投資で勝つ方法として、こんなのを考えました。
このやり方で、昨今の相場で利益があがるでしょうか?

1.配当利率の高い株に対し、権利付き最終日に現物買いと先物売を組み合わせて、配当をもらう。
このとき、先物相場は、配当による価値の減少を織り込んでしまうものなのでしょうか?
2.配当利率の高い株に対し、
日歩がついているようなら空売りを、逆日歩がついているようなら信用買いを行い、決算終了後、それぞれ、値下がりによる利益、または、配当益を狙う。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1. 個別株の先物は、大証が計画をぶち上げたところまでは知っていますが、現時点では、個別株オプションを組み合わせて合成先物をつくるしかないのだろう、と理解しています。

(違っていたらゴメンナサイ。)
で、個別株先物が出来たとすると、概ね配当落ちを織り込んで値付けされると思いますが、完璧にそうなる可能性はあまり無いと思います。上場先物は、常に理論通りに値付けされている訳ではなく、多少の歪みはある方が通例だからです。但し、個人投資家がその歪みから利益を上げるのは、シンドイと思います。売り買い両方で手数料を払わなければならないからです。

一般論としては、先物の流動性が高ければ高い(=売買量が多い)ほど、先物価格の理論値の乖離は低くなり、取引コストが相対的に高い個人にとっては、価格変動リスクをほとんどとらない様な「裁定取引」のチャンスは低くなります。(個人ができるぐらいなら、証券会社の自己部門が先にやってしまい、個人の手数料が取り返せる程には価格は歪まない、という事です。)個人が手数料を取り返せる程、価格に歪みがあるとすれば、むしろ先物市場として欠陥商品に近く、長続きしないかも知れません。(反対に言えば、最初だけチャンスはひょっとしたらあるかな?)

流動性の乏しい先物だと、理論値からの乖離は大きくなる可能性がありますが、板も薄い(具体的には、場に出ている指値注文の売りの一番上と、買いの一番下の差が大きい)為に、売りに言った時と買いに行った時の値段の差が大きくなり、売り買いを同時に組んだりはずしたりする事で歪みを取りに行くのは、個人・プロとも難しくなります。特に、指値注文がどのように並んでいるかが見られない個人には、結構つらいです。(プロは手間がかかるわりに儲からんのでやらないかも知れません。すると乖離が大きくなりっぱなしになり、先物としてはいずれは「死んでしまう」でしょう。)

という訳で、あまり現実的ではないんじゃないでしょうか?。

2. 対象を配当利回りの高い銘柄に限って、かつ日歩や逆日歩をキーに信用取引きでの売り買いを考えられているようなので、売り買いそれぞれ単独で、配当金や日歩を儲けのネタ(の一部)として期待されているのだと思いますが、であれば、No.1の方と同意見です。配当金は結局精算されます。また、日歩は、売り方からすれば、「現物を売ってその代金を預金していれば受け取るはずの利息」という性格のものです。(買い方からすれば、株を買うために買っている金利です。)ですから、信用売りをして手に入る金は、信用売りでなくとも当然手に入るべきもので、特にメリットではありません。(今は金利が低すぎて、0%だったと思います。)
お考えのアイディアで儲かるなら、「現物でも、配当落ちの前に売って、決算後に買い戻せば、持ちつづけて配当を受け取るよりはまし」という事になるので、そういう考え方が妥当かどうか考えて見ると判断できると思います、

逆日歩は、買い方には確かに「おまけの利益」ではあり、売り方にとっては相当きついものですから、金を貰える上に、理屈上は売り方の買戻しにより株価の上昇も期待できるはずですが、「逆日歩に買いなし」という格言(逆日歩は相場が最終局面に近い事を示す、という考え)もあるぐらいなので、受け取れる逆日歩の額よりも、株価自体について、よく考えられた方が言いと思います。

尚、もし売り買いセットのポジションで銘柄間の相対的な値動きから利益をあげようと考えられているであれば、同様に、株価について先に悩むべきだと思います。株価で逆風が吹けば、逆日歩は気休め程度になりかねませんから。
因みに、このようなポジションは、将来の相対株価を正しく予想できるかどうかにかかっているので、リスクがある分、手数料を払った後で儲けるチャンスは個人にもあります。私自身やった事があり、それ程イヤな記憶は残っていませんが、相対株価を当てるよりは、それぞれの株価の上下を当てる方が、まだ悩み様がある、と思ったので、ちょっとやってやめましたけど…。(好みの問題だと思います。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いずれにせよ1.2.ともあまり現実性はなさそうですね。
思いついたときは、いけそうな気がしたもんですが。

お礼が遅れてしまって申し訳ありません。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/05/30 23:36

理論的に記載できる内容ではございませんので、私の意見をご参考に記入いたします。



>1.配当利率の高い株に対し、権利付き最終日に現物買いと先物売を組み合わせて、配当をもらう。
>このとき、先物相場は、配当による価値の減少を織り込んでしまうものなのでしょうか?

理論的には配当分を織り込んだ株価形成になり、このような裁定機会が存在しないとされています。しかし、配当の支払いが絶対確実という訳ではないことを考慮すると理論的にのみ支配されるということではないと思います。
従って、権利落ち直前に購入して、先物売りを行うことで利益が上がるケースも勿論存在いたします。ただし、これは現物企業に好材料があった、或いは先物中心銘柄であるハイテク企業に悪材料があった等の理由で、先物に比して現物が買われたことにより発生したものと考えられます。
私のイメージでは、配当落ち直前は投資家が現物を売り渋る傾向があり、配当落ち後(3月の場合は新年度入り後)に投資家の現物売りが出やすくなる傾向にあると思います。このことから、配当を払う以上に相対的な現物の下落幅が大きいような気がいたしますので現物売りと先物買いを組み合わせ、然る後に反対売買を行うということ方が勝率が高いと思っております。
何れの場合も、現物の位置関係で利食いが出やすい或いは持ち株解消があるなどの需給要因も考慮して売買を行う必要があると思います。

>2.配当利率の高い株に対し、日歩がついているようなら空売りを、逆日歩がついているようなら信用買いを行い、決算終了後、それぞれ、値下がりによる利益、または、配当益を狙う

基本的な概念は1のケースと同じですが、相違点を記載したいと思います。
・先物と現物のベーシスリスク(簡単に言えば価格がズレるリスク)が現物の銘柄間の価格スプレッドリスクに置き換わった
・同種企業間で行えば、1よりも有効な手段となり得る
ここでご注意いただきたいのは、逆日歩が付いている銘柄は市場流動玉が少ない或いは仕手筋が株価の持ち上げを意図しているなどを理由として、相対的に割高になっているケースが多いと思われます。割高な銘柄の場合、何らかの原因をきっかけとして急変し、価格が大幅に下落することも少なくありません。この原因の一つに株の権利落ち越えというものも考えられますので、この点には十分注意が必要だと思います。


投資手法において、絶対確実なものというものは存在いたしませんが、銘柄の選別により、投資手法の確実性を増すことは可能だと思っております。近未来を推理して売買の組み合わせで利益を得ようとする裁定取引は私ども金融機関の人間が好んで使用するものであり、推理が適確であれば利益を得られるものと考えています。

教科書にない個人的な考えであり、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>このことから、配当を払う以上に相対的な現物の下落幅が大きいような気がいたしますので現物売りと先物買いを組み合わせ、然る後に反対売買を行うということ方が勝率が高いと思っております。

そうみたいですね。
私もサンプルを10銘柄ほど取り出して調べてみたのですが、だいたい権利落ち日まではふらふらしていて傾向らしいものはみえないのに、権利落ち後は、急に下落していました。
それも配当金額以上に下落してるケースが多いようです。

逆日歩がつく銘柄の特徴がつかめなくて困っていたのですが、仕手筋が関係することがあるようで、大変参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/05/30 23:26

1.について



個別株先物の話でしょうか。もしそういう物があったら、
配当による権利落ちを織り込んで価格が形成されるで
しょうから、利益を出すことは出来ないと思います。
具体的には、配当発表前は予想配当を、発表後は配当を
考慮に入れて先物の値段が決まり、権利落ち当日には
この要因で先物の値段が変動することはないでしょう。


2.について

単なる信用売りや信用買いと同じでは? 日歩・逆日歩に
関して言えば、信用売買のリスクと比べれば無いに等しい
と思います。信用取引では配当の分は現金で清算するの
はご存知でしょうか(買い手は貰い、売り手は払う)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。個別株先物というのはないみたいですね。
残念です・・・

お礼が遅れてしまって申し訳ありません。

お礼日時:2002/05/30 23:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先物取引にてこちらは利益はほとんどなく企業は利益1200万円で契約解除されそう

先物取引で出金(こちらに口座に振り込んでいただく)予定だった400万円で新しい取引を勝手に始められてしまいました。
取引の指示と出金の支持があったなかったで証拠がないともめて、契約解除されそうです。
その場合は今まで企業に手数料として1200万円支払ったのに、こちらは元金+見舞金しか支払ってもらえないようです。
納得できないのでアドバイスをお願いします。
かなり長くなってしまいますが下記は詳細です。

今年5月より原油の先物取引を勧誘されしておりました。
元金150万円で、利益は出ておりましたので何度も催促の末に8月に20万円強を出金(こちらの口座に振込み)していただきました。
取引を何度も繰り返し10月半ばで1800万円になっておりましたので月末にむけて400万出金したい意向を告げ、期限ぎりぎりの段階(10/29)でも「必ず今日決済してください」と告げましたが、翌日(10/30)担当の方に「すみません。私のミスです。決済してません」と言われ決済してもらえず、トラブルとなりました。
10/31に上司の方より出金する日付と金額をしっかりするようにと厳重注意をしますのでと言うことでこちらは引きました。
10/31に決済することができ、11/4に会社規定の5営業日後の11/10には出金と言う段取りを取っていたのですが「(私)では11/10が出金になるんですね。月末のトラブルがあったので早めに7日とかに出金できませんか?」「(担当者)う~ん、早めに出金することについて、かけ合ってはみますが…。」と言う話し合いをしました。
11/7朝9時半ごろ出金ができるのか確認の電話をしたところ「(受け付けの方)折り返し電話をさせます」とのことでしたが、電話はありませんでした。出金もされていませんでした。
11/10に電話をした際に担当者は不在で上司の方に「10/31に決済した400万円で新しく購入しておりますので出金はできませんよ」と言われました。
新しく購入する話など一切聞いていませんし、今まで何の相談もなく売買されてしまったことはなく、その400万円は出金するはずだったものですので、そのことを上司の方に告げて担当者より折り返し電話を頂くこととなりました。
担当者から電話をいただき「(私)勝手に買ってしまったという意思はあるんですね?」と問いただした際に「(担当者)利益を出そうと思ったのですが、まぁ…結果的にはそうなってしまいます…。」と言われました。
後日上司の方より電話を頂いたのですが、担当者はこちらが新しく買うように指示したと言ったと言うのです。
ここで言った言わないの水掛け論となり、さらに新しく買ったものは期限が10日後のもので内容も何故こんなものを・・・と言いたくなるようなものでした。

証拠がないといわれ水掛け論になりましたので企業側は、契約解除ということで元金(130万円)+見舞金(10万ぐらい)を和解案として提示してきましたが、今までに取引の手数料として1200万以上企業に支払っています。とても納得いきません。

弁護士などに無料相談などをした場合には企業側も金融専門の顧問弁護士を立てますからと言われています。
こちらは弁護士費用を払うことは経済的にできませんし、弁護費用の助成制度などもいろいろな観点から利用できそうにありません。
出金予定だった400万円か今まで支払った手数料を取り戻すことはできないでしょうか?
長くなってしまい申し訳ありません。

先物取引で出金(こちらに口座に振り込んでいただく)予定だった400万円で新しい取引を勝手に始められてしまいました。
取引の指示と出金の支持があったなかったで証拠がないともめて、契約解除されそうです。
その場合は今まで企業に手数料として1200万円支払ったのに、こちらは元金+見舞金しか支払ってもらえないようです。
納得できないのでアドバイスをお願いします。
かなり長くなってしまいますが下記は詳細です。

今年5月より原油の先物取引を勧誘されしておりました。
元金150万円で、利益は...続きを読む

Aベストアンサー

>今回の400万円分の取引がなかったことになると言うことでしょうか?

これ自身は、あなたの指示による売買ではなく会社が勝手にやったことですから、その意味で無効です。
今回の400万円分の取引については「客の金で勝手に売買した」という内容で、解約云々とは関係なく
不法な取引だということを認識しておいて下さい。

どういう売買をされているのでしょうか、常に満額を投資されているのですか。
150万円が300万円になれば、今度は300万円を投資、それが500万円になれば、また500万として投資する、って感じで満額投資なのでしょうか。
複数回の途中途中に少しずつ引き出しておくべきでした。
(たぶん会社は、それをさせない常に満額投資、それが良くある手口のようです)


オプション取引、しかもWTI原油となると当方経験が無いので細かなことは分かりませんが。
会社の言っていることに矛盾がありますね。

>契約解除ということで元金(130万円)+見舞金(10万ぐらい)を和解案として提示してきましたが、

これがおかしいです、なぜなら会社側は、『10月31日に400万円分の決済をした』と言っているわけです。←
それを他に投資した、これは一旦脇に置いておきます。
つまり『(途中)決済して400万円分の値洗いを現金化した(出来た)』と会社側が供述しているわけです。
もし解約がどうのこうのであるならば、10月の時点で今回の話が出るはずです。
従って1800万円-400万円の残り分もすぐに決済できるはずです。
なぜ『400万円分は決済して現金化した』、と言っているのに今回の残り分は決済ではなく解約で元金のみの返還というのか、矛盾します。←

>今持っている全てを企業側で買取り、それも含めての和解金となるそうです。

買い取り?、誰から何を、つまり1800万円分のオプションを130万であなたから買い取るってことか。
400万円分の不法取引についてはどうする、ごまかしか。

ここに海外先物オプション取引の判例があります。参考にして下さい。
http://www.aoi-law.com/hanketsu.html#1_top
どうもノミ行為が横行しているようです。

海外先物は国内での取引ではないため国内取引所の法律が適用できず被害が多数出ているようです。
http://www.masakikenji.com/10/1030_1/
多数の顧客から提訴され、今も多くの裁判を全国的に抱えているというのが実情です。

大変でしょうが色々と知識武装をして自信を持って下さい。

>今回の400万円分の取引がなかったことになると言うことでしょうか?

これ自身は、あなたの指示による売買ではなく会社が勝手にやったことですから、その意味で無効です。
今回の400万円分の取引については「客の金で勝手に売買した」という内容で、解約云々とは関係なく
不法な取引だということを認識しておいて下さい。

どういう売買をされているのでしょうか、常に満額を投資されているのですか。
150万円が300万円になれば、今度は300万円を投資、それが500万円になれば、また500万として投資する、...続きを読む

Q現物225種類と、225先物の売買代金の違いについて

現物で225種類の銘柄の一日の総売買代金と、225先物の総売買代金を教えてください。
やっぱり、手軽に買えると言う観点から、225先物の売買代金の方が大きくなるのでしょうか?
それとも、先物やる人の絶対数が少ないから、現物の市場の規模の方が多いんでしょうか?

