出産前後の痔にはご注意!

テレビの月10万円生活やドリームハウスで登場するような、首都圏への通勤県内で坪単価10万円前後の土地って存在するのでしょうか。
あるなら、どのように探せばよいのでしょうか。
ヒントでもいいので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

最近注目されているつくばエクスプレス周辺から少し離れた所だと10万円代であります。


つくばエクスプレス守谷駅から乗り換えが出来る関東鉄道常総線から、鉄道で10分くらいの所にある水海道駅の周辺だと10万くらいからありますよ。

つくばエクスプレス周辺は注目されているので値段が上昇しておりますが、そこから少し離れた所だと今だ注目はされていないので穴場ですよ。

通勤時間は水海道~秋葉原間が快速を利用して50分前後で通勤できますよ。
    • good
    • 1

土地ではなく、家の話になりますが…。



都内には、再建築不可物件というのがよくあります。

接道が2メートル以下だったり、建蔽率や容積率が超過していたりする物件です。

まともな銀行のローンは組めませんが、相場の半値程度で買えます。

再建築できなくても、全面リフォームしてしまえば新築と変わらないでしょう。

そうした再建築不可物件に的を絞って探してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

都内でもお勤め先により、通勤圏は変わってくると思いますが・・・。


常磐線が候補になる可能性があるのであれば、例えば、下記URLを参考にされてください。全物件は網羅されていないと思いますが、沿線のおおよその目安にはなると思います。

参考URL:http://www.ibaraki-homes.net/
    • good
    • 0

>坪単価10万円前後の土地って存在するのでしょうか。


⇒沢山ありますよ。  仲介業者が宣伝を多くしていると高くなりますが、
直接に探せばよいのです。

首都圏・・・・・広いですからね。
通勤でも、なるべく通勤地に近いほうでないと、首都圏に入ってから移動だけで1時間以上かかってしまいます。

この回答への補足

直接探すというのは、現地の不動産屋に行くということでしょうか?

補足日時:2006/10/11 19:49
    • good
    • 0

つい先日やっていた月10万円以内での生活のテレビ番組では、那須町が出てましたよ。

実際に、東京の新宿に通勤(新幹線通勤:定期代が月12万円だった!)している方に密着取材もしていました。
土地価格が、坪10万円だったかは覚えていませんが・・・

あと、首都圏(東京)への通勤が可能かどうかはわかりませんが、千葉県の白浜町も出てました。
    • good
    • 0

自宅から最寄の駅までが遠いほど安くなります



なので通勤片道3時間程度と仮定して
2時間を電車1時間を駅までの車移動とすれば
坪単価10万円前後の土地は見つけれると思います
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今年度分の国保がバカ高い

自営業で国保にしています。
家族3人で届出所得350万程度で国保が年間630,000円でビックリしました。
もうすぐ2人目が生まれるのですが、さらに高くなるかと思うと恐ろしいです。

以前住んでいたいところは割りと大きな都市でして、もっと安かったのですが、
今は地方に移住しており、自治体によって料金がこんなにも違うものかと驚きました。

家賃の差額分なんて軽く吹っ飛んでしまう勢いです。

国保が高い理由を役所に問合せると、未払いの人がいたり高齢者の医療費が増えているのが
原因だと言われました。
おそらく生活保護の医療費も、私たちが間接的に払っているような状況でしょうね。

30~40代の景気を支える世代に一番負担が大きいような気がします。

この高い国保、ホントに何とかならないものなんでしょうか。

減免とかありますが、年間所得33万以下とかが対象ってそんなアホな話しありますか?
33万以下でどうやって生活するのでしょうか。

半分以上愚痴になっていますが、対策は申告所得を意図的に下げるくらいしかありませんか?

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>対策は申告所得を意図的に下げるくらいしかありませんか?。

おっしゃるとおり、「税務署に否認されないのであれば」、「申告所得を意図的に下げる」のは有効な方法です。

ちなみに、「青色申告特別控除」は、適用されていますよね?

---
【所得と無関係】の「均等割」「平等割」などは、対策しようがないので、いかんともしがたいです。

なお、「所得による法定軽減」は、「加入者が多い」場合は、「所得の上限」も上がります。
とはいえ、「保険料を払うのなど無理」という状況を想定していますので、普通に所得があると軽減・減免はなかなか難しいです。

『国民健康保険―保険料が安くなる制度―保険料の軽減制度』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/_1_29.html
『国民健康保険―保険料が安くなる制度―保険料の減免制度』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/_1_1_1.html

(八尾市の場合)『保険料の軽減(減額)について』
http://www.city.yao.osaka.jp/0000013401.html
(神戸市の場合)『保険料の減免制度』
http://www.city.kobe.lg.jp/life/support/insurance/hokenryo/08_7.html

---
あとは、「保険者(保険の運営者)」自体を変えることも出来ないわけではありませが、かなり条件が限られます。

○「国保組合」の組合員になる

「国保組合」が運営する「組合国保」は、「市町村国保と比べて不公平だ」という声が出るように、「保険料が有利」な組合が多いです。

『公的医療保険の運営者―保険者―国民健康保険組合』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/_1_117.html
『国保組合連絡先一覧』
http://www.gennai.net/insurance/ins-national.html

○事業を「法人化」して、「厚生年金保険」と「協会けんぽ」に加入する

「職域の健康保険」は、「市町村国保」より保険料が軽くなるケースも多いです。
なにより、【保険料負担のない】「被扶養者」の制度がありますので、「厚生年金保険料」が「報酬月額」に比例して高くなるとはいえ、安く済むことも多いです。

『はけんけんぽ|被扶養者とは:審査の必要性』
http://www.haken-kenpo.com/guide/huyou_1.html
※これはあくまでも「はけんけんぽ」の基準です。

ちなみに、「厚生年金保険」には、やはり、保険料負担のない「国民年金の第3号被保険者」の制度もあります。

「年金保険」や「健康保険」など「社会保険」のために法人化するのは【ナンセンス】ですが、その予定があるならば、法人は原則「強制加入」ですから、保険料負担も変わります。

『社会保険に加入するべきか?』
http://www.gyouseishosi.org/kaishasetsuritsu/kaishashakaihoken/index.htm
『健康保険(協会けんぽ)の扶養にするときの手続き』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278
『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『第1号被保険者』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152

*****
(その他参考URL)

『国民健康保険―保険料の計算方法』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/_1_28.html
※「住民税(比例)方式」はなくなりました。

『国保保険料が高額な市町村ランキング』
http://blog.livedoor.jp/rankcom/archives/51612068.html
『国保保険料が低額な市町村ランキング』
http://blog.livedoor.jp/rankcom/archives/51612067.html
※平成20年度 所得金額200万円 夫婦・子2人 固定資産税額5万円の場合の【目安】です。

『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』(2008/10/02)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>対策は申告所得を意図的に下げるくらいしかありませんか?。

おっしゃるとおり、「税務署に否認されないのであれば」、「申告所得を意図的に下げる」のは有効な方法です。

ちなみに、「青色申告特別控除」は、適用されていますよね?

---
【所得と無関係】の「均等割」「平等割」などは、対策しようがないので、いかんともしがたいです。

なお、「所得による法定軽減」は、「加入者が多い」場合は、「所得の上限」も上がります。
とはいえ、「保険料を払うのなど無理...続きを読む


人気Q&Aランキング