司法書士や弁護士は依頼者のプライバシーを守るために守秘義務があるそうですが、その守秘義務が守られず第三者にその全てが筒抜けになっていたとするならばどうなるのでしょうか?

1、その苦情を受け付ける公的機関は?
2、その精神的被害の賠償は?
3、責任の追及はどうすればよいのでしょうか?

どなたか詳しい方はいらっしゃいませんか?お教えください。

尚、このプライバシーとは、
  財産放棄の為の個人の戸籍(個人の生立ち、養子縁組等)に関する問題です。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 まず、司法書士について答えます。


1について、
 司法書士は、日本司法書士連合会に所属します。守秘義務違反は、司法書士法第11条に違反しております。その事実を日書連が知ったら、懲戒事由になりますので、まず司法書士連合会に連絡するのが、懸命です。ただ、司法書士は基本的に、法務省の管轄下にあり、懲戒権も法務局にありますので、各地方法務局に苦情を訴えるのが良いでしょう。

2について、
 これは、民法709条により慰謝料を請求できますが、それが、いくらかは個々のケースなどにより違いますのでなんともいえません。

3について、
 1で申し上げた方法で責任追及すれば、良いと思います。

 弁護士についてですが、
弁護士の守秘義務違反は、刑法134条違反の刑事罰です。ですから、警察に連絡しましょう。ただ、弁護士の懲戒権は日本弁護士連合界にあるので、そちらにも連絡するのも良いと思われます。 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々に返事頂きありがとうございました。大変参考になりました。守秘義務と云うのは、大変な事なのですね。
別の質問として
「財産放棄申請手続きを依頼したが・・・?」とお尋ねをさせて頂きましたが、どなたからも今のところご回答を頂いておりません。akariloveさんご感想をいただけませんか?

お礼日時:2002/04/05 15:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司法書士への報酬費用

何度かアドバイス頂き、先日「司法書士の無料相談会」に行って来ました。
最終的には司法書士を通じての債務整理の方向で進めようかと思っています。

そこで質問なのですが司法書士への報酬費用の相場を教えて下さい。
無料相談で相談した司法書士曰く、
「1社につき@40,000/減額実績の20%」との事でした。

少しでも「安くて信頼できる」司法書士にお願いしたいと思います。
上記金額は平均的な相場なのでしょうか?

都内でお薦めの司法書士等いらっしゃれば併せて紹介頂ければ幸いです。
(23区内であれば場所は問いません)

Aベストアンサー

1社につき42000円(税込み)はどこも大体同じです。
減額成功報酬20%は高いですね。
ない所もある位です。

さくら中央法律事務所(四谷)
あゆみ法務司法書士事務所(高田馬場)

ネットで調べて見て下さい。
電話相談は無料ですから先に「減額成功報酬」をとるのかどうか聞いてみて下さい。

2つとも電車の広告に出てますので、怪しくはないと思いますよ。

Q裁判官の守秘義務:法律家同志では筒抜けの可能性は?

守秘義務について、考えていたら、急に疑問がわいてきました。
よく、弁護士には守秘義務があるといいますよね。
裁判官は、どうなんでしょうか?
たとえば、裁判中に、被告側、原告側と裁判官は話しますよね?
その際に、オフレコで、とお願いした内容を、法律家同志ということで、
「言わないでくださいね」と念ををした上で、話してしまう。
ということはあり得るのでしょうか?

裁判官の守秘義務、という言葉を耳にしたことがないので、
気になっています。
ご教示頂きますよう、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

裁判官は、罰則は条文上はないものの、一応守秘義務はあります。(なお、国家公務員法でも守秘義務は定められていますが、これは一般職しか適用はなく、特別職にあたる裁判官には適用なし)

裁判所法
第七十五条 (評議の秘密)
第2項 評議は、裁判長が、これを開き、且つこれを整理する。その評議の経過並びに各裁判官の意見及びその多少の数については、この法律に特別の定がない限り、秘密を守らなければならない。

少し裁判官が特別扱いされているのは、の独立は憲法上要請されているからかもしれませんが、場合によっては裁判官分限法によって、懲戒処分になる可能性はあります。

なお弁護士の守秘義務は、弁護士法及び刑法でさだめられています。

(秘密保持の権利及び義務)
弁護士法第23条  弁護士又は弁護士であつた者は、その職務上知り得た秘密を保持する権利を有し、義務を負う。但し、法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

(秘密漏示)
刑法第134条
医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁護人、公証人又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。

裁判官は、罰則は条文上はないものの、一応守秘義務はあります。(なお、国家公務員法でも守秘義務は定められていますが、これは一般職しか適用はなく、特別職にあたる裁判官には適用なし)

裁判所法
第七十五条 (評議の秘密)
第2項 評議は、裁判長が、これを開き、且つこれを整理する。その評議の経過並びに各裁判官の意見及びその多少の数については、この法律に特別の定がない限り、秘密を守らなければならない。

少し裁判官が特別扱いされているのは、の独立は憲法上要請されているからかもしれません...続きを読む

Q司法書士への報酬は

私の土地の 十分の一を長男に 十分の一を長女に

贈与して登記する場合の 司法書士への 報酬と

私の土地の 十分の二を 長男に 贈与して登記する場合の司法書士への

報酬とで 差は あるでしょうか。

Aベストアンサー

現在司法書士の報酬は定められた報酬の上限額以内であればいくらにしても良いこととなっているそうです。
つまり応談ということです。

質問の主旨とは異なりますが、もし相続税対策や贈与の控除内で持分を少しずつ分けていこうとされるなら、これは将来大変むつかしいことを発生させる要因になることがありますので書かせていただきます。

まず子供さんたちが未成年の場合・・権利の変動(登記を要する)がある場合には裁判所で特別代理人の選定が必要になります。

成人の場合・・たとえば嫁いだ長女さんの担保提供がなければ、長男さんは住宅ローンは組めません。また長女さんは長男さんの連帯保証人を求められる場合も発生します。お互いに連帯責任が生じるため家が建たないということもあります。

 次に相続発生の三年前まではさかのぼって贈与分が相続財産に加算されることはご存知でしょう。円満に相続分割できれば良いのですが、一物を複数が所有することのデメリットは計り知れません。

短い文面からでもこのような杞憂でないことをおもいました。

Qマンション管理組合、役員の守秘義務と個人情報について

マンション(1棟70戸)の自主管理組合です。規約は標準管理規約に準じています。
これまで会計事務を担当していた理事(会計担当理事ではない)が今年度で辞めることになったため、理事長は、賃貸の居住者である知人を雇用し、会計年度末の2月に会計事務を引継がせました。

これに対し私達組合員からは、「公募もせず、非組合員の知合いに直接話をもっていくのはおかしい」、「個人情報を扱う会計事務を非組合員にさせるのは不適切」、「規約どおりに会計担当理事が業務を行うべきではないか」などの声が上がり、理事長に申し入れを行いました。

しかし理事長は、「規約39条二を適用して雇用するもので、マンション管理士の意見も聞いており、賃貸居住者に会計事務をさせることは何ら問題ない」、また「会計担当理事は雇用する事務員の仕事を監督し、二重チェック体制で適切な業務に務めている」として取り合ってはもらえませんでした。
そして、2週間後に開かれる総会資料では、「会計担当事務員の雇用細則」が議題として提案されました。

そこで質問ですが、

①会計業務を行うため、区分所有者名簿や管理費の入金状況など、個人情報を非組合員である賃貸居住者に開示することになりますが、規約38条及び65条に抵触しないのでしょうか。

②もし抵触しない場合であっても、情報開示することへの組合員の同意は必要ないのでしょうか。

③会計担当理事が、会計事務員を監督するという名目だけで、規約41条二に則っていると言えるのでしょうか。(実際に会計事務にはノータッチで、本人は通帳も見たことがないと言っている)

以上、よろしくお願いいたします。

マンション(1棟70戸)の自主管理組合です。規約は標準管理規約に準じています。
これまで会計事務を担当していた理事(会計担当理事ではない)が今年度で辞めることになったため、理事長は、賃貸の居住者である知人を雇用し、会計年度末の2月に会計事務を引継がせました。

これに対し私達組合員からは、「公募もせず、非組合員の知合いに直接話をもっていくのはおかしい」、「個人情報を扱う会計事務を非組合員にさせるのは不適切」、「規約どおりに会計担当理事が業務を行うべきではないか」などの声が上...続きを読む

Aベストアンサー

この問題は 理事会なり 総会で決定すべきことです。
理事長が独断で職員を雇うことに対して反対なら 理事会なり総会で否決すれば済むことです。そして理事長の解任も。ただし、大多数の組合員が反対しないなら それはそれで止むを得ないことでしょう。
そのことと 守秘義務とかを結びつけるのは ちょっと無理があります。守秘義務なら 雇用契約なりで書けばよいことですから。
ところで 二週間後の総会に提案ということは 理事会は通ったのでしょう。理事会を通った案でも もちろん総会の場で否決することは可能ですが 現実的には賛同者が少ないかも

Q司法書士さんの報酬について

お世話になります。
司法書士さんの報酬について質問なんですが、
中古マンションを購入する場合、金額は3,500万円でローンなしだとすると所有権移転登記のみだと思うのですが(間違っていたらすみません)
この場合の司法書士さんの報酬はいくらぐらいになるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不動産屋ですので司法書士を使うことは多いですが、請求される金額は司法書士によって色々です。地域によっても違ったりします。
おっしゃる通り、仕事としては所有権移転だけですが、所有権移転の報酬だけ請求してくる人もいれば、所有権移転の報酬の他に、日当、立会料、交通費などたくさんの項目で請求してくる人もいます。登記事項証明書を取る手数料を請求してくる人もいます。また、我々のようなプロ相手の場合と一般の方を相手の場合とでは、請求の内容が違う人もいます。
安い時で数万円、高い人は10数万円というのを聞いた事もあります。(登録免許税は除いてです)
あまり回答になってませんが、長年この商売をやっていても司法書士の報酬についてはいまだによくわかりません。

Q守秘義務と告発義務

行政は違法な事柄を発見した場合は告発する義務があると思いますが、
裁判所などは守秘義務などにより例外があるのでしょうか?
最もほとんど守秘義務は(相当の理由=不法行為は例外事項)でしょうが、、。

Aベストアンサー

>行政は違法な事柄を発見した場合は告発する義務がある

所管行政についてはそうです。(金融庁が銀行を検査し、不正があれば
改善命令や告発をするなどなど)

しかし、内輪の告発はほとんどやりません。
自分たちは法律の外側の人間だと錯覚しています。
そういう人たちが年取って天下ってくるわけですから、大変です。

Q司法書士への報酬について

司法書士に対して不動産登記の報酬を支払いました。
請求書には

      登録税・印紙税等    報酬
所有権移転  262,200  25,000
消費税              1,250
源泉税              1,500
となっています。

仕訳は
支払手数料  26,250/現金286,950
租税公課  262,200/預り金1,500

支払手数料  288,450/現金286,950
              /預り金1,500
どちらが正しいのでしょうか

また
支払調書に記載する司法書士への報酬の金額は
26,250円か288,450円のどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

前者(租税公課の出てくるほう)の仕訳が正しいです。
登記印紙代の262,200円は司法書士への報酬ではなく法務局(国)に支払う手数料ですので司法書士への報酬額は26,250円です。

Q公務員の守秘義務違反の罪の時効期間とその起算点は

公務員の守秘義務違反の罪の時効期間とその起算点はいつか、お教えください。
起算点は、行為の時ですか、それとも発覚した時ですか?
発覚したのが行為のときから10年後だったら、どうなりますか?

Aベストアンサー

犯罪行為があったときから進行します。
厳密には、犯罪行為が終わった日からです。
犯罪行為が終わった日から3年で公訴時効です。

Q司法書士報酬について

過払い金請求の司法書士報酬について。実家が会社経営をしていて5年ほど前、資金繰りに困って3社の金融会社から150万ほど借りたそうです。無事完済しましたが、過払い金を請求できることを知り親戚に紹介された司法書士事務所に相談にいきました。すると180万ほど戻ってくることになり、とても喜んだのですが…

司法書士報酬として25万ほど差し引かれることになりました。もちろん司法書士さんがいなければ1円も戻ってこなかったし、私たち素人にはできないことをしてもらったので言われた通り払うつもりです。でも、そこのホームページの料金表には26,500~と記載されており、明確な金額も事前に言われなかったので25万と言われたときは驚いてしまいました。3社もあるし、金額的にも180万と高額なので妥当なのでしょうか?25万払ったとしても155万は戻ってくることですし、司法書士の方に不満をもっているわけではありません。むしろ感謝しています。ただ金額的にどうなのか聞いてみたいだけです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

26,500~というのは最低金額で
返還される金額によって20%程度の金額を支払うこことになっています
契約時に必ず説明されたか契約書に記載が有るはず
それが司法書士のもうけになります
弁護士でも同じ
報酬が歩合なのでがんばって仕事してくれる訳ですよ

Q守秘義務について

顧客へ代金の未払いの催促の電話をしたところ(当方の顧客は奥さんで旦那さんには内緒で購入をしました)電話口に旦那さんが出たので個人名を名乗り本人に代わってもらい話をしました、その際子機にて我々の会話を旦那さんが聞いていらしく(本当かどうかはわかりません)当方が守秘義務を破ったと言われ支払いを拒否されています。
電話をかける日に関してもあらかじめ聞いていた旦那さんがいないという日を狙ってかけました、しかも万が一旦那さんが出ても安心できるように女性がかけて、本人に代わってから私(男性)話をするなど配慮を行いました。2回ほど同じように電話をしたのですが1回目は「かけ直す」との言葉を信じすぐに切りました、その後連絡がないので2度目の電話で用件を伝えました。未払いの人に対し感情を押し殺して出来る限りの配慮で催促を行ったつもりでしたが当方の行為は守秘義務違反にあたるのでしょうか?どなたか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

第三者へ漏らしたわけでもなく、ましてあなたから相手のご主人が子機で会話を聞いてるなんてことが判る筈もありませんから、守秘義務に違反してるということはないでしょう。
元々未払いの状態ということは、あなたに難癖をつけ支払わないですむようにしようということでしょう。
小額訴訟を起こすなり、代金をまったく貰ってないなら詐欺で告訴するなりしたほうがいいんじゃないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報