お世話になります。
Deftonesの"White Pony"というアルバムについてですが
リミテッド・エディション、その他、ジャケットの色が様々なものを見つけました。収録曲の内容にも多少異なっているようなんですが・・・
現在売っている通常盤はボーナス・トラックで収録曲が少ないって事でしょうか・・・?

素人質問ですみません、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

長くなりますが、整理してみます。


出回っているものをすべて把握しているわけではないので、あくまで参考程度に受け取って下さい。 

そもそものオリジナル盤は、公式サイトにもあるように、ジャケットの基調色が「白」で、収録曲が “Back To School (Mini Maggit) ” から “Pink Maggit” までの12曲のもののようです。 馬のデザインがジャケット中央に配置されている点が特有です。

「参考まで」 に その他のアルバムを大別すると、次のようになると思います。 
・White Pony (灰色、青色)
・White Pony [Limited Edition Red] (赤)
・White Pony [Limited Edition Black] (黒)

こちらはどれもジャケットのデザイン自体は同じで、馬は右下に。
注意ですが、ジャケットの基調色が「灰色」のものには、オリジナル盤1曲目 “Back To School (Mini Maggit) ” が収録されているものと収録されていないものの2種類があるようです ( HMVで確認する限り、International 盤は12曲、 Europe 盤は11曲といったように)。
「青色」のものも見つかるかと思いますが、これは “Back To ~ ” のない基本11曲かと。 
おなじみの灰色の日本国内盤も同じ11曲で、ボーナストラック付は無しかと。
「赤」と「黒」はどちらも収録は同じで、“Back To ~” が収録されておらず、12曲目として “The Boy's Republic ” が収録されています。

つまり、最低でも 白(12曲)、灰(11曲、12曲)、青(11曲)、赤(12曲)、黒(12曲)の6種類はあるものかと。 基本は “Feiticeira” から “Back To School (Mini Maggit)” までの11曲収録で、前に “Back To School (Mini Maggit) ” が付いているか、後に “The Boy's Republic ” が付いているかです。
デザインは無視して収録曲だけに目を向けると、3種類はあるということですね。
ちなみに、全部を楽しめる13曲入りのものは、残念ながら私は目にしたことがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
13曲全て聞きたい場合は2枚以上アルバム買わなければならないって事ですね;
僕は11曲収録のものを買ってしまったので他を探してみたいと思います。

お礼日時:2006/10/19 16:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洋楽の日本盤CDに1,2曲ボーナストラックが収録されている物があります

洋楽の日本盤CDに1,2曲ボーナストラックが収録されている物がありますが最近これが米国側で問題になっている様でYouTubeにそのボーナストラックの曲が投稿されていて視聴した人のコメントを読むと「何で日本盤だけに入っているんだ」とか「ファンは日本にだけいるんじゃないぞ」といった内容の物が多く 中には「普段、日本語でしゃべってんじゃねーの」といったアーティストを非難するコメントまであり、それでCDは日本盤と輸入盤(主に米国盤,カナダ盤)との間に価格差があってレコード会社の強い要請もあり、日本盤にはボーナストラックが収録されている。という内容のコメントを投稿したのですが、何故か自分のコメントが全く表示されず(下手な英文のせいかもしれませんが)正確な情報が伝わらない、伝えられない事にもどかしさを感じます。ウィキペディアにもアルバムが各国で何万枚売れたとか、音楽チャートで最高何位になったとかは詳しく書かれているのにいくらで売られているかについては全く記述されていません。同じ商品(この場合音楽CDですが)が国によって違う値段で販売されている事を知られたくない何かがあるのかと思ってしまいます。自分の考えをどうやったら英語圏の人々、特に米国の人々に伝えられるでしょうか?些細な事ですがこのまま放っておくと日本人、日本国悪者論がますます広がってしまいそうな気がするので。

洋楽の日本盤CDに1,2曲ボーナストラックが収録されている物がありますが最近これが米国側で問題になっている様でYouTubeにそのボーナストラックの曲が投稿されていて視聴した人のコメントを読むと「何で日本盤だけに入っているんだ」とか「ファンは日本にだけいるんじゃないぞ」といった内容の物が多く 中には「普段、日本語でしゃべってんじゃねーの」といったアーティストを非難するコメントまであり、それでCDは日本盤と輸入盤(主に米国盤,カナダ盤)との間に価格差があってレコード会社の強い要請もあり、日...続きを読む

Aベストアンサー

一応、以下のような良識あるサイトで相談してみてはどうでしょう。
http://www.japan-guide.com/forum/quedisplay.html

ただし、お気持ちはわかりますが、結局は#1さんがお書きになっているとおりで、質問者さんのような意見を伝えられるような国際社会では、みんながそんなこと、百も承知できちんと理解し受け入れていて、伝えきれない国際社会では、誰が何を言おうと誰も理解しようとしないし否定するのです。というか、厳密には、みんな実は理解しているんだけど、単に文句を言ってストレスを発散したいだけなのです。

で、ボーナストラックがあるのは、価格や売れ行きもさることながら、language barrierによるハンディをボーナストラックで補っているようなところはあると思います。それが悔しいなら、日本盤を輸入してもらえばいいのです。そして、文句を言う人の声が高まれば、日本盤の輸入(日本から見た輸出)も増え、日本盤を作っている人たちも儲かるのです。

余談ですが、「価格差があるからボーナスを付ける」というのは、消費者側から見たらおかしな理屈に聞こえるだろうと思います。「だったらボーナスは無しにして価格を下げてやれよ」という話にもなりかねません。

一応、以下のような良識あるサイトで相談してみてはどうでしょう。
http://www.japan-guide.com/forum/quedisplay.html

ただし、お気持ちはわかりますが、結局は#1さんがお書きになっているとおりで、質問者さんのような意見を伝えられるような国際社会では、みんながそんなこと、百も承知できちんと理解し受け入れていて、伝えきれない国際社会では、誰が何を言おうと誰も理解しようとしないし否定するのです。というか、厳密には、みんな実は理解しているんだけど、単に文句を言ってストレスを発散したい...続きを読む

Qスリラー25周年記念リミテッド・ジャパニーズ・シングル・コレクション【完全生産限定盤】 は買う価値あり?

スリラー25周年記念リミテッド・ジャパニーズ・シングル・コレクション【完全生産限定盤】 が3/26に発売されますけど、未発表曲も含めてCDが計7枚が紙ジャケで発売されますけど皆さんは買いますか?
私は熱狂的なMichael Jacksonのファンで今までの曲は全部網羅して買っているのですが、これは買うべきなのでしょうか?なんか発売元の会社の意図がお金を巻き上げようとしている様にしか見えなくて。言い方は悪いですけど。

多分買うんですけど、皆さんの意見を参考にしたいと思います。
お願いします。

Aベストアンサー

>なんか発売元の会社の意図がお金を巻き上げようとしている様にしか見えなくて

 そのとおりだと思いますよ。
日本初CD化とやらのレアな音源も混ぜてあるし、熱狂的なファンなら絶対買うだろうと。
お値段もお手ごろに設定してあるので結構予約も入っているみたい。
まあマイケルもこのところお金に困っているみたいだから仕方ないんでしょう。
(唐突な企画盤の発売の場合、アーティスト側の事情によることがほとんどです。契約の関係とかお金がほしいとか)
これまで全部そろえているのにこのコレクションを持っていなければ
熱狂的なMichael Jacksonのファンを名乗れなくなりますから
きっとembepさんは買うと私は思います(笑)

Qベン・ハーという映画の 完全オリジナル・BGM収録 サントラ盤 は、今までに発売されたことはあるでしょうか?

ベン・ハーという映画の 完全オリジナル・BGM収録 サントラ盤 は、今までに発売されたことはあるでしょうか?

チャールストン・ヘストンという有名な俳優さんが
主演の映画です。

私の 父が 昔から 好きで、 よくLPレコードを 聴いていたのですが、
レコードプレーヤーが 壊れてしまい、だいぶ前から、聴けなくなってしまっています。


輸入盤でも良いのですが、なるべく、オリジナルに近い、
サウンドトラックを買って、CDラジカセなどで、
聴かせてあげたいのですが、
今までに、発売はされたことはあるでしょうか??


ご存知の方いらっしゃいましたら、
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ベンハーのサントラはこれまで数回CDになっています。
日本盤CDもありますが、かなり前に商品化されたままなので入手は困難です。ヤフオクなんかにはたまに出ますが、けっこう高いです。
また輸入盤も発売から10年くらいは経っているので、どれも廃盤だと思いますが、在庫を扱っているショップもあります。

アナログのLPを聴いていたということですが、アナログ時代にも作曲者のミクロスローザが数回録音しているので、いくつかのバージョンがあります。
完全なサントラというのもありますが、LPで聴かれた印象とかなり違うと思います。
というのもむかしのサントラLPは、聴きやすいように映画の音源ではなく、レコード用に再度録音し直したものがほとんどだからです。

「ベンハー」という映画そのものが好きでまったく同じ音源を求めたいというマニア以外には、完全なサントラは不向きだと思いますよ。

下記、現在でも入手可能ないくつかのCDです。
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1387049&GOODS_SORT_CD=101
「ベンハー」と「クォバディス」という2本を作曲者自身が再度録音し直したバージョンで、録音が新しい分音はいいです。LPの時代にも
まったく同じものが発売されています。

No1の方が紹介されているものは映画の音源を使ったサントラで、LPとはまったく印象が違うかもしれません。映画の音源なので曲によっては18秒とか50秒とか、音楽鑑賞にはあまり適さないものも収録されています。2枚組で90曲近い収録になっています。発売が1996年なので廃盤となりやや高価です。

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=563956&GOODS_SORT_CD=101
ベンハー他ローザの代表作4本をまとめたCDです。

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=867999&GOODS_SORT_CD=102
最新録音で音質にこだわったバージョンです。ただローザは録音時に逝去しているのでかかわっていませんけど。

ベンハーのサントラはこれまで数回CDになっています。
日本盤CDもありますが、かなり前に商品化されたままなので入手は困難です。ヤフオクなんかにはたまに出ますが、けっこう高いです。
また輸入盤も発売から10年くらいは経っているので、どれも廃盤だと思いますが、在庫を扱っているショップもあります。

アナログのLPを聴いていたということですが、アナログ時代にも作曲者のミクロスローザが数回録音しているので、いくつかのバージョンがあります。
完全なサントラというのもありますが、LPで...続きを読む

QDeftonesのAround The Furについて

前にDeftonesのWhite Ponyについての質問をさせてもらったものです。
同アルバム"Around the Fur"について質問させてください。
自分はこのアルバムの輸入盤を持っているのですが、最後の10曲目"MX"のトラック32分後半からヒッドゥン・トラックが収録されているのですが、バックカバーのクレジットをみても曲のタイトルが載っていませんでした。
Amazonで調べたところ国内盤には11曲目に"デーモン"というトラックが入っていることが分かりました。このヒドゥン・トラックが"デーモン"という曲でしょうか・・・?

度々すみません、お願いいたします。

Aベストアンサー

たびたび失礼します (質問者さんの追っかけとかではないので、とりあえず安心してください)。
私も日本盤は未確認なので明確な回答にはなりませんが、
「Epinions.com」 という所のアルバム紹介ページに以下のような記載があるのを見つけました。 
これは「eBay」 でもそのまま引用されています。

“~ The tracks name is 'Damon', and its around 30 minutes after 'MX' ~”

国内盤と輸入盤は同じ収録なのかそうでないのかをはっきりさせてくれる回答が早く来ませんかね…自分も気になります。

参考URL:http://www.epinions.com/content_124929805956

QUS盤とUK盤

こんにちは。
日本盤が発売されていないCDで、輸入盤を買おうと思っているのですが、US盤とUK盤どちらにしようか迷っています。

音質やその他(CDにビニールがかかっているかなど)の面で、どちらがいいでしょうか?
詳しい方がいらっしゃいましたらお教え下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アナログの時代ならUK盤の質が良かったみたいですが、デジタルになると殆ど差を感じませんね。
パケは欧米でもCDプレスがアジアなんて事も稀にありますから、そうなると何が何やら・・・。
一部メーカー(主にEMI)では、UK(EU)盤をCCCDにして、US盤をCDDAで発売するケースがありますから、最近の選択肢はCCCDが基準になるのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報