某地方銀行に2千万円の定期預金がありますが、数年前からこれを担保に全額借りてます。
返済できないまま ずーと利息を払い続けてる状態です。

ペイオフが適用されるとこの定期預金は、1千万円の価値しかなくなるということはわかりますが、破綻した銀行から2千万円の返済を要求されるというような奇妙な事って起こりうるでしょうか?

つまり 差し引きゼロとはならないかということですが・・・・・
ご教授お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ペイオフ」に関するQ&A: ペイオフ対策

A 回答 (3件)

原則的には、借入金と定期預金は相殺になります。



ただし、あらかじめ、相殺するという契約になっていることが必要です。
ほとんど間金融機関では、相殺する契約になっていますが、念のために確認しておかれた方がよろしいでしょう。

この回答への補足

銀行に聞いたところ、相殺となるとのことでした。

補足日時:2002/04/12 07:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく本日 銀行に聞いて見ます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/04 06:41

http://homepage2.nifty.com/t-tanken/newpage89.htm

会社更正法に相殺権があります。
(相殺権)
第百六十二条  更生債権者又は更生担保権者が更生手続開始当時会社に対して債務
を負担する場合において、債権及び債務の双方が更生債権及び更生担保権の届出期
間の満了前に相殺に適するようになつたときは、更生債権者又は更生担保権者は、
その期間内に限り更生手続によらないで相殺をすることができる。債務が期限附で
あるときも、また同様である。

この摘要が可能ですから、相殺を行った後の金額が1000万円を下回れば(御質問のケースはゼロ)、預金全額保護されることになると考えます。但し、相殺権には禁止項目(第百六十三条)がありますので、破綻後には一切債務履行を行ってはなりません。破綻後にまず行うことは相殺権の行使です。その前提を崩さなければ問題はありません(管財人もこのようなことを知っており、問題を容易にする為、債権債務の相殺をまず最初に行うものと思われます)。

尚、借金の相手が預金先と同じであれば良いのですが、注意すべきは支払が滞り、銀行が債権を売り渡された場合(関連会社など)には債権・債務の相殺は摘要されませんので注意が必要です。支払に窮した場合は預金の取り崩しでの返済を要求するようにした方が良いと思います。(今後はこのようなケースが発生するのではと懸念しています)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

支払に窮した場合の対応、非常に参考になります。

お礼日時:2002/04/12 07:48

余計なおせっかいですが・・・



その定期はすぐさま解約&相殺したほうが断然お得かと思います。
1年自動継続とかだったら、借り入れの利息分、明らかに損です。

但し10年定期とかなら、10年前の金利如何によってはわかりません。
関係ない話ですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

利息のことを考えると 解約&相殺も致し方ないですね。

お礼日時:2002/04/12 07:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q健康保険料。給与から当月差し引き?翌月差し引き?

上記の件ですがどちらが一般的でしょう。 末日にならないと確定しないから翌月(例えば11月分は12月の給料で差し引き)が普通と思っていましたが、当月にとる企業もあり(締めの途中で退職したときなど差し引きのほうが多くなる心配が少ないのでいいのか)。どうでしょうか?

Aベストアンサー

翌月給与から控除するのが正しい方法で、当月控除というのは本当はしてはいけないのです。給与から控除することができるのは、前月分の保険料のみです。退職の場合は当月分も控除してよいのですが。

【私のいた会社は当月控除でしたが、それでは算定届・月変届が健康保険組合や社会保険事務所に認定される前に給与計算が始まるので、確定前に控除額も決まり、保険料算定の計算にミスがあったときなど保険料の差額の修正にとても困りましたし、(社会保険の担当者だったので)給与担当者と相談して、上司に言って翌月控除に変更して貰いました。通常は退職もある程度前にわかりますので、最後の給与から2ヶ月分控除し、急な退職や、締め途中の退職で控除できない場合は、給与担当者が退職者から現金で貰って経理に入金していました。年末調整のとき本人の不利にならないよう、現金の分も給与控除のときと同様に社会保険料に入るようにコンピュータのデータに入れて。
確かに入ってすぐ無断欠勤で辞めてしまうような人もいましたので困ることもあったようですが、どうにか現金を貰って処理していたようです。】

なので、どちらが一般的かというと、やはり正しく翌月控除している会社の方が多いと思うのですが・・・。

参考URL:http://www.rakucyaku.com/Koujien/G/G020000

翌月給与から控除するのが正しい方法で、当月控除というのは本当はしてはいけないのです。給与から控除することができるのは、前月分の保険料のみです。退職の場合は当月分も控除してよいのですが。

【私のいた会社は当月控除でしたが、それでは算定届・月変届が健康保険組合や社会保険事務所に認定される前に給与計算が始まるので、確定前に控除額も決まり、保険料算定の計算にミスがあったときなど保険料の差額の修正にとても困りましたし、(社会保険の担当者だったので)給与担当者と相談して、上司に言っ...続きを読む

Q銀行のペイオフが心配で、1000万円超分は

銀行のペイオフが心配で、1000万円超分は
こうなったらゆうちょにでも移そうかな、
と考えています。

真面目な話、みなさんどうされてますか?

投資信託や株にはまったく関心ありません。

単にタンス代わり、金庫代わりが欲しいだけです。

メガ3つに分けきれない方はいったいどうされて
いるのでしょう?

ちなみに私はそこまではお金持ってませんが、
これからのために聞いておきたかったので。

Aベストアンサー

・単にタンス代わり、金庫代わりが欲しいだけです

なら銀行の貸し金庫を(^-^)/

というか、本当に利子いらないなら、
当座口座など無利子の口座(ゆうちょなら振替口座)に、入れとくだけで)、
国内の金融機関なら全額保証してくれますから( ^^) _旦~~

ちなみに、ゆうちょの定期、通常預金など、有利子預金の残高に
限度額の一千万以上突っ込むと、
「お得な利子の国債買っときました。」、いつのまにか国債に変わりますφ(.. )

Q定期預金を担保に銀行から借り入れ

私の勤め先は、銀行から借り入れをしています。
先日、資金繰りで、定期預金を解約してお金を用意したいと思い、社長に相談したら、定期預金は借入の担保になっているから解約できないといわれました。
以前、預金を担保にする、いわゆる拘束性預金は違法だというようなことを聞いた気がするのですが。
あいにく私の知識は古くあいまいです。
どなたか詳しい方、
預金を担保に銀行からお金を借りることはあるのか。
違法性はないのか、お教えください。

Aベストアンサー

預金を担保にとること自体は、問題視される場合もあるものの、違法とまではされないようです。

ただし、貸付と同時期に定期預金を作らせたり貸付金を定期預金に入金したりしてこれを担保にとることは、公取委が独占禁止法上の問題ありと指摘した経緯から、業界自主規制の対象となっています。

Q普通預金から定期預金へ

初歩的な質問で失礼します。

定期を新しく開設するにあたり、二ヶ所の普通預金から資金を動かしました。
このときの仕訳けを教えて下さい。

現実には現金を引き出して、定期預金に入金しています。

定期預金A銀行200万/現金200万 摘要欄「定期預金預け入れ」
現金200万/普通預金B銀行100万 摘要欄「引き出し」
       普通預金C銀行100万   〃

これを次のようにしても良いですか?

定期預金A銀行200万/普通預金B銀行 摘要欄「預金振替」
            普通預金C銀行  〃

Aベストアンサー

同日中の資金移動であれば、No.1のkadakun1さんお書きのとおり、
> 定期預金A銀行200万/普通預金B銀行 摘要欄「預金振替」
>             普通預金C銀行  〃
としても大丈夫だと一般的に解されています。

理論的にも、同日中の移動であれば、現金勘定を通す重要性に乏しいといえることから、重要性の原則により省略が可能といえます。

Qペイオフ別段預金について

会社で経理担当をしています。
お客様からの入金を口座振替で受け取っていますが、その際引落とした資金は一時的に『別段預金』へ入金されその後会社の口座へ振り込まれています。

ペイオフ全面解禁になった場合、
・『別段預金』は他の預金同様1,000万円まで保護の解消となるのでしょうか。

・また口座振替を行っている金融機関に借入があった場合、相殺権もあるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ペイオフについては、政府の方針に変更があり、15年4月から決済性の預金についてはペイオフの対象外となるようです。30日に小泉首相が、柳沢伯夫金融担当相に対して、決済性の預金の安定対策を指示しましたので、今後、具体策が示されると思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報