日商簿記3級は独学で合格ラインギリギリで受かりましたが
知識として定着しているかというと自信がありません。

2級までとりたいと思っているのですが、簿記は苦手です。
WセミナーでGW集中講座、講義30時間演習15時間という
コースがあり、日頃忙しい私にぴったりなのですが
覚えが悪いので本当にこのコースを受講すれば2級に合格できるのか
不安です。費用は55,000円でした。
もちろんこのセミナー終了後から6月の検定試験までは問題集を
解いて勉強するつもりです。

55,000円を無駄にしないためには、スタンダードな半年コース
に通学するべきでしょうか。(多忙なので半年続くかどうか…)

忌憚なきご意見よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

状況から察するに、GW集中講座を取られた方がよろしいように思います。


忙しい方であるからこそ、時間がとれるときにGWに集中的に勉強し、その後の
1ヶ月の間に暇を見てちょっとづつ勉強をするのが良いのではないでしょうか?
日商3級を独学で勉強なさったのであれば、セミナーを受けてこれまであいまい
だったことなどが鮮明に理解でき、勉強が進むでしょう。がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
頑張ります!!!

お礼日時:2002/04/08 10:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記3級と簿記2級

簿記3級の勉強をしています。
最終的には簿記2級を取りたいと思っています。
皆さんは簿記3級と簿記2級どれくらいの期間で取得されましたか?

Aベストアンサー

これまでのどのぐらいのバックグラウンド(大学で会計学を受講していたとか、会社で少し経験した)でかなり費やす時間などは変わってくると思いますが、自分の場合は大学で簿記の授業あり、会社で経理を半年経験というのちに試験を受けましたが、
簿記3級は1週間
簿記2級が2ヶ月ぐらいだったと思います。
これが早いのか、標準的なのか、遅いのかはわからないので参考意見までに。

Q法人税科目合格には簿記1級は必要?

今年の夏に、法人税科目合格を考え始めました。経理駆け出しの40代半ばです。簿記2級は持っています。大学は慶応法でした。簿記1級はないと、法人税受かりませんかね?最短コース突っ走りたいので、お願いします。独学で働きながらやるつもりです。

Aベストアンサー

受験資格として必要な単位を持っているなら簿記1級はいりませんね。
簿記1級が受験資格であるということは税理士試験 >  簿記1級 と言う事ですね。

Q簿記3級に合格のためにどんな勉強をすればいいですか?

もちろん参考書や問題集は解いているのですが、何かお勧めの勉強法はありますか?これはやっておいたほうがいいこととかありますか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

3級の勉強法 心得

借方は、か「り」かた、「り」の跳ねが左に向いてるから「左側」
貸方は、か「し」かた、「し」の跳ねは右に向いてるから「右側」
ここで、「なぜ借方貸方というのか?」を考えてはいけません。

 資産、費用を借方に、資本、負債、収益を貸方にした表(参考書にかいてあるやつ)をボール紙に書いて、仕訳練習をする時には常にそれを見て行うといいです。

現金が消えて何かに変わったら、それは全て「貸方」記入
貸方には現金しかこない。
つまり、借方だけ見れば「現金が何に変わったか」がわかる。
「変わった」=「使われた」ということ。
つまり、費用勘定の相手はほとんど現金である。
というように、一つの原則を見つけていくと、スムースに理解できます。

「下りのエスカレーターを一気に駆け上る気持ちで走れ」

と良く言われますが、簿記3級はまさにそれです。

時間をかけてゆっくりと身に着けるという考え方ですと、勘定科目が単純なので理解が進みません。いっそ2級から勉強した方がいいぐらいです。

しかし、現実には3級から理解して行く方が道順というものです。
ただの「道順」ですので「身に着ける」必要はありません。
突っ走ってしまえばいいです。

真剣に「なぜこうなるのか?」は2級から、嫌ほど考えされられますから。

問題集ではなく、参考書をこれ以上早くは読めないという読み方で読み飛ばしましょう。理解できなくてもいいですから「通読」を3回程度しましょう。普通の人だとこれで「こんなものか」がわかります。

