ない生活をしているとうつ状態などになることもあります。

これらの理由から、寝ている時期をなるべく短くし、もし、離床による危険がなければ、積極的に離床をすすめる傾向にあります。

ご質問内容からは、どのような状況での離床なのか、わかりかねるのですが、一般的な手術後の離床ということで回答します。

離床のメリットというより、寝ていることのデメリットから考えたほうがわかりやすいと思います。

まず、ずっと寝ていると肺炎などの呼吸器合併症を起こしやすくなります。これは、背中側の重力のかかる部分の肺に空気が入りにくく、加えて血液が滞りやすいためだといわれています。また、寝ていると咳をするときに力がはいりにくく痰が肺の奥のほうにつまりやすくなります。手術後、...続きを読む

Q看護学生です。看護学総論のことで・・・。

いくつか教えていただきたいのですが。
(1)ニードとニーズの違いって、なんでしょうか。
看護学概論では、ニードとしきりに出てきますが、演習の方ではニーズと出てきます。
漠然とした違いはわかるのですが、はっきりと文章にして理解できなくて・・・。
(2)看護とは、というところを勉強しているのですが、看護の対象は、身体的、心理的、社会的存在であり、統一体としての全人間である、とありますが、
この統一体としての全人間とは、一体どういうことなのでしょうか??
また、これを自分に置き換えて説明するとしたら、どうやって説明したらよいのでしょうか?
考えても考えても分かりません。
去年の過去問なので、先生に聞くにも聞けなくて。
宜しくお願いします。
他にも、看護学総論、医学概論の問題集でいいものがありましたら、教えてください。って、そんなものがあるのかどうかもわからないのですが・・・。

Aベストアンサー

看護学生さん、頑張ってくださいね。応援してますよ。
1)「ニードとニーズの違い」について。どちらも「要求」を表す言葉ですが、「ニード」は一つ一つの要求のこと、「ニーズ」は「ニード」の複数形で、概念としての「要求」を表すと思います。つまり、「ニード」とは「不安を取って欲しい」とか「痛みをとって欲しい」「先生の説明をもう一度聞きたい」などの具体的な要求の内容を意味します。ただし実際にはどちらも「ニーズ」と言ってしまうことが多いと思います。
2)「統一体としての全人間」とは「全人的」と同じで、その人のある側面だけ捉えるのではなく、様々な面を持ち、しかもそれらは複雑に絡み合い、全体として一つの人間を形成している、ということで、自分(看護学生であるあなた)に喩えれば、若い未婚(?)女性で特別な疾患もなく健康という「身体的」側面と、「心理的には」試験前で勉強に終われやや焦っている状況、「社会的」には将来医療職につこうとしてる看護学生、であり、親から見れば大切な娘であり、という側面を持っているということです。これらの一部分だけをみて看護するというのではなく、こうした様々な側面を見て、それらを統一的に捉える、人間をそうした視点(単眼ではなく複眼)で捉えるということです。まあ、人間にはもっと複雑な側面もあるとは思いますが。参考になったかな?

看護学生さん、頑張ってくださいね。応援してますよ。
1)「ニードとニーズの違い」について。どちらも「要求」を表す言葉ですが、「ニード」は一つ一つの要求のこと、「ニーズ」は「ニード」の複数形で、概念としての「要求」を表すと思います。つまり、「ニード」とは「不安を取って欲しい」とか「痛みをとって欲しい」「先生の説明をもう一度聞きたい」などの具体的な要求の内容を意味します。ただし実際にはどちらも「ニーズ」と言ってしまうことが多いと思います。
2)「統一体としての全人間」とは「全...続きを読む

Q痰の絡みが長期間続きます

30歳男です.

年末に風邪で喉を痛めて以来,
痰が引っかかった感じが今まで取れません.

最初に喉を痛めた時から医者に一ヶ月に一回ペースで行き,
気管支炎とのことで鎮咳薬や去痰剤を処方されてきましたが,
いまだに痰の絡みが完全にはとりきれない感じで,
すごくじれったいというか,不快です.
咳や痰切りを繰り返すと微妙に息苦しいって言うか胸が重いというか・・・

これって一体何なんでしょうか.慢性気管支炎か,喘息なんでしょうか.
このまま微妙な症状で医者に行き続けるのにも,二の足を踏んでしまっています.

ちなみに発熱は最初の症状の時も今もありません.
痰は初めは黄色い痰でしたが,初めの強い症状が取れた1週間後くらいからは,
ずっと今まで唾と同じような痰がごく少量出るだけです.
花粉症は軽い方です.

レントゲンは,去年5月くらいに撮ってその時は異常なしでした.

Aベストアンサー

私も10日ほど前から咳が多くなり、動悸もし苦しく先日近所の内科医院で診察したところレントゲンでは異常もなく、気管支炎との診察を受けました。
3日しても変化があまり見られないので大学病院へいった所、喘息との診察結果が出ました。
呼吸が浅く咳をすると息ができなく酸欠状態になりその分心臓に負担がかかり、動悸になったようです。
私も、花粉症で鼻づまりもあり(薬は飲んでいました)、そのあたりから喘息に繋がる事も有るようですので、何箇所か診てもらったほうが良いかと思います


人気Q&Aランキング