こんにちは。まったくの初心者の質問で恐縮です。

今回は、発生した問題を解決したいというより、
問題発生にあたって、自分の無知さを感じ、
webの常識ってどうなっているのだろう?と知りたくなり、
質問させていただいた次第です。

【背景】
BROBAというコンテンツ配信サービスに申し込もうと思った。
どうやら、申し込みフォームがjavascriptで制御されているらしい。

【問題発生】
・出て来るウインドウは、大きすぎて、タスクバーを見えないように押し込め ないと、全体が表示できない。
・やっと入力して、いざ申し込みボタンを押しても、
「ページが表示されません」と出てしまう。

【疑問発生】
・出て来るウインドウが大きすぎるのは、私の使用しているモニターが
 小さく、(15インチ)製作者が動作確認したモニターが大きかった
 ためか?
・申し込みフォームを送信した時、ページが表示されないと出るのは、
 javascriptならではの事なのか。CGIならこんな事は起こらないのか。
・申し込みフォームなどは、CGIとかいうもので作られるのかと
 思っていたのですが、javascriptで作るメリットってあるのでしょうか。
 逆にデメリットもあるのでしょうか?

以下は、同様にjavascriptの問い合わせフォームで、15インチモニターで
全表示できないものです。文章ではうまくご説明できませんので、
ご参考にお願い致します。

http://www.broba.cc/guide/inq.html
最終行「お問い合わせフォーム こちら からお問い合わせください。 」
の「こちら」のリンク。

何卒、宜しくお願い致します。

A 回答 (2件)

http://www.broba.cc/signup/bbp/SignupMgr?action= …
のソースを見るとわかると思いますが、
JavaScript が有効であれば、「送信」と書かれた画像を onclick したときにデータが送信されるようになっています。
JavaScript が有効ではない場合、href="" のアンカーを参照してしまいますので、なにも起こらないかブラウザーによっては「ページを表示できません」と表示されます。


蛇足ですが、Windows + Internet Explorer をお使いなら、ウィンドウ幅が固定されたページは
Ctrl + N
で通常のウィンドウサイズで新しいウィンドウを開きます。

また、タブブラウザーならウィンドウ幅が固定されることはありません。
    • good
    • 0

800*600サイズでは確かに下部が少し切れますね。


javascriptは、関係ないでしょう。POST先がURIになっていますので、CGIです。
CGIが動作するのはPOSTで受けるサーバー側の話で、フォームなどはHTML+scriptで作られるのが普通です。
scriptを記述するメリットは、インターネット回線を利用してデータの送受信を行わずに、入力ミスを判断したり、新たなページを作成したり出来るからです。
デメリットはscriptに対応していないブラウザだとまったく意味を成さないのと、ブラウザの種類によっては、対応しているscriptが違うためIEでは動くがその他では動かないとか、同じブラウザでもバージョンで対応が異なるといったことでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報