今日、母に「あんたなんか信用してない」と言われました。
なので私も「信用されてない人に信用なんて出来ない」と言いました。
母に信用されていない私って一体、生きていて意味があるのでしょうか?

A 回答 (12件中11~12件)

考えすぎかと・・・


生きている価値を考える前に、「あんたなんか信用してない」と言ったお母さんの気持ちを考えましょう。
なんで、そんなことを言ったのか、相手を攻めるのではなく、相手の言葉を汲むことが大事です。

母親がそんなことを言うことって、よほど気分が悪かったり、虫の居所が悪かったり、ちょこっと疲れていたりしたのではないでしょうか。

お母さんを疲れさせていませんか?
自分を生んで育ててきてくれた人です、少しは恩を返すぐらいの気持ちで接してみてはどうですか?

わがままを聞いてくれていたころは、KARUPISUさんは、お母さんから見て子供だったのでしょう。
それを聞いてくれなくなったのなら、それは、KARUPISUさんを大人として意識し始めたんじゃないかな。
    • good
    • 0

信用されないのには訳があるのではないでしょうか?



●約束を守らない
●言った事を実行しない(言った事とやっていることが違う)
●時間を守らない
●お金にルーズ
●人を裏切る

これらを、お母さんに行ったことがありますか?
お母さんだって人間ですから、そういうことをされては信用しませんよ。
通常、親が子供を信用しないとか、見捨てるとかそういう物言いはしないものです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあんたあたしのことあんたあんたって言うけどあたしもあんたのことあんたあんたって言わないからあんたも・・・

題名にもありますが、
『あんた、あたしのことあんたあんたって言うけど、あたしもあんたのことあんたあんたって言わないから、あんたもあたしのことあんたあんたって言わないでよね、あんた』関東で小学校時代。
『あんた、あたしのことあんたあんたって言うけど、あたしもあんたのことあんたあんたって言えへんから、あんたもあたしのことあんたあんたって言わんとってな、あんた』関東から関西へ引っ越した時も同じものがはやってました。関西弁に変化してましたけど!なので、全国で流行っているものかと思っていましたが、先日友人に知らないと言われて、元ネタは?と聞かれました。そういえば、アニメとかドラマとか、それともそれ以外か?調べても何にもわからないので困ってます。どなたか知ってる人いませんか???

Aベストアンサー

たぶんこれじゃないですかね~

http://www.mypress.jp/v2_writers/bad_report/story/?story_id=1560228

上記リンク先で「あんた」を検索してみてください。

以上ご参考までに。

Q親戚にお礼するのは 私の母の姉つまり伯母が私の母の形見を預かってくれています。私の母の弟つまり、叔父

親戚にお礼するのは

私の母の姉つまり伯母が私の母の形見を預かってくれています。私の母の弟つまり、叔父の子ども私の従兄弟が車で、形見を運んでくれます。その時のお礼は寸志で、2000円位が妥当でしょうか?
従兄弟の友達が運ぶのに手伝います。一人2000円位で、いいのかな?旦那は大丈夫だと。いいます。
ちなみに、従兄弟は独身。片道二時間近くかかります。
従兄弟は40代前半。私は40代後半。
運ぶ物は三面鏡。今でいう、ドレッサー。段ボール一箱。
何とはなしに伯母に聞いたら、何にもしなくても、いいと。伯母が自分でお礼はするからと。でも、私の気持ちは、2000円じゃ少ないかな?
皆さんはどれくらい、寸志で、包みますか?参考までに、聞かせて下さい!

Aベストアンサー

好意でしてくれる親戚の人に2千円ですか? 運送会社のアルバイトに出す昼食代じゃないでしょうし。

その場は丁重にお礼を言うだけにして、あらためて伯母さんと叔父さん一家に少し値の張る品物をお贈りすればどうですか。従兄弟にはガソリン代ということで商品券を贈っても良いでしょう。

運んでもらう形見の品の価値はお金では測れません。あなたの感謝の気持ちをどう表すかが大切ですが、それが2千円ではちょっと寂しくないですか?

Q『あんたに、言われたくないよ!』・・・という体験?

私がまだ30歳になる前のこと、会社の昼休みに友人と昼食を取りながら話してました。
友人「やっぱさ~、30までには結婚して、奥さんの手弁当持って来たいよな!」
私 「そりゃ、そうだよ。家に帰ったって、真っ暗じゃ寂しいもんな・・」

そこへ40歳前後でバツイチの先輩が
先輩「おまえら何言ってんだよ~。結婚なんて墓場だぜ~!。一人が気楽で良いさ!
   俺なんか、一度失敗したけどよ、今じゃ独身貴族を満喫してるぜ。結婚なんて  よせ!よせ!」

と言う彼をみれば、ワイシャツの袖は真っ黒、ズボンの膝は出てるし、ネクタイには、何やら汁ものの染みが・・・。

友人と顔を見合わせ『あんたに言われたくないよ!そんな事!」と、心で言ってやりました。

またある時、友人とクルマで出かけた時、狭い路地で友人がうっかり、壁に擦ってしまいました。
友人と二人でクルマを降り、被害状況を確認してると、通り掛かりのおじさんが
わざわざクルマを降りてきて、

『ここ、危ねえんだよ。気をつけねえとよ!おたくらどっから来たの?
 ここいら、狭いから注意してな!』
と、おっしゃるおじさんのクルマを見れば、およそ擦れるトコは全部擦ってる、
ボロボロのクルマ。
やはりここでも『あんたに言われたくないよ・・・』でした。

皆さんはこんな経験はありませんか?
是非、教えて下さい。

私がまだ30歳になる前のこと、会社の昼休みに友人と昼食を取りながら話してました。
友人「やっぱさ~、30までには結婚して、奥さんの手弁当持って来たいよな!」
私 「そりゃ、そうだよ。家に帰ったって、真っ暗じゃ寂しいもんな・・」

そこへ40歳前後でバツイチの先輩が
先輩「おまえら何言ってんだよ~。結婚なんて墓場だぜ~!。一人が気楽で良いさ!
   俺なんか、一度失敗したけどよ、今じゃ独身貴族を満喫してるぜ。結婚なんて  よせ!よせ!」

と言う彼をみれば、ワイシャツの袖は真っ黒...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは、おじゃまします。
私、一週間に一回は言ってます、夫に向かって。

「おまえ、週に3回もジムに行ってエアロビしている割にはちーっともやせないじゃないか。あーあ会費のムダムダ!!!」
(テレビの黒木瞳を見て)
「ほーら、同い年でもこんなにきれいな人もいるんだゾ。やっぱもうちょっと考えた方がいいんじゃないのー」

「あんたにはぜーーったいに言われたくないっ」

だって夫は172cm、94kg、最近下着類がLLから3Lに昇格?しました。
もうちょっと私がやせれば、充分1/2になれます!(少し前はクリアしてました)
最近、私は「三鷹の森、ジブリ美術館」に行きたいと思っていましたが、うちにも「大トトロ」が住んでいるではないかと思い直しました。
ちなみにうちの大トトロ、足の爪が切れなくなって、「おーい、切ってくれー」と叫んでいます。
このまま成長?し続け、お相撲さんのようにトイレのお手伝いをするようになったら「りこん」だと脅しています。

Q生きたくないのに生きなくてはならなくて辛いです

これから約2年ほど私にとって生きるのも地獄のような日々が毎日おとずれます。

そのことを考えただけで死にたい気分になります。

けど両親のことを考えると休学も死ぬこともできません。

もう頭が辛さでへんな感じでよくわからないです。

こうゆう場合どうしたらいいですか?

Aベストアンサー

では、学校を辞めるか卒業するかした後、あなたはどうするつもりですか? どうしたいですか? 家を出て自立したいですか? それともずっと両親と一緒に暮らしていく予定ですか?
おそらくずっと一緒に居ても、いずれお母さんがあなたの足を引っ張ることになると思いますよ。
きっと離れた方があなたは自分らしさを発揮できるし輝けると思います。

お姉さんが仕事を辞めようがどうしようがそれはお姉さんの人生であって、お母さんの人生ではないわけです。あなたの人生はあなたのものですし。あなたは優しいので、悲しむお母さんを見るのはつらいでしょうが、お母さんは精神的に強くなって成長していかなければなりません。大人といっても一人の人間ですし、学ばなければならないことはたくさんあります。

私は高校を中退したのですが、私の親も初めはやはり反対しましたが、私の意志が固いと分かると、諦めというか、
「自分で決めたことならしょうがない、自分で決めたことに責任を持って、後悔しないように、好きなようにいきなさい」
という感じになりましたよ。

まず、あなたはどうしたいのか。自分自身によく聞いてみましょう。

学校を辞めたい? 辞めるなら辞めるで、その後どうするのかを考える。辞めるなら働かなければならないでしょう。それは覚悟しなければなりません。そして、「私は学校は辞める。その代わりちゃんと働くから」と両親を説得する。それでもやだやだと言うなら、もうきっと何を言っても無駄だと思うので、見限るしかないでしょう。そのまま親に従っていてもお互いのためになりません。

それとも学校は卒業しておいた方が良いと思うなら、やはり覚悟を決めて、なんとか2年間を乗り越えなくてはなりません。何があっても負けないぞ!と決心して、修行だと思って歯を食いしばって頑張るしかありません。

いずれにしろ、つらいことの後には良いことが待っているもんですよ。

では、学校を辞めるか卒業するかした後、あなたはどうするつもりですか? どうしたいですか? 家を出て自立したいですか? それともずっと両親と一緒に暮らしていく予定ですか?
おそらくずっと一緒に居ても、いずれお母さんがあなたの足を引っ張ることになると思いますよ。
きっと離れた方があなたは自分らしさを発揮できるし輝けると思います。

お姉さんが仕事を辞めようがどうしようがそれはお姉さんの人生であって、お母さんの人生ではないわけです。あなたの人生はあなたのものですし。あなたは優しいので...続きを読む

Q55歳女 10日前に父を亡くしました 三年前から父の病状が良くなく入退院を繰り返し母も87歳なので私

55歳女
10日前に父を亡くしました
三年前から父の病状が良くなく入退院を繰り返し母も87歳なので私ひとりで仕事も辞めて大変な日々を過ごしていました
どうして良いか分からず兄にメールしましたが
返信すら来ません
ここを離れて15年ただの1度も様子を伺う連絡が来た事は有りません
(兄は60歳独身)
そんな兄が昨年9月に東京でのタクシー運転手を辞めて帰って来ましたが
寄生虫状態でお腹が空いたら二階から下りて来て
ご飯を食べて後片付けもせず
また引きこもり
ほとんど寝たきりだった父の面倒を見る事も
母を助ける事もなく
ただ居るだけ
そんな息子を父はイライラしながら見てました
週に二回輸血に私と通っていた父は
俺が言うと言えば母が止めると
父に何かされたら困るので私が言うからと父を止めてました
そこで、私は自分の家庭もあるし
週に1回は輸血に連れて行ってと
父の薬の管理を任せました
しかし
いつもの薬は、バラバラに並べられ
発熱した時に飲ませてと説明してお願いしておいても
その時は分かったと言っていても
分かっていないらしく
母は二階に居る兄には言わず私に連絡して来ました
通院も車椅子だった父を父の年金でタクシー往復で
車が無ければ生活出来ないこの土地で
母を買い物にも連れて行けず父は
中古車でも買う様にと
100万円渡しました
しかし自分は必要ないし
運転はもうしたくないと車を買う事は有りませんでした
そしてそのお金はどうなったのかと思っていたら
そのお金から
自分の税金やら払い使っている
気落ちした母を思い毎日実家へ行って
ご近所への挨拶などなど全て私がやらなければと思い
兄には年金の手続きだけまかせて
走り回ってました
そしてライフラインの変更手続きの時に
母の年金で払うのは良しとしても
世帯主や契約者になりたくないとの話から
とうとう私は爆発してしまいました
頼んだわけでも有りません
覚悟も何もないのになぜ帰って来たのか
ただ東京に逃げる事だけを考えている様で
予想はしてましたが
ついに言葉に出して言いました
母は帰って来てくれたと喜んで居るのに
兄は
お客さん状態で私は全てのことから
手を引こうと考えました
父の事も出来る限りちからいっぱい頑張ったので
ほとんど後悔は有りません
そして次は
母にも、兄と協力して
頑張ろうと思っていました
しかし兄とこうなって
母には本当に本当に申し訳ないけれど
(母は兄が一番可愛いけれど昔から頼りにならないのは分かっているから私を頼りにしてました)
相談には乗るけれど
もう実家には行かないと告げました
母は泣いて居ましたが
私は我慢の限界にきてて
兄の
顔を見ると血圧が上がり
心臓がバフバフかり
身体が震えるのです
私は今まで自分の家庭を犠牲にして頑張って来ましたが
私が駄目になったら
本当に私の家庭も壊してしまうし
そう決めたのですが
兄と縁を切ることには何の感情も有りませんが
父の供養
母のこれからを考えると
悩んでしまいます
私はどうしたら良いのでしようか?

55歳女
10日前に父を亡くしました
三年前から父の病状が良くなく入退院を繰り返し母も87歳なので私ひとりで仕事も辞めて大変な日々を過ごしていました
どうして良いか分からず兄にメールしましたが
返信すら来ません
ここを離れて15年ただの1度も様子を伺う連絡が来た事は有りません
(兄は60歳独身)
そんな兄が昨年9月に東京でのタクシー運転手を辞めて帰って来ましたが
寄生虫状態でお腹が空いたら二階から下りて来て
ご飯を食べて後片付けもせず
また引きこもり
ほとんど寝たきりだった父の面倒を見る事も
母...続きを読む

Aベストアンサー

長い間のお父様のご看病、お疲れさまでした。

長期の看病って誰でも出来るもんじゃないです。私も、妻が肺がんで3年半、頑張りました。昼夜関係なしに、2時間半毎の苦痛の叫び。そのたびに起き上がって、何もできず手を握るだけ。2時間の合間に買い出し、炊事、洗濯、掃除まで。少し、調子のいい時は、つきっきり。
緩和ケアの先生のところに、麻薬系の鎮痛剤の処方箋をもらいに行くのが、唯一の息抜き。看護婦さんから、緊急の患者さんが入ったから、ちょっと待ち時間が長くなりますよ、と言われても、ここで座っているのが一番気がやすまるんです、と。
息子・娘からは、今晩泊りで看病するから、ゆっくり寝てね、と言われても、看病の仕方知らないので、結局は起き上がって。夜暗くなりはじめ、午後7時半の次は9時ごろ、見舞客などおかまいなしに、とにかく寝れるときに寝るでした。遠いところから来てくれているお見舞い客なのに、ろくに接待もせず、と批判も。
そして、自分のベッドで、心臓停止で。これで良かった、と。

誰も、できない看病をした、満足感です。それを一番知ってるのは、逝ってしまった女房。お父様も娘さんには感謝に感謝で、これからも、兄弟の誰よりも、見守ってくれますよ。親の面倒を最後まで投げ出さずに見た者は、必ず、神様からのご褒美を受け取れます。

本当に、長い間のお父様のご看病、お疲れ様でした。お父様に代わって、お礼を申し上げます。かならず、良い方向に向かいますので、今は、邪念の惑わされずに、ご休養されますように。お天道様は何もかもお見通しです。

これからも、亡き父を思い出しては、場所も関係なしに、涙がボロボロこぼれることもありますが、その涙は他の人に幸せを与える魔法の涙粒です。

長い間のお父様のご看病、お疲れさまでした。

長期の看病って誰でも出来るもんじゃないです。私も、妻が肺がんで3年半、頑張りました。昼夜関係なしに、2時間半毎の苦痛の叫び。そのたびに起き上がって、何もできず手を握るだけ。2時間の合間に買い出し、炊事、洗濯、掃除まで。少し、調子のいい時は、つきっきり。
緩和ケアの先生のところに、麻薬系の鎮痛剤の処方箋をもらいに行くのが、唯一の息抜き。看護婦さんから、緊急の患者さんが入ったから、ちょっと待ち時間が長くなりますよ、と言われても、ここで...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報