人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

スピーカー(JBL CONTROL1)の調子が悪いので買い換えを検討中なのですが
CONTROL1用の天井取付金具(MTC-2+)をそのまま流用できる
現行機ってないもんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ええと、これは、CONTROL1 以外で、ということでしょうか?



CONTROL1は現行機(ペア4万円)です。

MTC-2+は専用品なので、他に取り付けられるスピーカーはありません。
重さ的に他の物を支えきれないようですが、
MTC-23,25,28,51,52,SB2と、
スピーカー毎に専用金具があるところを見ると
JBLは全く金具の共用をかんがえていないようでもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいませんてっきり販売は終了したと思っていました。

お礼日時:2002/04/05 16:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJBLのスピーカー天吊りについて

初歩的な質問ですがすいません。

現在新築の住宅を建築中で、リビングに天吊りの
スピーカーを設置予定で既に配線は行ってもらってます。
(引き渡しは2013春の4月予定)

この辺に詳しい方だと、そもそも耳の高さより上に
スピーカーがあること自体おすすめ出来ない、
もしくは天井埋め込みの方が良いとのご意見も
あるようなのですが、個人的な趣味で(見た目的に)
天吊りのスピーカーに憧れていたので、天吊りスピーカーに
することは決定しております。
(埋め込みにするための天井にはなってないです)


スピーカーも、凄く音に拘っているわけではなく、
どちらかというと小さ目なスピーカーをつけたかったので、
JBLの「100mm-2Way Compact Speaker System CONTROL ONE」を
設置しようかと考えております。


但しメーカーサイトを見ると、以下のような記述がありました。

↓↓↓↓↓ 以下メーカーサイトからの転載 ↓↓↓↓↓

カメラピッチ(1/4-20)のブラケット固定ねじ穴を利用して、防犯カメラ用壁/天井取り付け金具など、市販の各種ブラケット類を流用することも可能です。

※従来のMTCタイプのJBL純正ブラケット(MTC-201およびMTC-1、MTC-2、MTC-2+、MTC-3など)への取り付けは出来ませんので、ご注意ください。

↑↑↑↑↑ ここまで ↑↑↑↑↑


どうやらこの商品は壁用のブラケットは標準で付属していますが、天井取り付けようの
ブラケットは付属しておらず、市販の各種ブラケットで対応可能なようなのですが、
具体的にどれなら対応可能なのか、素人にはイマイチ分かりません。

希望としてはこのスピーカーを天吊り可能で、色としてはブラックの
ブラケットを希望しているのですが、どのメーカーのどのブラケットなら
使用可能でしょうか?

詳しい方居ましたら、型番などで教えて頂けると助かります。

初歩的な質問ですがすいません。

現在新築の住宅を建築中で、リビングに天吊りの
スピーカーを設置予定で既に配線は行ってもらってます。
(引き渡しは2013春の4月予定)

この辺に詳しい方だと、そもそも耳の高さより上に
スピーカーがあること自体おすすめ出来ない、
もしくは天井埋め込みの方が良いとのご意見も
あるようなのですが、個人的な趣味で(見た目的に)
天吊りのスピーカーに憧れていたので、天吊りスピーカーに
することは決定しております。
(埋め込みにするための天井にはなってないです)


ス...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして♪

防犯カメラ用のブランケットが使える、と言う事ですから、防犯カメラ用品を探せば良いのですね。


http://www.ykmusen.co.jp/cctv/stand/stand-bracket_top.html

http://www.apa-direct.com/camera/category/toritsuke_angle.html

などなど。

ただ、ブランケット取り付け側の強度はしっかり確認して、安全にご利用下さい。

カメラを取り付けるネジ規格は、世界共通。世界規格(ISO1222)
なお、太いのと細いのがありますが、一般的なデジタルカメラや一眼レフカメラ、ホームビデオカメラ等は「細ネジ」であることがほとんど。

なお、ネジ自体はインチ規格ですので、ホームセンター等で入手出来るミリ単位のネジは利用出来ません。

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Q天井吊り下げ対応じゃないスピーカーを吊りたい

スピーカーを天井から吊り下げたいのですが、使用しているスピーカーは天井吊り下げに対応していないので、金具やネジ穴等がついていません。
このようなスピーカーでも天井から吊ることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

SPにネジをもんで大丈夫かどうか?これはどう言うことなのかな? 
1.音が悪くなる、見栄えが悪くなる?
2.ちゃんとネジが固定されるのか?
3.ネジが貫通して中で大事なトコにぶつかる?

