病気で診療所にかかると、再診時に「再診料」をとられますが、この他にも「外来管理加算」というものも取られるんです。まあ、外来で管理するんで加算されるのか、という感じで一応納得なのですが・・・。

ところが、アレルギー症状で吸入治療をしたり、怪我の消毒やガーゼ交換で再診したときには、この「外来管理加算」がつかないんです。吸入すると点数が安くなり、吸入しないと支払いが増える、という変な仕組みです。傷の処置をする方が、しない方より診療点数が低い、ということです。

はっきりいって、これって変です。納得できません。
何でこんな仕組みになっているのか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

kennedy2さん、初めまして!



医療事務経験者です。

「外来管理加算」について少し書かせて頂きたいと思います。

「外来管理加算」は200床以上の病院では加算されません。また加算対象となる物とならない物とがあります。主な物な次のようになります。

加算対象となる物…診察のみ、指導管理、在宅管理、投薬、注射、特例処置(ネブライザー)、検体検査や病理学的検査、生体検査の呼吸循環機能検査、画像診断

加算対象とならない物…処置、手術(ギプス、輸血)、麻酔、放射線治療、生体検査(超音波検査等、脳波検査等、神経・筋検査、耳鼻咽喉科学的検査、眼科学的検査、負荷試験等、内視鏡検査、ラジオアイソトープを用いた諸検査)リハビリテーション、精神科専門療法

kennedy2さんの場合、「吸入すると点数が安くなり、吸入しないと支払いが増える」と書かれていますが、これは私にも分かりません。もし、この吸入がネブライザー(噴霧吸入)の事でしたら、「外来管理加算」として点数にして52点(520円、この何割かを支払う事になります。国保で3割、社保なら2割の所が多いです。)加算されます。私が思う所では、処置以外に何か加算対象となっているものがあるように思います。(継続管理加算なんてものもありますし、何かの指導管理等発生していませんでしょうか? 投薬内容が変わったなんて事はありませんか?)

「外来管理加算」の定理は漠然としていて、中々はっきりしませんが、その場限りで解決してしまうものに対しては加算対象とはならないようです。(これは自信なし)納得しづらいと思いますが、厚生労働大臣が決めた事ですので、なんとも言えません。もし、この「外来管理加算」を支払うのがイヤでしたら、ベッド数200床以上の病院へ行かれるのが宜しいかと思いますが、反面、再診料が高くなる場合もあります。(200床未満の病院の再診療は59点、200床以上は再診療とは言わず、外来診療料となり、70点となります。因みに診療所は74点です。)※点数1点は10円となります。

この4月から点数の改定が行なわれましたので、上記の点数に変更があるかもしれません。(3月末までの点数を標記しました。)

もし、どうしても納得行かないようでした、その診療所で明細書を見せてもらうなり、どうしてこう言う事になるのかお聞きになるのが手っ取り早く解決する方法だと思います。それらの事に対して説明する義務もありますので、その病院の受付でお聞きになる事をお薦めします。(私も理由を知りたい!)

と言う事で、あなたの質問の直接の回答になっていないかもしれませんが、参考になれば幸いです。

by yama585
    • good
    • 5
この回答へのお礼

さすがプロフェッショナル。
ていねいな回答ありがとうございます。
だんだん調べるうちに少しずつ理解できるようになってきました。
4月から吸入(ネブライザー)でも外来管理加算が算定されなくなったらしいです。それで、吸入しない方が窓口での支払いが多いという変なことになっているようです。
この点だけが納得いかないという訳です。

お礼日時:2002/04/05 09:42

保険点数を決めるにあたっては、多分幾つかの原則があると思います。

そのひとつは各科のバランスをとる事が、この原則の一つに入ると考えられます。

さて外来管理加算ですが、これは処置等が多い外科系と、月2回くらい外来に通院をされる内科系のバランスをとった結果です。つまり再診回数が多くこの点数が高くなる外科系の処置には、余り点数をつけない事と考えられます。

この点数の決め方には、医学的な考えより、経済的な考え・・・いかに費用対効果で効率の良い体制が出来るかが、もう一つの重要な事になります。

日本の保険制度は、WHOから世界で最も効率の良いシステムと評価をされていますが、医療費総額は対GDP比で計算すると先進国の中では18位とゆう最低レベルです。医療費に関しては、日本医師会がなんと言おうと、マスコミの論調と違って厚生労働省の力が強いことが推定されます。

