建築基礎構造設計指針(2001)のP63の図4.5.1に補正N値と液状化抵抗比のグラフが載っています。本グラフの関数式をご存知ないでしょうか。エクセルで液状化判定表計算を作りたいのですが,補正N値と液状化抵抗比の関係式が不明なので作れません。あの文献に載っていたという情報でも結構です。
ご指導願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

参考にならないと思いますが、図4.5.1はP.72の参考文献4.5.3)から引用されているようですので、参考文献を取り寄せてはいかがでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご多忙のところ,貴重なアドバイスありがとうございます。
参考文献を取り寄せて検討致します。

お礼日時:2002/04/08 10:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人感センサーの仕組み構造を教えてください。

人感センサーの仕組み構造を教えてください。

Aベストアンサー

以下の2つの方式があります。
・焦電センサー
  人などが発する遠赤外線を検出する
   なので、全身黒尽くめにすると、反応しない場合がある。
  現在、主流の方式
・ドップラーセンサー
  電波を発射し、反射して帰ってくる電波は、
  反射した物体が動いている時は、周波数がずれるので、
  ズレによって、何か(主に人)が居ると検出する。
 大昔の自動ドアは、この方式が多かった。
 自動ドアに向かって歩いてくる(動いている)人を検出する。
  だから、一旦開いてもドアの前で、立ち止まって身動きしないとドアは閉まったままになる。
 同じ原理を使ったものが、警察のレーダー速度取締り装置。
 先の、周波数のズレは、動いているものの速度に比例するので速度がわかる。
 レーダー探知機は、コンビニなどの自動ドアにも反応してしまった。

Q温度上昇に伴う固定抵抗器の抵抗値変化

Q1 表示は「等比級数」でされるのでしょうか?
一般には、[○○ %/℃]で表現されるでしょうか。
もしそうであれば、変化率[1%/℃]のときの、0℃から100℃までの抵抗値変化は、
  1.01^99=2.68倍
となるでしょうか?
考え違いがあればご指摘ください。

Q2 ホーロー抵抗の温度係数を観測するため、6桁DMMを2台使い(1方は電流計、1方は電圧計として)、電流を増加させながら、抵抗器両端の電圧・電流(抵抗値と消費電力算定のため)と表面温度を測って行ったところ、温度上昇と共に抵抗値が下がることが確認されました。
ホーロー抵抗は負の温度係数を持つのでしょうか?

Q3 定格電力:100Wの70%で、定格温度:175℃に達してしまいました。
一般に、ホーロー抵抗器は(放熱器なしでは)、定格電力までの使用は出来ないものなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>-になる要因は何なのでしょうね?
全くの憶測ですが、抵抗線は固められているので、温度で長さ方向に伸びず、断面積方向に広がり、抵抗値が小さくなるのかもしれません。
固有の温度特性は+のはずですが、熱膨張も含めたらーもある、ということが考えられます。

Q耐震・免震・制震構造の仕組みを撮影したい

東京、又はその近辺で、耐震・免震・制震構造の仕組みを撮影したいのですが、どこか良いところはありますか。

Aベストアンサー

イベントならいかがでしょう?

メーカーさんのブースに行って撮影を許可してもらえれば大丈夫かと。

近いスケジュールなら「住まいの耐震博覧会2012」が東京ビッグサイトで2012年3月31日(土)・4月1日(日)東1~3ホールで開催されます。入場は無料。

ただ震災後で注目が集まっている時期ですから混雑はある程度覚悟がいるかも。撮影するにも手早く済ませないといけないかもしれませんね。実施されるかわかりませんが、メーカーによっては実演コーナーもあるようです。

参考URL:http://www.nicefair.com/index.html

Q適切な抵抗(抵抗値)の選び方

電池と抵抗と豆電球を繋いで、簡単な実験をしようと思っています。
このとき、どのくらいの抵抗値の抵抗を選定するのが適切なのでしょうか?
抵抗の抵抗値を決めるにあたってのポイントを教えて下さい。

基本的なことですみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電気は、電源から負荷を通って電源へ戻ってきます。
つまり、負荷で全てを消費する回路が適正であり、
 電源電圧 = 負荷電圧
となります。
負荷電圧は定格電圧が適正である為、ここでは豆電球の定格電圧とします。

豆電球には、幾つか規格があるようですが、
 1.5V - 0.3A
 2.5V - 0.5A
 3.8V - 0.5A
が一般的のようです。
これは、定格電圧1.5V掛けた時に、定格電流0.3Aが流れるという意味です。
その為、1.5Vの豆電球であれば乾電池も1.5Vなので、全てを適正に消費されるため、抵抗は必要ありません。
それ以外について説明いたします。

まず重要なのは、豆電球の定格電圧です。
2.5V-0.5Aのものを使用したとすると、乾電池は2本で3Vが最低電圧になります。
ここから、
 3 - 2.5 = 0.5 (V)
の電圧の差があるので、これを追加抵抗で消費してあげる必要があります。
電流は、豆電球の定格電流が流れる事を前提にしてあるので、追加抵抗は、
 E = I ・ R
より、
 R = E / I
  = 0.5 / 0.5
  = 1 (Ω)
と成ります。

その他のものを使用したとき、乾電池を増やした時も、同様です。

電気は、電源から負荷を通って電源へ戻ってきます。
つまり、負荷で全てを消費する回路が適正であり、
 電源電圧 = 負荷電圧
となります。
負荷電圧は定格電圧が適正である為、ここでは豆電球の定格電圧とします。

豆電球には、幾つか規格があるようですが、
 1.5V - 0.3A
 2.5V - 0.5A
 3.8V - 0.5A
が一般的のようです。
これは、定格電圧1.5V掛けた時に、定格電流0.3Aが流れるという意味です。
その為、1.5Vの豆電球であれば乾電池も1.5Vなので、全てを適正に消費されるため、抵抗は必要あ...続きを読む

QJR電車のエアサスペンションの構造と仕組み

JR電車のエアサスペンションの構造と仕組みを教えて下さい
JR新幹線や特急を除く電車のエアサスペンションはどの様な構造でどの様に動くのでしょうか
1.エアサスペンションはボディを水平に保つ様に動くのでしょうか
2.カーブでの横Gが発生した時の動作はどの様になるのでしょうか
3.横Gには効果は無いのでしょうか

Aベストアンサー

新幹線が主ですが通勤電車型も紹介しています。
高さ調整はありますが水平に保つのではないようです。
横Gについては分かりません。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~aaa81350/kaisetu/truck/truck.htm

Qこのコンデンサの容量と抵抗器の抵抗値って分かりますか?

http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20080823134704.jpg

ある装置に使われている回路の一部なのですが、
上記のOPアンプに対して繋がっているコンデンサの容量と抵抗器の抵抗値を教えて下さい。
一番下の抵抗器には360と書かれているので360Ωということなのでしょうか?
でもコンデンサは色だけでは判別することは出来ませんよね?

Aベストアンサー

抵抗の表記は、3桁表示の場合2桁の数字と指数1文字で表現されます。

この場合、360ですから
36x10^0 = 36x1 = 36Ω
となります。

この表記方法も含めてリンク先に記述があったはずなのですが・・・。
http://cba.sakura.ne.jp/sub05/J_C5201.htm

Qプリンターの仕組みや構造を解説してるサイトを教えて

会社で使用してるプリンターがときどき紙詰まりなどを起こします。周りの人がいつも直そうとするんですけど、私から見ると、よくわからずにとりあえずいろいろいじってるような気がします。できれば仕組みを理解してきちんと直せるようになりたいので、プリンター(会社で使うような大きいやつにも通用するような)の仕組みや構造を解説しているサイトを教えてください。(探したのですがなかなかよいサイトが見つからなかったので質問しました。)

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

まず、取説を良く見ることです。
ユーザーレベルで対応できることは全て書かれているはずで、そこに書かれていないことは、してはいけないことなのです。
また、機種によって原理は一緒でも構造が異なり、安直に構造を説明できないという事情もあります。

「会社で使用してるプリンター・・・」「よくわからずにとりあえずいろいろいじってるような・・・」ということで大きな複合機を想像しましたが、こういった機械の場合は保守契約に入っているケースもありますので、サービスマンが来たときにレクチャーしてもらうのもいいでしょう。


普通のインクジェットプリンタとか、デスクトップに乗る程度のレーザープリンタでは、質問のような悩みも少ないとは思います。

いずれにしても、取説を読み直すのは重要です。

Q比抵抗について

以前こちらで比抵抗の測定方法について質問させていただき、常温から1000℃までの比抵抗測定を開始しました。
そこで質問なのですが、純Niのような不純物の少ないものは低温では非常に低く高温になると5倍以上になるのに、Ni合金でNi含有量が低いものでは低温でも比抵抗が高く、高温でもあまり高くなりませんでした。
この比抵抗の上昇の仕方の違いの原因を教えてください

Aベストアンサー

電気抵抗は、系が乱れていれば乱れているほど大きくなります。金属の場合、乱れの原因は主に二つあって、1つは不純物の存在、2つめは熱による結晶格子の振動です。このうち不純物による効果はほとんど温度変化しませんが、格子の振動は温度とともに大きくなります。つまり、温度とともに抵抗が大きくなるわけです。

純粋なものでは不純物の影響が小さいので、ある温度とある温度の比抵抗の比が大きくなりますが、不純なものでは、不純物の影響分だけ「下駄」をはきますので、比抵抗の比は小さくなります。このような比抵抗の比は金属の純度の指標として用いられることがあります。

極端に不純な場合を除けば、比抵抗の「比」ではなく「差」はあまり変わらないはずです。

Q映写機の構造と仕組みを教えて

簡単なようで簡単ではないような構造ですね。フイルムが止まっている瞬間だけシャッターを開き、フイルムが移動中に閉じる仕組みが良く理解できません。説明図面付きのサイトを教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

これでわかりますかね。
カムの部分が分かりにくいですが。
ピンがフイルムの穴に対して楕円(長方形)に近い運動をしてフイルムを引き下げます。
ピンの描く面とフイルムは直角です。
昔映写機を扱っていた頃の淡い記憶ですが。

参考URL:http://www.narishi.com/~nari-hrt/syumi/teresine/kam-kaiten.html

Q半導体の比抵抗

半導体の比抵抗が○○Ωcmとありますが,順方向と逆方向で電流の流れやすさは格段に違うと思うのですが,どちらの抵抗値なのでしょうか?それともどちらでもないのでしょうか?逆に,順方向の時の電気抵抗とは金属のそれに近い状態と考えてよいのでしょうか?どの程度抵抗があるのか知りたいのです.ご存知の方お教え頂ければと思います.

Aベストアンサー

回答になっているか自信はありませんが。。。

半導体飼料に流れる電流Iは、
I=q・n・vd・A
=q・n・μn・(V/L)・A ・・・(1)

q:電子の電荷量
n:電子濃度
vd:平均ドリフト速度
A:飼料の断面積
L:飼料の長さ
V:飼料にかかる印加電圧
μn:電子の移動度

ある飼料の抵抗を求める式は、
R=ρ(L/A) ・・・(2)

(1)式と(2)式を比較すると、n型半導体の抵抗率は、
ρ=1/(q・n・μn)

p型半導体の抵抗率は、pを正孔濃度、μpを正孔の移動度とすれば、
ρ=1/(q・p・μp)

したがって、2つのキャリアで抵抗率を考えると、
ρ=1/(q(n・μn+p・μp)

で表されます。

>ある比抵抗RのP型Siを比抵抗rのN型SiとPN接合した場合,順方向の抵抗はどのように表されますでしょうか?

こちらのご質問は、動抵抗を求めることぐらいしか分かりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報