個人的にホームページをつくりたいのですが、画像の容量はどれくらい
が適当なのかわかりません。 最近はADSLなど普及しているので、軽さ
とかそれほど気にしないものなのかもしれないのですが、できればアナログ
回線使用者のことも考慮したいと思います。

どなたか教えてください!! よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



最近はADSLをしている人のことしか考えてないような「激重っ」なサイトが増えてきてますよね(^^;

まだまだアナログの人のほうが多いと思います。だってADSLができるかどうか、って地域によりますから……(以上ド田舎からのやっかみ)。

で、画像の容量ですが、あなたのサイトが「イラスト」や「写真」を展示して見せるサイトであるなら、その見せる画像1枚あたりは最高でも100KB以下がいいと思います。
できれば30~40KBくらいが、割とすぐに表示できる範囲だと思います。
で、ADSLの人や読みこみが長くかかってもいいって人向けに、大きい画像を置いたページも作ったり。

画像展示系のサイトでない場合も、1ページの容量は20から40くらいがいいのではないでしょうか。

参考になれば幸いです。では~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、ご親切に回答をいただきましてありがとうございました!!
画像の容量の目安はとっても参考になりました☆
さっそく、みなさんのご意見を参考に制作したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/08 09:26

電話回線から接続している方へとADSLなどから接続している方へと別々に作ってみてはどうですか?


(それぞれで画像のサイズを変えて)
TOPページからそれぞれへリンクしておけば、どちらの方も満足だと思いますが。
    • good
    • 0

こんにちは。


画像の容量は軽ければ軽いほどいいと思います。
画像にもよりけりで、色数がすくない(例えばロゴ)ものは、GIFで色数を減らして保存。
写真のような色数の多い物はjpegで圧縮するのがきれいです。
私の場合、jpeg圧縮は40%位が基準で、それで汚いものは50%、60%と
徐々にあげてます。
ソフトでいえば、FireworksとPhotoshop 6の「WEB用に保存」がきれいに
かつ、軽く書き出せると思います。

画像の圧縮については、ホームページ制作ページにも例付きで載っています
ので、みてはいかがでしょうか。

参考URL:http://tohoho.wakusei.ne.jp/wwwimage.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動詞一覧・目的語一覧・補語一覧みたいな英語の詞・語ごとにずらーと並んだ

動詞一覧・目的語一覧・補語一覧みたいな英語の詞・語ごとにずらーと並んだサイトってないですか?

Aベストアンサー

動詞はともかく「目的語」とは「補語」というのは文における働きなので, そんな一覧を求めることがそもそも全く無意味.

Qホームページデザインテンプレート配布サイトの普及

ホームページデザインテンプレート配布サイトの普及

ここ数年、Webサイト用のテンプレ屋さんがずいぶん増えたと感じています。
10年前くらいから、Web素材屋さんがおまけとしてCSSの小技を載せたり、CGI用スキンを配布したり、ということはよくありましたが、最近はテンプレ配布がメインコンテンツであるサイトも珍しくありません。

何故、ここまでテンプレ配布サイトが普及したのでしょうか?その背景は?
HTMLやCSSのソースを知識として共有すべきだという価値観が広まったため?
(でも、カスタマイズ自由なのに著作権を放棄しないテンプレ配布サイトも多く、若干矛盾を感じるのですが…)
特に個人サイトの場合、自分でデザインを考えず、テンプレ屋さんに頼ることは今では当たり前?
ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

>HTMLやCSSのソースを知識として共有すべきだという価値観が広まったため?
 やっとウェブが何かが知られるようになった。
よいウェブページを書こうとする人のためのヒント ( http://www.sal.tohoku.ac.jp/~gothit/webauthoring2.html )

そして、
オープンソース - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9#.E6.A7.98.E3.80.85.E3.81.AA.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.82.BB.E3.83.B3.E3.82.B9 )

フリーソフトウェア - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2 )
 が、有効だと認識されるようになった。

>カスタマイズ自由なのに著作権を放棄しない
 これは自由のためには必要なのです。詳しくは資料を・・
 それを囲い込んで、まあ特許を申請して、・・・フリー(無償という意味ではなく自由という意味)であることが侵害されたら困るということです。

 

>HTMLやCSSのソースを知識として共有すべきだという価値観が広まったため?
 やっとウェブが何かが知られるようになった。
よいウェブページを書こうとする人のためのヒント ( http://www.sal.tohoku.ac.jp/~gothit/webauthoring2.html )

そして、
オープンソース - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9#.E6.A7.98.E3.80.85.E3.81.AA.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.82.BB.E3.83.B3.E3.82.B9 )

フリーソフトウェア - Wikipedia ( http...続きを読む

Q新着順や新着順一覧を英語で書くと??

英語で新着順ってなんて書きますか?
HPに写真を載せていて
写真を新着順一覧に表示するスペースの名前を英語にすると、なんて書けばいいんでしょうか?
新着順や新着順一覧…という感じでお願いします。

Aベストアンサー

Sort by Date (日付順)というリンクが多いですね。

順番の切り替えに latest to earliest (最新から最古へ) とその逆を書いてある場合や、上向き三角▲と下向き三角▼のボタンを使っているところもあります。

到着というのをわざわざ盛り込んでいるところは少ないですが、長くても良いならば、Sort by Date arrived か Sort by Arrival Date とも書けます。

今回に写真という語も入れようとすると、Photos sorted by date (latest to earliest) のようになって見た目は冗長になってしまいます。

Q1ページ当たりの適当なバイト数について

適当なカテゴリがわからなかったので、こちらで質問させていただきます。

長編小説をwebに上げたいのですが、それがwordファイルで250KB程あります。
かなりの長さで、1ページに収めるとスクロールバーがとても細かいことになりそうです。
これは何ページかに分けた方がいいのでしょうか?
詳しいことはよくわからないのですが、読み込みが重くなるなどの不具合があるように思いました。
また一般的に、HTMLファイル1つは何バイト程、といった数字はあるのでしょうか。こんな重さだと重すぎる、といったことなど。

まだまだ初心者で知識が乏しいので、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ファイルの大きさと言う点では、大きくても小さくても、
あまり気にしなくてもいいと思います。

考えるべき点は、読者の読みやすさ、使いやすさでしょう。

1ページがとても長いと、
人間がそれを一気に読まなかった場合、
「しおり」の機能がないと、
続きを読むのに「どこだっけ?」と苦労します。
読者が自由にはさめる「しおり」を用意するのは大変ですが、
章、節、段落、などのどのレベルかで、
目次を付ける事は、比較的簡単です。
これにしても、1ページにも、複数ページに分割にも、
方法はいろいろあります。
が、今回はそのご質問ではないので答えず。

スクロールバーが細かくなったとしても、
人間がマウスやキーボードでなんとかしていると思うので、
操作に問題はないと思います。
ただ、小さなバーを見た時に、
「長!」と思ったら読まなくなる人っていると思いますが、
そこはそれ、長編小説だとわかっているので、
問題ないでしょう。

仮に1ページがとても長くても、
一度読み込んでいて、ページが更新されていなくて、
パソコンに一時保存されている場所に残っていれば、
読み込みをしませんので、心配いりません。
むしろ中途半端に区切っていて、
人間が文章を読む速さと、
パソコンが読み込む速さのバランスがよくないと、
微妙な感じがしてきます。
「ここで一服」とコーヒーでも飲んで待てばいいですが。

私が思うに、と言うか、私の好みで言うと、
そうですねえ、1ページ200文字程度で、
スクロールさせず(ブラウザのウインドウの大きさによるけど)、
前ページ、次ページのリンクかボタンでページを変えれて、
これはマウスを動かさなくてもいいように、
多少文章の長さがページによって異なっても、
常に同じ位置に表示されていれば、いいかなと思う。

「青空文庫」と言うサイトがあります。
http://www.aozora.gr.jp/
この中から私のお気に入りの作家の作品をひとつあげてみましょう。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/760_14940.html
1ページ型のいいサンプルだと思います。
こんな風に見えるのって、どうですか。
読みやすいですか、読み込みは遅かったですか。
文章って、長いようで、こうしてみるとそうでもなかったりします。
原稿用紙だと何枚もあって、
多いなと言う気がする(長いスクロールバー)けど、
実際に読んでみると、そんなに長くなかったりします。
と言っても、作品にのめりこんで夢中で読めればですが。
これはHTML版で、サイズは「213544」となってます。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/card760.html

