若いとき、ほんの少し空手習っていたのですけど
今度、家でも子供たちを習い通わせる事にしました。(小1と幼稚園)
空手衣はネットで安く売ってた店を探し頼みました。
まだ習いはじめですが家に帰って練習出来る環境を作ってやりたく
どうしたら良いのかわかりません。
思いつくのは庭に杭を打ち付けロープ?でも 巻いてケリの練習、サンドバックは
高いけど 必要なのか、必要でないのか 又 買うとしたら どんなのが
雨にねれても大丈夫? キックミートは?とか なるべく お金をかけず
練習環境を整えたいです。又 最低減 毎日する練習とか 練習方法ありましたら
専門家の先生 教えてくださいませ
私の頃は道場に砂袋とかあった記憶がありますが 何分 子供ですから
小さい時からたたかせて良いのかとか わからない事ばかりです。
どうぞ アドバイスお願い致します.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大切なのは、叩く訓練より騎馬立ちか平足立ちで腰を入れて足から腰・肩そして肘から打つ方法が良いです。



永い目でみれば、それが良い訓練です。
ただ 地味ですけどね、3年はしなくてはいけません。

子でもに打たす練習はあなが座布団を折りその間だに漫画の本を挟み体に巻きつけて打たせしなれれば少し良ければ、良い訓練になります。
    • good
    • 1

巻き藁やバックは拳を堅くしたり、距離を練習したり、人体を打ったときの感触の練習に使っていましたが、それを多くすると拳の速度が遅くなるのであまりやりませんでした。

派手なのでマスコミではそこが紹介はされますが・・・・・。

特に子供は。
子供は筋肉を柔らかくして基礎体力を作っていくほうが宜しいでしょう。 
筋肉モリモリにすると、よほど柔らかくないと、骨の成長を阻害して背が伸びなくなる恐れが大です。 
日本人は欧米人・黒人などと違い、テンション民族といわれるほど筋肉が縮みやすいので、それに対する対策をしましょう。
    • good
    • 1

hirorin116さんの家が代々一子相伝の殺人拳を伝承している家系で命がけで強くしなきゃいけないとかでないならサンドバッグ等も子供のうちはやめた方がいいです。


子供のうちは骨が弱いので折れたり、変形したりしやすいです。
どこの空手道場も子供にサンドバッグを叩かせたりはしないですよ。基本の型の練習がほとんどです。最低でも中学になるまではサンドバッグは早すぎです。
ただ、ボクシングミットみたいなのを師範が持って子供に叩かせるということはありますのでそれを買われたらいかがでしょうか?
パンという音は叩いていて気持ちがいいものです。
筋肉トレーニングも小さいうちは過度にするのは禁物です。
体のためによくありませんし、
「空手=ツライ」というイメージを今持ってしまうとずつと根付いてしまいますから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね  ツライと思わせてしまうといけませんね
長く継続して行く事が大事と又体が出来て…まずは基本をしっかりとですね
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/05 20:58

すべてにはお答えできませんが、少なくとも



>庭に杭を打ち付けロープ?でも 巻いてケリの練習

これはやめましょう!キック力も付きませんし、足を痛めるだけです。
キックミットを持ってあげて、そこを蹴り込むという感触を身につけないと上達しません。
すねや正拳を鍛えるのは体が出来てからでいいと思います。
それまでは、柔らかく重いものをしっかりと体重を掛けて蹴り込む(突く)動作を教えましょう。

あとは、子供さんと一緒に「○○ごっこ」見たいな感じで、楽しく遊びながら組手をされると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても適切なお答えありがとうございます。
体重を掛けて蹴り込む(突く)動作を教えましょう。を心がけ教えてまいります。

お礼日時:2002/04/05 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供の空手上達法について

伝統空手を1年習っている8才の息子のことでお尋ねします。
今まで審査には2回合格していますが、
同じ道場の子供達の中で上達が
目立って遅れています。

試合でも最近、組み手でやっと1つ有効がとれたくらいで、形も見ていて重心が安定してません。

教えてくださる先生も、上達の早い子にどうしても
目が行きがちで、ちょっと肩身が狭いです。
伝統のある道場らしいのですが、
最近は思うように結果がでないということで、
先生も焦り気味で、試合前は練習もかなり増えるのですが、ついていけずに止めてしまう子もいます。

空手は嫌いではないようですが、練習が多いことで
息子もちょっと嫌気がさしているようです。

言われたことがすぐには身につかないというか
見て覚えるのは得意ではないようです。
センスがないのかな?

このまま続けていいのか、また続けるのであれば
親はどのように接すればいいのか困っています。

よい上達法、考え方、書籍などなんでもかまいませんので
ぜひアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

tikaさん、こんにちは! mikemike77さん、tikaさん、いい事いっていますよ.

>他の子と比べるのは、可愛そうですよ。空手は、一生できる武道。長い目で見てあげてください。

武道は他の人と比べる物じゃないんですね. 自分だけを磨く、と言う事なんですね. 自分の弱点を直し、自分を向上する事が武道なんですね. 自分を磨けば、必然と、強くなる. それだけなんです. 自分より強い人は必ず出てきます. 他の人と自分を比べていては、訓練する暇がなくなります. 指導員は、それを弟子のレベルによって、教え方を変えなくては、量産工場と同じ事になります. 

貴方のお子さんはただ単に、昨日のお子さんよりよくなればいいだけのことです. そして、明日は必ず今日よりよくなると自信を植え付けなくてはならないわけです. わざとか型とか言うんじゃありません. 自分、すべてです. だからこそ、武道は一生できるというのです.

でも、多くの日本の武道家は今ではそれを分かってくれていないように思われます. アメフトは若い時だけ、でもゴルフとかテニスは一生できる、言うレベルなんですね. (これ、tikaさんのことじゃないですよ)

自分を向上させるのが武道であるから、自分を向上させると言う事になるんですね. だから、一生、自分を向上しつづけられると言う事なのです.

tikaさんのように子供の時にはじめて、また始めたとの事. 2級ではあるけど、子供の時の経験を生かして、一生、自分を向上させようとなさっておられる. 帯をただつけるもの. 茶帯もつけるもの. 体が、頭なが風呂帯なら、つける帯は関係ないです. 残念ながら、空手には昇級テスト、昇段テストと言う物があり、それに受かるには、動き(わざと型)と知らないといけないと言う、矛盾があるんですね. tikaさんもいつか初段のテストを受けるわけですが、この回答から見て、テストとは、黒帯をつける「許可」をもらうための物に過ぎないと言う事は、充分、おわかりのようなので、安心しています.

mikemike77さんのお子さんも、テストに受かるための練習はなく、誰でも自分を向上することができ、自分を一生向上させるものだと言う事を、教えてやってください.

頑張る事によって、結果を産む事が出来、それに満足でき、又、駆動力として、工場を続ける精神を作る事なんですね.

武道とは、生まれてきた以上、最大限の生き方(人それぞれです)、つまり私たちがmeaningful life意味のある人生を置くための訓練方法に過ぎないわけです.

苦しくても頑張る、意味のある頑張りをする. また、意味のある人生を置く時に、たまには暴漢に襲われる事も無きにしも非ずです、意味のある人生を脅かす物はすべて取り除かなくてはなりません. だから、「名前のついた技や型から」受けを習い、突きを習い、蹴りを習うんですね. 人生の中で、いつこのような「技」が必要となることでしょう. でも、「精神的な暴漢」には毎日遭っています. 宿題が大変だ、テストがある、先生が嫌い、友達と喧嘩した、そして大人になって、上司とうまく出来ない、恋人と問題がある、などなどなど、数えたら、無限にこの「専制的暴漢」が私たちを襲ってきます.

それを受け、自分に勝てる自分を作る事が武道なんですね.

何か、取り留めのないことを書いてしまったようですが、空手をやるなら、空手で自分を壊さないようにお子さんを育ててください. 空手は心身ともに強くする物です. 意味のある頑張りをして下さい. そして、お子さんを大事に思う貴方の気持ちを尊敬しています.

tikaさん、こんにちは! mikemike77さん、tikaさん、いい事いっていますよ.

>他の子と比べるのは、可愛そうですよ。空手は、一生できる武道。長い目で見てあげてください。

武道は他の人と比べる物じゃないんですね. 自分だけを磨く、と言う事なんですね. 自分の弱点を直し、自分を向上する事が武道なんですね. 自分を磨けば、必然と、強くなる. それだけなんです. 自分より強い人は必ず出てきます. 他の人と自分を比べていては、訓練する暇がなくなります. 指導員は、それを弟子のレベルによって...続きを読む

Q自宅でサンドバッグ

サンドバッグを家で使いたいので購入を考えています。空手です。
大学でやっているだけなので使ったことは正直ありません。なのでサンドバッグの何たるかを知らないのですが

1、蹴っ飛ばすとどのくらいの衝撃が回りに伝わるのか。
2、スタンディングサンドバッグって本気で殴る蹴るしても本当に倒れないのか。重量は何キロくらいになるのか。
3、”2”が真である場合、スタンディングサンドバッグはかなり重いということになるが、ある程度の移動させることは可能か?
4、吊るすサンドバッグって何キロくらいあるのか。普通の家の天井に吊るして天井が抜けないか?
5、サンドバッグスタンドを使う場合、相当の衝撃が下の階に伝わるんじゃないか?

が疑問です。よろしくお願いします。
http://www.fightingroad.co.jp/pc/sandbag/item06.html とか
http://www.fightingroad.co.jp/pc/sandbag/item01.html の購入を思案中です。

Aベストアンサー

ご自宅は一軒家ですか?
そうであれば、ご家族が了解しているなら大丈夫だと思います。それでも、窓を閉め切るとかの工夫は必要でしょうね。

振動を気にされてますが、音もうるさいですよ。
振動は建物が別ならあまり気にしなくていいでしょうが、音は近所まで聞こえますからね。
スタンディングバッグは比較的音がしませんが、上から吊るタイプはかなり音がします。

空手家の方なら素手で叩くのかも知れませんが、レザー張りのバッグをレザーのパンチンググラブで叩くと、破裂音というか、バシッ!と大きい音がします。皮と皮が(点でなく)面でぶつかるので、打ちつけるときに音が出るんでしょうね。
逆に言えば、布地を間に挟むように工夫すると、音は小さく出来ますが。(素手で拍手する時と、手の間にタオルを挟んで拍手する時の違いみたいなもんです)

あと、鎖で吊ってるとその音もうるさいです。
ガシャガシャする音も、結構響くもんです。自分で紐に変えた方が良いかも知れません。

振動は、木造アパートなら相当響くと思います。
実際にアパートでやった事がないですけど、ジムで叩いてるときの感じからして、アパートの部屋で本気で叩いたら近所から苦情が出るのは必至かと。

また、家で吊る場合は車庫の鉄骨などに吊るか、もしくはスタンドでしょう。木造の梁に吊るのは止めたほうがいいと思います。家にダメージを与えますので、敵を倒す前に家が倒れる心配が出てきます。

集合住宅なら、サンドバッグはお勧めしません。
一軒家なら、条件付きで買ってもいいと思いますが、迷惑を最小限にする工夫は必要かと思います。

ただ、練習目的にもよるんですよね。

とにかく全力で叩いて「筋力アップ」&「ストレス解消」&「拳を固める」となると、ヘビーバッグを上から吊ってガンガンドツくわけですが、これを自宅でやるのは結構無理があります。

でも、バッグ打ちの意味ってそれだけじゃないです。

効かせる打撃、つまりリラックスした初動からスムーズにスピードを乗せていき、インパクトでグッと筋肉を締めて相手の体に効かせる技術を身に付けるには、バッグ打ちはいい練習になります。

こういう意味でサンドバッグを打つなら、別に全力100%で叩く必要はないです。
この「初動-加速-インパクト」のフィーリングを掴むためなら、ハーフパワーで叩いても練習になります。
絶対的な威力を求める練習ではなく、限られたエネルギーを最も有効に使えるように感覚を磨くためのものなので、全力の10%で打っても役に立ちますから。

その目的で使うのであれば、一人で持てないようなバカ重いバッグは要らないし、床が抜けるほど振動するような強打も必要ないですから、手ごろな価格の物であれば買ってみてもいいと思います。

ご自宅は一軒家ですか?
そうであれば、ご家族が了解しているなら大丈夫だと思います。それでも、窓を閉め切るとかの工夫は必要でしょうね。

振動を気にされてますが、音もうるさいですよ。
振動は建物が別ならあまり気にしなくていいでしょうが、音は近所まで聞こえますからね。
スタンディングバッグは比較的音がしませんが、上から吊るタイプはかなり音がします。

空手家の方なら素手で叩くのかも知れませんが、レザー張りのバッグをレザーのパンチンググラブで叩くと、破裂音というか、バシッ!と大...続きを読む

Q小学生の空手の練習

この春小4になる息子のことでご相談します。
2年ほど、月に2回空手を習っています。本人も楽しく習っているのですが、はっきり言って上達しません。審査を受けても思ったほど上がらず、本人もさびしいようです。
実は、とっても穏やかな子で(^^)、体育は苦手、ドッヂボールも逃げ回るタイプです。そのため、組み手(本当に殴ったりしない)をすると、へっぴり腰になります。
基本的に、どんな練習がいいのでしょう。家でできるものを教えてください。また、筋力が弱いと思います(ぽっちゃり型)が、小学生でも筋トレって必要でしょうか。
本人も私も、特に強くなりたいわけではありませんが、色帯にはなりたいようです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一応、実戦空手経験者です。
僕が通っていた道場にも何十人という子供達がいましたが、みんな楽しく和気あいあいと規律正しく稽古していましたよ。

子供のうちは楽しくマナーやモラルを教わるだけでもいいんじゃないでしょうか?(笑)
ただ、本人さんが上達したいのであれば、まずは柔軟性を身につけましょう。又割り180°で、おでこが床に付くぐらいの柔軟性は必要だと思います。
子供のうちはそれほどの筋力は必要ありません。うまく体重を掛けたり、思い通りの体さばきを身につけて、身体能力を伸ばすほうが重要です。
転んで顔面を打ってしまうとか、立ったまま靴下を履けないなどの最低限の身体能力がない場合、将来危険です。

ご自宅で何か練習されるのでしたら、簡単な運動でいいでしょう。器具などは必要ありません。
逆立ちしたり、腕立て伏せしたり、前回りしたり、ブリッジしたり・・・。
とにかく自分の体を思い通りに動かせればそれで十分です。でも実は一番難しいのですが・・・。

色帯になりたければ、ひとつひとつの動作にメリハリをつけて「キレ」を作りましょう!
音で言うと「ビシッ!」「バシッ!」「バッ!」って感じですね。
抽象的ですが、決まるとかっこいいですよ。
早く上達するといいですね。応援してあげてくださいね。

一応、実戦空手経験者です。
僕が通っていた道場にも何十人という子供達がいましたが、みんな楽しく和気あいあいと規律正しく稽古していましたよ。

子供のうちは楽しくマナーやモラルを教わるだけでもいいんじゃないでしょうか?(笑)
ただ、本人さんが上達したいのであれば、まずは柔軟性を身につけましょう。又割り180°で、おでこが床に付くぐらいの柔軟性は必要だと思います。
子供のうちはそれほどの筋力は必要ありません。うまく体重を掛けたり、思い通りの体さばきを身につけて、身体能力を伸ばすほ...続きを読む

Q空手の試合に勝つ為の上達(練習)方法

小学生の息子の事です。空手を5年以上習っていますが上達が遅く、それでも現在やっと2級までこれました。
けれど試合で今まで1度も勝った事がないのです。
習っている道場は形の練習がメインで組み手は寸止めです。防具をつけて実戦のような練習はありません。
他流派との交流試合では 試合慣れしている他流派にどうしても勝てません。
上段も上がりますし、パンチも重いのに実戦として活用できないのは見ていてはがゆいです。
家でミットに蹴りやパンチの練習はしていますが他にどのような練習をすれば試合で勝てるようになるでしょうか?

Aベストアンサー

う~ん。^^;実際に息子さんを見ていないので想像ですが・・・
伝統系ですよね?全空連のルールで他流との試合をしていると思います。
他流は実践的?此方は寸止め=型しかやらない?だから実践的ではないと思っていませんか?

競技は実践ではありません。ルールがありますしそのルールに基づいて裁定が下さられています。

補足で「試合の時にも寸止めの癖が出て1本を取れるほどの蹴りが出せないでいます」これは疑問です。一本を取れる蹴りとは「バランスがよく切れがあり効果がある」と判断した場合です。当然、寸前で止めて極めがある。と言う事です。

逆に止めずに当った蹴りは効果があると思いますか?相手が受けきった場合、引き足がなく取られた場合は反撃をされます。
漠然と出した蹴りは効果(ダメージ)が在ると判断しませんよね。これは寸止めではなく寸引きです。

この寸引きでポイントに繋がらないように感じます。寸止めと言っても当ります。当て過ぎない様にする事です。
当てないで寸前(胴衣一枚)極める(仮想ミートポイントを置く)事が難しいのです。

手の動きだけでは止められません。腰で突き、腰で引くから止められるのです。

これは小学生には難しいかも知れませんが体感的に得る方法は足先、拳先に集中する事です。漠然とミット打ちしても意味はありません。ミットは打撃を体感するものです。家でも練習していると言う事ですので同じ速さ、強さで当て切るのではなく。ミットが何センチ動く強さとしてミートポイントずらす練習で拳先や蹴り先に集中させましょう。
もう一つの練習がボクシングのシャドーに似た練習で“空突き”と言う練習あります。昔は蚊帳にしていたそうですが現代風にアレンジしてタオルをぶら下げてそれに突きをします。タオルに触れる程度で練習します。
それが出来るようになれば遠目の間合いから踏み込み同じように拳で当りを感じるようにします。
これは拳に集中する訓練です。当てないようにするのではなく深く当てなければ問題ないです。
空手は武道です。当って当たり前です。しかし試合は日頃の練習の成果を試す場であり、相手は自分を評価する人です。けして敵ではありません。怪我をさせないように気をつけるのが道です。
巻き藁の話が出ていますが小学生が遣るものでは在りません。それなりの発育状況に応じて打ち込み強さや強度を変え体に影響を与えない程度に年月を掛けて鍛錬するものです。
ご参考までに^^; 焦点がずれていたら御免なさい(__)

う~ん。^^;実際に息子さんを見ていないので想像ですが・・・
伝統系ですよね?全空連のルールで他流との試合をしていると思います。
他流は実践的?此方は寸止め=型しかやらない?だから実践的ではないと思っていませんか?

競技は実践ではありません。ルールがありますしそのルールに基づいて裁定が下さられています。

補足で「試合の時にも寸止めの癖が出て1本を取れるほどの蹴りが出せないでいます」これは疑問です。一本を取れる蹴りとは「バランスがよく切れがあり効果がある」と判断した場合です...続きを読む

Q子供の空手教室、流派が多すぎて選べません

幼児の子供を空手教室に通わせたいと思い、近隣の教室を探しましたが、通える範囲にあまりにも、多くの流派があり困ってしまいます。戦い方面ではなく(K1など)伝統的で海外でも通用するようなものを希望しています。
自分でも調べてみましたが、未知の分野でよくわかりません。実際に空手をしている方に教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4&5です。5は失礼な表現だったかな?とか思ったんですが甘い気持ちで子供を道場に通わせる親御さんが多いので正直な気持ちを書かせていただきました。

剣道をすすめたいわけではなく良い指導者につけば空手でも何の武道でもいいのです。ただ平均的に見て空手の指導者は人間的にどうか?と思える人が少なくありません(空手人としては残念なことですが)。これは空手が他の武道に比べ以上にケンカの強弱にこだわる体質があるからでしょう。例えば大会なら当然競技ですからルールがあります(反則になる部分を殴ってはいけない、とか)。ところが少なからぬ空手のセンセイは反則負けになった弟子に「真剣勝負ならお前が勝っていた」とか「こんな大会はまやかしだ」とか人格を歪めかねない励まし方をします。空手は柔道や剣道と違って統一されたルールがありません、また統一された基本もありません。
剣道が比較的子供に習わせるのが無難かな、とか思うのは
1)統一された基本、ルールがある
2)大きい声を日常的に出す(元気が出る子供になる)
3)柔道、空手のように直接的な身体のぶつかりあいを重視しないので僅かながら暴力肯定的な武道とは距離を置ける
4)平均的にみて柔道、空手よりは質の高い指導者が多い(最近は道場でだらしない態度をとることに抵抗のない空手家、柔道家が少なくない。剣道家でもいるかも知れませんが礼法(「面とれ」など)が統一されているせいかいくらかマシ)
5)モノを大切にする心が養われる(もっとも最近は剣道家でも防具をまたいだりするケースを見聞するのでこの点ではあまり期待できないかも)

といったところですね。回答#4でレスリングを推薦したのは

1)統一された基本、ルールがある
2)運動量が他の武道、格闘技に比べて激しいので体力づくりにはベスト
3)他の武道、格闘技に比べ左右の偏りがなく身体を鍛えられる
4)積極性が特に重視される
といったところです。
上述したようにどの道場でも最終的には流派や武道の種類より指導者の指導力と人格です。大流派だからすぐれているということはまったくありません。

#4&5です。5は失礼な表現だったかな?とか思ったんですが甘い気持ちで子供を道場に通わせる親御さんが多いので正直な気持ちを書かせていただきました。

剣道をすすめたいわけではなく良い指導者につけば空手でも何の武道でもいいのです。ただ平均的に見て空手の指導者は人間的にどうか?と思える人が少なくありません(空手人としては残念なことですが)。これは空手が他の武道に比べ以上にケンカの強弱にこだわる体質があるからでしょう。例えば大会なら当然競技ですからルールがあります(反則になる部...続きを読む

Q組手の間合いをつかむ練習

はじめまして。大体空手をはじめてから1年弱経つ者です。
最近有級なのに有段の人とたまに組手をやっています(寸止め)。当然負けます。負けるのは当然だと思うんですがいつも納得のいかない負け方をしてしまいます。自分で思う負ける理由は姿勢悪い、突きのスピード遅い、自分の間合いを取れないこれが最大の敗因だと思うんです。そこで何とか勝つために一時間ぐらい友達とこっそり練習しています。スピードをあげるには基礎練をみっちりすればいいと思うんですが間合いをつかむトレーニングと言うのがいまいち思い浮かびません。どうすればいいと思いますか?私はこんなことしてたよっていうようなアイデアあったら是非教えてください!

Aベストアンサー

高校時代、伝統空手をしておりました。関東大会上位常連高校です。

間合いについて
有段者同士の間合いは、自分が攻撃されても下がれば当たらない距離です。そのなかで、自分が攻撃したら届く距離までじわじわと近づいて行きます。お互いが大体同じくらいの距離で攻撃することが多く、お互いがカウンターのような形になります。

有段者が格下の相手と組み手をする場合、有段者側の間合いは少し近くなります。攻撃を誘って、相手が突いてくるところにカウンターを決めるパターンが多いのではないでしょうか。
なぜなら先生や先輩は、生徒や後輩の癖をよく知っていて、いつ突くか、また突く瞬間にどんな攻撃をするか判ります。

組み手に勝つ方法ですが
たまには、最初から下がってみてください。(道場内限定)
追いかけてきたら、カウンターを決めるのです。

強い人の間合いは、攻撃の踏み込み距離が長いので広くもなりますし、受けもうまいので近くすることも自由に出来ます。
私の場合、攻撃の踏み込みの距離を伸ばす方法は、ウエイトトレーニング(サーキットトレーニング)とジャンプ(跳び箱使用)と走り込み(坂道ダッシュ)の練習でした。

カウンターの練習は、多数の相手に並んでもらい、順番に百回以上攻撃してもらって、それをひたすら受けてカウンターを返すのです。
あいている時間は壁に向かって、踏み込んで突きの練習です。

それと伝統派の人間は、みんな上段蹴りや後ろ蹴りに弱かったと思います。
三角跳びの裏拳(ななめ前にカウンターで踏み込み、後ろから後頭部に裏拳)もよく入りました。
足払いからの裏拳もよく決まりました。

アドバイスは組み手に勝つ方法限定でが、技はいっぱいあるので研究してみてください。

高校時代、伝統空手をしておりました。関東大会上位常連高校です。

間合いについて
有段者同士の間合いは、自分が攻撃されても下がれば当たらない距離です。そのなかで、自分が攻撃したら届く距離までじわじわと近づいて行きます。お互いが大体同じくらいの距離で攻撃することが多く、お互いがカウンターのような形になります。

有段者が格下の相手と組み手をする場合、有段者側の間合いは少し近くなります。攻撃を誘って、相手が突いてくるところにカウンターを決めるパターンが多いのではないでしょうか...続きを読む

Q蹴りの練習はどうすればいいの?

極真空手をはじめて半年経ちますが、回し蹴りや上段蹴りが全然うまく出来なくて悩んでいます。開脚は毎日しているのですが・・・。キレイな蹴りや上段まで回る足など、普段どのようにトレーニングしたらいいか教えて下さい!押忍。

Aベストアンサー

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

開脚は体の横への股の広がりを助けるものですね。 腰を必ず前に向けての縦の開脚はしていますか? また、両足の角度が30・45・75度の開脚で胸が床までつくよう訓練していますか?