私は1は全然気にしません、音なんかわかりゃしません。
2が大事ですね、今回の質問においても。で脳天にビス止めと書きましたが、
私は天板ではなく側板の小口にネジを揉みます、
恐らくSPのトップは側板優先で組み立てられていませんか?
側板の小口に揉むことによって貫通することはなくなります。(3は解消)

ただ問題はありまして、側板の厚みです、ネジも4mmぐらいのものを使うでしょうから
板厚もそれに見合う厚みが必要で私のは21mmぐらいかな、3キロのSPだともっと薄いかな。
15,18mmぐらいでなんとかなるかもしれない。
ただ薄い小口にネジを揉むと割れる場合もあるので下穴(予め小さい穴を開けておく)の
必要な場合も有る。
で今度は下穴を開けすぎると締りが悪くなる、塩梅が難しいなー。3キロならいいかー。

どしてもやる場合は4点吊りにして1点で一つのアングルを4箇所程度でネジ止めする。
その4箇所は小口2、天板2とする、天板は貫通しても恐らく大丈夫だと思う。
まっこのぐらい荷重を分散すればなんとかなると思う。

天井の方が問題は大きい。マンションだと天井下地は軽天(軽量鉄骨天井下地)のはず。
慣れてないとネジ止めは難しい、電動工具もいるよ。

――――以上

SPにネジをもんで大丈夫かどうか?これはどう言うことなのかな? 
1.音が悪くなる、見栄えが悪くなる?
2.ちゃんとネジが固定されるのか?
3.ネジが貫通して中で大事なトコにぶつかる?

私は1は全然気にしません、音なんかわかりゃしません。
2が大事ですね、今回の質問においても。で脳天にビス止めと書きましたが、
私は天板ではなく側板の小口にネジを揉みます、
恐らくSPのトップは側板優先で組み立てられていませんか?
側板の小口に揉むことによって貫通することはなくなります。(3は解消)

ただ問題...続きを読む

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

Q壁にスピーカーコンセントを取り付けたい

壁に今既存のコンセントがあるのですが、それを利用してスピーカーターミナルを取り付けたいとおもっています。(ホームシアターですっきり配線したいため)
1.壁にスピーカー線は通してあります。
2.今はコンセントの部分からそのままスピーカー線が出ています。
3.この部分をすっきりさせるため、スピーカーターミナルを取り付けたいと思っています。
4.できればバナナプラグ対応がいい。(なければ、何でもいいです)
誰か、家庭で使われているコンセント用のスピーカーターミナルをご存知ですか??

Aベストアンサー

松下電工で壁埋込型スピーカコンセントを発売しています。
WNH1966-4 定価3,850円
業務用でも多用されている4ピンのキャノンコネクターで確実に接続できます。
(XLR4-12Cの付いたスピーカコードを挿し込む)

参考URL
松下電工 住宅電気設備PDFカタログ2005-2006
http://biz.national.jp/Ebox/jyusetsu/001/index.html

ページ左側の検索窓に入力すると、PDFファイルで詳細を見る事ができます。
(型番検索ならば WNH1966-4
 ページ検索ならば 217 )

技量があるなら、自分でカバープレートを加工してコネクターを付ければローコストで済みます。

カバープレート(新金属2型 WN6591K)
前出の松下電工カタログ 226ページ

コネクター(サウンドハウス)XLR4-31
http://www.soundhouse.co.jp/shop/SearchList.asp?i_type=c&s_category_cd=790

QJBLの「CONTROL1」と「CONTROL1Xtreme」

JBLの「CONTROL1」と「CONTROL1Xtreme」は、どのような違いがあり、どちらが音質的には良いのでしょうか?「CONTROL1」のほうがプロ仕様なのか価格は高いようなのですが。どちらを購入するべきか迷っています。どなたかオーディオに詳しい方、宜しくお願いします。10畳ほどの部屋で使おうと思っています。]

Aベストアンサー

現行モデルControl1 PRO及びControl1 Extremeについて、現在一般人でも入手可能なスペックや資料をひもといて見ました。
註釈として、入手できる程度の情報量では、双方の違いについて述べても想像の域を出ないことはあらかじめご承知おきください。

双方の質量と外観から察するに、おそらくはドライバーおよびエンクロージャーは全く同一のものであるように見えます。
双方の設計上の大きな違いは、クロスオーバーネットワークと保護回路にあるようです。

