身近なことをミクロ経済の理論を用いて説明するという教科書の問いがあるのですが、高校で数Aと数Iしか履修していない私にはちんぷんかんぷんです。教科書を読んでも微分積分など???と難しい問題がたくさんあり、ミクロのミの字も理解していません。どのようなことをミクロというのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下の方の補足。



ミクロ経済学では、生産物(財)の取引したときに均衡に達するか、すなわち需要と供給が一致し、その価格と取引量から動かなくなるか、ということも研究対象となります。均衡の存在と近郊の安定性です。ミクロ経済学のテキストで言えば一般均衡というところに書いてあって、そのいちばん簡単な例がエッヂワースのボックスダイアグラムとして載っています。なぜこのようなことが重要かというと、たとえ需給が一致するような(均衡)価格が存在したとしても、その状態が安定的でなければ真の意味での均衡とはいえないからです。このへんの功績は大経済学者アローやデブリューが有名です。
あと、企業にしても個人にしてもその行動指標として効用最大化を目指します。つまり、ただ単に1種類のモノがたくさんあれば満足というのではなく、複数の財の中でそれらを組み合わせてベストミックスを選択するのです。

マクロのほうはその他に、経済成長も分析対象になります。(そのほかにもありますが・・・)
この分析をすることによって、発展途上国の経済にはどのような構造的遅れがあるかなどの理論的帰結を導くことができます。たとえば、そのような国では先進工業国と比べて労働力が不足しているといえます。最近は先進国の資本が流入してきたためこの問題点が解消しはじめ、成長率が格段に上昇してきているのはご存知かと思います。
その他には、一国の所得がどうなるかという問題のほかに、貿易によって生じる経常収支や為替の問題も扱います。

どのマクロのテキストを見ても書いてありますが、価格調整スピードの仮定も重要になってきます。どういうことかといいますと、需給がアンバランスなときに、価格調整が即座に解消されるように価格が動いてくれるかということです。この点は、マクロではケインジアンと古典派に大きく二分されています。
一方、ミクロでは古典派的な仮定が置かれていて、価格は瞬時に調整されるものとして話が進んでいます。ミクロの応用分野としてファイナンス理論というものもあります。この分野では投資理論などを扱いますが、ここでも価格の調整速度は極めて速いと仮定されています。

数学的には基本書を読む上では簡単な微分とその表現の仕方がわかればよいのではないでしょうか。その先は様子を見て必要なところだけを少しずつ勉強すればよいでしょう。
    • good
    • 0

経済学は大きく分けてミクロ経済学とマクロ経済学に大別できます。

ミクロ経済学は主に、ある家計やある企業という経済活動の最小単位の行動を研究するものです。たとえばある家計は、今月の収入のうちいくらを貯蓄にまわそうか、消費にまわそうか、ある企業は売上高をどれぐらいにすれば利潤を極大化できるだろうか、といったことを研究します。一方マクロ経済学は、ミクロ経済学に登場した個別の家計、企業をすべて合算して一国単位の経済の動きを研究します。つまり一国全体の貯蓄・投資バランスはどうなっているか、金利の動きと国内総生産との関係は、失業の発生のメカニズム、インフレの影響などを研究します。

読んで字の如く、ミクロは小さいもの、マクロは大きいものを研究対象にしているのです。

蛇足ですが、chichieさんの高校では数学の授業は無かったのですか?近代経済学は、現代ではもはや理科系の学問と化しています。もし本格的にやるのならば、微分・積分・確率・統計を勉強してみてはどうでしょうか。つまらないアドバイスでした。

ミクロ経済学のイメージは分かっていただけたでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済ニュースのHP

経済ニュースについて詳しく書いてあるHPを探してます。
それと経済データも探しているんですけど、いいHPありませんか?
英語のHPでも大丈夫です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のものはいかがでしょうか。

経済ニュースです。http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/

http://www.nikkei.co.jp/

http://www.sankei.co.jp/news/keizai.htm

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/ynews/

http://www.odn.ne.jp/odnnews/eclist.html

http://www3.aol.co.jp/headline/business.html


経済データSITE
http://www.econ-jp.com/

http://www.rcn.or.jp/data/default.html

Qミクロ経済学 生産者理論についての質問です

ミクロ経済学の勉強をしているのですが、問題3がよくわからないので教えていただきたいです。
簡単にでいいので解説もいれてもらえるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

①労働の限界生産量(限界生産物、限界生産力ともいう)と資本の限界生産量はそれぞれ
∂Y/∂L=K, ∂Y/∂K=L
②RTS=∂Y/∂L/∂Y/∂K=K/L
③総費用線という言葉はあまり聞いたことがない。
等費用曲線を意味するなら
C=wL + rK
C=1500, w=20, r=30ときの等費用曲線は
1500 = 20L + 30K
あるいは
K= -(2/3)L + 500
となる。等費用曲線とは1500の費用で得られる労働と資本のすべての組を示すもの。横軸をL、縦軸をKにとると、C=1500の等費用曲線は縦軸の切片が500で、傾きが-2/3の、右下がりの直線となる。

④C=1500のもとでの得られる財の最大生産量は労働と資本の組(L,K)が
RTS = w/r
すなわち、
K/L = 20/30
よって
K = (2/3)L      (*)
と、等費用曲線
K =-(2/3)L + 500    (**)
とを満たすとき、与えられる。よって(*)と(**)とから、KとLを求めると
L = 375
K= 250
を得る。これらを生産関数
Y = LK       
へ代入するなら、
Y=375×250=93,750
を得る。これが、C=1500から得られる財の最大生産量である。計算が正しいか確かめられたい。

①労働の限界生産量(限界生産物、限界生産力ともいう)と資本の限界生産量はそれぞれ
∂Y/∂L=K, ∂Y/∂K=L
②RTS=∂Y/∂L/∂Y/∂K=K/L
③総費用線という言葉はあまり聞いたことがない。
等費用曲線を意味するなら
C=wL + rK
C=1500, w=20, r=30ときの等費用曲線は
1500 = 20L + 30K
あるいは
K= -(2/3)L + 500
となる。等費用曲線とは1500の費用で得られる労働と資本のすべての組を示すもの。横軸をL、縦軸をKにとると、C=1500の等費用曲線は縦軸の切片が500で、傾きが-2/3の、右下がりの直線となる。

④C=1500のも...続きを読む

Q沖縄の「たんかん」の語源

沖縄の果物で、オレンジとぽんかんを交配した「たんかん」というものがありますが、その語源は一体何なのでしょうか?
たんかんの「かん」はポンカンの「かん」かなぁと推測できるのですが、「たん」はどこから来ているのでしょうか?
気になってます。教えて下さい。

Aベストアンサー

先日九州のお土産にいただき、とっても美味しかったので、調べてみました。
下記サイトに詳しく書かれていましたよ。

参考URL:http://www.tan-kan.com/html/what.html

Qミクロ経済学の伝統的な価格理論について!

これは、正しいと思いますか?皆さんのご意見お聞かせ下さい!

Aベストアンサー

基本的には正しいです。

しかし、当然期間や状況によっては例外的応用的要素も存在します。
例えば、基礎理論では、供給者の数と生産コストおよび需要しか考慮してないということです。しかし、実際には様々な要素が絡み合って価格は決まっているということです。
法律や世論や社会状況(労組やCMなど)なんかも価格に影響します。
これを基礎理論に当てはめると、法律による新たな規制により生産のコストが増加する。
労組の活動により労働コストが上昇し生産コストが増加する。
世論の変化により需要が増減する(ブームやバッシングなど)。
また小規模事業者は売り上げの減少を、賃金の抑制(自らへの賃金の抑制=生活水準の引き下げ)などで対応します。

このように理論を現実に当てはめる上では基本を理解したうえで、実践的応用を織り交ぜて考える必要があります。
ですからまず重要なのは基礎をきちんと理解することです。

Q国際経済に関するレポート

国際経済に関するレポートを書きたいのですが、内容が大まか過ぎて何に重点を絞って書けばいいかいまいちわかりません。
国際経済のレポートを書くのに参考になるサイトや、題材などを教えてください。

Aベストアンサー

●貿易と言う視点から(国際経済を)捉え様とするなら、キッズページ(経済産業省)が判り易く、他の(省や外郭団体等の)サイトへも繋がるので何かと便利かと思います。
http://www.meti.go.jp/intro/kids/trade//index.html

●(国際経済を特に!?)多国籍企業の観点からアプローチするのも一法で、その日本法人へのリンク集の中に"外資系COM"が含まれる訳です。
http://www.gaishikei.com/gaishikei_link.html

●後はオールアバウトの"国際経済"関連の用語集辺りも有用性が高いと私には映るのですが・・・
http://allabout.co.jp/glossary/g_politics/gr00088.htm

Qミクロ経済学について教えてください。 2期間モデルを用いて、消費者の消費・貯蓄配分問題を考える。消費

ミクロ経済学について教えてください。
2期間モデルを用いて、消費者の消費・貯蓄配分問題を考える。消費者は第1期にも第2期にも働いて、それぞれY₁≥0、Y₂≥0の実質賃金を得るとする。実質利子率r>0とし、消費者は第1期に貯蓄及び借入を行えるとする。消費者は異時点間の予算制約のもとで、第2期に得られる効用の和U(C₁,C₂)=u(c₁)+u(c₂)が最大となるように第1期の消費、第2期の消費の最適な水準を決定している。各期の効用関数は対数関数(u(C)=logC)であるとする

この場合の予算制約の式はどういうやり方で求められるのでしょう?

Aベストアンサー

No1の回答を読んだのですか?それでもわからないのなら、どこがわからない?
とくに予算制約

C1 + C2/(1+r) = Y1 + Y2/(1+r)

どうしてこうなるのかわからないということでしょうか?もう少し詳しく書いてみましょう。
この消費者の第1期の予算制約は、貯蓄をSと書くと

S = Y1 - C1                            (*)                          
第2期の予算制約は、この貯蓄Sを利子率rで運用するなら、第2期の期首には第2期の所得Y2のほかに、貯蓄を運用したときの元利合計(1+r)Sが第2期の消費にあてることができるので

C2 = Y2 + (1+r)S                          (**)

となる。(*)を(**)の右辺のSに代入し、整理するなら、求める式(一番上の式)を得る、ということです。

No1の回答を読んだのですか?それでもわからないのなら、どこがわからない?
とくに予算制約

C1 + C2/(1+r) = Y1 + Y2/(1+r)

どうしてこうなるのかわからないということでしょうか?もう少し詳しく書いてみましょう。
この消費者の第1期の予算制約は、貯蓄をSと書くと

S = Y1 - C1                            (*)                          
第2期の予...続きを読む

Q英訳をお願いします。 日本経済はトランプ氏によってハネムーン期間で盛り上がっているだけだろう。 一

英訳をお願いします。

日本経済はトランプ氏によってハネムーン期間で盛り上がっているだけだろう。
一か月もすればそんなものは終わる。
経済学そんなこと以外で景気回復になることを願う

Aベストアンサー

Japanese economy would get moving only because of Trump market honeymoon. It ends after a month. I hope economy will recover except that reason.

Qミクロ経済学、独占企業が存在し図の均衡価格が価格Aへと上昇したとする。各経済主体および経済全体の余剰

ミクロ経済学、独占企業が存在し図の均衡価格が価格Aへと上昇したとする。各経済主体および経済全体の余剰に起きる変化について正しいのを選べ。
1, 消費者余剰と生産者余剰の大きさに変化は無い
2, 消費者余剰の大きさが三角形①へと変化する
3,生産者余剰の大きさだけが三角形②へと変化する
4,経済全体の余剰に三角形⑤、⑥の損失が発生する


課題なんですが分かりません

Aベストアンサー

>問題は間違ってないです……訳分からないですよね……笑

一つ考えられるのは、需要曲線と供給曲線とで描かれる完全競争市場があったとする。いま、これらの競争している企業が結託して一つの独占企業として行動したとする。このときの、余剰(生産者余剰、消費者余剰、総余剰)はどうなるか?あるいはこの市場には独占企業が存在する。この企業が独占的に行動する(つまり限界収入=限界費用によって行動する)場合と競争的に(つまりプライステイカーとして)行動する場合を比較し、余剰がどうなるかを考えよ、ということかもしれない。どちらも同じ結果を導く。そういう意味だとしてこの問題を解いてみよう。
Aは独占価格、独占生産量は価格線が需要曲線と交わる点から垂線を下し、それの横軸との交点の横座標で示される。競争的に行動したときの価格は需要曲線と供給曲線の交点(均衡点)の縦座標で示され、生産量(取引量)は均衡点の横座標で示される。競争状態のときの消費者余剰=①+③+⑤であり、生産者余剰=②+④+⑥、よって総余剰=①+②+③+④+⑤+⑥であらわされる。一方独占状態のときの消費者余剰=①、生産者余剰=②+③+④、総余剰=①+②+③+④となる。したがって、独占のときの総余剰は⑤+⑥だけ、競争状態のときの総余剰より小さくなる、つまり、答えは選択肢4となる。

