宇宙もののSF小説や漫画は数あると思いますが、

近い将来を舞台にした比較的リアルな宇宙/未来像をモチーフにした作品のお薦めを教えて下さい。

例えばどの程度までのものかと言うと

(小説)
●2001年 宇宙の旅
(もうちょっとリアルがいいかな..)
×スターウォーズ

(漫画)
●ムーンライトマイル、プラネテス
×銀河英雄伝説

たくさん知りたいので思い思いに書いてもらえると嬉しいです。

ちなみにタイトルだけでなく一言内容解説があると最高です。

よろしくです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

SF好きです(^^)v


最近はあまり新しいものに手を出す時間的ゆとりがありませんが。

近未来というコトで
◆マン・プラス(ハワカワ文庫/フレデリックポール)
  火星に探検部隊を送るために、火星環境仕様のサイボーグを作成する。
  火星探索のための技術というよりも、主人公がサイボーグとして新しいアイデンテティを得るまでの話といったほうが適当か。

◆月は無慈悲な夜の女王(ハヤカワ文庫/ハインライン)
  主人公は月に住むコンピュータ技師。
  月のホストコンピュータに「自我」があることを知っているのは彼だけ。さて、月は地球から独立することができるでしょうか。
  ハインラインというと「夏への扉」と「未来史シリーズ」が有名ですがちょっとハード目の設定というとこれが一押しです。

◆無常の月(ハヤカワ文庫/ラニーニーブン)
 ニーブンのSFというとどちらかというと異形の宇宙人が出てきてとか、ハードSFといってもファンタジーの色合いが強いですよね。
 これは短編集です。
 ある日突然、月が明るく輝いた。常ならざる月の光。
 天体コラムを書いている主人公と恋人はその夜をどう過ごすのか。という表題作の他、「スーパーマンの子孫存続に関する考察」「タイムトラベルの理論と実際」など。

◆星を継ぐもの(創元SF文庫・J.P.ホーガン)
 月で発見された宇宙服姿の人骨は、5万年前のものだった。チャールズと名づけられた彼の正体は?で始まる ホーガンの代表作。「ガニメデの優しい巨人」「巨人たちの星」「内なる宇宙」と4部構成です。


わたしも ムーンライトマイル、プラネテス 大好きです。
星野宣之氏も「未来の二つの顔」「未来からのホットライン」など ホーガンのSFをコミック化していますね。
こちらもお奨めです。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=67143

この回答への補足

Yumikoitさん さっそくのメチャクチャ丁寧な返信
有り難うございます!
ほんとに宇宙ものお好きなんですね!

『星を継ぐもの』は読んだことがないのですが、すごく読んでみたい感じです。

御丁寧な返信を頂いてあれなのですが、僕の言葉がまったくたりませんでした...

実は日本人作家の作品がいいんですね。それも現在作家活動をしているかとのも...
(2001年あげといてなんなんですが...)

作品を探している部分もあるのですが、作家さんをさがしている面もあるんですよ。

なんで、この条件で他のかたもリストアップしていただければと思います。

よろしくです。

補足日時:2002/04/04 16:20
    • good
    • 0

マンガですが、石渡治氏の『パスポートブルー』は


いかがでしょう?

宇宙飛行士を目指す少年たちの物語です。
最初は現代を舞台に、小学生の主人公達が
『ロケット』に興味を持ち、宇宙飛行士にあこがれる
までを描いています。
やがて彼らが成長し、実際に夢に向かって
努力する姿を描くのですが、当然その時代は
『近未来』。
今の時代と地続きの『未来』なので、
見た目は変わらないけど、『宇宙』に関しての
『未来』はリアルにシミュレートされています。

『民間企業によるスペースプレーン』なども
登場して、地味だけど読み応えのある佳作です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様書き込みありがとうございました。
ほんとに参考になりました!

ここらへんで締め切りたいと思います。
では、失礼します。

お礼日時:2002/04/08 12:51

リアルというのは、数年、数十年後に実際ありえそうな世界を描いている、ということでよいでしょうか。

科学考証がしっかりしているというだけでなく?
国産ハードSFというと、神林長平の名が思い浮かんだのですが・・・
その著作の中で、宇宙物となると「敵は海賊」シリーズが筆頭にあげられますが、これだと多分、FlyFisherさんのお求めのものではないような気がします。
あとは「宇宙探査機 迷惑一番」・・・ああ、もっとダメかも・・・(どちらもコメディの要素があるので)
「時間蝕」ならどうでしょう。または、「宇宙もの」を拡大解釈して、「戦闘妖精・雪風」など。
質問タイトルでは、「宇宙もの」とされていますが、そうではない近未来ものでもよいのなら、「太陽の汗」が私は好きです。
この人の話は、磐石であることを疑いもしなかった世界が、見知らぬものへ変容していく、現実と仮想の境界が崩壊していくという、読んでいて落ち着かない(それでいてそれが妙に心地よい)話が多いのですが、その中で「太陽の汗」は、大掛かりな設定をせず、小さなガジェットを使うだけで、強固なはずの現実が、ぐらぐらと崩れていく様子を描いていて、足元をすくわれる感じです。そして辿り付いたラストのきっぱりとした結論が、私は好きなんですよ。
    • good
    • 0

こんにちは!



国内のSFと言えば、「サラマンダー殲滅」上下巻(ソノラマ文庫)でしょう。
なにせ日本SF大賞を受賞しても、私は全く驚かなかった、
エンタティメント大作ですから。きっかけは一人の女性の復讐に始まり、
最後には全人類の平和を願う人々が結集し、戦いが幕を開けます。
クライマックスはもはや「復讐」のレベルを超越し、圧巻です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『サラマンダー殲滅』調べてみましたが、なんか壮絶なストーリーですね...
意図的に憎しみを植え付けられた主人公のリベンジ。むむ。

しかし、ちょっと僕が今求めている作品と違うようです...

書き込み有り難うございました。

お礼日時:2002/04/05 12:05

正確に言うと、宇宙ものではないかもしれませんが、


「蒼穹の軌道爆撃隊」(谷甲州)
などは、ほどほどにリアルで、きちんとSFではないかと思います。

近未来でリアル、となると現在の科学レベルから、あまりにもぶっ飛んだお話には、なりにくいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかにSFでどこまでリアルか?って線引きが微妙なのですが、冷凍睡眠ぐらいはありかな...

谷甲州さんって日本でも数少ない本格SF作家って言われますよね。
僕は彼の作品を読んだ事がないのですが、ちょっと調べてみたらけっこう僕の求めている設定にちかい本もあるようでした。

どうもありがとうございます。

お礼日時:2002/04/05 11:54

こまったな。

国内のSFにはあまり手を出していないのですよ。
あ、そうだ。先にちょっと紹介しましたが 星野之宣(先のではちょっと間違っていましたね)のコミックでは オリジナルのものでもいいものがありますよ。
MIDWAY(自薦短編集)の宇宙編、(集英社)
スターダスト(朝日ソノラマ)
あたりを読んでみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解です。
ちょっとネット検索してみますね。
どうも有り難うございます。

お礼日時:2002/04/05 11:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2001年、2010年宇宙の旅。

HALはなぜ狂ってしまったんでしょうか?
モノリスは、どこから来たんでしょうか?
また、その目的は?
2010年で幽霊として出てきたのは、肉体を捨てた
放射性の生き物に進化したパイロットだったので
しょうか?
どのタイミングで、なんの理由で、そういった進化を
遂げたのでしょうか?

漠然と、モノリスは宇宙で実験のようにいくつかの、
環境や生物をいじって進化させているらしい。
HALが狂ったしまった理由は、矛盾を含んだ命令を
実行しようとしたために、誤作動を起こしたらしいの
ですが、直接の因果関係はあるのでしょうか?

また、HAL関係で「こんなこと知ってる?」とか、
もしくは、秀逸なHPがありましたが教えて頂ければ、
うれしいです。

Aベストアンサー

sakura_nojo さん こんにちわ

下記のHPはご存知ですか?
いくつかの疑問に答えてくれると思うので紹介します。

参考URL:http://www.hayakawa-online.co.jp/2001/

Q漫画や小説の専門誌

ダヴィンチのような漫画や小説を紹介している雑誌を探しています。 
今あげたものの他に何かいい雑誌はありませんか?

Aベストアンサー

私が挙げるとするなら「BRUTUS」です。
私はこの雑誌が好きで定期購読をしていますが、
よく本の紹介の特集をしています。去年は、確か大人のマンガという特集がありました。

Q古事記を題材にした小説・漫画

先日梅原猛氏の古事記を読んで、古事記の面白さに
目覚めました。
でも、解説書・研究書の類は、今の私には馬力が
いりそうで(国文科出身なのに・・・)
とりあえず、小説・漫画などから
興味を深めていこうと思っています。

おすすめの小説・漫画をご存知でしたら
お教えください。

Aベストアンサー

ファンタジーがお嫌いでなければ、次の本などいかがでしょうか。

・荻原規子『空色勾玉』『白鳥異伝』(福武書店→徳間書店)
  →『空色勾玉』は、アマテラスオオミカミ・ツクヨミノミコトあたりの話で、
   『白鳥異伝』は、ヤマトタケルノミコトあたりの話です。
・氷室冴子『銀の海 金の大地(1~11)』(集英社コバルト文庫)
  →サホビコ・サホビメあたりの話です。

ちなみに、現代語訳『古事記』関連の書物でしたら、
・三浦佑之『口語訳 古事記[完全版]』(文藝春秋社)
が、お勧めです。読みやすく、また原文にも忠実に訳されていますので、
小説・漫画の次は、是非この本に挑戦されてはいかがでしょうか。

Q昔の少女漫画で海賊が出てくる漫画教えて下さい

多分、70年代か80年代になるんですけど、海賊が出てくる少女漫画って結構ありましたよね?ボスが白い鷹か黒い鷹か?…忘れてしまいました。何となく気になっているのでタイトルと内容でも簡単に教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

「少女漫画 海賊 黒い鷹」で検索したところ、下記URLのような作品が出てまいりました。
「カリブの女海賊」これでしょうか?

参考URL:http://www.fukkan.com/vote.php3?no=1527

Q漫画雑誌に漫画を投稿してみようと思います。

漫画雑誌に漫画を投稿してみようと思います。

生まれて初めて漫画と投稿したいと思っています。
しかし漫画を描くのは初めてなのでわからないことだらけです
初歩的なことを質問させてもらいます。

漫画にはふきだしがあってその中にセリフが書かれてるじゃないですか
あのふきだしってどうやって書いているのでしょうか?

それと、読み切りの漫画に(連載でもありますが)
漫画が始まる前に扉絵があるじゃないですか
その扉絵にその漫画のタイトルが
美術で習うような形の文字で書かれてるんですよ。
あれって作者が自分で書いているんですか?
もし書くんだとしたら普通にレタリングとかするのかなー
って思ってますどうやるんですか?

説明がわかりずらくてすみません
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちわ。

フキダシはペン入れに使ってるGペンや丸ペンで描いていいんですよ。人によってはミリペン等を使う人もいます。
自分で描きやすい物を選ぶといいでしょう。
テンプレートといって、丸形や楕円の定規も売ってるのでそういうのを使ってもいいですし、手描きでもOKです。
フキダシの中のセリフは鉛筆で書きます。

扉絵に関してですが、タイトルやペンネームも記入して下さいと指示があれば、トレーシングペーパーに鉛筆で書いて、貼付けるだけでOKです。採用される事になれば、出版社さんの方で写植してくれるので、自分でレンダリングする必要はありません。

こんな説明でわかってもらえたかな?(^ ^)


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報