CanonのMac用プリンタに”BJ5500J”というA2対応プリンターがありますが、シリアルのプリンターです。USBのプリンターでA2対応のものがあったら教えて下さい。あくまでもA2まで対応のものでさがしています。A1は大きすぎるのです。わがままですいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

最近ではEPSON、キャノン、ヒューレットパッカードなどマック対応のプリンタメーカーだとA3のびを越えると一気にA1までになってしまいます。



エプソンから出ていたMJ-8000CかMJ-6000CにUSB変換ケーブル(PRCB8N)を使って接続するというのではだめでしょうか?

http://www.i-love-epson.co.jp/products/printer/i …

これなら秋場館などで手に入ります。

http://www.akibakan.com/AkibakanV3_5/SilverStrea …

参考URL:http://www.i-love-epson.co.jp/products/printer/i …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリンターのインクについて

エプソンのPX-A640というプリンターを買いました。このプリンターのインクは顔料インクで、実は以前使っていたプリンターの詰め替えインクが染料インクです。色々調べてみると顔料インクは目詰まりしやすく、染料インクは目詰まりしにくいと言うことがわかりました。印刷の綺麗さにはあまりこだわらないのですが、枚数を沢山印刷するためにどうしても詰め替えインクでないとインク代が高くてしょうがありません。顔料インクようのこのプリンターに染料インクを詰め替えても問題はないでしょうか。プリンターさえ故障しなければ印刷の質にはあまりこだわらないのですが。

Aベストアンサー

 原理を考えたら判りますよ

染料用のインクジェットプリンターのインク噴出し口の大きさよりも顔料用プリンターのほうが大きいので、余分なインクが出て行きます

印刷に必要では無い余ったインクはその辺に付着して時間が経つと固まります、固まりが酷くなると(大きくなると)元の吹き出し口を塞いでしまってインクが出て来なくなります

それで故障。

QCanon プリンター BJ960iとiP4600 との違い

現在Canonのプリンター BJ960iを使用しています。

数日前よりフォトマゼンタがまったく印刷されず、クリーナーやプリントヘッドの掃除をしても改善できないため買い替えを思案中です。

iP4600が価格も安く手ごろかなと思っています。

写真は写真屋さんにお願いしているので、ほとんどの使用目的が
CDやDVDのラベル印刷や、インターネットのページの印刷、
ワードやエクセルなどで作った文章の印刷などです。

素人なのでよくわからないのですが
解像度をみると960iは4800×2400
iP4600は9600×2400と
iP4600の方が高いのでiP4600の方が画質がいいのかな?と思うのですが
インクが960iは6色、iP4600の方は5色とインク数が少ないのでどうなのかな?と思っています。

今まで、960iを使っていて印刷の仕上がり具合に不備を感じたことはありません。
なので、960iぐらい印刷できればいいと思っています。

以上のことを考慮してiP4600はオススメでしょうか?

教えてください。

現在Canonのプリンター BJ960iを使用しています。

数日前よりフォトマゼンタがまったく印刷されず、クリーナーやプリントヘッドの掃除をしても改善できないため買い替えを思案中です。

iP4600が価格も安く手ごろかなと思っています。

写真は写真屋さんにお願いしているので、ほとんどの使用目的が
CDやDVDのラベル印刷や、インターネットのページの印刷、
ワードやエクセルなどで作った文章の印刷などです。

素人なのでよくわからないのですが
解像度をみると960iは4800×2400
iP4600は9600×2400...続きを読む

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

BJ 960i ではなく、PIXUS 960iですね。

まず、結論として、現在のキヤノンでノーマルのプリンタではiP4600が最上位機種となってしまいます。
これよりもスペックが上の機種となると、複合機のMP980かPro9000となります。

さて、ご質問の6色の件ですけど、
理論上の話ではシアン、マゼンタ、イエローの3色ですべての色が表せるのですが、理論上の完璧な色材が存在しないためと、
黒はよく使うため、印刷に時間がかかるのは不都合(3回噴射しますので)
3倍のインクを吹きつけるので、紙が乾かない
等の理由で黒インクが装備されます。
ただ、カラーインクはその色よりも薄い色は表現できないため、薄い色はドットを間引いて印刷します。
そうするとザラザラした粒状感が出ることがあり、薄いインクを装備してそのレベルを下げたのがフォトインクモデルです。

しかしながら、最近はインクの粒が非常に小さくなり、間引いても粒状感を感じにくくなったことでフォトインクモデルは減っています。
実用的に問題は無いという判断です。
実際、最新のMP980は6色モデルですが、これはiP4600の5色にグレーを加えたものでフォトモデルではありませんが、画質の評価は高いですね。

さて、黒インクはよく使うと申しましたが、それは普通紙に使うのが圧倒的に多いですね。
普通紙は繊維の密度が低く、染料インクなどでは滲みやすいという問題がありました。そこで98年頃のモデルから黒のインクは顔料インクを装備するようになりました。
ところが、顔料インクは写真紙には不向きなので写真印刷は3色で行っていました。そのため黒のシマリが問題になったり、暗い写真ではにじみの問題も無視できませんでした。
そこで写真用の染料ブラックを装備したのが5色モデルなのです。


もう一つ、解像度の問題ですけど、9600×2400dpiの表示の後に「横×縦」の表示は無かったでしょうか?
ヘッドのノズルは紙の送り方向に対して縦に配置されています。
それを左右に動かして印刷しますので、縦の解像度はヘッド自体のノズル密度、横の解像度はヘッドの移動の制御で決まってきます。
横の解像度は時間を無視すれば、モーターをゆっくり回転させてモーターの回転を細かく制御していけば、どこまででも上げることは不可能ではありません(理屈の話ですけど)

ですから、ヘッド自体の能力としては同等と考えてよいでしょう。

ただ、iP4600の方は最小のインク滴サイズを1pl(ピコリットル)と表示されていますが、960iでは表示されていない時代です。
おそらく2~3程度とは思いますが・・・

そういう意味ではiP4600の方が高画質と考えることも出来ますね。

あと、CD、DVDのレーベル印刷は複合機はトレイの挿入口が奥の方になってしまいますので、若干の使いにくさもあります。

プリンタの修理屋です。

BJ 960i ではなく、PIXUS 960iですね。

まず、結論として、現在のキヤノンでノーマルのプリンタではiP4600が最上位機種となってしまいます。
これよりもスペックが上の機種となると、複合機のMP980かPro9000となります。

さて、ご質問の6色の件ですけど、
理論上の話ではシアン、マゼンタ、イエローの3色ですべての色が表せるのですが、理論上の完璧な色材が存在しないためと、
黒はよく使うため、印刷に時間がかかるのは不都合(3回噴射しますので)
3倍のインクを吹き...続きを読む

Qインクジェットプリンターの互換インクは問題ないか?

インクジェットプリンターの互換インクですが、昔、純正インクを使わずにプリンターが故障し、メーカーから「純正インクを使っていないでしょう」といわれ、その後はずっと、純正インクを購入しています。

最近は、大手家電店でも通常で互換インクも売っていますから、故障したりはしないのでしょうか。

キャノンのインクジェットプリンターMP610のBCI-7eシリーズです。

Aベストアンサー

純正インクを使っていても非純正のインクを使っていても壊れるものは壊れます。
純正インクを使っていて壊れないなんて夢のような話はありません。

メーカーは、インクで利益を上げていますから純正インクをとなります。
特にキヤノンなんて、互換インクメーカーと裁判をしたりしていますから、よい例ですね

メーカーは、純正インクでしか動作確認を行っておりませんから、純正インクを使えってなります。互換インクでは動作確認をしていないから、どのようになるか、分からないし責任を持てないから、純正インクをってなります。 メーカーとしては当たり前のことを言っているだけです。 


ちなみに、”キヤノン”が日本名では正しい会社名だったりします。

QCANON BJ F600のプリンターの灰インクの取り替え方法

こんにちわ。
知人からキャノンのBJ F600のプリンターを貰いました。
電源をつけた段階でエラーが出てしまい。
エラーナンバーからいって、どうやら灰インクタンクエラーだと思われます。
ネットで色々調べたのですが。
このBJ F600の分解をし、インクタンクを洗う方法を探したいのですが。
適切なサイトはありますでしょうか。

お時間あるかた、是非とも宜しくお願いします。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

まず、「灰インク」ではなく「廃インク」です。

回答にはなっていませんけど、1998年に発売された機種で、メーカーの保守も終わっています。
また、来年の半ばをメドにBJカートリッジ(ヘッド+インク)の供給も終わります。

まず、この頃の機種はエラー表示も今とは違い、非常に分かりにくく、我々も悩まされました。
今のヘッドと違ってインクを2~3回交換すると寿命になってしまうようなヘッドでしたし、目詰まりよりも電気的なエラーが多く発生するヘッドでした。
さらに悪いことに、廃インクエラーなどの方が先に表示されて、廃インクエラーを直したらヘッドエラーが隠れていたという事もあります。
BJカートリッジを2つとも交換すると(どちらが悪いという表示は出ませんので、交換してみるしかありません)、1万円近くかかります。
その可能性は非常に高いと思われます。

さらに、廃インクエラーとすればメモリのリセットも必要になりますが、その方法は一般には公開されていません。

廃インク吸収体は特殊なフェルト状で、大量のインクを吸収しているので、水洗いも半端な作業ではありません。
さらに、洗浄後に絞って干すとかなり縮んだ記憶もあります(実はやったことがあります)。
インクが飛び散って周りが汚れることもあり、苦労してリセットできたとしても、BJカートリッジで1万円では割に合いません。


機械を分解してみるのが好きとか別の理由があるのでしたら止めませんけど、「使えるかも」程度でしたら、素直にあきらめたほうが良いです。

プリンタの修理屋です。

まず、「灰インク」ではなく「廃インク」です。

回答にはなっていませんけど、1998年に発売された機種で、メーカーの保守も終わっています。
また、来年の半ばをメドにBJカートリッジ(ヘッド+インク)の供給も終わります。

まず、この頃の機種はエラー表示も今とは違い、非常に分かりにくく、我々も悩まされました。
今のヘッドと違ってインクを2~3回交換すると寿命になってしまうようなヘッドでしたし、目詰まりよりも電気的なエラーが多く発生するヘッドでした。
さら...続きを読む

Qプリンターのインク同じメーカーなら使えますか?

エプソンのプリンターを使っていましたが、故障してしまい使えなくなりました。
新しくプリンターを買う予定ですが、今まで使っていたプリンターはすでに販売しておらず、未使用のインクが残っています。
もったいないのでできれば使いたいのですが、インクの箱に書いてある適合機種以外のプリンターでも同じエプソンのプリンターなら使えたりしますか?
それとインク詰まりはプリンターをあまり使わないと起こるものなんですか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 適合機種以外のプリンターでも同じエプソンの
同じメーカーでも同じ型番のインクを使う機種でないと無理です。
カートリッジの形状、チップ、インクの質が異なります。
インクの箱に書いていない新しい機種でも同じ型番のインクを使うならOK。
メーカーのサイトとかに消耗品としてインク出ているから、手持ちのインクが同じ物か確かめればわかります。

使えないならリサイクルショップやオークションで売るか廃棄するか、プリンター本体を修理に出すかですね。

> インク詰まりはプリンターをあまり使わないと起こる
1ヶ月とか放置していたらノズルが乾いて詰る原因になります。
インクも自然蒸発します。
よくあるのが年賀状くらいしか使わないで、次のシーズンに使おうと思ったら乾いて詰っていた。

最低でも週1回とか電源を入れる、月に1回は無駄な印刷をするとかは必要です。
電源を入れれば自動でノズルのクリーニングが行われます。当然インクは消耗しますが詰ってからのクリーニングで浪費するのや修理に比べたら微々たる物です。

QCanon BJプリンタ用熱転写用紙

過去の質問を見て、Canonのバブルジェットはインクジェットの一部であるような認識をしました。

ここにCanonの「カラーBJ用Tシャツ転写紙」があります。
家のプリンターはHPの一般的なインクジェットプリンターですが、(HP deskjet957c)

この組み合わせは大丈夫ですか?

ちなみにプリントしたいのはのれんなので、洗濯とかはほぼありません。

Aベストアンサー

インクジェットプリンタでOKです。
カラーBJ用Tシャツ転写紙は、「転写したい物への熱転写」です。
印刷は普通のインクジェット式プリンタで行います。
その後、転写したい物へ「アイロンで熱転写」になります。

Qプリンターインク

プリンターのインクはリサイクルインクではなく純正を使うべきという意見がありますが、私はリサイクルでもいいのではと思っています。プリンターメーカーは純正でないとインクに起因する不具合が生じても責任は持てないなどと言います。プリンターメーカーはプリンターそのものは安くしてもインクで利益を出しているという人もいます。純正インクは結構高いですから。そこでお尋ねするのですが、それでもやはり純正にすべきでしょうか、それともリサイクルで十分でしょうか。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

まず、法的な話を。
メーカーがどうしても非純正インクを使って欲しくなければ、「使用禁止」なんていう表現を使えばすむわけですし、ICチップなんていう甘い方法ではなく、もっとえげつない方法だってあるはずです。

でも、現状はICチップをつけたり、インクタンクのデザインを変更したりして、非純正インクメーカーの対応を遅らせる程度のことしか出来ていません。

実は、強力な手を打つと独占禁止法などに抵触する恐れがあるという事で、現状程度のことしか出来ません。


また、「プリンターメーカーはプリンターそのものは安くしてもインクで利益を出しているという人もいます。」と言うのは、少々誤解があって、「プリンタ産業はインクで利益を出すためにプリンタを作っている産業」というのが正しいです。
メーカーにしてみれば、インクが売れなければプリンタの開発費も回収できませんし、会社を維持するための利益も出ないわけです。


