マダガスカルはいくつかの「民族」がいますがその言語は全部マラガシュ語という一つの方言に属するといいます。近代的な教育で言語を統一しようとしているインドネシア(同じくオーストロネシア系民族の国)でも依然ジャワ語やスンダ語といった言語が残っているのに、なぜこのように多様な文化が保たれながら言語を統一できたのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  確かに、多種多様な《人種》や文化の流入の歴史にも拘わらず、《文化的言語的統一 unity》がある不思議な世界だと、或る本にも記されています。しかし、「複数の民族」がいる、というのは間違いです。約20,参考URLでは18の「部族的グループ・同族的グループ(tribal groups)」がいるので、これは、人種・民族(race)とは違っています。同じ文化や民族・文化のなかで、部族・氏族に分かれているということで、しかも、「部族的グループ」と言っています。
 
  民族と部族では、相当に違いがあるのです。民族は、人種的に同じで文化も言語も似ているのに、争いあう民族として、例えば、旧ユーゴスラヴィアのセルビア人とクロアティア人があるでしょう。これらは違う民族だと言われていますが、言語も人種も文化もほとんど同じです。ユーゴスラヴィア地域は、オットーマン・トルコ帝国とロシア帝国と、オーストリア・ハンガリー帝国に三分されていたという歴史的経緯がありますが、言語的・文化的にほとんど同じ領域です。近親憎悪的に許し合えない、共存できないという強迫観念があるとしか思えません。
 
  民族でなくとも、部族でも、アフリカの部族国家などでは、有力部族同士で、殺戮の争いを起こすこともあります。何年か前にも、仲が良かった二つの部族の一方が、市民レベルで相手部族を大量虐殺するという事件がありました(フツ族とツチ族だったでしょうか)。しかし、アフリカの部族は、言語が違っていたり、宗教や文化が違っていることがあります。
 
  No.1 の方は、日本と比較されていますが、宗教的にも「祖先崇拝」というか、死後は祖先の霊のグループに溶け込み、祖先は子孫のことを心配するので、子孫は、死者に対する独特の儀式を行うなど、何か日本の神道のような宗教が、全島の全部族が共通に信仰しているなどは、日本に似た感じがします。
 
  しかし、長い歴史のあいだに、必然的に統一されたというより、最初から、アウストロネシア語が基本にあって、色々な人種や民族や宗教や言語が入って来て混合したが、分化した民族とか集団を造るのではなく、基盤のアウストロネア語、つまり、マラガシ語(Malagasy)に、色々な言葉が外来語として入ったということで、島の言語は、最初から一種類に統一されていて、分化しなかったのだとも云えます。最初に異なる文化を持つグループに分かれていたのが、徐々にまとまって統一されたのでなく、最初から言語的文化的統一があって、そこに後続の移住者の文化や言語が積み重なったというのが実状のようです。
 
  紀元1世紀以前には、マダガスカル島には、居住民がいなかったと、参考URLには書かれていますが、別の資料でも、紀元前を少し遡るあたりが、?で、住民が居住を始めた時代だとされていますし、こういうことは、考古学的調査で、大体分かりますから、多分、本当に、本格的に人が住むようになったのは、紀元1世紀頃からなのでしょう。
 
  最初の居住民は、インドネシア当たりから来た航海者で、温暖で耕地に適した場所を見つけたので、定住し、東アフリカから妻や奴隷を奪って来たとされます。またインドからも人をさらって来たというか、移住者がいたようです。マレーなどの東南アジアからの移住者が、波状的にこの島に訪れ、アフリカ、インドなどからも人が訪れたのですが、不思議なことに、東南アジアのアフリカに極端に近い分地のような感じで、言語・文化・民族共に、インドネシアなどの東南アジアの影響が強く、勢力的にも、コアは、東南アジア出身者です。
 
  島の中央部高地に、インドネシアからの居住者の子孫に当たる人々が住み、海岸部に東アフリカからの人々が住むとされますが、言語・文化がほぼ同一であるとされます。言語は、アウストロネシア語族のヘスペロネシア(西方諸島)語群に属するマラガシ語で、マラガシ語には、サンスクリット語、ヒンドスタン語、アラビア語、バンツー語(スワヒリ語)、英語、フランス語などから語彙が借用語として入っていると言いますから、色々な言語と接触したのだといえます。
 
  しかし、独立分化民族グループが、歴史的にあって、それが後にマラガシ語に統一されたのではなく、マラガシ語が、ずっと共通語で、新しく入ってきた人々は、マラガシ語分化に同化して行きつつ、文化を展開させて行ったのだとも云えます。今日でも、文化的には、東南アジア文化だということですから、多様な民族が、言語的に統一されたのではなく、最初からあった共通文化に、色々な外来の要素が溶け込んで行ったのだというのが妥当なように思います。
 
  人口は、1200万人ほどですが、(いまはもっと増えているかも知れません)、Merina(二百万)と Betsileo(百万)で、三百万人で、これは、東部方言・中央高地の部族の代表で、メリナは、19世紀初頭に統一王国を立てた部族です。公用語は、メリナ方言とフランス語であると言っても、住民の共通語は、マラガシ語で、西部南部方言と東部方言に二大別される方言のなかの、東部方言の中央高地方言の代表がメリナ方言ですから、多言語世界で、特定の言語が優勢という訳でもないようです。紀元後12世紀頃には、この島の言語・文化などは、すでにまとまっていたという話ですから、メリナ王国の統一があったので、言語などの統一が起こったというのでもないようです。
 
  結局、基盤言語(アウストロネシア語)があって、基盤文化があり、そこに色々な言語の語彙や他の文化要素が混じったということなのでしょう。過去に対立があって、それが葛藤を越えて統合されたとは、僅かな資料しか見ていませんが、そういうことはなかったようです。
 
  日本の場合、縄文人は、10万年前とか20万年前から日本列島にいたという説があり(10万年ほど前に、シベリアのホモ・サピエンス・サピエンスが、サハリンを経由して、北から日本列島に広がったそうです)、弥生人は、中国から訪れた人だという説がありますが、それなら中国語の要素が日本語にあってもよいはずなのに、中国語単語の古い形や、漢語語彙はたくさん日本語に入っていますが、日本語は、朝鮮語の近縁語で、所属不明の謎の言語だというのも不可解です。(日本語が使用者1億2千万人、朝鮮語が6千万人以上で、二つ合わせると約2億で、世界人口の25分の1を占める言語が、語系統の分からない「謎の言語」というのも、不思議な話です。
 
  アウストロネシア語族だとはっきり分かっているマラガシ語に較べて、日本語は不可解だとも云えます。縄文人が使っていた言語が日本語の祖形なのか、朝鮮半島からの移住者の言語が日本語のベースなのか、よく分からないところがあります。
 
  中国も祖先崇拝が盛んですが、「祖霊崇拝」ではありません。死後、祖霊と一体化するというような宗教思想は、日本にも顕著ですが、シャーマニズム的で、シャーマニズムは本来、北方起源のはずですが、南方シャーマニズムがあるのかも知れません。住民の40%がキリスト教徒であるが、しかし、祖先儀礼に牧師も招いて行うというのでは、キリスト教というには、少しおかしいです。死者と生者を祖霊が一つに結ぶというような宗教思想は、日本と同様に、文化的一体性の基盤である可能性があります。また、そういう宗教思想文化を築くことで、分化や対立を回避し、宥和して来たのかも知れません。日本では、神道は、文化的一体性を保証しますが、仏教もキリスト教も、文化的分裂を主張します。日本では、宗教はみな骨抜きになると言うのは、宗教が、文化や社会を分裂させる起因だと知っていて、日本人は、まともに特定宗教に帰依しきらないのかも知れません。そういうところが、マダガスカルの文化と共通するのかも知れません。
  
  >BACKGROUND NOTES:  MADAGASCAR
  >http://dosfan.lib.uic.edu/ERC/bgnotes/af/madagas …
  

参考URL:http://dosfan.lib.uic.edu/ERC/bgnotes/af/madagas …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なお返事ありがとうございます。統一性の由来を日本と同じように考えることができるのですね。強いていえば西海岸の牧畜民は容貌や文化(言語以外)でアフリカのまんまのようなので、少なくとも一時期オーストロネシア系とアフリカ系の2つが、客観的にみていえる民族集団として存在していたんじゃないかとは思いますが...農耕民の先住する土地で牧畜を根付かせるには、民族と切り離された奴隷たちでは難しいものがあるとおもいます。
また、中国で回族を一民族としている建前(漢族と違う文化がある、過去に異民族と混血している可能性がある)と同じように考えると、いまでもこの人たちが別民族になってしまいます。
でも一般には多様性の高い1民族で考えていいのでしょうね。

お礼日時:2002/04/08 00:36

nikuzanhorinさん、こんにちは。



当方はマダガスカルに関する知識は皆無に等しいのですが、その上で一般論的に考えますと、言語というのは、「民族」という言葉を定義する最重要要素ではありますが、やりようによっては、戦時中の大東亜政策や台湾政策などの身近な例にも見られるようにある程度人為的に統一させることは可能です。実際、現在のマダガスカルの公用語はマダガスカル語(=マラガシュ語?)と、かつての宗主国の言葉であるフランス語ですよね。

また、フランスが入ってくる前(1896年以前)もアラブによる植民地支配を受けたりといった波乱の歴史、そして地理的な条件(単一の島国)など、様々な要素も考察してみる必要があると思います。むしろ私は「言語を統一できた」のではなく、長い歴史と地理的条件によって必然的に「統一された」のではないかと思います。少々乱暴なたとえですが、日本という島国にももともと違う言語を持った複数の民族がいましたが、長い歴史の中で現在の日本語にほぼ統一されたのと同じ様なものではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/11 20:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画マダガスカルとパチンコのCM

三共(?)パチンコのCMと映画マダガスカルって何かしら関係あるのでしょうか?
三共(?)パチンコって以前からニコラス・ケイジを使ったりしているので…

Aベストアンサー

簡単ですよ。そのパチンコメーカーが「マダカスガル」の公開で
提供になっているだけの話です。その見返りに「マダカスガル」の
キャラクターをCMで使うことができた、ということです。

目薬のメーカーがアニメ番組の提供になって、
そのアニメキャラをあしらった目薬を作り、
そのキャラが出演するCMを作る。
これと一緒です。

Qゲルマン民族、スラブ民族、ラテン民族 それぞれの宗教を教えてください。

ゲルマン民族、スラブ民族、ラテン民族
それぞれの宗教を教えてください。

Aベストアンサー

スラブ系:ロシアや東欧に多い。東方正教会(オーソドクス)の信者が主流。
ラテン系:南欧(イタリア・スペイン・ポルトガルなど)と中南米に多い。ローマ=カトリックが主流。
ゲルマン系:主に北西ヨーロッパと北米。カトリックも多いが、プロテスタントが比較的多い(特にイギリス・アメリカ。ともにゲルマンの一派、アングロ=サクソンが主流)。

大雑把に言うと、こんな感じです。いまでは形式上キリスト教徒なだけで、実際はほぼ無信仰、という人も多いと思いますが。

Q映画「マダガスカル」のことで・・・

映画マダガスカルをみたのですが、子供と一緒にとても楽しませてもらいました。中でも4匹のペンギンたちがとてもおもしろくて気に入りました。んで質問なんですが、彼らペンギン達の名前というか呼ばれ方なんですが、「親分」「新人」「コワルスキ」までは分かるんですが、もう1匹がわかりません。寿司をさばいたり、シャンペンを開けたりかなり器用なやつなんでうが、親分には「ビコー」かなんかで呼ばれてたと思いますが、はっきり聞き取れないんです。誰か名前のわかる方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

今晩は
隊長・コワルスキ・リコ・新人のようですね。

参考URL:http://www.bibit.ne.jp/cineplex/cineplex31.html

Q第2言語について。 中国語、ドイツ語、ロシア語、フランス語、韓国&朝鮮語、タイ語 を発音別と文法別の

第2言語について。

中国語、ドイツ語、ロシア語、フランス語、韓国&朝鮮語、タイ語

を発音別と文法別の2通り並べてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。はっきり言っておこう。

ここで回答するような人に、これらの言語すべてをマスターした人はいない。

Q映画マダガスカルの音楽で・・

「踊るのすきすき・・」みたいな歌ありますよね。洋画だとI Like To Move Itという楽曲らしいですけど・・。
その「踊るのすきすき・・」の楽曲ってどのでてにはいるでしょうか?邦楽ではないんでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

おぎやはぎが歌ってるんですけどねぇ。

DVDでみるしか今のところはでていないようですね。

Q言語能力と言語運用

アメリカの言語学者、チョムスキーが言った言語能力と言語運用
とは簡単に言うとどういうことなんでしょうか?

Aベストアンサー

 
  簡単に言えば:
 
  「言語能力」(Competence)とは、例えば、どの文化、どの国、どの民族に属する子どもでも、英語環境で育てば英語が母語になり、日本語環境で育てば日本語が母語になるというように、およそ知られているどの言語であっても、人間の子どもは修得できるので、これは、人間のおそらく脳構造に、言語の「普遍的構造原型」があるのであり、個々の具体的言語は、この「普遍言語」の構造規則の適用、展開であると考えられるということです。人間がすべて持っている、この「普遍言語」の構造より、既存言語の修得が、この基本能力から可能となるため、これを、「言語能力」と呼ぶのです。普遍言語構造が、人間には備わっていて、そこから、あらゆる言語を、人間の子どもは(そして大人も)習得でき、理解できるのだということで、考えられている人間の精神の深層能力です。チョムスキーは、この普遍構造の解明の試みとして、生成文法理論を立てたのです。
 
  「言語運用」(Performance)とは、実演とでもいうような意味で、普遍言語構造の上に、通常の具体的言語の構造規則が載り、固有の語彙や、その使用意味、実際の文章構成規則に従って、具体的な言説行為を、具体的言語で実行してみることを言うのです。個別的言語の運用ということになり、普遍構造=言語能力と、この運用のありようのあいだには、当然、相互補完的な関係があり、具体的言説行為は、文化や社会の規定や、個々人の知識や人生の経験等で、着色されて、あるいは、変調されて実現されるはずです。チョムスキーはしかし、実証的な、アメリカ構造主義言語学のサンプル収集の技法は使わず、普遍構造の規則的導出ということに、より大きな関心を抱いたのです。具体的な言語の使用例が、「言語運用」に当たるので、この部分は、チョムスキーの言語学では、規定されてはいるが、実際には、彼は、この領域での研究理論は、あまり構成しなかったのだと言える。
 
  しかし、言語運用は、当然、問題となってくるのであり、運用の解析によっては、チョムスキーの理論の妥当性も吟味されるはずです。
 

 
  簡単に言えば:
 
  「言語能力」(Competence)とは、例えば、どの文化、どの国、どの民族に属する子どもでも、英語環境で育てば英語が母語になり、日本語環境で育てば日本語が母語になるというように、およそ知られているどの言語であっても、人間の子どもは修得できるので、これは、人間のおそらく脳構造に、言語の「普遍的構造原型」があるのであり、個々の具体的言語は、この「普遍言語」の構造規則の適用、展開であると考えられるということです。人間がすべて持っている、この「普遍言語」の...続きを読む

Q映画何がおすすめですか?

今度見ようと思っている映画があります。
その映画の中でどれがおすすめかお教え下さい。(1作品お選び下さい。)

またその映画のリストを見てこの好みならあの映画も
おすすめだ!!というモノがあれば是非是非お教え下さい。

(1)ウォッチメン
(2)ヒックとドラゴン
(3)ホテル・ルワンダ
(4)デジャヴ
(5)ミスト
(6)マダガスカル2

どうぞご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
個人的な感想ですが、(3)の「ホテル・ルワンダ」は良かったですね。
主演のドン・チードルが出演している映画で「クロッシング」も良かったです。

Q変形文法の言語能力と言語運用について

タイトルのものをまとめてみたのですが、奇妙なことを書いていないか、また、何か付け足し等があればお願い致します。

「言語能力とは、人間が内在的に持っている言葉の使用を可能にする
言語知識のこと。すなわち、人間には普遍言語構造が先天的に備わっており、またこれがあるからして、それまでに聞いたことのない文を、
理解したり想像したり、かつ正しい文であるかどうかを判断すること
ができる力のことである。
 言語運用とは、言語能力に一般知識や言語構造規則が加わった
もののこと。それらは一個人が人間社会で得られるもの、つまりは
知識や様々な経験等を得ることで、個別的言語へと変化していく
もののことである。
 つまり、言語能力と言語運用は対立する概念であることが分かる。」


もしこちらの方面に多才である方がいらっしゃいましたら、
「生成文法の言語機能」についてはどう記述したら良いかも教えて
いただけると幸いです。

Aベストアンサー

>言語能力とは、人間が内在的に持っている言葉の使用を
>可能にする言語知識のこと。
>これがあるからして、それまでに聞いたことのない文を、
>理解したり想像したり、かつ正しい文であるかどうかを
>判断することができる力のことである。

OKです。


>すなわち、人間には普遍言語構造が先天的に備わっており、

文章として前後のつながりが悪い。
「人間には普遍文法が先天的に備わっており,これに母親の言葉などの一次言語資料(primary linguistic data)」が加わることにより,個別言語文法に発達する。各個別言語文法を完全に獲得したとき,言語能力を持つという。」


言語運用については根本的に誤解があるようで。
言語能力に他の認知能力(記憶や情報処理など)を通して実際に発話された言葉そのものを指す。あるいは,実際に用いられる際に見られるさまざまな現象を指す。

こちらは種々雑多な概念で,たとえば,
1.情報処理上の混乱。話している途中で,主語がいつの間にか変わってたり,何の話だったか分からなくなったり。

2.言い間違い,聞き間違い,勘違い。「多才」とはさまざまな方面に才能や知識があること。この場合は生成文法の知識さえあればいいので,多彩である必要はない。(嫌みではなく,あくまで一例とお取りください。ま,私だってこの間まで,一人で「爆笑」していましたので,勘弁してください。あ,爆笑の意味は辞書で確認してくださいね。)

3.語用論的選択。相手によって言葉遣いを変えたり,その場に合わせた話題を選んだり。

などなど。


>「生成文法の言語機能」

もしかして,faculty of Language(FL) のことでしょうかね? 一応そう仮定してお答えしますが,違ってたらごめんなさい。

FL とは人間だけが持つ「認知器官(cognitive organ)」(のひとつ)で,各個別言語の文法であるI言語(上で言えば「言語能力」ですね)はこの FL の一状態である。また,普遍文法とは,FL の初期状態を指す。

これだけ書けば,80点くらいとれると思うが。

>言語能力とは、人間が内在的に持っている言葉の使用を
>可能にする言語知識のこと。
>これがあるからして、それまでに聞いたことのない文を、
>理解したり想像したり、かつ正しい文であるかどうかを
>判断することができる力のことである。

OKです。


>すなわち、人間には普遍言語構造が先天的に備わっており、

文章として前後のつながりが悪い。
「人間には普遍文法が先天的に備わっており,これに母親の言葉などの一次言語資料(primary linguistic data)」が加わることにより,個別言語...続きを読む

Qマダガスカル 吉祥寺か渋谷か?

子連れでマダガスカルを観に行きます。
吉祥寺バウスシアターか渋谷東急になると思いますが、どちらがベストでしょう?
猛烈に混まなければどちらでも良いのですが。
以前、アニメ映画で2上映先まで待たされ後悔したことがあるので・・アドバイスを頂ければ大変助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

バウスシアターだと1から3まで3館の映画館でそれぞれ違う作品を上映しています。
座席数は218席、50席、100席となっています。
渋谷東急は300席です。
ですので、バウスの場合218席の映画館で上映していればいいのですが、そうじゃないと満員の可能性が高いですよね。
どの館で上映しているかは事前に劇場に電話をするなどして尋ねた方がいいと思います。
劇場によってはその日その日で上映館を変える可能性もありますので。

下記、「ぴあ」の上映館情報です。それぞれの館名をクリックすると座席数や電話番号がわかります。
http://www.pia.co.jp/hot_cinema/cnm_title.jsp

QMQL4というプログラム言語について。 どうにかこのプログラム言語が学びたいのですが、何からしたら

MQL4というプログラム言語について。

どうにかこのプログラム言語が学びたいのですが、何からしたら良いのか、わかりません。自分でMT4用のインジケーターを作りたいという思いがあります。

Aベストアンサー

プログラムの基礎からでしたらここがおすすめかと思います。
http://jidoubaibai.com/burogu7.html

実際にどういう関数があるかはこちら
http://mt4-traders.com/reference/
http://www.metasys-seeker.net/MQL4_Reference_ver1/MQL4_Reference_Contents.html

あとはどのプログラム言語を学ぶ上でも同じですが
ひたすらにグーグル検索力を磨くということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報