ファイルの大きさと言う点では、大きくても小さくても、
あまり気にしなくてもいいと思います。

考えるべき点は、読者の読みやすさ、使いやすさでしょう。

1ページがとても長いと、
人間がそれを一気に読まなかった場合、
「しおり」の機能がないと、
続きを読むのに「どこだっけ?」と苦労します。
読者が自由にはさめる「しおり」を用意するのは大変ですが、
章、節、段落、などのどのレベルかで、
目次を付ける事は、比較的簡単です。
これにしても、1ページにも、複数ページに分割にも、
方...続きを読む

QWindows7でプログラム一覧が英語表示される

Windows7でプログラム一覧が英語表示される

Windows7 Professionalを使っています。
最近気がついたのですが
普通ならプログラム一覧で
「アクセサリ」と表示されるはずの部分が
英語で「Accessories」と表示されるようになっていました。
メニュー自体もすべて英語で
たとえば「電卓」なら「Calculator」といった具合です。

ちなみに「ゲーム」は「Games」
「既定のプログラム」は「Default Programs」となっていますが
「スタートアップ」はそのままです。

ソフト自体に不具合はないのですが
何となく気になります。
かといって
名前を一つ一つ変更するのも面倒です。
簡単に元へ戻す方法がお分かりでしたら
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

詳しくは分かりませんが、C:\Users\○○\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\AccessoriesにあるはずのDesktop.iniをうまく設定すればよいと思います。ちなみに○○はユーザー名です。

Qページの先頭の文書はhタグが適当か

ホームページのあるページは概要から始まっています。
今のところ120字程度の文章が<p>タグで始まっています。

hタグは各ページにあった方がいいような書かれ方をした
解説サイトがあったので、
これはhタグの方がいいような気がしてきました。

でもh1タグだと120字だと長すぎますよね?
h2タグ当たりが適当なんでしょうか。

Aベストアンサー

長文失礼。

>No.4補足
>検索の順位を上げる方法ってことで合ってますか?
99%合っています。
検索結果に、キャッチコピーなどが適切に表示されるような方法や、検索サイトから訪問したときの表示を調整するのもSEOです。
(これをやっているSEO会社はないと思います。HTMLファイルの改変や、GoogleアカウントでGoogleサイトにログインしての処理などが必要ですから。)

SEOというのは一種の宣伝です。
すでに人がたくさん(十分)来てくれているなら、それ以上宣伝する必要はないと思います。
では、そのたくさん人が来る前の段階でどうすれば良いか、
その宣伝をGoogleなどの検索サイトに任せようというのが、SEOです。


>No.4補足
>順位はあまり拘らないんですけど、
>ユーザーが訪れてくれればいいのなら見た目重視??
>つまりORUKAさんがよく言うマークアップの否定ですよね。
意味が分かりかねますが、、、
Googleなどの検索結果を利用する方法以外で宣伝できるなら、それで問題ないと思います。


ウェブサイトの善し悪しは二種類あります。
まずは、コンピューターが理解しやすいサイトである事。
もう一つは、人が見てきれいである事。

後者の方はHTMLがどうなっていようが、全く関係ありません。
人はHTMLコードを見ていないからです。
テーブルレイアウトでもFlashでも、見た目がきれい、誇張すればきれいな画像が使われていればそれで良サイトという事になります。

前者は、HTMLコードが重要で、見た目は関係ありません。
たとえば、ブラウザは『<h1>があれば、大きく表示し、前後に改行を行う』ということしか行っていませんが、
いわゆる文法違反があった場合、たとえば

<h1>私の弟がこんなにかっこいいわけがない
<p>主人公はごく普通の女子高生。ある日、、、</p>
</h1>

と書いてあったとき、「主人公は、、」の部分は<h1>の一部(大きく表示すべき)か、それとも<p>の前で<h1>を終了させておくのか、、、
という問題が発生します。
この問題は、違うブラウザで見たときに、違う表示になる事で確認できます。
この弊害があるため、文法は適切に、といわれます。

それ以上の事、つまり「どこに<h1>を使い、どこに<p>を使い、、、」というのは、99%はSEOだと思います。
残り1%については、
Operaなどでページの目次などがとれますが、はたしてこういう機能を使ってる人がどれほどいるのか、、、
(添付画像参照、http://portal.opera.com/の目次です。)
こういう機能を使わなければ、(テーブル以外の)多くのタグがほとんど同じ表示になりますし、
HTMLコードの善し悪しは、「きれいな日本語を使いましょう。具体的には『ら抜き表現』禁止。」のような哲学にも近いと思います。


