痔になりやすい生活習慣とは?

事情があってカメラの機能についていろいろ調べています。

●フィルムカメラのピントの合わせ方としては…
1.一眼レフカメラのようにレンズを回しながらピントをあわせる
2.所謂バカチョンカメラ。オートフォーカスであわせる
3・使い捨てカメラのように半押しも必要なし

この三種類しかないのでしょうか?

●それと、オートフォーカスというのは「半押し→撮影」のことを指すのでしょうか?

●デジカメには
aコンパクトカメラ
b本格的な写真を撮るための機能がついた一眼レフカメラに近いコンパクトカメラ
c一眼レフ
……の三種が主に家電店で販売されていますが、bのようなポジションのフィルムカメラってあったんでしょうか?

どれか一つでも、または分かる範囲でも構いませんのでどなたか教えて下さいませんでしょうかm(--)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ピント合わせ:


・離れた位置に有る鏡をファインダーから見える絵と重ね合わせてズレが最小になった時にピントが合った事にする物や
・赤外線や超音波をカメラから物体に発射して距離を測定して、その分のレンズを動かしてピントを合わせる物や
・入ってきた光の量を計算して(量が最大になった時がピントが合った時なので)その時にレンズを動かすのを止める機構を持った物や、
他にも沢山ピント合わせの機構はあります。

超音波や赤外線なんて真っ暗でもピント合わせできるのですごかったんですけどねぇ(でも真っ暗だと写らない(^^;)

●それと、オートフォーカスというのは「半押し→撮影」のことを指すのでしょうか?
 オートフォーカスは、カメラがピント合わせの操作をしてくれる方法です、半押し→撮影は、写真を撮る時の手順の一つです。
 半押ししても何もしないカメラがありますので。

レンズが交換できない一眼レフカメラというのがありましたし、マニュアルフォーカスのコンパクトカメラや、シャッタースピードや絞りを自分で調節できるコンパクトカメラは多々あります。

バカチョンの言いまわしはコンパクトカメラになりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答、ありがとうございます!
カメラって相当奥深い!
入ってきた光の量を計算。。。なんて一体どんなメカニズムなんだろう??
文系人間の自分としてはやはり摩訶不思議な世界です。(ただ機械を理解するセンスがないだけだったりして;)

>バカチョンの言いまわしはコンパクトカメラになりました。
なるほど、これはとても分かりやすいです^^
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/10/18 15:26

a,b,c以外にレンジファインダーというのがあります。


代表的なメーカーとしてはライカが挙げられます。
多分一度は形とか見たことがあると思いますが、私自身も
使ったことがないのでそれほど詳しくは説明できませんので
ライカカメラについて色々調べてみれば面白いかもしれません。

それと、No1の方がバカチョンは今では差別用語と回答されて
いましたが、意味はバカでもチョンと押せば、バカでもチョン
(一人前以下の人)でも簡単に写真が撮れるという意味らしい
のであまり差別用語と気にしないほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

レンジファインダーカメラは聞いたことあります^^
それと、バカチョン。。。
私は「バカでもチョンと押せば」って意味だとずっと思ってました。
それにしても、あんまり品の良い言葉じゃないですよねえ(--;

お礼日時:2006/10/18 15:19

フィルムカメラはほぼ成熟された商品でこれからは進化しないで


あろう存在ですから必要な機種だけが残ると思います
 ハイレベルアマチュア向けやフィルムのひつようなプロ向けの
一眼レフか通称使い捨てカメラ正式名称レンズつきフィルムのように
両極端になっていくようです。
レンズ付きフィルムのピントは何処でもピントが合う条件で作られているのでピンと合わせその物が必要がありません、一眼レフでもそのような条件にで撮影すればピンと合わせが必要なくなりますが写真の表現が少なくなるので、シビアにピントを合わせる条件での撮影も必要もあります

デジカメはまだ完成されていない商品なのでいろいろな種類がでています、例の(B)タイプのフィルムカメラも昔はあったようにおもいますが中途半端なので主流にはならず無くなってしまったのでデジカメもこのタイプはどうなるかわかりません

もう少し基本を理解しないと調べても意味不明のことしかわかりませんよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>もう少し基本を理解しないと調べても意味不明のことしかわかりませんよ
…そうですねぇ~。結構頭の中がゴチャゴチャしてます;

メカには疎いのですが、写真を撮ること全般に興味があるので気になることはその都度調べてみるという感じです。
せっかく写真を撮るならカメラの構造やメカニズムにも詳しくなりたいなあ……などという具合に欲張ってます

お礼日時:2006/10/17 21:37

ピントの合わせ方


(オートフォーカスもMFもレンズを駆動してピントを合わせるという点では同じです)
通常はレンズを移動させてピントを合わせますが、
逆にフィルムの方を移動させてピントを合わせるカメラもありました。
(コンタックスのAF一眼レフにあったような。ほかにはマミヤの中判にもあったかな)

bのようなポジションのカメラ
「ブリッジカメラ」と呼ばれる類のカメラがありました。
(で、ブリッジカメラと競合するようにレンズ固定(交換できない)一眼レフカメラというのもありました)

この回答への補足

早速ブリッジカメラ調べてみました。
あまり人気なかったみたいですね。。。
一つ知識が増えてよかったです。ありがとうございました

補足日時:2006/10/17 21:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます!

>bのようなポジションのカメラ
>「ブリッジカメラ」と呼ばれる類のカメラがありました。
これまた知りませんでした!
ブリッジカメラってそれなりにメジャーだったんですかね……。

bのポジションのカメラは中級機というみたいですね。
ブリッジカメラも検索して調べてみますね!

お礼日時:2006/10/17 21:26

ピント合わせの方法は,主として質問者さんの3方法ですが,以前キョーセラのカメラで,「設定ピント」でシャッターが切れるのがありました。

(ひょっとしたら他のメーカーもあるかも?)【方法】予めピントを設定します。仮シャッターを押しておきます。その設定ピントに被写体が来た時にシャッターが切れます。【活用例】小鳥や動物がその場所に来た時にシャッターが切れるようにして,撮影者は離れて動物を待つ撮影方法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

>「設定ピント」でシャッターが切れるのがありました。
へえ~!知りませんでした。面白いですね^^

……ピント合わせについて上記の3方法がメジャーだとわかり、良かったです!!!

お礼日時:2006/10/17 21:16

「バカチチョンカメラ」の「バカチョン」は今では差別用語ですので使われていません。

フルオートカメラというのかな?

>●それと、オートフォーカスというのは「半押し→撮影」のことを指すのでしょうか?
AFとはピントを合わせる機構のことを言うのであり、操作のことを言っているわけではありません。
「半押し→撮影」はAFを駆動するための操作でしかありません。デジタル一眼レフの中にはレリーズスイッチ以外をAFスイッチに割り当てることが出来る機種もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答ありがとうございます。
>「バカチョン」は今では差別用語ですので使われていません
そうなんですか;知らなかったとはいえ失礼いたしました;;

>「半押し→撮影」はAFを駆動するための操作でしかありません
フィルムのフルオートカメラはオートフォーカス機能搭載と考えて良いでしょうか。。。

「誰でも気軽に写せるカメラ」=「コンパクトカメラ」=「オートフォーカス機能付カメラ」って感じなんでしょうか?

メカに疎いとはいえ要領を得ない質問でしたらスミマセン;

お礼日時:2006/10/17 21:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?

マニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?
カメラはペンタックスのKXです。レンズはSMCM50mmF1.4を主に使っています。
絞りを開けて撮っているせいか、なかなかピントが合いません。

メガネを使っているのですが、コンタクトにするとちょとましかな?という感じ。
ファインダーに視力補正レンズを付けたら、やり易くなるのでしょうか。
あと数センチ前にピントが来ていたら萌え死にできるのに、って猫写真が沢山できてしまいました。
MFだとある程度は仕方ないんでしょうか。
上手いやり方があったら教えてください。

Aベストアンサー

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~5.6程度でちゃんとピントあった写真が必ず撮れるようになってから」の話です。

ピント合わせは「行って帰る」が基本です。ピントの「山」は裾野から徐々に行ったんじゃ分かりません。峠を越えて反対側まで降りてしまえば、どの辺が頂上だったかすぐに分かります。ですので、無限遠方向からリングを回して、ピントが合ってまた合わなくなるまでの「ピントリングの回転角」を覚え、その中間(正確に言うと中間よりやや無限遠より)まで戻すようにすればピント合わせが速く・正確になります。

更に猫や赤ちゃんなど、「気配を感じで動いてしまう被写体」の場合は、ピント合わせで追いかけている間にドンドン移動してしまいます。ですので先に「同距離の別の場所」でピントを合わせて置いて、構図を合わせたら即座にシャッターを切る、という方法で撮影して下さい(この方法だとF4位に絞っていないと上手く行かない事が多いというコトもあります)。それでも相手が動いているなら、ピントが動かさず、自分自身が動いて被写体との距離を一定に保って下さい。

自分自身が動いて被写体との距離を一定に保てる技術が身につけば、その「動いている間」に更にピントをきっちり合わせる余裕が出来ます。そうして初めて「絞り開放で猫が撮れる」んですよ。

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~...続きを読む


人気Q&Aランキング