こんにちわ。
映画も小説も好きなのですが、出来るならば両方楽しもうと、
小説を読んでから映画館へ行き観るようにしています。
そこで、これから先映画化する予定の本で、
尚かつ「これは映画にしたら良さそうだ!」と思うお薦めのものを教えて下さい。
(ちょっとしたあらすじも書いて頂けると嬉しいです。又はレビューリンク等)
今回は邦画・・・日本作家の本でお願いします。

ちなみに下記のものは読了済みで、後日映画も観たいと思っている作品です。
------------------------------------------------
■「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎著
■「暗いところで待ち合わせ」乙一著
■「天使の卵」村上由香著
■「メトロに乗って」浅田次郎著
■「アジアンタムブルー」大崎善生著
------------------------------------------------
最近の物だと「夜のピクニック」や「明日の記憶」等が、
小説も映画も良かったと思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんばんは。


私もとても興味のある質問です。映画は原作読んでから観に行きたいタイプです。でも結局諦めてDVDを待つことが多いんですけどね‥‥
これからの映画だと2番と3番の方が回答されている『バッテリー』あさのあつこ、『手紙』東野圭吾 と、以下の物読んでます。
●『椿山課長の七日間』浅田次郎
2006年11月18日公開予定。
映画HP:http://www.tsubakiyama.jp/
書籍:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4022643528/sr …
1年ほど前に読んだのでよくは覚えてないのですが、発想が面白いなと感じた記憶があります。人気作品だそうですね。
●『東京タワー~ボクとオカンと、時々、オトン~』リリー・フランキー
2007年GW公開予定。
映画HP:http://www.tokyotower-movie.jp/
書籍:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4594049664/re …
もう読まれていますか?文章が面白いです。お話を聞いているみたいです。そして母親を大事にしたくなりました。

『バッテリー』は新人さんらしいですけど、その他のものだとベテランの役者さんが揃ってると思うので、期待は持てます。観てみないとなんとも言えませんが(笑)
公開中の映画の原作でしたら、『出口のない海』が良かったです。映画は少し勿体無いなと感じましたが。。

質問者さんがお読みになった本、私も読んでみたいと思っています。ありがとうございました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちわ、コメントありがとうございます!!私もよくDVDで我慢します。笑
「バッテリー」「東京タワー」は読了済みです。そう言えば「東京タワー」も映画化でしたね!キャスト知りませんでした!!オダギリジョーがボクだなんて!!(衝撃)でもちょっとリリーさんと雰囲気にてなくもないのかな、なんて。
「椿山課長~」は先日「夜のピクニック」を観た時に予告を見ました!浅田さんだったんですねぇ、知らなかった!「メトロに乗って」も浅田さんですし、映画化オンパレードに乾杯ですね。
★参考までに↓
■「アヒル~」は、『神様を閉じ込めておけば、悪い事をしてもばれない』をコンセプトにした切ない事件隠蔽の話。小説はとてもいいのですが、映像化ってどんな風になるんだろう?と不安と期待で一杯です。■「暗いところで~」田中レナなどが出るようで豪華。目の見えない少女と人を殺した少年の奇妙な2人暮らしの話。■「天使の卵」ストレートな恋愛小説。全て上手くいくはずだったのに壊れていく愛が残酷でそれでいて素敵です。■「メトロ~」地下鉄を降りたら30年前にタイムスリップする話。泣けます、とっても。■「アジアン~」映画の主人公は阿部寛。(私的にとても合わない;)愛する人を失い、そして立ち上がるまでの切ない話。

お礼日時:2006/10/18 22:38

こんにちは。


「幸福な食卓」が良いと思うんですが、確か質問者さんの前の質問で回答した気がします・・・。勘違いでしたらすみません。
映画化されるのは結構先ですが、
・「しゃべれどもしゃべれども」佐藤多佳子
 落語家の話ですが、落語知らなくても楽しめます。詳しくはURLをどうぞ。
また佐藤多佳子さんの本、他に「黄色い目の魚」、「神様がくれた指」が面白いですよ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101237 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちわ、コメントありがとうございます!
お!先日に引き続きとても嬉しいです。「幸福の食卓」を含め、この間皆さんがお薦め下さった本は古本屋さんで購入済です^^*。そうでした、これも映画化でしたね!読んでみます。
「しゃべれどもしゃべれども」は元は劇なんでしょうか?検索したら色々引っかかりました。面白そうですね!他の推薦本も是非読んでみたいと思います。

お礼日時:2006/10/18 22:19

垣根涼介「ヒート・アイランド」2007年公開予定


渋谷を舞台にしたギャング達のハードボイルド・ストーリー

垣根涼介「ワイルド・ソウル」2008年公開予定
日系ブラジル移民の問題を描いた作品

作者の公式HP(映画のサイトはまだできてません。)
http://www3.ocn.ne.jp/~kakine/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ、コメントありがとうございます!
レビュー見てみましたが、ギャングなストーリーの映画ってワクワクしますよねぇ!レビューも好評なようで是非読んでみよと思います。垣根さん・・・まだ未読作家でした。開拓できて嬉しいです^^*

お礼日時:2006/10/18 22:11

既に映画になっていますが・・・



東野圭吾の「手紙」がオススメです。

私も読んでから映画を見ようと思い
つい何日か前に読んだのですが
めちゃめちゃ泣きました。

是非オススメします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちわ、コメントありがとうございます!
「手紙」気になってました!!今映画のサイトを見てきて予告編だけでも泣けそうでした。笑。東野さんの本は結構読んでいますが、いつもいいところ止まりで泣けません;今回はなかなかぐっと来る感じだったので、私も是非読んでから映画みたいと思います。

お礼日時:2006/10/18 22:05

質問タイトル読んだ時点で「アヒルと鴨の~」を推薦しようとしたら既読でしたね(^^;


もう1つオススメなのが「バッテリー」です。
来年3月に映画公開です。
http://www.kadokawa.co.jp/battery/
野球の天才的才能を持つピッチャーとその才能にいちはやく気づき
受け止めるキャッチャーの中学生のお話。
と言っても、野球の試合の話はほとんど出てこないので、
スポーツもの苦手な人でも大丈夫です。
たまたま「スポーツ」なだけで焦点は“天才の思春期”みたいなところに
なっています。
今、全6冊中5冊まで文庫化されています。
元々中学生向けぐらいに発行されたものなので、1冊2時間もあれば読めてしまいます。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4043721013/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちわ!コメントありがとうございます。
バッテリー映画化なんですね!!知らなかったです。お知らせ下さってとても嬉しいです。あさのさんはとても好きな作家さんで、全て読了済みです^^*。できたら「The MANZAI」も映像化希望なんですけれども。
伊坂さんの「アヒル~」気になりますよねぇ。ストーリーがストーリーだけに、どんな映画になるんだろう?と楽しみです。

お礼日時:2006/10/18 21:56

最近読んだ本です。


「ららら科學の子」矢作俊彦
三島由紀夫賞受賞作、映画化決定と帯にありました。
内容については参考URLをご覧ください。

自分は面白いと思いました。
苦味のあるロマンチズム、とでも言えば良いのでしょうか。
風変わりなハードボイルドです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163222 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます!
面白いタイトルの本ですね、読んだ事がありませんでした。レビューも読んでまいりましたが、なかなか面白そうでした。最近でも戦争兵が戻ってくる、と言う事件?がありましたが、そう言う方たちが今の世の中を見てどんな反応をするのだろう・・・と興味がありました。(そんな話じゃないのかな?)苦味のあるロマンチズム、映画になる前に読んでみようと思います。

お礼日時:2006/10/18 16:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伊坂幸太郎のこの文章を、三文雑誌のエロ小説みたいな文章と言ってる人がいたのですが

伊坂幸太郎の小説の一部の文章です。「兄の贔屓目で言うのではなく、弟の外見は人並み以上だった。鋭さを備えた眼に、官能的な曲線を描く涼しげな眉、鼻は高く勇ましさもある。寡黙でありながらも敏捷な獣、たとえば豹さながらの力強さが滲んでいる」
性的描写はほとんど無い普通の小説ですが、そういう風に思えますか?

Aベストアンサー

#5欄にいただいた「捕捉質問」とは下記2点のことでしょうか。

>まあ、この小説をお読みになっていなければ答えようがないかもしれませんが、この文章だけ、エロっぽいだけで、他の文章はまともという事もありますよね?