3回読み飛ばすのに、一週間で充分でしょう。

次に問題集をやっつけましょう。
問題集は、とにかくわかるところだけやってみましょう。

そうすると、自分の理解できてないところがわかりますので、教科書参考書を読み込みましょう。

合計で1月、長くて3ヶ月で合格をめざしましょう。

合格してしまうとわかりますが、3級はそれ以上長く勉強してもだらだらしてしまうだけで、合格率が上がるわけではありません。

「一気に突っ走る」のが勉強法だと思います。

3級の勉強法 心得

借方は、か「り」かた、「り」の跳ねが左に向いてるから「左側」
貸方は、か「し」かた、「し」の跳ねは右に向いてるから「右側」
ここで、「なぜ借方貸方というのか?」を考えてはいけません。

 資産、費用を借方に、資本、負債、収益を貸方にした表(参考書にかいてあるやつ)をボール紙に書いて、仕訳練習をする時には常にそれを見て行うといいです。

現金が消えて何かに変わったら、それは全て「貸方」記入
貸方には現金しかこない。
つまり、借方だけ見れば「現金が何に変...続きを読む

Q簿記2級を受けるのですが、1ヶ月半の勉強で合格できるか?

簿記2級の受験を考えていますが、2月22日の試験に受かろうと考えています。私の実力で実現できるのか、背景を考えた上で客観的な意見を請います。

背景
経理経験:3ヶ月(経理経験は少ないですが、電機メーカーで、設備工事の原価管理(建設業経理が絡んでいる):6年、新聞記者として、B/S、P/Lなどを読む経験:2年、医薬メーカーでの購買経験:1年があります)

今、小さな化学メーカー(従業員100名程度)で
仕入、支払に関する経理業務を手がけています
(仕入振替伝票起票、勘定科目・業者別支払明細書、負担部署・勘定科目別明細書を独力で作成できるレベル)


http://dokugaku.info/koremade_sikaku/boki/syougyou.htm

を参考にして勉強しようとおもっているのですが、仕訳の8要素のうち、

仕入、支払いしかしていないせいか、

借方      貸方
負債の減少資本の増加

資本の減少収益の発生

に自信がありません。

このレベルで、商業簿記、工業簿記をマスターして、日商簿記2級に1ヶ月半で合格することは可能でしょうか?

毎日、7時ごろには帰宅できるため、勉強時間はとれます。


経験者の方、ご指導賜りたく願います。

なお、以下のような回答は恐縮ですが、ご遠慮願います。

・自分で本屋にいって、見てから決めたらどうですか?といったような、回答になっていない回答。
・質問に対する、批評・中傷のみしかしない回答。
・人それぞれです、といった解決への道を示していない回答。

現状の私の知識レベルに関する質問は大歓迎です。

目標は2月22日に簿記2級を受かることです。
厳しい回答も大歓迎ですので、経験や見聞から、お教えいただけたら幸いです。

簿記2級の受験を考えていますが、2月22日の試験に受かろうと考えています。私の実力で実現できるのか、背景を考えた上で客観的な意見を請います。

背景
経理経験:3ヶ月(経理経験は少ないですが、電機メーカーで、設備工事の原価管理(建設業経理が絡んでいる):6年、新聞記者として、B/S、P/Lなどを読む経験:2年、医薬メーカーでの購買経験:1年があります)

今、小さな化学メーカー(従業員100名程度)で
仕入、支払に関する経理業務を手がけています
(仕入振替伝票起票、勘定科目・業...続きを読む

Aベストアンサー

「毎日2時間、1.5ヶ月程度の勉強」
継続は力です、これで充分です。

方法は

1 簿記3級テキストを理解できようができなかろうが、読み飛ばすこと。繰り返し3回。問題は解く必要なし。解いても良いですが。
(6時間、3日)
2 2級テキストを同様に読み飛ばす。繰り返し3回。
(6時間、3日)
3 3級のテキスト内での「練習問題」レベルの問題を、答えを見ながら「読む」。問題を読んでからすぐ答えを見て「こういうものだと」理解する。結果的に答えをみるのだから、答えを考える時間は無駄と割り切る。
 (8時間、4日)

4 2級の練習問題(例題レベルの簡単なもの)を答えを見ながら読む。
 時間がないので、「問題を読むことに慣れるため」です。答えを考えても時間の無駄。3級と同じ感覚で最後まで。
 (12時間、6日)

5 3級の練習問題を「考えて」解く。しかしわからなかったら、すぐに答えを見て、時間の無駄を省く。
 (6時間、3日)

6 2級のテキストを読み直す。
 (6時間、3日)
7 2級練習問題を考えて解く。わからなかったら、すぐに答えを見る
  (8時間、4日)

貴方の頭脳レベルだと、これで「なるほど、こんなものか」という全体像がわかると思います。

8 一番理解しやすい箇所を8つ、2級から選んで、その箇所の問題をそれぞれ一つづつ、計8つ選んで、自力で考えて解く。わからないときは「答えを見るのでなく、テキストで調べる」
 (8時間、4日)


ここまでで、30日です。

要領のいい人だと「合格点がとれるぐらい」になってるはずです。

9 工業簿記関係の強化
  練習問題を全て、読み直し、自力で回答できそうなものだけ8つ選んで、「頑張って解く」
 (8時間4日)
 
 工業簿記で「ゼロ」は「不合格に通じる道」です。
少しでも点がとれるようにしておきましょう。

後は、質問者がお分かりにならない問題を解いて、テキストを確認する作業をしてください。

テキストを丸暗記しても簿記問題は解けません。
問題を何度も見てると「問題を読む力」がつき、解答を見ることでテキスト以上に「なにがどうなってるのか」が理解できます。
他の人は知りませんが、東京六大学理系でしたら「さわりを知れば理解できる」でしょうから、ボーダー線を越えてるはずです。

あとは、本番まで、自分が解ける問題が出るよう神に祈ります。

簿記を根本的に理解して合格しようと思わなくていいのです。

出た問題が解けたら儲けもの、と考えて受験に望みましょう。

今から2月22日に2級合格というと、フロックを狙うしかありません。賭けみたいなものです。

百点を取れる実力は無くても合格するものです。
あなたに「運」があれば。

「毎日2時間、1.5ヶ月程度の勉強」
継続は力です、これで充分です。

方法は

1 簿記3級テキストを理解できようができなかろうが、読み飛ばすこと。繰り返し3回。問題は解く必要なし。解いても良いですが。
(6時間、3日)
2 2級テキストを同様に読み飛ばす。繰り返し3回。
(6時間、3日)
3 3級のテキスト内での「練習問題」レベルの問題を、答えを見ながら「読む」。問題を読んでからすぐ答えを見て「こういうものだと」理解する。結果的に答えをみるのだから、答えを考える時間は...続きを読む

Q日照簿記2級(商業簿記)、割引手形について

以下の問題で、「割引手形」の意味がよくわかりません。(それ以外の回答までのプロセスはわかります)

決算にさいし、次の資料に基づき売上債権(割引手形は含まない)について、2%の貸倒引当金を設定する。ただし、貸倒引当金の設定は差額補充法を採用することとする。
(資料)
(1)決済整理前の残高(一部)は次の通りである。
 受取手形 ¥480,000 売掛金 177,000 割引手形 ¥250,000 貸倒引当金 ¥8,000
(2)割引手形¥30,000は決済されていたが、その処理が行われていない。
(3)売掛金¥7,000が回収不能となったが、その処理が行われていない。

わからないのは、
修正仕分で(2)が
(借)割引手形 30,000円 (貸)受取手形 30,000円
となることです。
そもそも、割引手形の意味をわからないから、この修正仕分ができないのだと思います。
割引手形の意味と、合わせて(2)の修正仕分の理由を教えてくださいませ。

Aベストアンサー

とりあえず「割引手形」とは受け取った手形を担保に銀行から借金すると思えばいいと思います。
したがって>割引手形¥30,000は決済されていたが>というのは手形期日に不渡りにならずに済んだということになります。で、借金である割引手形が決済されたので
借り方に、その見返りの受取手形が期日を無事に過ごして役目を終えたので貸し方に来るということになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報