Aベストアンサー

アバウトで
 先物の 1日の出来高 本日 8万枚程度
 本日 225出来高が 16.7億株
 金額が ちょいとわかりませんが
  ケミレの数字を写しているだけなので
 東証1で  24.4億株 代金 3.2兆円です。

 先物の金額をどうするかですが
 単純に レバ1000倍なのでその数字にすれば
 8000万株となりますが ひかくとしてあまり適当ではないかも
 金額で換算されば 加重平均として 本日約17700円
 17700円X80000枚X1000=1兆4160億円となります。

 まあ 225先物と現物の商い比率は
 今 おおよそ 上記の計算程度の比率で推移しています。

 規模で 比較と言うのも 無理が有りますが
 現物のほうは 実際に動く金額は
 上記のままですが

 先物は 1/1000の金額が有れば良い訳です
 但し 持ち金は 1/1000ですが
 マイナスとなる 金額は 1000倍きますので
 その辺の 捉え方でしょうか


 

Qアメリカが戦争を起こしたら、石油の先物で利益が得られるのか。

こんばんは。

知り合いの人が、先物の営業マンの説明を受けたそうで、「もうすぐアメリカがイラクを本格的に攻撃するから、そうなったら石油の先物がオススメだよ。湾岸戦争でも石油が高騰してすごい利益が得られたのだから。」などといわれたそうで、本人もまんざらじゃない様子。
「そんな簡単に儲かるのかな」と言ってみたところ、「儲かるときには儲かるのさ」などと返してきます。

本人には、辞めるように勧めるつもりですが、実際のところはどうなのでしょうか。
湾岸戦争のときはそれほど利益がでたのでしょうか。

アドバイス・みなさん独自の展望などを教えていただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

余り信用しない方が、良いと思いますけどねぇ
原油生産国は、イラクだけではありませんし、OPECだってそれ相応の対策は取るでしょうから、高騰するかどうかさえ、判りませんよ

勿論、これから需要期に入るので、OPEC等は通常通りの生産をしていれば、供給より需要が増すので、価格が自然に上がって行き、利益を稼げるようになりますから、そこで、多少は利益が出るかもしれませんけど、手元に入るほどの額になるかどうかは、判りませんね
手数料だけで飛んで行くかもしれませんし・・・ね

Q12月30日新規売りで逆日歩がついてました。1月4日に買い戻し予定です。合計6日分の逆日歩を納めるの

12月30日新規売りで逆日歩がついてました。1月4日に買い戻し予定です。合計6日分の逆日歩を納めるのでしようか❔

Aベストアンサー

6日分ではありません。株の受け渡しは、約定日から3営業日後。つまり、12/30に売り建てたのであれば、12/30→1/4→1/5→1/6。つまり、1/6に借りたということになります。

1/4に買い戻すのであれば、1/4→1/5→1/6→1/10の1/10が受け渡し日。つまり、借りた期間は4日となるので、負担すべき逆日歩も4日分となります。

負担すべき逆日歩は、翌営業日の夕方に証券金融会社(主に日証金)より公表されます。公表される額は4日分です。

Q先物取引「原油」「金」の相場

株式投資をしていて 最近先物取引にも興味を持ちました。

そこで、1989年からのチャートを見ていると 現在「原油」「金」の相場が異様に高いことに気が付きました。「原油」は油田が発見されてないから・・・・「金」は金が高いからアメリカがインフレになるとか・・・・

なぜ 相場が高いのでしょうか?今後はどのようになるのでしょうか?日経平均先物にどのような影響があるのでしょうか?

Aベストアンサー

>なぜ相場が高いのでしょうか?
最近の原油高は、新興国の原油需要が旺盛ということも理由のひとつですが、最大の原因は、産油国の供給不安です。
ある産油国最大の油田から、原油が出なくなってしまったそうです。だからOPECが「増産」の報道をしても、市場が反応しません。

>今後はどのようになるのでしょうか?
ゴールドマンサックスは「WTIは100ドルを超えるだろう」の強気見通しを立てています。
トレンドが崩れていないので、原油価格はおそらく、行き着くところまで行くと思います。

>日経平均先物にどのような影響があるのでしょうか?
原油価格や金価格は、直接、日経平均先物には影響を及ぼさないと思います。
世界の中心である米国の景気動向がすべてです。


おすすめ情報