はい、他の文章はまともという事もありますよ。前回、そう示唆したつもりです。ただし、三文が「まともでない」とは一言も言っていませんが。

>上手い文章ではありませんが、三文は言い過ぎでは?(笑

上手い文章ではないんですか? 私は、三文っぽさを出した上手い文章だと思いますし、前回も前々回もそう書いたつもりです。三文は「言い過ぎ」なんですか? 文脈から察するに、「三文は、けなし過ぎでは」と、あなたは質問していらっしゃるのですよね? その質問は、その批判を言った人に聞いてください。その人がどんな憎しみを込めて言ったのかは私にはわかりません。私は三文な感じが嫌いではないので、「けなし過ぎ」かと聞かれても困ります。

どうも、私の文章力が乏しいせいで、これまでの私の回答の真意がうまく伝わっていないような気がします。できるだけお役に立ちたくて、今日一日、どう答えるべきか考えていたのですが。

#5欄にいただいた「捕捉質問」とは下記2点のことでしょうか。

>まあ、この小説をお読みになっていなければ答えようがないかもしれませんが、この文章だけ、エロっぽいだけで、他の文章はまともという事もありますよね?

はい、他の文章はまともという事もありますよ。前回、そう示唆したつもりです。ただし、三文が「まともでない」とは一言も言っていませんが。

>上手い文章ではありませんが、三文は言い過ぎでは?(笑

上手い文章ではないんですか? 私は、三文っぽさを出した上手い文章だと...続きを読む

Q東野圭吾 著「秘密」のような小説を知りませんか?

私は東野圭吾さんの「秘密」を読んで、話の構成に惹かれました。
で、どなたか、複雑な家族関係(特殊な人間関係)で、その中に愛ガあり、ほんのり涙を流せて、読み終わったときに、「あぁ!こういうことだったのか!」と思えるような本をご存知ありませんでしょうか?よかったら教えてください。分かりにくい質問ですみません。

Aベストアンサー

赤川次郎の「ふたり」ですね。

姉妹2人と両親との家族に訪れた、不思議で切ないお話です。
古本屋なんかでも廉価で売っていると思います。

この作品は大林監督の新尾道三部作として、石田ひかり主演で映画化されています。私はこちらを先に観たのですが、18歳の石田ひかりはこの映画で映画各新人賞を総なめにしました。
今にして思えば大林テイストが強い気もしますが、こちらもなかなかですよ。

Q小説『火車』(宮部みゆき著)の面白さを教えてください

こんにちは。

タイトル通りです。
この作品の面白さがどこにあるのか、教えてください。

私は普段、小説はあまり好んで読みません。ですが人気作家さんの代表作ぐらいは押さえておきたいと『火車』を読み始めました。しかしamazonにあるレビューのように、面白い!と思うことができずにいます。(現在半分ぐらい読みました)
これは私にとって、とてもとても悔しいことです。
ちなみに、amazonのレビューはネタばれに配慮した内容になっているので、具体的にどこが面白いのかが書かれていないため参考になりませんでした。
ですから、ネタばれでも結構です。
宮部みゆきさんの『火車』、ここが面白い!と皆さんが思うところを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
世の中は結構なスピードで進んでいて時代背景がかわっていますよね。
火車のカード破産の恐怖とかその当時は読んでいておもしろかったが今読んでおもしろいかどうかはわかりません。ケータイがない話だってざらにあるのだから。
まあそれでもいいものは残っていくとおもいます。

直木賞をとった、”理由”よりレベル7の方が私は面白かったしね。

回答としては読んだのがかなり昔なので曖昧ですが、
火車のラストはあやふやで真相をしりたいとおもいましたね。
それを読者がいろいろ想像するというのも斬新だったとおもいます。
では。

Q大崎善生に似た文体の作家

姪が某所で作者もタイトルも確認せずチラッと読んで大崎善生のものと思っていたら違ったそうです。続きを読みたくて探しているようなのですが、内容を言いません。似た文体の作家に心当たりがおありでしたら回答お願いします。

Aベストアンサー

少しでも内容がわかれば回答がつくのでしょうが・・・
過去に読んだ本が手元にないので、文体が似ているかどうかははっきりしませんが、
本多孝好さんの本と雰囲気が似ているとはずっと思っていました。
盛田隆二も少し似てるかもしれません。見つかるといいですね!

Q乙一 『GOTH』にハマっています。

 乙一作品は、前から好きなのですが「GOTH」は本当に最近読みました。見事にハマっています。
あの主人公の(というか、話?)雰囲気・感じが似ている本を他にも読みたくて、探しています。お勧めがあれば、教えて欲しいのですが。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。私もGOTHは特にお気に入りの一冊です。

既読かも知れませんが、
殊能将之『ハサミ男』
をお勧めします。

この本については、あまりコメントをするとネタバレになりそうなので、下記URLを参照してみてください。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062735229/qid=1128703045/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl74/249-9192226-7452332


人気Q&Aランキング

おすすめ情報