法人(有限会社)に対し貸付金8千万円があります。
毎月元金40万円と利息を支払う約束だったのですが、その会社は経営状態が悪く、ここ2年くらいは利息だけしか払ってくれていません。
ほとんど事業をやっていない様子で、今後回復する見込みもないようです。
借用証書をみると、通常入っているはずの「社長個人の連帯保証」もありません。

税法上、貸倒損失として計上するには、支払停止後相当期間の経過とか法律上のいわゆる破産等の事実が発生しないと認められないと聞きました。
貸倒損失処理ができれば法人税負担が減りますのでそうしたいのすが、実際のところ、どう処理すれば税務署から認めてもらえるのでしょうか。利息を受け取っていれば貸倒処理はできるのでしょうか。

そのあたりご存知の方教えてください。

A 回答 (3件)

貸倒処理については、貸倒として認定される要件が定められていますが、相手の経営状態が悪いとしても、金利の支払はされておりますから、今の状態での貸倒処理は難しいです。



債権放棄についても、相手が事業を続けていて、金利の支払は行われている状況で債権放棄をすると、相手に対する寄付金として認定される可能性が非常に高いというよりも、まず、寄付金とされてしまいます。

現状では、個別評価金銭債権の貸倒引当金の繰入も難しいでしょう。
繰入の詳細は、下記のページをご覧ください。
http://www.jusnet.co.jp/business/03_02h.html

これで、金利の支払が停止された時点から、ある程度の時間が経過して、回収見込みがなければ債権放棄が検討できると思います。
    • good
    • 0

利息を受け取っている場合に返済能力が無いという判断は難しいと思われます。


書面による債権放棄は回収をあきらめることですから、損失の計上は当然です。ただし返済能力があるにも拘わらず債権放棄をすると相手に対して寄付をしたと見なされる可能性があります。
相手の資産状況や営業状態を確認した上で、処理を行うことになりますが、債権放棄の前に貸倒引当金を個別評価により引き当てられたらいかがでしょう。銀行取引停止など一定の条件が満たされれば50%または100%の引き当てが出来ますから相手の状態を見極めてから損失処理が出来ると思います。
この処理に当たっては専門家(税理士)に相談された方がいいと思います。
    • good
    • 0

 債務者に対する内容証明による債権放棄通告をもって損金経理は可能と行政指導受けていますが、回収意思と税効果とで脳裏に自己矛盾のようなものが発生する弊害があります。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法人税 別表11(1の2) 貸倒引当金の貸倒損失の件について

法人税の別表11(1の2)の貸倒実績率の11の金額について、
過去3年分の貸倒金額ですが、この金額は会計上の金額ですか、
それとも税務上の金額ですか。

会計上貸倒損失100とした場合に、
税務上、一括評価金銭債権だとした場合は、
当然、11の金額に含まなくていいのですか。

どなたか、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

別表5において加算留保したということは、会計上は貸倒損失として計上したものの、税務上は損金に算入されなかったことを意味します。

したがって、毎期1,000の加算留保にある額は税務上の貸倒損失ではないので、これを貸倒実績率の11に含めるのは間違いです。

Q貸倒損失と貸倒引当金の仕訳について

商法上の中会社です。

貸倒損失と貸倒引当金の仕訳について教えて下さい。

前期で貸倒引当金を3,500千円計上してあります。
全て一括評価分で、個別の計上はしておりません。

今年度で貸倒れが1件発生しました。売掛金は200千円ほどです。
この時の仕訳は
貸倒損失/売掛金
でよろしいのでしょうか?
(貸倒引当金を減額する方法は実務ではあまり使われないのでしょうか?)

今年度の期末で一括評価をすると3,800千円の貸倒引当金を計上することになりそうです。
差額補充法と洗替法の使い分けがわかってません。
この場合、3,500千円の貸倒引当金戻入益と3,800千円の貸倒引当金繰入額を計上すべきでしょうか?
それとも、300千円の貸倒引当金繰入額の計上のみでよろしいのでしょうか?
貸倒損失で200千円を計上している関係で違う計算になりますか?

また、今年度で単発取引で2,900千円の回収不能売掛金が発生しました。
#その会社は営業活動をしているものの裁判所の支払命令にも従わず1年以上も支払が滞っています。
#不動産・動産の差し押さえは額も少なく弁護士の見解によると実質的に困難です。
この2,900千円について
貸倒引当金繰入額/貸倒引当金
の仕訳を入れようと思っています。
この個別評価分は一括評価分と合わせて(個別2,900+一括3,800=6,700千円)
貸倒引当金の残高となってよろしいのでしょうか?

また、この個別評価分は、税務でも認められるのでしょうか?

ご教授下さい。
よろしくお願いします。

商法上の中会社です。

貸倒損失と貸倒引当金の仕訳について教えて下さい。

前期で貸倒引当金を3,500千円計上してあります。
全て一括評価分で、個別の計上はしておりません。

今年度で貸倒れが1件発生しました。売掛金は200千円ほどです。
この時の仕訳は
貸倒損失/売掛金
でよろしいのでしょうか?
(貸倒引当金を減額する方法は実務ではあまり使われないのでしょうか?)

今年度の期末で一括評価をすると3,800千円の貸倒引当金を計上することになりそうです。
差額補充法と洗替法の使い分け...続きを読む

Aベストアンサー

貸倒引当金は、期末の債権残高に対する評価性の引当金で、次期以降の損失に備えます。税務上、洗い替えすることが求められています。
貸倒損失は当期に発生した貸倒れ額の費用計上です。

>今年度で貸倒れが1件発生しました。売掛金は200千円ほどです。
この時の仕訳は
貸倒損失/売掛金
でよろしいのでしょうか?
→この仕訳でいいです。当期に発生した貸倒れですので貸倒損失に計上します。(会計理論上は引当金取り崩しもあり得ますが、税法からも実務ではあまり使いません。)

>それとも、300千円の貸倒引当金繰入額の計上のみでよろしいのでしょうか?
貸倒損失で200千円を計上している関係で違う計算になりますか?
→上記したように、期末債権額に対し貸倒引当金を計算し、洗い替えします。このとき、200千円の貸倒れ処理をしていたら、売掛金の期末残高はその分減っていますから引当金の計算で考慮する必要はありません。

>この2,900千円について
貸倒引当金繰入額/貸倒引当金
の仕訳を入れようと思っています。
>この個別評価分は一括評価分と合わせて(個別2,900+一括3,800=6,700千円)
貸倒引当金の残高となってよろしいのでしょうか?
→一括評価による貸倒引当金の対象と個別評価の債権額、貸倒れ処理をした債権額とが重なっていなければそれでよろしいでしょう。

>この個別評価分は、税務でも認められるのでしょうか?
→認められています。申告書の書式などについても下記のURLを参考にして下さい。

参考URL:http://www.rakucyaku.com/Koujien/M/H07/H700200

貸倒引当金は、期末の債権残高に対する評価性の引当金で、次期以降の損失に備えます。税務上、洗い替えすることが求められています。
貸倒損失は当期に発生した貸倒れ額の費用計上です。

>今年度で貸倒れが1件発生しました。売掛金は200千円ほどです。
この時の仕訳は
貸倒損失/売掛金
でよろしいのでしょうか?
→この仕訳でいいです。当期に発生した貸倒れですので貸倒損失に計上します。(会計理論上は引当金取り崩しもあり得ますが、税法からも実務ではあまり使いません。)

>それとも、300千円...続きを読む

Q貸倒引当金・貸倒損失・決算について教えてください!(長文です)

昨年度から複式簿記で会計処理をしています。
簿記を勉強してみたものの、実務処理にてわからなくなってしまい、教えて下さい。

質問(1)
H18年度決算にて貸倒引当金を計上しました。
   貸倒引当金繰り入れ 1500 / 貸倒引当金   1500 

H19年度、H18年度分の売掛金のうち 500 回収できませんでした。
回収できなかった時点で、次のように仕訳します。
   貸倒引当金     500  / 売掛金   500

H19年度決算時にH18年度分を戻入
   貸倒引当金   1500   / 貸倒引当金戻入   1500
さらに、H19年度分決算時の売掛金に対して、貸倒引当金を計上、
   貸倒引当金繰入  900  /  貸倒引当金  900

これで合っているでしょうか?これだと、次のようになります。
 (借)貸倒引当金  2000   (貸)売掛金      500
                貸倒引当金戻入  1500
    貸倒引当金繰入  900    貸倒引当金    900

決算時に貸倒引当金が、
  (借)2000  (貸)900 で(借)1100になってしまいます。
何だかおかしいと思うのですが、どこが間違っているのでしょうか?
いろいろと調べていたらややこしくなって、整理がつきません。
解かりやすく教えていただけると助かります。

質問(2)
職種は建設業です。
請負・常用で仕事していますが、請求した金額どうりに入金されません。内金やら請負部分での調整です。取引先は1箇所です。

請求金額よりも多く入金された場合は売上としていましたが、
少なく入金された場合は、
(借)  貸倒損失    (貸)  売掛金
でいいのでしょうか?
それとも、1年間トータルで考えて、売上・貸倒損失はあまり使わないようにして、年度末に調整とかは可能でしょうか?
月ごとに請求した金額よりも、売上や貸倒損失(未入金)が発生するので、トータルで計算すると、そんなに大きい金額差ではないんですが、
売上が増えると消費税が増えるし、損失が増えるのもどうかと思うのですが、いかがでしょうか?

素人質問でわかりづらいかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。





 

昨年度から複式簿記で会計処理をしています。
簿記を勉強してみたものの、実務処理にてわからなくなってしまい、教えて下さい。

質問(1)
H18年度決算にて貸倒引当金を計上しました。
   貸倒引当金繰り入れ 1500 / 貸倒引当金   1500 

H19年度、H18年度分の売掛金のうち 500 回収できませんでした。
回収できなかった時点で、次のように仕訳します。
   貸倒引当金     500  / 売掛金   500

H19年度決算時にH18年度分を戻入
   貸倒引当金   1500   / 貸倒引...続きを読む

Aベストアンサー

期中に貸倒金として処理し、貸倒引当金を洗替えで処理した場合(#1の方の処理)と、私の書いた処理とでは利益に何ら差は生じません。

先の方法では、費用となるのは貸倒金の500と貸倒引当金繰入の900で1400、収益は貸倒引当金戻入の1500、差額100の利益

後の方法では、費用は貸倒引当金繰入の900、収益は貸倒引当金戻入の1000、差額100の利益

また、売上値引は売上を使用しても問題ないです。簡易課税の場合にもどちらを使用しても(よほど特殊な場合以外は)消費税額に影響はしないですし、そんなことで税務署は文句を言ったりしません。

Q法人税法認められない貸倒でも消費税は還付されますか

法人の決算で貸倒損失を525万円計上します。
でも、その貸倒損失は法人税法で認められた貸倒ではないため、
別表4で貸倒損失否認525万円として加算調整を行いました。

このケースで、消費税の申告書を作成する場合に、貸倒損失525万円に含まれている25万円の消費税は還付、又は納付額から控除することが出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。

>消費税法と消費税法施行規則で決められている
貸倒の範囲は、やはり法人税法の貸倒の範囲と同じような感じですね。

同じような感じかも知れませんが完全に同じではありませんから、やはり、ご質問の貸倒損失525万円が、消費税法施行令第五十九条または消費税法施行規則第十八条に書いてある「貸倒れの範囲」に含まれるか含まれないかを調べて下さい。

Q貸倒引当金?貸倒損失?

いつもお世話になっています。
初心者でとても矛盾した質問になっていたら、すみません。

12月決算会社です。
12月売上、1月末入金予定の売掛金が未だに回収されず
貸し倒れる事となりました。
今、弁護士と相談しているので、もしかしたら回収できるかもしれません。

12月の期末時点で貸倒引当金は計上していません。
となると、今回の貸倒の仕訳は
貸倒損失 / 売掛金
でよろしいでのしょうか。

それとも今期貸し倒れる危険があるとの事で
貸倒引当金 / 売掛金
にするのでしょうか。

ご教授の程、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

会計と税務は別です。会計上は四半期決算で貸倒引当金を計上することは可能です。しかし税務上は、年一回の決算の時だけなのです。

>(貸倒引当金を)計上する額に決まりはありますか?

現時点では貸倒損失の額が決まったわけではなく見積もるしかないわけですから、損失見積額を計上することになります。例えば売掛金を1000万円とすると、そのうちの何パーセントが損失になりそうか、30%か、50%か。最新の情報を収集して判定して下さい。

会計上は、売掛金を含む金融商品の貸倒見積高の算定方法については、金融商品に係る会計基準で定めておりますのでご参照下さい。↓

「金融商品に係る会計基準」(平成11.1.22 企業会計審議会)
http://gaap.edisc.jp/docs/01/11/

また税務上は、貸倒見積高の損金算入に一定の制限がありますので関係法令をご参照下さい。↓

法人税法第五十二条「貸倒引当金」
法人税法施行令第九十六条「貸倒引当金勘定への繰入限度額」
租税特別措置法第五十七条の十「中小企業等の貸倒引当金の特例」
など。

#1です。

会計と税務は別です。会計上は四半期決算で貸倒引当金を計上することは可能です。しかし税務上は、年一回の決算の時だけなのです。

>(貸倒引当金を)計上する額に決まりはありますか?

現時点では貸倒損失の額が決まったわけではなく見積もるしかないわけですから、損失見積額を計上することになります。例えば売掛金を1000万円とすると、そのうちの何パーセントが損失になりそうか、30%か、50%か。最新の情報を収集して判定して下さい。

会計上は、売掛金を含む金融商品の貸倒見...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報