回し蹴りは足の位置で使う筋肉が変わってきます。 よって、結構複雑な動きを筋肉の内部でしているのです。

ある技ができないのを見てやるのが先輩、それでもわからなければ指導員がいるのです。 それでもわからなければ先生がいるのです。

文字でこつを習っても、けりの真髄である、正確さ、スピード、そして破壊力は出てきません。3段階のかたがたに見てもらって直すべきものです。 形だけきれいにするのではなく、空手のけりだからこそきれいに見える、副産物として、と言う事を知ってください。

ルールの中でのけりができれば良いと言うのであればそれで良いですが、実践的に、と言うのであれば、なぜ空手はけりを習うのか、と言う事を聞くなり考えてみてください。 ただたんに足も攻撃に使えるだけではもったいないのです。

けりをするときは一本足でたっていると言う事実が多くの弱点を自分に作り出す事なわけです。 軸足を払われたら試合で審判員がストップをかけるのとは違うのです。 それすなわち寝技になるわけです。 また、軸足を払われないようにするには、軸足でたっている時間を少なくするには、けった足がミスった場合とあたった場合の体勢の違いは雲泥の差があるけどどう対応したら良いのか、けるとき両手は有意義に防御・攻撃に使えるようになっているのか、それとも威力出すために使われてしまっているのか、腕を使わずに威力を出す方法は、腕が無意味に体から離れてしまう事に関しての反省は、足を捕まえられたらその有意義な対応は、つかまれないようにするには、これから回し蹴りをすると気づかれないようにするには、など、これだけでも100以上の疑問が浮かばなくてはもったいない「訓練の道具」でもあるのです。

と言ってもやはり訓練のコツは書いておきますね。

上段回し蹴りは確かに見栄えが良いですよね。 でも、練習は下段から徐々に正確さ、スピード、威力を保ちながら体を慣らしていくことが非常に大切になるわけです。ですから、あせらずに下段からじっくり自分のものにしていってください。 十分にウオームアップは必要ですが、実践ではその時間がないと言う事もしておく必要はあると思います。

なぜなら、ひざを砕くけり、腿の筋肉を使えなくするするけり、骨盤を壊すけり、わき腹を攻撃するけり、わき腹を保護した腕を折るけり、肩の関節を砕くけり、首の骨を折る・脱臼させるけり、そして頭部へのけり、すべて有意義な空手のけりなのです。 回し蹴りは横からくるのでそれが見えない相手もいるわけです。

上段蹴りだけできたのでは背の低い相手やダックする相手には頭上をかすめる無駄なけりとなります。 金的や内股を露骨にもむき出しにするだけになってしまいますね。

使える空手とはこういうものと私は信じますので今は必要以上と思われるかもしれなことを書いたかもしれませんがこれからの長い訓練を有意義なものとすることができると思いますので書かせてもらいました。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

開脚は体の横への股の広がりを助けるものですね。 腰を必ず前に向けての縦の開脚はしていますか? また、両足の角度が30・45・75度の開脚で胸が床までつくよう訓練していますか?

回し蹴りは足の位置で使う筋肉が変わってきます。 よって、結構複雑な動きを筋肉の内部でしているのです。

ある技ができないのを見てやるのが先輩、それでもわからなければ指導員がいるのです。 それでもわからなければ先生がいるのです。

文字でこつを習って...続きを読む

Q家での空手の練習

14歳の中三の男子です。
今年の9月から週3回、1時間半ほどの
空手の練習に通っています。
家でも練習がしたいのですが、
どういった練習をしたら
よいのでしょうか?

Aベストアンサー

Gです。 もう少し書かせてくださいね。

「練習」と言う言葉についてです。 そして、なぜ、「聞く」事が大切な事なのか、と言う2点についてです。

私の書き方が少し甘かった感じがします。

空手に限らずどんなものでも「練習」が伴ったものについて、皆さん「練習しなくてはならない」とおっしゃっていますね。 そのとおりなんです。 しかし半分正しいと言う事なんです。

なぜ、道場は練習の場所ではなく練習を家でも出来るように、と私は言ったと思いますか。 

我流と言う日本語の単語がありますね。 慣れる、と言う言葉も逆の意味で、癖がつく、と言う言い方もしますね。 

ここまで書けばお分かりだと思いますが、習うべき事を自分のものにするために練習するには、練習しなくてはならない事、と、どのようにして練習するべきか、と言う二つがなくては、練習をプラスに持っていくものにはならないと言う事なんです。

逆のことを言えば、何をどのように練習するかを知らなければ家でいくら練習しても、特に一生懸命したら、「悪い癖」がついてしまう、と言う事なのです。

これは良くゴルフをする人たちが必死になって「悪い癖」がつかないようにしていますね。 一度悪い癖がついたら中直らないからなんです。 特に初心者が悪い癖をつけると余計まずい事になります。 なぜ、初心者なんでしょうか。 それは、新しいことをどんどん覚えようとする姿勢とやる気があるからなんです。

つまり、練習の仕方を知らないで我流(部外者ー私を含めて、のアドバイスも含めて)でやるととんでもない事になってしまうのです。

武道の場合は特にそうなのです。 なぜでしょう。 それは、立ち方、打ち方、受け方、けり方、すべて名前のついた技は使うためにあるのではなく、「これらからもっと使えるものを習う」為の下準備のものだからなんです。

何でたち方なんて習うんでしょう。 それも実際にはとても使えない立ち方を。 その立ち方を一緒にして上げ受け、上段打ち、中段蹴り、などをしますね。 全く使い物にならないものですね。

使える技ではないから、なんです。 なぜこの事が日本で教えないようになったのか理解できません。 試合を見れば明らかですね。 誰が手刀を使っていますか、三戦立ちはどうですか?

しかし、これらを習わなくてはその先に進めないのです。 アルファベットを知らなければローマ字は出来ない、数字を習わなくては算数・数学が出来ません。 それらと同じなのです。

つまり、流派によって、立ち方ならその立ち方のどこを注意して習わなくてはならないのか、練習してその要点を自分のものにするべきなのか、ちゃんと決まっています。 それを教えるのが先生であり手助けするのが先輩なのです。

だから、あなたの弱点を知っている彼らがあなたのレベルであなたに何をどう家で練習したら良いのかを教えなくてはならないのです。 あなたがそれらを自分のものにしない限り彼らが次の事を教えられるはずはないのです。

筋トレも良いでしょう。 しかし、どの筋肉ですか、どれだけ必要なのですか。 それを教えられるのは師範であり先輩だ、と私は言うのです。 そうでなければ、結局、我流になり、自分を伸ばす事ができなくなってしまいます。 

自分が属する流派の先生に聞く琴がどれだけ重要であるのかお分かりでしょうか。 一瞬の恥ずかしさは先生の前で一言言いはじめる事で一瞬にして吹き飛んでしまいます。

もし、自分を一生使える最大限の実力を持たせる土台を作りたいのであれば、一瞬の恥ずかしさなんてなんでもありません。 私の道場では聞こうとしない弟子は聞くことを「練習」させます。

一撃必殺を教えるのが空手ですね。 その実力を生かすには人を殺す一撃必殺ではなく、実力を生かして攻撃してくる人も生かす一撃必殺なのです。 一撃必殺は生かすための実力、と言われるゆえんです。

それをただ一撃で人を殺せる実力、としか理解していないようでは、武道が泣きます。 先生や先輩がすぐにでも警察のお世話にならないのがおかしいくらいです。 刀を人前でとぎ、人前で拳銃を磨き弾をこめて人を撃つしぐさをするのと全く変わらない事だと思いませんか?

どうか、勇気を出してあなたを知っている先生の声の教えを受け取って家で正しい練習をしてください。 

ではまたの機会にお会いしましょう。

Gです。 もう少し書かせてくださいね。

「練習」と言う言葉についてです。 そして、なぜ、「聞く」事が大切な事なのか、と言う2点についてです。

私の書き方が少し甘かった感じがします。

空手に限らずどんなものでも「練習」が伴ったものについて、皆さん「練習しなくてはならない」とおっしゃっていますね。 そのとおりなんです。 しかし半分正しいと言う事なんです。

なぜ、道場は練習の場所ではなく練習を家でも出来るように、と私は言ったと思いますか。 

我流と言う日本語の単語があり...続きを読む

Qサンドバッグ所持者の方にお聞きします

今は小学校の柔剣道場で空手の練習しており、サンドバッグ練習はしてませんが、
ミット蹴り、ミット突きの練習はしてます。
仕事で稽古に行けないこともあり、吊り下げ式のサンドバッグの購入を考えてます。

今は実家ですが、一人暮らしの頃通っていた道場には、サンドバッグがあり突き、蹴りともしてました。
重量は解りませんが、大きさは180cmほど、10万円位の本格的なサンドバックでした。

安くて重くて、耐久力のあるサンドバッグを探していて、
イサミの、
ttp://www.isami.co.jp/Item/000016-1.asp?Lang=1
・布製サンドバック 160cm  約60kg ¥14,000
・布製サンドバック 180cm  約70kg ¥16,000

・サンドバック   160cm  約55kg ¥19,500
・サンドバック   180cm  約65kg ¥22,500
のどれかか、

ボディメーカーの、
ttp://www.bodymaker.jp/shopping/?DAI=MA&TYU=SB&NAM=
・サンドバッグR150  約45kg  ¥11,800
・サンドバッグR170  約55kg  ¥12,800
のどれかを考えています。ボディメーカーのは、重量が記載されてなかったのでメールをして聞きました。

イサミ、ボディメーカーのサンドバッグを使用している方は、蹴り心地、殴り心地、耐久力を教えて下さい。
また、お勧めのサンドバッグ、これは止めとけというサンドバッグがあれば教えて下さい。
吊るす場所は自宅の小さな工場を考えています。
予算は安い方が有難いですが、送料込みで3万円以内で収めたいです。

また、布製、合皮製、本皮製の違いについてわかる方がいれば教えて下さい。

身長171cm 体重84kgです。空手を10年ほどしています。宜しくお願いします。

今は小学校の柔剣道場で空手の練習しており、サンドバッグ練習はしてませんが、
ミット蹴り、ミット突きの練習はしてます。
仕事で稽古に行けないこともあり、吊り下げ式のサンドバッグの購入を考えてます。

今は実家ですが、一人暮らしの頃通っていた道場には、サンドバッグがあり突き、蹴りともしてました。
重量は解りませんが、大きさは180cmほど、10万円位の本格的なサンドバックでした。

安くて重くて、耐久力のあるサンドバッグを探していて、
イサミの、
ttp://www.isami.co.jp/Item/0000...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、はじめまして・・。
サンドバッグですが、うちの道場ではイサミ製を使用しています。
ok-aki11さんが言われているのと同じサンドバッグかは分かりませんが、使い心地はいいです・・。

イサミ製は悪いうわさを聞かないですが(実際に自分が使用している道具は、ほとんどがイサミ製です。不具合などは出たことがありません・・)
ボディメーカー・・。あまりいいうわさは聞きませんよ・・。
(実際にいくつかボディメーカーの製品を使ったことがありますが、一度使っただけで壊れてしまったり、買わなければよかった・・と、後悔したことも多いです・・)

うちの道場にもボディメーカー製のサンドバッグがひとつだけありますが、吊るされることはなく、総合の道場なので、パウンド用(寝技の顔面打撃用)になっています。

Q走る以外のスタミナ強化法

ボクシングする予定なのですが、

ランニング以外でスタミナを強化する

トレーニングはあるのでしょうか??

ロープスキッピングとランニングは結構しています。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4ラウンド程度です。

ところがボクシングにおいては日本ランカー程度でも6R、8R。
かつては世界戦などは15ラウンドという「異常な」長さの時間での試合をしていました。

これにはボクシングとキック&空手がそこに蹴りという攻撃があるかどうかが、もちろん最大の理由になるのですが、それ以外にも空手においてはグローブを使用していないなども理由になります。
(パンチにグローブを使用するかどうかだけで、その違いを詳しく説明すると、この回答欄ひとつを字数越えしてしまいます)

ボクシングとキック&空手にはパンチの打ち方や、ディフェンスまで多くの違いが生まれるのですが、それにともない先ほど話した、持久力の必要度合いも大きな違いを生みます。

極端な言い方をすれば、キック&空手に比較し、ボクシングでは純粋なパンチ力やテクニックの優劣よりも、持久力の方がウエイトが大きいと言っても過言でない側面があると、私は思っています。

パンチ力よりも持久力のウエイトが高いというのは、例えば試合前半の早いラウンドでの勢いのあるパンチでは倒れない選手が、後半のお互いフラフラになった状態のパンチでKOを生むなんて状況をみても分かると思います。

さて前置きが長くなってしまいましたが、そのような性質を持つボクシングにおいては、持久力をつけるランニングという訓練が極めて大きな重要性を持っています。

ただ勘違いしてはいけないのは、あくまでもボクシングの選手が必要としているのは「ボクシングにおける持久力」であって、それが決して「長距離選手の持久力」とは同じでないということです。

これは当たり前に思えるかもしれませんが、意外に両者の違いをはっきりと認識している人は少なかったりします。

以前私は、トライアスロンのトップ選手が・・・・あの「持久力の専門家」とでもいえるトライアスロンの日本トップクラスの選手がです!・・・テレビの企画で小学生たちの剣道合宿に参加し、一緒に剣道の素振りや切り返し(止まった竹刀を打ち込む動作)をしているうちに、あっと言う間にヘトヘトになってしまうという現実を見て、改めて「専門性」というものに驚いたことがあります。

ボクシングも同じことです。
ランニングやロープって言うのは、あくまでも持久力養成の「補助種目」であって、ボクシングにおける体力のメイン養成種目ではないと認識すべきです。

ボクシングの世界チャンピオンは、マラソンの金メダルは取れないのです。
そしてもっと大事なのは、マラソンの金メダリストはサンドバッグを3ラウンドも打てばヘトヘトになるということです。

そこでボクシングのスタミナ作りには、ランニングはもちろんですが、それに加えサンドバッグへの打ち込みを多くこなすべきです。
この思い物体への打ち込みという訓練は、パンチが「腕とコブシ」という物体を相手にぶつけるという動作であり、その腕とコブシがその軽い質量から、単に速く相手に当たるだけでは充分な打撃力を生まないという性質からも求められる必須トレーニングです。
※注1.蹴りは重さも筋力も大きいことから、有る程度足がスムーズに上がるというだけで充分な破壊力を生みますが、パンチは速く打てるだけでは足りないのです。
※注2.ただし空手のように素手でなく、グローブを使用することから、グローブの質量が加わり、空手ほどには「打ち込む」という要素は求められません

また実際に試合でのスタミナでは、ランニングのように同じペースでダラダラと長く動くという要素よりも、坂道ダッシュや階段ダッシュのようなメリハリのある動きの方が必要とされていると思います。

特にラウンド後半のラッシュなどには、ある程度ヘバった状態でのラッシュ必要となります。
そこで通常のサンドバッグ練習の後半20秒程度にラッシュをかけるとか、ランニング後半でのスピード走、坂道走などは重要です。

追記1.ランニングに比較してのスピード走の生む効果。
主にその減量効果の高さや、最大酸素摂取量の増大については「フィットネス&ダイエット」のカテに詳しい回答者が居ます。

追記2.これは少々余計なことかもしれませんが、質問者さんは回答者に一言でもお礼コメントをしたほうがいいです。
と言うのは、実は私は今まで何度かあなたの質問に回答できると思ったのですが、あなたのプロフィールを見て全然「お礼」が無いことから、あなたが質問投げっぱなしのいい加減な人だと推測して回答しないできました。
今回あなたがきちんとポイント出して閉めていると分かって(=真剣な気持ちと推測して)、それで回答する気になりました。
先日の「打たれ強いボディの作り方」などお教えしたいことが沢山あったのですが。

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報