>問題は間違ってないです……訳分からないですよね……笑

一つ考えられるのは、需要曲線と供給曲線とで描かれる完全競争市場があったとする。いま、これらの競争している企業が結託して一つの独占企業として行動したとする。このときの、余剰(生産者余剰、消費者余剰、総余剰)はどうなるか?あるいはこの市場には独占企業が存在する。この企業が独占的に行動する(つまり限界収入=限界費用によって行動する)場合と競争的に(つまりプライステイカーとして)行動する場合を比較し、余剰がどうなるかを考えよ、とい...続きを読む

Qモルディブ国内線のフライトスケジュール

モルディブ国内線のフライトスケジュール

来月、モルディブのアリラヴィラズハダハアに滞在する予定です。

スリランカ航空でマーレまで行き、国内線に乗り継いで行くのですが、モルディブ国営航空のHPでは今日と前後2日程度のフライトスケジュールしか確認することができませんでした。
とりあえず、曜日だけ合わせて見ると、マーレ - ガーデッドゥ路線では、
1.当日、夜中に移動してリゾート入り
  (1泊料金が追加になりますが、翌日の朝からリゾートが満喫できます。)
2.マーレに1泊、翌日お昼に国内線、お昼過ぎリゾート入り
  (追加料金は不要ですが、お昼過ぎにリゾートに到着予定なので、実質は夕方からとなり、少し勿体ない気がします。)
のどちらかです。

モルディブの国内線のフライトスケジュールは曜日ごとに決まっているのでしょうか?
それとも、水上飛行機のように、固定していないのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

また、実際に行かれた方がいらっしゃいましたら、全般的にどんな感じだったか教えてください。

よろしくお願いします。

モルディブ国内線のフライトスケジュール

来月、モルディブのアリラヴィラズハダハアに滞在する予定です。

スリランカ航空でマーレまで行き、国内線に乗り継いで行くのですが、モルディブ国営航空のHPでは今日と前後2日程度のフライトスケジュールしか確認することができませんでした。
とりあえず、曜日だけ合わせて見ると、マーレ - ガーデッドゥ路線では、
1.当日、夜中に移動してリゾート入り
  (1泊料金が追加になりますが、翌日の朝からリゾートが満喫できます。)
2.マーレに1泊、翌日お...続きを読む

Aベストアンサー

 本国のサイトでスケジュール検索してみたら、
曜日に関係なく 23:30発の Q2 112便が最終便でした。
http://www.maldivian.aero/

 個人的には、どうせ飛行機に乗るのは一緒なんですから、
前の日の夜のうちに島に入るのがいいと思います。機上
からの素晴らしい眺めは帰りのフライトでも楽しめますし。

 滞在記は、世界最大級の旅行口コミサイト「トリップアドバイ
ザー」で見られますよ。日本語の投稿もあるようです。
http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g298571-d1473123-Reviews-Alila_Villas_Hadahaa-Male.html

Qミクロ経済学・マクロ経済学の入門書

法学系の授業で経済学の話が出てきたので、
ミクロ経済学とマクロ経済学の入門書が読みたくなりました。

数学があまり得意ではないので数式がどうの、という内容だとあまり・・・
という私にお勧めの入門書はありますか?

経済学の入門書でも可です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経済学部の者です。


経済学部生が1年生で使う教科書だと、
例えば伊藤元重のミクロ・マクロやマンキューのミクロ・マクロというのが定番です。
かなり分かりやすく書かれていますが、「経済学部」の学生向けなので最低限の数式もありますしとっつきにくさは残るかもしれません。


専門ではなく「一般教養程度」となると、小暮太一のシリーズがオススメです。
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%A8%E6%9A%AE-%E5%A4%AA%E4%B8%80/e/B0048ZM0DI/ref=ntt_athr_dp_pel_1


さらに、時事問題を扱う程度なら細野の経済本があります。


法学系の経済学で数式もちょっとというのであれば小暮のシリーズが無難かもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報