・国債の利率と金利の上昇について質問が
 あります。
 国債の価値が下がると市中の金利が上がる
 ということですが、金利が上がる理由が
 よく理解できません。

現状の認識として、
step1:「従来より高い利率の国債が新規
     発行される」
step2:→「既発国債の価格が下落」
step3:→「下落した既発国債を額面以下で
      購入(銀行を想定)」
step4:→「購入者(銀行を想定)の国債
      運用利率向上」
(なお、金利とは銀行の貸出金利や
 預貯金金利のことをイメージしています。)
というくらいなのですが・・。
 
 銀行は額面より安く国債を購入し、
 満期まで持っていれば結果として効率的な
 運用をしていることになるのだから、
 金利を上げて儲けを出す必要はないと
 おもうのですが・・・。
 どこか勘違いをしてますか?
 どうか、お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ご理解いただけますかどうかの自信はありませんが、記載いたします。



>国債の価値が下がると市中の金利が上がるということですが

これは一般的には間違いではありませんか?
市中金利が上がると、国債の価値(価格)が下落すると考える方が自然だと思います。尚、にわとりと卵のようにどちらが先でどちらが後ということを厳密に言う必要もなく、現実はほぼ同時に発生するものだと思います。

国債の利回りは金利の一種で、以下のように考えた方が自然だと思います。
1.市中金利が上昇
2.国債の利回りも上昇
3.国債の利回りが上昇するということは既発国債の価格が下落
※ 価格=(100+利率×残存年数)/(1+利回り×残存年数/100)
尚、国債の信用リスクのみが高くなった場合(理論的には考えられますが、実際には想定できませんが)、国債の価格が下落する一方で市中金利が上昇しないという
ケースが想定できます。このことから上記のように考えた方が良いのではと思います。

>現状の認識として、
質問文のこの部分を私なりに記載すると(市中の金利=預貯金金利として記載)
step1: 何らかの材料で市中金利が上昇
step2:「既発国債の価格が下落」(価格が100円を大幅に下回る)
step3:「従来より高い利率の国債が新規発行される」(新発国債の利率は、価格が100円程度になるように財務省により決定)
step3:→「新規購入分の運用利回りが上昇」
step4:→「購入者(銀行を想定)の調達金利(主に預貯金)が上昇」(預金者の要求運用利回りも上昇しますのでこれに対応)

市中金利という表現が非常に曖昧ですが、金利に関係する全てのものということで記載いたしました。預貯金なども市中金利の一種ではありますが、銀行の預貯金金利は公定歩合と同様に変化が硬直的(階段状で変動)であるため、他の市中金利が変動した最後の方でようやく変化することが多いと思います。
国債の利回りが発生して預貯金金利が上昇しなかった場合、預貯金→国債への資金移動が発生しますので、預貯金金利の上昇、国債利回りの低下が同時に発生という書き方もできますが、上記の形式が実際だと思います。

ちなみに金利上昇の材料ですが(同じようなものの羅列ですけど)
・物価の上昇
・景気に過熱感
・資金需給がタイトになる(設備意欲が旺盛になるなど)
・日銀が政策金利(公定歩合や無担保コールレートの誘導水準)を上昇
・自国通貨の大幅下落で、輸入物価の上昇が発生
・自国信用リスクの下落で対外資金逃避の発生

ご疑問に回答したつもりですが、不足であれば補足を頂戴できればと思います。(細部において細かく説明はしておりませんので)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

・ありがとうございました。
 ある本に「国債の下落は長期金利を上げる」という
 ことがかいてあったので気になった次第です。
 でも、双方が影響し合っていることが良く判りました。みなさんに教えて頂いた内容を自分なりに整理
 してみます。

お礼日時:2002/04/10 16:56

無理を承知で風桶方式にしてみましょう(^^;


1.国債の価格が下がる
2.国債の金利が上がる
3.国債への投資妙味が高まる
4.銀行は預り金利を上げないと、国債に預金を奪われる。
5.預り金利が高くなると、その分支払利息が増えるので、銀行は貸出金利を上げて利息収入を上げる
6.かくして市中金利は上がる

どうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

・ありがとうございます。
 「風・桶」のように単純でないことが皆さんの
 おかげで判りました。
 ある本で「国債の下落は金利上昇の引きがね」と
 いった記述があったので、気になったしだいです。

お礼日時:2002/04/10 16:50

>国債の価値が下がると市中の金利が上がる



No.4の方も回答されていますが、金利の変動によって国債の価値も変動するというのが理解しやすいと思います。

債券の売買はモノの売買と一緒で、たとえば額面100万円の債券をいくらで売買するかということです。@100円ならば100万円、@90円ならば90万円です。

(例)国債A【クーポン1%、10年満期】が今@100円とします。これを100万円購入しました。
突然金利が上昇して国債B【クーポン2%、10年満期】が@100円で発行されました。国債Aの価値は何円になっていますか。(税金、割引率は無視する。)

(答)国債Aは満期まで持てば110万円(1万円×10+100万円)になります。
国債Bを同じく100万円購入して満期まで持てば120万円(2万円×10+100万円)になります。
だから保有している国債Aの価値は100万円×(110/120)=91.7万円です。

すなわち金利が上昇することは、確定利付きのキャッシュフローを持つもの(国債など)の価値が下落することと同じ事なのです。


>銀行は額面より安く国債を購入し、
 満期まで持っていれば結果として効率的な
 運用をしていることになるのだから

もし、国債Aをこの値段で、額面100万円分購入すれば投資金額は100万円×0.917=91.7万円です。
満期まで持てば110万円になりますので、110万/91.7万=1.2倍になります。
これは国債B(120万/100万=1.2倍)と同じです。

すなわち、国債Aを@91.7円で購入するのと国債Bを@100円で購入するのは同じ収益率であるので、Aを売ってBを購入することは意味がありません。

ただ、@100円で購入したものは償還までに1.1倍に、@91.7円であれば1.2倍になっていたというだけです。

わかりにくければ補足いただければ回答いたします。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

・ありがとうございました。
 「金利の変動が国債の価格を引っ張る」ということ が自分の中でもスッキリします。
 ただ、ある本に「国債下落が金利上昇を生む」
 ように書いてあったので気になっていました。
 でも、双方が影響し合っていることが良く判りました。


↓  

お礼日時:2002/04/10 17:01

一般に債券は残存が異なるもの


(5年満期、10年満期などがあり
それぞれに別々の金利がついている)
がたくさんあるので
一概にはいえないのですが、
大まかな理解ということで説明します。
価格と金利の関係については、
皆さんが書いてくださったとおりです。
では金利がなぜ上がるかは簡単なことで、
保有者が国債を売却するからです。
なぜ売却するかについては
いろいろな要因があるので、
ここでは触れません。
いずれにしても市場で供給が増えて価格が下がり、
金利が上がるわけです。
ですから、
step1:「従来より高い利率の国債が新規
     発行される」
とありますが、
発行する財務省は、だいたい価格が100円に近くなるように
利率(クーポン)を決定しますので、
step0とでも言うべき国債の金利上昇がまずあります。
step2:→「既発国債の価格が下落」
step0で金利が上昇しているので、
step1が起こる前にすでに既発国債の価格は
下落していることになります。
step3:→「下落した既発国債を額面以下で
      購入(銀行を想定)」
step4:→「購入者(銀行を想定)の国債
      運用利率向上」
下落した時点で買えば確かに安く買うことができ、
高い利回りを享受することはできます。
ですが、金利が上がる前に持っていた債券については
金利上昇で価格が下落しているので、
リターンが減少してしまいます。
すでに持っていた債券の損と、
今安く買ってきた債券の利回りを比較して
儲けが出ているとは限りません。
なお債券の価格は常に額面を下回るわけではありません。
現在はほとんどすべての債券は額面以上の価格が
ついています。
(オーバーパーといいます。クーポン収入があるので、
利回りはマイナスにはなりません)

