世界じゅうで今、ミサイルとか、いろんな武器・弾薬とかの“商品”を作っている会社、つまり軍需産業に勤めている人は、何千万人(何億人?)くらいいるんでしょうか?
こういう人たちに「次の仕事」を見つけてあげないかぎり、ぜったいに戦争はなくならないと思うんですが-----
ある地域で戦争が終われば、軍需産業のセールスマンたちは、すぐに次の市場(戦闘地)を探しにいったり、あるいは火に油を注ぐようなことをしにいったりしてるんじゃないでしょうか? 売らんがために……
いったい、世界じゅうで、家族をふくめて何億人くらいの人が、軍需産業でご飯を食べているのかを知りたいのです。
戦争もこわい、失業もこわい、いまの人類社会……

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>戦争のない平和な人類社会を実現して、すべての軍需産業を、


>もう不要になったからと廃業に追いこむと、世界じゅうで失業者が
>あふれかえって、社会不安が沸騰し、しまいには第三次世界大戦が
>ボッパツ → とうとう人類滅亡、なんてことになりそうです。

慌てることはありません。
確かに一気に軍需産業を無くしてしまうと、そのダメージはものすごく大きいです。
しかし、時間をかけてゆっくりと削減すれば、デメリットは低くなります。
そして、軍需から民需への転換を計っていけばいいのです。


良い例がアメリカです。
冷戦が終わった後、アメリカ政府は軍事費を削減したため、軍需産業は低迷します
しかし、民需への転換がそこそこ成功したため、ダメージは少なくてすみました。

クリントン政権の時代ですが、軍事費が減ったために財政運用が楽になり、
長年の問題であった「双子の赤字」のうち、国家財政の赤字がなくなり黒字に
転じます。
クリントン政権の時代には、民間の経済も活性化し、つい最近にITバブルが
はじけるまで、アメリカ経済は記録的な好景気を迎えるわけです。


逆に失敗したのはロシア(旧ソ連)です。
ソ連は冷戦には負けましたが、冷戦の間に蓄積した軍事科学技術の中には
非常に高度な分野もありました。
しかし、受け皿となる民間の経済が未発達であったために、軍事技術の民間への
適用がうまくいかず、軍事費の削減によって軍需産業は大きなダメージを
受けました。


そもそも、現代の軍需産業というのは最先端科学の結集とも言えるほど高度な
ものです。
例えば、今使用しているインターネット、これも軍事技術の中から生まれました。
それからロケット。元々はICBM(大陸間弾道弾)を打ち上げるための技術です。
旧ソ連はICBMを大量に生産しました。今でも為替レートの関係もあるかと
思いますが、ロシアで衛星を打ち上げればコストがかなり安く済みます。

平和な世の中が訪れたら、最先端の軍事技術をどう役立てるか、じっくりと考えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 かさねてのご回答、たいへんありがとうございました。
 軍需から民需への転換……これがうまくいくかどうかに、人類の未来がかかっているんですね。
 逆に、不景気で民需が頭打ちなので、このさい軍需に転換!……なんてことを考える企業がたくさん出てきたら、ヒゲキですね。

お礼日時:2002/04/12 19:49

yumi18さん、こんばんは。



No.1の方がコメントしていますが、定義を明確にしない限り「全人類」
あるいは「全産業従事者」と言わざるを得ないでしょう。
例えば「兵器製造業者」のみをカウントするとかね。

現代の最新兵器はハイテクの固まりです。あらゆる素材・部品が使用されます。
そう考えると、たいていの製造業は軍需産業になってしまいます。

それから軍人さんもメシを食います。軍人さんにメシを供給している農業従事者
も軍需産業の関連者です。


ついでながら、誤解している箇所がありますので、指摘しておきます。

>ある地域で戦争が終われば、軍需産業のセールスマンたちは、すぐに次の市場
>(戦闘地)を探しにいったり、あるいは火に油を注ぐようなことをしにいった
>りしてるんじゃないでしょうか? 売らんがために……

まるで、エリア88のマッコイ爺さんみたい(笑。最近の若い人は知らんかも)
ですけど、そんなことをしている人は少数だと思います。

軍需産業は、扱っている商品が商品だけに国家の強い統制下にあります。
日本にも防衛産業があり、戦車なんかも作っていますが、日本国の方針上
国外に商品を売ることはしていなかったと思います。

