現在のアフガニスタンについて何か教えてください。
ニュースや新聞から得ることが出来る情報も最近はワンパターンに
なってきているような気がします。
また1996年頃からのタリバン政権についても
何か知っていることがあれば教えてください。

現在のアメリカの同時多発テロの遺族の方々についても
なにか情報が欲しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

同時多発テロの遺族への賠償金が、最高5億円という高額になったそうです。


航空会社からの支払いではなく(乗客だけでなく地上の被害者の分も払うと、航空会社と保険会社が倒産してしまうそうです)、なんと税金から。
あまりの特別扱いに、さすがに国内でも物議をかもしているそうです。

一方アフガン空爆の際に、一般人が大勢誤爆で無くなりました。
こちらの賠償金は、一人あたり15万円くらいだそうです。

今回の戦争では、アメリカの偽善・横暴ぶりがいかんなく発揮されていますが、一体いつになったら止めるんでしょうね・・・。
タリバン政権からアフガニスタンを解放するという名目で始めた戦争ですが、結局アメリカが「第二のタリバン」であることに変わりはありません。
テロの撲滅を謳いながら、実は世界最大のテロリスト集団であるのが、アメリカ合衆国という国家です。

質問に対する回答になっていなくて申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

konkon0421さん、丁寧な回答ありがとうございます。
賠償金の違いについては、ただびっくりするばかりです。
本当に第二のタリバンは、アメリカかもしれませんね。

お礼日時:2002/04/05 22:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアフガニスタン戦争の本当の目的は、軍需産業が儲けるため、アメリカ軍の軍

アフガニスタン戦争の本当の目的は、軍需産業が儲けるため、アメリカ軍の軍事力を世界に見せ付けるため、アフガニスタンをアメリカに都合のいい国にするため、カスピ海周辺の石油をアフガニスタンにパイプラインを通して輸入したいなどだと思いますが、他に目的があると思いますか。

なお9・11テロはアメリカ支配層の自作自演だと思います。

Aベストアンサー

そう言えます。
要するにどこでも戦争が出来ればいいわけです。
アルカイダは言い訳です。

ベトナム以後に関わっている戦争は敢えて終息を
せずむしかえす下地を残して一旦手を引き再度
戦争を行っているのが現状です。

世界で一番のテロ国家が米国です。

Q何故いまごろロンドン同時多発テロ?

ロンドンで爆発物による同時多発テロが発生しました。
アルカイダによる犯行声明も出ているようです。
疑問なのは、何故いまごろになってテロをするのかということです。
イラク戦争のときイギリスはまっさきに賛成しました。
そのときイギリスはテロの標的になるなと思っていましたが、そういうことはありませんでした。
イラクでのほとぼりが冷めかかったこの時期にテロを行ったのは何故でしょうか?
これまでやろうと思ってもできなかったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>イラクでのほとぼりが冷めかかったこの時期にテロを行ったのは何故でしょうか?
>これまでやろうと思ってもできなかったのでしょうか?

1.UKは、USAの次にイラク攻撃に積極的だったから
2.この手の爆破は十分計画してからでないと実行できない。
  実行に1年かかるとして、今から1年前ならイラク戦争の
  ほとぼりは全くさめていませんよね。
3.G8のタイミングというのは、半分賛成半分反対。なぜなら、G8には
  イラクに同情的な国も多い(フランス、イタリア、ロシア、等)のに、
  その首相、大統領が集合しているすぐそばで爆弾事件だと、それらの
  国から指示がなくなる可能性もある
4.オリンピックのタイミングはちょっと違うと思う。
  2.で書いたように実行
  まで時間かかるので、1日前に決まったオリンピックのタイミングで
  行動は起こさない。

  また、UKに影響与えたいなら、オリンピック投票前に爆弾テロした
  方がよかった。(ロンドンは危険安全な他国(フランス)へと考えられ
  るから)

Qアフガニスタン政権とは??

2001年までアフガニスタンを掌握していた政権タリバンが存在していましたよね??日本とアフガニスタンの政権の違いがよく解らないのですが、タリバンというのは政治を行っているわけではないのでしょうか?
元は学生運動みたいなものから発展して生まれたと聞いたのですが、アフガニスタンの政権について教えてください・

Aベストアンサー

アフガニスタンに親ソ連政権を打倒するために、アメリカは、反政府組織に武器を支援し、親ソ連政権とソ連軍を撃退しましたが、その後各軍閥が割拠する事態となり、国土が大幅に荒廃します。
そのため、多数の難民が生じ、その大部分の人は、同一種族の住むパキスタンへ逃れました。

パキスタンへは、アラブ諸国(特にサウジアラビア)の援助で、イスラム神学校が多数設立され、そこで学ぶ者には、食料などを無料で配布しました。

サウジアラビアは、イスラム原理主義を信奉するワッハーブ派を国教とする国で、サウジアラビア支援の神学校では、ワッハーブ派の考えで、生徒を洗脳しました。
それらの神学校から生まれたのが、タリバンです。

タリバンは、預言者ムハンマドの時代を理想とし、それと異なる事をイスラムの堕落と考えます。
タリバンは、サジアラビアなどの支援を受け、アフガニスタンに侵攻し、アメリカからの軍事支援の無くなった軍閥を圧倒し、政権の座につきます。

タリバン支配下では、軍閥が一掃されたため、治安は回復しますが、極端なイスラム化政策が行われ、世界から孤立します。

女性は一切の仕事ができなくなり、夫が志望した女性は、極貧の極地に追いやられ、女性の教育、医療は、不要とされたり、タリバンの考えるイスラム法と少しでも違う考えは、徹底的に排除されます。
バーミヤンの遺跡なども、イスラムの考えに合わないとして、破壊しますし、人物の写真を持っているだけで、逮捕されるような事態になってしまいます。
それは、ワッハーブ派の本拠地であるサウジアラビア以上でした。

ワッハーブ派の考え方は、「ワッハーブ派の考えるイスラムに反する考え方は、武力を持って排除すべき」とします。
そのため、テロ組織タリバンと手を組む事になります。

アフガニスタンに親ソ連政権を打倒するために、アメリカは、反政府組織に武器を支援し、親ソ連政権とソ連軍を撃退しましたが、その後各軍閥が割拠する事態となり、国土が大幅に荒廃します。
そのため、多数の難民が生じ、その大部分の人は、同一種族の住むパキスタンへ逃れました。

パキスタンへは、アラブ諸国(特にサウジアラビア)の援助で、イスラム神学校が多数設立され、そこで学ぶ者には、食料などを無料で配布しました。

サウジアラビアは、イスラム原理主義を信奉するワッハーブ派を国教とする国...続きを読む

Q同時多発テロの現場

同時多発テロで遺族の方々が掲げた
メッセージボードやポスターなどに
書かれていた文章をご存じの方は教えてください。

Aベストアンサー

今、ちょっと、写真集をみてみましたが、特にメッセージというほどのものは、
ないですね。
 MISSINGとかかれた下に、名前、写真、身長、年齢など、かいてあります。
 
 あと、消防士のひとを、追悼しているコーナーには、WE LOVE OUR FIREFIGHTERS.と大きく書かれているボードの下に、たくさんのローソクがともされています。

 あと、埃まみれのまどに、指で書いたような感じで、
FIND MY FAMILY! FIREFIGHTERS
SON-NICK ROSSOMAND
SON-IN-LOW EDDIE D'ATRILT
COUSIN LOUIS MODAFFERI CAPT
FRIEND 解読不可、、
FROM SINY

こんなところです。最後のは、消防士一家ですね。
全く、痛ましいです。私も、崩壊後、NYに、行きましたが、
本当に、痛ましかったです。ツインタワーのない、マンハッタンは、
どこに,来たのかわかりません。物足りない、なんてもんじゃないです。

Qインド洋給油とアフガニスタン問題

新聞見てるとよく目にします ネットで色々調べていますがよくわかりません 質問したいのは 1、何故インド洋給油が始まったのか 2、アフガニスタン問題とインド洋給油の関連性 3、アフガニスタンは何をしたのか よくわからないので簡単にお願いします 

Aベストアンサー

1、何故インド洋給油が始まったのか
2001年。米国同時多発テロを発端とした「テロ対策」である。
日本は自衛隊を「戦闘員」として送ることができないので、燃料補給部隊として派遣することになった。

2、アフガニスタン問題とインド洋給油の関連性
アラビア海を中心としたインド洋での海上阻止行動は、武器・弾薬やテロリスト、資金源となる麻薬などの
海上輸送を阻止する行動である。

3、アフガニスタンは何をしたのか
アフガニスタンが何をしたのか。ではなく、アフガニスタンに何が起こったのか。という視点で調べてみるほう
が分かりやすいと思います。特に19世紀から20世紀初頭のアフガニスタン戦争は過酷な歴史ですので。。

自民党石破政調会長(元防衛相)の言ですが「自衛隊の洋上給油技術は世界でも数少ない高い技術力がある。
この活動は日本に最も合っていて、最も活躍でき、期待されているものである。インド洋とその周辺国の
治安維持は、中東にエネルギー資源を依存しているわが国にとって、大変重要なことなのです。」

他国の軍に守られているばかりでは、いけないと思うのです。
軍の兵士。特に若者が命を落としている。この犠牲の上にわれわれの生活は成り立っている事実を認識する
必要があると思うのです。

追記ですが、アフガニスタンへの民生支援とは、民間企業が人を出して支援する活動のことです。
岡田大臣、アフガン訪問中に近くでテロ攻撃が起こっているのを知りながら「民間人中心で」とよく言え
ると思います。彼等の命を他国の軍に守らせること前提で話を進めるっておかしいでしょ。
厚顔無恥を遥かに超えた考え方だと思います。

1、何故インド洋給油が始まったのか
2001年。米国同時多発テロを発端とした「テロ対策」である。
日本は自衛隊を「戦闘員」として送ることができないので、燃料補給部隊として派遣することになった。

2、アフガニスタン問題とインド洋給油の関連性
アラビア海を中心としたインド洋での海上阻止行動は、武器・弾薬やテロリスト、資金源となる麻薬などの
海上輸送を阻止する行動である。

3、アフガニスタンは何をしたのか
アフガニスタンが何をしたのか。ではなく、アフガニスタンに何が起こったの...続きを読む

Q9.11同時多発テロ アメリカに同情の余地なし

あの誇大広告じみた件から10年が経ちましたが、その後のアメリカの行動を考えますと、被害者への気持ちとは別問題として、まったくアメリカという国に共感できません。ビンラディンも殺したことですし、この件については静かにしておれば良いものを、何んにもない場所に無理矢理の仮想敵を作って、まだ、おふざけセレモニーをしています。親の代から続くブッシュの鬼畜ヅラも見飽きたことですし、この一件の本当の被害者と加害者をどなたか教えてください。

Aベストアンサー

確かにブッシュ親子政権(彼個人だけでなく)は際立って安易に武力行使をし過ぎました。
特に中東に対してです。
テロ(=亡霊?)との戦いを鼓舞しましたがアフガンへの軍事行使の際ベトナム化すると言う懸念も
あったと言う話を聞いています。そしてそれが現実になりました。
息子ブッシュは最後にイランへの軍事力行使を画策していたとさえ言われています。
オバマになってそれが収まるかと期待したのですがリビアの内紛も表向きはNATOですが裏で糸を
引いていたのはアメリカである事が明らかになりました。
もしかすると中東制圧(侵略)はアメリカの意思なのかとも思えます。
アメリカ経済の疲弊の大きな原因は外国への軍事行使だと思います。結果としてイスラムの憎悪が
増えました。そしてテロに怯えています。対テロ対策費は何も生み出さない経費です。
この経費が増加している雇用促進に回せたらと思うと残念な気がします。

Qアフガニスタンの国際人道支援

アフガニスタンでの復興支援は順調に進んでいるのでしょうか。
アフガニスタンでの復興支援の現状とこれからの展望、問題点など詳しく述べられているサイトをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

国連難民高等弁務官事務所のHPが良いのではないでしょうか?

参考URL:http://www.unhcr.or.jp/index.html

Qアメリカ同時多発テロとイスラム教の関係って?

イスラム教の歴史(内容)と、アメリカ同時多発テロを分かりやすく教えてください!!
あと、イスラム原理主義とイスラム教は違うんですか?(ビィンラビィン氏はイスラム原理主義なんですよね?)

Aベストアンサー

とてもじゃないけどここだけでは語れない、非常に込み入った問題です。
だからものすごく簡単に説明します。

かつて欧米化(=近代化)を目指した中東『諸国』ですが、産油国では実際は一部の王族・特権階級が支配している『オイル・マネー』の恩恵を一般庶民が受けることなく、貧富の差を激しくしただけのもの。
産油国以外ではその政策・構想の甘さからことごとく失敗しました。
オイル・マネーはその国の政治支配力=権力を高め、物質的には豊かになっても不自由なものとなる。
『欧米諸国の真似をすると貧富の差が激しくなる。だったらイスラム教の教えを忠実に守った社会のほうがいい』と考える人たちが多くなりました。
もともとこの考え方は1880年あたりからあるものですけど。

したがって近代化とは中東諸国の庶民層には嫌悪と侮蔑そのものなのです。
この王族・特権階級と仲がいいのは当然、その恩恵を受ける欧米諸国、中でもアメリカはその中心にいるわけです。

湾岸戦争当時、周りの中東諸国が米国の参入に反対したのは米国が守っているのはクウェートやサウジアラビアの国民ではなく、その特権階級層を守る為だと考えたからです。
現在、米軍はサウジに駐留し、なおかつイラクの制空権を制圧したままとなっています。
ビンラディンが、嫌悪と侮蔑の象徴・米国が『この地にいる限り戦う』との声明を出しているのはこの為です。

さらに、米国は『イスラムの聖地に入植してきた中東諸国の宿敵・イスラエルを支援する国』なのです。これはこれで庶民層には受け入れがたい事実なのです。

イスラム原理主義の根源とされているのは、かつてエジプトのナセル大統領時代に、誕生させるに一役買った『ムスリム同胞団』が、ナセル大統領が政教分離をうたった事から反発、大統領がこれを弾圧したことから始まったとされています。
厳格なイスラム教の戒律に基づく理想国家の設立を目指すのがイスラム原理主義です。

現在の中東諸国ではイスラムの教えから、『無抵抗な者への攻撃』は許されないこととして、WTCに旅客機を突っ込み、多数の人を犠牲にしたテロを非難してはいますが、庶民感情からは『また、金持ち階級にゴマをすりに来たアメリカ』とか、『明確な証拠も呈示せず、戦力的に見れば無抵抗に近いものへの攻撃をするアメリカ』と見られているため、反対運動も激しくなっているのです。

以上、簡単に説明しました。

とてもじゃないけどここだけでは語れない、非常に込み入った問題です。
だからものすごく簡単に説明します。

かつて欧米化(=近代化)を目指した中東『諸国』ですが、産油国では実際は一部の王族・特権階級が支配している『オイル・マネー』の恩恵を一般庶民が受けることなく、貧富の差を激しくしただけのもの。
産油国以外ではその政策・構想の甘さからことごとく失敗しました。
オイル・マネーはその国の政治支配力=権力を高め、物質的には豊かになっても不自由なものとなる。
『欧米諸国の真似をすると貧...続きを読む

Qアメリカや、ソ連が、アフガニスタンに拘る理由

報道ステーションで、米軍の爆撃と、タリバンとでやりあっていて、
難民が多いというのをやっていました。

アフガニスタン問題は根深いようで、1970年代ぐらいから?今までずっと内戦のようです。
アメリカや、ソ連が、アフガニスタンに拘る理由はなんですか?
アフガニスタンに平和は来る日はきますか?

歴史的にもゾロアスター教とか、イスラム教だとか、宗教対立が大きな原因な気もしますが。

また、世界遺産に登録2003年、でも、2001年にはタリバンによって破壊されていた。それならもっと前に登録すればと。

キリスト教やイスラム教にとって、ゾロアスター教は敵対するものなのですか?
何かゾロアスター教は日本にも影響を与えているようですが。

Aベストアンサー

アフガニスタンに関わらず、チベット、ウズベキスタンなどの中央アジアは
レアメタル、つまり希少価値の高い資源の宝庫なのです。
中国がチベットに拘る理由もそこにあります。

ヒマラヤの高地からも分かるようにあの辺りの地層は億単位で古いのです。
さすがに気の遠くなるような年月です。地下資源もゆっくりとした造山活動を受け豊富です。

今後は金など馴染みの高い資源も険しい山岳地帯や海底など
産出の難易度が上がるとされており、比較的採掘を行いやすい中央アジアの盆地は狙い目なのです。

過去の歴史ではゾロアスター教はユダヤ教と敵対しています。
ソロモン72柱の悪魔にゾロアスター教のバールが含まれていたりします。
これは紀元前のお話で、さすがに現代においてキリスト教とは敵対する代物ではありません。
現在のイスラム教とゾロアスター教の関係はよく分かりませんが、
布教地帯が重なっていますから寧ろこちらの方が深刻ではないかと。

平和というか貧困をなくすには基本的にインフラを整備しないとダメだと思います。
この間アフガンのトラック野郎という番組が放送されたのですが、
地方都市間の連絡手段がほどんどなく、険しい山岳地帯をトラックが走行しています。
こんな有り様では産業が発達する余地がないという感想を持ちました。

おそらく日本が進出して産業基盤を整えてやれば相当な平和になると思います。
現状は搾取をもくろむ欧米資本が牛耳っていますから混乱は続くでしょう。

アフガニスタンに関わらず、チベット、ウズベキスタンなどの中央アジアは
レアメタル、つまり希少価値の高い資源の宝庫なのです。
中国がチベットに拘る理由もそこにあります。

ヒマラヤの高地からも分かるようにあの辺りの地層は億単位で古いのです。
さすがに気の遠くなるような年月です。地下資源もゆっくりとした造山活動を受け豊富です。

今後は金など馴染みの高い資源も険しい山岳地帯や海底など
産出の難易度が上がるとされており、比較的採掘を行いやすい中央アジアの盆地は狙い目なのです。

...続きを読む

Qとある試験に「アメリカ同時多発テロ」が出ました。

とある試験を受験しました。
時事分野にて、「アメリカ同時多発テロにおいて、日本がアメリカと交わした約束事は何か。」という問題が出ました。
質問の書き方はもっと堅苦しい書き方だったように記憶しておりますが、
他の受験生4名に「上記の意味でしたよね?」と窺ったところ、そうだとの返答をいただいております。
ずばり、答えは何でしょうか。
インターネットにていろいろ調べてみたのですが、今のところ確認がとれておりません。
2次試験において、再度「時事分野」の出題がございます。
多発テロの背景が詳しく書かれているサイト等のご紹介も含め、質問のご回答をお願い致します。

Aベストアンサー

世界各国との協調によるテロ排除と、自衛隊を派遣しての後方支援活動でしょう。

テロに関連しては、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://world-reader.ne.jp/interview/yawata-010918.html

http://village.infoweb.ne.jp/~fwgj5057/sub.10000.2002.1.24.htm

http://www.opendunga.dyns.net/user/you/middleeast.htm

参考URL:http://tanakanews.com/980814bomb.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報