まずExtremeの方ですが、こちらは一般家庭用を想定しているらしく、比較的ゆるい遮断特性を持つフィルター(クロスオーバーネットワーク)が用いられているようです。
これに対しProの方は、高次フィルターが使用されているような記述がありました。一般に、高次クロスオーバーとすることでトゥイーター低域側の振幅変位が抑えられますので、見かけ上トゥイーターの耐入力が上がります。
さらにProにおいては、”Sonic Guard保護回路”と呼んでいる保護回路が搭載されているようです。想像ですがこれは、BOSEなどでも搭載実績のある、電流感応型のリミッター、具体的にいうと電球などかも知れません。

(なぜかというとControl 1 PROもパッシブスピーカーであって能動回路を動かせる電源を持たないから)

電球は、電流を多く流すほど、内部抵抗が上昇して電流を制限するような働きがあります。このことを利用し、大入力時に電流制限を行って、スピーカーそのものの耐入力が上がるわけではないが、見かけ上の耐入力を上げることができます。

上記のような対策の結果、スペック上のPROとExtremeの耐入力は2倍もの差があるようです。このとき、実際には「PROは大きな音の尖塔がナマっている」ということであって、本質的な耐入力に大差があるわけではありません。どちらかと言うと大音量を出しても壊れにくい、という意味に捉えればよいかと。

で、結論としては、双方で音質に大差があるようには見えませんので、お好みで選んでさしつかえないかと思います。といいますのも、そんなに割れんばかりの大音量では音楽鑑賞されませんよね?

以下で、双方の微弱な違いで「生じるかも知れない音質差」についても想像しておきます。

まずExtremeですが、ウーファーがスルー、あるいはゆるいフィルターでハイカットされている可能性が高いです。したがって、やや粗さ(英語で言うとハーシュネス)が目立つ音質かも知れません。
想像の域を出ませんが、PROはクロスオーバーが急峻のため、じゃっかんながら粗さが目立たず、周波数特性もPROよりは整っている可能性があります。また、逆にPROはやや元気さに欠け、抑圧されたおとなしい印象を受けるかも知れません。

スペック上の明解な違いは下記です。
・感度= PRO:87dB SPL / Extreme:89dB SPL
・周波数特性= PRO:80Hz-20kHz / Extreme:50Hz-20kHz

感度(出力音圧レベル)に関しては、電流リミッターは2.83V入力時であっても多少の内部抵抗を持ちますので、それが能率差となって現れたのだと想像できます。
周波数特性に関しては、たんに測定条件あるいは記述基準の違いと思われます。ドライバーやエンクロージャーがほぼ同一で、こんなに大きな低域再生能力の違いになるとはとても思えません。

現行モデルControl1 PRO及びControl1 Extremeについて、現在一般人でも入手可能なスペックや資料をひもといて見ました。
註釈として、入手できる程度の情報量では、双方の違いについて述べても想像の域を出ないことはあらかじめご承知おきください。

双方の質量と外観から察するに、おそらくはドライバーおよびエンクロージャーは全く同一のものであるように見えます。
双方の設計上の大きな違いは、クロスオーバーネットワークと保護回路にあるようです。

まずExtremeの方ですが、こちらは一般家庭用を想...続きを読む

QBOSEのスピーカーで101MMは音質は良いのでしょうか??

BOSEのスピーカーで101MMは音質は良いのでしょうか??口コミ等を見るとみんな音質が良いと書いてありますが本当でしょうか??

Aベストアンサー

私はBOSEキライ派です(^^ゞ
でも、101MMは4発持ってます(^^ゞ

あくまでも「キライ派」ということを前提として…ですが、このサイズ&似た価格帯のスピーカを、スピーカ単体の音質のみで「キライ派の耳」で比較の限りでは、例えばJBLのControlシリーズやYAMAHA等の方が、低域高域とも延びが違い、断然音が良いと思ってます。この手の10~12センチウーハ+ツィータの2WAY構成の小型スピーカと比べれば、101MMは高域は寸詰まりだし低域は出ないし…で、高音質オーディオ指向の人が絶賛するのは、個人的には信じられません(^^ゞ

ただ…その「高域低域寸詰まり」な範囲でのバランス感は、BOSEキライ派でも認めざるを得ない絶妙さはありますねぇ。
また、セッティングによる出音の差が非常に少ない…どんなへんてこなセッティングしても、「101です!」という音でしっかり鳴る…という点は、他メーカーではあり得ない特徴ですね。
また、私のような「BOSEキライ派」が、BOSEを嫌う「定番物言い」である『BOSE特有の音のあざとさ』は、101系が一番少ないと思います。

繰り返しですが、スピーカ単体の音質性能だけで「物言い」するなら、101MMは全く大したこと無いスピーカだと思います。同サイズ同価格帯なら、私なんかはYAMAHAのS15なんかの方が段違いに音が良いと思っています。
でも、そんなBOSEキライ派の私でも、「こいつだけは持っておこう」と思わせる、絶妙な魅力のある音のスピーカなのも、認めたくないけど事実ですねぇ(^^ゞ って、結局101だけは手放さず持ってるし(^^ゞ

ただ、「自称:高音質オーディオ指向」なのに、101系2発だけをメインに据えるようなことを推奨している記事等(それも、多分No.3さんなら「なんじゃそら」と言われそうなショボAVアンプをセット推薦とかね(^^ゞ)は、ちょっと詐欺の臭いがすると思いますけどね(^^ゞ

私はBOSEキライ派です(^^ゞ
でも、101MMは4発持ってます(^^ゞ

あくまでも「キライ派」ということを前提として…ですが、このサイズ&似た価格帯のスピーカを、スピーカ単体の音質のみで「キライ派の耳」で比較の限りでは、例えばJBLのControlシリーズやYAMAHA等の方が、低域高域とも延びが違い、断然音が良いと思ってます。この手の10~12センチウーハ+ツィータの2WAY構成の小型スピーカと比べれば、101MMは高域は寸詰まりだし低域は出ないし…で、高音質オーディオ指向の人が絶賛するのは、個人的には信...続きを読む

Qスピーカーの土台にコンクリートブロック

スピーカーの土台にコンクリートブロックをおくとすごく音が良くなると聞いたのですか、本当ですか?

もし本当ならば、コンクリートブロックはどのくらい積んだら良いのか、積み方も併せて教えて頂ただければ幸いです。

後、コンクリートブロックは粉がたくさんでるようなので、コンクリートブロックに代用できるような物などはないでしょうか?

Aベストアンサー

コンクリートブロックといっても様々な種類がありますが、大別して、ブロック塀などに使われるような発泡性のものと、人工大理石調の高密度のものがあります。

このうち、特に発泡性のものは一聴すると音が良くなったように感じることがありますが、個人的には音の密度感がなくなって、良くいえばスッキリと整理された感じ、悪くいえばスカスカした音になるように思います。
内部の細かな空洞が音を吸ってしまい、本来聞こえるべき音までがなくなってしまうからだと思います。(現に同様の原理で、アスファルトに気泡を作って騒音を減らす技術が各地の幹線道路で実用化されているようです。私の地元でも数カ所確認しています。)

一方で高密度タイプのものですが、形としてはタイル状のものや、車止めとして売られているものがあります。(これもホームセンターで売っています。)
こちらは、良くいえばカッチリと締まりのある音に、悪くいえばキンついた音になりがちです。

いずれの場合でも、単体で使うとこの特徴が顕著に出てきて再生音を変えてしまうことが少なくありません。薄手(1mm以下くらい)のゴムシートやコルクシートなどを床との接触面に使ったり、スピーカーとの接点には小さな木片や金属片を挟むと、自然な音になるでしょう。
ただし、軟性素材のシートを使う場合はできる限り薄く、かつ接触面んが最大となるようにします。柔らかい素材を小さな接触面積で使うとコンプライアンスが大きくなり、振動が減衰できなくなります。つまり、シートを使う場合はブロックと床の接触部分全てに触れるように、大きなものを使う必要があります。

粉が出る点に関しては、包装紙などで包んでしまえば良いかと思います。ただし、小さな気泡が水分を含んでいるため、晴天下で数日は乾燥させないと、部屋に入れてから紙に皺ができたり、カビが出たりします。
また、ブロックの場合は空洞が設けてありますが、ここに綿などを詰めておかないと、特的の周波数で共鳴して、不要な音が出たり、逆に必要な音が消されたりします。(目隠ししない場合も同じです。)

代用品、というより、より良い素材としては、大理石や人工大理石、木材(基本的には比重が大きいものほど使い勝手が良い)などが良いでしょう。大理石は意外に値段が安く、石材店などに頼めば面取りもしてくれます。人工大理石は多少高いですが、端材を使って作ってくれる店もあります。
木材に関しては、日曜大工に自信があれば、かなり自由な設計が可能です。直線カットはたいていのホームセンターでやってくれますが、店員によって精度が変わるのが難点です。(良い店では0.数mm以内、酷い店では切り幅すら確認しない店員もいました。もちろん責任者を呼びつけましたが....)