少し話が飛びましたが、kennedy2さんが質問されたような保険点数の矛盾は、随所に見受けられます。一つ一つを上げたらキリがなくこの様な事は見つかります。今回の医療費の変更でも、再診回数が多い(つまり重症の患者さん)ほど、点数が減点していくように変更をされました。ここには医学的配慮は全く無く、経済優先の考え方が強く出たものと思います。

ご存知と思いますが、又、今後すべてに包括医療制度に変更される傾向です。これは見方を変えれば、何もしないほうが経営的には良いとゆう同じ危険な側面を持っています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

簡潔かつ丁寧な解答にお礼申し上げます。
内科系と外科系のバランスを考慮した点数設定
がベースにあるということ理解できました。
でも・・・矛盾していますよね。
良心的な治療姿勢と利益を考慮した経営姿勢とが相反することがわかりました。

お礼日時:2002/04/05 20:29

再登場です。



No.3で「この4月から点数の改定が行なわれましたので、上記の点数に変更があるかもしれません。」と書きましたが、その事について少し補足させて下さい。

改定内容を調べてみましたが、「外来管理加算」と言う項目が見当たりません。(改定書が手元にあります。)ですので、はっきりした事は分かりませんが、4月から「外来管理加算」と言うのはなくなってしまった可能性があります。(間違ってる可能性があります。現役ではありませんので、お許し下さい。)ただ、4月から初診料、再診料の点数が変更になっていますので、少し書いておきます。

診療所の場合今までの再診料74点が、4月から月1回目の受診の場合81点、2・3回目の受診の場合74点、4回目以降は37点と言うふうに変更になっています。(一律ではなくなりました。)

病院の場合でも同様に変更になっていますが、省略させて頂きます。

4月以降については不明な点が多く、何とも言えませんが、それによってあなたが納得行かない部分が発生している可能性も考えられなくもありません。

という事で、今回は自信なしとしました。私も改定内容についてもう少し勉強しようと思います。

どうも失礼致しました。
    • good
    • 1

 No1です。

推測ですが、この外来管理加算は医師側からの要求で出来た診療報酬項目だと思います。基本的な検査や処置をしない患者には、再診料しか取れないのでそれだけでは医療機関として困るので、というような理由だと思います。再診料は、カルテの管理量的なないようですし、再診療に加算をした場合、基本的な検査や処置と重複することになりますので、別に加算が出来るようにしたのでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

重ねてのご回答ありがとうございます。
医師側からの要求による項目という訳なんですね。
大変参考になりました。

お礼日時:2002/04/05 09:36

 診療の基本的な検査や処置には、それらの診療報酬に手技料なり人件費も含まれているためです。

矛盾はありますが、診療報酬は一つ一つの検査や治療行為について、点数をつけていきますので、基本的な検査や処置には技術料も含んだ診療報酬を設定し、それ以外の部分については技術料などを含んではいないので、外来管理加算という名目を「加算」しているのだと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

さっそく回答いただきありがとうございました。
教えていただいたこと、よくわかるんですが・・・。
だったら、外来管理加算やめて再診料に組み込んだら、
と思ってしまうんです。吸入治療した方が、せずに帰した方より安いというのが、未だに納得できずにおります。

お礼日時:2002/04/04 15:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未経験で入った医療事務。泣けてきます。

昨日から新しい職場で働き始めました。
今日で2日目の整形外科の医療事務です。
ずっと医療事務がしたいと思っておりやっと未経験で採用して頂きました。

現在午後勤務をしており、
2日目なので初めは受付、カルテの内容をみてリハビリなのか、診察なのか、点滴なのか、注射なのか判断して、患者さんを誘導、お会計、院内処方のお薬の作成などをしています。

午後の医療事務として働いているのは私と院長婦人の2人で、普通は3、4人で回していくそうです。院長婦人は主にレセプトをしております。

言い訳になるかもしれませんが、私は未経験で入って2日目です。何が何だかわからない状況です。
午後の患者さんは200人いかないくらいで、次から次へと患者さんが来てすごく忙しく、メモも取る暇がありません。
1人で対応するのはいっぱいいっぱいです。

「薬の説明して!」って言われてもわからなくって。

そんな時に小さなミスが重なり婦人に、
「何回も言わせないで!もう言わないからね!」
などと数回注意されました。

でもその注意されたことでさえ、忙しくって何の理由で注意されたのかもわかりません。

少し患者さんも減った頃婦人に、
「新しい仕事とかでお母さんとか心配してない?」
「大丈夫?できそう?」と言われて、
自然に泣けてきました。号泣です。
自分では泣くつもりはなかったのですが自然に泣けてきました。

婦人は少しびっくりしたようで、
「他の病院は教えてくれないよ?」
「●●さん(私)がここにきてラッキーだと思ってる」
「●●さん(私)なら大丈夫!できる!」
と言われました。
それでまた泣けてきました。
本当に自分はできるのだろうか。
患者さんにも迷惑掛けているし。
くやしくって辛くて。

未経験で入った医療事務の方々は2日目でこんなに任されるものなのでしょうか。
覚えれるものなのでしょうか。

私はこれから続けてみるべきか、2日目では出来なさすぎなので向いていないのか。
その判断もつきません。
どうしたらいいのかわかりません。

乱文で申し訳ございません。
何かご意見を頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。

昨日から新しい職場で働き始めました。
今日で2日目の整形外科の医療事務です。
ずっと医療事務がしたいと思っておりやっと未経験で採用して頂きました。

現在午後勤務をしており、
2日目なので初めは受付、カルテの内容をみてリハビリなのか、診察なのか、点滴なのか、注射なのか判断して、患者さんを誘導、お会計、院内処方のお薬の作成などをしています。

午後の医療事務として働いているのは私と院長婦人の2人で、普通は3、4人で回していくそうです。院長婦人は主にレセプトをしております。

言い...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして
30才を過ぎてから全くの未経験で医療事務に従事したことがある者です
医療事務は専門用語も多く、覚えなければいけない事が山の様にありますから、就業したての今はさぞお辛い事と存じます
私も従事したての頃は、医療事務の学校を出たばかりの20代の方から「こんな事も知らないんですかぁ?(苦笑)」等と馬鹿にされてばかりでした(;_q)
でも、大丈夫ですよ
何でも慣れです
少しずつで構いませんので、1つづつゆっくり覚えればいいのです
受付業務がメインの様ですから、接遇からやっていきましょう
今は御自身の不安でいっぱいでしょうが来院される患者様は殆どがもっと不安な心持でいらっしゃいます
そんな時に受付の方から曖昧な対応をされると、不安はいや増します
わからなくていいんです
ただ、笑顔で元気良くご挨拶して、お迎えして差し上げましょう
それだけで受付業務の一番大事な事はクリア出来てますから
(o^-^o)
怒られているのではなく、教えて貰っていると考えましょ
(^_-)≡★
大丈夫です
貴方は充分頑張っていける筈です
ただ今は少し気負い過ぎなだけです
肩の力を抜いて、笑顔でいる事を心掛けましょう
貴方のこれからが素敵な日々になることを心から御祈り致します

はじめまして
30才を過ぎてから全くの未経験で医療事務に従事したことがある者です
医療事務は専門用語も多く、覚えなければいけない事が山の様にありますから、就業したての今はさぞお辛い事と存じます
私も従事したての頃は、医療事務の学校を出たばかりの20代の方から「こんな事も知らないんですかぁ?(苦笑)」等と馬鹿にされてばかりでした(;_q)
でも、大丈夫ですよ
何でも慣れです
少しずつで構いませんので、1つづつゆっくり覚えればいいのです
受付業務がメインの様ですから、接遇からやっていき...続きを読む

Qネブライザーと超音波ネブライザー

医療事務の試験勉強をしています。

問題には、
ネブライザー
ビソルボン吸入液 1ml
ベネトリン吸入液 0.1ml
生食 2ml

とありましたので、ネブライザー12点としました。
が、解答では、超音波ネブライザー24点でした…

診療録に超音波と書いてくれよと思いましたが、何か見分ける術があるのでしょうか?
傷病名は、気管支喘息(初診から3ヵ月後)です。
13番で、薬管テオフィリンを算定しています。

また、ベネトリン吸入液 0.1mlを比例計算したら、1mlで計算するようで、間違いでした。
吸入液は、比例計算できないと理解して大丈夫でしょうか?


試験がもう数日後なので、不安がいっぱいです(汗)

Aベストアンサー

こんにちわ。
その問題は、もしかして入院ではありませんでしたか?
入院の場合は、ネブライザーは算定出来ません。
超音波ネブライザーの場合は入院でも算定出来ます。
もしかしたら、欄外に超音波とあるかも知れませんので確認してみてください。

薬剤の計算については、アンプル入りのものがほとんどですが時には、瓶やバイアル瓶に入ったものがあります。アンプル入りのものは一度開封すると保存できません。
したがって1アンプルで1ミリリットル入りの薬剤を0.1ミリリットル使用しても1アンプルの価格で算定します。
ちなみに瓶やバイアル瓶に入ってる薬剤は、必要な量だけとって残りは一定期間保存しておくことができますから使用した料に応じて算定します。

Q医療における休日加算・時間外加算について

最近は日曜日や平日も夜9時くらいまで診療している医療機関があります。
日曜日に通常に診療している(標榜)医療機関や
平日も18時以降(22時とか)の診療を標榜している医療機関にかかった場合
休日診療加算や時間外加算が算定できるのかどうかを教えて頂きたく投稿しました。

医療機関によって「算定する」「算定しない」がばらばらであるように思えます。
法的なしばりはあるのでしょうか?
それとも医療機関独自に決めることができるのでしょうか?
ご教示頂ければ幸いです。

例を挙げるととある医療機関では
「ウチが22時まで診療していると標榜しているので、それまでに診療した場合は時間外加算などは算定しません」とおっしゃいました。
しかし別の処では「19時迄の標榜」に対し、その時間内でも18時過ぎると時間外加算を算定しています。
しかし救急病院では多分、日祝や深夜など「いつでも」と標榜(といえるのか?)と解釈しても
その場合は加算が算定されているのではと思います。

浅薄な質問で失礼かと存じますが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

A000初診料
・・・
→時間外加算の取り扱い(注5)
ア ・・・ただし、・・・その表示する診療時間以外の時間を持って時間外として取り扱う。
イ アにより、時間外とされる場合においても、当該保険医療機関が常態として診療応需の体制を取り、診療時間内と同様の取り扱いでs人量を行っているときは、時間外の取り扱いとしない
(平24保医発0305・1)
・・・
→時間外加算の特例
当該特例の適用を受ける医療機関とは、・・・
(1)地域医療支援病院
(2)救急病院等を定める省令に基づき認定された救急病院、または救急診療所
・・・
(平24保医発0305・1)


なので、原則的には標榜時間内は時間外の対象となりませんが、救急病院等特例の対象となる医療機関は午後18時以降は時間外を算定してよいことになっています。

あと、小児科も特例があり標榜時間内でも算定できます。

Q同日再診料について

同日再診料にについて質問があります。
通院してるクリニックで処方箋をいただき薬をもらいました。
家に帰る途中で、1種類薬が出てないことに気付きました。
家に着き次第、クリニックに電話をしました。

すると、受付さんが「一度家に帰られてるので同日再診料などがかかります」と言われました。
私は以前に医療事務を勉強しました。
そのときに同日再診料は急変などで同日に二度目の診察を受けた場合などに算定すると習いました。

なので、「急変でなくても同日再診料がかかるのですか?」と聞いたところ、受付さんが先生に聞いてみますと言われました。
そして、改めて電話に出た受付さんが「今回は同日再診料はいただきません」と言われました。

同日再診料このような場合は算定できるのですか?

Aベストアンサー

もちろん貴方が習ってきたことは正しいです。

受付は、来るたびに再診料がかかると解釈していて、先生はかからないといったのでしょう。だから「いただきません」と答えたのでしょう。
受付だからといって別に資格があるわけじゃないから、これはいたって自然な流れですよね。
でも、結局は院長の従業員教育のレベルは知れてしまいます。

もう一つ、うがった見方をすると受付は「今回は」といったのでしょう。
と言う事は、今後も黙っていれば再診料を取ると言う事になります。
つまりその院長は「一日何回でも来るたびに再診料を請求しておいて、何か言ってきた患者だけ取らないでいよう」と考えている可能性があるということです。
これは再診料だけのことでしょうかね。
「重複請求でも架空請求でも取れるだけ取って、何か言ってきた者にだけ取らないでいよう」と考えていると思われても不思議じゃないですよね。

実際予約変更や予約の確認だけで「電話再診」を次回患者に請求(レセでは請求)する医者も少なくないようです。

QCRPの適応疾患について質問です。

CRPの適応疾患について質問です。
レセプト審査の仕事をしているのですが、CRPが算定されている場合、適応疾患としてはどのようなものがあるのでしょうか。
手持ちの資料では、炎症、感染が関係しているものとあるのですが、具体的な病名が書かれていないもので・・・。
幅広く使われる検査なのでしょうが、一例で構わないので、例えば糖尿病とか何か外傷があればよいとか、挙げていただけたらと思います。
ちなみに、高血圧症のみの病名のレセプトは査定されました。

Aベストアンサー

通常は、なんらかの細菌の感染症
悪性腫瘍、虚血性心疾患、膠原病でもokだったと思います。

Q再診料について教えてください

産婦人科に不妊治療のため通院しています。排卵誘発のために1日おきに注射してますが、診察は全くなく注射のみでも再診料を毎回とられます。
今月5回目通院日の今日は注射しかせず、先生の顔すら全く見ていないのに再診料を369円とられ、なぜか一昨日(今月4回目の通院)は診察や検査・注射などいろいろあったのに再診料は213円でした。
これって普通のことなんでしょうか?
不妊治療にはとにかくお金がかかるので、そこにつけこみ悪意のあるような病院なら転院したいと思っています。
もし、不正な請求だったとしたらどこに訴えればきいてもらえるものでしょう?

Aベストアンサー

今回のご質問は日本における診療報酬の特徴的な話題です。
診療報酬とは厚生労働省が取り決めたもので、健康保険制度で医療機関が医療行為に対して請求する費用の唯一の算定根拠になっています。
診療報酬は2年に1回見直されていて、最近は平成20年に改訂がありました。
健康保険を使った医療ではこれに拠らなければなりません。

診療報酬では受診した際には再診料をとることができることになっています。
再診料は診療所で71点(1点=10円)ですので
710円の健康保険自己負担率(3割)=213円です。

前回の改訂で診療所では外来管理加算がとることができるようになりました。
外来管理加算は52点ですので
52+71=123点の3割で369円という計算になります。

外来管理加算とは「外来患者が再診で処置などをしない場合に加算されるもの」とされています。
診療報酬請求上は診療所側には問題ないのですが、この加算要件として、通称「5分間ルール」というのがあって、医師は患者に処置などないかわりに病状など時間をかけて聞いたり説明しなければならないというもので、その時間の目安が「5分間」とされているものです。
医師会などは1時間に12人しか患者がみられないのでは、長時間患者を待たせることになるなど反発しているのですが、厚生労働省は「ろくに診てくれないという患者側の意見」として反論しています。
このあたりの背景は検索サイトで「外来管理加算」で調べていただければわかります。

ここが、まさに質問者さんの事例というわけです。

というわけで、不正な請求ではないのですが、厚生労働省が医療機関に求めている要件からは明かにはずれていますので、診療所の事務に「顔すら見ていないのに外来管理加算をとられるのはおかしい」と言えば、おそらく返金ということになると思います。

事務側は算定できる報酬要件はできるだけ採用するのが原則ですので、決して悪意はないと思います。
が、患者視点が少しばかりかけた制度と診療所の対応の隙間に質問者さんがはまってしまった・・・とお考えいただければ納得できますでしょうか?

不妊治療は時間と根気(と費用)が必要なものです。不妊治療にかかわらず医療といのは、かかったコストが必ずしも反映されるとは限らないものですので、根気よく先生と、どこにいるかわからないですがお産の神様とコミュニケーションをとってがんばっていただきたいと思います。

今回のご質問は日本における診療報酬の特徴的な話題です。
診療報酬とは厚生労働省が取り決めたもので、健康保険制度で医療機関が医療行為に対して請求する費用の唯一の算定根拠になっています。
診療報酬は2年に1回見直されていて、最近は平成20年に改訂がありました。
健康保険を使った医療ではこれに拠らなければなりません。

診療報酬では受診した際には再診料をとることができることになっています。
再診料は診療所で71点(1点=10円)ですので
710円の健康保険自己負担率(3割)=213...続きを読む

Qレセプトの書き方について、よい本をご存知でしたら教えてください。

いつもお世話になっております。

掲題の通り、レセプトの書き方について、よい本をご存知でしたら教えていただけませんでしょうか?
点数の計算などは、医科点数表の解釈と睨みあって、だいたいのことはわかるのですが、基本的な書き方が全くわかりません。
(診療実日数に往診は含むのかとか、特記事項欄には何を記載するのか、等)
特に労災、自賠責になると完全にお手上げ状態です。

医療事務の教室に通うことも念頭に置いていますが、時間がないこともあり、とりあえず独学で勉強できることはしておきたいのです。

Aベストアンサー

厚生労働省データベースシステム
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/

通知検索→本文検索で
「診療報酬請求書等の記載要領等について」で検索すると、表題の通知(昭和五一年八月七日)(保険発第八二号)が出てきます。
健保のレセプトはこの通知に従って作成します。

社会保険研究所 http://www.shaho.co.jp/shaho/
『レセプト作成テキストブック(医科) 平成19年4月版 』定価 3,360円
『新明細書の記載要領 平成18年4月版』定価 2,310円

医学通信社 http://www.igakutushin.co.jp/
『労災・自賠責請求マニュアル 2006~07年版』価格2,600円(税込2,730円)

労災情報センターRIC
http://www.rousai-ric.or.jp/

以上ご参考までに

開業医とその家族および従業員向けに、地元の医師会、保険医協会が主催する初心者のための医療事務講習会があります。もし該当するなら聞いてみられると良いです。教えてもらったほうが簡単ですよ。

厚生労働省データベースシステム
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/

通知検索→本文検索で
「診療報酬請求書等の記載要領等について」で検索すると、表題の通知(昭和五一年八月七日)(保険発第八二号)が出てきます。
健保のレセプトはこの通知に従って作成します。

社会保険研究所 http://www.shaho.co.jp/shaho/
『レセプト作成テキストブック(医科) 平成19年4月版 』定価 3,360円
『新明細書の記載要領 平成18年4月版』定価 2,310円

医学通信社 http://www.igakutushin.co.jp/
『労災・自...続きを読む

Q特定疾患療養管理料と長期投薬加算について

逆流性食道炎と診断され、今年の4月からパリエット(20)を1日1Tで飲んできましたが、2か月ほど前に大きい病院からクリニックに転院になり、転院した後も20mgを飲んでいましたが、保険の関係で持続するなら10mgしか出せないと言われ、現在は10mgを1日1Tで飲んでいます。
ですが、病院で払うお金が明らかに高くなったため、診療明細書を見たところ、「特定疾患療養管理料」(診療所)が225点ととてつもなく高いことに気が付きました。
自分なりに調べましたが、特定の疾患に対する薬に対して28日以上の処方をした場合に算定できるようですが、WEBなどを見ていると逆流性食道炎は特定疾患には当てはまらないようなのですが、これは何か違う病名でとられているのでしょうか。
しかも、長期投与加算65点までとられているので、謎だらけです。
詳細は

再診料 夜間・早朝など加算(再診)119点 ←これは土曜の午後に行ってしまった為高い
外来管理加算52点 
特定疾患療養管理料(診療所)225点
明細書発行体制等加算1点
長期投与加算(処方箋科)65点
となっており、この時の処方は

パリエット(10) 分1 夕食後 30日分
でした。

30日分もらったことによって長期投与加算がとられているのでしょうか?

そもそも逆流性食道炎で特定疾患療養管理料がとれるのか。
特定疾患療養管理料を算定したら、長期投与加算は二重取りではないのか。
ご専門の方、回答いただけるとありがたいです。

ちなみに診断名は逆流性食道炎ですが食道裂孔ヘルニアの状態です。

逆流性食道炎と診断され、今年の4月からパリエット(20)を1日1Tで飲んできましたが、2か月ほど前に大きい病院からクリニックに転院になり、転院した後も20mgを飲んでいましたが、保険の関係で持続するなら10mgしか出せないと言われ、現在は10mgを1日1Tで飲んでいます。
ですが、病院で払うお金が明らかに高くなったため、診療明細書を見たところ、「特定疾患療養管理料」(診療所)が225点ととてつもなく高いことに気が付きました。
自分なりに調べましたが、特定の疾患に対する薬に対し...続きを読む

Aベストアンサー

http://rockymuku.sakura.ne.jp/sonota/tokuteisikkannryouyoukannriryou.pdf#search='%E7%89%B9%E5%AE%9A%E7%96%BE%E6%82%A3%E7%99%82%E9%A4%8A%E7%AE%A1%E7%90%86%E6%96%99+%E7%97%85%E5%90%8D'

http://www.kenko-s-net.com/b-syokudou_gyakudoen.html

ネットの資料によると・・・
ご指摘のとおり特定疾患療養管理料の対象に逆流性食道炎の病名は入っておりません。
しかしながら、疾病的に医師が胃炎や胃潰瘍の懸念を認め、長期的に観察医療が必要と
いうのであれば計算上はそうなります。

個人的な感想では(初診料や複数の再診料を設定するよりは安い)何かと理由をつけて請求
するのでしょう。
医師との信頼関係を壊してまで内容にきつく言うことができるかはあなたの考え方次第です。

Q生活保護受給者の医療券について

先日 友人(保護受給者)と話をしている時に
医者にかかるのに『医療券』というモノを役所から
発見してもらい病院に行くという事を聞きました

この医療券 病院にかかるたびに必要だそうです。

ある日、この友人のお子さんが高熱を出した為 
役所に申請しに行く時間が惜しかったようで
急いで行きたいので医療券を
病院へ送って下さいと頼んだら 
『担当者がいないから また明日電話して』と・・・
代わりにお願いできないかというと
『じゃぁ 来て申請書書いて下さい』と・・・
子供が高熱で置いていけませんというと
『それが規則なので 来てもらえないなら出せまsんよ』と・・・

友人は、持病があり、体調の悪い時などは 
電話をすればで対応してくれていたそうですが
担当ではなかったのもあるかもしれませんが
とても 嫌な対応だと思いました

そこで お聞きしたいんですが
この『医療券』というのはなぜ 毎回発見してもらうのでしょうか?
私たちが持ってる様な『保健証』の様に各自が所持できるようには
できないもんなのでしょうかね?

自分でお金を払わないのだから 無駄に病院に
行ってはいけないと言われてる様に感じたのは
私だけでしょうか?
自分なりに ネットなどで検索してみたのですが
明確な答えが見つかりませんでしたので
こちらをお借りしました

どなたか ご存知の方がいらっしゃいましたら
教えていただきたいと思います
どうぞ よろしくお願いします

先日 友人(保護受給者)と話をしている時に
医者にかかるのに『医療券』というモノを役所から
発見してもらい病院に行くという事を聞きました

この医療券 病院にかかるたびに必要だそうです。

ある日、この友人のお子さんが高熱を出した為 
役所に申請しに行く時間が惜しかったようで
急いで行きたいので医療券を
病院へ送って下さいと頼んだら 
『担当者がいないから また明日電話して』と・・・
代わりにお願いできないかというと
『じゃぁ 来て申請書書いて下さい』と・・・
子供が高熱で置いていけま...続きを読む

Aベストアンサー

医療券と言うのは、保険証の様に全ての病院に共通して使えるものではなく、その時係る病院のみに対して発行するものです。
なので、その都度発行する必要が有ります。
提出した申請書に対して発行されるので、必ず窓口に手続きに行かなければなりません。

同じ病院での2回以降の診察に関しては、病院で貰った診察券だけでOKですので、医療券を貰う必要は有りません。

ひとつの病院での受診で、最初は必ず医療券の発行の手続きが必要と言う事です。

と言うのは、医療券と言うのは、保険証の様なカードではなく、その病院から役所への連絡書類みたいな物で、
例えば‥その治療にどの程度の期間を要するとか色々記入する欄が有って、病院ではそれに記入して役所に返送しなければなりません。

だから、ひとつの病院に係る都度必要になって来ると言う訳です。

下手な説明で申し訳ありません。

タクシーを使ってでも、病院に行く前に役所に寄って、医療券を受け取って行って下さいと、お友達に教えてあげて下さい。

Q医療事務を辞めた理由を教えてください(個人医院)

実際の理由もさることながら、病院側になんて伝えたか
を知りたいです。

医療事務の仕事を始めて半年経ちます。
何よりつらいのが人間関係です。
女性ばかりの中で働くのがこんなに大変と思いませんでした。

過去、(派遣だったので)さまざまな職場を経験し、
気の合わない人ももちろんいましたが、
どんなとこでも、やる気さえあれば乗り越えられると思ってきました。

しかし、社員として今の職場に勤め始めてからは
自信喪失です。

少し愚痴になるかもしれませんが
他の事務さんたちは10年以上勤めてるベテランさんです。
前任者もそのぐらいの長さで勤めていて、わたしは去年末に資格を取ったばかり。
他の人たちが当然出来ることが出来ない。ということで、ひたすら努力を重ねる日々でした。

が、前任の方が引き継ぎで居た期間、わたしのこと、
あることないこと悪く他の看護師さんや事務の方に伝えていたようで
風当たりがきついです。

悪く・・・というのは、
「トイレに汚れが付いていた。あの子(わたし)に違いない」とか。
→実際はシャワートイレが壊れていて水垢ついてただけ・・。

とか、仕事が遅くて迷惑かけてるという点において、非難されるのは
仕方ないと思ってます。
頑張るしかないと思いました。

が、そういうのとは無縁のことで結構 非難されてるんですよね。
薄い壁を通して自分の悪口を毎日聞くのはつらいです。
休憩時間、一人で居られる空間がないので(外に出られない)
終始気を使う毎日に疲れました。

でも、仕事を完璧にこなせるようにはなっていないので、
せめてちゃんと覚えるまでは頑張ろう。
仕事の中身で文句言えないぐらいできるようになったら
きっと周りも変わるかもしれない。まず、自分が変わらなければ・・・と思ってました。

しかし、周りの方の仕事、大変そうだから手伝おうと声かけすると
「結構です!」と冷たく断られ、
おせっかいは嫌なのかと、手出ししないでいると、
「手がすいてるのに手伝いもしない」とコソコソ言われてしまいます。

言っちゃうと、すごい嫌われてしまってますTT
人にこんなに嫌われていると感じたのは人生初めてかもしれません・・。
なにもかも、わたしが仕事が出来ないことがいけないのだとも思います・・・。
毎日が緊張で、できるはずのこともできなくなってきてしまいました・・。

そんななか、わたし、今年末ぐらいに入院しなければなりません。
ある病気で、手術すれば治るんですけど、数週間の休みを余儀なくされています。
迷惑掛けるからと、職場の方にそっと伝えたら冷たく「あっそう。(以上)」という感じでした。
別に同情されたかったわけじゃないです。
でも、「わたしなんかの余計なことを話してすみません・・」っていう・・なんか、
悲しくなりました。

そして、さらに反応が冷たくなりました・・・。

先生はイイ人です。先生の奥様が事務のまとめ役をなさっていて、
先生も奥様も、温かく見守ってくださっています。
わたしのいま抱えてる現状はたぶん、ご存じないと思います。
患者さんも、いい方ばかり。「いつも笑顔で気持ちイイね!」ってお声、
かけていただけたこともありました。

問題は、スタッフとのコミュニケーションが旨く出来ないこと。
いろいろ話しかけてみたり、接触をもつ努力もしてみましたが、
例の病気の話をしたときの冷ややかな反応を鑑みると、そういう努力をすることも
正直つらくなってきました。

そして、やめるとして、そのことをつたえるとしたら、先生&奥様になるのですが・・・。
なんて伝えればいいのか悩んでいます。

長くなって済みません。

自分としては辞める理由を、
「病気の入院が長引きそうだから」とか「親の介護」とか
もっともらしいことがいいのかな・・とも思います。

人間関係がつらいってことでやめようとおもう私は、弱虫だと思いますか?
もう少し、努力したら状況が好転する可能性もあると思いますが?
(実際すごい嫌われてたけど今は変わった なんて経験ありますか?)
辞めると言った後、風当たりつらかったりしませんでしたか?

辞めようと思いつつも、他に努力の方向があるのか、いつも考えてしまいます。
ご経験あるかた、よかったらアドバイスお願いします。

実際の理由もさることながら、病院側になんて伝えたか
を知りたいです。

医療事務の仕事を始めて半年経ちます。
何よりつらいのが人間関係です。
女性ばかりの中で働くのがこんなに大変と思いませんでした。

過去、(派遣だったので)さまざまな職場を経験し、
気の合わない人ももちろんいましたが、
どんなとこでも、やる気さえあれば乗り越えられると思ってきました。

しかし、社員として今の職場に勤め始めてからは
自信喪失です。

少し愚痴になるかもしれませんが
他の事務さんたちは10年以上勤めてるベ...続きを読む

Aベストアンサー

友人も私も合わなかったので辞めました。
引っ越しとともに退職しました。(そんなに遠くないので通えましたが…)

周りの人に嫌われていると、はっきりわかる態度をとられたのは人生初なところも、不馴れな上に高圧な雰囲気でごく当たり前なこともできなくなってしまったのも同じです。
仕事が手につかないほど人間関係で追い詰められている自分が信じられなかったんです。

人間関係は病院によるかもしれませんが、感じたことがあります。

医療事務の仕事は一般事務とは違って専門職で、協力しながらやっているようで、一人一人がプライド高い一匹狼のようだな。
患者さんに親切に接客する反面きちんと割りきっていてサービス業とは違うな。

1つの病院は1つの旧家みたいな大家族で、そこにお嫁に入ったみたいで封建的だな。(もちろん病院によりますが)
独特な常識があるかな。

だから、嫌われているのは質問者さん自身ではなく、違和感のあるよそ者なんですよ。
新卒ならまだしも、よそ者は不快なんじゃないかなと思ったんです。

次の新しい人が入るまではこの状況だと思います。

誰も助けてくれない、笑顔を向けてくれないけど、自分から媚びてバカになれれば(言葉悪いですが)、慣れるまで楽だったのかもしれないし、必要なテクニックだったのかもしれません。

半年もよく頑張りましたよね。
気の重い朝もたくさんあったでしょう。

資格と実務は違いますよね。
実務経験としては一年はやりたかったです。

ピンとこないこと、知らないことだらけの新しい仕事を、その狭い『家』の中での生き方まで手探りで続けてる質問者さんは、もうどこに行っても何があっても対応できると思います。

友人も私も合わなかったので辞めました。
引っ越しとともに退職しました。(そんなに遠くないので通えましたが…)

周りの人に嫌われていると、はっきりわかる態度をとられたのは人生初なところも、不馴れな上に高圧な雰囲気でごく当たり前なこともできなくなってしまったのも同じです。
仕事が手につかないほど人間関係で追い詰められている自分が信じられなかったんです。

人間関係は病院によるかもしれませんが、感じたことがあります。

医療事務の仕事は一般事務とは違って専門職で、協力しながらやっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング