なぜ冬の月は高度が高いのですか?

A 回答 (2件)

 地軸は公転面(黄道を含む面)に対して23.45度傾いています。

さらに白道は黄道に対して5.15度傾いています。ですから、冬至の月は天の赤道に対して、
 最大23.45+5.15=28.6度
 最小23.45-5.15=18.3度
の角度をもつことになります。観測地を北緯35度として南中高度に直すと、
 最大90-35+28.6=83.6度
 最小90-35+18.3=73.3度
となり、天頂にかなり近くみえることになるのです。
 ぜひ、図を描いて考えてみてください。

地軸:地球の回転軸
天の赤道:地球の赤道を天球面に投影した線
黄道:太陽の位置を天球面に投影した線
白道:月の位置を天球面に投影した線
    • good
    • 0

太陽の高度が変わる理由はわかりますよね?地球の自転軸と、地球


の公転軸にずれがあるためです。そして、その周期は地球の公転周
期である1年に一致します。

これに対して月の場合は、地球の自転軸と月の公転軸のずれのせい
で高度が変化します。その周期は月の公転周期である約1ヶ月とい
うことになります。その最高の高度は夏でも冬でも変わりません。

しかし、確かに冬の月の方が高いところにあるような気がするのは、
理由があります。満月に代表される明るい月は太陽とは反対側にあ
るわけですが、月の公転軸と地球の公転軸がそれほどずれていない
ために、たまたまそのころの南中高度が高くなるのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の省略について。

英語の省略について。
 英語の授業で、「be busy (in)Ving のinは省略されて分詞に見えるけど、動名詞なんだぞ。」といわれたのですが、このような英語の省略ってよく聞くんですけど、この場合なんで省略できるんですか?

Aベストアンサー

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が難しいのですが、英英辞典で「gerund」を調べると「a noun in the form of the present participle of a verb」とされていますので、native speakerにもそれなりの違いは認識されているのだと思われます。

 ただし、現代においては「in」が用いられることはほとんどなくなっていますので「in」を用いた場合には非常に古臭い印象を与えます。例えば、日本語で「私は忙しゅうございました。」という表現は理解できないわけではありませんが、わざわざそのような言い方をする人はほとんどいないでしょう。それと似た感じではないでしょうか。

 なお、今では「go ...ing」で定着している表現も、もとをたどれば「go for ...ing」の「for」が取れた形だと言われています。

 ご参考になれば・・・。

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が...続きを読む

Q一年で一番日の入りが早いのは冬至のある12月で季節は冬(12月〜2月)

一年で一番日の入りが早いのは冬至のある12月で季節は冬(12月〜2月)に当たるのになぜ冬の日はつるべ落としではなく、秋の日はつるべ落としなのですか。

Aベストアンサー

「秋の日はつるべ落とし」とは、「日の暮れる時刻が早い」という意味ではなく、「急速に暗くなる」という意味です。
http://kotowaza-allguide.com/a/akinohiwatsurube.html

夏は、日没が遅い時刻なので、のろのろやっていても明るいうちにできたことが、夏から秋に移っていくと、やるべきことが終わっていないのに、どんどん暗くなってしまうという印象が強いからだと思います。
昔は「照明」が乏しかったので(行燈の油も貴重品)、「明るいうちにやる」ことが多く、秋になると夕暮れにせかされて慌てふためく、という日常感覚だったのだと思います。

秋は「秋晴れ」の日が多いので、雲がないので日没直前まで陽がさして明るく、日が沈むと急激に暗くなるという印象が強いこともあるのかもしれません。

Q英語の日記では、主語の“I”は省略されることが多いでしょうか

英語国人が英語で日記を書くときには、一人称の主語“I”は省略することが多いでしょうか。
例えば、“I joined a party today.”を、“Joined a party today.”と、“I”を省略して、日記には書くことが多いでしょうか。

Aベストアンサー

多いと思います。
友達同士のメイルなどでもよく省略されていますし、私も省略しています。

Q【月の謎】なぜ月は地球から見える面と地球から見えないの地表の厚さが違うのですか?なぜ地球から見え

【月の謎】なぜ月は地球から見える面と地球から見えないの地表の厚さが違うのですか?

なぜ地球から見える面の地表は厚くて、裏面は地表が薄いのか教えてください。

Aベストアンサー

たぶんですが、「潮汐力」の影響ではないでしょうか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E6%B1%90%E5%8A%9B

Q会話時の英語においての主語の省略

おはようございます。
英語における主語の省略についての質問です。
日本語では「私はそこにいった」という意味の事柄を述べるとき
話の前後関係で
私はの部分を省略することができますが
英語では無理なのでしょうか?
例えば
went there.といえば 命令文でもないし、
二人で話をしているとしたら聞き手が行ったということもないでしょうから、話し手がそこへいったということが明確だと思うのですが。
会話において、英語では主語は省略されないのですか?
またはかなり弱く発声されるのでしょうか?
お分かりになられる方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

25年以上殆ど英語の生活をしている者です。

命令形や詩、古典など特殊な場合を除き、英語の会話やメール、手紙で主語を省略することはあり得ないと思います。

これは英語が動詞の変化の少ない言語だからだと思います。例えば一人称、二人称、三人称と動詞がそれぞれ変化する言語なら主語を省略することがあります。

ロシアに行ったらロシア人は主語をバンバン省略してロシア語を喋っていますし。

普段英語を喋ったり書いたりするときは、ほぼ100%の確率で主語は省略しないと考えておいたら間違い無いと思います。

Qなぜ地球の静止軌道は高度約35786kmなのですか?

なぜ地球の静止軌道は高度約35786kmなのですか?
その具体的な理由を教えてください。

Aベストアンサー

#3ですが、ためしに計算してみたらこうなりました。
r = 42300 km
地球の半径を6356kmとすると、衛星の高度は42300-6356=35944km
多少の違いはあるが、地球を理想的な質点とみるかその大きさも考慮するかによって結果はずいぶん違ってくるし、他にも条件があるだろうから、数字は一致しないがまあそれなりに35789に近い値にはなります。

Q以前塾で英語の受動態の単元を習った時、 byのあとの省略について、 by us, by you,

以前塾で英語の受動態の単元を習った時、

byのあとの省略について、

by us, by you, by people, by someone

は、省略可能で

by a lot of peopleとby many people

は、省略不可と教えてもらいました。

なぜ a lot of や many が付くと省略できないんですか?

Aベストアンサー

○by us, by you, by people, by someoneというのは「一般的」だから省略可能なのです。

 たとえば、日本語でも、「ベニスは水の都と呼ばれている。」、「ライオンは百獣の王と呼ばれている。」・・・これらは「誰が」ということではなく一般的に呼ばれているから明示する必要がないのです。

 これに対し、a lot of people,many peopleは「限定的」なのです。数の多少とは関係なく、限定された人々なのです。だから、受動態になった時、省略は一般にしないのです。

Q[皆既日食]と[金環日食]がなぜ起こるのですか?(月のみかけの大きさが変わるのはなぜ?)

今日(4/10)のニュースを見ていて疑問に思ったのですが、

----------------------------
>ダブル日食…中南米で「金環」、南太平洋では「皆既」
>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050409-00000305-yom-int
>環日食は太陽の見かけの大きさが月の見かけの大きさを上回る現象。
>今回、南太平洋上では、太陽が月の陰にすっぽり隠れる皆既日食も起きた。
----------------------------

[皆既日食]と[金環日食]と2種類あるようです。
そこでその違いを調べたら、

----------------------------
>皆既日食、金環日食
>http://www.live-eclipse.org/
>通常の日食では、月のみかけの大きさが太陽より大きいと太陽面を
>完全に覆う「皆既日食」に、また、逆に、月のみかけの大きさが太
>陽より小さいと太陽面が環状に残る「金環日食」になります
----------------------------

という記述を見つけました。

[皆既日食]と[金環日食]の両方が起こりうるのは、
月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?
月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

今日(4/10)のニュースを見ていて疑問に思ったのですが、

----------------------------
>ダブル日食…中南米で「金環」、南太平洋では「皆既」
>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050409-00000305-yom-int
>環日食は太陽の見かけの大きさが月の見かけの大きさを上回る現象。
>今回、南太平洋上では、太陽が月の陰にすっぽり隠れる皆既日食も起きた。
----------------------------

[皆既日食]と[金環日食]と2種類あるようです。
そこでその違いを調べたら、

----------------------------
>皆...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

> 月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?

だいたい,それで良いと思います。実は太陽も見かけの大きさが変わるので,それだけとも言えません。
でも話がややこしくなるので,月の見かけの大きさが原因で,皆既日食や皆既月食になると考えても良いです。

> 月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

地球と月の間の距離がいつも一定ではないからです。
同じ物でも遠くにあるときは,見かけ上小さく見えますね。
それと同じ。月が近くにあるときは大きく見えて,月が遠くにあるときは小さく見えるのです。

ではなぜ,月が遠くなったり,近くなったりするのでしょうか。

月は地球の周りを回っていることは知っていますよね。
その月のまわる道(軌道(きどう))がまんまるな円ではなく,すこしつぶれた楕円(だえん)形をしているからです。

参考URLのページの真ん中より少し下あたりに
図入りでそのことについて説明してくれています。
よかったら参考にしてみてください↓。

参考URL:http://gate-stfwww06.comet.go.jp/visual2/hoshizora/annai/0406/hosizora_0406.html

こんにちは。

> 月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?

だいたい,それで良いと思います。実は太陽も見かけの大きさが変わるので,それだけとも言えません。
でも話がややこしくなるので,月の見かけの大きさが原因で,皆既日食や皆既月食になると考えても良いです。

> 月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

地球と月の間の距離がいつも一定ではないからです。
同じ物でも遠くにあるときは,見かけ上小さく見えますね。
それと同じ。月が近くにあるときは大...続きを読む

Q英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか? 例えばwanna 、tryna 、

英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか?
例えばwanna 、tryna 、he's/she's 、I'm/you're 、there're などなど…。
会社との契約時には省略形は使わない方が良いだとか、目上の人には使わない省略の仕方などあるのでしょうか?

Aベストアンサー

wannaとかgonnaとかの省略形っていうか崩れた言葉って感じ。
それらはビジネスの場面では使わない方が良いと言われてるね。
とは言え、実際にはみんなちょいちょい使ってるけどね。
目上の人なんかには、want toとかじゃなくてwould like to とか使うけど、その時はI'd like toって省略するのは特に問題ないね。
それと、It'sとかI'mとかは、まさに省略形なんだけど、こういう省略形はどんな場面でも普通に使うよ。
逆にこういうのは省略しないと相手は違和感があると思う。

Qカシオペア座が夏と冬で 高度ちがって見える理由?

件名のとおりです。

地球の公転によって、「近く」なったり、「遠く」なったりするってことですか?

たとえば100m離れたところから、東京スカイツリーのてっぺんを見るのと、
10m離れたところから、同じ場所を見上げるとき、こちらのほうが高度が高くなる。

・・・そういうことでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。

補足、拝見しました。

その通りです。


少しだけ、
絵についてですが、星は十分に遠いため、星からの光は平行と考えられます。
ということで、特に右上の絵ですが、星からの光は平行に書かれた方が良いかと。


人気Q&Aランキング