>ちなみに今思いついたことは高さ0のclass="header"を作って
>そこに<h1>を置くという裏技です。
>SEO的にはズルは良くないと合ったのでアウトなんでしょうけど。
どういう目的で<h1>を書きたいのかがわかりませんが、
HTMLコードとして<h1>を書きたくて、でもブラウザでは表示させたくないなら、それでかまわないと思います。

No.5最初の例文を例にとると、
このとき、<h1>を表示させなければ、このページが何の作品なのかわからなくなります。
(ブラウザのタイトルバーやタブバーに<title>の物が書かれていますが、ページ内にタイトルが書かれている方がわかりやすいと思います。)
もし、何らかの理由で<h1>を消したいのであれば、display:noneやheight:0を指定して隠してやれば良いと思います。

長文失礼。

>No.4補足
>検索の順位を上げる方法ってことで合ってますか?
99%合っています。
検索結果に、キャッチコピーなどが適切に表示されるような方法や、検索サイトから訪問したときの表示を調整するのもSEOです。
(これをやっているSEO会社はないと思います。HTMLファイルの改変や、GoogleアカウントでGoogleサイトにログインしての処理などが必要ですから。)

SEOというのは一種の宣伝です。
すでに人がたくさん(十分)来てくれているなら、それ以上宣伝する必要はないと思います。
では、そのたくさ...続きを読む

Qヘンな日本語英語の一覧があるサイト

ヘンな日本語英語の一覧があるサイトなんてご存知ありませんか?
ピアース、ピーマン、ビデオデッキ、シャーペンなど、実際には使われない英語がたくさん日本で使われていたりしますが、こういうリストが載っているサイトを探しています。

ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さいっ!
よろしくお願いしまっす!

Aベストアンサー

洋サイトですが

参考URL:http://www.engrish.com/

Q1ページにどれくらいのobjectが適当ですか?

こんにちは。

ホームページを製作しているものです。現在リニューアルを行っています。
そこで知りたくなったのが、みなさんが『1ページにどれくらいの<object>が適当か?』です。

<object>はhtmlファイルです。画像は含みません。

<object>は一度作ったら読み出すだけなので便利なのですが、若干読み込みに時間がかかっているように思います。それに色々なブラウザでサイトをチェックするのですが、Operaでのバグが酷いように思います。

みなさまとしては、サイトの1ページにつき何個の<object>が適当だと考えますでしょうか?

ご教示願えないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 ホームページだけなら問題にもならないでしょうが、ウェブサイトのすべてのウェブページとなると大変です。
 (ホームページとは、本来ブラウザを起動したときに表示するホーム(出発点)のこと、派出してウェブサイトのトップページのこと。サイト全体をホームページと言うと意味が通じないです。→ホームページ - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8 ))

 objectに限らずimg,applet,iframeなど、描画で必要になった都度サーバーに要求するものは、HTTP通信のための時間が必要です。
 ただ、それらの通信が成立しなかったときのために、きちんとサイズや代替文字を入れて起きましょう。
 外部HTMLを埋め込む方法にはiframeとobjectがあります。
iframe: 非推奨のframesetを使わざるを得ない。HTML4.01strict,XHTML1.1では使えない。
object: strictやXHTML1.1で使える。ただし、targetなどは原則使えない。

 最も良いのは、objectもiframeも使わず、すべてのHTMLに書くことです。・・これが最も良いです。
 たくさんページがあるときは非効率なので、大規模なサイトでは、サーバーサイドでインクルードないし、PHPやCGI、SSPを使います。小規模なサイトなら、高機能テキストエディタを使って、すべてのファイルを置換してしまう。
 ファイルを開かなくても、指定したディレクトリのHTMLの特定の部分を一挙に置換できるテキストエディタがたくさんあります。

 ホームページだけなら問題にもならないでしょうが、ウェブサイトのすべてのウェブページとなると大変です。
 (ホームページとは、本来ブラウザを起動したときに表示するホーム(出発点)のこと、派出してウェブサイトのトップページのこと。サイト全体をホームページと言うと意味が通じないです。→ホームページ - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8 ))

 objectに限らずimg,applet,iframeなど、描画で必要になった都度サーバーに要求するものは...続きを読む

Q色の名前は、日本語と英語のどちらを多く使う?・・・例えば「緑」と「グリーン」

「緑」と「グリーン」、「灰色」と「グレー」・・・

色の名前を言う時、日本語と英語のどちらを多く使いますか?