満期まで持っていれば確かに利回りは確定します。
ただし「持っていれば」の話です。
銀行は「いつおろされるかわからない」
多額の預金を抱えています。
また、お金をたくさん借りたいという企業も
出てくるかもしません。
急にお金が必要になったときは
持っている債券を売らなければならない状況も
あるでしょう。
このとき買ったときの金利より
売るときの金利の方高ければ、
(買ったときの価格より売るときの価格が安ければ)
損失が出ます。
金利上昇が常にプラスになるとは
必ずしもいえないのです。
> 金利を上げて儲けを出す必要はないと
> おもうのですが・・・。
貸出金利をイメージしているのでしょうが、
これはまったくナンセンスな話です。
一企業として、より多くの収益を求めるのは当然のこと。
収益を求めない会社は企業ではありません。
銀行がお金を貸すときに、
同じような企業が2社あって
どちらか一方にしか貸せないとしたら、
より高い金利で借りてくれる方に貸すでしょう。
銀行も国債より金利が高く貸すことができて、
国債並に安全であれば、
そちらにお金を貸し、
国債を保有する意味はなくなります。

重ねて申しますが、
「金利と銀行の関係」については
こう簡単なことではありません。
あくまで一つのイメージをしてとらえてください。
参考になれば幸いです。

この回答への補足

・ご回答ありがとうございます。
>いずれにしても市場で供給が増えて価格が下がり、
金利が上がるわけです。

 ここで、「国債価格が下がる」から「金利上昇」
 までに、何か規則性というか法則のようなものが
 あるのでしょうか?
 (「風が吹けば桶屋が儲かる」式の・・)
 これがわかればスッキリするのですが・・。
 もしあればお教えください。

補足日時:2002/04/07 15:21
    • good
    • 0

何か大きな感違いがありますね(^^;


そもそも金利と価格は完全に連動しています。分けて考える事は出来ません。つまり国債の価値(価格)が下がるという事は、イコール金利が上がると言う事です。「犬が西見りゃ尾は東」と同義です。誤解を恐れずに書くと、価格=将来価値÷金利です。将来価値とは利息と償還金の事で、予め決まっています。ですから価格と金利は正に表裏一体なのです。
貴方の疑問は、国債の金利が上がっても、国債の運用で儲かるのだから、銀行は貸出金利を挙げる必要が無いのではないか、と言う事でしょうか?しかしアンバランスな金利と価格を提示すれば、鞘を抜かれて損するだけです。例えば、低い金利で貸出を大量にしたとしましょう。資金量が足りないので市場から資金を調達しなければいけませんが、その金利は既に高くなってますので、逆鞘になり損します。その損が払える範囲内ならサービスとして新規顧客の獲得に役立つでしょうが、限界を超えると破産しますよ。そういう事でいいのでしょうか?

この回答への補足

>つまり国債の価値(価格)が下がるという事は、イコール金利が上がると言う事です。「犬が西見りゃ尾は東」と同義です。誤解を恐れずに書くと、価格=将来価値÷金利です。
・ありがとうございます。
 なぜ、国債価格が下がると金利が上昇するのか?
 ここを疑問に思っています。
 「風が吹けば桶屋が儲かる」式の例え(風が吹く
 →埃が舞う→埃が目に入る→目の病気が流
  行る・・・)があれば教えていただけません
 でしょうか?

補足日時:2002/04/07 15:12
    • good
    • 0

金利と債権価格は連動しているので金利があがれば債権価格は下落します。

たとえばあなたが手元の90円を運用しようとしたときに国債が90円(額面100円、満期1年)で貸出し金利が10%だったとします。国債を買えば1年後には100円返ってくるから10円の利益がでますね。10%の貸出し金利で運用すると1年後には90*110%で99円返ってくるから9円の儲けです。国債を買ったほうが有利でしょう。ところが周りの人も同じように考えますから国債がよく売れることになり、国債が品薄で手に入りにくくなります。すると、90円以上でも買うぞという人がでできます。このため国債の価格は上昇し、結局金利で運用しても国債で運用しても同じ利益がでる線におちつくことになります。
銀行をはじめとした資金運用者はこのように、より利益がでるように投資対象を選定しますから、債権と金利は連動することになるわけです。ironmanさんの勘違いしている点は金利は(ということは債権価格も)資金の借り手と貸し手の需要と供給で決まるという点だと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

・ありがとうございます。
 お礼が遅くなりスミマセン。
 私の疑問は非常に単純で、国債価格の下落がなぜ
 長期金利の上昇につながるのかということです。
 もし、国債の下落から金利上昇までに何か、規則性
 (法則)のようなものがあるのであれば知りたい
 なと思っています。
 あればお教えください。

 

お礼日時:2002/04/07 15:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロイターの国債増発がインフレリスクの高まりを警戒する声が外為市場で高まり、ドル安になった、という記事について

 初歩的な質問かもしれませんが教えて下さい。
 
 ロイターの記事で、「国債増発によるインフレリスクの高まりを警戒する声が外為市場で高まり、ドル売りの色彩が濃くなり、ドル/円は95円台に下落した。」という記事がありましたが、国債の増発がインフレリスクになって、その事を警戒してドル安になった、という意味がわかりません。

 少し調べましたが、よくわかりませんでした。

 どなたかわかる方がいたら、教えて下さい。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

FRBが長期国債を買い支えることで長期金利が低下。目下、日米金利差が縮小したことから、円に対してドルが売られています。
また、国債増発の一方でFRBが長期国債の買い支えることは、大量の資金供給を意味しますから、将来的なインフレ期待が生まれることになります。インフレは通貨の価値下落を意味しますから、ドル安になるというわけです。

Q中国の10年国債金利、アメリカの10年国債金利は?

中国とアメリカの最新の10年国債を見れるサイトを探しています。また、できれば国債の金利推移グラフが掲載されていればうれしいです。ご存知の方教えてください。10年国債で株価が割高か割安かを判断する材料になると本で読んだもので・・・。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカはこのサイトのチャートが使いやすいかも。
中国は見当たらないですね。

参考URL:http://www.geocities.jp/netarou10/

Q銀行の、国債の価格低下リスクって、満期保有でもあるんですか?

新聞で、バーゼル3では銀行の国債保有が規制されかねないと出ていました。

国債の価格低下が、時価評価したときの資産価値低下(損失発生)に繋がる。なので、国債保有のリスクを規制していく、というような説明がなされていました。

ところで、銀行が余資を国債で運用するとき、売買目的ではなくて、年間ベースの利回りを参考に、満期保有目的でするのではないのですか?

なんとなくそう思っていたもので、時価評価したときの資産価値の目減りという部分が納得できません。

どなたか、わかりやすく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

国債は銀行の運用先の一つではないでしょうか?
つまり企業に融資して利子を受け取るのと同じレベルで

国債購入時より景気が良くなり金利が上昇した時、国債を債券市場で売ってキャッシュを得て企業などに融資することになったら損金が出るとかありませんか?
つまり国債の(表面)金利より融資の金利が高くなるとすれば換金すると思います。

個人国債ではないので満期までということはないと思います。(全部売るとはないでしょうが)

Q既発の国債の買い方を教えてください。

既発の国債の買い方を教えてください。

日経新聞で「×回×満期の国債 ×%」…と書いてありますが、既発の国債はどこでどのようにして買えますか?
また、ニュースで30年もの米国債×%と毎日いっていますが、同様にどのようにして既発の米国債が買えるのでしょうか?
(できれば、ユーロ圏の既発の国債の購入方法もお願します。)

手数料等諸費用が安い方法&ネットでできる方法を希望します。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

  既発日本国債については、基本的には日本国内の証券会社の店頭で購入できますが、発行分全ての銘柄を購入できるわけではありません。当該証券会社が保有している銘柄のみと考えたほうがいいと思います。手数料は、売値の中に含まれているので別立てでは必要ありません。また、証券会社により同じ銘柄でも値段が異なるのが一般的です。更には、個別銘柄について証券会社の売値と買値は当然異なりますが、証券会社によりこの差が違います。これは、同じ証券会社であっても銘柄により異なったりします。

  米国債も上記日本国債と同様です。ネット証券会社でも扱っているところもあるかもしれませんが、ネット上では買えないようです。米国債のほうが、売値と買値の差が大きい場合が多いような気がします。

  繰り返しますが、発行分の全銘柄を取り扱っていることはありませんから、ご注意ください。

  また、外国債券の場合、各証券会社は保護預かり料として年間3,150円を徴収するのが一般的です。預資産が多い顧客にはこれを免除する証券会社もあります。

Q任意団体の国債購入リスクについて

マンションの積立金資金運用で
国債購入を検討しています。

取引銀行によれば
元本割れのリスクがある商品で
取扱件数もとても少ないとのことです。
ゆうちょ銀行に聞いても
任意団体との取引前例がないので回答が難しいと言われました。

満期を迎えた場合でも、状況によっては
元金を割ることがあるのでしょうか?

ご教示を何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>マンションの積立金資金運用で
>国債購入を検討しています。
ウチのマンションでも修繕積立金で利付国債を買うプランがあります。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/qa/index.htm
詳しいことは財務省のHPで調べることができます。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/shinmadohan/contents/pamphlet/index.html
にある国債のパンフレットには「購入対象者:制限無し(法人やマンション管理組合などでも購入できる)」と書いてありますけど…
>取引銀行によれば
>元本割れのリスクがある商品で
>取扱件数もとても少ないとのことです。
ウチのマンションでも定期預金を勧められました。
>ゆうちょ銀行に聞いても
>任意団体との取引前例がないので回答が難しいと言われました。
へぇ~。そうなの。ウチのマンションの理事長に聞いてみようかしら?

>満期を迎えた場合でも、状況によっては
>元金を割ることがあるのでしょうか?
私が個人で国債購入のために電話でゆうちょ銀行に問合せた時は、担当の方が「アイルランドがデフォルトした時は、そんなこともありましたが、日本はデフォルトしないと思いますよ」というお応えでしたけど…お宅さまの取引銀行さまは日本がデフォルトするとお考えなのかもしれませんね。

…日本がデフォルトしないためにも国債を買って、納税に励むしかないように思います。

>マンションの積立金資金運用で
>国債購入を検討しています。
ウチのマンションでも修繕積立金で利付国債を買うプランがあります。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/qa/index.htm
詳しいことは財務省のHPで調べることができます。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/shinmadohan/contents/pamphlet/index.html
にある国債のパンフレットには「購入対象者:制限無し(法人やマンション管理組合などでも購入できる)」と書いてありますけど…
>取引銀行によれば
>元本割れのリスクがある商品で
>...続きを読む

Q国債の金利は銀行の収入なのですか?

国は国債を発行して、銀行とかが引き受ける(国債を買う?)と理解していますが、
国債の金利を受け取ったら、自由にできるのですか? つまり引受先が銀行なら銀行の収入になるのでしょうか?

その年の年間予算は税金と国債の発行で賄われると理解していますが、税金を国債の利息支払いに当てるとなると、税金が銀行の収入になるのでしょうか?

Aベストアンサー

Q/国は国債を発行して、銀行とかが引き受ける(国債を買う?)と理解していますが、国債の金利を受け取ったら、自由にできるのですか?

A/まず、国債は債券であり、借金という見方を日本はすることが多いですが、見方とすれば投資の対象です。資産運用の手段です。そのため、銀行、証券会社、保険会社などが資金の運用に使っています。もちろん、個人年金なども国債で運用されていることが多いです。(日本の国債に限らず)

また、個人で取引することも可能です。

自由にというのは、まあ、自由といえば自由です。利回りは一般に会社の利益にも繋がりますが、それとは別に、お金を預けている人に対する利息にもなります。即ち、預かった資産を運用し、それを返すのが銀行など金融機関の仕事です。

Q/税金を国債の利息支払いに当てるとなると、税金が銀行の収入になるのでしょうか?

A/まあ、銀行の収益がそれだけならそうなります。ただ、銀行は企業や個人への貸し付け利回りによる収入や、債券以外の運用も行っているのが一般的です。さらに、それらで得た利益は、資金の預けてくれている人に、利子として渡す必要があります。

内部留保が少なければ、必ずしも国債の利回りが、銀行の利益には繋がりません。むしろ、日本の国債だけで資産運用をすれば、現在の利回りは諸外国に比べると低いですから、なかなか楽ではないかもしれません。

ということになります。

Q/国は国債を発行して、銀行とかが引き受ける(国債を買う?)と理解していますが、国債の金利を受け取ったら、自由にできるのですか?

A/まず、国債は債券であり、借金という見方を日本はすることが多いですが、見方とすれば投資の対象です。資産運用の手段です。そのため、銀行、証券会社、保険会社などが資金の運用に使っています。もちろん、個人年金なども国債で運用されていることが多いです。(日本の国債に限らず)

また、個人で取引することも可能です。

自由にというのは、まあ、自由といえば自...続きを読む

Q日本の金融機関が日本国債を売るリスク

日本国債は、約9割が日本の金融機関が持っているので、暴落することはないという意見が多いです。ふと思ったのですが、日本の金融機関は日本国債を投げ売りしないという前提があるようですが、日本の将来に危機を覚え、日本の金融機関が自分の銀行を守るために、日本国債を投げ売りすることはあるでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本の将来を憂えてじゃありませんが、景気回復で国債投げ売りされる可能性はありますよ。

景気回復によって長期金利も上がります。
デフレ下では株配当利回りよりローリスクの長期金利の方が低くなりますが、インフレ時には株の値上がりが想定されるので長期金利の方が高くなるのが正常だからです。
ただし、日本がデフレ不況から完全に脱するには、まだまだ時間が掛かりそうなので、当分は長期金利は株配当利回りの壁に跳ね返される事になるでしょう。
因みに、現在の株の平均配当利回りは1.55%の予想、長期金利は0.8%前後です。

それで、本題の長期国債が投げ売りされる話ですが、償還期限を迎えれば国債は元本が支払われるので、満期目的で保有していれば、一見、国債価格の下落では損しないように見えます。
しかし、日本は国債に時価会計を適用しているため、長期金利が上昇した分だけ含み損が拡大します。
大中規模の金融機関の資産は国債だけじゃありませんので、そこまで深刻ではありませんが、国債を多く抱えてる地方の小規模な金融機関は、含み損の拡大で債務超過に陥る可能性が出てきます。

つまり、金融機関が金利上昇による含み損を嫌って、長期国債を売却する可能性は十分考えられるという理屈です。

まあ、だからって、デフレ不況のままで良いわけがありませんし、金融機関が国債を投げ売りしても、日銀が買い取れば大して問題ないのですが、もともと日本が「国債に時価会計を適用している」事が根本的な原因なので、ここは欧州諸国に習って、国債(満期目的)に簿価会計を適用したら良いだけだと思います。

日本の将来を憂えてじゃありませんが、景気回復で国債投げ売りされる可能性はありますよ。

景気回復によって長期金利も上がります。
デフレ下では株配当利回りよりローリスクの長期金利の方が低くなりますが、インフレ時には株の値上がりが想定されるので長期金利の方が高くなるのが正常だからです。
ただし、日本がデフレ不況から完全に脱するには、まだまだ時間が掛かりそうなので、当分は長期金利は株配当利回りの壁に跳ね返される事になるでしょう。
因みに、現在の株の平均配当利回りは1.55%の予想、長期金...続きを読む

Q郵便貯金の唯一の収入源って、国債ですよね?その国債、マイナス金利でしたよね?

うる覚えですが、銀行は民間企業や個人に貸し付けて、その利息が収入源だと聞きました。

郵便貯金は、国債の利息が唯一の収入源だと聞いた事があります、

今、国債はマイナス金利だと聞きましたが。。。郵貯の収入は大丈夫でしょうか?

もっとも、マイナス金利というのは、日銀が金融機関から買い取った国債の金利だと、聞いた事があるのですが・・。

同じ国債でも、いろいろありそうで。。。。良く分かりません。

Aベストアンサー

ゆうちょ銀行の貸付の利息だけが収入源ではありません。

役務取引等収益と言って金融業としての手数料も収入源の一つです。
とは言っても、貸付による収益の1/10ですが。

ゆうちょ銀行は上場したので、その財務状態は有価証券報告書で定期的に報告されています。
平成28年3月期の第三四半期(12月までの)報告書が以下にあります。
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2325312

これを見る限り大きく落ち込んでいることはありません。
(第三四半期なので、前年度の3/4程度行っていれば前年度とほぼ同等と言うことです)

Q国債(日本)のリスクって?

ゆうちょ銀行のページを見たら、「国債は、元本と利子の支払いを日本国政府が行なうため、安全性の高い商品ですが、日本国の信用状況などの悪化などにより損失が生じるおそれがあります。」とありました。

償還金額の項で「額面金額100円につき100円」とあるのですが、国債は元本保証ではないということでしょうか?

また損害(元本割れする)となる場合、具体的にはどうなるのでしょうか?
要するに政府に踏み倒されるということですか?

外国債ならレートの違い等で元本割れが生じる可能性があるのはわかるのですが…

Aベストアンサー

 まず、国債一般について考えます。
 国債は国の借金ですから返済の原資は、国民が払う税金(か、資産を売却して得られるお金)です。日本国の歳出が異常に膨らむか、税収が異常に減少すれば、借金返済にまわすお金がなくなります。これが、「日本国の信用状況などの悪化」に該当します。
 次に、個人向け国債と通常の国債に分けて考える必要があります。 個人向け国債の場合、満期前の換金は、国が国債を買い取ることで行われます。その場合、手数料はかかりますが、券面額で買い取ってくれます。
 通常の国債の場合、満期前の換金は、市場を通じて行います。従いまして、発行金利<市中金利の場合、券面額以下でないと売買は成立しません。また、日本の先行きが懸念されるようになると(つまり、借金を返せなくなるかもしれない、とみんなが思うようになると)、券面額以下でないと買ってくれません。これも「日本国の信用状況などの悪化」の一時例です。

Q市場金利と国債金利の関係

 
国債の価格が暴落すると、10年後の額面金額に変わりはありませんので、実質的な国債の『金利』が上昇することになることは、何となくわかります。しかし、国債の金利が上昇すると、長期金利が上昇するということに何故なるのでしょうか?
国債の金利を基準に、長期金利を決定するから、という答えが想像できますが、
何故、国債の金利を基準にするのでしょうか?また、何故、国債の金利を基準にしているのでしょうか?
国債が暴落すると、国債を抱えている金融機関などが損失を挽回しようとして、
預金金利を下げ、融資金利を上昇させることが想像させますが、そうゆうことなのでしょうか?

Aベストアンサー

市場金利は複雑なメカニズムで動くので、たった一つの要因で説明出来るものではありませんが、一般論として申し上げると・・

「金利」といっても、発行金利と利回りでは意味が異なります。
一般に長期金利といわれているものは新発債の表面金利や長期プライムレートなどのことで、これは「現在」を基準として今後の市場金利がどうなるかという判断で動きます。

たとえば今手元に○年前に購入した表面金利が1%の10年国債があるとして、今月発行の新発債の表面金利が2%になった(あるいはなりそうとの予測)としたら、所有者は1%のものを売却し2%のものに乗り換えようと考えますから、1%ものは人気がなくなり価格が低下していきます。

しかしここで新たに1%ものを買う人は安く買える訳ですから、何年間か所有し満期時に満額の100円で償還されれば、クーポンレートプラス元本の差額が儲けになるので、所有期間に対しての収益が高くなり「利回りが高い」ことになります。
これが金利と利回りの違いです。

市場金利が高くなるだろうとみんなが考えれば、当然今より高い金利での運用を望みますから、国にしても今より高い金利を付けないと国債が消化出来なくなるので、新発国債の表面金利も高くなります。
国債は発行残高が大きく市場に大きな影響力があるので、金利決定の代表的な指標となりますが、長期金利と一言で言っても期間に対応した金利が何通りもあります。

金融機関は保有債券の価値が一定額以上下落すると「減損処理」をおこなって、いわゆる「含み損」を現実損として表面に出し、決算上の利益を減らすことになりますが、だからといってこのことが預金金利や貸出金利に即反映するような単純なものではありません。
それと急激な金利上昇で国債価格が暴落すると、金融機関のみならず金融市場全体が大きなダメージを受けます。

市場金利は複雑なメカニズムで動くので、たった一つの要因で説明出来るものではありませんが、一般論として申し上げると・・

「金利」といっても、発行金利と利回りでは意味が異なります。
一般に長期金利といわれているものは新発債の表面金利や長期プライムレートなどのことで、これは「現在」を基準として今後の市場金利がどうなるかという判断で動きます。

たとえば今手元に○年前に購入した表面金利が1%の10年国債があるとして、今月発行の新発債の表面金利が2%になった(あるいはなりそうとの予...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング