ジ メチル トリ エチル ウンデカン ドデカン等の呼称は何語でどれが何番を示しているのか教えてください?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

rei00さんの回答がありますが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「単純な事柄に対する接頭辞の命名」

http://homepage1.nifty.com/nomenclator/text/subp …
(骨格から誘導される置換基)

ご参考まで。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/nomenclator/text/nume …
    • good
    • 0

 お書きのものには2種類のものが混ざっています。

ジ,トリ,ウンデカ,ドデカ等はギリシャ語の数詞で,次の様になります。

 1:モノ(mono),2:ジ(di),3:トリ(tri),4:テトラ(tetra),5:ペンタ(penta),6:ヘキサ(hexa),7:ヘプタ(hepta),8:オクタ(octa),9:ノナ(nona),10:デカ(deca),11:ウンデカ(undeca),12:ドデカ(dodeca)


 メチル,エチル,ウンデカン,ドデカン等は炭化水素の名前で,次の様になります。

 メタン(CH4)
 エタン(CH3CH3)
 プロパン(CH3CH2CH3)
 ブタン(CH3CH2CH2CH3)
 ペンタン(CH3CH2CH2CH2CH3)
 ヘキサン(CH3CH2CH2CH2CH2CH3)
 ヘプタン(CH3CH2CH2CH2CH2CH2CH3)
 オクタン(CH3CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH3)
 ノナン(CH3CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH3)
 デカン(CH3CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH3)
 ウンデカン(CH3CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH3)
 ドデカン(CH3CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH2CH3)
 ・・・・

 ここで,ヘプタン以降は炭素の数を元にして名付けられています。また,メチルやエチル等はこれら炭化水素から水素1個を取り除いて出きるアルキル基(例:メチル CH3,エチル CH3CH2)の名前です。
    • good
    • 1

まず、ギリシャ数詞のお勉強です。



モノ → 1
ジ → 2 
トリ → 3
テトラ → 4
ペンタ → 5
ヘキサ → 6
ヘプタ → 7
オクタ → 8
ノナ → 9
デカ → 10
ウンデカ → 11
ドデカ → 12
トリデカ → 13

エイコサ → 20

これで「ジ」と「トリ」は解決ですね。
これに“ン”をつけると炭化水素の名称になります。
(炭素数1~4は例外)

炭素数1(CH4) → メタン
炭素数2(C2H6) → エタン
炭素数3 → プロパン
炭素数4 → ブタン
炭素数5 → ペンタン
炭素数6 → ヘキサン
炭素数7 → ヘプタン
炭素数8 → オクタン
炭素数9 → ノナン
炭素数10 → デカン
炭素数11 → ウンデカン
炭素数12 → ドデカン
炭素数13 → トリデカン

炭素数20 → エイコサン

要するに物質の名前ですが、メタンガスとか…
これの末尾から“ン”をとって“(イ)ル”にすると
アルキル基の名称になります。

メチル(CH3-)
エチル(C2H5-)
プロピル
ブチル
ペンチル
…面倒なので以下略

メチル基とか
メチルアルコール(メタノール)とかいった使い方をしますね。

長くなって済みません(自分で書いてて嫌になった)、
こんな説明で良いでしょうか?
    • good
    • 0

ギリシャ語だったと思います。



ジ=2
トリ=3
テトラ=4
ペンタ=5
ヘキサ=6
ヘプタ=7
オクタ=8
ノナ=9(これだけローマらしい)
デカ=10

メチル、エチルはドイツ語で、確かアルキル基のことだったと思います。

ウンデカン・ドデカンはわかりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトリエチルアルミニウム溶液の廃棄法

 トリエチルアルミニウムのトルエン(濃度1mol/L)溶液を廃棄したいのですが、廃棄するにはどうしたらいいでしょうか?
 この場合、トルエン溶液なので、大量のメタノール等のアルコール(水だとトルエンに混ざらないため)に滴定、希釈し廃棄するといった方法でいいのでしょうか?
 水、アルコールと激しく反応し、しかも自然発火性とあるので、間違った廃棄法をしてはいけないと思い質問させていただきました。

 

Aベストアンサー

 1mol溶液は10%くらいなので、まあまあ簡単な分解方法で良いと思います。
 メタノールを微少量(0.3ccなど)づつ滴加し、滴加毎に良く攪拌、これを繰り返して後半は1回毎のメタノールを次第に多くしながら分解、更に希硫酸を入れて分解を完璧にしてからトルエン層は廃油瓶へ、水槽は大量の水道水で希釈廃棄しましょう。

Q■サリチル酸メチル(エチル)に関して■

サリチル酸メチル ( 比重1.184 )

または、

サリチル酸エチル ( 比重1.131 )


■上のどちらかのサリチル酸に 「混ざり合わず〝浮く〟液体」 を教えてください。


ドレッシングのように振っても…

すぐに分離…決して混ざらずに浮く…

そんな液体を。。。教えてください

お願いいたします


<m(__)m>

Aベストアンサー

水・・密度1.0です。
ちなみに溶解度は、0.07 g/100 ml(20℃)
 高校で定番の合成実験で水を加えて取り出したことを思い出しましょう。これとアセチルサリチル酸の合成は定番中の定番で経験がある人が多いかと。

QHPLCのリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製

 HPLCの緩衝溶液;リン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製法を教えてください。
 核酸関連の物質(ATP,ADP,AMP,IMPなど)をHPLCで分離させるために,島津の分析ガイドに掲載されている方法を用いています。その移動相なのですが,100mMリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)との記載です。
 とりあえず,考えつく方法で緩衝溶液を調製しました。リン酸溶液にトリエチルアミンを少しずつ加えてpH6.8に調整した後,リン酸濃度が100mMになるように定容しました。
 この緩衝溶液とアセトニトリルを100:1の割合でを用いて分離を行いましたが分離が上手くいきません。緩衝溶液以外の部分は設定を完全に合わせてあるので,緩衝溶液以外に原因が考えられません。
 ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

私も同じアプリケーションを使って分析していると思います。同じように迷いました。
そしてコールセンターに問い合わせ、得られた回答です。
リン酸6.8ml、トリエチルアミン20.9mlを1Lに定容するんだそうですよ。

Qメチルエチルケトンについて

いつも大変お世話になっております。
仕事でメチルエチルケトンを使い始めました。
メチルエチルケトンに絶対に混ぜていけない、化学薬品はあるのでしょうか?たとえば、これを混ぜると爆発する危険があるとか・・・
是非、メチルエチルケトンについての注意点をお教え下さい。どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

メチルエチルケトンはアセトンでは気にする必要の無かった「過酸化物」の生成がかなり問題です。
私の元居た研究室で過去自動酸化(酸素酸化)をメチルエチルケトン中で行い反応が暴走して卒研の学生さんが怪我をする「事故」がありました。これは完全に指導者の落ち度です。指導者はもみ消そうとして総スカンを食いました。
で、蒸留するときは必ず抗酸化剤(ヒドロキノンがお薦め)をごく少量入れて下さい。
また、古い開封後の瓶の物は捨て、常に新品を使用して下さい。
気になるようでしたらヨウ化カリウム水溶液にイソプロパノール(2-プロパノール)を加え、そこに少量のメチルエチルケトンを加え80℃でしばらく放置しヨウ素がの色が出ないことを確認して下さい。デンプン液を後から加えると色ははっきり見えます。

Qエチルメチルケトンの酸化数

有機化学初学者です。以下の問題で酸化数の考え方が分かりません。
分かる方がいらっしゃったらお願いします

問題
「1-ブチン(CH3CH2C≡CH)の酸性水溶液中に水銀(III)イオンを触媒として加えると、アルキンへの水の付加反応が起こり、エノールが生成して、これが異性化して最終的にケトンは得られる。
ここで、アルキンからケトンが生成する反応は酸化反応、還元反応、もしくはどちらでもないか説明しなさい。」

解答「酸化数は-1のままだから、酸化、還元どちらでもない」

そして、私の酸化数の考えは次のようにしました。

まず、1-ブチン(CH3CH2C≡CH)から、エチルメチルケトン(CH3CH2C=OCH3)が得られる。
Cは共有結合しているHから電子対を取り、酸素から取られたと考え、
Hの酸化数を+1、Oの二重結合の酸化数を-2とする。

1-ブチンのCの酸化数は1番目から(右から)-1、0、-2、-3、
エチルメチルケトンのCの酸化数は1番目から(右から)-3、+2、-2、-3と考えました。

どのように考えたら、解答のように酸化数が-1となるのでしょうか。
お願いします。

有機化学初学者です。以下の問題で酸化数の考え方が分かりません。
分かる方がいらっしゃったらお願いします

問題
「1-ブチン(CH3CH2C≡CH)の酸性水溶液中に水銀(III)イオンを触媒として加えると、アルキンへの水の付加反応が起こり、エノールが生成して、これが異性化して最終的にケトンは得られる。
ここで、アルキンからケトンが生成する反応は酸化反応、還元反応、もしくはどちらでもないか説明しなさい。」

解答「酸化数は-1のままだから、酸化、還元どちらでもない」

そして、私の酸化数の考えは次の...続きを読む

Aベストアンサー

CH₃CH₂C≡CH + H₂O → CH₃CH₂C=OCH₃
 全体として水が付加した訳だから酸化還元反応じゃない。

 酸素:電気陰性度は炭素より小さい
 水素:電気陰性度は炭素より大きい
よって、
 CH₃CH₂C≡CH + H₂O → CH₃CH₂C=OCH₃
 -3 -2 0 -1      -3 -2 +2 -1
同様に水素は
 +3 +2  +1     +3 +2   +3
酸素は
+)                -4
--------------------------------------
    0          0
と考えてもそうなる。
>1-ブチンのCの酸化数は
>エチルメチルケトンのCの酸化数は
 というのはおかしい。物質の酸化数は、全体の電荷で決まる。そうしないと酸化数の計算の前提『電荷を持たない化合物については、それを構成する各原子の酸化数の総和は 0 になる。( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%82%84%E5%85%83%E5%8F%8D%E5%BF%9C )』が崩れる。
 

CH₃CH₂C≡CH + H₂O → CH₃CH₂C=OCH₃
 全体として水が付加した訳だから酸化還元反応じゃない。

 酸素:電気陰性度は炭素より小さい
 水素:電気陰性度は炭素より大きい
よって、
 CH₃CH₂C≡CH + H₂O → CH₃CH₂C=OCH₃
 -3 -2 0 -1      -3 -2 +2 -1
同様に水素は
 +3 +2  +1     +3 +2   +3
酸素は
+)                -4
--------------------------------------
    0          0
と考えてもそうなる。
>1-ブチンのCの酸化数は
>エチルメチルケトンのCの酸化数...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報