例えば、
・服の色は?
・車の色は?
・携帯機器(電話・プレイヤーなど)の色は?
どちらの表現を多く使いますか?

又、その他
「このもの(種類)は、日本語(英語)で言う」
「この色は、日本語(英語)で言う」
「殆ど、日本語(英語)で言う」
といったご回答も、歓迎します!

Aベストアンサー

じゃあいきましょか。英語です。私ら。

ピンク、ローズピンク、チェリーレッド、マローピンク、チリアンパープル、コスモス、チェリーピンク、ベビーピンク、ラムプラーローズ、ラズベリー、ローズマダー、カーマイン、パーシアンローズ、プラム、ガーネット、ピアニーレッド、プリムラ、コーラル、サルビア、マゼンダ、バーミリオン、シグナルレッド、ホビーレッド、ロブスター、ケチャップ、ファイヤー、スカーレット、バーミリオンレッド、ルビー、オペラ、ブリック。ベルベット。
以上赤系統。
日本にも古来のゆかしき呼び方はありますが、この点に関しましては英語に軍配をあげます。

グレーといいましても、シルバーホワイトグレー、パールグレー、オレンジグレー、イエローグレー、ブルーグレー、ピンクグレー、フレンチグレー、ミディアムグレー、グレー、ダークグレー、カーボングレー、チャーコールグレー、…あぁしんど。
私は日本男児ですが色名は英語です。

QSEOとユーザビリティを考慮したサイト構成について

サイトのSEOとユーザビリティを同時に考慮したサイト構成について悩んでおります。
webデザインやSEOにお詳しい方、ご経験豊富な方、是非アドバイスをください。

例えば

■企業系通販系サイトなどの何らかの成約を狙うサイト
■ページ数20ページ以上の中・大規模サイトでコンテンツ数がわりと多い
■素人ではなかなかわからない専門性があるコンテンツ

のサイトの場合・・・


<パターンA>
●オーソドックスで王道まっしぐらの多種多様で多機能なメニュー・コンテンツ配置
●業種特徴があるため同業の競合とある程度類似するデザイン
●ユーザー自身が目的のコンテンツを探して最短クリックでたどり着けるサイト構成

【構成イメージ】
index
 →contents1
 →contents2
 →contents3
 →contents4
 →contents5
 →contents6
 →contents7
 →contents8
 →contents9



<パターンB>
●可能な限り選択できる数を少なくした誘導型メニュー・コンテンツ配置
●業種特徴よりも競合との差別化を第一義にした印象的デザイン
●クリック数が増えても迷わないで確実に目的のコンテンツにたどり着けるサイト構成。

【構成イメージ】
index
 →groupA
    →contents1
    →contents2
       →contents3
 →groupB
    →contents4
    →contents5
       →contents6
 →groupC
    →contents7
    →contents8
       →contents9


と、2パターンあった場合、どちらが良いのでしょうか?

ユーザビリティやSEOなどを勉強してみると、webデザインやサイト構成では矛盾する事ばかりでした。

たとえば、最短クリックを目指すべきで階層は浅い方が良い云々と言いつつ、ユーザーにはわかりやすいよう選択数が少ないメニューで誘導する云々と、完全矛盾する真逆な事ばかりが記述されていたりで。

素人の私では経験や統計による客観的な判断ができないため、非常に悩んでおります。

お詳しい方々、是非ぜひ、ご教授ください。お願いします!

サイトのSEOとユーザビリティを同時に考慮したサイト構成について悩んでおります。
webデザインやSEOにお詳しい方、ご経験豊富な方、是非アドバイスをください。

例えば

■企業系通販系サイトなどの何らかの成約を狙うサイト
■ページ数20ページ以上の中・大規模サイトでコンテンツ数がわりと多い
■素人ではなかなかわからない専門性があるコンテンツ

のサイトの場合・・・


<パターンA>
●オーソドックスで王道まっしぐらの多種多様で多機能なメニュー・コンテンツ配置
●業種特徴があるため同業の競合とある...続きを読む

Aベストアンサー

 数十ページと言うと、いわゆる小規模サイトですが、サイトの規模には関係なく、サイトの目的は何でしょう。ユーザビリティやSEOはその手段であって目的ではありません。
■企業系通販系サイトなどの何らかの成約を狙うサイト
 が最終目的だとして、その取扱商品は特殊性のあるもの
■素人ではなかなかわからない専門性があるコンテンツ
 ここでポイントは、企業名が一般的に良く知られた--その商品ならこのメーカー---といわれるぐらい著名な場合は、企業名で検索されるでしょうが、そうでない場合ユーザーは個別の商品名や型式などで検索して、直接コンテンツを訪問することが多いでしょう。
 言い換えれば入り口はふたつあるわけです。
1) 個別の商品ページ
2) サイトのトップページ
 基本的には前者が多いでしょう。また、私の経験から言うと特定の商品のマニュアルとかがポイントになる場合があります。「コンクリート 穴あけ」とかで検索される場合などがあるということ。

 それには、SEOが重要になります。SEO ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96 )をよく誤解されるのですが--wikiも誤解している???---、SEOとは検索エンジンがそのページの内容を正確に把握してインデックス化できるようにすることです。その結果、特定のキーワードで検索したときにそのページが検索結果の上位に出てきますが、それは結果です。階層構造なんてほとんど意味がありませんね。これはあなたが検索エンジンで何かの商品を探した経験があれば理解できると思います。

 その上で、あなたが上げられたプランを考えてみると
●オーソドックスで王道まっしぐらの多種多様で多機能なメニュー・コンテンツ配置
■可能な限り選択できる数を少なくした誘導型メニュー・コンテンツ配置
 現在は、プルダウンメニューが一般的ですので各ページにシンプルな区分別メニューとそれぞれにマウスオーバーして細目が出てくるようにすれば、これらは解決するでしょう。どのページに流れ着いても、そのページから目的のコンテンツが最短で見つかるようにすれば良いです。

●業種特徴があるため同業の競合とある程度類似するデザイン
■業種特徴よりも競合との差別化を第一義にした印象的デザイン
 ユーザビリティを考えると、全体の配置などは一般的なものであるべきです。
 差別化のために凝るのは、一部です。

●ユーザー自身が目的のコンテンツを探して最短クリックでたどり着けるサイト構成
■クリック数が増えても迷わないで確実に目的のコンテンツにたどり着けるサイト構成。
 最初の説明とかぶりますね。

【構成イメージ】
は、製作・管理・メンテナンスの面からきちんと階層立てて構築するほうが楽です。

 ナビゲーションがもっとも頭を悩ます部分ですが、私はすべてのページにSSIなりPHPを利用して
<div class="nav"><!-- 検索エンジンがナビゲーションだとわかるclass名をつける -->
  <h2>サイトマップ</h2>
  <ol>
   <li><a href="/">Top</a></li>
   <li><a href="/Product">Product</a>
    <ol>
     <li><a href="/Product/hardware">金物</a>
      <ol>
       <li><a href="/Product/hardware/Exterior">Exterior</a></li>
       <li><a href="/Product/hardware/Interior">Interior</a>
        <ol>
         <li><a href="/Product/hardware/Interior/Kitchen">Kitchen</a></li>
         <li><a href="/Product/hardware/Interior/Bathroom">Bathroom</a></li>
        </ol>
       </li>
      </ol>
     </li>
     <li><a href="/Product/Software">ソフト</a></li>
     <li><a href="/Service">サービス</a></li>
     <li><a href="/Profile">Profile</a></li>
    </ol>
   </li>
  </ol>
</div>
のようなものを前頁に記述させて、それを各ページのデザインに合わせてプルダウンで表示させるなどしています。

 数十ページと言うと、いわゆる小規模サイトですが、サイトの規模には関係なく、サイトの目的は何でしょう。ユーザビリティやSEOはその手段であって目的ではありません。
■企業系通販系サイトなどの何らかの成約を狙うサイト
 が最終目的だとして、その取扱商品は特殊性のあるもの
■素人ではなかなかわからない専門性があるコンテンツ
 ここでポイントは、企業名が一般的に良く知られた--その商品ならこのメーカー---といわれるぐらい著名な場合は、企業名で検索されるでしょうが、そうでない場合ユーザーは個...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報