私は父から認知されてなかったため
遺産が入ってきません。
そのため死後認知をしてもらいたいと思っています。
私は大学まで進みましたが
その学費は母がコツコツ貯めたお金で出してもらいました。
卒業後5年以上たった頃、
父がその時の学費だといって母に500万ほど
手渡しでくれたのですが
これは生前贈与にあたるのでしょうか?
毎月父から母へ送ってきていた生活費も
生前贈与になるのでしょうか?
ちなみに父の家族は息子が二人なのですが
二人とも父に学費と生活費を出してもらっていたようです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、死後認知は、死亡後3年を経過したときには、認知の訴えをすることは、できません。

気をつけられたらよいと思います。

死後認知をされるとあなたも相続人となります。しかし、既に遺産分割がされていると、既になされた遺産分割が無効になるわけでは、ありません。この代わりにあなたは、金銭の支払いを求めることができます。

あなたの相続分は、あなたの義理の兄弟の2分の1になります。

お尋ねの学費の件は、特別受益になります。特別受益の対象になるのに「生計の資本として贈与をうけたばあい」があります。これに、高等教育も含まれると思われるからです。

これに対して生活費は、特別受益にはならないと思います。少なくともあなたが認知された場合、お父さんは、直系血族にあたり、扶養義務を負い、それを果たしたことになるからです。贈与とは、考えにくいと思います。あなたのお母さんに対する生活費については、内縁関係にあり、夫婦の扶助義務の規定を類推し、その義務の履行と考える余地があります。この場合は、やはり贈与にはならないと思います。

義理の兄弟の学費、生活費に関してもです。前者に関しては、特別受益になりそうです。後者の生活費に関しては、お父さんの扶養義務の履行となり、贈与にあたらない可能性が大きいと思います。

いずれにしろ、死後認知の処理は、早くすまされる必要があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な御意見ありがとうございました。
認知に関しては来週に正式に弁護士さんに依頼することに
なっています。

お礼日時:2002/04/06 02:59

生活費・教育費は、贈与税の対象外です。


1.卒業後の学費相当分は、税務署に否認(つまり贈与認定される)可能性大。
2.生活費は、贈与にはなりません。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/4405.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な御意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/06 02:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母は長男(25歳)に住居である土地・建物を生前贈与しました。贈与税も母

母は長男(25歳)に住居である土地・建物を生前贈与しました。贈与税も母が払い、土地・建物の名義は長男の名義です。長男28歳の時、突然、贈与の件は全て白紙に戻す。家から退去してほしいと、言われました。この、母の態度はゆるされるのでしょうか?母は長男の婚姻に反対しています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律的に言いますと、書面によらない贈与契約はいつでも撤回可能です(民法550条)が、履行の終わった部分についてはこのかぎりでない
(同条ただし書)ですので、本件では、すでに土地、建物を贈与して名義も移転しているので、「履行が終わった」といえるので、お母様の態度は認められないと考えられます。

Q生前贈与で父から1000万円もらいました。

父が亡くなって、お金は100万円残りました。他の相続人は妹一人のみで、彼女は生前贈与を受けていません。妹は私が言わなければ、自分で調べないと私の特別受益はわからないと思います。もしこれから相続の裁判になった時、私が言わなければどうなるのでしょうか?裁判所命令で言うことになりますか?明らかになったと想定して、みなし相続財産は1100万円です。2分の1づつなら、一人550万円です。しかし、知人から、”特別受益が相続分を超える時は、超過特別受益者はその相続分を受け取ることができない。この場合、超過特別受益者は遺産から何ももらえないが、特別受益額が相続分を超えていたとしてもその超過分を返す必要はない”と聞きました。もしそうなら妹に渡す金額は100万円です。そうでなければ、100+450=550万円にして妹に渡すのですか?一体どちらなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 税金のことは抜きにして、民法の定める相続関係だけからすると、友人の話が正しいことになります。

 すなわち、生前贈与がある場合は、相続開始の際に存在する遺産額に、生前贈与の額を加えて「みなし遺産の額」を計算し、それに法定相続分(割合)を掛けて、各相続人の相続分(金額)を算定します。そして、生前贈与をもらっている相続人は、その額から生前贈与の額を差し引くということになります。ただ、その結果がマイナスになる場合には、0として、生前贈与を吐き出す必要はないということになるわけです。

 ですから、質問の場合には、生前贈与を考慮すると、あなたは0、妹さんは100万円ということになります。

 ただし、このような生前贈与は、妹さんの遺留分を侵していますので、妹さんから遺留分減殺請求を受ける恐れがあります。その場合には、あなたの受けた生前贈与の一部を吐き出す必要が生じます。遺留分減殺請求を受けた場合には、妹さんの取り分が、総計で、275万円になるまで、あなたから金銭を追加払いすることになります。

 なお、妹さんは、生前贈与を知らないということですが、相続が生じると、親に遺産がこんなに少ないわけはないとして、いろいろ調査を入れる(不動産登記を調べたり、銀行に照会をかけるなど)ことができます。これは、相続がもめる大きな原因になります。そういう意味では、ものごとは隠さないほうがよいと思います。

 税金のことは抜きにして、民法の定める相続関係だけからすると、友人の話が正しいことになります。

 すなわち、生前贈与がある場合は、相続開始の際に存在する遺産額に、生前贈与の額を加えて「みなし遺産の額」を計算し、それに法定相続分(割合)を掛けて、各相続人の相続分(金額)を算定します。そして、生前贈与をもらっている相続人は、その額から生前贈与の額を差し引くということになります。ただ、その結果がマイナスになる場合には、0として、生前贈与を吐き出す必要はないということになるわけです...続きを読む

Q父から実家の土地を生前贈与したいと言われました。父から土地を譲り受け、

父から実家の土地を生前贈与したいと言われました。父から土地を譲り受け、私がそこに両親と住む家を建てようかと思うのですが、贈与税が心配です。
住宅を建てる特約みたいなのがあるようですが、
3500万まで不動産で譲り受ける事は出来るのでしょうか?
また、将来父がなくなった場合、相続税に関係してくるのでしょうか?

ちなみに、父は64歳です。

Aベストアンサー

>住宅を建てる特約みたいなのがあるようですが、3500万まで不動産で譲り受ける…

それは現金を受け取る場合の話しであって、土地の名義替えには適用されません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

>ちなみに、父は64歳です…

あと 1年待てるなら、普通の「相続時精算課税」が利用できます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

>将来父がなくなった場合、相続税に関係してくるのでしょうか…

今は贈与税を払わなくて良いが、いずれは相続税に反映されることになります。
とはいえ、贈与税と相続税とでは基礎控除の額が大きく違いますので、贈与税がかかる額でも相続税なら無税ということがしばしばあります。
贈与税の基礎控除が 110万なのに対し、相続税の基礎控除は、
5,000万 + 1,000万×[法定相続人数]
です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>住宅を建てる特約みたいなのがあるようですが、3500万まで不動産で譲り受ける…

それは現金を受け取る場合の話しであって、土地の名義替えには適用されません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

>ちなみに、父は64歳です…

あと 1年待てるなら、普通の「相続時精算課税」が利用できます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

>将来父がなくなった場合、相続税に関係してくるのでしょうか…

今は贈与税を払わなくて良いが、いずれは相続税に反映されることになります。
とはい...続きを読む

Q認知症の父親の妻への生前贈与・・評価額1000万円のアパートと土地

初めて質問いたします。法律に詳しい方のご回答をお待ちします。
友人の父親が認知症の診断を受けました。その父親は、言語分野に著しい機能低下がみられ、今では言葉のほとんどが理解できないようで、要介護の特別障害者に認定されたそうです。
友人は前妻の娘で、父親とは全く疎遠でしたが、最近父親の後妻から、自宅を建てたいので、ローン設定のために後見人制度の申し立てをしたい旨の連絡があったそうです。彼女は後妻が後見人になり、父親の財産を勝手に使うのが嫌で反対をしました。すると向こうは「認知症の診断は受けているが、字も書けるし意志や感情・判断能力もある。今回のあなたの反対に怒って、すべてを私にやると言うから、アパートと配偶者特別控除の範囲で土地を貰う。贈与契約書も登記申請書もすでに書き終えた」と言ってきたというのです。父親は言葉そのものは理解できなくても、数字に強く、いまだに通帳もハンコも自分で持ち、家賃収入を管理しているようです。後妻さんの方は証拠として金銭出納帳や録画を撮っているようです。また、後妻さんとの結婚歴は30年以上あり、この間彼女は義父母の面倒を見て、祖父の財産を父親が相続するのに貢献したようです。
まだ、書類は提出していないようですが、認知症の父親が書いた書類は有効でしょうか?友人に何かの対応策はありますか?
長文になりましたが、皆様のお考えをお知らせくだされば幸いです。

初めて質問いたします。法律に詳しい方のご回答をお待ちします。
友人の父親が認知症の診断を受けました。その父親は、言語分野に著しい機能低下がみられ、今では言葉のほとんどが理解できないようで、要介護の特別障害者に認定されたそうです。
友人は前妻の娘で、父親とは全く疎遠でしたが、最近父親の後妻から、自宅を建てたいので、ローン設定のために後見人制度の申し立てをしたい旨の連絡があったそうです。彼女は後妻が後見人になり、父親の財産を勝手に使うのが嫌で反対をしました。すると向こうは「認...続きを読む

Aベストアンサー

>彼女は後妻が後見人になり、父親の財産を勝手に使うのが嫌で反対をしました…

内縁の妻などでは決してなく、法律上の夫婦となって 30年以上も経っているとのことですから、子が妻の権利を不当に制限することはできません。

>アパートと配偶者特別控除の範囲で土地を貰う。贈与契約書も登記申請書もすでに書き終えた」と言ってきたというのです…

婚姻後 20年を経た夫婦間での住宅贈与は、基礎控除のほかに 2,000万円まで控除されます。
法律で認められた権利を行使するだけですから、特に問題はないでしょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4452.htm

>父親は言葉そのものは理解できなくても、数字に強く、いまだに通帳もハンコも自分で持ち、家賃収入を管理…

それなら認知症などでないのではありませんか。
百歩譲って、認知症との診断が下っていたとしても、妻が後見人になるのはごくごく自然なことです。

>友人に何かの対応策はありますか…

妻に独り占めされるのを子がいやがるのと同じように、妻だって子に独り占めさせるほど馬鹿ではないでしょう。
譲るところは譲る、もらうところはもらうと、意識改革を図ることが肝要かと思います。

>彼女は後妻が後見人になり、父親の財産を勝手に使うのが嫌で反対をしました…

内縁の妻などでは決してなく、法律上の夫婦となって 30年以上も経っているとのことですから、子が妻の権利を不当に制限することはできません。

>アパートと配偶者特別控除の範囲で土地を貰う。贈与契約書も登記申請書もすでに書き終えた」と言ってきたというのです…

婚姻後 20年を経た夫婦間での住宅贈与は、基礎控除のほかに 2,000万円まで控除されます。
法律で認められた権利を行使するだけですから、特に問題はないで...続きを読む

Q両親離婚後の父が再婚した場合(2)生前贈与について

いつも参考にさせていただいております。
両親の離婚後の生前贈与についてお聞きしたいことがあります。

今年中に父(54)、母(53)の離婚が成立します。
この二人の間には娘の私(29歳・既婚・籍は別)と息子(26歳・未婚)の
二人の実子がいます。
父はすでに他の女性がおり、
その女性には前夫との間に11歳、9歳、7歳の子供がいて、
親権はわかりませんが、一緒に暮らして育てています。

父と母の住まいは7年前に建ててローンもかなり残ってるのですが、
その家の資産分配の話のときに、
父は大きな今の家を母1人が住むために、
これから住宅ローン(月々約12万)を払う気はないといい、
母は気に入っている家に他の女性をその子供が入るのは我慢できないし売りたくないと言い、
結局収まったのが、娘夫婦が住むなら父も娘のために住宅ローンを払うのは気にならないということで、
私達夫婦が住むことになりそうが、
そこで気になるのが、父の再婚がしてもし亡くなった場合
その女性から、この家を娘の私への生前贈与だと言われることはあるのでしょうか?
引っ越してきますが、名義は父のままにしておくつもりです。

父にも、母にも幸せになってほしいので、
離婚後のあらゆる不安や考えられるトラブルは
前もって知って両親にも私達姉弟にも
良き離婚だったと言えるようにしたいので、
アドバイスよろしくお願い致します。

いつも参考にさせていただいております。
両親の離婚後の生前贈与についてお聞きしたいことがあります。

今年中に父(54)、母(53)の離婚が成立します。
この二人の間には娘の私(29歳・既婚・籍は別)と息子(26歳・未婚)の
二人の実子がいます。
父はすでに他の女性がおり、
その女性には前夫との間に11歳、9歳、7歳の子供がいて、
親権はわかりませんが、一緒に暮らして育てています。

父と母の住まいは7年前に建ててローンもかなり残ってるのですが、
その家の資産分配の話のときに、
父は大きな今...続きを読む

Aベストアンサー

名義はお父様のままということですから、生前贈与ではなく相続財産になりますね。
もしも、亡くなられた場合、相続人は、(再婚すれば)再婚相手と(もし養子縁組した場合は)その3人のお子さん、それと実子二人ということになります。
遺言書を書いてもらって、家はあなたにと書いてもらった方がいいと思います。
再婚相手にも遺留分がありますので、他に財産が無い場合はもめる可能性もありますが・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報