現在少しではありますが、ベランダで鉢植えを楽しんでいます
最近その鉢植えから虫が大量発生してしまったのです!!
小さな虫なんですが、名前などはわかりません。
とにかく大量に・・・。
うっかり網戸に隙間があれば、部屋にも入ってくるのでかなり困っています。
おそらく原因は土だと思うのですが、
その土をできれば今年も再利用したいのです。
その土は、去年の秋にホームセンターの特売品に腐葉土と赤玉を混ぜて作りました。
再利用は避けた方がいいでしょうか?
また虫の退治方法など、ご存知の方がいらっしゃいましたら
是非教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

補足のコメントになりますが。


施肥で窒素が過剰になると、虫もつきやすく(病気にもかかりやすく)なるそうです。補虫対策と同時に、リン酸・カリ分の多い肥料を与えて、植物自体の抵抗力を上げてやるのも必要かもしれません。
    • good
    • 0

こんにちは。


その虫って、どんな形ですか?もしかして、ショウジョウバエのちっちゃい版みたいなやつ?土からわいて出てくるような感じですか?

もしそうだとしたらおそらくキノコバエとかいう虫で、有機肥料などを使ったときにわくことがあるようです。

植物に悪さをすることはないようなのですが、とにかく気持ち悪いですよね。私は去年の梅雨時にそいつの被害でひどい目にあいました。
そのときにネットで調べた限りですので本当に正しいかどうかわかりませんが、やつらはたばこの匂いが嫌いなようなので鉢のまわりに吸殻や灰をおいてみたりしました。効果はあったように思います。あと、一般に虫の奴は黄色いものに惹かれるようで、その性質を利用した黄色いハエ取りテープが市販されています。これはかなりびっしりとれるようです。園芸グッズが充実しているホームセンターなどにあるのではないでしょうか。(ちなみに私は、近所で売っていなかったので通常の黄色いテープを使ってみましたが、そこそことれました)

いずれにしろ、成虫がいなくなっても卵は土に残っている可能性があるので、再利用される場合は、他の皆さんがおっしゃっているように土の消毒はしっかりしたほうがいいと思います。
    • good
    • 0

こんにちは(^o^)丿 春になってガーデニングも楽しく出来る季節になりましたね。


私も虫には毎年悩まされます・・・今我が家のベランダで発生しているのは緑色の小さな悪魔です(あぶらむし??)せっかく咲かせたパンジーに・・・(T_T)
私は虫を見つけたらウェットティッシュで出来るだけ虫をふき取りあとは市販されている殺虫剤(直接噴射しても大丈夫なもの)で撃退しています。
油かすなどを撒くと花の咲きは良くなるみたいだけど虫が大量発生した事もありました(涙)No.1の方も書いておられましたが土は再利用しても大丈夫と思います。
私も植え替えの時は土を一度干し、黒いビニールにいれて2~3日置いてから使っています。
ホームセンター等で苗を買って来た段階で虫さんは付いているのかもしれませんね・・お互い虫に負けず楽しくガーデニングしましょうねっ(^O^)

  打倒!!虫!!!(笑)(>_<)r鹵~<巛巛巛スプレー
    • good
    • 0

土の再利用について


(1)植物によって、透水性(水はけ)が良いもの、水もちがいいもの等に改良するために、土の再利用は当然するべきですし、避けることはありません。
(2)虫だけでなく、病害虫についても、土の改良だけで、完璧に予防する方策は、ありません。(室外との出入りをシャットアウトするハウス等を除く)
虫の退治方法について
(1)スプレータイプのもの、液状のもの等、手軽なものが店頭で売っています。体外の虫は、これでOKです。
(2)新芽の季節なので、薬害に注意してあげて下さい。
    • good
    • 0

虫の活動する季節ですねぇ。


ワタシもテラスでプランター、トロ箱、鉢植え等やっています。
さて、土の再利用ですが、ワタシは再利用しまくってますよ。
シーズンが終ったら、シートに広げて干し、
黒いビニール袋に入れて密閉し数週間~1ヵ月近く太陽光に当てます。
これである程度殺菌が出来ます。
欲を言えば鉄板等で煎るとなおいいのですが。
こうした土をふるいにかけて、石、小石、ゴミなどを取り除いた土に「土の再生材」を混ぜます。
時には炭の粉末や石灰を混ぜたりします。
これを漬物樽に入れておき、次のシーズンまで寝かせます。
で、これに生ゴミなんかも砕いて入れたりします。
取り除いた石などは次の鉢底石に使います。
根とか枯れ枝とかはゴミにだします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q朝顔の鉢植えのなかの土に小さな白い虫が大量発生しました。

朝顔の鉢植えのなかの土に小さな白い虫が大量発生しました。この虫について、何の虫か御存じの方、教えて下さい。それと、この虫のせいかどうか判りませんが、葉がどんどん枯れていきました。どう処理すればよいでしょうか?

Aベストアンサー

『ネコブセンチュウ』があやしいのでは?

害虫は小さいので目に見えず、根に大小様々なこぶを作り、中に住んで養分を吸い取ります。寄生された植物は衰弱し、枯れる。きわめて多くの植物に寄生しますが中でも、しゃくやく、朝顔、クレマチス、ダリア、ペチュニア、バラ、スミレ類、サボテン類に大きな被害を及ぼす。被害が連作するため、堆肥などの有機物を施して丈夫な植物に育てる。なお、薬物防除は困難な害虫です。

Q山の土(表層土ではない、六甲山系、茶色っぽい土)と腐葉土2割を混ぜて、

山の土(表層土ではない、六甲山系、茶色っぽい土)と腐葉土2割を混ぜて、プランターにトマトを昨日植えました。
今朝は雨が降りました。そうすると、雨がしみ込まないのか、プランターの口の所まで水が来ています。
勿論、底には鉢底石をしいています。プランターに穴も開いています。
なにか基本的な間違いを犯しているのでしょうか?初心者より。

Aベストアンサー

六甲山は花崗岩系ですから、土としてはそれが風化した「マサ土」(真砂土)でしょうね。乾けばコンクリート並みに固くなります。おまけに石英っぽい小石が混ざっていますから、転んだらヒジや膝小僧を擦り剥いて血がにじむという痛い土でもありますね。しかし粘土土かと言えばそうではなく、土のかたまりなどもありますが、それは手で簡単にサラサラと砕ける土でもあります。私らの地域もマサ土ですから大体の事はわかります。
やはり乾けばカチカチに固まるというのが水はけを悪くしているのでしょう。
あくまでもマサ土の中層土にこだわりがあられるならば、腐葉土ではなく「バーク堆肥」というものを使ってみて下さい。樹皮を発酵させ腐葉土と同じく腐植質のもので、いずれは土に返るものです。牛糞も少しばかり混ざっており肥料成分も少しあります。
40L(特大袋)で398円ぐらいで割安です。これを土と半々ぐらいに混ぜるのです。かなりフカフカの土になり、水はけも良くなると思います。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031800/PDF/enngei/17-70.pdf(大体このようなパッケージです)。
元々は土壌改良材ですが、庭木の寒肥を遣る際に肥料と半々に混ぜたり、あるいは株元へのマルチングなどにも使えます。(植物によっては、夏場に土の乾き過ぎを防ぐ為に株元へ厚さ数センチぐらい敷き詰めてやる事)。
更に水はけを良くするならば、「パーライト」や山砂の小粒(霧島ボラ土や日向土などの軽石)を全体の1~2割混ぜ込んでもよろしいでしょう。
まああまりメンドクサク思われるならば、やはり市販の培養土を100%使われる方がよろしいかも知れませんが。

六甲山は花崗岩系ですから、土としてはそれが風化した「マサ土」(真砂土)でしょうね。乾けばコンクリート並みに固くなります。おまけに石英っぽい小石が混ざっていますから、転んだらヒジや膝小僧を擦り剥いて血がにじむという痛い土でもありますね。しかし粘土土かと言えばそうではなく、土のかたまりなどもありますが、それは手で簡単にサラサラと砕ける土でもあります。私らの地域もマサ土ですから大体の事はわかります。
やはり乾けばカチカチに固まるというのが水はけを悪くしているのでしょう。
あくまで...続きを読む

Q腐葉土に虫が大量発生

落ち葉を集めて腐葉土を作っています。いくつかの発泡スチロールで作っていますが、そのうちのひとつに白い3ミリくらいの虫が大量に発生しました。最初は茶色のさなぎのようでしたが、今はそれが孵ったのか白い虫が動いています。この腐葉土(まだ途中ですが)処分してしまったほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

どのような作り方をされたのでしょうか?
醗酵に失敗したのだと思います。
うまく醗酵すると温度が上昇して多くの虫は死にます。(40度くらいで死ぬそうです)
市販の醗酵剤などを使用すことにより、醗酵の立ち上げを早くし温度を上昇させ、
虫や雑菌の繁殖を防止します。
外からハエなどが侵入しないように、ビニールなどで蔽うのも良いでしょう。

まあ、自然界では虫がわくことによって、落ち葉の分解が促進されている訳ですから、
当然と言えば当然のことで、腐葉土化の過程の一環と言えなくもないのですが・・・

ただ、虫がわいている落ち葉は醗酵が不完全ですから肥料としての効果は
期待できないでしょうね。
黒いビニール袋に入れて空気を抜き、数日直射日光にあてれば、
温度が上がって死ぬと思いますよ。
虫にさわるのが嫌なら上から土をかぶせ、その上に醗酵の進んだ腐葉土を入れて
温度を上昇させましょう。
念のため腐葉土ではなく、完全に堆肥化して使用した方が良いのでは?

参考URL:http://www.af.wakwak.com/~masudak/saien/wagaya.htm

どのような作り方をされたのでしょうか?
醗酵に失敗したのだと思います。
うまく醗酵すると温度が上昇して多くの虫は死にます。(40度くらいで死ぬそうです)
市販の醗酵剤などを使用すことにより、醗酵の立ち上げを早くし温度を上昇させ、
虫や雑菌の繁殖を防止します。
外からハエなどが侵入しないように、ビニールなどで蔽うのも良いでしょう。

まあ、自然界では虫がわくことによって、落ち葉の分解が促進されている訳ですから、
当然と言えば当然のことで、腐葉土化の過程の一環と言えなくもない...続きを読む

Q鉢植えの土に小さいハエみたいな虫が

タイトルの通り虫が土のまわり(鉢の内側)に
沢山いて、駆除しても次の日にはまた沢山虫がいます。
部屋の中に植木を置いているので、その虫が飛び回って
いて困っています。
どうしたらいいのでしょうか?
分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

かなり前ですが、同じような質問がありました。
kyouichi-7さんがおっしゃる通り、ショウジョウバエ・・・俗称ミバエの仲間だと思います。

結局薬をまいても、薬が流れ出したり、分解するとまた温かくなれば、沸いてきます。
おそらく、「根腐れ」や、ピートモス、腐葉土などハエ(うじ)の餌が豊富だからです。
やはり、土の入れ替え(kyouichi-7)をして、新しい鉢土と交換したほうが良いです。
鉢土は、市販のものでしたら、腐葉土でも葉の形、小枝が残っていない(完熟)したもの、水はけが良い鹿沼土、焼成赤玉土などが入っているものを選んでください。
Daisyandさんがおっしゃるように、今、虫の発生を押さえたい場合は、木酢液も有効です。

併せて御役に立てば。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=396333

Q赤玉土 大粒 中粒 小粒

赤玉土 大粒 中粒 小粒
粒の大きさによって、使用用途をお尋ねします。

Aベストアンサー

大粒は鉢底のゴロ土に、中粒は腐葉土などと混ぜて(赤玉中粒7:腐葉土3,くらいの割合で使うのが多いかも)一般の培養土に、小粒も同じように混ぜて使ったり、単品で挿し木用土として使ったりするのではないでしょうか。
こちらなどもご参考に。
http://www.kanuma53.com/akadamatuchi.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報