先日ハワイにいって路上お歩いていたら大道芸で全身銀色や金色で
固まってる(止まってる)のを見たんですが、
全身に色をぬったらどれくらい呼吸は持つんですか。
大道芸をやってた人たちは長袖長ズボンを着て首から上だけを
塗ってたようなんですが首から上だけだとけっこう1日くらい持つんですか。
塗るとしたらペンキとかスプレー缶のやつとか絵の具(ポスターカラー、水彩)
などが考えられるんですがどれを塗ったら体に良いか(一番被害がないか)
どれがきれいに塗る事が出きるか。

せめてどれくらい呼吸がもつかだけでも答えていただけないでしょうか。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

げっ!URLを書き忘れてる?



ごめんなさいね~。  今度こそ!
 
http://www.nemia.com/tasteful/kinpun/howto.htm

参考URL:http://www.nemia.com/tasteful/kinpun/howto.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考URLみさせていただきましたよ。
結構詳しく載ってますね。すごく参考になりました。

お礼日時:2002/04/07 18:52

ちょっと検索したら金粉の塗り方や落とし方を説明したサイトがありましたので紹介しておきますね。


また入手の方法なども書いてありますので参考にして下さい。

やはり金属粉にサラダオイルなどを混ぜて塗るそうです。
    • good
    • 0

昔は、全身塗装すると数十分で皮膚呼吸が出来ないために死ぬという事を聞いた事がありますが、海で遭難した人が皮膚呼吸が出来なくて死んだと言う事を聴いた記憶がありません。

全身塗装する場合皮膚から吸収される毒物が混入されていなければ問題は無いと思いますが責任は持ちません。(劇団などに問い合わせてください)

参考URL:http://www.enaa.org/BOARD3/messages/17763.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL見させていただきました。
解りやすいような解りにくいような・・・難しい漢字がいっぱい出てますね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/05 11:41

皮膚呼吸は全体の呼吸から見れば割合が少ないので、全く無くなっても肺呼吸で必要な酸素は補えるでしょう。



しかし皮膚呼吸による酸素は皮膚か皮膚に近い組織のために使われるので、全く無くなると皮膚などの組織にダメージがあると思います。

ちなみに体に塗っているのは塗料ではなく、金色や銀色の金属粉だと思いますよ。
これも毛穴などに入り込むために、体には良くないと聞いた事があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

金属粉なんですか・・・そういえば歌舞伎などの白塗りは何からできてるんでしょうか?
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/05 11:30

acerolaさんハワイに行かれたのですか。

羨ましい限りです。そしてあのパントマイムおじさん?が未だ健在なので安心しました。

さて、人の呼吸の割合は、肺呼吸が約8割、皮膚呼吸が約2割です。皮膚呼吸は20%もしめる重要な役割をしています。ところでどの程度呼吸がもつか否か?それは全くの個人差です。

芸人で根性と気力があれば、永遠でしょう。要は通常の2割減の呼吸量でどれだけ持つかがポイントです。まさに気力との勝負と思います。あのおじさんなら永遠だと思いますよ。ところでチップ渡しましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

通常の8割ですか辛そうと言えば辛そうだけど何とかなりそうな気もしますね。
ちなみにチップ渡してません。残念ながら・・・
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/05 11:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水いぼは繰り返しますか?

2歳の終わり頃、水いぼが全身にでき、皮膚科に通って半年程でキレイさっぱり完治しました。
ところが昨夜「背中が痛い」と訴え、みてみるとニキビが潰れたような感じのポッチが一つだけありました。乾燥肌なので、かいてしまったのだろうと気にとめなかったのですが、今朝「いっぱい出来てるよ?」と言うので見てみると全身赤いプツプツが!!
昨日はなかったのに・・・。見た目は水いぼと同じですが水いぼって繰り返すのでしょうか?あれから時が過ぎて現在5歳になります。
水疱瘡・はしかは予防接種しています。今日の休日当番医は皮膚科がありません。水いぼなら明日まで待ちますがもし違う場合・・・と考えると、専門ではない内科に今すぐ連れていくべきか悩みます。
水いぼとコレは似てるよ、や見分け方など、何かありましたら教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

水イボは、繰り返しますよ。

幼稚園等に通ってるなら、夏は特に要注意です。
プール等、水遊びの時に、移る可能性があります。

水疱瘡の、可能性もあります。予防接種は、あくまで予防なだけで、絶対ならないわけではないです。
酷くはならないとは、思いますが。
熱はないですか?
元気で、掻く様子がないなら、明日でも良いと思いますが、気になるなら、今日救急で、見てもらっても、良いと思いますよ。

Q全身麻酔の際の人工呼吸器について

来週、卵巣のう腫の手術を行います。
手術の際は全身麻酔のため人工呼吸器を装着しますが、装着する際は麻酔下にあるので良いとして、意識が戻った時に苦しくてパニックになったりしないのでしょうか。
口から、かなり奥の方までパイプが入るのですよね?
私は口から何かを挿入することにかなり強い反射がはたらくため、歯科の治療や胃カメラなどでもかなり先生をてこずらせてしまいます。
術後、意識が戻った自分が人工呼吸器に過剰な反射をし、呼吸ができずに死んでしまうのでは・・・と、手術そのものよりも不安に感じています。
人工呼吸器をつけた経験のある方、どのような感じだったか教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

 卵巣膿腫でしょうから、通常は術後ICU、人工呼吸管理は無いでしょう(稀にそういう方も居られますが)。
 
 で、麻酔中の気管挿管と人工換気ですが、まず最初に気管に管を入れる時は、「ほとんどの場合」意識が無い状態で行います。ただ、患者さんの状態によっては、「意識がある状態で、なるべく苦痛は減らしながら、ご協力をいただきながら」でないと気管に管を入れられない場合もございますので、一概に「絶対大丈夫」とは言えなかったりします。そのあたりは、事前に患者さんを診察すると「多分ならないだろう/なるかもしれない/絶対あぶない」みたいな事はある程度判りますので、麻酔科の先生のお話を伺ってください。
 
 さて、問題はsoota1968さんもおっしゃる通り、意識が戻った後の話です。
 実は、麻酔による事故を防ぐためにも、一般には「完全に意識が戻り、筋力も戻り、咳き込みや飲み込みが出来る事を確認するまでは、気管の管を抜いてはいけない」と言われております。ですので、苦しませるのは可哀想なのですが、生命の安全を確保するために、多くの麻酔科医が上記のような手順で管を抜いております。
 マトモな病院であれば、患者さんが覚醒する時には必ず麻酔科医が立ち会っておりますので、意識その他が戻って苦しがるようなら速やかに気管の管を抜くことと思います。また、麻酔科の先生のポリシーによっては、患者さんの希望を汲んで「意識が戻る前に気管の管を抜く」という方法で麻酔をしてくれるかもしれません(私のように、気管の管を抜いた後に呼吸が出来なくなって患者さんが死にかける、なんて経験を何度か見ていると、なかなかその様な事はしたくありませんが)。
 本当に酷い病院では、手術が終わって意識が戻っても麻酔科医がそばに居らず、人工呼吸器と患者さんの呼吸が上手く同調しなくて・・・なんて事も無い訳ではありませんが、そのあたりは担当麻酔科医の先生(もしくは主治医の先生)に、半分冗談めかして(←ここ、大事)『~なんてことは、この病院では無いですよね?」と事前に一言尋ねておくと、まず大丈夫かと思います・・・(汗)。。。

 いずれ、一番大事な事は、「不安を、きちんと麻酔科の先生に伝えておく」という事だと思います。直接言いづらければ、看護師さんを通してでも相談なさってはいかがでしょうか?なんなら、「自分が質問した」ということを内緒にして、このページをプリントアウトして「こんな事を見ちゃって、不安で不安で・・・」という手もあるかもしれません。

 手術が無事終わる事を、祈念しております。

 卵巣膿腫でしょうから、通常は術後ICU、人工呼吸管理は無いでしょう(稀にそういう方も居られますが)。
 
 で、麻酔中の気管挿管と人工換気ですが、まず最初に気管に管を入れる時は、「ほとんどの場合」意識が無い状態で行います。ただ、患者さんの状態によっては、「意識がある状態で、なるべく苦痛は減らしながら、ご協力をいただきながら」でないと気管に管を入れられない場合もございますので、一概に「絶対大丈夫」とは言えなかったりします。そのあたりは、事前に患者さんを診察すると「多分ならないだ...続きを読む

Qいぼコロリ

お腹のあたりにいぼらしきものが出来たため、いぼコロリを買って来ました。注意事項のところを見ると、水いぼ、扁平ないぼ、群生したいぼ・・には使用不可とありましたが、お腹のいぼは三個一箇所に出来ており水いぼかどうかの区別方法も解りません。どなたかご存知の方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

みずいぼの場合は、かゆみがあります。かゆいのですか?
みずいぼは子供のころによくできて大人になるとほとんど出ないと思います。
またみずいぼは増えます。痒くてかきむしったりしたらすぐに増えてきます。
みずいぼは特殊なピンセットでつまんで取ります。
塗り薬でも治療はできます。

 皮膚科で診てもらうことをお勧めします。
みずいぼ以外のいぼでしたらドライアイスでの冷凍切除?やレーザーでの治療を行ってくれます。
皮膚科でも1回では完全に除去はできません。1~2週間に1度のペースで数回通う必要があります。

私は皮膚科で取ってもらいましたが、しばらくすると違うところにいぼが出てきます。特に害も無いので最近はあきらめてほったらかしです。

 ただし皮膚科の先生に忠告されたのですが、男性の場合は口の周りにできたらすぐに治療した方がよいとの事です。
髭剃りなどでいぼを傷つけると増えてしまい、手に負えなくなるからだそうです。
女性の方でもムダ毛の処理をされる場所は同じだと思います。

素人が適当に判断するのは危険だと思います。
やはり専門医や薬局で相談するべきではないかと思います。

ご参考までに。

みずいぼの場合は、かゆみがあります。かゆいのですか?
みずいぼは子供のころによくできて大人になるとほとんど出ないと思います。
またみずいぼは増えます。痒くてかきむしったりしたらすぐに増えてきます。
みずいぼは特殊なピンセットでつまんで取ります。
塗り薬でも治療はできます。

 皮膚科で診てもらうことをお勧めします。
みずいぼ以外のいぼでしたらドライアイスでの冷凍切除?やレーザーでの治療を行ってくれます。
皮膚科でも1回では完全に除去はできません。1~2週間に1度のペースで...続きを読む

Q全身管理できる医者になりたい。

全身管理できる医者になるにはどのような進路を取ればよいのでしょうか。
外科の中にはいろいろあるし、小児科はどうなんでしょうか、、。

Aベストアンサー

ご存じの通り、最近研修医の制度が変わり、医師免許取得後2年はいろいろな科を回らなくてはならなくなりました。これにより、いろいろな弊害も起きていますが、研修医たちにとっては、少なくとも、医者として、いろいろな科を回ることが出来、幅広い知識を身につけることが出来ると思います。
但し、手術や、検査治療などの手技は、短期間で習得できるものでは全くないわけで、あくまで「さわり」の状態ですね。かつ、知識と言っても基礎知識であり、とても最先端には及びません。

「外科」と「小児科」とありますが、
「外科」は、少なくとも臓器の数だけ手術方法がありますし、最近は縮小手術として内視鏡が登場し、さらに困難な手技が増加しています。これらは知識として持っていても、手技が出来るわけではないというのが慈恵の泌尿器科前立腺内視鏡手術の事件でも明かです。
少なくとも、「小児科」は、小児の全身の病気を扱うという意味では、「全身を診る」のかもしれませんが、結果的に大人の主たる「癌」などは扱いませんね。あくまで「小児」の範囲です。
「内科」は、平たく言えば薬でどうにかしようとしているわけですが、内視鏡や、血管造影の手技を用いた治療(やっぱり、手技系です)もかなり進んでいます。これらも、「外科」同様知識があっても手技はうまくなりません。
「救急」の場合は全身を診ます(どんな患者でも扱います)が、あくまで「救命」が第一ですので、残念ながら結果的に「その場しのぎ」になることもあります。

しかしながら、各科それぞれの特徴を十分に生かして、医療として役に立っているのは事実です。
ただ、西洋医学は「急性期」には強いけれど、「慢性期」には弱い印象があります。
非西洋医学を「代替医療」と最近は言いますが(東洋医学はそのごく一部です)、こちらは全体的には「慢性期」に対して一定の効果があると思いますし、予防医学的には充分役に立つと思います。
西洋医学・非西洋医学がうまく融合出来るといいですね。

ご存じの通り、最近研修医の制度が変わり、医師免許取得後2年はいろいろな科を回らなくてはならなくなりました。これにより、いろいろな弊害も起きていますが、研修医たちにとっては、少なくとも、医者として、いろいろな科を回ることが出来、幅広い知識を身につけることが出来ると思います。
但し、手術や、検査治療などの手技は、短期間で習得できるものでは全くないわけで、あくまで「さわり」の状態ですね。かつ、知識と言っても基礎知識であり、とても最先端には及びません。

「外科」と「小児科」とあ...続きを読む

Qほくろ、いぼ、そばかす

ほくろ、いぼ、そばかす、これらを見分ける方法ご存知の方是非教えてください。(いぼコロリを使おうと思うのですがもしいぼでなかったらまずいので・・)

Aベストアンサー

いぼコロリを使う場所はどこですか?

ほくろは、全身にできます。黒あざの一種で小豆大以下の比較的小さなものをいいます。痛み・かゆみなし。
 
いぼは、ボコっと皮膚より上に飛び出ているものでは?指で触れるとでもいいますか・・・触ると痛いのもある。

そばかすは、主に顔の鼻から頬にかけて、小さな茶色いものが多数でます。
痛み、かゆみなし。

皮膚科に行かれてはどうでしょうか?

Q83歳の全身麻酔による脳梗塞手術は認知症を引き起こすのですか

二週間前に夫の父が脳梗塞。右半身麻痺で夜10時ごろ入院しましたが、翌朝麻痺がなくなり、現在後遺症もありません。
精密検査の結果首の後ろの血管が67%くらい詰まっている。
手術する場合、全身麻酔になるが高齢なので認知症となる可能性があるのであまり勧めないと医師に言われ、
家族でよく考えるようにと退院してきました。
地方の拠点病院ですが、83歳という年齢での手術経験はないそうです。
この病院での症例数が少ないからそういっているのでしょうか?それとも一般的に高齢者の全身麻酔は危険なのでしょうか?
東京などの大きな病院で手術したほうがいいのでしょうか?
現在血液をさらさらにする薬を飲んでいるそうですが、血管が細くなった状態でもそのままにしていたほうがいいのでしょうか?その場合、気をつけることはありますか?

Aベストアンサー

はじめまして.ご家族が大病を患われご心配かと存じます.

>全身麻酔になるが高齢なので認知症となる可能性がある

 若い方なら認知症は考えなくても良いのですが,ご高齢の方ですと手術後の回復が遅れたり,様々な合併症が起きる可能性があるため,離床するのに時間がかかる可能性があります.そうすると認知症になる可能性がある,ということです.当たり前ですが,高齢者の方が確率的になりやすい,という事が前提です.そうならない方がいらっしゃるのもまた当然のことです.ちなみに,日本人男性の平均寿命は78歳程度,ご家族のご年齢を考えると医者がこのようなお話をするのはやむをえないと考えられます.これは,どんなに大きな病院に行っても同じことです.

 セカンドオピニオンを求められることは良いことだと思います.この文面からでは詳しいご病状がわかりませんが,頚動脈の狭窄の治療では,今回提示された全身麻酔下での手術以外に局所麻酔しか使わないステント留置,という方法もあることはあります.世界的には既に行われていますが,日本では未だ保険適応になっていませんので,難しいとはありますが,83歳の方が受けるにはステントの方が望ましいと考えられます.

 ではお大事にどうぞ.

参考URL:http://www.ho.chiba-u.ac.jp/17/point/disorder/05.html

はじめまして.ご家族が大病を患われご心配かと存じます.

>全身麻酔になるが高齢なので認知症となる可能性がある

 若い方なら認知症は考えなくても良いのですが,ご高齢の方ですと手術後の回復が遅れたり,様々な合併症が起きる可能性があるため,離床するのに時間がかかる可能性があります.そうすると認知症になる可能性がある,ということです.当たり前ですが,高齢者の方が確率的になりやすい,という事が前提です.そうならない方がいらっしゃるのもまた当然のことです.ちなみに,日本人男性の平...続きを読む

Qいぼ?

4,5日前から左の乳首に小さないぼのようなものができ(ひとつだけ)、下着などに擦れてとても痛いです。ネットでページェント病を知り、産婦人科に行きましたがたぶんページェント病ではないとのこと。でも、原因不明で、いぼかどうかもわかりませんでした。抗生物質の軟膏をもらい、2,3日して痛みが引かないようなら外科に行って下さいと言われました。もしかしたら、そのいぼのような部分を切除する簡単な手術をするかもしれませんとも言われました。主人がいぼができやすい体質で、4,5ヶ月前に手や顔にできたいぼを皮膚科で治療し、最近は治ってましたがそれが移ったということもありますか?もし、痛みが引かなければ、やはり皮膚科ではなく外科のほうがいいですか?また痛みが引いたらいぼのようなものはそのまま放っておいても大丈夫ですか?いぼにははと麦茶が効くと効きましたが、いぼとわかるまでは飲まない方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

私はいぼ治療中の者です。いぼは移りにくいといわれていますが,ウイルスですから皮膚接触で移る可能性はあります。
病院についてですが,皮膚・形成外科があり,そこで外科的な処置もしてくれるはずです。皮膚・形成外科が良いと思います。
いぼは放っておくと広がっていく可能性,人に移す可能性がありますので治したほうがいいです。
はと麦についてですが,いぼウイルスをやっつける効果はありません。腸の調子を整えて,肌荒れを治す成分です。ですから,普段飲んでも問題はありません。

Q点滴について、自分は、熱を下げる効果と、全身の苦痛を和らげる効果がある

点滴について、自分は、熱を下げる効果と、全身の苦痛を和らげる効果があると思っていて、いつも、外来で具合の悪い時は依頼します。しかし、下記のサイトでは、何でも間でも点滴が効くわけではないとありますが、本当でしょうか?具合の悪い時に点滴は、下痢にしても高熱にしても、錠剤などの飲み薬よりは全然聞くと思うのですが、、、年寄りではないですが、チクっと1回だけ痛いだけで効果ありなので、今後も依頼すると思います。

http://www7.plala.or.jp/machikun/essay11.htm

Aベストアンサー

元来、点滴と言うのは補助的な要素が強く、痛みや症状の緩和を促す事が常識で、
下痢や栄養不足の一時的ナ解消をするために用いる事が、良いとされています。

解熱の作用もあるにはあります、薬などに頼りすぎると、
その効果が体が覚え始め、その効果の薬が効きにくくなり、
さらに強い薬を処方する事に成ります、その様な事をしているといすれ薬の効果で
死ぬ事になりかねなくなります。

点滴の効果は此処に違いがあり、薬と同じなのですが多用すると錠剤や粉薬と違い、
効果が薄れ始めるのも早いと聞きます。

入院暦の長い自分としては、痛みは痛み、苦痛は苦痛としてある程度は我慢して、
我慢できなくなった時には薬で緩和させる程度にした方が良いと思います。

Qいぼころりをペニスにつけるとどうなりますか

いぼころりをペニスにつけるとどうなりますか?ペニスと玉袋の境目にいぼができました。なのでいぼころりをつけると、ペニスの部分にもかかってしまいます。真面目な回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

基本的に疣は皮膚のどこにでもできます。ただ、生殖器付近は性病として別の名前で呼ばれます。おそらく市販薬の説明書にかかれていると思いますが薬がデリケートな部分につけばとんでもないほどしみると思いますし、治りずらいと思います。病院にもよるでしょうが皮膚科に受診してください。焼き切れる範囲を狭くはできるはずです。

Q子どもの全身麻酔

2才9ヶ月の娘の背中部分にある蒙古斑のレーザー治療を考えています。
その際には全身麻酔になると思うのですが、そのかけ方にもいろいろあると思います。
ご経験者の方がいらしたら、どのような方法を取って、お子さんの実際の様子はどのようなものであったのか…など、お話を聞かせていただきたく投稿しました。
不安な気持ちは強く、これから最低でも6回くらいは繰り返さなくてはいけない治療なので、最初の治療で怖い思いや痛い思いをできるだけさせないような方法を考えたいと思っています。
アドバイスいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

どのような病院で手術されますでしょうか?

うちの子は2回全身麻酔で手術をしていますが(ソケイヘルニアです)6ヶ月と1歳半でした。小児専門の病院で手術を受けましたので、親子とも相当詳しい説明をうけました。2歳半ですともうある程度看護婦さんの説明がわかると思いますので、保護者とお子さんとに詳しい説明があると思います。病院によって色々な方法があると思いますので、参考にならないかもしれません。基本的には心配なことは担当の先生や看護婦さんに相談されたほうが良いと思います。

まず、全身麻酔を受ける準備として、事前検査がありました。2歳半だと自分で理解して我慢ができるかもしれませんね。レントゲン(じっとしている必要があり、泣いてしまうなどじっとしていられない場合はネットで固定されます)と採血(お子さんによってはこれもおおごとかもしれません)でした。

当日何がどのような手順で行われるかは、ビデオと練習用のガスマスクを使っての詳しい説明がありました。手術室に入るとどんな様子か、看護婦さんと先生はマスクをしているので顔がわからないけれどマスクの下はこんな顔だよ、手術室でかけておく音楽は何がいい?など。びっくりして泣く乳児などは自然にガスを吸い込むので問題ないそうですが、泣かない年齢のお子さんは逆にしっかりとガスを吸えるようにマスクをつけて練習していました。緊急の手術だとそうでもないかもしれませんが、我が家の場合はあらかじめ予定して受ける手術でしたので、子どもも親も不安にならないように当日何がおきるかしっかりイメージできるように本当に詳しく事前説明がありました。

どのような病院で手術されますでしょうか?

うちの子は2回全身麻酔で手術をしていますが(ソケイヘルニアです)6ヶ月と1歳半でした。小児専門の病院で手術を受けましたので、親子とも相当詳しい説明をうけました。2歳半ですともうある程度看護婦さんの説明がわかると思いますので、保護者とお子さんとに詳しい説明があると思います。病院によって色々な方法があると思いますので、参考にならないかもしれません。基本的には心配なことは担当の先生や看護婦さんに相談されたほうが良いと思います。

まず、全...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報