私は今月の5日から大学に入学します。そして入学後は大学に通いながら,1年の頃からコツコツと司法書士の試験に合格するため,勉強に励もうと思っています。出来れば大学在学中にでも試験に合格したいのですが,実際にそういう方はいらっしゃるのでしょうか??そうするためにはどのくらいハードに,そしてどのような勉強をすればいいのでしょうか?私は大学入学後はぜひサークルなどにも参加したり,バイトをするなど,大学生活をより有意義にするような事にもどんどん参加したいと思っています。でも,大学在学中に試験合格を目指すなら,こういった時間もさくべきですか?私の考えは甘いとか,そんなにあせらなくてもいいと思う方がいらっしゃるかもしれませんが,どうぞ私にアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 それはキツイよ。

基本的にバイトしながら資格勉強をすると、多浪の現況になります。某国立のT大やK大生なら、そういう芸当が可能ですが、沖縄在住ということはその二大学じゃあ無いようですしね。独学はきついですよ。家族がそういう業界人ならまた違うんでしょうけどね。

 受験生は予備校に行って仲間を作って受験生同士つるんで切磋琢磨してグル-プ学習するのが最適です。政治家だって「勉強会」と称して多人数で勉強してるでしょ!大学からは今までのような個人プレイの勉強方法ではなく、登山のようなパーティーを組む勉強スタイルが最も合理的ですよ。口述試験もあることだし、独学の悪い点がもろに出ますよ。大学受験のようなイメージで勉強していたのでは、法律系の資格は到底取れませんよ。

 今のままだと私の二の舞になるか、早めに受験をドロップアウトして就活するという末路を辿ると思いますよ。きついことばっかりいって恐縮ですが、書士は受験科目がかなり多いですし、大学で授業をやっていない科目ばかりですからねぇ。民訴や民法、商法はそれでもいいでしょうけど、他はやらない科目ばかりですからねぇ…
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。kaakunさんの助言を参考にして,これから一生懸命勉強に励みたいと思います。

お礼日時:2002/04/10 17:12

>地方で法律関係の仕事をするなら複数の資格を取るといいと以前本で読んだので,まだ確実にどれとは決めていませんが,司法書士の資格の他にも何か資格を取ろうとは考えています。

<っていうのを読ませていただくと、司法書士という仕事とか試験とかが何もわかっていないのでは?と思えてしまいます。司法書士について司法書士試験についてもっと基本的な情報を集め理解するのが先なのではないでしょうか。本気でめざすならそういうことだけでも数ヶ月要しますよ。厳しい意見が続いてしまうようですが、すいません、思うところを書きました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。でも,私は司法書士の仕事について,そして試験についてちゃんと調べた結果,司法書士という仕事に惹かれたから,この資格を取りたいと思ったんです。こんな取得するのが困難な試験を受けてまで,どんな仕事かも分からない職業を目指すほど,私はバカじゃありません。そんな印象を私が与えてしまったなら仕方ありませんけど。

お礼日時:2002/04/10 17:08

 そんな甘っちょろい考えはダメだよ。

二年後には中途半端な資格試験勉強に就職活動になりますよ。あなたは関東にある某国立のT大や、関西にある某国立のK大生なら何も言いません。

 司法試験や司法書士受験生を狙おうと学生はとても多いですが、やはり就職活動が始まる「大学三年生中に必ず取る!」という気合で全てをかなぐり捨てて勉強した方がいいですよ。

 三年生になるとみんなリクルートスーツに身を包んで、資格試験受験組だけがなぜか取り残されたような疎外感にかれてドロップアウトする学生が非常に多いです。「このまま勉強しても…」とか、「さっぱり成績が上がらないし…」と思ってやめると、今度は就職活動も中途半端…結局へんてこりんな胡散臭い会社に就職というのが相場です(私がそうだった)。

 LEC(東京リーガルマインド)や早稲田セミナーといった法律系資格試験予備校(高田馬場界隈にある)に通ってチャッチャカ取らないと、私のような末路を辿りますよ。連絡先は104で聞いてみてください。日時にあった説明会を一度聞きにいってみてください。

 私的にはまず手頃な宅建や行政書士などを狙ってみてからでも遅くないと思いますが…それをやってみて、あなたに法律の勉強が合わないようでしたら、進路変更するのは容易ですから。くれぐれも資格と就職にはさまれて「虻蜂取らず」にだけはならないでくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

甘い私の考えに厳しいご意見ありがとうございました。私は沖縄在住なのですが,地方で法律関係の仕事をするなら複数の資格を取るといいと以前本で読んだので,まだ確実にどれとは決めていませんが,司法書士の資格の他にも何か資格を取ろうとは考えています。やはり司法書士の資格をとる前に,他の司法書士より下のランクの資格に挑戦してみた方がいいのでしょうか?それと,やはり早稲田セミナーやLEC,日本司法学院などのスクールに入るか,通信講座を受けるかした方がいいのでしょうか?私も以前最初の1年は日本司法学院の短期12ヶ月合格講座というもので基礎を身につけ,その後で早稲田セミナーやLECの答案練習会を受けると良いと聞いたので,これらの講座を是非受けたいのですが,私の大学の授業料や,自動車を購入したりしたため,今これらのスクールの講座を受けるお金はありそうにありません。ですから,出来れば参考書を購入し,少なくとも最初の1年程は独学で頑張りたいのですが,それはやはり難しいのでしょうか?

お礼日時:2002/04/06 11:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司法書士への報酬費用

何度かアドバイス頂き、先日「司法書士の無料相談会」に行って来ました。
最終的には司法書士を通じての債務整理の方向で進めようかと思っています。

そこで質問なのですが司法書士への報酬費用の相場を教えて下さい。
無料相談で相談した司法書士曰く、
「1社につき@40,000/減額実績の20%」との事でした。

少しでも「安くて信頼できる」司法書士にお願いしたいと思います。
上記金額は平均的な相場なのでしょうか?

都内でお薦めの司法書士等いらっしゃれば併せて紹介頂ければ幸いです。
(23区内であれば場所は問いません)

Aベストアンサー

1社につき42000円(税込み)はどこも大体同じです。
減額成功報酬20%は高いですね。
ない所もある位です。

さくら中央法律事務所(四谷)
あゆみ法務司法書士事務所(高田馬場)

ネットで調べて見て下さい。
電話相談は無料ですから先に「減額成功報酬」をとるのかどうか聞いてみて下さい。

2つとも電車の広告に出てますので、怪しくはないと思いますよ。

Q行政書士・司法書士の大学在学中合格について

皆様はじめまして。
私は今年大学の法学部に入学したものです。
私が法学部に進学しようと考えたきっかけは、中学生の時に弁護士になりたいと思ったことでした。
しかし、司法制度の改革により法科大学院に進まなければならず、
金銭面でかなり難しくなってしまいました。
旧司法試験での現役合格も考えたのですが、あまりにも現実的ではない(私が受けることが出来るのは、旧司法試験最後の1回のみです。)と思い、大変悔しいのですがあきらめることにしました。
私の家はあまり裕福ではないので、(大学も、私のために無理をして通わせてくれています。)親からの援助は無理だと思います。
そうして考えた結果、今は無理でも長い人生の中で成就していこうという結論に至りました。

ただ、せっかく司法試験の勉強を必死にしようと思って大学に入学したのに、何もせず貴重な大学生活の時間を無駄にはしたくない(通わせてくれている親にためにも)と思い、以前から興味があった行政書士・司法書士の資格を取得しようと考えました。

そこで、皆様のアドバイスを聞かせていただきたいです。
(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?
出来たら、4年に進級するまでに合格をしたいです。

(3)試験科目はそれぞれ調べてあるので分かっているのですが、基本書・参考書はどういったのを使えばよいですか?
 皆様が実際に使ってみて、これは良かったと思ったものを教えていただけると大変嬉しいです。

(4)予備校等に通わないと合格は難しいでしょうか?
金銭的に現状は難しいのですが、必要であればバイトをして、お金を貯めたら通おうとは考えています。しかし原則、利用はしないつもりです。

生半可な考えでは通用しないというのは、十分承知しています。
しかし、そのための覚悟も出来ているので、ぜひ皆様の良きアドバイスを聞かせていただきたいです。
モチベーションを上げるためにも、厳しいご意見もお待ちしています。
どうぞよろしくお願いします。

皆様はじめまして。
私は今年大学の法学部に入学したものです。
私が法学部に進学しようと考えたきっかけは、中学生の時に弁護士になりたいと思ったことでした。
しかし、司法制度の改革により法科大学院に進まなければならず、
金銭面でかなり難しくなってしまいました。
旧司法試験での現役合格も考えたのですが、あまりにも現実的ではない(私が受けることが出来るのは、旧司法試験最後の1回のみです。)と思い、大変悔しいのですがあきらめることにしました。
私の家はあまり裕福ではないので、(大学...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
まずは入学おめでとうございます。
すでに有益な回答が寄せられているようですが、法学部生としてお力になりたいと思い回答させて頂きます。

(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

全く無謀とは思いません。きちんと計画を立て、努力すれば在学中に両方合格できるでしょう。

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?

私の先輩は、大学2年の秋に行政書士試験に合格しました。
難易度や科目から考えても、まずは行政書士ですね。
大学2年の秋に行政書士合格、4年の夏に司法書士合格という計画ではどうですか?
なぜなら、行政書士合格後、登記関連の法律の勉強や、行政書士試験の勉強で得た知識を、司法書士試験の出題形式や傾向にあわせていく作業が必要だと思います。
そうすると、司法書士は3年の夏だと少し間に合わない気もします。3年の夏は挑戦のつもりで、4年の夏が本番くらいが現実的かと思います。

(3)試験科目はそれぞれ調べてあるので分かっているのですが、基本書・参考書はどういったのを使えばよいですか?

まずは民法からはじめるのがいいと思います。次に憲法。民法、憲法までは1年の間にやりつくしましょう。
大学の春休みは長いので、1年生が終わった後の春休みから、行政法、商法を始めるくらいがいいかと思います。
参考書は、Wセミナーのコンパクトデバイス、伊藤塾の試験対策講座、LECのC-BOOKあたりの読みやすいのがいいと思います。
行政書士、司法書士の試験は論文の出題はありませんが、可能な範囲で司法試験などの論文問題集に目を通してみると理解がぐっと深まるかもしれません。
民法の勉強できっちり法的思考力を磨いてください。これは本当に大事です。
せっかくの法学部なんですから、授業のみならず、いろいろ教授に質問しましょう。

(4)予備校等に通わないと合格は難しいでしょうか?

行政書士は、法的思考力を身につければ、あるいは暗記の力技で、予備校抜きで何とかなるでしょう。
ただし、最近行政書士試験が少し変わって、記述形式の問題について、暗記では対処しづらいような印象も受けます。
しかし、司法書士については短期で合格するには、予備校のノウハウを利用するほうがいいかも知れません。
いずれにしても、まずは行政書士でしょうから、行政書士試験合格後に、司法書士の過去問を解いてみて、予備校抜きでは不足だと感じる部分だけでも、おそらく登記関連の法律や、記述式の試験の部分になると思いますが、予備校を利用することを検討してみてはどうですか?
検討するのは行政書士試験合格後ないし2年から3年になるときくらいでいいかと思います。
勉強の妨げにならない程度で、社会勉強だと思ってバイトをすれば、2年後には、必要最小限の予備校費用は稼げなくもないかと思います。

最後に、途中でも書いたアドバイスですが、法的思考力を身につけてください。
高校の勉強の延長気分で勉強すると、暗記に陥りがちで、力がつかないことになりかねません。
きちんと条文を読んで、どのように解釈されているか、文言に忠実なのか、広げて解釈しているのか、限定して解釈しているのか、なぜそのように解釈されているのか、なぜその解釈の必要性があるのか、なぜその解釈が許されるのか、不利益を受ける人はいないのか、というような視点を持ってみるといいと思います。

頑張ってください。

はじめまして。
まずは入学おめでとうございます。
すでに有益な回答が寄せられているようですが、法学部生としてお力になりたいと思い回答させて頂きます。

(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

全く無謀とは思いません。きちんと計画を立て、努力すれば在学中に両方合格できるでしょう。

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?

私の先輩は、大学2年の秋に行政書士試験に合格しました。
難易度や科目から考えても...続きを読む

Q司法書士への報酬は

私の土地の 十分の一を長男に 十分の一を長女に

贈与して登記する場合の 司法書士への 報酬と

私の土地の 十分の二を 長男に 贈与して登記する場合の司法書士への

報酬とで 差は あるでしょうか。

Aベストアンサー

現在司法書士の報酬は定められた報酬の上限額以内であればいくらにしても良いこととなっているそうです。
つまり応談ということです。

質問の主旨とは異なりますが、もし相続税対策や贈与の控除内で持分を少しずつ分けていこうとされるなら、これは将来大変むつかしいことを発生させる要因になることがありますので書かせていただきます。

まず子供さんたちが未成年の場合・・権利の変動(登記を要する)がある場合には裁判所で特別代理人の選定が必要になります。

成人の場合・・たとえば嫁いだ長女さんの担保提供がなければ、長男さんは住宅ローンは組めません。また長女さんは長男さんの連帯保証人を求められる場合も発生します。お互いに連帯責任が生じるため家が建たないということもあります。

 次に相続発生の三年前まではさかのぼって贈与分が相続財産に加算されることはご存知でしょう。円満に相続分割できれば良いのですが、一物を複数が所有することのデメリットは計り知れません。

短い文面からでもこのような杞憂でないことをおもいました。

Q司法書士試験に合格された方に質問があります。司法書士試験に合格したときの感覚を呼び戻して、再現して頂

司法書士試験に合格された方に質問があります。司法書士試験に合格したときの感覚を呼び戻して、再現して頂けますか?
①何が見えましたか?
②何が聞こえましたか?
③身体の状態はどんな感じでしたか?
④どんな味がしましたか?
⑤どんな匂いがしましたか?

答えにくいものについてはスルーして頂いて結構です。合格したときがどのような感覚なのが知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

行政書士共々頼りない資格でした!今もそうですが。銀行や不動産屋の小判鮫ですから!とりあえず簡単なので取ってみたって感じです。司法試験から比べれば月とすっぽんですから!今も民事の法廷ではカッコ悪いだけの資格です。

Q司法書士さんの報酬について

お世話になります。
司法書士さんの報酬について質問なんですが、
中古マンションを購入する場合、金額は3,500万円でローンなしだとすると所有権移転登記のみだと思うのですが(間違っていたらすみません)
この場合の司法書士さんの報酬はいくらぐらいになるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不動産屋ですので司法書士を使うことは多いですが、請求される金額は司法書士によって色々です。地域によっても違ったりします。
おっしゃる通り、仕事としては所有権移転だけですが、所有権移転の報酬だけ請求してくる人もいれば、所有権移転の報酬の他に、日当、立会料、交通費などたくさんの項目で請求してくる人もいます。登記事項証明書を取る手数料を請求してくる人もいます。また、我々のようなプロ相手の場合と一般の方を相手の場合とでは、請求の内容が違う人もいます。
安い時で数万円、高い人は10数万円というのを聞いた事もあります。(登録免許税は除いてです)
あまり回答になってませんが、長年この商売をやっていても司法書士の報酬についてはいまだによくわかりません。

Q社会保険労務士試験の受験資格は、大学卒業ではないと得られないのですか?又、試験に合格した際に実務経験

社会保険労務士試験の受験資格は、大学卒業ではないと得られないのですか?又、試験に合格した際に実務経験が無いと免許が得られないのでしょうか?社会保険労務士のサイトに行き説明を読みましたがいまいちよく内容が分かりませんでした。ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

高卒や専門学校卒でも受験は可能ですよ
http://www.sharosi-siken.or.jp/exam/shikaku.html

実務経験2年以上又は事務指定講習の修了後に連合会に備える社会保険労務士名簿に登録する事で資格が得られます。

Q司法書士への報酬について

司法書士に対して不動産登記の報酬を支払いました。
請求書には

      登録税・印紙税等    報酬
所有権移転  262,200  25,000
消費税              1,250
源泉税              1,500
となっています。

仕訳は
支払手数料  26,250/現金286,950
租税公課  262,200/預り金1,500

支払手数料  288,450/現金286,950
              /預り金1,500
どちらが正しいのでしょうか

また
支払調書に記載する司法書士への報酬の金額は
26,250円か288,450円のどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

前者(租税公課の出てくるほう)の仕訳が正しいです。
登記印紙代の262,200円は司法書士への報酬ではなく法務局(国)に支払う手数料ですので司法書士への報酬額は26,250円です。

Q司法書士の模擬試験がボロボロでも本試験で合格出来た方いますか?また、そ

司法書士の模擬試験がボロボロでも本試験で合格出来た方いますか?また、それ以外の方でも、模試ではどのくらいの点数を取っていましたか?出来れば、模試が全然出来ないのに合格できた方のアドバイスや模試の点数などを教えていただきたいです。模試が12,13点とかしか取れて無くても本当に合格できる人はいるのでしょうか?たくさん勉強しても模試の成績が一向に伸びない上に、こんなひどい点数だと、考え方や法律的な思考などの問題で向いてないと思うのも無理ないですよね・・・。調べると、模試で30点以上を取ったというのをよくみかけますが、正直信じられません・・・。


ていうか、司法書士試験ってなんであんなにボーダーが高いのでしょうか。。。高すぎます。もっと世間に知らせるべきですよね。満点近く取らなきゃ合格できない試験なんて・・・。話がそれてすいません。前段の質問だけに答えていただければ助かりますのでお願いします。

Aベストアンサー

1 予備校の模試は、あくまで模試です。例えば、特定の予備校の模試・教材をある程度こなせば、その予備校の模試の成績は当然上がります。予備校の模試が本試験の傾向から外れている独りよがりなものであれば、本試験からずれてしまいます。模試は、本試験であがらないためのものだと思っていました。但し、予備校は、それなりに出題傾向を意識して作成していますから、同じような問題が出ることもよくあります。そういう意味で利用しがいがあります。
2 3年間本気で勉強して模試の成績、本試験の成績が全く伸びないようでしたら、勉強方法が間違っているものと思われます。たとえば、司法書士の試験は暗記だ、なんて思っていると伸びません。基本書に記載していることを心の底からなるほど、と思える位、読み込めば合格ラインまで到達するはずです。
ちなみに「心の底からなるほど」、というのは、他人にわかりやすく説明できる位です。 
3 本試験は満点を取らなくても合格できます。落としてはいけない問題(正答率の高い問題)を落とさず、それにどれくらい上乗せできるかだと思います。        

Q司法書士報酬について

過払い金請求の司法書士報酬について。実家が会社経営をしていて5年ほど前、資金繰りに困って3社の金融会社から150万ほど借りたそうです。無事完済しましたが、過払い金を請求できることを知り親戚に紹介された司法書士事務所に相談にいきました。すると180万ほど戻ってくることになり、とても喜んだのですが…

司法書士報酬として25万ほど差し引かれることになりました。もちろん司法書士さんがいなければ1円も戻ってこなかったし、私たち素人にはできないことをしてもらったので言われた通り払うつもりです。でも、そこのホームページの料金表には26,500~と記載されており、明確な金額も事前に言われなかったので25万と言われたときは驚いてしまいました。3社もあるし、金額的にも180万と高額なので妥当なのでしょうか?25万払ったとしても155万は戻ってくることですし、司法書士の方に不満をもっているわけではありません。むしろ感謝しています。ただ金額的にどうなのか聞いてみたいだけです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

26,500~というのは最低金額で
返還される金額によって20%程度の金額を支払うこことになっています
契約時に必ず説明されたか契約書に記載が有るはず
それが司法書士のもうけになります
弁護士でも同じ
報酬が歩合なのでがんばって仕事してくれる訳ですよ

Q弁護士試験に合格したあと、違う仕事をつづけて、五年後とかに弁護士に試験なしでなることは出来るんですか

弁護士試験に合格したあと、違う仕事をつづけて、五年後とかに弁護士に試験なしでなることは出来るんですか?

Aベストアンサー

何の問題もありません。

特に制限のある資格(研修の受講義務等)でない限り、試験合格の記録も残りますし、合格特典も残るのです。

司法試験合格までされる方ですと、研究者などになったり、政治家になったりしている場合でなければ、基本的に裁判官・検事・弁護士のいずれかになると思います。

ただ、士業などと呼ばれる国家資格というのは、ご存知の通り資格試験合格だけで資格を名乗れず、士業の仕事もできません。登録をして初めて資格者として名乗ることができ、仕事もできるようになります。ここで登録ということを軽く考えてはいけません。登録=会への入会などとなるため、登録費用・入会費用・月額会費などが発生します。

資格試験合格時に試験に集中するために無職であったり学生であったりした場合、当然この費用は高いものですから、登録要件を満たしていても、登録できずに補助者などとして仕事を始めたりするのです。
就職先に士業事務所でこれらの費用の一部または全部を負担してくれる場合もありますが、各事務所の方針次第となりますからね。

この関係もあり、資格試験合格・登録要件充足した後、登録したくてもできない人も多いのです。

ちなみに、学生時代に合格した国家資格試験の合格証書などを補完し、定年退職後に登録開業をされる方もいますよ。弁護士ではあまりないと思いますがね。

何の問題もありません。

特に制限のある資格(研修の受講義務等)でない限り、試験合格の記録も残りますし、合格特典も残るのです。

司法試験合格までされる方ですと、研究者などになったり、政治家になったりしている場合でなければ、基本的に裁判官・検事・弁護士のいずれかになると思います。

ただ、士業などと呼ばれる国家資格というのは、ご存知の通り資格試験合格だけで資格を名乗れず、士業の仕事もできません。登録をして初めて資格者として名乗ることができ、仕事もできるようになります。ここで登録...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報