積み方や厚さ、素材の使い分けはノウハウに属する部類のもので、カットアンドトライで調整していくしかありません。組み合わせはほぼ無限ですので、いろいろ試しながら音の変化を聴き、好みのセッティングを見つけてください。

コンクリートブロックといっても様々な種類がありますが、大別して、ブロック塀などに使われるような発泡性のものと、人工大理石調の高密度のものがあります。

このうち、特に発泡性のものは一聴すると音が良くなったように感じることがありますが、個人的には音の密度感がなくなって、良くいえばスッキリと整理された感じ、悪くいえばスカスカした音になるように思います。
内部の細かな空洞が音を吸ってしまい、本来聞こえるべき音までがなくなってしまうからだと思います。(現に同様の原理で、アスファルト...続きを読む

Q4スピーカーで音を鳴らしたい

機器の選定で当てはまる物がなくて困っています。
学校の教室くらいのちょっと広めのスペースでテープ・CD・MDを再生し、部屋の四隅にスピーカーを計4台設置したいのです。大音響で鳴らす訳ではないのでミニコンポ程度で十分なんですが、メーカーのお客様センターみたいな所に問い合わせたらスピーカー増設は基本的に出来ないと言われました。付属スピーカーが6Ωなので12Ωのスピーカー2台つなげば可能だと教えてもらったのですが12Ωのスピーカーって手ごろな価格でありますか?そもそもスピーカー4台つなげられるコンポとかないのでしょうか?
業務用機器だと操作が複雑になりそうで、なにより金額が高くなりそうなので実現は出来ません。
「このメーカーのなら」とか「こんな方法では」とかアドバイスいただけますでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通の音量で再生する事が前提でしたら、ミニコンポで十分です。
ただスピーカーは同じような物を4個揃える必要があります。
最初に接続方法の話しになりますが、スピーカーを2個づつ並列で接続します。
ようは一つの端子から2個のスピーカーを繋げてしまうわけです。
ただこの場合は並列接続したスピーカー間での音量調整が取れないので、上記に書いた通り同じようなスペックのスピーカーが必要になります。
とはいえミニコンポのスピーカーはどれも似たような物が多いので、ネットオークション等でできれば同じ物を、無ければ同じようなスペックの物を1ペア購入すればOKです。

同じようスペックというとまずインピーダンスが同じ6Ωであること。
あとはわかれば能率(音圧レベル)が同じことなのですが、これはミニコンポ付属のスピーカーには明記されていないことが多いので揃えるのは現実的に難しいですね。
なので似たような大きさ、デザイン、価格帯となります。

その他の問題としては、電力を倍消費することになりますので、あまり音量を上げすぎるとアンプが悲鳴を上げる可能性があります。
ですので、あくまで通常で使用する範囲のボリューム(ボリュームは半分以下)での使用が絶対条件になります。
もしも自分以外の人間がボリュームを操作するような心配がある場合は、並列ではなく直列で接続します(あまりやりませんが・・・)。
この場合は音量が2スピーカーのときの半分程度になりますので、いくらボリュームを上げても大して音量が上がらないので上記のような心配はなくなります。

私の経験上、この方法を書くと危険だとか無責任だとかインピーダンスがどうとか能率がどうとか抵抗値がどうで電力がうんたらかんたらという書き込みがズラズラと続くことになります(^ ^;下記URL参照

面倒なので難しい説明はあえて省きます。
この方法で常識の範囲のボリュームで使用している限りは問題ないので、ご安心してお試しください。

ご参考までに。。。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1227858

普通の音量で再生する事が前提でしたら、ミニコンポで十分です。
ただスピーカーは同じような物を4個揃える必要があります。
最初に接続方法の話しになりますが、スピーカーを2個づつ並列で接続します。
ようは一つの端子から2個のスピーカーを繋げてしまうわけです。
ただこの場合は並列接続したスピーカー間での音量調整が取れないので、上記に書いた通り同じようなスペックのスピーカーが必要になります。
とはいえミニコンポのスピーカーはどれも似たような物が多いので、ネットオークション等ででき...続きを読む

Q壁内配線について

オーディオに関して全くの素人です。よろしくお願いいたします。
この度新築するにあたり、リビングに5.1chのサラウンドシステムを入れようと思っています。
その際リアスピーカーを、せっかくの新築ですので、出来れば壁内配線でと考えております。

その際、

(1) その配線工事は、5.1chシステムを購入した電気屋さんに依頼する?それとも住宅施工業者?

(2) リアスピーカーを置く位置にそれぞれ電源を付けた方が良い?

(3) 壁内配線をした場合、壁にはどのようなものが付くのか?コンセントのようなものが付く?

(4) そのコンセントのようなものからスピーカーに線を繋ぐだけで良いのか?

(5) その壁内配線したスピーカーコードは、どのタイプのスピーカーでも共通のものか?

スピーカーコードとはどのようなものかWEB上で検索したりして調べたのですが、かなり奥が
深いようで私にはさっぱりでした(>_<)。
私が今まで認識していたのは、赤白のプラグタイプのものやステレオミニプラグ等(AVコード?)の知識しか
ありません。私が壁内配線でイメージしていたのはそのタイプのもので、壁にその赤白もしくは
ミニプラグを入れるためのコンセントが付いて、それにAVコードを繋げて・・・と考えておりました。
でもスピーカーにはスピーカーの専用のコードではないとダメですよね・・・。


あと、ワイヤレスも考えたのですが、その使う周波数帯が無線LANとかぶってしまう(?)という
話をどこかで聞きましたので、考えておりません。新築時はPCは無線LANで考えておりますので。。。

すみません支離滅裂な質問で。
どなたかよろしくお願いいたします。

オーディオに関して全くの素人です。よろしくお願いいたします。
この度新築するにあたり、リビングに5.1chのサラウンドシステムを入れようと思っています。
その際リアスピーカーを、せっかくの新築ですので、出来れば壁内配線でと考えております。

その際、

(1) その配線工事は、5.1chシステムを購入した電気屋さんに依頼する?それとも住宅施工業者?

(2) リアスピーカーを置く位置にそれぞれ電源を付けた方が良い?

(3) 壁内配線をした場合、壁にはどのようなものが付くのか?コンセントのよ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
ホームシアターですか うらやましいです

回答ですが
(1)-(1) スピーカー線をそのまま配線するなら壁や天井を張る前に電気屋さんにお願いする形になります
    (2) PF管などの配管をしておく場合は、配管は電気屋さん、入線は取り付けショップになります
《直接電気屋さんに話をしても施工費等の問題が発生しますので、ハウスメーカー等の指示を出すことの出来る人「現場監督、設計士さん」に話した方が良いかと思います》

上記の違いは
 (1)の場合は、スピーカー線代と電気屋さんへの作業費ですみますが、配線に問題があったり、違う線を使ってみたくなっても、交換等が出来ません
 (2)の場合は、配管作業費が電気屋さん 入船作業費がショップに払わなければいけません
しかし、スピーカー線の交換が可能になります

(2)は必要はありません
(3)はスピーカーをどのように設置するかで変わります
  基本的にはコンセントプレート処理になるかと思います。
《コンセントのような形状ではなくプレートに穴が開いていてそこからスピーカー線が出てくる形になります》

壁掛けにする場合は取り付け金具で配線の出口を隠すことも出来ますが、その場合は取り付ける金具を確認して電気屋さんに「配線の出口は金具で隠すのでプレート処理しないように」連絡をした方が良いかと思います

(4)スピーカー線が出てきているはずなので、そのまま繋げばよいかと思います。
《コンセントのように抜き差しする必要ならその様にすることも出来ます》

(5)スピーカー線はどのようなものでもかまいません
  2線あれば接続できますが、こだわるのであればショップに相談してはいかがでしょうか?
《ただし あまり堅い線、太い線は配線処理がしにくいので避けた方が良いかと思います》

コンセントプレート
http://biz.national.jp/Ebox/densetsu2004/pdf/0008.html
《WN3021SWかWN3023SWとWTF7001との組み合わせ》
スピーカーケーブル
http://www.avac.co.jp/shop/goods/goods.asp?category=240000&shop=
《モンスターケーブルのS16-4CLかS14-4CL クラスで十分かと思います》

参考URLのショップは シアターの相談から施工までやってくれるみたいです

参考URL:http://www.avac.co.jp/index.html

こんにちは
ホームシアターですか うらやましいです

回答ですが
(1)-(1) スピーカー線をそのまま配線するなら壁や天井を張る前に電気屋さんにお願いする形になります
    (2) PF管などの配管をしておく場合は、配管は電気屋さん、入線は取り付けショップになります
《直接電気屋さんに話をしても施工費等の問題が発生しますので、ハウスメーカー等の指示を出すことの出来る人「現場監督、設計士さん」に話した方が良いかと思います》

上記の違いは
 (1)の場合は、スピーカー線代と電気屋さん...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報