女性自身(?)という雑誌に連載されていて、とても気になっています。今までのあらすじを教えてください。

『悪女聖書』と『悪女聖書2』は別の話ですか?主人公の名前(業子)は一緒みたいなんですけど…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たまに女性自身を見るたんびに「まだ悪女聖書連載しているのか!」と毎回驚きます(笑)。



さて、大まかな設定としては
「巫女の首吊り死体から生まれた女性が、美しく成長して様々な場所を転々としてゆく話。業を背負って生まれてきたから、名は業子。業子は不幸な目にあわされるたびに相手に復讐してゆく。。。。」
という感じでしょう。

「悪女聖書」と「悪女聖書2」は基本的には同じ話でしょうね。
「悪女伝説」もありますが、こっちは業子の「学生編」なのかな?
細かい事はちょっと忘れましたが。

マメ情報ですが、作者の牧美也子先生は、松本零士先生の奥さんです。
    • good
    • 6

『悪女聖書』と『悪女聖書2』は、主人公は同じです。


『悪女聖書』のラストで、業子は日本を旅立ち、海外の遺跡で働いていたのです。
『2』は帰国してからのお話ですね。

『悪女伝説』は、タイトルは似ていますが、業子とはなんの関係もない話です。
男にだまされて心中させられた女性が一命をとりとめるのですが、その時顔にひどい怪我を負い、美しく整形を施されます。しかし、傷ついてしまった涙腺を治すことはできなかったので、彼女は自分を『涙をなくした女』と考えます。
しかし、心中したはずの恋人が、実は自分をだまして生きているということを知り、美しくなった顔と体を使って復讐を果たす・・・という内容でした。
『悪女伝説1』となっていましたけど、2巻は出なかったんじゃないかな
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1993年に女性誌で連載の漫画、悪女なんとか?

約20年前に、女性週刊誌に連載されていた漫画のことが、今になって気になっております。

その女性週刊誌、作者、主人公の名前、全て覚えておりません。漫画のタイトルに、『悪女・・』と付いておりました。悪女伝説っぽい感じだったと思う。
主人公の女性は、外見は悪女っぽいですが、タイトルのように悪女ではありません。むしろ人が良すぎて、他人のために重すぎる物を背負います。主人公は汚い手段を使うのですが、根が善人なのでやりすぎができなかったり、悩んだり。

第1部(?)が、病院編。ある看護婦の医療ミスを、同僚の看護婦であった主人公が代わりにかぶったのですが、陰謀にかかわる医師の裏切りにあって、その医師に復讐します。

第2部(?)が、財閥後見人編。とある財閥の総帥が死の間際に跡継ぎに指名した長男が、航空機事故で死亡し、財閥の跡目相続は、悪辣な長女、次男の手に渡るかと思われました。
しかし、航空機事故で生き残った長男の娘である赤ん坊を連れて主人公が現れ、強引に自分が財閥の後見人になります。
人の良い主人公は、赤ん坊でしかない総帥が成人するまで守ろうとする、という流れでした。自分が読んだ最後の辺では、財閥一家の次男にレイプされたような描写がありました。

職場の図書室にあった雑誌の漫画でしたので、職場を辞めると同時にソレとは離れることに。
この漫画はどういうタイトルだったのでしょう? できたら、この後の展開を教えてください。

約20年前に、女性週刊誌に連載されていた漫画のことが、今になって気になっております。

その女性週刊誌、作者、主人公の名前、全て覚えておりません。漫画のタイトルに、『悪女・・』と付いておりました。悪女伝説っぽい感じだったと思う。
主人公の女性は、外見は悪女っぽいですが、タイトルのように悪女ではありません。むしろ人が良すぎて、他人のために重すぎる物を背負います。主人公は汚い手段を使うのですが、根が善人なのでやりすぎができなかったり、悩んだり。

第1部(?)が、病院編。ある看護婦...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
違う作品とのこと、すみませんでした。
私は「悪女聖書」の続編(?)の「悪女聖書II」の内容と混同していたようです。

「II」は情報も少なくて内容が確認できないので、
アウトラインが似ているだけでお探しの作品とは違うかもしれません。
お目汚し失礼しました。
http://angellove.fc2web.com/book.html
(↑よろしければ「悪女聖書」でページ内検索してみてください)

QBLADEでの『PEACE MAKER鐵』連載

私はコミックス派で月刊誌のほうはチェックしていなかったのですが、ブレイドでのピスメは油小路の一件はちゃんと片が付いていたのでしょうか?

コミックスの5巻では油小路の途中までと、そのあとに日野編が収録されていましたが…
もし、ブレイドの方では油小路の闘いが完結していたにもかかわらずコミックスには収録されなかった、ということなら嫌だな~と。

・連載休止ということならば日野編を優先的にコミックスに収録したのではないか?
・たとえ連載が再開され、コミックスの続刊が出たとしても、そんな中途半端なところから始めるだろうか。?
という疑惑があったりしてなんかすっきりしないのです。

それと、もしそうだった(=油小路の後半はカットされた)場合、その部分が収録されているのは何年何月号になるのでしょうか?ブレイドのweb販売で手に入れられたらと思いまして。他にも入手できる所ってあるのでしょうか?

注文が多くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めて回答するので至らない点もあるかと思いますがなるべく問題が解決できるよう努力いたします。
残念ながらBLADE本誌の方でも油小路編は解決しておりません。コミックスに載ってるとおり、平助と新八の例のシーンで終わっております。
ですから日野編を優先的に収録したという訳ではないようです。
質問2のように再開後中途半端な部分からの連載かどうか・・・ってのは私自身では解りかねます。
しかし黒乃奈々絵本人はいたって元気なようですから、きっちりとPM鐵を最後まで描ききる気があるのであれば異聞の第一巻冒頭のシーンぐらいまで描く・・・・のでは?と私はいちPMファンとして思っています。
休載の原因は解りませんが史実を基にしたフィクションに鈴関係の伏線をはり過ぎたため、作者のなかでシナリオ的に破綻してしまった。からだと私は思っています。本誌の最後の方では一回の掲載が8ページだけの時とかもありましたし・・・けっこう悩んでたのではないでしょうか?

質問の本意とはそれるかもしれませんが、2004年2月16日発行の『月刊コミックブレイド2月号臨時増刊 PEACE MAKER鐵~龍馬編~』という雑誌があり、それにはコミックスにも未収録だった『PEACE MAKER鐵 予告編』が掲載されています。
この予告編は2002年の『月刊コミックブレイド4月号(創刊号)』応募者全員サービスだった「ALL ABOUT COMIC BLADE」に収録されていたもので、黒乃奈々絵本人による8ページの描き下ろしマンガです。
内容は異聞から鐵へのつながりとこれからを暗示するようなもので、新八・左ノ助・平助の事を描いている部分もあります。
まぁ、これだけでは油小路編全ての内容が読み取れるといったような代物ではありませんが”こうゆう形にもって行くのか・・・”という位での参考にはなるかと思います。
長い回答で申し訳ありません、si-noさんのご質問に上手く答えていますかどうか・・・一応黒乃奈々絵のサイトURLを貼っておきます。
ですがこのサイトは・・・嫌悪感を示される方もいらっしゃるかもしれませんのでオススメ出来かねます。日記をみて「奈々絵は今日も元気なのか」って位でちょうどだと。

参考URL:http://www.geocities.jp/chro700/index.html

初めて回答するので至らない点もあるかと思いますがなるべく問題が解決できるよう努力いたします。
残念ながらBLADE本誌の方でも油小路編は解決しておりません。コミックスに載ってるとおり、平助と新八の例のシーンで終わっております。
ですから日野編を優先的に収録したという訳ではないようです。
質問2のように再開後中途半端な部分からの連載かどうか・・・ってのは私自身では解りかねます。
しかし黒乃奈々絵本人はいたって元気なようですから、きっちりとPM鐵を最後まで描ききる気があるのであれば...続きを読む

Qジャンプ連載中のスケットダンスのあらすじについて

WJ連載中のスケットダンスのことです。
3,4週にかけてスイッチの過去をやっていますよね。
1週見逃したのでちょこちょこ展開が分かりませんので教えて下さい。
さわちゃんとスイッチ・弟さんなどの関係についてなど。
何で弟さんとさわちゃんが付き合ってるような展開に?
さわちゃんとスイッチは両想いっぽかったのに何であの刺した人と一緒にいたの?

教えて下さい(><)

Aベストアンサー

最初の一話を見逃されたのでしょうか?


兄、弟、沙羽ちゃんは仲良しの幼馴染でした。
ただ、兄は優秀すぎる弟にコンプレックスを抱いており、その事で悩んでもいました。

沙羽ちゃんはストーカーに狙われていました。
それに気付いたのが雪乃ちゃんで、
彼女は沙羽ちゃんを守るために一緒に行動するようになりました。

ある日脅迫状が届き、本格的に身を守らないとまずいという話になり。
その相談の中で、弟の適切な判断に「オレじゃ沙羽を守れない」と感じた兄は、二人だけで防犯グッズを買いに行かせました。
そんな時、雪乃ちゃんがストーカー男の情報も見つけたと報告に来て…

というのが第一週目のお話です。

Qベツコミの 『僕等がいた』 の連載について

検索したのですが、分からなかったので質問させて頂きます。

ベツコミの『僕等がいた』という漫画はもう、完結したのでしょうか?

別の話が連載されているので、完結したのかどうか 知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

第二部が終わったみたいですね。
第三部は6月号からみたいです。

参考URL:http://www.betsucomi.shogakukan.co.jp/talk/obata.html

Q連載初回 (主人公らしき)少女の両親が惨殺される漫画

今から20年位前の少女漫画だったと思います。
貴族か金持ちか資産家の娘がいます。
幸福ってなカンジの家族。
母親は妊婦。
・・・幸福ってなカンジの家族。
しかしこの夫婦は、正当か逆恨みかしらないけれど・・・一部の人間に憎悪され惨殺されます。
母親は殺された衝撃で出産し、殺害犯人は赤子は殺さず助けます。
娘は全てを失いながらも命だけは助かり・・・。
そんな話だったと思います。

覚えがある方、情報提供を待っています。

Aベストアンサー

「スケバン刑事」で有名な和田慎二氏の「銀色の髪のアリサ」なのではないかと。
googleで検索してみたところ、参考URLのこの記事が、あらすじとしては一番整っているようですので、ご一読下さい。

参考URL:http://suppoco.jugem.jp/?eid=109


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報