「教えて!ピックアップ」リリース!

土木おける直接基礎の設計の本の中で、

Kr=Iy*kv
Kr:基礎の回転ばね定数[kN・m/rad]
 Iy:底面の断面二次モーメント[m^4]
 kv:鉛直地盤反力係数[kN/m^3]

と定義されていました。
 数式通りにIyとkvを乗ずると[kN・m]となり、[/rad]が出てくる点がわかりません。
 Iyとkvを乗じた後、[/rad]の単位を反映するために何らかの値をさらに乗ずる必要があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

何らかの値を乗ずる必要はありません。



回転ばね係数の導出過程で、回転軸(y軸)からの距離がxの位置における鉛直変位をxφで近似しているので、単位が合わないだけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変遅くなりました。
回答ありがとうございます。

鉛直変位をxφで近似、わかりました!

お礼日時:2007/03/09 00:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング