不謹慎な話なのですが私の祖母が死んで葬式をしました。
葬式になるべくやすく済ませたのに200万かかるのはどうでしょう。
もし、格安の葬儀屋があったらいっぱいくるような気がするのですが。
でもやっぱり亡くなった人をきちんと見送る(?)と言うことが大事と思うので
需要はないでしょうか?
私見を述べれば死んでしまったもんをどんな金かけようと関係ないような気がします。
こういう考え方をする若い人が増えてくるような気がするのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

色々な人の葬儀に参加してますが、最近、特に葬儀もイベント化してますね。



「在りし日のお姿を...」などとビデオ上映などされたりして、本当に不謹慎な話ですが、私は吹き出してしまったことがあります。マジ。

披露宴にしろ葬式にしろ、一生に一度のことだから(特に葬式は)、思い出に残るようなものを、等と言われれば、お金を掛けたい気になるのは仕方ないかも知れませんが、基本的には無駄なお金だと、私も思います。

最近は、著名人でも葬儀をなくして、散骨を希望する人などが増えているようですが、私も家族には葬儀の必要はないと宣言しています。

しかし、特に田舎では、「あの家は亭主が死んだのに葬式もあげんと...」などと陰口をたたかれたり、本人の遺志はともかく、その親兄弟から「タカシ(仮名)は葬式もあげてもらえんで...ううう(泣)」等といわれたりするのが関の山ですね。

外人みたいに、生前好きだった、例えば音楽の流れる明るい?雰囲気で死者を天国に送り出すような、ああいう葬儀が、本当に死者のことを考えた心のこもった葬式なような気がするのですが、先述のような村意識・家意識がなくならない限り、一般的にはならないでしょうね。

ただし、生協とか共済組合などで安上がりな葬儀を上げることは可能みたいですよ。
    • good
    • 0

日本社会は、いじめに象徴されるように、「みんな同じ」でないと排除する傾向があります。


葬儀も同じです。死ぬ本人や家族が質素にしようとしても、近所や親戚の目を気にして、予定よりランクを上げることになってしまいます。
低価格(40~50万円)の葬儀は、お金を出せない人に限られてしまいます。
ムダなものにお金を出さない考えの人が増えても、日本的な考えのほうが抵抗勢力として、根強く残っていくでしょう。困ったものですが。
    • good
    • 0

親戚のお葬式で、すごく質素にやったけどやっぱり100万程度はかかりました。


普通にやれば、やっぱり200万程度はするのではないのでしょうか?
でもやっぱり、送る側の気持ちだと思いますよ。故人の考えも尊重しながらあげればよいと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q葬式前に準備しておく「葬式ネクタイ(黒のネクタイ)」

上司の母親の葬式です。死期が近づいているのが判っていましたもので、会社に「葬式ネクタイ(黒のネクタイ)」をあらかじめ準備しておきました(通夜に会社帰りに寄れるように:背広は喪章で済ますつもりです)。でも、よく考えると、これは言葉は悪いのですが「死を待っていて...」と受け取られる可能性があるので、使用すると、失礼に当たるのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

失礼ではないと思います。

宗派によって違うのだろうけれども
故人にむかい(式に赴き)故人を想う時間を提供することが大事なので、格好は重要ではないのですが。

黒色で喪に服す姿勢を見せていることをどうとらえるか・・・・・
ご家族の方にゆだねられますね。
誠意をみせれば失礼はないと思います。

Q死にたいと思うようになって来ました

職場で上司から暴力を受けてから
人間関係がギクシャクしだして、上手くコミュニケーションが
取れなくなってしまいました。

何とかしなければ・・・と努力すればするほど空周りする状態で、
最近では暴力は無くなってきたものの、
人格を否定するような暴言と、1人では無理な仕事量を回され、
ノイローゼ寸前です。

もともと人に相談するのが苦手なので
物事を抱え込みやすい性格だと思います。

このまま今の会社でやっていくのは精神的に困難だと思い
勇気を出して妻に相談してみたら、
聞きいれてもらえず、もうかなりまいっています・・・

最近では死んだ方が楽なんじゃないかと思うようになり、
自分が自分じゃないみたいです・・・

どうしたら楽になれるでしょうか・・・

Aベストアンサー

人間があの世からこの世に生まれてくるのは、この世でいろいろと学習して魂を成長させるためです。
その学習舞台は、大きく分けると、現代なら3つだと思います。

1)職場(学校)
2)家庭
3)地域社会

つまりは、職場は人生全体の1/3の価値部分でしかありません。しかも、「河岸を変える」という言葉もあるように、この3つは変える事が可能です。(なお、死んであの世に帰るときは、この3つは無意味となり、心だけを持って帰るわけですので、究極的には、これら3つは単なる手段であり、心の成長という目的のためには「全て捨てる」という、出家のような判断も有りです。)

この中の1/3がダメで、しかもそれを変えるためのチャレンジもやっていないで人生を諦めるのは、海外から「バカ」と評価されている鳩山総理以下の判断力だと思いますよ。

たぶん質問者さんは、上司の暴力と言動によって「逃げ場はない!」と洗脳されている状態でしょうね。ニュースでDVの夫や恋人のひどい暴力に会いながらも、別れられないのと同じ精神状態といえるでしょう。

もちろん、上司は、質問者を会社に縛り付けて仕事をさせることでメリットがありますし、痛めつけられ苦しむ質問者さんを見ることで、サディズムを満足させるというメリットもあります。

通常は、配偶者が「会社やめればいいよ」と言うところですが、経済を優先する女性ですと、「何を言っているの!」と一蹴することもあるかもしれませんが、辞めちゃえばいいのではと思えます。


あるいは別の方法として、現在「死にたい!」とまで思われているなら、「どうせ死ぬなら上司に反撃した後で死のう」と覚悟を決め、次に無理な仕事を回されたとき、あるいは暴言を吐かれたときに、上司の顔を血が出るほどぶちのめすのもいいと思います。自分が死のうと思う原因になった人ですから、自分自身では「正当防衛」と納得できると思います。
それで会社を首になれば、望むところでしょうし、もしかすると上司の態度が変化するかもしれませんよ。

ちなみに、その一撃を効果有るものとするために、空手等の道場に通うとか、それが無理なら書籍を購入して、自分が繰り出しやすい技を研究してみてください。しゃがんで泣くマネをして、近寄ってきたら”ジャンプ一発で頭突き!”をアゴに喰らわせるってのもいいかもしれません。

人間があの世からこの世に生まれてくるのは、この世でいろいろと学習して魂を成長させるためです。
その学習舞台は、大きく分けると、現代なら3つだと思います。

1)職場(学校)
2)家庭
3)地域社会

つまりは、職場は人生全体の1/3の価値部分でしかありません。しかも、「河岸を変える」という言葉もあるように、この3つは変える事が可能です。(なお、死んであの世に帰るときは、この3つは無意味となり、心だけを持って帰るわけですので、究極的には、これら3つは単なる手段であり、心の成...続きを読む

Q先日辞表を持ってくるように言われたのですが

こんにちは。先日、勤めている会社から辞表を持ってくるように言われました。ちなみに業種は金融業です。

何故辞めるように言われたかというと、自分の持っているカードローンの使い方が金融マンとしてあまりにもひどく、このままいけばいずれお客様のお金にも手を出してしまう可能性があるからとのことでした。

しかし、自分でもこのままではいけないと思い、9月にマイカーローンを借り換えたり、10月に金利の低いローンを組んでカードローンと借り換えし、今持っているカードローンは解約してしまおうと支店長や先輩とは話していました。(ちなみにカードローンは上限いっぱいまで使っていません。)

確かに金の使い方は荒かったとはいえ、あくまで自分の金だから使っていたに過ぎず、これから無理のない返済をしていこうと思っていた矢先の出来事だったので、かなり気が動転しています。また、私のカードローンの利用履歴が発覚してからわずか2日後の宣告だったので、正直気持ちがまとまらないです。

このケースは不当な解雇に当たるのではないでしょうか?返答お待ちしております。

よろしくお願いします。

こんにちは。先日、勤めている会社から辞表を持ってくるように言われました。ちなみに業種は金融業です。

何故辞めるように言われたかというと、自分の持っているカードローンの使い方が金融マンとしてあまりにもひどく、このままいけばいずれお客様のお金にも手を出してしまう可能性があるからとのことでした。

しかし、自分でもこのままではいけないと思い、9月にマイカーローンを借り換えたり、10月に金利の低いローンを組んでカードローンと借り換えし、今持っているカードローンは解約してしまおうと支...続きを読む

Aベストアンサー

会社から、きちんとした説明をしてもらうべきでしょうね。労働契約書や職務規定・就業規則なども確認すべきでしょう。
その上で、会社の主張が正しい、あなたの行動が契約書や就業規則などに違反しているなら、会社の主張は正しいということでしょう。

ただし、明らかに何らの違反するもの、瑕疵がない場合には、しっかり会社と話し合うべきでしょう。
あなたから改善する約束や覚書を提出することで、会社も妥協するかもしれません。

いずれにせよ、相互に納得するまで話し合うのが基本でしょう。

Qいつも小さなミスばかり、謝るけれど気にしてないような。。。

会社にいつも小さな?ミスばかりする人が居ます。

・取引先はもちろん、当社の社名を間違える。
・担当者はもちろん、当社の社長の名前を間違える。
・メールを間違った相手先に送る。
・BCCで送るところを、CCで送る。
・書類の確認を十分にしてないので、内容の解釈が間違っている。
、、、その他モロモロ。

優しく注意したり、こうしたら間違えませんよと教えると、
申し訳ございませんと頭を下げたりと丁寧なのですが、次の日必ず上記のうちどれかをします。

頭の?病気とかではないと思うのですが、私から見ると注意されていることがそんなに重大なことだと思っていないようです。
頭を下げて謝るとケロッとしているので。。。

こういう人って他の会社に居るのでしょうか?
またどう対処?したらいいのでしょうか?
いちいちその人のメールや書類を確認しないといけないのでしょうか?
かなり悩んでいます、どうか何かお知恵をお貸しください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

うちにも居たな~そんな人。
今だから笑って話せるけど毎日その人のすること確認しないといけないの・・・「確認するから見せてね。」って言っても、自分で間違ったことしてました。(本人は出来るつもり?気を利かせたつもり?)
最後はわざとミスしてるんじゃないかと思うくらい・・・

幸い私の会社は小さく、上司に伝えたので使用期間内で辞めて頂きましたけどね。
・・・まさか同一人物では無いでしょうね(笑)
上司に報告、辞めていただけないのなら大事な仕事はまわさない。それしかありませんね。

Q翻訳家は、将来、有望な職でないような気がするのですが?どうでしょう?

■親戚の子が、将来は、「翻訳家」になりたいといっています。
しかし、近ごろでは、翻訳ソフトなどもすすみ、何十年後は、もっと素晴らしい高性能のソフトが開発されるのではと思います。

そうなれば、翻訳家という職業は、必要なくなりますよね。(もちろん、優秀な翻訳家や、正確なニュアンスまで伝えるような場合は必要なので、少数は生き残れると思いますが)

将来、一般的には翻訳家は、有望な職業ではないような気がするのでしょうが、いかかでしょうか?女の子なので、給与は、それだけで食べていけるほどもらえなくても構いません。ただ、将来的に、翻訳ソフトなどの進歩によって、翻訳家の役割りは、次第になくなってくるように思うのです。そのポイントで、ご意見を聞かせていただければ有り難く思います。

Aベストアンサー

 翻訳ソフトが世に出て20年、今だにアホです(^^;

単語の意味は翻訳しますが、単語が並んだだけで意味を解さない翻訳になります、将来翻訳機が進歩して普及しても

翻訳という作業自体単語を意味を並べ換えて日本語にするのではありませんので、補助にはなりますが、主になる事はありません、作者の思い表現したい事を考えて日本語に直すということが出来ませんから、それは翻訳家しかできないので、職業としての需要はまだまだあるでしょう

ただ、今日の明日で翻訳家になりたいと言ってなれる物ではありませんが(^^;


人気Q&Aランキング

おすすめ情報