まあ、こういったことはユーザーには全く関係のない話ですし、好きな物をチョイスしてもらえば問題ないと思いますよ。


ただ、それに伴うプリンタの不具合は結構多く、プリンタ本体の買換え費用で赤字というケースも少なくないような気がします。
また、どうしてインク代で苦しむほど印刷するのかはいまだに疑問です。
個人ユーザーであれば、1年に一度か二度インクを1セット購入すれば済むような気もします。
私は仕事で使っていますけど、一ヶ月に1本程度です。
一ヶ月に1,000円程度のコストです。

どうして、その印刷物が必要なのかという理由は考えても良いのでは?
企業でコストダウンを考えるときは、まず印刷物を減らすことから始めますので。

プリンタの修理屋です。

まず、法的な話を。
メーカーがどうしても非純正インクを使って欲しくなければ、「使用禁止」なんていう表現を使えばすむわけですし、ICチップなんていう甘い方法ではなく、もっとえげつない方法だってあるはずです。

でも、現状はICチップをつけたり、インクタンクのデザインを変更したりして、非純正インクメーカーの対応を遅らせる程度のことしか出来ていません。

実は、強力な手を打つと独占禁止法などに抵触する恐れがあるという事で、現状程度のことしか出来ません。


また...続きを読む

QCanon BJ F800で印刷できません

お世話になります。オークションで購入を検討中ですが、インクカートリッジの接点が汚れているというエラーメッセージが出て印刷できないそうです。
インクはヘッドも付いている商品のようですし、黒を交換してみたそうです。
ヘッドクリーニングもしてみたそうです。
今使っているプリンターとインクが同じなので、治せそうなら入札しようかどうか迷っています。
カラーカートリッジはインクのみの交換でヘッド付きのインクカートリッジは交換していないそうです。カラーカートリッジは持っているので、これで治れば安い買い物なので余計 迷っています。
自分のパソコンのOSは98SEです。
修理に出すしかないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

BJ-F800を使っていますが、インクカートリッジの接点が汚れているというメッセージは
出たことがないです。(使用頻度が高くないので)

メッセージ通りの文章が表示されるのであれば、ヘッドを交換しても直る確立は50%以下です。
原因として
・ヘッドが悪い
・ただの故障
・ヘッドとプリンタとの信号伝達部分の金属部分の接点が汚れている
だと思われます。

ヘッドが悪い と 接点が汚れているのであれば、直る確立は高くなりますが完全ではありません。

BJ-F800なら、エラー時に「ピー」と音が鳴ります。そのときの音の回数で大体のエラー状態が
推測できます。たしか、HPにも音の回数の表があったと思います。一度出品者に確認してみてはどうでしょう。

Q古くなったプリンターでエコインクを使いたいが

新しいプリンターを購入してCanonのMP970をサブプリンターとして使う事にしました。
そこでMP970で互換インクに切り替えたいのですが、インクの残量がまだあります。
メーカーインクと混ざるとよくないという話をよく聞きます。
1色でもインクが無くなるとプリンターが動かなくなるので
互換インクを使っている方、インクの切り替えはどのように行ったか教えてください。

Aベストアンサー

>1色でもインクが無くなるとプリンターが動かなくなるので

インクは粒になって噴出後、沢山の粒の集合として混ざった色に見えるのです。
つまり、インクは紙の上でさえ混ざりません。

ちなみに、JIS規格の有る物や、同等製品、システム上規格に合致するものが互換品。
成分等違うので互換インクと呼べるものは存在しません。

使う使わないは、個人の自由。止めは致しません。
ただし、サードパーティー製インクを使用した場合、故障しても修理さえ受け付けて貰えない他、正確な色が出ない退色が早いなどのトラブルは自己責任です。

QCANONキャノンBJ S500作動不良

タイトルの「キャノンBJ S500」を使用しています。
先日ホームセンターでリサイクルのインクを購入し使っていたら、突然パイロットランプ(オレンジ)が点滅して作動しなくなりました。
点滅回数は7回でサポートセンターへ連絡したところ修理に¥7,000必要といわれました。
簡単に回避する方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

オレンジだけで7回ならヘッド不良。オレンジとグリーンの交互点滅で7回なら廃インクが満杯です。
前者であればヘッドを購入してご自分で治すことも可能です。
後者であれば修理が必要です。

ヘッドはキヤノンのオンラインショップでも購入可能です。

ただし、極まれにメイン基板や電源ユニットのトラブルでヘッドが不良になるケースもあります。
修理に出すのが一番確実ですが、中古を購入するか、この機会に更新するのも手ではないでしょうか?

現行のiP4300か、iP3300が後継に当たりますが、劣っているのは耐久性だけです。特にiP3300は極端に落としたようですが、価格もそれなりに下がっています。

参考URL:http://store.canon.jp/user/ListProducts/list?svid=2&sc=BJSS06&jsp=/jsp/search/search_product.jsp


人気Q&Aランキング