デジカメで とった写真に変な物が写りこみました。
心霊写真とか除霊とか いろいろ言われますが 
プロの写真家の方で そういうのを 一切 気にしない方は
別にして 気休め程度で 何かしておられる方がありましたら
教えてください。
少し 嫌なことが 続くので 弱気になりました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

多くの場合、人間の目には違いが分らない程度の[光線の変化][逆光]などによる[ハレーション]などが原因です。



例えば日の光は上の方から射すものという常識に逆らうように、何かのはずみで手前の下から写る場合もあります。

嫌な事が続いて落ち込んだりした時には、このような事を[超常現象]などと無理矢理こじつけて説明をしたり、他人の不安心理に

付け込む変な[人間]や[宗教]が多数存在します...どうぞ冷静に対処されるようお気をつけ下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

心霊写真等と言うのは ほとんどがカメラとか光の具合だとは 思っていましたが
あまり はっきり不気味なのが うつったので気になりました。
アドバイスありがとうございまいした 。 

お礼日時:2002/04/07 08:49

プロではありませんが、


・写真に塩をふって土に返す。
・嫌な事が続いていて、気になるようだったら、家の玄関に盛り塩
(私は、家が密集しているので、台所の窓、勝手口にも置いてます。マンションでも一緒)
盛り塩も気休めですが、外からの悪い運気も消してくれるらしいです。もちろん由来は違うのですけど。。
・近くの神社に、持っていってお払いしてもらう。(相談だけでも)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

写真はデジカメなので 塩をふって・・て わけには いかないのですが。。
参考になりました ありがとうございました

お礼日時:2002/04/07 08:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刑法の『者』の読み方

大学の刑法の授業で、例えば「人を殺したる者は…、」という条文の『者』は、人ではなく行為を意味するものだから、「もの」ではなく「しゃ」と読む、と学者は言っていたのですが、
ほんとうにその読み方でいいのですか?
常識はずれで不自然な読み方だと思うのですが。

Aベストアンサー

法律上は規定なし。
法学上(講学上)通説や多数説、有力説か如何かは知らないが、社会科学に絶対的正解など存在しないので其の学者の支持する説はそうであると言う事です。

Q心霊写真の霊のサイズ

今まで自分が撮ったものの中にはありませんが、マスコミに取り上げられたような心霊写真?の霊は、大抵サイズが通常と違っているように思われました。しかも、大抵小さくなっているようなのです。この理由がわからなくて、目にする機会があるたびに疑問です。なぜ通常サイズではいけないのでしょうか。または大きくてもいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

今ひとつ質問の意味が汲み取れないので、間違ったらすいません。

 実際には様々な大きさの霊?が紹介されています。草葉の陰から覗いているような豆粒大から、窓から旅行先でのスナップで画面一杯の大きな目まで様々です。私は基本的に霊の存在を信じていますが、これらの写真のほとんどに懐疑的です。特に樹木の葉の中の顔とか言うもののほとんどは枝葉の重なりでしょう。
 友人の話から、自然霊(妖精?)の中には缶コーヒーくらいの大きさや樹木より大きなものがあるように聞いています。しかし、人霊で異常な大きさのものを知りません。
 あえて異常な大きさの物が写る理由として考えられるのは、霊といってもそれが実態ではなく、象徴とか念の大きさ(エネルギーの塊といっても良いかもしれません)が具現化したものという事です。
 心霊写真は霊そのものが焼き付けられる場合と思念が撮影者や被写体になった人に働きかけ、それが撮影可能な波動に変換されて写る場合があります。特に後者の場合、例そのもののエネルギー、撮影者や被写体のエネルギー、双方の感受性など、様々な影響で写ったものの大きさが変わると思われます。

 霊の世界に関しては未だ明確な存在・否定の結論がありません。写真についても客観的に正しいとされる法則もないので、私なりに仮説を立てている段階です。

今ひとつ質問の意味が汲み取れないので、間違ったらすいません。

 実際には様々な大きさの霊?が紹介されています。草葉の陰から覗いているような豆粒大から、窓から旅行先でのスナップで画面一杯の大きな目まで様々です。私は基本的に霊の存在を信じていますが、これらの写真のほとんどに懐疑的です。特に樹木の葉の中の顔とか言うもののほとんどは枝葉の重なりでしょう。
 友人の話から、自然霊(妖精?)の中には缶コーヒーくらいの大きさや樹木より大きなものがあるように聞いています。しかし、人霊で...続きを読む

Q松川事件の容疑者(判決無罪)の浜崎二雄さんの読み方を雄教えてください

松川事件の容疑者(判決無罪)の浜崎二雄さんの読み方を雄教えてください

Aベストアンサー

#1です。詳細が揃いましたので、改めて回答します。

名前の読み方は、
『バマザキ フタオ』
さんでした。

出典は、

タイトル:松川15年・真実の勝利の為に
出版社:労働旬報社
出版年数:昭和39年8月
読み仮名記載ページ:44ページ

【補足】

1,現在、労働旬報社は「旬報社」に改称
2,上記の本は現在絶版ですが、復刻版として事件50年目に復刻。しかし流通してない為、現物がご希望の場合には松川事件研究の福島大学・伊部(イベ)教授までお問い合わせ下さい。

イベ先生の連絡先電話番号は、このサイトの性質上ここに記載出来ませんのでご理解下さい。

大変申し訳ありませんでした、頑張って下さい。

Qデジカメで心霊写真って写るの?

先日、神社やらお寺めぐりをしていてふと思ったのですが、よく、心霊写真とやらをTVなどで見ますが、デジカメで心霊写真って撮れるのかな?・・・
その場で見られる訳ですから、案外怖いですよね。
ビデオでも最近いろいろな事象が報道されていますが、あれもその場では、ずーっと回しているわけで、タイムリーというわけにはいかないようにも思えますが・・・ま、撮ってる本人がその場では気が付かない訳で後で巻き戻すと・・・ということですよね。
デジカメは完全に撮った直後に見るわけで訳ですから・・・足が無い・・・とか、変な顔が写っているとか・・・どうなんでしょうか???

Aベストアンサー

撮影データの加工がいとも簡単なだけに、仮に撮れたとしてもその場にいなかった人に信用して貰うのは、今まで以上に困難でしょうね。考えた事はありませんが、作ろうと思えば私でも作れます、多分。

デジカメが普及して結構時間が経ってますが、そう言えばそういう話はあまり聞きませんね。確かに、撮ったその場で確認は出来る訳ですから、もしあるならどこかで耳に入っても良さそうなものだと思います。
ただ本当にそういう事を経験するとなると、背筋の寒いお話ですね。少なくともその場から立ち去りたくなります(笑)
しかしお話としては面白くなるかも。ホラー映画などの題材としては、なかなか良い物が出来そうですね(笑)

Q「岸壁の母」の作曲者、平川浪竜の名前の読み方を教えて!

「岸壁の母」の作曲者、平川浪竜の名前の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

さっき実家の祖母に電話して聞いたところ、「ひらかわ・なみりゅう」さんとのことです。
ちなみにこちらでも調べましたのでご参考に。1928年10月10日の神奈川県生まれの方だそうです。

Q霊能者は何で心霊写真から色々なことが分かるんですか?

霊能者は何で心霊写真から色々なことが分かるんですか?

私は一応「霊」を信じてますが、釈然としないことが一つあります。
霊能者がよく心霊写真を見て「この霊は〇年前にこういう死に方をした人の霊だ」などと説明しますが、何でそのようなことまで分かるんでしょうか?
現場にいて残留思念を読み取るとかならまだ話も分かりますが、写真に取った物でなぜそんな詳しい情報まで分かるんでしょうか?
写真に写りこんだ霊のことが分かるなら、写真に写ってる生きた本人などの情報ならもっと細かく分かるということでしょうか?