軍需産業の本場のアメリカとて同様です。国の許可がないと海外に兵器を勝手
に売ったりすることはできません。
兵器以外にも、軍事用に転用されそうな商品は、海外への販売が厳しく規制
されています。たしかCOCOMだと思いましたが...


yumi18さんの想像力のたくましさはすばらしいと思います。
しかし、想像力が先行し過ぎて現実から浮いているように感じました。
もっと世界情勢を勉強して、現実感覚をしっかり身につけてください。
時事問題の専門家として、長谷川慶太郎先生の本がオススメです。


蛇足ながら、yumi18さんの意見が該当する国家が1国だけあります。
「朝鮮民主主義人民共和国」です。
かの国はミサイルの輸出以外に、外貨獲得の手段をほとんど持っていません。
アメリカや日本・韓国がどれだけ騒いでも、生き抜くためにミサイルの輸出
を続けざるをえないでしょう。

ミサイルの輸出を止めさせるには、ミサイル以外に外貨獲得の手段を北朝鮮
が持つ必要があります。北朝鮮が望めば、輸出産業育成支援の分野で交渉す
ることが可能になるかと思います。

この回答への補足

 ご回答いただき、たいへんありがとうございました。
 かんがえが浅かったと反省しています。私がえがいたのは「兵器製造業者」ですが、ご指摘のように、「現代の最新兵器はハイテクの固まりで、あらゆる素材・部品が使用されているので、たいていの製造業は軍需産業になってしまう」んですね。
 それにしても、アメリカをはじめ、いまでも多くの国で軍需産業が国の基幹産業になっていると聞きます。
 戦争のない平和な人類社会を実現して、すべての軍需産業を、もう不要になったからと廃業に追いこむと、世界じゅうで失業者があふれかえって、社会不安が沸騰し、しまいには第三次世界大戦がボッパツ → とうとう人類滅亡、なんてことになりそうです。
 けっきょく、そういった大きな破局を避けるために、世界じゅうで軍需産業を維持しつづけて、その販売マーケットとしての地域紛争や局地戦争を絶やさないようにしないといけないんでしょうか?? 失業対策事業としての、軍需産業……

補足日時:2002/04/08 18:46
    • good
    • 0

一体なにを以ってして「軍需産業」とするのかが明確で無いと,


場合によっては答えが「全人類」になり兼ねないとおもうので,
そこらへんの補足をお願いします。

例えば,弾薬にしても原料の化学系メーカーは固体燃料ロケットの燃料を開発したり,
戦闘機用の誘導ミサイルの燃料をつくっていますし,
電子機械になると民生品を軍用に使用されているケースも多々あります。

(しかしそこの線引きはかなり難しそう…。)

この回答への補足

 ご回答いただき、たいへんありがとうございました。
 なにをもって「軍需産業」とするか、深く考えていませんでした。単純に、戦争のときに直接使うものを製造している産業、といったイメージを抱いていました。 ところが、たとえばコタツの部品を主に作っている会社が、同時に武器・弾薬の部品を作っている、なんてこともあるんですね。
 世のなか、持ちつ持たれつで、すべて分業体制でやっていますから、考えようによっては、私をふくめて全人類が「軍需産業」に従事しているのかもしれせんね。ショック……

補足日時:2002/04/08 18:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイキンは軍需産業を担っている部分があると聞いたのですが、本当なのでし

ダイキンは軍需産業を担っている部分があると聞いたのですが、本当なのでしょうか。
ウワサでは、鉄砲玉を作っているとか!?

エアコン会社がそんなものを作っているようには思えないのですが
ご存知の方、お教えください。

Aベストアンサー

ダイキンの「会社情報 特機部門」を参照下さい。
いわく、
「特機部門では、各種砲弾、弾頭、信管、航空機部品などの防衛関連製品や、在宅酸素医療機器など、最高レベルの精度や性能、機能、品質が要求されるモノづくりに、 私たちの精密加工技術が役立っています。」
http://www.daikin.co.jp/company/jigyou/tokki.html

Qアメリカの銃規制と軍需産業の関係について

今、アメリカの銃規制と軍需産業の関係について調べているのですが、
やはり政府が銃規制ができない理由として、軍需産業の存在が大きいのでしょうか。
また、これらに関係したおすすめの参考文献や、インターネット上のサイトなどあれば教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずアメリカ合衆国憲法に1791年に権利章典(修正条項)制定され、銃の保持が権利とされています。
アメリカ合衆国は1775年から1783年独立戦争により独立したものです。

修正第2条:人民の武装権
規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有しまた携帯する権利は、これを侵してはならない。
アメリカ合衆国憲法修正条項 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%A9%E5%88%A9%E7%AB%A0%E5%85%B8_(%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB)

戦争によって人権や政治的な独立を勝ち取ったので
法に武装する権利が記されています。

憲法によって個人の銃保持権が保障されているとの考えは「個人権論」、州が民兵を維持することを認めているに過ぎないとの考えは「州権論」と呼ばれていますが、合衆国最高裁判所が結論を曖昧にしているため2つの考えの対立が続いています

銃規制 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%83%E8%A6%8F%E5%88%B6
世論調査では銃規制強化に賛成するものが多数だが、銃の所持そのものの禁止には反対するものが多数となっている。田舎では銃規制反対派、全廃派が多数だといわれる。

米国政治においては、民主党が銃規制に積極的で、共和党が規制に消極的とみられている。しかし両党ともに、世論や全米ライフル協会のような利益団体の敵意をかうまいという配慮から態度を鮮明にしない政治家が多い。アメリカ・リバタリアン党とアメリカ立憲党(Constitution Party)は、いかなるレベルの銃規制にも断固反対の立場をとっている。

アメリカの世論と全米ライフル協会の影響が強いみたいですね。
表では人権を謳う国連常任理事国が
影では死の商人、世界の武器輸出大国という矛盾を思い出しました。
米、イギリス、フランス、ロシア・・・・最近では中国とかね。
世界の武器輸出額の80%程度のシェアを
国連常任理事国が独占的しています。
いろいろ工業とか産業の兼ね合いもあるのでしょうね。
ご参考までに。

まずアメリカ合衆国憲法に1791年に権利章典(修正条項)制定され、銃の保持が権利とされています。
アメリカ合衆国は1775年から1783年独立戦争により独立したものです。

修正第2条:人民の武装権
規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有しまた携帯する権利は、これを侵してはならない。
アメリカ合衆国憲法修正条項 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%A9%E5%88%A9%E7%AB%A0%E5%85%B8_(%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB)

戦争によって人権や政治...続きを読む

Q原爆投下と非核三原則 戦争を知らない子供たち

真夏の東町公園の木陰で男女10名ほどが(戦争を知らない子供たち)をギターとともに合唱していました。私が木の上からそれを嘲っていますと、一人のメガネの女性が私の腕に噛み付き、なかなか離してくれませんでした。血がにじんだ歯形と女性の唾液をもってその場を私は去りましたが、あいつ結構凶暴だな、と感じたものです。

非核三原則に間違いはないのでしょうか。

Aベストアンサー

> 非核三原則に間違いはないのでしょうか。

それは歴史や結果が判断することですよ。

現時点では、今のところ戦争(憲法9条により自衛戦争に限定されますが・・)は起きていないので、有効性があるかも?くらいでしょう。
しかし未来においては、「核を作っとけば良かったなぁ~」「持ち込んでおけば助かったのに・・」なんてコトが無いとは言えませんね。

とは言え、そもそも非核三原則は「原則」に過ぎず、国法でも何でもないですよ。
核を作り、核保有国になっても、罰則などは無いですし。
一応、核不拡散条約に批准してますので、その制約は受けますが、破棄したところで、直ちに世界中から非難されると言うコトにもならないでしょう。
「間違い」が有っても無くても、ドッチでも構わない様なモノとも言えますね。

それと特に「持ち込ませず」については、実質、全くの無意味な原則です。
日米安保条約上、米軍が「〇〇基地に置いてるかもね?」なんてコトを漏らしたところで、日本側には、独自に調査や確認する術は無いですから。
アメリカさんの一存で、「持ち込む/持ち込まない」は決定されます。

ってコトで、「非核三原則」なんてのは、「非核二原則と一理念」とか、下手すりゃ「非核三目標」くらいのモノかと思います。
そもそも「間違い」がある原則と言えるかも?

とは言え、ソレが日本とか日米安保の核抑止力の正体じゃないですかね?
核兵器なんてモノは、「オバケ」みたなモノだから。
恐らくは「出ない」けど、もし出たら「恐い」んですよね。
あるいは、正体・得体が知れないから価値があると言いますか。

従い「日本に有るヨ!」もダメなら、「日本には絶対に無い!」もダメ。
国民でさえ、「まず無いと思うよ。でも、もしかしたら持ち込みくらいはあるかも?」と言う状態だから、諸外国はもっと疑心暗鬼でしょう。

相手国の軍事戦略的にもそういう状況はソコソコ厄介になります。
日本に核兵器が「無いだろう派」と、「有るかも派」も存在することになり、対日戦略が一枚岩にはなりませんので。

そう言う観点から言いますと、最善かどうかは別として、「非核三原則」と言う、平和主義的であり、かつ、まるで重要な国法であるかの様に扱いつつも、実は極めてあいまいで、ほとんど実質性の無い「原則」を掲げるのは、なかなか上手いやり方かも知れません。

> 非核三原則に間違いはないのでしょうか。

それは歴史や結果が判断することですよ。

現時点では、今のところ戦争(憲法9条により自衛戦争に限定されますが・・)は起きていないので、有効性があるかも?くらいでしょう。
しかし未来においては、「核を作っとけば良かったなぁ~」「持ち込んでおけば助かったのに・・」なんてコトが無いとは言えませんね。

とは言え、そもそも非核三原則は「原則」に過ぎず、国法でも何でもないですよ。
核を作り、核保有国になっても、罰則などは無いですし。
一応、核不拡...続きを読む

Q夜訪問するセールスマンって?

こんな時間(PM9時)なのに、住宅関連のセールスマンがやって来て、「下からの気付かれない湿気のチェック」だとかで、「お風呂場の位置」を聞かれウッカリ「北側のアッチです」と答えてしまいました。
「外から入れないから家に上げて」と言うので、さすがに「今お風呂使っています」と言いました。(本当は一人でした)「家は建て直すので」とお引取りいただきました。(もちろんウソです)
「ヤマヒサ」の名刺を胸に付け、「研修中」と添え書きがありました。ペティグリーチャムの犬用ビーフジャーキーを貰いました。吠える前から用意してあったようです。
夫が入浴中の振りをしましたが、離婚して娘と二人暮しだとかも、知っていたらどうしましょう?
心配なのは、お風呂の窓から入ろうとしている泥棒?本当にセールスマン?なぜ内が犬を飼っているのを知っているの?(吠えますが一応家の中に居ます)
うっかりお風呂の位置を教えてしまい、大丈夫かなと、とても気掛かりです。

Aベストアンサー

みなさんのアドバイスも、mi-chanさんのその後の行動もはやく、
読ませていただき、感心いたしました。
会社に抗議なさったのだし、もうこ来ないのでは・・と願いたいですが
気持ちの問題としても、今後のこともありますので、
わたくしが知った防犯対策をご紹介いたします。
(以前、防犯用品のメーカーさんがメールマガジンで教えて下さいました)

チカン対策の身に付けるブザー(紐をひっぱると大きな音がするもの)を
ドアや窓に取り付けるというものです。
外から見えないようにすれば、夏場は網戸にも応用できます。
比較的安価で、すぐできるので、心配でしたら
ぜひ参考にしてください。
環境として、ご近所の方々との協力関係も望めそうですので
気にせず、元気をだして行きましょう。

Q何億年の財産をどうするつもりか

人間が作ったものにより、
今までの自然によるものが、
壊れています。

資源も後、数百年しか無い。

数値で考えると、
人類は絶望するのまま逃れないと思います。

しかし、80年しか生きない人間は、そんなことは考えません。
保護や節約の同期は、常に80年のためにある。

おそらく、後20年後に生まれる、人間は、
絶望の縁で苦しむのではないでしょうか。

どうすれば、
人類の考えが変わりますか。
質問が抽象的ですが、

指針となる考えが有る方が、
いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

地球の資源を根こそぎにししている地球人は、全滅へと突き進んでいる。なぜなら、世界的に人口過剰であることに気付きもしないからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報