親が土地を売ろうとしていて、私は法律等まったくわからないので、
質問させてください。

購入希望の買主がおり、不動産屋を通さず、個人で売買をしようということに
なっているようです。これは、問題がないのでしょうか。
また、気をつけなければいけない点がありましたら、教えてください。

それから、売買の流れ等も教えていただけたら、大変助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 範囲が広いので難問ですね…^^; 挑戦してみます。


 主体に関するリスク、取引に関するリスク、物件に関するリスク、などが想定されます。これらは、重要事項説明書の記載事項として、契約書よりも専門的に詳細に記載されることになり、これが仲介業者が入らなければ交付されないことになります。
 主体については、貴方と相手方が売買契約の当事者となりうるか、例えば、農地法規制を受ける物件などは貴方は買主となることが事実上できない場合があり、相手方が真の売主でない場合、相手方が未成年者や破産者や成年被後見人で契約が取り消され得る場合、などがあります。
 取引に関して、取引は民法や関係法令に従って行われますが、手付金の扱いや通常行われる違約金の取り決めや扱い、あとから問題が発生した場合にどうするか、などということについて、市販の契約書に記載されていないようなことも重要事項説明書に記載されることにより、安心度は増すと思います。
 例えば既述の農地法違反契約などは違法なだけではなく強行規定といわれるように売買の効力自体が無効となり、墓地法の墓地、文化財保護法の文化財埋蔵地などの場合は、購入しても実際には使えない土地だったり意外な費用がかかるものだったり、市街化調整区域や道路法の道路に接していない建築制限、崖地による制限負担、その他土地の使用収益処分を規制する法律は何十もあり、ます。その他、嫌悪物件といわれる墓場や火葬場物件、自殺事件物件、暴力団事務所物件などやその隣接地であることなどがあります。
 以上のリスクはほんの一例で、土地を買うのには様々なリスクがあり、重要事項説明でさえ全てを完璧にすることは我々プロでも困難といえ、そのための保険に加入していたり、逆のこの説明がきちんとされていれば仕方ないものとされます。お化けが出ることを知らないで買った物件について業者が責任を問われたことについて、確か裁判所はお化けはそのもととなる事件が40~50年前であれば業者に責任がないという判断をしたと思いました。
 私自身も、売ろうと思う土地を調べたら以前そこは首切り場だった、火葬場だった、自殺物件だった、他殺物件だった、などという法律に馴染まない話で断念したことは何度もあります。
 脅かすわけでも、私が業界人だからいうのでもありませんが、仲介料は物件価格の3%に6万円と、それに対する消費税ですので、例えば500万円の物件なら21万円の別税です。そう考えると仲介料は、安いものではないかと思います。
 なお、重要事項説明書の書式はネットでも調べられると思いますし、宅地建物取引業法第37条あたりに説明すべき重要事項の内容が書いてありますので、この程度のものについてはご自身である程度調べられ、仲介人を入れないというのであればそれなりの合理性はあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても細かく分かりやすくご説明頂いて、とても感謝しています。
何しろ、何もわからない状態で、質問&補足をしてしっまったので、
わかりにくい内容で、ごめんなさい。
ご親切に回答してもらって、嬉しいです。
また、教えてくださいね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/04 21:37

 仲介業者は免許業者となりますが、宅建主任による重要事項説明により、この範囲に対して業者は責任を負いますので、紛争予防や保険的な意味でも業者を通すことにはそれなりの意味が出てくるといえます。

万が一のときで業者に責任がある場合には、その業者に弁済資力がない場合でも供託金や保証協会による弁済が受けられることがあります。
 直接取引も勿論可能で自由ですが、リスクヘッジの観点では、直接取引に際して法定より廉価に妥当な仲介料を支払うなどして、あえて仲介してもらったほうが安全かも知れません。

この回答への補足

ご回答、ありがとうございます。
価格の安い土地の売買の為、直接取引きをしようとしているようです。
私としては、価格に関わらず、土地の売買について良く知らない為、
不安を感じます。
よろしければ、どのようなリスクがあるか、教えていただければと思います。

補足日時:2002/04/04 07:33
    • good
    • 0

不動産業者を通さない売買は、問題ありません。



売買の進め方は、

1 話し合いで、売買条件を定める
2 売買契約書を作成し、互いに記名・押印する。
3 所有権移転登記をする。
4 市役所等に、固定資産税関連の届出をする。
5 不動産取得税(買主)、所得税(売主)を、所定の時期に納める。

・・・といったところでしょうか。
気をつけるべき点と言いますか、明確にすべき点は、

1 代金の額と支払方法
2 手付金の有無
3 所有権の移転時期(特に定めない場合は、契約成立時に所有権が移転しますが、通常は特約で登記完了時に所有権が移転するよう定めます。)
4 各種手数料等の負担区分

・・・といったところでしょうか。

他にも、いろいろと気をつけるべき点が細々とありますので、司法書士などにまかせると安心でしょう。

なお、土地が農地である場合は、農地法に基づく許可が必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
恥ずかしながら、何も分からなかったので、大変助かりました。
細かい内容で、大変わかりやすかったです。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/04/03 23:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業の 確定申告の やり方が よくわかりません どのように したら よいですか

個人事業の 確定申告の やり方が よくわかりません どのように したら よいですか

Aベストアンサー

勉強すれば分かります。
誰でもやってる事だから。


確定申告とは?初めての方に1から分かりやすく説明
http://biz-owner.net/kakutei/hajimete

白色申告での帳簿づけの方法
http://biz-owner.net/shiro/yarukoto

国税庁>…>事業主と税金
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto316.htm

頑張って下さい。v(^^;

Q土地と建物をセットにした不動産売買契約を締結しました。同売買契約書には

土地と建物をセットにした不動産売買契約を締結しました。同売買契約書には、建物が老朽化し、かつ耐震性も低いことから、建物は契約後に買主が立て壊し、かつ滅失登記をすることにしました。従って当該土地建物のうち、建物は無価値として評価し,売却することになりました。

そこで質問です。同建物はこれまで約1地億相当の建設、設備費を投じたものですが、売買契約に建物が無価値として扱われているので、土地建物譲渡申告に際して、建物の建設費用の控除はできないと考えますが、どなたか正解を教えてください。

なお、土地に関しては取得原価がはっきりしているので、問題なく土地売買益から取得価格を控除できるときると思います。

Aベストアンサー

建物取得費は、建築費用、設備費用、リフォーム費用などから
それぞれの減価償却費を引いた残存価格の合計になります。

手許にある建物関係の領収書等を整理して税務署に相談するのが
確実で早いと思います。

Q副業での個人事業の場合、屋号名義と個人名義で2種類確定申告が必要ですか?

教えて下さい。 昨年、週末副業で個人事業を始めました。これまでの給与所得者(不動産収入ありで毎年確定申告)としての個人名義での確定申告と、開業時に届け出た屋号名義での確定申告の、2通(種類)の「確定申告書B」を提出する必要があるのでしょうか? それとも、合算してひとつの「確定申告書B」を提出すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告は個人名で行うので、確定申告書は1通です。
所得額は、個人の所得全てを合算して計算するので、事業単位に決算書を作成して、確定申告書に所得額(給与・不動産・副業)を記入し、合算して算出します。

Q売買に関する法律、メーカー側を規制している法律について教えてください

現在メーカーを規制している法律と売買に関する法律について検索しているのですが中々分からず困っています。どんな法律があるかだけでいいので教えていただきたいです。

Aベストアンサー

メーカーがどの分野かが分かると良いかもしれません。
家電は下記参照して下さい。
売買に関しては記載が不十分で、まだ他にもあります。

参考URL:http://www.aeha.or.jp/02/j02.html

Q個人事業の確定申告とその事業主の確定申告

初めて質問させて頂きます。ご回答よろしくお願い致します。
■今年春より個人開業したいと思いますが、確定申告についてお尋ねします。事業所得と個人所得があると聞きましたが・・・。

■確定申告は、その個人事業所の「事業所得についての確定申告」とその個人事業所より給与をもらっている「個人(開業者本人)の確定申告」をしなければならないのでしょうか。

■年間売上が何千万となる可能性はなく、数百万でもどうか・・といったところです。したがって事業所得から従事者個人(開業者本人1名)の給与を経費として差し引くと事業所得はほとんど残らないことになりますが・・・。

■それであれば、事業所得の確定申告は不要で、その個人所得のみを確定申告すれば良いのでしょうか?それとも個人事業所はその開業者個人と一体と見なし、個人所得の確定申告だけで良い・・ということなのでしょうか?ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>事業所得と個人所得があると聞きましたが…

誰に聞きましたか。
そのような考え方はありません。

>その個人事業所の「事業所得についての確定申告」とその個人事業所より給与をもらっている「個人(開業者本人)の確定申告」を…

そのようなことはありません。

>事業所得から従事者個人(開業者本人1名)の給与を経費として差し引くと…

自分で自分に給与を払うことはありません。
事業で得たお金を生活費に回すことは「事業主貸」と言い、給与ではありません。

>それとも個人事業所はその開業者個人と一体と見なし、個人所得の確定申告だけで良い…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q対策として備えたく教えていただければありがたいです

私はとある宿泊施設で働いているものです。とあるお一人でお越しのお客様が連日にわたり他のお客様(不特定ですが楽しく談笑されている方達)に恫喝し、ここは静かに楽しむ所だ!馬鹿じゃないかなどといいつつも、御自身は大声で歌を歌われ、何度か、ご不満についてお伺いしてもなんでもないと仰るので諦めていたのですが、他のお客様とついにトラブルを起こし、いろいろとお話になるうち激昂され私もいままでの行為にたいしても如何なものか?と申しあげましたところ、保健所や町役場や郵便局(なぜ?)に通報し、相手にされないとわかると今度は警察に私の名前を通報しコイツは凶悪だから指名手配されていないか?などと問い合わせ、今度はNHK、地元紙にまで連絡。これって私は泣き寝入りするしかないのでしょうか?訴えを起こそうという気持ちはないのですがこのような性格をした方にいままで会った事もないので、今後何かされるとも限らないので理論武装か法律ではこのような形で迎え撃つ事ができないか、教えていただける方お願いいたします。、

Aベストアンサー

施設の利用規約に
「他の宿泊客と、トラブルを起こした場合は宿泊を拒否します」
「その場合は、連泊の予約があってもキャンセル扱いとし、キャンセル料金を請求させていただきます」
上記を書いてあれば、他の客に「恫喝」をした場合には利用拒否ができます。

>保健所や町役場や郵便局(なぜ?)に通報し、相手にされないとわかると今度は警察に私の名前を通報しコイツは凶悪だから指名手配されていないか?などと問い合わせ、

ここまでくれば、「迷惑行為に関する防止条例」に抵触する可能性がでてきます。
施設に関しては「偽計威力業務妨害罪」が視野にはいります。

この客は、他の施設でも同じ事をしており、従業員・施設に対して「因縁」をつけて「宿泊費」を負けさせては出て行くことを繰り返していると感じます。

Q個人での確定申告・・・

派遣で働いているものですが、派遣会社へ期限内に確定申告書を送付することが出来ませんでした。
その場合、来年一月下旬に個人で確定申告をすることになっています。
個人での確定申告って難しいものですか?
経験された方の経験だどお教えください。

Aベストアンサー

個人での確定申告は簡単です。

通常は以下のURLからパソコンで書類作成をクリック後、書面提出をクリックして、『既にご利用環境を確認済みの場合、こちらのチェックボックスから全ての項目に一括でチェックを入れることができます。』の下の以下のチェックボックスにチェックを入れ、

□このパソコンの環境における、下記のチェック項目については、全て確認済みです。

書類を作って印刷し、役所へ持っていくだけです。

https://www.keisan.nta.go.jp/h24/ta_top.htm

QYou Tube等から著作権のある動画や音声をダウンロードする行為は著作権法等の法律に違反しないのでしょうか?

 You Tubeに投稿されている著作権のある動画や音声をダウンロードすることは著作権法などの法律に違反しないのでしょうか?
 おそらく著作権のあるものを投稿するのは著作権法違反でしょうがダウンロードする行為についてはどうなのでしょうか? 

Aベストアンサー

著作権を侵害する行為は制作者に無断で使用することなので,ダウンロードすることに対しては違法性は問われません。

しかし,最近はダウンロード自体も違法となるような改正案が検討されているのも事実のようです。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20071030/1003993/

Q個人事業主で給与所得者の確定申告について

現在給与所得者にして、個人事業も行っているものです。
税務署に青色申告の申し出は行ってあります。
この場合、確定申告に必要なのは確定申告書Bのみでいいのでしょうか?

市販の確定申告ソフト(やよい)を使用したところ、給与所得に対応する入力が見つからなかったので、多少困惑しています…。

よろしくご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

>確定申告に必要なのは確定申告書Bのみでいいのでしょうか…

「青色申告決算書」が必用です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/13.pdf

あと、給与の「源泉徴収票」や、生保などを掛けているならその「控除証明書」なども。

>市販の確定申告ソフト(やよい)を使用したところ、給与所得に対応する入力が見つからなかったので…

それは、「青色申告決算書」を作成する過程でしょう。
事業所得と給与所得とは、青色申告決算書ではなく「確定申告書 B」で合算します。

Q不動産売買契約書

個人間での不動産売買を予定している者です。
隣地境界など諸々の問題?などは解決ずみで、所有権の移転登記等は司法書士に依頼する予定です。
さてそこで一つ気になることがあるのです。
それは不動産売買契約書の売買代金の欄には、アラビア数字(1、2、3・・・)、大字(壱、弐、参、佰、阡、萬・・・)のどちらで記入すればいいのでしょうか?
たとえば、1300万円の場合、
13,000,000円 or 壱阡参佰萬円 の どちらになるのでしょうか?
法律的にアラビア数字、大字のどちらかが不都合とかあるのでしょうか?
それともあまり気にする問題でもなくアラビア数字で簡単に記入すればいいのでしょうか?
よろしく願いします。

Aベストアンサー

法律的にどうこうという問題ではありません。数字のほうが偽造されやすいという事があります。ですから漢数字でも一、二、三は使いません。数字を使うならば、金13,000,000円也と頭に「金」を付けたり、-13,000,000円也と「-」を付けたりすれば良いでしょう。


人気Q&Aランキング