百歩譲って「写ルンです」とかみたいなカメラならまだしも、デジタルカメラのようにデジタル処理された写真とかでも心霊写真などを見極めることはできるんでしょうか?
デジタルカメラは映像を数字に変換して処理してるだけなので、直接画像として記録されてるわけではないですよね。
もし、それが分かるというのならインターネット上の心霊写真からもその霊がどうやって死んだかなどの情報を読み取ることができるということにもなってきますよね。

そこまで分かるならメールなどの活字情報や掲示板の書き込みからでも、どんな人間がどんな思念で書き込んだかも分かるんでしょうか?

その辺の事情に詳しい方や霊感が強い方がいましたら、ご回答、よろしくお願いします。
また、自分自身はそのような能力を信じていなくても、霊能力者はきっとこのように説明するのではないかというようなご意見でも構いません。

単なる霊否定はご遠慮下さい。

霊能者は何で心霊写真から色々なことが分かるんですか?

私は一応「霊」を信じてますが、釈然としないことが一つあります。
霊能者がよく心霊写真を見て「この霊は〇年前にこういう死に方をした人の霊だ」などと説明しますが、何でそのようなことまで分かるんでしょうか?
現場にいて残留思念を読み取るとかならまだ話も分かりますが、写真に取った物でなぜそんな詳しい情報まで分かるんでしょうか?
写真に写りこんだ霊のことが分かるなら、写真に写ってる生きた本人などの情報ならもっと細かく分かるとい...続きを読む

Aベストアンサー

私自身は霊能者ではないのですが、まず、偽者は除外して霊能者たちから聞いた事を説明します。
写真には目に見える光だけではなく、目には見えない光も写っています。デジタルでは電気処理が入るため、フィルムよりも写る光が制限されます。
なので、例えば実際を100とすればフィルムでは90、デジタルでは70という具合に写る量は減っていきます。それだけ情報量は少なくなります。
しかし、物に写る霊の思念は、ちょうど指紋の様に物に固定されます。
一方、霊能者の見え方にも幾つかあるようです。しかし、霊が特別な存在ではなく、生きている人と同じく「存在するもの」である事はほぼ共通しているようです。
ある霊能者は、その人から聞いて理解し、ある人は霊を霊視してその人の過去を見ます。またある霊能者は自分が霊に憑依し、霊の目となって過去を振り返ります。
いずれの場合も遺された思念を通して対象となる霊を特定し、接触を試みます。
ですから写真でもネット上の写真でも接触は可能ですが、その成否は遺された思念の強さによって対象が特定できるかどうかによって決まります。
また思念さえ残っていれば手紙でもネットの書き込みでも接触は可能ですが、いわゆる掲示板では書き込む本人が仮面をかぶっていたり、自分を隠している場合があるので「雑念が多い」「思念が乱れている」状態で特定は難しいようです。
また、霊感も訓練によって見ないようにできるそうですから、全てを見ているわけではありません。

私自身は霊能者ではないのですが、まず、偽者は除外して霊能者たちから聞いた事を説明します。
写真には目に見える光だけではなく、目には見えない光も写っています。デジタルでは電気処理が入るため、フィルムよりも写る光が制限されます。
なので、例えば実際を100とすればフィルムでは90、デジタルでは70という具合に写る量は減っていきます。それだけ情報量は少なくなります。
しかし、物に写る霊の思念は、ちょうど指紋の様に物に固定されます。
一方、霊能者の見え方にも幾つかあるようです。しかし、霊...続きを読む

Q「支払者」読み方についてご教授ください。

お世話になります。日本語の学生の純です。

下記言葉どう読みますか。
「支払者」しはらいしゃですかしはらいものですか。
もし両方の読み方正しいなら、どの場合どう読めば良いか教えていただけますか。

よろしくお願いします。
学生 純

Aベストアンサー

こんばんは。

「しはらいしゃ」です。

「者」を「もの」と読む言葉はたくさんあります。
A「しゃ」と読むのが正しい言葉
B「もの」と読みのが正しい言葉

Bのパターンは、その人を見下げている場合が多いです。
(「働き者」(はたらきもの)のように、良い意味で使う場合もありますが。)

ご参考に。

Q写真に霊が写る

家族の写真に水晶のような丸い大小の霊の様なものが写るようになった。カメラの内部のゴミかと思い、新しいカメラを買ったが同じように何枚かに写ったりする。去年 父と娘を病気で同じ時期に亡くしたが関係が有るのか心配です。供養は十分しているのですが、どのように解決すればいいのかわからない。宗教者に聞いても霊は存在しないと言われるし、信用ある霊能者とかは実際にいるのでしょうか?
経験のある方はどうかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

空気中に浮遊している何かの反射
視野外からの反射光の映りこみ
空気密度のムラから生ずるシュリーレン現象
これらは
全体に薄暗いところでフラッシュ撮影をすると起こりやすい現象です
ローソクの炎や線香の煙も撮影に影響します

同じ場所同じ条件で以前に写した写真と比べてみてください

Q被保険者の読み方

被保険者の読み方は、「ひほけんじゃ」ですか?「ひほけんしゃ」ですか?
また、介護保険での被保険者証は、「ひほけんじゃしょう」ですか?「ひほけんしゃしょう」ですか?

Aベストアンサー

追記から

介護も国保も後期高齢者医療保険も
全て「保険者」です。
読みは「ほけんしゃ」です。

Q心霊写真を写してしまった?

デジカメでもしかして心霊写真を撮ったみたいです。
この間旅行へ行ってその時に撮った画像をPCに取り込んで見たら・・・。
私は小さい娘と海とやしの木をバックに二人で同じショットを3枚写しました。
3枚中2枚が私の足が写っていません。
ぼやけているのではなく、飛び跳ねていたわけではなく、まったくないのです。
背景がそのまま写ってますから。

私の母も15年前、何人かの人と写真撮ったら、みんなは足はあるのに母だけ足がまったく写らなかったことがありました。
私の今回のケースと似ているのです。

これって何かあるのでしょうか?
真剣に怖いですので、真剣な回答をお願いします。

Aベストアンサー

 その写真を実際見ていないので、あくまでも推測の一つとしてアドバイスしたいと思います。
 おそらく、その写真に写っているm_mimiさんは短パン又はスカートを履いてはいないでしょうか?
 もしそうだとしたら、短パン又はスカートの裾はヒザより下ではないでしょうか?

  このような場合、片足のヒザを曲げて、足を後にすると、カメラ位置(正面やや上方)から見ると衣類に隠れて
足が全く無いかのように見える(写る)ことがあります。微妙な角度でとんでもなく奇妙に見えることはあります。
  またバックにヤシの木とありましたが、もしその木がm_mimiさんの後ろにあるのならその曲げた足でその木に寄りかかっている可能性も考えられます。それならなおさら足が無いかのように写ります。
 そうでないにしろ人間普段の生活で細かな事は覚えていないものです。写真を撮った際、自分の足がどうなっていたのか?なんて覚えていないものです。例えば腕で考えると、大抵写真を撮った時、腕を組んでいたのか。腰の両脇に腕をいていたのか、片手でピースをしていたのかまたその片方の腕はどうしていたのか?なんて覚えていないものです。
 ではそれを足に置き換えて考えると、普通両足は地面に付いているハズだ!という先入観があるから、なおさら足がどうなっていたのか覚えてはいないものです。15年前のお母さんの写真も同じような理由で写っていないのかもしれませんね。
 また、その時、写真を撮っていた方も被写体の構図や顔に目はいくかもしれませんが足があるか無いかまでは気が付かないかと思われます。 
 また、m_mimiの質問では「足が写っていません」とあるのですが、消えているのは片足だけなのか両足だけなのか分かりません。
片足だけなら上記の可能性もありますがもし両足が消えているかのように写っているのなら、上記のことに加えて考え、m_mimiさんのやや手前に重なる形で娘さんが立っているのでは?と考えられます。片足は曲げていて、またその片方は娘さんによって隠され、あたかも両足がないかのように写ってしまった!と考えることは出来ます。
 写真というものは日常生活我々が動的に目にするものとは異なり、ある瞬間を切り取った静止画像でしかありません。それゆえに、タイミングと偶然など様々な要素が重なることによって不思議としか思えないものが写ってしまうことはよくあることです。
 
 俗にいう心霊写真の類で「足のない写真」の他に「腕がない写真」や「頭のない写真」というものがあります。
これらも足とおなじく、「腕のない写真」ではその被写体の人は「半袖シャツ」を着ています。脇を締めたような状態でその腕をやや後にすると袖に隠れて腕がないかのように写ります(ピッタリしたシャツでは無理です)。また、「頭がない写真」も、カメラに背を向けて首を前方に曲げてやや下方から撮影するとまるで頭がないかのように写すことができます。前屈みになっていても、撮影するカメラの位置によっては前屈みというよりむしろ頭が無い!という風に見えることはあります。(これらは試しているとよく分かります)
 逆に言えば、長ズボンを履いていたり、長袖シャツなどきていると体の部分が「スッパリ消えている」という写真は写らないということです。
   
 もちろん先に私が述べたこと意外でも不思議に写ることはあるかと思います。
先に答えていた方でシャッターを押す瞬間動いてしまったりすると、ブレてしまい、あたかも写っていないように写ることもあります。またシャッター速度が遅い場合(シャッターが長く開いている)動いているものは全く写らない場合や透明に透けて写るって事もあります。
 これらは写真に詳しい方には当然のことではありますが、一般的には知られてないのが現状かと思われます。
  
  このような意図的ではなくとも偶然に写ってしまった不思議(に見える)写真を短絡的に「霊」の仕業だと考えてしまわないほうがよいかと思われます。
 また、主観的に「霊」だの何だのと感じるのは自由だと思いますが、今回のような断片的な情報だけですぐに「霊」の仕業と判断してしてしまう回答は考え物だと思います。
 余計に恐怖や不安を煽って、精神的にダメージを受けたするのではないでしょうか。場合によっては自己暗示にかかり、余計悪化を招くこともあります。この方が霊よりも恐ろしいのではないでしょうか?
 またそのような発想を助長しているのが 視聴率獲得の為、興味本位、娯楽的要素としてTVをはじめとするメディアが「心霊写真」なるものを吹聴するおかげで、「不思議な写真」=「心霊写真」という構図が作られてしまったのは問題であると思います。
  仕方ないことですが、「心霊写真」と同じくらいカメラの仕組み、レンズの仕組みなんてTV ではやりませんからね。

 日常生活でおかしな事なんて多々あることです。しかし 「霊」だと考えるまでに他に考えられることはまだまだ沢山あります。そちらに目を向けてゆくことは決して無駄ではないかと思われます。 
あくまでの、先のアドバイスは推測ですが、なにかしらm_mimiさんの不安が解消されたら幸いです。

 その写真を実際見ていないので、あくまでも推測の一つとしてアドバイスしたいと思います。
 おそらく、その写真に写っているm_mimiさんは短パン又はスカートを履いてはいないでしょうか?
 もしそうだとしたら、短パン又はスカートの裾はヒザより下ではないでしょうか?

  このような場合、片足のヒザを曲げて、足を後にすると、カメラ位置(正面やや上方)から見ると衣類に隠れて
足が全く無いかのように見える(写る)ことがあります。微妙な角度でとんでもなく奇妙に見えることはあります。
  ...続きを読む


人気Q&Aランキング