私は、歯が悪く歯科医院に通ことが多いのですが、前々から疑問に思っていたことがあります。
よく差し歯で保険のものは変色が早いとかいわれて、セラミックにするのですが、たしか昔はその歯自体が全部白色を
していて、それがセラミックだと思ったのですが、ここ何年間か違う歯科医院では銀色で前の表面だけが白色なのです。
ですから、角度をつけてみるとすぐ銀色がみえてしまいます。これって、材料費浮かすための手抜きとかいうものではないのですか?
それに、保険適用外ということで10万とか高いお金を払っても、2、3年かですぐ、土台ごととれたりします。
理由をきくと歯槽膿漏で歯茎が下がってきているとか、ブラッシングでマッサージするようにとかいわれると、納得するしかありません。
そんなこと繰り替えしているうちに歯がなくなっていき義歯の大きさが大きくなっていくのが非常に不安です。
これって信用できる医者かどうかも判断できませんし、こういうものなのでしょうか?
それと、その医院はお金払っても、レシートをだしません。
領収書をお願いすれば出してはくれますが、年間まとめてだしたほうがいいといわれます。
レシートださないこと事態おかしいと思うのですが?どなたかご意見お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

○歯自体が全部白色をしていて、それがセラミック?


根の中の神経を抜いてしまった歯に対し、そこに杭を打つようにして歯の頭をつける方法(継続歯)が以前は行われていました。
この方法の場合、歯の部分に既製品のセラミックやプラスチックの歯を適当な形に修正して取り付けることが有りました。
しかし、この方法は残った歯に対する適合制度に問題が有ったり、既成の歯を試用する為個人個人の歯の状態に合わせ難かったり、やや壊れやすかったりとあまり良い方法とは言えない点も有り、最近では行われなくなりました。
現在は土台は土台として作りそこに冠をかぶせる方法をとります。
被せる冠は銀色の金属冠の表面のみに白い硬質プラスチックを装した物(硬質レジン前装冠)や強度上の問題があり余り使われませんが全体が白いプラスチックで出来た冠(硬質レジンジャケット冠)が有ります。
ご指摘の銀色が見える冠はこのうち前者ですが、現在では最も主流の方法です。
歯に対する適合制度や耐久性、個人の歯の形や色の再現し易さ、噛み合せに適応させ易さなどから総合的に見て保険ではこの方法が採用されています。
(決して材料費を浮かすためでは有りません、適材適所という事です)

○高いお金を払っても、2、3年かですぐ、土台ごととれたりします
保険でも自費でもトラブルの主な原因は歯科医師や歯科技工士の技量不足、治療後のメインテナンスの不備、不可抗力等が有ります。
多くの患者さんに対して同じようなトラブルが有れば歯科医院側の問題でしょうし、特定個人の場合にはメインテナンスの悪さが疑われます。
但し、機械等とは違い人間相手の事ですので「たまたま」そうなってしまう事も有ります。
1度や2度では良し悪しは判断できないと思いますが、「歯槽膿漏で歯茎が下がって~ブラッシングでマッサージ~云々」を原因とするのには少し疑問が有ります。外れてしまった事とは別の問題の様な気がします。
もちろんブラッシングやマッサージは歯を長持ちさせるために最も大切な事ですが…

○レシートださない
10月から保険治療の場合は明細を出す事は義務化されていますので改善されていると思います。
自費の場合はこの限りでは有りませんし、おそらく内訳、明細という概念も無いと思います。

◎信用できる歯医者
歯医者さんの良し悪しを見極めるのは大変難しい事です。
評判(特にネット等での)や信用と技量の高さとは必ずしも一致しませんし、また、それぞれのレベルの差も皆様の想像以上のものが有ります。
表面上だけではなく治療方針など歯医者さんの先生やスタッフと色々と意見交換し、その実力を見極めていく事が大切かと思います。
    • good
    • 0

No.3です。


一部ご質問を読み違えておりました。
セラミック製の裏側も白い保険の歯が有ったという事ではなく、自費のセラミックの歯の裏側が銀色という事をご指摘されているのですね。
これに関してはNo.2様のお答え通りです。
歯の厚さや噛み合せの条件により裏側を金属にする場合もあります。
しかしそれが簡単に見えてしまうのは、よほど条件が悪いか歯科医師や歯科技工士があまり上手くないかのどちらかの様な気がします。
    • good
    • 0

セラミックにはセラミック単体の物と金属裏装の物があります。

其々に利点と欠点がありますが、決して手抜きではありません。ただ、脇から金属が見えてしまうのは困りますね。もう少し裏まで覆う方法もあるのですが…。
 装着後の歯磨き指導はもっとしっかりやってくれてもいいと思います。少なくとも治療後2年は3~4ヵ月毎の定期健診を受けましょう。
 保険治療については今月から毎回の領収書発行が義務化されました。自費については自由ですが、毎回出さない事の利点はありません。
    • good
    • 0

保険適用の差し歯でも十分に使用に耐えます。


こちらなら1万円前後で可能です。
正しいブラッシングをしていれば変色もかなり防げます。
普通にこちらを薦める歯科医院を探しましょう。

領収書は他の医院でも同じ事言われました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング