日経に、経済学者の(?)トービンがケネディ大統領にスカウト(ちがうか・・)されたときに、「私は、象牙の塔の住人ですから云々」といったやり取りが載っていましたが、ぜんぜん意味がわかりません。ケネディも「僕も象牙の塔の住人だから~」といったらしいのですが、この逸話は、もしかしたら経済に明るい人なら有名な話なのかと思い、質問させていただきました。
コーナーが違うかもしれませんが、この意味をどなたか教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「象牙の塔」とは、現実社会から隔絶され、浮世離れした学者・研究者、又は彼らがこもっている大学なんかを揶揄していう言葉です。



ケネディー大統領の経歴は詳しく存じていないのですが、「研究者の学問は実社会(政治)では役に立たない」という事を自嘲的に言ったものと解釈できるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

象牙の塔の意味がわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/05 16:14

 この逸話は初めて聞きましたが、聞く限りでは、


 トービン氏の言う”象牙の塔”は、「学者の住む世界」を表す隠語(?)ですので、氏は「私みたいな学者には実際の政治など、、、」という意味で言ったと思われます。
 これに対して大統領の言った象牙の塔というのは、単にホワイトハウスが象牙でできているという事なんでしょう。つまり大統領の「小粋なアメリカンジョーク」というわけではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。象牙の塔の意味がわかりました。

お礼日時:2002/04/05 16:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報