入金伝票、出金伝票、振り替え伝票が


 ■皆さん、こんにちは。いつも回答頂きありがとうございます。

 五人程度で不動産業をやっています。
 会社は、100年程度の歴史のある古い会社です。
 入金伝票、出金伝票、振り替え伝票が、毎年次々にたまって、二階の物置を占領して、場所が狭く、なります。狭い場所に無理やり、押し込んでいるので、探し出すのも、実際には、大変です。
 際限なく、大きな倉庫なら、大きな棚も導入して、きれいに整頓して保存も、できるでしょうが、そこまで、お金をかけて整理保存する必要があるのかどうか疑問です。

 税務署が、査察に来たときに提示できるようにあるいは、過去の帳簿の記録を閲覧するときに保存しているのですが、どの程度過去の分を保存すれば、よいのでしょうか?

 皆さんは、どうされていますか?

 もちろん、いつまでも、保存するのがベストですが、保存する場所もお金です。後で、見るかも、知れないと保存しても、現実には、あるから、安心と思って、閲覧することは、めったに無いものです。

 今年は、平成18年ですが、いつごろの伝票だったら、処分しても、よいのでしょうか?
 処分できれば、伝票の表紙やファイルを再利用できるメリットも、あります。

 会社内部では、書類がいっぱいで、もっと、整理すべきだと攻撃が激しいのです。

 たとえ、一つだけでも、お知りのことが有りましたら、よろしく教授方お願いします。
敬具

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

★書類の保存期間★



 書類はその種類によって保存義務期間が違います。
■永久保存
 法律では規制されていませんが永久保存が望ましいと思われるものです。
・定款、株主名簿、社内規定 ・登記関係書類 ・諸官庁に対する提出書類、許認可書類、通達文書・特許、実用新案等の書類

■10年保存
・株主総会議事録-(商法244条)/取締役会議事録-(商法260条)・決算書(貸借対照表、損益計算書、営業報告書、利益処分案、付属明細書)-(商法36条) ・総勘定元帳-(商法36条) ・満期、解約となった契約書

■7年保存
・仕訳帳、現金出納帳、固定資産台帳、売掛帳、買掛帳等-(法人税法規則59条)・領収書、預金通帳、小切手控え、手形控え等・請求書、見積書など ・給与所得者の扶養控除等申告書ほか・源泉徴収簿

■5年保存
・従業員の身元保証書、誓約書など

■4年保存
・雇用保険の被保険者に関する書類-(雇用保険法規則143条)

■3年保存
・雇入、解雇、退職に関する書類-(労働基準法規則56条)
・労働者名簿-(労働基準法109条)
・労災保険に関する書類-(労災保険法規則51条)

■2年保存
・健康保険、厚生年金保険に関する書類

◆処分しやすいように保存しまよう!
 <1> 昨年度の資料は、場所を決めてまだ保管しない
   結構、昨年度の総勘定元帳とか請求書といった書類は今年度との比較に使いますよね。それで、今年度分とは別の場所に置いていつでも参考にできるようにしておきます。

 <2> 3年たった時点で、仕分けする(3年、5年、7年、10年)
    上記の保存期間をもとに、「3年保管箱・経理関係」「雇用関係」というように保存期間・種類によって仕分けをします。こうすることによって、いざ処分すると言うときに3年保存の箱を開けば、そこに入っているものは全て保存義務がないものということで、見分けやすいからです。あとは、上司や社長に聞いて、法律とは別に会社として保存しておきたいものをさらに保存し、いらないものを処分すればいいだけです。

 <3> 保存書類一覧を作成する
    自分の覚えのためもありますが、保存した人だけでなく上司やそれに関係する人全般に、どの書類がどの箱に保存されているのか明確に分かる表を作成します。この表を作ることによって会社の中に保存書類の規則のようなものができあがり、担当者が万が一会社を辞めた場合、又は新入社員に教える必要が生じたときに役に立ちます。

 <4> 毎年1回~2回は点検をしましょう
    重要な書類ですから、保存しっぱなしであとは知らない。というようなことのないように点検を心がける。故意ではないにしろ上司等が書類の貸し出しを受けてそのまま机の中に眠ったまま。ということは珍しくありません。この場合に<3>の一覧表が活きてきます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ■suzumenoさん、そして、皆さん、こんにちは。いつも回答頂きありがとうございます。
>★書類の保存期間★
>
> 書類はその種類によって保存義務期間が違います。
>■7年保存
>・仕訳帳、現金出納帳、固定資産台帳、売掛帳、買掛帳等 -(法人税法規則59条)・領収書、預金通帳、小切手控え、手形控え等 ・請求書、見積書など ・給与所得者の扶養控除等申告書ほか・源泉徴収簿
>
>
 くわしく書類ごとに保存期間を教えていただき、ありがとうございます。
 コピーして収納庫に張っておきます。


>◆処分しやすいように保存しまよう!
> <1> 昨年度の資料は、場所を決めてまだ保管しない
>   結構、昨年度の総勘定元帳とか請求書といった書類は今年度との比較に使いますよね。それで、今年度分とは別の場所に置いていつでも参考にできるようにしておきます。
>
> <4> 毎年1回~2回は点検をしましょう
>    重要な書類ですから、保存しっぱなしであとは知らない。というようなことのないように点検を心がける。故意ではないにしろ上司等が書類の貸し出しを受けてそのまま机の中に眠ったまま。ということは珍しくありません。この場合に<3>の一覧表が活きてきます。

 活用方法まで、詳しく解説していただきありがとうございます。参考にさせていただきます。

 たとえ、一つだけでも、お知りのことが有りましたら、よろしく教授方お願いします。
敬具

お礼日時:2006/10/24 07:20

7年かなぁと思いますが・・


【次の伝票・証憑書類の保存期限】
(1)仕訳帳、現金出納帳、固定資産台帳、売掛帳、買掛帳、経費帳など 取引に関する帳簿
(2)たな卸表など決算に関して作成された書類
(3)領収証、預金通帳、借用証、小切手・手形控、振込通知書など 現金の収受・払出し、預貯金の預入れ・引出しに際して作成された 取引証憑書類
(4)有価証券受渡計算書、有価証券預り証、売買報告書、社債申込書 など有価証券の取引に際して作成された証憑書類
(5)請求書、注文請書、契約書、見積書、仕訳伝票などたな卸資産の 引渡し・受け入れに際して作成された書類以外の取引証憑書類(資本金 1億円超の大法人の場合)
(6)資産の譲渡、課税仕入等に関する帳簿
(7)課税時期に所有する土地等の地目、面積、所在地等を記録した帳簿
(8)給与所得者の扶養控除等(異動)申告書、給与所得者の 配偶者特別控除申込書、保険料控除申告書
(9)住宅取得控除申告書、住宅取得特別控除申告書、住宅貯蓄控除申告書
(10)源泉徴収簿(賃金台帳)

【上記の(1)から(10)に該当する説明】
所規63,法規59
(1)証憑書類のうち、取引に関する事項を帳簿に記載すること にかえて、記載されている書類を整理保存している場合の書類 も含む
(2)貸借対照表、損益計算書、総勘定元帳等の計算書類も 含まれるが、これらは商法で10年保存が義務づけられている。
(6)消費税法58・消令71
(7)地価税法33・地規10
(8)国税通則法72、73
(9)同上
(10)同上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ■makoteruさん、そして、皆さん、こんにちは。いつも回答頂きありがとうございます。

>7年かなぁと思いますが・・
>【次の伝票・証憑書類の保存期限】

 詳しく解説ありがとうございます。
 平成9年以前の振り替え伝票、入金伝票、出金伝票は、廃棄してもよさそうですね。
 大切に精魂込めてつくったもので、廃棄は、心理的に耐え難いですが、制限のあるスペースのことを考えるとやむを得ないでしょう。
 これで、少しは、スペースが空くでしょうか?

 廃業した大切な他社の伝票を廃棄した経験があります。
 結局、どこの会社でも、最後は、このようになるのでしょう。

 たとえ、一つだけでも、お知りのことが有りましたら、よろしく教授方お願いします。
敬具

お礼日時:2006/10/24 07:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告期間について

確定申告期間は2/15くらいから3月中旬くらいですが、このあいだでも申告しなくてもいいと知人から聞きました。たとえば、今年(平成14年)内であれば申告期間に申告しなくてもいいのでしょうか?

あと、確定申告をすると未払いの住民税も徴収されるのでしょうか?

ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

所得税の確定申告は、原則として2月16日から3月15日までの期間に申告をする必要があります。
ただし、2がつ16日又は3月15日が休日の場合は翌日に成ります。

ただし、サラリーマン等で本来は、確定申告をする必要のない人で、医療費控除などで還付のための確定申告をする場合は、その還付を受けようとする年の申告期限から5年以内であれば、いつでも還付のための確定申告書を提出することができます。

お友達は、このことを言ったのでしょう。

住民税については、税務署ではなく市役所が管轄ですから、確定申告には関係なく、未納分があれば督促をされます。
税務署に確定申告をすれば、市に連絡がいきますから、住民税の申告は必要有りません。

Q預金入金も出金伝票なのか?。

三伝票でもって、手元保管の現金を仕訳しています。
手元の現金を普通預金に預け入れる場合、出金伝票で起票して良いものでしょうか。
支出でもないのに”出金”というのが、何か引っかかるのですが。
簿記は習いましたが、実務初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前職場で同じ質問をされ、懐かしくて(?)思わず書き込ませていただきます。

この場合あくまでも「手元の財布・金庫」を中心にして考えますので、預金預入は、手元保管の現金が出て行くので、「出金伝票」になりますね。

出金伝票というのは、<貸方現金>をいわば省略しているものですので、振替伝票の貸方に「現金」が来ると言うことは、とりもなおさず[出金伝票]が使用できると言うことです。

専門学校では、借り・貸しのどちらかに「現金」が来る仕訳には、振替伝票は使用しないと、指導しているところもあるように聞いています。私自身は「?」と思いますけれど。

Q住宅ローン減税の確定申告後、期間内なら変更できますか?

本日、住宅ローンの控除を受けるために、確定申告に行ってきました。
夫婦で共有名義、連帯債務となっていて、2人分の申告を行ってきたのですが、
適用を受ける期間を2人共、15年として提出してきました。
しかし、家に帰ってもう一度、計算をし直したところ、夫の分は10年とした方が、
控除額がいくらか増えることに気がつきました。
まだ、確定申告期間中なのですが、今ならまだ変更可能とかありますか?
確か、明後日の日曜は臨時で確定申告の受付があっていると思います。
すぐ行けば間に合いますか?

Aベストアンサー

期限内に提出された申告書は、最終のものが生かされ、その前のものは自動的に取り消されます。
ですので、#2番さんのいわれるような連絡は必要ありません。
#3さんお言われる、いわるゆ訂正申告で再提出されれば、それで処理は終わります。

ところでローン控除は更正の請求の対象には原則なっていないはずです。
更正の請求ってあくまでも「計算に誤りがあったこと」である必要があり、自分の判断ミスによる損得では、これらの計算に誤りがあったこととはされないからです。
ですので、3月15日までに是非、処理を済ませておいてください。

Q入金・出金・振替伝票が印字できるソフト

税理士さんの都合もあって伝票をおこしてます。
手書きが面倒で何かソフトを入れたいのですが、
指定伝票(要カスタマイズ)が印刷できるソフトはよく見つけられます。
伝票印刷ができて、そのデータで自動に出納帳まで出力できる
ソフトをご存じないでしょうか。

Aベストアンサー

弊社で使っているのは「財務応援Lite」というソフトです。
領収書から入力して、伝票は印刷しています。
簡単ですよ。

http://www.epson.jp/products/oen/products/zaimu_lite/index.htm

参考URL:http://www.epson.jp/products/oen/products/zaimu_lite/index.htm

Q病気による会社欠勤期間に引かれた税金は確定申告で戻ってくるの?

病気による会社欠勤期間(8ヵ月間)に引かれた税金(所得税・住民税)や健康保険費年金は確定申告で戻ってくるのですか戻ってくるのであれば、それぞれ、1.引かれた金額の何%ぐらいでしょうか?
2.この場合で確定申告の際に必要な書類は何か?
3.何時迄に確定申告をすればよいか?
4.確定申告後、何時迄にお金は返ってくるのか?
5.確定申告は、住んで居る地区の税務署または市役所なのですか?
何卒、ご教授をお願い致します。

Aベストアンサー

無給欠勤経験者です。
欠勤中給与が出ていたのですか?
無給であれば、所得税と雇用保険料は0の筈です。住民税は、前年の所得に対してかかる為、前年に所得があれば控除されます。
健康保険料と厚生年金保険料は、会社に在籍している以上(育児休暇の別です)支払わなければなりません。所得税に関しては、会社の年末調整で還付されると思いますが、8ヶ月の欠勤では課税対象となる程の所得はないと思いますので、最終的に(年末調整後)所得税の支払いは0になるのではないかと思いますので、確定申告で還付される税はないと思います。
私の場合3年間、所得税は支払いしておりません。年末調整後の所得が、マイナスだからです。
繰り返しますが、厚生年金保険料と健康保険料は、会社に在籍している以上、支払わなければなりません。今年の源泉徴収票の所得税額の確認をしてください。0ならば、還付はありません。

Q振替・入金・出金伝票のつけかた(個人です)

おたすけ!青色申告4 のソフトを購入して始めようと思ったらもうわからなくなってしまいました。質問内容は、例えば、A社へ1月31日に35000円の請求をした。3月10日普通預金に30870円の振込がありました。(10%の源泉と振込料630円引いた金額)この時の伝票のきりかたを具体的に教えてください(勘定科目もお願いします)宜しくお願いします。

Aベストアンサー

補足?について回答致します。

 業種が分からないのではっきり言えませんがA社に対して請求した35000円の発生した日(小売業などでいえば商品を売り渡した日、源泉を引かれているということは小売業ではないと思いますが…)に
  売掛金  35000 / 売上  35000

 3月10日に
  諸口   35000 / 売掛金 35000 
  普通預金 30870 / 諸口  30870
  事業主貸  3500 / 諸口   3500
  支払手数料  630 / 諸口    630

 としたらいかがでしょうか?(3月10日の仕訳については私の使っているソフトの入力法を参考に書きました)
又、振込料については支払手数料の代わりに雑費でも問題ないと思います。摘要欄があれば「振込料」と入れておくと分かりやすいと思います。

Q確定申告 期間について

確定申告についてなのですが
ネットなので調べているものの
いまいちどうしたらよいかわかりません。

昨年の夏に退職しました。この場合確定申告は期間中(17日まで)に
やらないといけないのでしょうか。そのあとでも
受け付けていますか?もし申告をしないと
どのようなことになるのでしょうか。何もわかって
いなくてすみません。


ちなみに生命保険料の還付申告もしたいのですが
これも期間中にやらないといけないのでしょうか。

今 あまり体調がよくないので
あとでも大丈夫であればそうしたいのですが。

Aベストアンサー

 こんにちは。

◇「還付申告」
・「還付申告」は,その年の翌年の1月1日から5年間できるということになっています。

・通常の確定申告受付期間である「2月16日から3月15日」は関係ありません。税務署が開いている日であって、「翌年の1月1日から5年間」ということであれば受け付けてくれるというルールにはなっています。

◇具体例
・「還付申告」の例としては,お勤めの方は本来,年末調整で税の手続きが完了するのですが,年の途中で退職されそのまま就職されなかったなどにより,本来確定申告を提出するする必要がなかった人が「確定申告」をすることにより,税額が還付される場合などがあります。

(1)年の中途で退職し年末調整を受けず,その後,その年中に他の所得がないため給与所得に対する源泉徴収税額が納めすぎになっている場合
(2)医療費控除や社会保険料控除の適用漏れがあった場合
(3)退職所得の支払を受ける際に「退職所得の受給に関する申告書」を提出しなかったため、20%の税率で源泉徴収されていた場合
(4)いわゆる「住宅ローン控除」の適用が受けられるが,確定申告をおこなっていなかった場合
などです。

--------------
 以上から,ご質問についてですが,

>昨年の夏に退職しました。この場合確定申告は期間中(17日まで)にやらないといけないのでしょうか。そのあとでも受け付けていますか?もし申告をしないとどのようなことになるのでしょうか。

・「確定申告」をすることにより,税額が還付されるようでしたら「還付申告」になりますので,昨年分でしたら今年の1月1日から5年間は申告ができます。

・もし,税額を追納する必要がある場合は,期間中に「確定申告」をする必要があります。

>ちなみに生命保険料の還付申告もしたいのですが,これも期間中にやらないといけないのでしょうか。

・「生命保険料の還付申告」も「確定申告」に当たります。

・同じ年の収入について,「確定申告」は二回以上はできませんので,「昨年の夏に退職しました。…」の「確定申告」と同時にしてください。

>今 あまり体調がよくないのであとでも大丈夫であればそうしたいのですが。

・moai33さんは「年末調整」を受けておられないようですので,おそらく所得税の納めすぎとなっていると思われますので「還付申告」になるかと思います。

・その場合は,上記のとおり今年の確定申告の期間に必ずしもする必要はありません。

・また,ネットで申告書を作成し,郵送することでもかまいませんので,税務署に持参するとが必須ではありません。
https://www.keisan.nta.go.jp/h19/ta_top.htm

 お大事にしてください。
 

参考URL:https://www.keisan.nta.go.jp/h19/ta_top.htm

 こんにちは。

◇「還付申告」
・「還付申告」は,その年の翌年の1月1日から5年間できるということになっています。

・通常の確定申告受付期間である「2月16日から3月15日」は関係ありません。税務署が開いている日であって、「翌年の1月1日から5年間」ということであれば受け付けてくれるというルールにはなっています。

◇具体例
・「還付申告」の例としては,お勤めの方は本来,年末調整で税の手続きが完了するのですが,年の途中で退職されそのまま就職されなかったなどにより,本来確定申告を提出...続きを読む

Qネットで本を購入しカードで支払いした場合は「振替伝票」「出金伝票」のどちらで処理しますか?

インターネットで本を購入し、自分のカードで支払いをしました。
納品書兼領収書が届いたので、伝票記入しようと思います。
配送料も手数料もかかっていません。
その場合は、
1.出金伝票で処理するのでしょうか?
2.振替伝票で処理するのでしょうか?
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分の(私物の)カードで会社の図書費用を立替支払した、
ということなのでしょうか?

それなら、
領収書と引替えにあなたが現金を受け取る
会社は領収書を元にして、出金伝票を図書費で起票
(または振替伝票の借方「図書費」、貸方が「現金」で起票)

で良いと思います。

No1の方の場合だと、
会社名義のカードで購入した場合の仕訳ですね。

Q出業給付期間中の諸経費を確定申告

はじめまして。SAYOと申します。

質問は

「出業給付期間中に自営業で働き
 さらのその期間の諸経費を確定申告した場合
 役所にわかってしまうものなのでしょうか?」

です。


知り合いが今年の始めに派遣切りにあってしまい、
その後3ヶ月間失業給付金をもらっていたのですが
期間中、自営業でリフォーム関係の仕事をしていました。

この時点でNGだとは思うのですが
さらに、その期間中にかかった経費を
今年確定申告しようとしています。

そんなことしてはいけないと何度か話し合いをしたのですが
本人は「役所の管轄が違うからバレない」の一点張り。

こんな人でも、掴まって不幸になるのは胸が痛いものです。
(本人は小さな子供を抱えながら頑張って働いているので・・)

どなたか、ご回答いただけませんでしょうか?
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

>出業給付期間中に自営業で働き さらのその期間の諸経費を確定申告した場合 役所にわかってしまうものなのでしょうか?
役所というのは社会保険事務所ということですね。
確定申告すると、その内容は税務署から市(区・町村)役所に通知されるだけです。
通常なら社会保険事務所にはわからないでしょう。
でも、だからいいということではありませんし、ひょんなことからばれるとも限りません。
あとはその人の自己責任でしょう。

Q領収書紛失 出金伝票でもよいですか?

確定申告をしているのですが
多くの領収書を紛失してしまいました

この場合には出金伝票を作成することで
大丈夫なのでしょうか?

購入した日付がわからないのですが
どうすればよいでしょうか?

だいたいの日付ではダメでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です
車両の走行距離から使用量を推測することは出来ませんか?
仮に貨物車で、走行距離が1,000kmで5km/リットル としますと200リットルが消費量となりますが

税務署に相談をする価値は有るようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング