不謹慎な話なのですが私の祖母が死んで葬式をしました。
葬式になるべくやすく済ませたのに200万かかるのはどうでしょう。
もし、格安の葬儀屋があったらいっぱいくるような気がするのですが。
でもやっぱり亡くなった人をきちんと見送る(?)と言うことが大事と思うので
需要はないでしょうか?
私見を述べれば死んでしまったもんをどんな金かけようと関係ないような気がします。
こういう考え方をする若い人が増えてくるような気がするのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

色々な人の葬儀に参加してますが、最近、特に葬儀もイベント化してますね。



「在りし日のお姿を...」などとビデオ上映などされたりして、本当に不謹慎な話ですが、私は吹き出してしまったことがあります。マジ。

披露宴にしろ葬式にしろ、一生に一度のことだから(特に葬式は)、思い出に残るようなものを、等と言われれば、お金を掛けたい気になるのは仕方ないかも知れませんが、基本的には無駄なお金だと、私も思います。

最近は、著名人でも葬儀をなくして、散骨を希望する人などが増えているようですが、私も家族には葬儀の必要はないと宣言しています。

しかし、特に田舎では、「あの家は亭主が死んだのに葬式もあげんと...」などと陰口をたたかれたり、本人の遺志はともかく、その親兄弟から「タカシ(仮名)は葬式もあげてもらえんで...ううう(泣)」等といわれたりするのが関の山ですね。

外人みたいに、生前好きだった、例えば音楽の流れる明るい?雰囲気で死者を天国に送り出すような、ああいう葬儀が、本当に死者のことを考えた心のこもった葬式なような気がするのですが、先述のような村意識・家意識がなくならない限り、一般的にはならないでしょうね。

ただし、生協とか共済組合などで安上がりな葬儀を上げることは可能みたいですよ。
    • good
    • 0

日本社会は、いじめに象徴されるように、「みんな同じ」でないと排除する傾向があります。


葬儀も同じです。死ぬ本人や家族が質素にしようとしても、近所や親戚の目を気にして、予定よりランクを上げることになってしまいます。
低価格(40~50万円)の葬儀は、お金を出せない人に限られてしまいます。
ムダなものにお金を出さない考えの人が増えても、日本的な考えのほうが抵抗勢力として、根強く残っていくでしょう。困ったものですが。
    • good
    • 0

親戚のお葬式で、すごく質素にやったけどやっぱり100万程度はかかりました。


普通にやれば、やっぱり200万程度はするのではないのでしょうか?
でもやっぱり、送る側の気持ちだと思いますよ。故人の考えも尊重しながらあげればよいと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング