ふと思ったのですが、クローン人間が実際に出来るとして、その人の記憶までコピーできるのでしょうか。
 また同じような質問で物質転送装置(映画「ザ・フライ」のような)が出来たとしても、ある人間を転送させたときに記憶までも体と一緒に転送させることが可能でしょうか?
 可能だとしたら「記憶」というものはどうやって形作られているのか、教えて下さい。

A 回答 (3件)

クローンは遺伝子が同じというだけで記憶はコピーされないと思います。

たとえが違うかも知れませんが一卵性双生児は同じ遺伝子を持っていますがそれぞれ別の人格(別の記憶)です。

物質転送装置のほうは物理的構成が完璧に同じになるように転送されるということであれば転送先の人は転送前の人と同じ記憶を持っていると思います。

記憶は脳の神経細胞が相互に絡み合って電気的なネットワークを形成することでできているというようなことを聞いたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。最後の文なんですが、これが記憶のシステムだとすれば第三者が何らかの方法である人間に経験したことないことを記憶として植え付けることが可能ということでしょうか。(洗脳や暗示とは別に物理的にということで)

お礼日時:2002/04/05 21:19

>クローン人間が実際に出来るとして、


>その人の記憶までコピーできるのでしょうか。

できません。
クローンとは「歳の離れた双子のようなもの」と言われます。
同じ遺伝子情報を持って作られている肉体を持つ、というだけで、
記憶、性格などは同じものにはなりません。
しかも、年齢差があります。
たとえば、今、二十歳の人のクローンを作ろうとすると、
その人から遺伝子を取り出して、受精卵とします。
それを成長させていくわけですから、少なくとも20歳の年齢差が生じます。
ただ、クローンはいくつも作れますから、
同じ遺伝子情報を持った同じ年齢のクローンは作れます。


分かりやすい例(以前テレビで言っていました)
「ジョン・レノンのクローンを作っても、ビートルズは再結成できない。
 それどころか、歌手になるかどうかも分からない。
 それは、生まれてからの生活環境で決まるのだから」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。確かに同じ人間を作ったとしても、出来てからのすごし方で顔、体つきなんかも変わってくるんでしょうね。そうなると成長したことで体の構成は同じなのに、外見は全く別人て人間になるんでしょうか。まあ自分としてはあまりこいうことを研究してほしくはないと思いますね。人間が踏み込んではいけない領域だと思います。

お礼日時:2002/04/05 21:29

クローンについてですが、遺伝子は身体の設計図なので、それをコピーしても


我々が親の記憶を引き継いでいないのと同じく、クローンも記憶を引き継がないと思います。

変な例えですが、クローン人間は設計して完成されたばかりのパソコンの
ような物で、記憶できたりリアクションする為の回路は整っていますが
何もできません。記憶はそんなパソコンにソフトをインストールすると
いう感じに考えられると思います。

ちょっと違うかな・・(^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。なるほどな例えですね。ということはクローン人間は記憶がない、つまり生まれたての赤ちゃんのようなものなんですかね。となると他の質問でもありましたが、自分の臓器移植のため等に使われる正に「道具」となるんですね。そう考えるとクローン人間を作り出すということは自分としては許せないことですね。

お礼日時:2002/04/05 21:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私は大学で動物のクローン技術や遺伝子学、抗生物質を学びたいと思っていま

私は大学で動物のクローン技術や遺伝子学、抗生物質を学びたいと思っています。 
そのような分野を学べるのは、何学科になるんでしょうか、、、

教えてください!

Aベストアンサー

一応、大学の教員です。

>動物のクローン技術や遺伝子学、抗生物質を学びたい

気持ちはよくわかりますが、あまりにテーマの範囲が広く、かつそれぞれに関連性がないものもあります。
もうすこし具体的なやりたいことはないでしょうか?

また、大学の学部学科の名前は、「適当」につけられています。
名前と所属する教員の専門は必ずしも一致しませんし、
それぞれの教員がやっていることは、名前が示すことよりも狭い(専門性が高い)ことです。

質問者さんはおそらく、高校生以下の方と思います。
それならば、具体的にといっても難しいかと思いますが、
一度、どこでも良いので大学の先生の話を聞いてみることをお勧めします。
オープンキャンパスでも良いですし、
メールでアポを取れば結構、見学をさせてくれる教員もいるかと思います。

是非、大学の何学科とかいう単位でものを見るのではなく、
教員が何をしているのか、という単位で見てください。

今は研究室のホームページも充実していますので適当に大学のを見てみてもいいかと思います。

Qクローン×クローン

クローンで生み出された生体は、寿命が短いと聞きます。
では、クローン同士の生物間に生まれた生体も寿命が短かったりするのでしょうか?
私は、親の寿命よりはやや長く生きることができるのではないかと思いましたが、皆様の意見をお聞かせください!

Aベストアンサー

生物によって仕組みは違いますので、単純に比較は出来ません。ドリーのクローン技術と桜のクローン技術の仕組みも全く異なるものです。

寿命に限りのある我々動物は、DNAにテロメアという部分があり、細胞分裂のたびにこれが短くなっていきます。ある長さよりも短くなった時が寿命です。これは受精によってリセットされます。ですから、クローンの場合はリセットされずに生まれた時から短いテロメアを持つため、寿命が短いのです。

クローン×クローンの場合は、受精によってテロメアがリセットされますので、寿命は元に戻ります。

なお、例で挙げられているクラゲはクローンで殖えるわけではありません。発生の初期に個体が分裂する時期があるだけです。

Qアニメで見かけるクローン人間

よくアニメなどで、登場人物がクローン人間であることを告知されるシーンを見かけます。

自分がクローン人間だと知らされて自殺することが多いようですが、なぜなのでしょうか。
親となった個体の年齢を引継ぐなどの説もあるようですが、それを悲観しているのでしょうか。
実験的に作られたのが、興味本位に作られたように思ってしまうということでしょうか。

それから、エヴァンゲリオンが最初かと思うのですが「クローン人間は魂を持たない」などという設定もよくみかけますが、
何か学術的根拠があったり、そのような説を提唱した人がいるのでしょうか。

Aベストアンサー

やっぱ自分がクローンだって知らされたらショックだよなー。
って漠然と納得してましたが、この質問を読んで何がショックなんだろうと考えてみたら、
「作られた」感が強いことが問題なんじゃないか、と思いました。
クローンは人として、子として望まれて生まれたのではなく、何か使う目的があって作られた、という印象を持ちます。実際の事情は別として。
その辺が自殺に繋がるという設定なら納得できるかも。

魂に関してはその話の設定や思想に依るところが大きいでしょうが、
やはり自然や神ではなく「人の作りしもの」という意識が
「魂を持たない」ということに繋がるのでは。

Q化学物質が記憶に与える作用

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2053067
の質問において、「長期記憶の保持は、機能タンパク質の作用によりシナプス結合が長期増強されることによって行われる」(らしい)と言うことを理解しました。


臓器移植を行った際に、提供者の嗜好・性質(性格)・記憶がうつった等の事例をテレビで見たことがあります。

また、似たような話で、ある一定の学習(迷路上に置かれたエサの探索)を行ったプラナリアを細切れにして、別のプラナリアにエサとして与えたところ、一定の学習効果が見られたというコラムが、大学時代に読んだ教科書か参考書に記述されていました。


質問は以下です。
・移植もしくは化学物質の摂取で記憶を受け継ぐことができるか(できると思うか)。
・解明されてきたら、極端な話、「日本史サプリ」とか「英語サプリ」とかできるのか(できると思うか)。
・どこか(たしかオーストラリア)の部族で死者の脳を敬って食べる習慣があったが、
 実は経験・記憶を無駄にしない方法として、生物的・物理的に合理的なのか(だと思うか)。

アンケート的な質問ですが、専門性が高いので生物カテに質問しました。

よろしくお願いします。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2053067
の質問において、「長期記憶の保持は、機能タンパク質の作用によりシナプス結合が長期増強されることによって行われる」(らしい)と言うことを理解しました。


臓器移植を行った際に、提供者の嗜好・性質(性格)・記憶がうつった等の事例をテレビで見たことがあります。

また、似たような話で、ある一定の学習(迷路上に置かれたエサの探索)を行ったプラナリアを細切れにして、別のプラナリアにエサとして与えたところ、一定の学習効果が見られたというコ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
前回のご質問で長期記憶と機能タンパク質に就いて発言した者です。私の回答をお読み頂きありがとうございます。お招きに甘え、再びお邪魔します。

今回質問者さんが提示なさった問題は、全てできないと解釈して良いのではないかと思います。
前回の回答にも書きましたが、化学物質やタンパク質は、記憶を保持するための神経回路や細胞の「働きに作用するもの」であり、決して情報の因子ではありません。
では、情報の因子いうのは何かと言いますれば、それは神経細胞ひとつひとつの反応によって発生する「神経インパルス(電位信号)」であり「神経伝達物質の放出」ですよね。そして、その因子とは我々の体内では感覚器官を始めとする神経系自身が、その機能によって唯一獲得できるものです。つまり、目、耳、舌といった我々の感覚器官は、光、音、味など、身体内外で発生する物理的・化学的現象を神経信号に変換するためのものです。これにより、我々は初めてそれを情報として扱うことができるようになるわけです。例え内分泌ホルモンであろうとも、受容体がなければそれが信号として変換されることはありません。
従いまして、薬物や化学物質を投与したり、あるいは他の細胞や臓器を食物として摂取したとしましても、分解・吸収をして血肉・栄養にすることはできますが、消化吸収器官にはこれを信号に変換するという機能がありませんので、それが体内や脳内で記憶情報として再構成されるということは、まず間違ってもないと思います。つまり、新聞紙を食べても、それを読んだことにはならないということですね。

ちょっと調べましたら、プラナリアの実験は1960年頃に実際に発表されたものらしいですが、実は明らかな間違いだったそうです。
この学者さんは、記憶の因子とは化学物質であり、「記憶の薬」「頭を良くする薬」は作れるというノーベル賞級の主張をしました。ですがこの実験は、その後二度と追試によって再現されることがなく、この学説は間もなく完全に否定されてしまったそうです。元々実験の方法そのものも、結構いい加減なものだったようです。

>私が究極的に知りたかったことは、外部因子によって記憶を左右できるかということです。

これまでに申し上げました通り、その受容器官がない限り、薬物や化学物質の投与ではそれができないというのはご理解頂けるのではないかと思います。
ただ、薬物といいますならば、シナプス間に放出される伝達物質を受容するレセプターに作用して、その反応を変化させてしまうといった「作用剤(拮抗剤)」なるものが、現在では既に精神治療薬として使われています。ですが、それは神経の反応や思考・記憶などの作業に対して情報の伝わり方をコントロールするものであり、その作用剤を使って何らかの情報を外から送り込んでいるというわけではありません。何よりも、飲んだり注射したりといった薬物に何かの情報を書き込んやること事態がそもそも不可能に近いですよね。
では、情報を書き込むことのできない化学物質では無理ですが、元々情報を運ぶことのできる電気や電波であるならば、感覚器官やレセプターなどの「受容器官」を使わずに情報を送り込んだり、それを使ってテレビの映像や新聞の記事などを、我々の脳内で扱うことのできる信号に作り替えてやるということはできるのでしょうか。これに就きましては、近年たいへん画期的な実験が、確か日本でも成功しています。

神経系の傷害によって目の不自由な患者さんの視覚神経にバイパスを設け、そこに電気信号を神経インパルスに変換するためのチップを取り付けます。そして、このチップを通してテレビカメラの捉えた外の映像を脳内の視覚野に送り込んでうやろうというものです。実験の結果は、今まで全く何も見えなかった患者さんですが、おぼろげながら像が見えたというものだったそうで、同様の症例に対する新しい治療法としてたいへん注目されています。
つまり、電気信号を神経信号に変えて、その情報を脳に知覚させるという実験は、極めて初歩ではありますが何とか成功したということです。では、これを使って脳内に様々な情報を直接送り込むことができるというのでありますならば、我々の脳は、将来コンピューターとの接続も可能になるということです。更に、神経信号の変換機能を持つメモリー・チップを生体ディバイスとして生め込んでやるならば、あなたの脳は東大合格間違いなし、そして、アイテムとしてあれこれと交換が可能であるならば、私はこの世の全てに対してスペシャリストということになります。但し、これにはひとつ問題があります。

我々は、何か取るときには手を使い、歩くときは足を使えば良いということは誰でも知っています。ですが、では考えるときに何をどう使えば良いのかということをちゃんと知っているひとはいるでしょうか。ということになりますと、仮に超小型大容量・高性能の最新型メモリー・チップを脳内にバッチリ生め込んだとしましても、ではいざというとき、どうやってそれにアクセスしたら良いのか、一生懸命に意識を集中してはみますものの、そのやり方が皆目分からない??? ということになってしまう可能性があります。脳内では、いったい誰がどうやってそれを記憶として手繰り当てているのでしょうか。
これは、記憶というものが一塊の物理的状態を持っているとはいいますものの、果たしてそこにありさえすれば、それは記憶として扱ってもらえるかどうかという問題に発展してくると思います。では、外科手術による記憶の生体間移植というのは、いったいどのようなものなのでしょうか。

記憶というものが脳内で一塊の状態にあるというのは、そもそもは脳の障害によって言語や人名などといった特定の記憶が失われてしまった患者さんの症例に基づいて生まれたものです。そして現在では、解剖学的にも生理学的にも、それがほぼ証明されつつあります。そして、そこには回路を組み立てている細胞同士の結合やタンパク質の合成という物理的状態が保持されているわけなのですから、その部分をそっくりメスで切り出してやるということは、やりようによっては可能であるということになります。また、何処がどのような記憶であるのかといったことも、現在の、脳内の神経回路の反応分布をコンピューター解析する技術が更に進歩するならば、ある程度特定できるようになるかも知れません。
ですが、それを取り出して他の脳に移植するにしましても、いったい何処に縫い付けてやれば良いのでしょうか。元の脳と同じ場所であるならばベストのような気もしますが、そうなりますと今度は、いまそこにある組織は何処かにずらさなければなりません。そもそもそのひとの場合、その記憶回路の取り付け場所は、前のひとと同じところ、同じ向きで良いのでしょうか。これが、私が、果たしてそこに縫い付けて移植をしただけで、ひとつの記憶としてきちんと扱うことができるようになるかどうかと考える理由です。
更に、脳がそれを情報として検索するためのインディックスや、連想記憶や関連記憶というものはどうなるのか。そのひとにとってその記憶というのはいったいどのような意味を持つのか、他にも様々な問題が考えられますが、とてもひとつひとつ検討できるものではありませんので、やや中途半端で申し訳ないのですが、こちらはこれくらいにさせて頂きます。

このように、記憶の生体間移植というのはたいへん面倒なものですし、何よりも、考えるだけであまり気持ちの良いものではありません。ならば、そんなおどろおどろしい外科手術などしなくとも、もっとスマートな方法があります。
先ほど、現在の医学は電気信号を神経信号に変換するところまで漕ぎ付けたと申し上げました。ならばその後は、逆に神経信号を電気信号に変換することもできるようになるかも知れません。では、神経信号として脳内に想起された記憶情報を電気信号として取り出すことができるのでありますならば、外科手術などしなくとも、それを再び神経信号に変換して別のひとの脳に送り込んでやれば良いということになります。
但し、これにもひとつ重大な問題があります。それは、我々の記憶情報というのは、実際の体験に対してあれこれと加工が施されているだけではなく、その情報量が大幅に削減されているということです。
例えば、Aさんの頭の中にある生まれ故郷の風景という視覚記憶は、それがデジカメであるならば数百万画素の情報量に相当するはずなのですが、Aさんの脳内に収納されているのはそれぞれにの色や特徴といったパーツや組み合わせに整理・削減された、たいへん単純なものです。Aさんの脳は、また別な思い出や論理記憶を使ってそれを補っています。これを電気信号として取り出し、試しにディスプレーに映してみたとしましても、もしかしたら、それがまともな風景として再現されることはないのではないかと思います。
情報を送り込むということは、その先で本人用に加工されるということですから、これには全く問題はないのですが、それを取り出してもう一度使うということになりますと、このように話が全く違ってしまいます。そして、それを別なBさんの脳内に送り込んだとして、その知覚・認知の過程で更に情報が加工されてしまうとするならば、それはいったいどんなものになってしまうのでしょうか。記憶情報を信号でやり取りし、他人同士でも同じ体験をすることができるなんていうのは正に夢のような話ですよね。ですが、やはり、そう簡単にはゆかないようです。

取り止めのない説明になってしまいましたが、このように、幾つかの問題に就いて考えてみましても、確かに記憶というのは物理的形状というものを持つ部分もあるわけなんですが、やはり、ものを扱うようにというわけには中々ゆきません。どうしてかと言いますならば、それが生命現象であり、脳の構造や営みがたいへん複雑であることは申し上げるまでもありませんが、加えてそれは、記憶というものの因子は飽くまで物質ではなく、「情報」であるからということになるのだと思います。

こんにちは。
前回のご質問で長期記憶と機能タンパク質に就いて発言した者です。私の回答をお読み頂きありがとうございます。お招きに甘え、再びお邪魔します。

今回質問者さんが提示なさった問題は、全てできないと解釈して良いのではないかと思います。
前回の回答にも書きましたが、化学物質やタンパク質は、記憶を保持するための神経回路や細胞の「働きに作用するもの」であり、決して情報の因子ではありません。
では、情報の因子いうのは何かと言いますれば、それは神経細胞ひとつひとつの反応によっ...続きを読む

Qクローン人間の寿命について

ヒトの細胞は分裂する回数がきまっていて、分裂するたびに遺伝子の長さが短くなってゆき、ある程度まで短くなると分裂できなくなる(老化のメカニズム)、と言う話を聞いたような気がします。。。(←NHKの番組だったと思います)

この話が本当だとすると、ある程度分裂した細胞の遺伝子を使ったクローン人間は、普通の人間より老化するのが早いと思うのですがどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

少し聞いたことがありますが、クローン人間の寿命はそのDNAを採取した人の年齢からなので、その採取した人の残りの人生しか生きられないようです。

例えば、人間の寿命が60年として、30歳の人からDNAを採取してクローン人間を作ると、生まれてきたクローン人間はあと30年しか生きられないことになります。
そんなことがあるので、寿命が短いと言われているのではないかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報